searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

クロさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ブンデスリーガ専門のサッカー馬鹿ブログ
ブログURL
https://reon07.hatenablog.com/
ブログ紹介文
ドイツのサッカー全般が大好きで、ブンデスリーガのオートグラフカードを収集しています。 主にブンデスリーガの選手や試合にスポットを当てながらいろんな視点で書いていきます。
更新頻度(1年)

81回 / 365日(平均1.6回/週)

ブログ村参加:2019/11/21

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、クロさんをフォローしませんか?

ハンドル名
クロさん
ブログタイトル
ブンデスリーガ専門のサッカー馬鹿ブログ
更新頻度
81回 / 365日(平均1.6回/週)
フォロー
ブンデスリーガ専門のサッカー馬鹿ブログ

クロさんの新着記事

1件〜30件

  • 7/2更新】ブンデスリーガ21/22移籍情報

    🇩🇪 ティム・ジールスレーベン⬅️ヴォルフスブルク➡️ハイデンハイムまずはハイデンハイムで2年間の武者修行にブルックスの後釜として頼もしいCBになってほしいなと個人的には思います! https://t.co/kuAcfehZaB — Bundesbaka@ブンデスリーガ専門のブログ (@bundesbaka) 2021年7月2日 🇩🇪 ケヴィン・ベーレンス⬅️ザントハウゼン➡️ウニオン・ベルリンフォクルザマーに次ぐFWの補強だと思いますが、ウニオンはだいぶ戦力がかたまってきました現時点でブンデスリーガで最も新体制に近い状態でしょうか https://t.co/WrSqe3YKne — Bund…

  • 【6/24更新】ブンデスリーガ21/22移籍情報

    🇨🇲 ピエール・クンデ・マロング⬅️マインツ➡️オリンピアコス怪我もあったけどボランチにライバルの台頭があって出場機会を減らしたので仕方ないかなと思います欧州のトップリーグからはずれてギリシャに行くのはまだもったいない選手とも思っています https://t.co/25HekF0OSh — Bundesbaka@ブンデスリーガ専門のブログ (@bundesbaka) 2021年6月23日 🇬🇭 ケヴィン=プリンス・ボアテング⬅️モンツァ➡️ヘルタ・ベルリン意外と忘れられがちですがヘルタのユース出身者ですイングランドやイタリアやスペインを渡り歩いたかつてのガーナのスター選手ですが…ヘルタはゼルダ…

  • バルトシュ・ビャウェク(ヴォルフスブルク) ★オートグラフ20/21

    バルトシュ・ビャウェク ポジション:センターフォワード 国籍:ポーランド 出身地:ブジェク 身長:191cm 誕生日:2001/11/11 利き足:右 プレースタイル ザグウェンビェ・ルビン(2019~2020) ヴォルフスブルク(2020~現在) ポジション争い(2020/21) プレースタイル www.youtube.com 長身を活かした空中戦の強さやポストプレーが持ち味であるが、スピードもあってスペースへの飛び出しやポジショニングで勝負ができる。 ザグウェンビェ・ルビン(2019~2020) 初出場:2019/11/10 △2-2 vsラクフ・チェンストホヴァ 初得点:2019/11/…

  • 【6/12更新】ブンデスリーガ21/22移籍情報

    🇩🇪 スアト・ゼルダル⬅️シャルケ➡️ヘルタ・ベルリン来季に向けてのヘルタの補強第1号ですゼルダルはシャルケの不振とは裏腹にそのクオリティの高さで3年間チームを支えてきました中盤からアグレッシブにいくヘルタにはピッタリですね https://t.co/OE4KnaaNjx — Bundesbaka@ブンデスリーガ専門のブログ (@bundesbaka) 2021年6月11日 🇦🇹 マーロン・ムスタファ⬅️マインツ➡️アドミラFW事情に悩んでたマインツとしては貴重な戦力…今季はセカンドチームでも結果残してたので、レンタルに出さずに来季のトップチームで戦力にしても良かったのではとも思いますが、まだ…

