searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

donjさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
テロワールを求めて
ブログURL
https://donj0501reiwa.hatenablog.com/
ブログ紹介文
日々の中で手段と目的がよく入れ替わります。その手段と目的について、時に入れ替わり時に元の目的に立ち返りながら理想の自分に近づいていけるかの道のりを形にしたいと考えました。結局は趣味(靴、旅、道具、バイク等)のブログです。
更新頻度(1年)

27回 / 365日(平均0.5回/週)

ブログ村参加:2019/11/04

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、donjさんをフォローしませんか?

ハンドル名
donjさん
ブログタイトル
テロワールを求めて
更新頻度
27回 / 365日(平均0.5回/週)
フォロー
テロワールを求めて

donjさんの新着記事

1件〜30件

  • アイスブレーカー ショートスリーブのイチオシは? 〜アイスブレーカー エアロ ショート&タンク Icebreaker AERO SS&TANK〜

    メリノウールのシャツが大好きで今では20着以上持っています。 その中でもスマートウールが最も好きだと言っていたのですが、それはメリノウール100%に限った話です。 最近はスマートウールも化繊混紡ばかりになってちょっと気持ちが離れています。 化繊混紡の現代的なモデルとなるとバリエーションの多いアイスブレーカーが一歩リードと言った感じです。 そんなアイスブレーカーのなかで、室内着から機内着、ランニングにも使えてオススメなのがエアロです。既に廃盤なのでごく僅かな売れ残りを探すか近しいモデルを探す必要があるのが難点です。 アイスブレーカー エアロ Icebreaker AERO 高温多湿の着用レビュー…

  • アイスブレーカーのイチオシモデル ゾーン ハーフジップ (ICEBREAKER ZONE LS HALF ZIP )

    ここ数年間ずっと答えが出てないであろう問題。 最近は妙にメディアに取り上げられているメリノウールですがメーカーやモデルによる差はなんなのかということです。 私は5年以上かけてメリノウールのウェアを探し、おそらく3、40着は着てきました。 そんな私が今一番気に入っているのがアイスブレーカーのゾーンというモデルです。 アイスブレーカーに思うこと アイスブレーカーの特徴 ゾーン(ICEBREAKER ZONE LS HALF ZIP )の特徴 まとめ アイスブレーカー のメリット アイスブレーカー のデメリット

  • ARC'TERYX APTIN SHORT PANTS (アークテリクス アプティン ショート パンツ)

    これまではランニング用にソリウス ショートというモデルを使っていました。 ビルトインインナーがイマイチではありつつも、それ以外には満足しており長らく使っていました。 最近、話題のナイキの厚底シューズを手に入れたついでに興味を持ったナイキのウェアが安価な割に作りが良かったので、この機会にと全てのランニングウェアをナイキに変更してみました。 ところが使用2、3ヶ月するとどうもいまいちです。 ナイキのウェアはアークテリクスの3割から半額、やはり値段なりというかむしろ学生時代に使っていた頃よりも品質が劣っている様に感じました。 納得いかず、数ヶ月でアークテリクスに戻ることになりました。 この時、アプテ…

  • ARC'TERYX ARC'TERYX MOTUS SL Crew SS SS (アークテリクス モータス ショートスリーブ シャツ)

    アークテリクス最後のショートスリーブ シャツ ベースレイヤー レビューはモータスです。 他にもサリックスやイーサー等たくさんのシャツがアークテリクスにはあります。 しかし結局のところ、私にとってモータスが最高のシャツです。 モータスだけでもこれまで買ってきたものは10枚は余裕で超えます。 ARC'TERYX MOTUS SL Crew SS 素材感 新旧モデルの比較 フェイズとモータスの比較 まとめ

  • ARC’TERYX Phase SL Crew SS(アークテリクス フェイズ クルー シャツ)

    始めてしまったら収拾がつかなくなったアークテリクスのシャツレビューもいよいよラストスパートです。 元々、私がブログを始めたのは昨今のメーカーHP丸写しのアフィリエイトブログにムカムカしていた部分があります。 メーカーHPや誰かのブログをそのまま自分の意見のように引用し間違ったことや矛盾していること、それは違うんじゃないかと思うことを目にすることが多かったからです。 本当に使用者本人が感じたことを素直に伝えそれが誰かの参考になるべきだと思うのです。 メーカーHPやショップHPでは自社製品や他社類似品と甲乙つけることもできないと思います。そう言った部分にも個人のブログの存在意義があるのではないかと…

  • ARC’TERYX Velox Crew SS(アークテリクス ヴェロックス クルー シャツ)

