プロフィールPROFILE

まるこ・Pさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
中小企業診断士ウォッチャーのここだけのお話
ブログURL
https://marco-p.hatenablog.com/
ブログ紹介文
中小企業診断士に関することをお伝えするブログです。 特に、中小企業診断士として登録後の世界を中心に書いていきます。中小企業診断士について知っていただければ幸いです。
更新頻度(1年)

112回 / 43日(平均18.2回/週)

ブログ村参加:2019/10/08

まるこ・Pさんのプロフィール
読者になる

まるこ・Pさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/18 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 全参加数
総合ランキング(IN) 11,698位 11,182位 11,191位 12,919位 11,731位 13,690位 12,983位 978,342サイト
INポイント 0 20 50 20 40 20 10 160/週
OUTポイント 10 50 100 100 50 70 60 440/週
PVポイント 180 970 950 1,320 970 590 700 5,680/週
士業ブログ 43位 42位 38位 45位 40位 48位 44位 4,776サイト
中小企業診断士 2位 2位 2位 2位 2位 2位 2位 372サイト
今日 11/18 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 全参加数
総合ランキング(OUT) 16,785位 16,155位 15,397位 16,320位 16,399位 15,873位 15,890位 978,342サイト
INポイント 0 20 50 20 40 20 10 160/週
OUTポイント 10 50 100 100 50 70 60 440/週
PVポイント 180 970 950 1,320 970 590 700 5,680/週
士業ブログ 55位 51位 43位 49位 50位 45位 44位 4,776サイト
中小企業診断士 3位 3位 2位 2位 2位 2位 2位 372サイト
今日 11/18 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 全参加数
総合ランキング(PV) 3,841位 3,703位 3,652位 3,657位 3,831位 3,831位 3,800位 978,342サイト
INポイント 0 20 50 20 40 20 10 160/週
OUTポイント 10 50 100 100 50 70 60 440/週
PVポイント 180 970 950 1,320 970 590 700 5,680/週
士業ブログ 14位 13位 13位 13位 14位 14位 13位 4,776サイト
中小企業診断士 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 372サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、まるこ・Pさんの読者になりませんか?

ハンドル名
まるこ・Pさん
ブログタイトル
中小企業診断士ウォッチャーのここだけのお話
更新頻度
112回 / 43日(平均18.2回/週)
読者になる
中小企業診断士ウォッチャーのここだけのお話

まるこ・Pさんの新着記事

1件〜30件

  • 悟りの境地「診断士試験はコンテストではない」

    中小企業診断士の活動をしていても、ふと、中小企業診断士試験のことを思い出すことがあります。そんな試験について502教室のコラムに的を得た表現がありました。 1.試験はコンテストではない 2.解脱と悟り 1.試験はコンテストではない 第4回の502教室のコラムに、「差別化が必要な試験ではない」ということで、コンテストと試験の比較をして、中小企業診断士の受験生がハマる落とし穴と中小企業診断士試験の本質が分かりやすく解説されています。 診断士試験の本質は、「自動車教習所」のようなもの。つまり、きちんとルールを守って運転できるかだけをチェックする試験なのです。 (引用元: 第4回「502教室のコラム」…

  • 宇宙海賊(診断士)

    中小企業診断士の活動領域を陸と海に分けて、タイプ分けすると「海賊診断士」というタイプがいるというお話を以前書きました。 marco-p.hatenablog.com 世の中には「海賊診断士」を超える「宇宙海賊」が存在します。 1.若手診断士が知る術もない世界 2.身の丈に合う仕事 3.宇宙海賊 1.若手診断士が知る術もない世界 以前、あるベテラン診断士の方と中小企業診断士の年収についてお話したことがありました。私は、聞きかじった程度の一般論を得意げに話していたら、その方の表情が変わり一言。「まあ、君の知らない世界があるからね」といわれ恐縮したことがあります。その言葉は重みがあり、そのベテラン診…

  • 中小企業診断士川柳「しんだんし 下から読んでも しんだんし」

    中小企業診断協会主催の中小企業経営診断シンポジウムの会場の1室で、東京都中小企業診断士協会主催の「中小企業診断士川柳」が同時開催されました。 1.中小企業診断士川柳 2.選ばれた10作品 3.投票の結果 4.社長川柳を超えろ!チャレンジ!逆引き川柳 1.中小企業診断士川柳 事前に募集を行った結果、469名の方から1,221句の応募があったとのことです。シンポジウム当日、その中から選ばれた10作品を展示して投票して、上位作品を表彰し、賞金や記念品を授与していました。当日、私も投票しました。 シンポジウムの様子をまとめた動画に川柳の会場の様子(0:59)も含めまれています。 2.選ばれた10作品 …