  • マリン・ポングラチッチ(ヴォルフスブルク) ★オートグラフ20/21

    マリン・ポングラチッチ ポジション:センターバック、ボランチ 国籍:クロアチア 出身地:ランツフート(ドイツ) 身長:190cm 利き足:右 プレースタイル www.youtube.com 対人戦でのフィジカルコンタクトに強く、特に空中戦での競り合いとヘディングの強さが大きな武器である。長身であるがそれなりのアジリティとスピードを兼ね備えており、素早い反応からのボール奪取やポジショニングにも優れている。 1860ミュンヘン(2016~2017) 初出場:2017/04/16 H△1-1 vsザントハウゼン ポングラチッチの両親はクロアチア人であるが、1990年代のクロアチア紛争から逃れるために…

  • 【6/2更新】ブンデスリーガ21/22移籍情報

    🇵🇱 パヴェウ・ヴジョウェク⬅️レギア・ワルシャワ➡️ウニオン・ベルリンプロフィールだけ見ると右サイドアタッカーっぽいですねウニオンはけっこうサイドの選手が充実してきた気がしますポーランド代表選手というのも興味深い… https://t.co/OjUMKg9zsM — Bundesbaka@ブンデスリーガ専門のブログ (@bundesbaka) 2021年6月1日 🇦🇹 フィリップ・ムウェネ⬅️マインツ➡️PSV今季のマインツの中で特に目立つほd高いドリブルスキルや技術を見せてくれたと思っていますまさかオランダ行きとは予想しなかったけど元ブンデスリーガの選手もいるので頑張ってほしいですね ht…

  • コンラート・ライマー(ライプツィヒ) ★オートグラフ20/21

    コンラート・ライマー ザルツブルクの下部組織出身のオーストリア代表センターハーフ 運動量が豊富でスピードもあり、質の高いパスで攻撃の起点となれる。攻守において精力的にボールに絡む姿勢を見せ、守備ではボール奪取にも長けている。 www.youtube.com ライマーは2017年の夏にザルツブルクから完全移籍(移籍金は700万€で4年契約)してきました(^^♪ ザルツブルクのユースに始まってライプツィヒというお馴染みのエスカレーター式な移籍です(^^;) 来月に開催されるEURO2020のオーストリア代表メンバーのうち22人がブンデスリーガの選手だという記事を見ましたが、本当に代表レベルの才能を…

  • 【5/21更新】ブンデスリーガ21/22移籍情報

    🇩🇪 ディアント・ラマイ⬅️ハイデンハイム➡️フランクフルト彼はU20ドイツ代表GKのひとりですまだトップカテゴリーでの公式戦出場はありませんが期待される逸材ですね https://t.co/X2dvaaqUzY — Bundesbaka@ブンデスリーガ専門のブログ (@bundesbaka) 2021年5月11日 🇩🇪 フロリアン・ヒュブナー⬅️ウニオン・ベルリン➡️ニュルンベルク来季も2部を戦うニュルンベルクは着々と補強に動き出しています一方のウニオンもシュロッターベック氏だいとは思いますがCBの補強は急務ですね#ウニオンベルリン https://t.co/uRfRgqPVPC — Bun…

  • アマドゥ・ハイダラ(ライプツィヒ) ★オートグラフ20/21

    アマドゥ・ハイダラ マリの首都バマコ出身のマリ代表MF パス、ドリブル、シュートとそれぞれバランス良く高いレベルを持っており、柔軟なアジリティで相手を翻弄するプレーができる。中盤のセントラルプレイヤーであるがサイドでもプレーが可能で、攻守問わず中盤のすべてのポジションをこなせるユーティリティプレイヤーでもある。 www.youtube.com ハイダラは2019年の冬にザルツブルクから完全移籍(移籍金は1900万€で5年契約)してきました(^^♪ マリの首都であるバマコ出身の選手ですが、そもそもアフリカなのは知っているけども「マリってなんだ?」というのを少し調べてみました。 マリはアフリカ大陸…