    私はあまりメッシュのシャツは好きではありません。 それでもアークテリクスならば、と言うことで常に大人気でシーズン前に完売必至の定番ヴェロックスを二枚所有しております。 他のメッシュシャツも持っていましたし、ヴェロックスも最近モデルチェンジをしたので購入してみたのですがそれらはイマイチで手放してしまいました。 手元のメッシュシャツは旧モデルのヴェロックスしかありません。 ARC'TERYX Velox Crew SS 素材感 新旧モデルの比較 まとめ

  • ARC'TERYX Cormac Crew SS (アークテリクス コーマック ショートスリーブ シャツ)

    二着購入したレミージ ショートスリーブの直後にコーマック ショートスリーブも購入しました。 元々、コーマックは販売直後に全色購入する程に惚れ込んでいたモデルでしたがパターンがスポーティすぎたために気に入っていた一色だけを残して手放してしまいました。 それが気づいたらモデルチェンジしており通常のTシャツの様なパターンと生地も新しくなっていたので再び追加してみることにしたのです。 ARC'TERYX Cormac Crew SS 素材感 新旧モデルの比較 コーマックとレミージの比較 まとめ

  • アークテリクス リーフ コールド WX LT ジャケット&フーディ 〜ARC'TERYX LEAF COLD WX LT JACKET/FOODY〜

    冬のマストアイテムの一つがアークテリクス アトムARジャケットだと思っています。 人によって重要視する部分は異なれど、総合的にみて一つは持っていて絶対に後悔のないジャケットだと思っています。 そこに男臭さとさらなる耐久性を加味したものがリーフ コールドWX LTジャケットです。 出た時から興味はあったもののちょっと高すぎる、リーフラインの海外輸入は結構大変でLEAFが出始めた時に比べて円が上がった今そこまでのメリットもありません。もしかすると割高になる可能性もあります。 そんなわけで数年間気になってはいたのですが、モデルチェンジをしたため旧モデルがセールになっており念願叶って私の手元にやってき…

  • ARC'TERYX Remige SS (アークテリクス レミージ ショートスリーブ シャツ)

    しばらく見ていないうちにアークテリクスのシャツには随分とバリエーションが増えていました。 アークテリクスといえば素材それぞれに名称が付いているほど素材開発に積極的で、それぞれのシャツに違う生地が使われています。 ここまで種類があるとどの様な違いがあるのか気になってしまいます。 まずは色違いで二着購入したレミージ ショートスリーブです。 ARC'TERYX Remige SS なぜレミージを購入したのか 素材感 シルエット RemigeとRemige Wardの比較 レミージとコーマックの生地の比較 まとめ

  • ARC’TERYX LEAF ASSAULT PACK Khard 30 (アークテリクス リーフ アサルトパック)

    ブレード21に続き、アークテリクス リーフ アサルトパック30です。 旧モデルはKHARD 30(カード 30)です。若干の違いでどちらも甲乙付け難いのですが少しだけ使いやすくなったのでアサルトパックに買い換えました。 最新アサルトパック、旧モデル カードとの僅かな違いも紹介します。 カード30を手に入れるのは随分苦労しました。 まず売っている場所を見つけるのが大変でした。 ようやく見つけても軍用法務省モデルのLEAFを日本へ送ってくれるショップはなかなかありませんでした。 なんとか欧州のミリタリーショップから購入できましたが、そこも日本は発送先の選択に存在せずメールで問い合わせて購入しました…

  • おすすめプロテイン 〜 High5 Protein Recovery (1.6kg) 〜

    25年以上ぶりにプロテインを購入しました。 その進化に驚愕しました。 ちょくちょく貰ったりはしておりましたが、今回は普通にドリンクとしても味が良すぎるので記事を書くことにしました。 あまりの美味しさに清涼飲料水を買う気も起きません。 私とプロテイン 私とHigh5 スターターパック プロテイン リカバリー Protein Recovery (1.6kg) プロテイン&エナジー EnergySource 4:1 + Super Carbs まとめ

  • ARC’TERYX LEAF Blade21 (アークテリクス リーフ ブレード21)

    今更ながらアークテリクス リーフ バックパックの良さをしみじみと感じています。 リーフのバックパックは個性が強く万人向けしないものが多いのですが、その中で唯一万人向けのヒットと呼べるのがブレード21です。 ブレードはリーフだけでなく通常ラインにもあるのですが、アークテリクスのシティ向けの中で大変に人気だった存在です。多数のサイズ違いやモデルチェンジを経て現在も継続販売されております。 私の場合、購入前によく吟味はするものの結局収集癖が勝り、つい衝動買いしてしまうことが多いので、購入してほとぼりが冷めて落ち着いてから改めて良い物と思えることでようやく正解だったと思えるのです。 年末年始にリーフの…