  • 中小企業診断士への愛着度合いと受験年数の関係

    中小企業診断士の資格を更新せずに失効させる人がいます。 1.中小企業診断士の資格への愛着度と受験年数 2.中小企業診断士資格試験は人によっては難しくない 3.中小企業診断士資格試験は人によっては難しい 4.資格を更新しない人 5.それでも更新を続ける人もいる 1.中小企業診断士の資格への愛着度と受験年数 いろいろな中小企業診断士として登録したばかりの人とお話をしていると、中小企業診断士の資格に愛着のある人と、ない人がいます。その愛着度合いは受験年数に比例しているように思います。短期間で合格した人は愛着度は低く、長期間を経て合格を手にした人は愛着度が高いです。 2.中小企業診断士資格試験は人によ…

  • 自ら箸をとれ

    中小企業診断士として独立を考えた時の悩みのひとつに、「どうしたら仕事を得ることができるのか?」があります。 1.悩み 独立を考えるとき、次のように嘆いていないでしょうか? 大いに仕事をしたいのに、頼れる人がいないとか、応援してくれる人がいない、見てくれる人がいない これは、中小企業診断士の独立を考えている人の言葉ではなく、渋沢栄一の「論語と算盤」に書かれている青年の悩みです。 苦労して、中小企業診断士の資格を取ったので、何か見返りがあるはずと思っていたのに、仕事が簡単には得られないと感じて嘆く人に、この青年の悩みと同じモノを感じます。 2.仕事はある、自ら箸をとれ 中小企業診断士の活動をしばら…

  • くじ引き

    中小企業診断士人生を歩みはじめるときに、知っていただきたいことがあります。プライベートの人生と同様に、中小企業診断士人生も思い通りにいかない場合があります。 1.くじ引き 2.分岐点 3.流れに任せることも必要 4.それでも、選択は慎重に 1.くじ引き 中小企業診断士として1年たったとき、自分の立ち位置は、自分が思い描いた場所でしょうか?多くの人は「No」というでしょう。中小企業診断士の活動の選択がある意味「くじ引き」という面があります。 2.分岐点 「くじ引き」とはどういうことか?中小企業診断士の活動をはじめると、土日からスケジュールが埋まっていきます。土日には、中小企業診断士関連のイベント…

  • 中小企業診断士の活動をはじめたら、土日のスケジュールを埋める

    1.予定は向こうからやってこない 2.何をすればいいのでしょうか?ヒントは既に手にしている 3.まずは、土日のスケジュールを埋める 1.予定は向こうからやってこない 予定は向こうからやってきません。中小企業診断協会に入会しても同じです。では、何をすれば予定が埋まるのでしょうか? 2.何をすればいいのでしょうか?ヒントは既に手にしている この問いに対する答えは、「できることはなんでもやってみる」です。中小企業診断協会に入会していれば、ヒントは既に手にしています。 「企業診断ニュース」の県協会リポートのコーナーに47都道府県協会の活動が掲載されています。自分の所属している都道府県協会が載っていない…

  • エリート受験生

    中小企業診断士の受験期間の時から、ブログを書いたり、中小企業診断士と交流したり、さまざまな活動をしている人がいます。私は、受験勉強中は余裕がなかったので、そのような人たちを「エリート受験生」と心の中で呼んでいました。 1.エリート受験生(交流タイプ) 2.エリート受験生(ブロガータイプ) 3.カリスマ受講生 1.エリート受験生(交流タイプ) エリート受験生は、中小企業診断士が運営する勉強会でよく見かけます。受験期間から活動をはじめているので、中小企業診断士として登録後に仕事を取得するのは早く、スタートダッシュできています。 2.エリート受験生(ブロガータイプ) ブログを書いている人の中には、受…

  • 中小企業診断士をめざしたきっかけ

    中小企業診断士をめざすきっかけは、さまざまです。きっかけから、中小企業診断士になった人たちのそれぞれの物語が見えます。 1.将来、経営陣になる準備として、経営に関する知識の補充するために 2.中小企業診断士との出会いから 3.出向や定年退職のタイミングで考える 4.工場勤務で現場のカイゼンをするための知識を補充するために 1.将来、経営陣になる準備として、経営に関する知識の補充するために 長年、中小企業に勤務しており、昇進を続けているうちに、数年後、自分が経営陣に入る確信を得たとき、「自分は経営について何を知っているのか?」と自分に問い、経営に関する知識を得るために中小企業診断士の勉強をはじめ…

