searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

コロマロさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
もしも10キロ痩せたなら… ダイエットと日々のオモイゴト
ブログURL
https://www.koromaro.com/
ブログ紹介文
神奈川県在住の自称イラストレーターです。52日間で10キロ痩せた経験をもとに、ダイエットなサブカルチャーライフを綴っていきたいと思っています。またブログのイラスト画像はフリー素材ですので、ご自由にお使いください。
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2019/11/12

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、コロマロさんをフォローしませんか?

ハンドル名
コロマロさん
ブログタイトル
もしも10キロ痩せたなら… ダイエットと日々のオモイゴト
更新頻度
集計中
フォロー
もしも10キロ痩せたなら… ダイエットと日々のオモイゴト

コロマロさんの新着記事

1件〜30件

  • 【令和2年の今頃の話その43】「夏と新兼荘とプロレス」

    さてさて、今から30年前の1990年の学生生活の振り返りですね。僕は大学の長い夏休みをハードに過ごしておりました。 バブル期最後の夏 夏フェス 新兼荘 居候も引き継がれる 金満プロレス「SWS」 貧乏プロレス「FMW」 バブル期最後の夏 1990 年もこの時期になると理論上…というより、株価的にはっきりとバブル経済は崩壊していたのですが、まだまだ一般的には「平成元禄」というものを謳歌している感じでした。 僕が働いていた歌舞伎町のライブハウスの雰囲気も例外ではなく、そこのお客さんは『エステサロンをオープンさせた女性経営者(元女優)』から『来店するたびに高価なオールドパーのニューボトルを入れる、ご…

  • 【週刊ころまろ16】芸能人Youtuberについて【速水もこみち、水嶋ヒロ、石橋貴明、宮迫博之、手越祐也】

    夏休み中に芸能人YouTuberをチェックをしていた『自称YouTube評論家』の僕です。 昨年ぐらいまでは芸能界とネットの世界にはまだまだ微妙な壁があったような気がしますが、今ではもう本当に誰もが彼もYouTuberですね。みんなあれやこれや面白い動画を作ろうと頑張っています。 ではそんな中から、特に印象に残った方々をご紹介します。 もこ&ヒロ 貴ちゃんねるず 宮迫博之 手越祐也 もこ&ヒロ 以前も取り上げた「速水もこみち」と「水嶋ヒロ」の「料理系チャンネル」ですが、双方ともに、料理動画の行き詰まり感が隠せなくなっています。まあ単に料理動画ならば、彼らよりも極端なことをしている人が沢山います…

  • 【令和2年の今頃の話その42】「1990年の夏休み」

    さてさて、30年前の学生生活の振り返りですね。美大に通い始めて初めての夏休みです。 灼熱の夏 丸太と格闘 夏休みになると誰もいない バブル期のフードロス 稲村ジェーン カメラトーク 灼熱の夏 念願かなって【出窓のついた日当たりの良いフローリングの部屋】に住むことができた僕でしたが、エアコンなどというものはなく、それゆえ常にサンルーム状態という、灼熱地獄との戦いとなりました。 1990年夏のCM集 さらに残念なことに、この年の夏は特別な猛暑でもありました。そのあまりの暑さに耐えかねた僕は「出窓の窓を外しっぱなし」で、そのひと夏を過ごしました(実話)。うつろな目で上半身裸で出窓に座っている男・・・…

  • 【週刊ころまろ15】ネット配信動画コンテンツと中年太り問題。

    そんなわけで50男の近況報告です。 Huluにも加入してしまう・・・ 中年太り問題 Huluにも加入してしまう・・・ 「グランメゾン☆東京」の見逃し動画を見るために、昨年末にPraviに加入してしまったわけです。当然「どうせ無料期間に全話見終わるさ」と思ったわけですが・・・案の定、やめることなどできず課金生活が続いております。はい。 すると今度はHuluに「どうしても視たいコンテンツ」が登場しました。僕は「さすがに二社はきついし、今度こそ無料期間内で解約するぞ」と決意しました。 そんなわけでHuluをお試し期間でまんまとやめようと思ったわけですが・・・「あなたへのおすすめ」に「ベルばら」と「ス…