  • 寒い日の一着はアークテリクス コアロフト ジャケット 〜 ARC'TERYX LEAF COLD WX,ATOM AR,KAPPA 〜

    一家に一台、ではなく一人に一つ、冬のマストアイテムとしておすすめしたいのがアークテリクスのコアロフト素材のジャケットです。 先日のポーラテック ハイロフト ジャケットと合わせて街着やアウトドアスポーツから旅行、非常事態にも使えるので一つあると便利な汎用性の高いジャケットです。 今ではアークテリクスからいくつもの化繊ジャケットが出ていますが行動着方向にバリエーションを増加させ汗抜けを重視している傾向にあると感じます。 そのため、最初の一着は防寒性に重点を置いたベーシックなアイテムがオススメです。 私と化繊インサレーションジャケット 私とアークテリクス コアロフト アークテリクス コアロフト ジャ…

  • エドワードグリーン、二つの翼、ブーツ レビュー 〜edward green galway,nevis〜

    久しく離れていたエドワードグリーンですが昨年春くらいから久しぶりに興味が再燃。 理由はブーツをいくつか手放したからです。 短靴はジョンロブ以外に履きませんがカジュアルウェアにジョンロブは合わないと言う思いから、カジュアルな場面ではジョンロブ以外の革靴を探していました。 せっかくなので欧州靴の中で幅広く揃えてみたのですがどれもしっくりきません。 外見もそうですし履き心地の面でも何かがいまいちと感じてしまいます。 そんな時にふとエドワードグリーンに興味が出てきたのはサイドに翼の様な独特の切り返しが入ったブーツを見つけたからです。 その後一足は手に入れたのですが、この度対になるもう一足を手に入れたの…

  • ジョンロブ モデルチェンジ比較レビュー 【C&J製ジョドファー VS 8695ラスト ジョドファー VS 7000ラスト ジョドファーII】

    個人的にジョンロブの大傑作のモデル、ジョドファーの比較です。 元々ブーツが好きですがジョンロブで一目惚れするモデルにはブーツが多いです。 その中でジョンロブでベストのブーツならこれだ、と言えるのがジョドファーです。 独特の外見と美しさ、ストラップ一本だけなのにしっかりと足を固定することができる機能性、気づけばブラックブラウンスエードと三足を所有することになりました。 モデル紹介 クロケット&ジョーンズ(C&J)製ジョドファー 8695ラスト ジョンロブ製ジョドファー 7000ラスト ジョドファーII モデル比較 上から比較 後ろから比較 コバの比較 シャフトの比較 まとめ

  • 私にクリスマス ベルスタッフ レザージャケット 〜BELSTAFF Weybridge Jacket〜

    ついに購入しましたベルスタッフのウェイブリッジジャケット。 ベルスタッフ ファンの私ですがその中で二番目に欲しかったのがこのジャケットです。 一番目レベルジャケットはすでに所有、数年チャンスを伺っていましたが遂に入手。 https://www.belstaff.co.uk/home Weybridge Jacket ディテール紹介 フロント4ポケット キルティングパッド 背面デザイン フロントジッパーデザイン まとめ

  • クリスマスギフトのススメ 〜ポーラテック サーマルプロ ハイロフト フリース 〜

    ここ数年、パタゴニアのレトロXジャケットが大人気です。 昨年まではシーズン中にも買えずプレミアがついておりました。 レトロXに限らず90年代ストリートファッションの様にフリースが街着として復活してきました。 しかし個人的に納得いっていないことはあくまでリバイバル扱いであることです。 すでにインサレーションに地位を奪われたレトロな素材と思っていたフリースは劇的な進化を遂げていたのです。 それがポーラテック サーマルプロ ハイロフト になります。 私は10年前、インサレーションの保温性の進化とフリースの時代遅れ感を感じてからフリースに興味を持たなくなっておりました。 その数年後、ふと手にしたポーラ…

  • 男のクリスマスプレゼントに最適 〜WERA ステンレスマルチカラーHEXレンチ〜

    子供のから工具が大好き、ホームセンターには週末ごとに通っていました。 だいたい何でもそうなのですが興味を持ち始めるとまずは比較して最も自分が良いと思うメーカー探しを始めます。 それでもまだ飽きずに色々と見て回っているといつしか全部が好きになって本当に欲しいものがわからなくなってきます。 そんななかで類似品が出ても別格に輝いているアイテムがこちらになります。 外見のインパクトと品質、使用機会に対して驚くほどに値段が安いおすすめのアイテムです。 工具っぽくない可愛らしい外見もクリスマスプレゼントに最適です。 ちょっとした話のネタにもなることでしょう。 WERA社 ステンレスマルチカラーHEXレンチ…

