searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

threehyphensさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
庭と紙風船
ブログURL
https://sousakuoishii.hatenablog.com/
ブログ紹介文
エンジニア×看護師の社会人じれじれ寸止め短編集。長編連載は安心と信頼の国産ゾンビゲー系異世界に社畜が閉じ込められたり逆にゾンビが現実に出てしまう大人の青春話をやっています。なろう日間ローファン部門最高31位。
更新頻度(1年)

8回 / 199日(平均0.3回/週)

ブログ村参加:2019/11/12

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、threehyphensさんの読者になりませんか?

ハンドル名
threehyphensさん
ブログタイトル
庭と紙風船
更新頻度
8回 / 199日(平均0.3回/週)
読者になる
庭と紙風船

threehyphensさんの新着記事

1件〜30件

  • キーホルダーショップを営み始めました

    ネコチャンのキーホルダーを、BOOTHさんにてオンデマンド販売開始いたしました。これで晴れて私もキーホルダー作家です。他のグッズもいい感じのものを作ることが出来次第オンデマンド販売できればなーと思っております。 なんかね、グッズ屋さんが感染症騒動でピンチらしいのですよ。色んなイベントが中止になっている関係で。それでグッズを作って売ると応援になるよーという話を聞きかじって、発作的にショップを作ってしまいました。食べて応援ならぬ作って応援というやつです。(果たして本当に応援になるのか……?) PixivFactoryでは簡単にキーホルダーや各種グッズを作ることが出来るので、絵を描いていらっしゃる方…

  • 新年のご挨拶

    あけましておめでとうございます。 イラストは新年を寿(ことほ)ぐセラさんとネコチャンと、自分が何の動物の手に乗っているのか薄々気づいている今年の干支のネズミさんです。 昨年度は大変お世話に、かつご心配をおかけいたしました。今年も何卒よろしくお願い申し上げます。

  • 短編「ハロウィン小話」

    だぼだぼの緑のハイネックと、ゆるゆるのデニム素材でできた青いつなぎ……という服装で、彼女は彼の自宅に遊びに来た。 玄関先でお色気度数ゼロの萌え袖状態になっている両手を広げ、彼女こと笹野原夕は、花の綻ぶような笑顔で言う。 「ハッピーハロウィン!」 彼ことゲーム開発者の蒔田修一は、玄関のドアを開けた格好のまましぱしぱと目をまばたいた。 ──笹野原が着ているのは、ハロウィン的なオバケとは何一つ関係のないゲームキャラ・緑のアイツのコスプレらしい。 蒔田が「それだ」とわかったのは、笹野原が緑のアイツのシンボルであるアルファベットの「L」が刻印された特徴的な帽子を被っていたからだ。 『ビッグシルエット』と…

  • Drawings 4

    秋の夕空、金色、はんぶんこ 看護師のネコチャンとバール持った熊。本編序盤&終盤とかのイメージイラストです。 小説の挿絵もこの記事にちょこちょこ付け足して行きます。 11話。 次は12話だー。

  • 短編「秋の夕空、金色、はんぶんこ」

    ※オマケの秋の話です。インフルエンザが流行っておりますのでくれぐれもお気を付けください。 彼女が安っぽい単層ガラス窓をガラリと開けると、ひやりと清涼な空気が部屋の中に入ってきた。 「ふーっ、生き返るー」 揺れたカーテンが風といっしょに彼女の頬をかすめたので、彼女は思わず笑みをこぼした。 ──空気が酸っぱい黒ずんでいると散々な言われようの大都会・S宿にも、当然ながら秋は来るし、まれに清涼な空気が流れる時もある。 今日はまさにそんな日で、彼のマンションの窓から顔を出した彼女は、気持ち良さそうな顔をして窓の外を見ていた。薄い青紫の空の下にはもう夜景めいたビルの窓明かりや車のテールランプが見え始めてい…