  • アンヘリーニョ(ライプツィヒ) ★オートグラフ20/21

    アンヘリーニョ マンチェスター・シティの下部組織出身でスペイン代表のサイドアタッカー 卓越したドリブルスキルを持っており、素早い身のこなしとアジリティでの突破力が武器である。さらにキック精度に優れていて長短のパススキルが高く、特に左足から繰り出される鋭いクロスがトレードマークにもなっている。サッカーにおいて唯一の苦手と言えば空中戦ぐらいだろう。 www.youtube.com アンヘリーニョは2020年の冬にマンチェスター・シティから期限付き式で加入し、2021年に完全移籍となりました(^^♪ 実はアンヘリーニョの名前表記は、ライプツィヒに移籍するまで一部のサイトでは「ホセ・アンヘル」になって…

  • アミン・ユネス(フランクフルト) ★オートグラフ20/21

    アミン・ユネス レバノン人の父とドイツ人の母を持つ、メンヘングラートバッハの下部組織出身のドイツ代表ウインガー。 柔らかいボールタッチと緩急のあるドリブルが最大の武器であり、足元でのボールコントロールだけでなくシュート技術も極めて高い。一方で小柄で体のぶつかり合いやハードワークがそれほど得意ではなく、まさにドリブルスキルに特化したアタッカーであるが、視野の広さがあってパスのスキルも高い。 www.youtube.com ユネスは2020年の夏にナポリから2年間の期限付き移籍で加入しました(^^♪ レバノン人とドイツ人のハーフということですが、いろんなルーツを持つ多様なプロサッカー選手の世界でも…

  • 夏の移籍情報(ブンデスリーガ21-22)

    更新日時:2021/04/30 バイエルン・ミュンヘン ボルシア・ドルトムント ライプツィヒ バイヤー・レヴァークーゼン ボルシア・メンヘングラートバッハ ヴォルフスブルク アイントラハト・フランクフルト ヴェルダー・ブレーメン ホッフェンハイム ヘルタ・ベルリン マインツ フライブルク シャルケ アウグスブルク ケルン ウニオン・ベルリン アルミニア・ビーレフェルト シュツットガルト ※名前のリンク付きはA代表経験のある選手 バイエルン・ミュンヘン In ダヨ・ウパメカノ(ライプツィヒ 42.5m€) Out ダヴィド・アラバ(未定) ジェローム・ボアテング(未定) ボルシア・ドルトムント …

  • 【更新】Jリーグ関連外国人選手の移籍情報

    サムエル・サントス globoesporte.globo.com 2019年にアルビレックス新潟に在籍していたブラジル人DFのサムエル・サントスがジュベントゥージ(ブラジル1部)からミラソウ(ブラジル3部)へ期限付き移籍することが決まり、およそ9年ぶりとなる古巣への復帰となりました。 サムエル・サントスは今季のリオグランデ・ド・スル州選手権で1試合の出場にとどまり、ジュベントゥージでは公式戦で通算24試合に出場して2得点の成績を残しています。 ミラソウは今季のサンパウロ州選手権のグループステージで首位につけており、5月末にはセリエCの開幕を予定しています。 また、ミラソウには同じく元アルビレッ…

  • シュテファン・イルザンカー(フランクフルト) ★オートグラフ20/21

    シュテファン・イルザンカー ザルツブルクの下部組織出身で元プロサッカー選手の父を持つオーストリア代表のボランチorセンターバック ボディバランスとパワーを駆使した対人戦での強さを武器としており、ロングパスの精度も比較的高い。ただしスピードや俊敏性が乏しく、自陣のゴール前で守備に徹する古典的なセンターバックタイプでもある。 イルザンカーは2020年の冬にライプツィヒから完全移籍(移籍金は50万€で契約期間は2年半)してきました(^^♪ イルザンカーはオーストリアのザルツブルク州にあるハラインの出身で、そこからフランクフルトへは距離だと東京都~兵庫県ぐらいになると思います。 イルザンカーはオースト…