  • 【週刊ころまろ14】久々の作品動画と「20世紀@玉手箱」最新記事

    猛暑お見舞い申し上げます。 STAYHOMEの夏休み。皆様いかがお過ごしでしょうか? 作品動画 「20世紀@玉手箱」からのおすすめ 作品動画 KOUSUKE TSUNODA ART WORKS 2015-2020 『REQUIEM 4 COOL JAPAN』 久々にYOUTUBEに自分の作品の動画を挙げました。2015-2020の作品ですね。小品やコンセプト外の作品は除いております。 作品や制作意図は忘れていませんが、タイトルがうろ覚えだったりするところに、自分の年齢を感じてしまいましたね(苦笑)。 次の展示に向けてやろうとしていた事… というより、かなり準備していたものがあったのですが、それ…

  • 【週刊ころまろ13】50歳と50円(2020.8.2号)

    ざっくばらんに一週間の出来事を書く「週刊ころまろ」です。 50歳になる 禁煙と禁酒 新ブログ「20世紀@玉手箱」 50歳になる 7月29日に50歳になってしまいました。そんなわけで「ころまろ」において人生を10年ごとに振り返る企画をやってみました。 こうやって振り返ると外見も中身も20歳から40歳まではあんまり変化がないのですけど、40から50歳は結構変化があったような気がしますね。とくに外見というか、老化の面では45~50歳の5年間が結構来た感じがします。まあ何はともあれ髪は持ってくれたし、そんなに太ってないしで、まあまあですかね。これからもみっともなくならない程度に、アンチエイジングをして…

  • 50年前の1970年の話「0歳児」

    さてさて、50歳記念に10年ごとを振り返っているお話の5回目ですね。今日は1970年。僕が0歳の頃の話です。。 1970年の主な出来事 ・大阪で万国博覧会が開催・三島由紀夫割腹自殺・よど号ハイジャック事件・ビートルズ解散 そんなわけで個人的な思い出は…さすがに覚えてませんね(笑)。伝え聞く話によると「おしゃぶり」を来客に勧めるサービス精神旺盛な赤ちゃんだったそうです。 大阪万博 50年経ってもなお現役の太陽の塔ですね。かくありたい。 2020東京オリンピックに続き、大阪万博も2025リターンズなのですが、果たしてどうなりますかね?まあ五輪と違って万博そのものが、もうだいぶ意味合いが薄まっていま…

  • 40年前の1980年の話「初Wデートと別れの切なさ」

    さてさて、50歳記念に10年ごとを振り返っているお話の4回目ですね。今日は1980年。僕が10歳の頃の話です。 1980年の主な出来事 ・たのきんブーム・百恵引退&聖子デビュー・モスクワ五輪ボイコット騒動・金属バット殺人事件・ジョンレノン暗殺・ゲームウォッチ発売 当時の僕は「プロレス」と「冒険」と「昆虫採集」と「東洲斎写楽」と「切手収集」と「コイン収集」と「奇麗な石」と「河合奈保子」に夢中でしたね。はい。 しかしチャンピオンベルトを肩にかけている写真の広大感は凄い…砂利道だし…これは哲(誰だよ)の家が直接見えるんじゃなかろうか…ちなみに今はこのすべてにぎっしりと建物が立っています。はい。 メダ…

  • 30年前の1990年の話「バブル崩壊と初めての木彫」

    さてさて、50歳記念に10年ごとを振り返っているお話の3回目ですね。今日は1990年。僕が20歳の頃の話です。 1990年の主な出来事 当時から評判が悪い人 初めての木彫 完成した作品 歌舞伎町で20歳に 1990年の主な出来事 ・バブル崩壊・冷戦終結・イラクのクエート侵攻・秋篠宮結婚・ちびまる子ちゃんブーム・雲仙普賢岳大火砕流 当時から評判が悪い人 そういや礼宮(現秋篠宮)が川嶋紀子(現秋篠宮妃)さんと結婚したのもこの年でしたね。今も評判が芳しくない秋篠宮ですが、この時も「大喪の礼と即位の礼の間の婚姻だったこと」と、「家柄がどうのということ」と、あとは「兄に先んじたこと」が、一部で猛烈に批判…