  • 実は、中小企業診断士1本だけでは弱い、パンチを効かす方法は掛け算

    中小企業診断士として活動をはじめると、あんなにあこがれた資格なのに、「いまいち、パンチが効かない」ということを実感します。 1.実は、中小企業診断士1本では弱い 2.もう1本の柱は、既に持っている 3.自分の強みは忘れがち 4.中小企業診断士×あなただけの強みでパンチを利かす 1.実は、中小企業診断士1本では弱い 中小企業診断士の活動をはじめてわかることは、「中小企業診断士です」といっても、「あ、そうですが」という感じになることです。中小企業診断士の試験を受けたことがある人は、中小企業診断士と言われれば、何か想いがありますが、他の人にとっては、なんでもないのです。 2.もう1本の柱は、既に持っ…

  • プレゼンに差をつける道具

    中小企業診断士として活動する中で道具に凝るということがあります。道具の中でもプレゼンに差をつける道具があるのでご紹介します。 ご紹介するのは「Spotlight Presentation Remote」です。 1.便利なパワポ操作リモコン研修やセミナーを行う時に、パワポを投影してすることがあります。その際に、パソコンから離れた場所で、パワポの操作をしたい時があります。そのために使うのが「パワポ操作リモコン」です。「パワポ操作リモコン」には、いろいろなタイプがあります。 2.プレゼンに差をつける道具いろいろなタイプの「パワポ操作リモコン」の中でもお勧めなのが、ロジクールの「Spotlight P…

  • プロフィールを作ろう

    中小企業診断士として活動をはじめると、プロフィールの提出を求められるようになります。いざ、プロフィールを作ってみるとなかなか難しいものです。 1.プロフィールのタイププロフィールとはどんなものか?数行の短いものからA4サイズの用紙に1枚程度のモノもあります。数行のモノは、執筆に関わったときに求められます。1枚もの場合は、先輩診断士など経由で中小企業支援機関などに紹介される場合に求められます。 2.プロフィールの項目 プロフィールの項目として、主なものは下記の7つです。新人の中小企業診断士には、最近の活動内容や得意分野など、書くのが難しい項目もあります。その項目を書けるように経験を積むことを意識…

  • このブログにアップした10月の記事で「ブログのプロモーションビデオ」を作りました

    このブログにアップした10月の記事でプロモーションビデオを作りました。 1.ブログのプロモーションビデオ ブログのプロモーションビデオ?と思う方もいるかと思います。私も思いました。 検索してみても「ブログのプロモーションビデオ」は存在しません。 実際に見てみると納得。確かに、「ブログのプロモーションビデオ」です。発明したような気分です。 2.記事を探す一助に ブログを2019年10月8日に開始して、この記事で100記事になります。記事の一覧でも、ページをめくって記事を探すのは大変です。 そこで、この「ブログのプロモーションビデオ」を作ると、眺めるだけで、気になる記事が見つかります。お試しくださ…

  • 中小企業診断士同士の会話は楽しい

    中小企業診断士として活動していると、本当にさまざまな人に会うことができます。「経営コンサルタント」ってイメージとはちょっと違います。 1.中小企業診断士の受験生の特徴合格することは別ですが、中小企業診断士を受験することは誰でもできます。それもあり、中小企業診断士の受験生にはさまざまな人がいます。知識も経験もばらばらで、業種も役職も学歴もバラバラです。 2.中小企業診断士がユニークな理由さまざまなバッググランドのある人が一定のハードルを越えたのが中小企業診断士の集団なのです。それまでの人生で交わることがなかった人たちが、中小企業診断士を共通点として交わるのが中小企業診断士なのです。お話をしていて…

  • はじめの一歩は、覚えてもらうこと

    中小企業診断士として活動をはじめて、中小企業診断協会に入会したあと必要になることは、「覚えてもらうこと」です。 1.あなたを知るための時間はない中小企業診断士として活動の中で多くの人に会うようになります。会話はしますが、自分のことを詳細まで伝える時間はありません。名刺交換をしますが、名刺に乗せる情報も限られます。あなたを知ってもらうために時間が割かれることはありません。 2.覚えてもらう方法覚えられやすい人は、第一印象がいい人です。明るく元気で仕事のできそうな人が覚えられやすいです。やはり、人は見た目が重要です。これは事実なのでしょうがありません。でも、諦める必要はありません。先輩診断士はなる…