  • 【更新】Jリーグ関連外国人選手の移籍情報

    エデルソン ⚽🥅🔝O HOMI VOLTOU! #ABCFC#FechadoComOMaisQuerido#OMaisQueridoDoRN pic.twitter.com/n7xRQg6nSe — ABC Futebol Clube (@ABCFC) 2021年4月19日 2015年~2018年に柏レイソルに在籍していたブラジル人FWのエデルソンがフォルタレサ(ブラジル1部)からABC(ブラジル4部)へ完全移籍し、9年ぶりにABCに復帰することが決まりました。 エデルソンは自身もゴールを決めるなど、2019年と2020年にはセアラー州選手権でフォルタレサの優勝にも貢献しましたが、2021年は…

  • ケヴィン・トラップ(フランクフルト) ★オートグラフ20/21

    ケヴィン・トラップ カイザースラウテルンの下部組織出身でドイツ代表GK シュートに対する反応速度、ポジショニング、クロスへの対応などGKとしてのスキルはどれも高い。状況を読んで自ら積極的に動けるGKであり、味方のDF陣のフォローもできて守備範囲が広いのも魅力のひとつ。 www.youtube.com トラップは2019年の夏にパリ・サンジェルマンからフランクフルトに完全移籍(移籍金は700万€で5年契約)してきました(^^♪ トラップの出身地はメルツィヒというドイツの南西端に位置する都市のひとつであり、フランスとルクセンブルクとの国境線があります。 メルツィヒからほぼ真東にカイザースラウテルン…

  • ルカ・キリアン(マインツ) ★オートグラフ20/21

    ルカ・キリアン ドルトムントの下部組織出身で、元プロサッカー選手の祖父を持つドイツ人センターバック 190cmを超える長身であるが機敏で足も速く、球際での強さや寄せの速さ、相手とボールの間に入ってボールをキープするのを得意としている。 www.youtube.com キリアンは2020年にパーダーボルンからマインツに完全移籍(移籍金は200万€で4年契約)してきました(^^♪ 少年時代はドルトムントのホンブルッフのアカデミーに所属していたそうで、そこはマリオとフェリックスのゲッツェ兄弟がいたことでも知られています。 ところで今でこそドルトムントは香川真司(現ガラタサライ)の影響もあって、日本で…

  • 【更新】Jリーグ関連外国人選手の移籍情報

    レナチーニョ pontepreta.com.br 2012年~2015年に川崎フロンターレに在籍していたブラジル人FWのレナチーニョが広州シティ(中国1部)からポンチ・プレッタ(ブラジル2部)へ完全移籍することが決まりました。 中国スーパーリーグの2021年シーズンがまだ開幕していないため、今季のレナチーニョの広州シティにおける公式戦出場記録はありません。 ポンチ・プレッタは現時点でサンパウロ州選手権を戦っており、国内最大のリーグ戦であるカンピオナート・ブラジレイロのセリエBは5月末の開幕を予定しています。 また、ポンチ・プレッタには元東京ヴェルディでブラジル人DFのアポジ、元京都サンガでブラ…

  • 【更新】Jリーグ関連外国人選手の移籍情報

    エデル・リマ www.facebook.com 2017年~2019年にヴァンフォーレ甲府に在籍していたブラジル人DFのエデル・リマがリヴェル(ピアウイ州選手権1部)に加入することが決まりました。 エデル・リマは2019年シーズンいっぱいでヴァンフォーレ甲府を退団してからこれまでどのチームにも所属しておらず、およそ1年半ぶりにキャリアを再開しました。 【リスト更新】 reon07.hatenablog.com reon07.hatenablog.com //