  • 村上春樹「一人称単数」の感想

    村上春樹の新作短編集「一人称単数」のレビューです。ネタバレを避けておりますので、読んだ人にしか訳の分からない文章になっております。 「石のまくら」 「クリーム」 「チャーリー・パーカー・プレイズ・ボサノヴァ」 「ウィズ・ザ・ビートルズ」 「ヤクルト・スワローズ詩集」 「謝肉祭」 「品川猿の告白」 「一人称単数」 「石のまくら」 自分がある程度年齢を重ねてくると、いきなりこういう事をあけすけに書ける小説家というのは、もはや凄いというより、ヤベエやつと思ってしまう。 「クリーム」 こちらにとっては本当にどうでもいい「今日、仕事場であった嫌な事」の一部始終を、事細かに聞かされる際の苦痛に似た読後感。…

  • 20年前の2000年の話「木彫とインターネット」

    さてさて、50歳記念に10年ごとを振り返っているお話の2回目ですね。今日は2000年。僕が30歳の頃の話です。 2000年の主な出来事 制作関係 インターネット関係 2000年の主な出来事 ・2000年問題何も起こらず・サザン「TSUNAMI」発売・シドニー五輪でQちゃんが金・格闘家の桜庭和志がブレイク・プレステ2発売・腰パンブーム・モー娘。全盛期 制作関係 津久井の山に共同アトリエがある頃でしたね。当時はまだ新制作に出品していたりして、アカデミックなものにとどまるか?それとも新しいことをやるのか?その間くらいを狙うのか? 日々そんなことを考えていた気がします。 あとは結婚とかもそろそろ現実的…

  • 10年前の2010年の話「絶賛子育て中」

    普段は延々と30年前を振り返っている僕ですが、もうすぐ50歳の大台を迎えるということで、ここで10年単位で自分の歩みを振り返ってみようかなと思っております。そんなわけで今日は10年前の2010年ですね。 2010年の主な出来事 2010年の40歳の自分 子育て期 制作ちまちま 2010年の主な出来事 ・AKBの大ブレイク「ヘビーローテーション発売」・嵐を筆頭にジャニーズ旋風再び・南アW杯で本田圭佑が活躍「無回転FK」・鳩山総理が迷走の末に辞任・はやぶさブームで相模原がわく・金正恩デビュー(この人あんまり変わらないね) 東日本大震災前年で、いま振り返ると不確実というか不思議な時代でしたね。これま…

  • 【週刊ころまろ12】オリンピックのない夏(2020.7.26号)

    4連休が終わりましたが梅雨明けはまだでしたね。 オリンピックがあったはずの夏 藤井くんフィーバー再び 貴ちゃんねるず 新ブログも好調 オリンピックがあったはずの夏 本来であれば24日に東京オリンピックの開幕式があったはずですが、コロナ禍で無くなってしまいました。いやはや、こんなことがあるのだなという感じですね。 23日には池江璃花子選手が新国立競技場からメッセージを発しましたが、これから思うのは、おそらく聖火の最終点火者は彼女だったのだろうなあと・・・ www.jiji.com 正直、奇跡に奇跡が重ならない限り、来年の東京五輪開催は難しいでしょうが、それでも何とかなってほしいと思ってしまった一…

  • 【週刊ころまろ11】新ブログ記事紹介(2020.7.19号)

    新ブログ『21世紀@玉手箱』に注力しているころまろです。皆様いかがお過ごしでしょうか? https://www.tamatebako20th.com/ 今日は新ブログから注目記事の紹介です。 【ピンクレディ】なぜ人気が落ちたのか?『カメレオンアーミー』主犯説 1976-1981 【ミル・マスカラス】仮面貴族の素顔は?アランドロンor 谷村新司? 1971~ 【杉山清貴&オメガトライブ】大ブレイク直後の解散!その理由は? 1985 【一休さん】国民的アニメのトラウマエピソード 1975‐1982 【懐かしの自動販売機】相模原レトロ自販機の聖地 1970年代‐1980年代 【ピンクレディ】なぜ人気…

  • 【令和2年の今頃の話その40】「ノイローゼ寸前」

    30年前の今頃、僕はムサビに一浪で入学し、昼間は大学生、夜はライブハウスの店員という二重生活を送っておりました。 そのライブハウスは新宿の歌舞伎町にあったオールディーズの大箱でありまして、飛沫感染どころか男女混合濃厚接触極まれりな毎日を送っていたのです。今だったら確実に炎上案件ですね。はい。ではその頃のお話です。 深夜バイトで次第におかしくなる そんなわけで当時の僕の生活は 【一日で夜のバイトに費やす時間12時間半。残りの11時間半で授業を受け、友人と遊び、彼女に連絡し、食事し入浴し、あとは睡眠時間】 というものでした。若さゆえの滅茶苦茶です。とりあえず最初は何とかなっておりました。 しかしそ…