  • 短編「断じて熱中症ではない・2」

    さて、彼はしばらくぼんやりとした表情で窓の外の景色を眺め続けていたが、やがてそうすることにも飽きたらしい。 青い空からふっと彼女が操作しているスマホの画面へと目を転じた。 彼女はどうやら、先ほど撮っていた浴室中の画像をいじっているようだ。 (なんだろう……あれはさっき撮っていた写真と……何か文章を打ち込んでいる……?) と、ぼーっとしながらそこまで考えた彼は、やがてハッとした顔になり、彼女が『アップロード』と表示された部分をタップするよりも早く、慌てた様子で彼女からスマホを奪い取った。 「──ちょっ、ちょちょちょちょっと待て! 君は一体この写真をどこに載せるつもりだったんだ!?」 「え? イン…

  • 短編「断じて熱中症ではない・1」

    二人とも完全に油断していた。 とある夏の、土曜の昼下がりのことである。 その日のS宿駅西口にある某ビルの温度計は、36度を示していた。 それ自体は特に珍しいことでもない。 しかし、そんな酷暑日ともいえる日に、彼と彼女はエアコンが壊れている飲食店にうっかり入ってしまい、ならばすぐに出ればいいものを、「少しなら大丈夫なのでは」と二人で話しながら料理を待っていたら、思いのほか待たされてしまった……という出来事は、二人にとって完全に予想外のことだった。 ちなみにエアコンは最後まで壊れたままで、待っていた料理はアツアツのラーメンだ。 ──……つまり、汗をかきすぎた。 「……このあとどうなってもいいや、っ…

  • バールナース 第1話プロローグ『スマホがアレして異世界に迷い込むよくあるやつ』

    私は名もなき新人看護師。 趣味は頭を空っぽにしてやることができるゲーム。 特にゾンビを銃器で撃ちまくるやつと、友達と馬鹿話をしながら盛り上がって遊べる乙女ゲームが大好物だ。 ……いや。 正確には大好物『だった』。 めちゃくちゃ気を付けて選んだのに『外れ』の職場に当たってしまったので、今はゲームをする余裕なんてない。今月も法定残業時間を大きく上回るサービス残業の真っ最中なのだから。 (早く終わらせなきゃ……でも頭が全然回らないよ……) その日の夜も、私はナースステーションで古ぼけたパソコンにかじりついて、今日一日の看護記録を書いていた。 場所は新宿。時刻は深夜。夜景の見える限界病棟。 この病棟に…

  • バールナース周辺情報(未見の方向け)

    こんばんは。バールナースの作者です。 先日とある筋から、 「作品を読むよりもまず簡単なあらすじや周辺情報から知りたい読みたい」 というリクエストを複数頂いたので、頑張ってリクエストに応えるべく、周辺情報を載せるページを作りました。それがここです。 なるべく文字数少なめに、パッと見て分かるように書こうと思います。頑張ります。 1. バールナースとは 2. バールナースのあらすじ 3. バールナースの評価について 1. バールナースとは バールナースは医療ネタ・レトロゲーあるあるネタ・チートバグネタをごちゃっと全部一つの作品に押し込んだギャグ成分多めのラブコメ小説+絵です。 これだけではワケが分か…

  • Drawings 3

    Drawings 2も絵が増えすぎてきたので3作りました。体調絶不調のためなにもかも停止していましたが、またちまちまやり始めます……道のりが遠いよぉくじけそうだよぉ〜 以下未公開エピソード文ネタバレ含む 満面の笑みでモツ抜いてた女とそれにドン引きしていた男が最終的にくっつく恋愛小説はバールナースだけ!!オンリーワンだヤッター!!!!(ヤケクソ) 89話とか大分先だよお一体いつになるんだよお!!!! 後日談で正体も名前もよくわかんないままどっか行っちゃったガール。そろそろまた出てくるんじゃないかな。 開発者。 職業性難聴で声がデカい人ですね。 この人たちの話もようやくひと段落着きました…。 「そ…

  • 楽屋裏話

    なろう版(削除済み)にはあったのだけれどもカクヨム版には載せていなかったパートです。 置いておく場所がないのでここに再掲しておきます。 登場人物紹介のより詳しいバージョンみたいなやつというか作者が好きなだけ語り倒しているだけの記事です。 本編(57話)まで読んだこと前提で書かれているネタバレありまくりな文章なので、読んでない方ご注意を!! ****** ■ 笹野原 夕 (セラ・ハーヴィー) 一応本編主人公。どこにでもいるごく普通のバーサーカーナース。 高身長モデル体型パリピ属性持ち。ゾンビゲーだったり漫画だったり乙女ゲーだったりと、オタク方面の素養も深いけど、基本ゲラゲラ笑いながら女の子だけで…