  • レアンドロ・バレイロ(マインツ) ★オートグラフ20/21

    レアンドロ・バレイロ マインツの下部組織出身でルクセンブルク代表のセンターハーフ 長身ではないが対人戦に強くボール奪取を得意としており、無尽蔵のスタミナで攻守に貢献できる。パスなどチャンスメイクよりも足元でのボールさばきを得意としており、ボールを落ち着かせたりドリブルでアクションを起こす積極性を持つ。 バレイロは2018年の夏にマインツU19からトップチームへ昇格しました(^^♪ サッカーでは馴染みのないルクセンブルクという国籍を持つ珍しい選手なので少しだけ紹介したいと思います。 今はどうなのかわかりませんが、筆者が中学生のときは世界史の教科書で『ベネルクス3国』というワードが出てきます。 ベ…

  • ヨナタン・ブルカルト(マインツ) ★オートグラフ20/21

    ヨナタン・ブルカルト マインツの下部組織出身のドイツ人ウインガー ウインガーであるが突出したドリブラーではなく、サイドから中央へスライドする動き、DFの背後へ抜け出す動きを得意としていてゴール前でのポジショニングにも優れている。 ブルカルトは18歳になった2018年にマインツU19からトップチームへ昇格してマインツとプロ契約を交わしました(^^♪ ブルカルトの出身地はダルムシュタットなので、ダルムシュタットのジュニア部門で少年時代を過ごしていたそうです。 ダルムシュタットの出身者の中には今季に成績不振でヘルタ・ベルリンを解任されたラッバディアがいて、彼は選手としてもダルムシュタットのOBです。…

  • バプティスト・サンタマリア(フライブルク) ★オートグラフ20/21

    バプティスト・サンタマリア フランスのトゥールの下部組織出身のフランス人ボランチ 長短の高いパス精度と視野の広さにが持ち味であるが、チャンスメイクよりもチームに安定性をもたらすバランサータイプである。豊富な運動量でポジションによらず精力的なプレーを見せる。守備でもボール奪取に優れていて、ユーティリティ性のある役割をこなせる。 www.youtube.com サンタマリアは2020年の夏にアンジェから完全移籍(移籍金は1000万€で契約期間は非公開)してきました(^^♪ サンタマリアはフランスのほぼ中央部に位置するサン・ドゥルシャールの出身で、少年時代に地元のブールジュのアカデミーに入団して、そ…

  • ドミニク・ハインツ(フライブルク) ★オートグラフ20/21

    ドミニク・ハインツ カイザースラウテルンの下部組織出身のドイツ人センターバック 左利きのCBであり、高いキック精度でロングボールや後方からのビルドアップにも定評がある。カバーリングにも優れていて対人戦も強く献身的な守備も魅力のひとつ。 ハインツは2018年の夏にケルンから完全移籍(移籍金は300万€で4年契約)してきました(^^♪ 今でこそ中堅クラスの選手と言われるけれど、年代別ドイツ代表経験も豊富でもともと質の高いDFとして注目されていた選手です。 彼の出身地には「ノイシュタット・アン・デア・ヴァインシュトラーセ」という長ったらしい名前が書かれています(^^;) ドイツの西南部に位置する場所…

  • エルメディン・デミロヴィッチ(フライブルク) ★オートグラフ20/21

    エルメディン・デミロヴィッチ 生まれはドイツのハンブルクで、ライプツィヒの下部組織出身のボスニア人ストライカー 突出したスキルはないが、シュート精度が高くてシンプルにシュートを枠内に打ち込む力強さがあり、得点パターンも多い万能型のストライカーでもある。精力的に走るタイプで、DFとの駆け引きやポジショニングにも定評がある。 www.youtube.com デミロヴィッチは2020年の夏にアラベスから完全移籍(移籍金は370万€で4年契約)してきました(^^♪ 今年で22歳になるデミロヴィッチですが、19歳でライプツィヒのユースを出てアラベスに入団したため、フライブルクに加入するまでドイツのトップ…