  • 【週刊ころまろ10】新ブログ『20世紀@玉手箱』始動!(2020.7.12号)

    直近の一週間に起こった出来事をざっくばらんに書くカテゴリイです。 「盗めるアート展」 www.huffingtonpost.jp 「盗めるアート展」。開始直後に全作品が盗まれたとのことですが、『絶対に盗めない』というコンセプトの作品は無かったのかなあと思ったりしました。この状況で盗まれなかったやつは勝者だったのに・・・まあとはいえ、自分の作品が盗まれず残っていたりしたら、それはそれで相当メンタルがやられそうですけど(苦笑)。 www.youtube.com そんなわけで絵画泥棒と言えば『キャッツアイ』・・・ではなく『それゆけフリッパーズ!名画危機一髪』ですね。最近彼等にもリバイバルの波が来てい…

  • 【週刊ころまろ10】逃げ恥打ち切り、新ブログについて(2020.7.5号)

    というわけで、直近の一週間で感じた事をざっくばらんに書く「週刊ころまろ」です。 逃げ恥打ち切り 絶賛放送中だった「逃げ恥ムズキュン特別編」が7話で打ち切りとなってしまいました。もともとコロナの穴埋め番組だったのですが、週一でやってきた番組を突然終了させ、土日にまとめて放送というのはなかなか乱暴だなと思いました。そして感想をブログに書いてきた僕ですが、この展開は全く予期していませんでしたので、一気にテンションが下がってしまいました。ですので僕の感想も打ち切りにしたいと思っています。 シンブログ 「懐かし話ブログ」→Blogger(新ドメイン) 「プロレスブログ」→Blogger(koromaro…

  • 【週刊ころまろ9】藤井君、手越君、新ブログ(2020.6.28号)

    というわけで、直近の一週間で感じた事をざっくばらんに書く「週刊ころまろ」です。今週は「藤井君の二冠挑戦」と「新ブログ」についてですね。 藤井聡太二冠挑戦 6億手を読む タイトルホルダーは強い 手越会見 ブログ運営 藤井聡太二冠挑戦 最年少タイトルホルダーに向けて二冠挑戦の藤井君。渡辺明棋聖との対局では2勝を挙げて、いよいよタイトル獲得にリーチがかかりました。 スランプ脱却後の渡辺棋聖は鬼神のような強さを見せていただけに、藤井君が2連勝したというのは、これはもう意外というより「彼は本当に強いのだな」と思わされましたね。ここから渡辺棋聖が3連勝するとはなかなか思えないので、最年少タイトル(しかも二…

  • 僕とミニバスその21「なあ照英、お前で終われてよかったよ」(素人審判の受難編最終回)

    ミニバスケットの「審判初心者教習会」に参加したつもりが、いきなり「ライバル高校同士の練習試合」を裁くことになってしまったという僕の受難話。いよいよ最終回です。 勝負はついた レフリーストップ ようやく教官が登場 女審判との別れ お前で終われてよかったよ 勝負はついた 「バスケットカウント!」 (シュートモーションの間にファールを受け、なおかつそのシュートが決まった時のこと。シュートは得点としてカウントされた上に、フリースロー1本が与えられる。通称バスカン) 強引かつ華麗にバスカンを決めたイケメン4番。一瞬見せた憤怒の表情は既に消え去っており、端正な顔立ちのままフリースローラインに向かいます。 …

  • 【逃恥ムズキュン‼特別編】第6話感想【修善寺新婚旅行】

    動画配信サイトParaviで「逃げるは恥だが役に立つ」及び「逃げるは恥だが役に立つムズキュン!当別編」が配信されております。「恋ダンスブーム」など、社会現象になったドラマを再見。独特のスタイリッシュさに「これはヒットするよなあ」と感心しつつ、その第6話の感想です。 <第6話「温泉一泊旅行にまつわるエトセトラ」トレーラー> 「ハグの日」の制定により、恋人っぽい空気をかもし出すことに慣れてきたみくり(新垣結衣)と津崎(星野源)。スキンシップのおかげもあり、2人の日常には平和なムードが漂っていた。ある日、社内でのセクハラ&パワハラ疑惑が噂され、怒り心頭の百合(石田ゆり子)が津崎家に襲来。愚痴大会にな…