  • 2020年冬 靴の衣替え JOHN LOBB

    これまで200足以上は靴を購入してきました。 ようやく見つけたジョンロブ パリと言う全てを満たす靴。 靴は眺めるものではなく履いてこそだと自分に言い聞かせ、全てを満遍なく履ける様にと手元には30足までと決めてきました。 しかし我慢していても少しずつ増えていきそうな思いを正当化するために閃いたのが靴の衣替えでした。 これによってさらに数足ジョンロブを所有する余裕ができました。 春夏はローファーを、秋冬はスエードやロングブーツを中心に入れ替えます。 眠りにつく靴 WARWICK LOAFER LOPEZ LUFFIELD TAMAR 目覚める靴 AVON DARBY GLOSTER JODPHUR…

  • 新しい靴を購入 〜 Tricker's トリッカーズ SHEENE モーターサイクルブーツ ディアスキン×グレインレザー 〜

    急に冷え込む様になり2020年の終わりを考え始めたこの頃です。 今年一年も相変わらず靴について考え続けていました。 最も大きく変わったのはビルケンシュトックの靴を買ったこと。 ずいぶん熱狂して買い集めてしまいましたが、ようやく冷静になってきてサンダルほどは良くはないなと言う印象です。 コルクの中底は足にフィットすると言いますが、アッパーの作りはいまいちで中底にぴったりと足が張り付くフィット感が得られるわけではありませんでした。 結局、重い脱ぎ履きが面倒等の意見はたくさんありますが普通のブーツの方が私にとっては歩きやすいし足にもフィットして履いていて気持ちが良いです。 ビルケンシュトックの靴を履…

  • DIY 破れたバックパックを修理してみた 〜 ホグロフス LIM 25 〜

    バックパックは自分の生活様式には最もあっており物心ついた頃から持ち続けております。 10年前に手に入れたこちら、ホグロフスのLIM25はこれまで手に入れたバックパックの中でもかなり気に入っております。 長年の使用によりジッパー付近の生地がほつれてきてしまいました。 そろそろ処分かなと思って代わりの品を買ってはみるもののどれもしっくりきません。 そこで修理をすることにいたしました。 ホグロフス LIM 25 破損箇所 修理方法

  • ビルケンシュトック パサデナ にはまる2020年

    今年の春からビルケンシュトックを買いあさっています。 そろそろいい歳なのでスニーカーは普段は履かない、と決めて辿り着いたのがビルケンシュトックです。 全体的にウォーキングシューズの様な野暮ったいモデルが多いビルケンシュトックなのですが色々見ているとちょっと興味深いモデルもあります。 そんななかついつい目が行ってしまうのがチロリアンシューズのパサデナです。 なぜか妙に心惹かれるパサデナが家に増えていきます。 ことの始まり チロリアンシューズとは ビルケンシュトック パサデナ 私とパサデナの出会い 私のパサデナ その後

  • KTM パワーパーツ エルゴシートのインプレ 感想 〜 KTM 390 Adventure カスタム 〜

    ハイテク株のコロナバブルが弾けたタイミングで同じバイク一台分ほど株で損をしてしまったのでカスタムパーツが安く感じます。まだまだ傷は深くなりそうで憂鬱です。 購入時の目標通り、東京から四国までのツーリングのために必要なパーツを見極めながらKTM 390 Advを少しずつカスタムしていきたいと思います。 KTMに乗る以前は、バイクのカスタムが趣味で、お金も使い時間も使い、それで手を入れたい部分が無くなっても結局根本的には変わっておらず進化したわけじゃないという当たり前の虚しさを感じる様になっていました。 改造で良さは伸ばせても弱点は多少増しになったところで結局弱点のままだったのです。 それがKTM…

  • KTM OEMパーツとエンデュリスタン ブリザード サイドバッグとの違い 〜 KTM 390 Adventure カスタム 〜

    KTM 390Advを購入してから一月ほど経ちました。 猛暑の2020年8月ということでバイクに乗っていても熱風が吹き付けてきます。ツーリングに一度行ったくらいで大して乗っていません。 ようやく400キロと言ったところでそろそろカスタムをしていきたいと思います。 390Advに期待することはその名の通りアドベンチャー、まずはサイドバッグを購入しました。 本当はBMW ボクサーツインがアドベンチャーの完成形だと思うのですが大きすぎて持て余しますので、いつかの夢と心に置いておきます。 これまで数年間使っていたデグナー 防水バッグもなかなか良いバッグでしたが、今回は発売以後、大人気のエンデュリスタン…