  • 【更新】Jリーグ関連外国人選手の移籍情報

    クリスラン Bucheon fc pic.twitter.com/vSpBGpGkAV — crislan henrique (@crislanh20) 2021年3月4日 2017年にベガルタ仙台に在籍していたブラジル人FWのクリスランがブラガ(ポルトガル1部)から富川(韓国2部)へ完全移籍することが決まりました。 クリスランが日本で最後にプレーした湘南ベルマーレを離れて以降のブラガでの出場記録などの詳細が不明でした。 また、富川には元横浜FCで韓国人DFのパク・テホンも在籍しています。 【リスト更新】 reon07.hatenablog.com reon07.hatenablog.com …

  • パトリック・シック(レヴァークーゼン) ★オートグラフ20/21

    パトリック・シック スパルタ・プラハの下部組織出身でチェコ代表のストライカー パワーやスピードでは中の上ぐらいで決して身体的に恵まれてはいないが、繊細で柔らかいボールタッチを駆使したドリブルやボールキープ力を持っている。PA内でのプレーが得意で、DFとの駆け引きや空中戦の競り合い、裏のスペースへの抜け出しなど多くの武器を持っている。 www.youtube.com シックは2020年の夏にローマから完全移籍(移籍金は2600万€で5年契約)してきました(^^♪ スパルタ・プラハはチェコの名門クラブであり、ワールドクラスの有名なチェコのスター選手はだいたいここの出身者であることが多いです。 もう…

  • エドモン・タプソバ(レヴァークーゼン) ★オートグラフ20/21

    エドモン・タプソバ ヴィトーリア・ギマランイスの下部組織出身のブルキナファソ代表センターバック 長身であるがCBとしては非常に機敏で素早い身のこなしができるタイプで、足元のボールコントロール技術も高く、長短のパスセンスについてもMFと遜色ないレベルを誇っている。対人戦でももちろん強くボール奪取にも優れている。 www.youtube.com タプソバは2020年の冬にヴィトーリア・ギマランイスから完全移籍(移籍金は1800万€で5年契約)してきました(^^♪ アフリカのブルキナファソと言えば、日本のサッカーファンはおそらくアフリカネイションズカップの時期にでもならないと耳にしない国ではないだろ…

  • 【更新】Jリーグ関連外国人選手の移籍情報

    ラファエウ・デュマス futshowrio.comunidades.net 2019年に湘南ベルマーレに在籍していたブラジル人DFのラファエウ・デュマスがナウチコ(ブラジル2部)からAAポルトゥゲーザ(ブラジル4部)へ完全移籍することが決まりました。 ラファエウ・デュマスは2020年のナウチコでペルナンブーコ州選手権とコパ・ド・ノルデスチで合わせてわずか3試合の出場にとどまっています。 また、AAポルトゥゲーザには元セレッソ大阪でブラジル人FWのアドリアーノも在籍しています。 【リスト更新】 reon07.hatenablog.com reon07.hatenablog.com //

  • 【更新】Jリーグ関連外国人選手の移籍情報

    ガブリエウ・ロドリゲス O atacante Gabriel Rodrigues da Silva, de 25 anos, é o mais novo contratado do Furacão.⠀Formado na base do São Paulo, atuou em equipes do Brasil, Japão, Estados Unidos e Portugal. Saiba mais:https://t.co/8zpUVL2NIj⠀Seja muito bem-vindo, Gabriel! 👊🏽🌪️ pic.twitter.com/dbSuo1gecy — Figueire…

  • UCL20-21 セビージャ vs ドルトムント

    UEFAチャンピオンズリーグ 決勝トーナメント1回戦 1st-Leg セビージャ 2-3 ドルトムント 4ー3-3 試合開始 ドルトムントはあまり見せない4-3-3で臨むが、中盤と3トップの両ウイングは流動的に動いているためあくまで初期配置にすぎない。 前半 ドルトムントのスタートは決して悪くはなかったが、思わぬ形で不意を突かれてソサにゴールを許して早々にビハインドを負う。それでも焦らずに体制を整えたドルトムントは、失点からおよど10分でダフードの鮮やかなミドルシュートで同点に追いついた。徐々に流れを掴み始めるドルトムントがボールを保持するようになると、ホーランがサンチョとのトリッキーな電光石…

カテゴリー一覧
商用