プロフィールPROFILE

玉山さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
台湾古道~台湾の原風景を求めて
ブログURL
http://taiwan-kodou.com
ブログ紹介文
現在台湾で「古道」と呼ばれるその殆どの最終形態が日本時代の原住民族(「高砂族」)に対する警備道(「理蕃道」)だった。今でも台湾の山中深くに残るこれら古道の沿線上には日本時代の遺構が数多く確認出来る。実に不思議な歴史的な空間である。
更新頻度(1年)

4回 / 25日(平均1.1回/週)

ブログ村参加:2019/10/13

玉山さんのプロフィール
読者になる

玉山さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 11/06 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,587サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 43,288サイト
台湾旅行 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 601サイト
街道・古道 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 75サイト
歴史ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,198サイト
近代 明治・大正・戦前 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 154サイト
今日 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 11/06 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,587サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 43,288サイト
台湾旅行 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 601サイト
街道・古道 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 75サイト
歴史ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,198サイト
近代 明治・大正・戦前 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 154サイト
今日 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 11/06 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,587サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 43,288サイト
台湾旅行 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 601サイト
街道・古道 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 75サイト
歴史ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,198サイト
近代 明治・大正・戦前 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 154サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、玉山さんの読者になりませんか?

ハンドル名
玉山さん
ブログタイトル
台湾古道~台湾の原風景を求めて
更新頻度
4回 / 25日(平均1.1回/週)
読者になる
台湾古道~台湾の原風景を求めて

玉山さんの新着記事

1件〜30件

  • 李棟山隘勇線-4:金子分遣所

    李棟山隘勇線−4:金子分遣所,現在台湾で「古道」と呼ばれるその殆どの最終形態が日本時代の原住民族(「高砂族」)に対する警備道(「理蕃道」)だった。今でも台湾の山中深くに残るこれら古道の沿線上には日本時代の遺構が数多く確認出来る。実に不思議な歴史的な空間である。このブログではこれらの台湾古道と周辺の風景を特に日本時代との関わり合いの中で紹介していく。

  • 李棟山隘勇線-3:大岡分遣所

    李棟山隘勇線−3:大岡分遣所,現在台湾で「古道」と呼ばれるその殆どの最終形態が日本時代の原住民族(「高砂族」)に対する警備道(「理蕃道」)だった。今でも台湾の山中深くに残るこれら古道の沿線上には日本時代の遺構が数多く確認出来る。実に不思議な歴史的な空間である。このブログではこれらの台湾古道と周辺の風景を特に日本時代との関わり合いの中で紹介していく。

  • 李棟山隘勇線-2:大混山

    李棟山隘勇線−2:大混山,現在台湾で「古道」と呼ばれるその殆どの最終形態が日本時代の原住民族(「高砂族」)に対する警備道(「理蕃道」)だった。今でも台湾の山中深くに残るこれら古道の沿線上には日本時代の遺構が数多く確認出来る。実に不思議な歴史的な空間である。このブログではこれらの台湾古道と周辺の風景を特に日本時代との関わり合いの中で紹介していく。

  • 李棟山隘勇線-1

    李棟山隘勇線−1,現在台湾で「古道」と呼ばれるその殆どの最終形態が日本時代の原住民族(「高砂族」)に対する警備道(「理蕃道」)だった。今でも台湾の山中深くに残るこれら古道の沿線上には日本時代の遺構が数多く確認出来る。実に不思議な歴史的な空間である。このブログではこれらの台湾古道と周辺の風景を特に日本時代との関わり合いの中で紹介していく。

  • 『水の古道』隆恩[土/川]-5:「永済義渡碑記」

    『水の古道』隆恩[土/川]−5:「永済義渡碑記」,現在台湾で「古道」と呼ばれるその殆どの最終形態が日本時代の原住民族(「高砂族」)に対する警備道(「理蕃道」)だった。今でも台湾の山中深くに残るこれら古道の沿線上には日本時代の遺構が数多く確認出来る。実に不思議な歴史的な空間である。このブログではこれらの台湾古道と周辺の風景を特に日本時代との関わり合いの中で紹介していく。

  • 『水の古道』隆恩[土/川]-4:濁水橋

    『水の古道』隆恩[土/川]−4:濁水橋,現在台湾で「古道」と呼ばれるその殆どの最終形態が日本時代の原住民族(「高砂族」)に対する警備道(「理蕃道」)だった。今でも台湾の山中深くに残るこれら古道の沿線上には日本時代の遺構が数多く確認出来る。実に不思議な歴史的な空間である。このブログではこれらの台湾古道と周辺の風景を特に日本時代との関わり合いの中で紹介していく。