  • 【週刊ころまろ8】ドS姉さんとブリーフマスクとブログ移転(2020年6月21日号)

    というわけで、直近の一週間で感じた事をざっくばらんに書く「週刊ころまろ」です。今週は「ドS姉さん」と「ブログ移転問題」についてですね。 南北融和の象徴を木っ端みじんに ユニクロ「エアリズムマスク」発売 今週のころまろ アクセス数さらにダダ下がり 雑多な個人記事をまとめる いずれブログ移転 南北融和の象徴を木っ端みじんに おじいさんもお父さんも、さすがにここまで子供じみたことはしませんでしたので、ちょっと呆れちゃいましたね。まあ基本的にはそんなスタンスです。 しかし金与正氏から文在寅氏に浴びせかけられた罵詈雑言は、なかなか独特の表現で実に面白かったですね。ケシカランと思いました。 「水を飲み胃も…

  • 【逃恥ムズキュン‼特別編】第5話感想【ハグの前借り】

    動画配信サイトParaviで「逃げるは恥だが役に立つ」及び「逃げるは恥だが役に立つムズキュン!当別編」が配信されております。「恋ダンスブーム」など、社会現象になったドラマを再見。独特のスタイリッシュさに「これはヒットするよなあ」と感心しつつ、その第5話の感想です。 <第5話「ハグの日、始めました!」トレーラー> 家の中でぎくしゃくせずに済む最適な解決法として、恋人同士になろうというみくり(新垣結衣)の突拍子も無い提案に驚きを隠せない津崎(星野源)。一般的な恋人同士がスキンシップとしてハグをするという行為も理解できない上、みくりには「恋人のおいしいところだけがほしい」と小賢しい作戦で攻め立てられ…

  • 僕とミニバスその21「ニセ審判覚醒!?」

    ここは僕が子供のミニバスに極端にハマっていく過程を紹介するカテゴリイで、現在は僕が「バスケットボール審判講習会」に間違って参加して、相当ヒドイ目にあったという話をしております。 ※ここまでのあらすじ※ 間違って上級者向けの「審判講習会」に参加してしまった僕は、トップバッターで「ライバル高校同士の因縁対決」の審判をすることになってしまいました。混乱する僕をよそに試合はどんどんヒートアップし、ついにはワンマンチームのエース選手(タレントの照英にそっくり)が膝を負傷してしまいました。 相手チームがタイムアウト ハーフタイムまで頑張る 審判として腹を決める 審判覚醒! 相手チームがタイムアウト タイム…

  • 【週刊ころまろ7】センバツ交流戦と不正受給と「ころまろ」アクセス減(2020年6月14日号)

    直近一週間の事をざっくばらんに書く「週刊ころまろ」です。 善意の砂 阪神の矢野監督を中心に「高校球児に甲子園の砂を送る」というプロジェクトが始まりました。これは甲子園の砂が入った特製キーホルダー作成してそれを配るというものですね。「僕たちが土を集めることでそのキーホルダーの中に僕たちの思いっていうのも入って球児に届いてほしい、と。ただ単に物を贈るんじゃなくて、僕たちの気持ちを届ける。ほんとに裏方さんも園芸さんも球団も、選手、コーチ全員が応援しているよって。思いを込めるために、全員で土を集めてそれを贈るっていうところに一番の意味というか、気持ちを込められるっていうのがあるんじゃないかなということ…

  • 【平成2年の今頃の話40】アイドル番組【アイドル共和国とポワトリン】

    というわけで、30年前のお話ですね。 今日は当時のアイドル番組です。 アイドル共和国 SMAP 呪いのアイドルプレート 井倉光一(イクラちゃん) 仮面美少女ポワトリン 花島優子 多摩湖周辺 週刊スタミナ天国 永作博美 アイドル共和国 大好きな「ワールドプロレスリング」が、当時は土曜の4時からテレ朝にてオンエアされていましたので、それを待ちきれなかった僕は、その直前の番組の「アイドル共和国」という番組を暇つぶしに見ていたのです。 この番組はメジャーアイドルとマイナーアイドルの抱き合わせ的番組でありまして、「西武園ゆうえんち」から毎週生放送されておりました。それもジャニーズ系と女性アイドル系を上手…