  • Drawings2

    ワードプレスのブログの方に先に載せていたのですが、一応こっちにも。 ここ二日ほどは挿絵のような何かをちょこちょこ描いていました。 今はなんか何の前触れもなく絵のスランプを抜けたのでバリバリ描いていますが、また特に理由もなくスランプに陥って描けなくなる可能性も高いです。描けるうちに色々描いておかねば……。 第2話 銃、病原菌(というかゾンビ)、あと取って付けたようなイケメン要素 第3話 どうせ助からない世界の中で 第4話 You have been warned. 第5話 呪いのアプリじゃねえんだから 第6話 バールを持ったエンジニアは大体クソ強い法則 第7話 地獄の軍勢(構成人員十名まで)の爆…

  • おぼえがき3 Remembering 3

    載せる絵がなかったので過去の絵を今更再掲しておきます。 こんばんは、threehyphensです! 今は様々な仕事を終えた深夜なのでとても眠いのですが、段々とこのお祭りが複雑になりすぎていて、他の人たちから全貌が見えなくなっているかもしれないなと思ったので、色々な色々をざっくりとこの場所に書かせていただきます。 最近あった大きなこと二つ。 一つ目。 Novel Updatesの翻訳者メンバーの方から「あの場所は作者がレビューを書いてもいいんだよ! なんなら俺翻訳するよ!」というとても暖かい申し出を頂いたので、英語圏に日本語でレビューを書きました。 私のレビュー、悪質な書き込みだと判断されてアカ…

  • おぼえがき2 Remembering 2

    ※ This article is written in Japanese in the first half, and in the second half in English. バールナース二話を翻訳してもらったよー!こんな凄いことってありますか!?訳者様、本当に本当に本当に本当に×∞ありがとうございます!!https://mojotranslations.wordpress.com/2019/06/04/crowbar-nurse-2/ これは本当にありがたすぎる……! 『翻訳』という営みは、とてもとても頭を使う大変な作業です。 グーグル翻訳のおかげで英語とドイツ語、英語とフランス語な…

  • ゾンビゲー編2 the zombie arc 2( Chapter 2)

    To those who came to this web page.Nice to meet you, I am the author of Crowbar Nurse.Thank you for finding this web page.I think you've probably come to this web page searching for the words Crowbar Nurse or Bar Nurse or バールナース.A few days ago I was very happy to know that English speakers were inte…

  • おぼえがき

    こんばんは。 バールナースの作者です。調子はとても悪いので、前にもツイッターで報告させていただいた通りな感じに静かにし続ける日が続いています。(ツイッターでは若干騒がしくしていますが)ここ数日様々なことがおきたので、その経過を備忘録がてらここに記録しておくことにしました。はてなブログに書くかなろうの活動報告に書くかカクヨムの近況欄に書くかめっちゃ悩んだのですが、どこもかしこも規約でギチギチに縛られていて、あんまり自由にかける場所ではありませんので、ここで。バールナース一話、英訳されたってよ。 削除する直前のなろうでのpt、確か1000くらいだったはずなんですけど、いったいどうやって見つけたので…

  • Drawings

    小説よりも絵を先に見たい派の方もおられるっぽいので再掲しておきますー。物語の中では序盤メイン人物たちの顔バレはないんですけど、こっちは普通にあります気になる方は自衛してね!! 【物語のあらすじ】 過労死寸前の超過勤務中、とつぜん昔流行した某ゾンビゲー風異世界に閉じ込められてしまった元パリピ基本陰キャの新卒ナース&三十路怪力苦労性のゲーム開発者! 増殖バグやクラッシュバグの仕組みをなんやかんやして、異世界からの全員生還ENDを目指します! * 本編完結済みです。現在後日談鈍行連載中。* 序盤と後半はゲームパロネタまみれですが、中・後半、少女漫画&恋愛小説的要素が入ります、ご注意を。 ■ Sera…

カテゴリー一覧
商用