  • 『水の古道』隆恩[土/川]-3:隆恩圳幹線・南岸沈砂地

    『水の古道』隆恩[土/川]−3:隆恩圳幹線・南岸沈砂地,現在台湾で「古道」と呼ばれるその殆どの最終形態が日本時代の原住民族(「高砂族」)に対する警備道(「理蕃道」)だった。今でも台湾の山中深くに残るこれら古道の沿線上には日本時代の遺構が数多く確認出来る。実に不思議な歴史的な空間である。このブログではこれらの台湾古道と周辺の風景を特に日本時代との関わり合いの中で紹介していく。

  • 『水の古道』八奨渓義渡-7:道将圳-4

    『水の古道』八奨渓義渡−7:道将圳−4,現在台湾で「古道」と呼ばれるその殆どの最終形態が日本時代の原住民族(「高砂族」)に対する警備道(「理蕃道」)だった。今でも台湾の山中深くに残るこれら古道の沿線上には日本時代の遺構が数多く確認出来る。実に不思議な歴史的な空間である。このブログではこれらの台湾古道と周辺の風景を特に日本時代との関わり合いの中で紹介していく。

  • 『水の古道』八奨渓義渡-6

    『水の古道』八奨渓義渡−6,現在台湾で「古道」と呼ばれるその殆どの最終形態が日本時代の原住民族(「高砂族」)に対する警備道(「理蕃道」)だった。今でも台湾の山中深くに残るこれら古道の沿線上には日本時代の遺構が数多く確認出来る。実に不思議な歴史的な空間である。このブログではこれらの台湾古道と周辺の風景を特に日本時代との関わり合いの中で紹介していく。

  • 『水の古道』八奨渓義渡-5

    『水の古道』八奨渓義渡−5,現在台湾で「古道」と呼ばれるその殆どの最終形態が日本時代の原住民族(「高砂族」)に対する警備道(「理蕃道」)だった。今でも台湾の山中深くに残るこれら古道の沿線上には日本時代の遺構が数多く確認出来る。実に不思議な歴史的な空間である。このブログではこれらの台湾古道と周辺の風景を特に日本時代との関わり合いの中で紹介していく。

  • 『水の古道』八奨渓義渡-4

    『水の古道』八奨渓義渡−4,現在台湾で「古道」と呼ばれるその殆どの最終形態が日本時代の原住民族(「高砂族」)に対する警備道(「理蕃道」)だった。今でも台湾の山中深くに残るこれら古道の沿線上には日本時代の遺構が数多く確認出来る。実に不思議な歴史的な空間である。このブログではこれらの台湾古道と周辺の風景を特に日本時代との関わり合いの中で紹介していく。

  • 『水の古道』八奨渓義渡-3:道将圳-3

    『水の古道』八奨渓義渡−3:道将圳−3,現在台湾で「古道」と呼ばれるその殆どの最終形態が日本時代の原住民族(「高砂族」)に対する警備道(「理蕃道」)だった。今でも台湾の山中深くに残るこれら古道の沿線上には日本時代の遺構が数多く確認出来る。実に不思議な歴史的な空間である。このブログではこれらの台湾古道と周辺の風景を特に日本時代との関わり合いの中で紹介していく。

  • 『水の古道』八奨渓義渡-2:道将圳-2

    『水の古道』八奨渓義渡−2:道将圳−2,現在台湾で「古道」と呼ばれるその殆どの最終形態が日本時代の原住民族(「高砂族」)に対する警備道(「理蕃道」)だった。今でも台湾の山中深くに残るこれら古道の沿線上には日本時代の遺構が数多く確認出来る。実に不思議な歴史的な空間である。このブログではこれらの台湾古道と周辺の風景を特に日本時代との関わり合いの中で紹介していく。

  • 『水の古道』八奨渓義渡-1:道将圳-1

    『水の古道』八奨渓義渡−1:道将圳−1,現在台湾で「古道」と呼ばれるその殆どの最終形態が日本時代の原住民族(「高砂族」)に対する警備道(「理蕃道」)だった。今でも台湾の山中深くに残るこれら古道の沿線上には日本時代の遺構が数多く確認出来る。実に不思議な歴史的な空間である。このブログではこれらの台湾古道と周辺の風景を特に日本時代との関わり合いの中で紹介していく。

  • 『水の古道』阿罩霧[土/川]-5

    『水の古道』阿罩霧[土/川]−5,現在台湾で「古道」と呼ばれるその殆どの最終形態が日本時代の原住民族(「高砂族」)に対する警備道(「理蕃道」)だった。今でも台湾の山中深くに残るこれら古道の沿線上には日本時代の遺構が数多く確認出来る。実に不思議な歴史的な空間である。このブログではこれらの台湾古道と周辺の風景を特に日本時代との関わり合いの中で紹介していく。

カテゴリー一覧
商用