  • 【僕とミニバス20】怪我人発生!どうするエセ審判

    ここは僕が子供のミニバスに極端にハマっていく過程を紹介するカテゴリイで、現在は僕が「バスケットボール審判講習会」に間違って参加して、相当ヒドイ目にあったという話をしております。 ※ここまでのあらすじ※ 間違って上級者向けの「審判講習会」に参加してしまった僕は、トップバッターで「ライバル高校同士の因縁対決」の審判をすることになってしまいました。混乱する僕をよそに試合はどんどんヒートアップしていきました。 おかしい照英と変な色気の女性審判 照英負傷! ロースコアマッチの様相 わがままな照英 おかしい照英と変な色気の女性審判 序盤から飛ばしまくっていた照英ですが、1ピリオド終了間際になると、急に動き…

  • 【逃げるは恥だが役に立つムズキュン‼特別編】第4話感想【恥を知りなさい】

    動画配信サイトParaviで「逃げるは恥だが役に立つ」及び「逃げるは恥だが役に立つムズキュン!当別編」が配信されております。「恋ダンスブーム」など、社会現象になったドラマを再見。独特のスタイリッシュさに「これはヒットするよなあ」と感心しつつ、その第4話の感想です。 <第4話「私、恋人を作ろうと思います!」トレーラー> みくり(新垣結衣)と津崎(星野源)の“契約結婚”が、とうとう津崎の後輩の風見(大谷亮平)にバレてしまった!さらに、2人の関係が理想的だという風見に、津崎は「週一でみくりをシェアさせて欲しい」と言われてしまっていた。動揺を隠せないまま、また、みくりにそのことを話せないまま時間だけが…

  • 【週刊ころまろ6】天才少年と失われた少女(2020年6月7日号)

    直近一週間の事をざっくばらんに書く「週刊ころまろ」です。 藤井聡太七段の最年少棋戦挑戦 横田滋さんの訃報 歌舞伎町クラスター 藤井聡太七段の最年少棋戦挑戦 藤井七段が永瀬二冠を破り、17歳10カ月20日という史上最年少でのタイトル挑戦(棋聖戦)が決まりました。不滅的と言われた屋敷九段の記録を打ち破ったのだから本当に大したものです。 そして相手が渡辺三冠(36歳)というのがいいですね。羽生さん以外なら、やはり彼が一番燃える相手でしょう。まあ無理を言うならば「名人戦の羽生」か「竜王戦の渡辺」が良かったのですけど・・・いくら何でもそこまではね。 思えば渡辺三冠が19歳時に初めてタイトル戦に挑んだのが…

  • 【平成2年の今頃の話39】「歌舞伎町の娯楽ビルとワールドカップ1990」

    ※ここは常に30年前の話をするカテゴリイです。 さてさて僕が大学一年生だった30年前の今頃の話です。 無茶な歌舞伎町生活 街全体が濃厚接触 無茶な生活時間 歌舞伎町の娯楽ビル 豪快な居酒屋「ルパン亭」 サッカーワールドカップ1990イタリア大会 話題にならないW杯 日本代表 史上最もつまらないW杯 南米はドロドロ フーリガンやばすぎ ガスコイン&リネカー 決勝 無茶な歌舞伎町生活 街全体が濃厚接触 僕は歌舞伎町にある娯楽ビルのライブハウスで働き始めました。バイト初日。僕は店にたどり着くまで鬼のようなポン引きに会いました。それに対して「いやいや、これから仕事なんです」と丁寧に答える僕もなかなかの…

  • 【僕とミニバス19】ライバル校の因縁対決の審判になってしまった

    ここは僕が子供のミニバスに極端にハマっていく過程を紹介するカテゴリイで、現在は僕が「バスケットボール審判講習会」に間違って参加して、相当ヒドイ目にあったという話をしております。 頼りない相棒 因縁のライバル対決 審判いらずの序盤戦 初のジャッジ 頼りない相棒 そんなわけで「ミニバスケット審判初心者講習」に参加したつもりが、うっかり勘違いで、いきなり「高校のバスケの練習試合の審判」をすることになってしまった僕です。予期せぬ事態。不測の事態。まさに寝耳に水です。 審判は二人制でしたので、こうなると一緒に審判をする人が頼りだったのですが・・・これがとてもおとなしい感じの女性でして「私もあまり経験が無…

カテゴリー一覧
商用