  • バイクを買い換えました 〜 KTM 390 Adventure アドベンチャー インプレ 〜

    バイクを買い換えました。 18に原付免許を取り19でバイクに乗り、以来50台近くのバイクを乗り継いできました。 おそらく二年ぶりくらいにバイクを買い換えたのですが、3台前から発売を待っていたAdventureと名のつくバイクです。 バイクと私 日本車と外国車の違い 外国車は壊れる 日本車と外国車の車体の違い 日本車と外国車の走りの違い KTMと言うメーカー KTMは整備性をよく考えている KTMは部品の質が高い KTM 390 Adventure KTM390 感想、インプレ

  • オールデンのコードバンを磨いてみる

    久しぶりのコードバンです。 かつては集めていたコードバン、元々リーガルから革靴を集め始め次に向かった先が米国靴でした。 その時に集めていたのがコードバンで、結局全ての靴がコードバンに置き換わっていました。 コレクションが揃ったところで改めてどの様なテーマのコレクションなのかコーディネートや履き心地も含めて自問自答をした結果、私には米国靴もコードバンも合わないと言う結論になり手放してしまいました。 当時集めていた70〜80年代のコードバンに比べて、90年代から現代のコードバンは品質が劣っていることを実感しており、これを手放したら二度とコードバンの靴が手元に来ることは無いだろうなとその時は思いまし…

  • ランニングパンツの進化 〜アークテリクス ソリウスショーツからナイキへ買い換え〜

    アウトドアウェアでは圧倒的な品質(機能だけでなくデザイン面でも)を誇るアークテリクスですがランニングカテゴリーでも別格の品質でここ数年はずっとアークテリクスを使っていました。 ところが昨年、セールで購入したナイキのパンツが期待以上に良くアークテリクス以上にも感じられたためランニングウェアの買い換えを行いました。 シャツに関してはいまいちな部分も結構ありましたがパンツに関してはアークテリクスから買い換えるだけの良さが私にはありました。 contents]

  • ビルケンシュトックの幅選び 〜ノーマルウィズかナローウィズか〜

    今年は春からビルケンシュトックのことばかり考えております。 昨年大量に持っていたビルケンのサンダルのほとんどを手放してしまったこと、スニーカーではなく革靴でもないその中間の靴にビルケンが最適だと気づいたこと、それによって手持ちのカジュアル用途の靴全てをビルケン中心に考える様になってしまったからです。 なぜビルケンのサンダルを手放してしまったかというと全てのビルケンをナローウィズへ買い換えようと思ったからです。 それまで少しずつやろうとしていましたがいつまでも進まず一年が経ったので昨年思い切って一気に手放したのです。 ところがそこから一年間、手元に残った一足のナローウィズのビルケンでなんだかんだ…

  • DIY ビルケンシュトック スムースレザーが割れたので改造してみた

    以前から言っていた様にビルケンシュトックのスムースレザーは選んではいけない素材です。 なぜなら経年劣化で割れてくるからです。 タンニンなめし染料染めの革の割れとは異なり使用していなくても手入れをしても時間が経過するとわれてきます。 今回はあまり使っていないがアッパーが割れているビルケンシュトックのボストンを美しく蘇らせることにしました。 症状 顔料と染料の違い 作業に必要な道具 スクレーパー 耐水性紙ヤスリ DIY ビルケンシュトックのカスタム作業開始 塗膜を剥がす アッパー表面を削って風合いを整える

  • DIY 水筒をソリッドでタフな見た目に変えてみる 〜デロリアン風の水筒〜

    金属製品を見るといつも思うことがあります。 塗装を全部剥がして金属むき出しにしたら格好良いだろうなと。 自転車、車、バイク、鉄板が剥き出しで溶接跡や削り出しの無骨な風合いのモデルが用意されていればといつも思っていました。 中高生あたりの頃には自転車の塗装を剥がそうと何台も試みては挫折してきました。 さすがにそれ以降は自分でやることはなく、ふと思い出しては何か無いかと探すのですが良くて厚手のクリアコーティング止まりです。 まれにポリッシュやヘアライン処理がされているむき出しのものがあるのですがかなり高価です。 そういえば工具類は金属そのまま良くてメッキ程度です。私も工具は大好物、各種不足無い程度…

カテゴリー一覧
商用