  • 実務補習 昔のツール 

    中小企業診断士の歴史は長いです。中小企業診断士の活動をしていると世代を超えた交流があって、昔の話を聞くことができます。 1.パソコンと実務補習実務補習でパソコンは欠かせません。財務諸表の分析のための計算だけでなく、報告書をワードで作り、報告会のためにパワーポイントで投影資料を作ります。実務補習で全員がノートパソコンを持ち寄って作業をする風景は、今では当たり前ですが、二十数年前は一個人がノートパソコンを持っているのは珍しいことでした。 2.電卓と手書きの実務補習昔は、どうしていたのか?と疑問に思って、診断士歴の長い人に聞いたことがあります。パソコンなしでどうするのか?答えは至極当たり前のことです…

  • 田中畜産さんの「肉になるということ」

    中小企業診断士として活動していて、良かったと思うことに、「社長の想いを聞くことができる」ということがあります。コンサルの現場で「社長の想い」を聞くときの感覚と同じ感覚を味わえるブログがあるので紹介させていただきます。 「田中畜産」さんを御存じでしょうか? 1.中小企業診断士は多くの社長と出会う 2.社長の想い 3.田中畜産 1.中小企業診断士は多くの社長と出会う 営業の人を除いて、多くの人は、接触した社長の数はそんなに多くないと思います。社長のイメージは、今まで接したことのある社長やメディアに登場する社長がもとになっているのではないでしょうか?私はそうでした。中小企業診断士は多くの社長に出会う…

  • 中小企業経営診断シンポジウム 2019 レポート② 「当日の様子」

    2019年11月6日(水)に、「中小企業経営診断シンポジウム」が開催されました。 1.当日の流れ 10:15から開会式が始まり、開会式では米田会長のご挨拶などがあり、基調講演として岡本硝子株式会社の代表取締役会長の岡本毅さんのお話がありました。昼休憩をはさみ、午後は、第2部として3つの分科会に分かれてさまざまな発表がありました。その後、表彰式が行われました。同時に、無料経営相談会や東京都中小企業診断士協会主催の「中小企業診断士の日」のイベントの中小企業診断士川柳が開催されました。 2.さまざまな交流 この日は、全国から中小企業診断士の方が来ているのと、東京都協会の会員でも支部が限定されていない…

  • 中小企業診断士を知ることのできる本 その4 「合格・開業体験記Ⅲ」注目は、きっかけから独立まで揃った章構成

    中小企業診断士を知ることのできる本を紹介します。「フレッシュ中小企業診断士の合格・開業体験記Ⅲ」出版社:同友館編著:波形克彦、小林勇治定価:2,000円+税 1.概要 2.構成 3.注目ポイントは、きっかけから独立まで揃った章構成 4.執筆者の顔写真 1.概要 中小企業診断士として登録をして活動をはじめたばかりの方たちの体験記が読める本です。「合格体験」と「開業体験」が記載されているシリーズ第3弾です。今回は、22名のフレッシュな中小企業診断士が執筆した、多様でユニークな体験記を読むことができます。発行は2015年で、その後もつづく「フレッシュ中小企業診断士」シリーズの第3段です 2.構成 体…

  • 陸と海

    中小企業診断士の活動は本当に多様です。中小企業診断士の活動を把握するための一つの見方として、活動する舞台が中小企業診断協会関係か、否かで分類することができます。 1.陸と海 2.海賊診断士 3.大陸的な診断士 4.どっちがいいの? 1.陸と海 中小企業診断士として色々と活動して気づいたのは、中小企業診断協会関連の活動をしていても出会わない中小企業診断士がいることです。その人たちは、中小企業診断協会関連の活動で出会う中小企業診断士と雰囲気が違いました。何が違うのかと考えてたどり着いたのが、中小企業診断士の業界を地政学的な視点で見ることでした。中小企業診断協会関連の活動はランドパワーの舞台、雰囲気…

  • トレンドのテーマ2019年「海外展開支援」

    中小企業の状況を鑑みて国として力をいれたい支援も存在します。それらの支援に中小企業診断士の活躍が期待されてもいます。理論政策更新研修の研修テーマから、トレンドを垣間見ることができます。今回は、理論政策更新研修の研修テーマから1つのテーマ「海外展開支援」を選び紹介します。 1.海外展開支援 2.海外展開支援への備え 3.海外関連に強いのは国際派診断士 1.海外展開支援 今後は、中小企業でも、国内市場だけではなく、成長率の高い海外市場を相手に事業を展開することが求められています。実際に、私のクライアントの中にも海外展開を考える中小企業が増えている実感があります。 海外展開支援は、輸出、輸入のレベル…

  • 走りながら考える

    中小企業診断士の受験を決意した時から、試行錯誤がはじまり、中小企業診断士として登録した後も試行錯誤が続きます。 「走りながら考える」とは、中小企業診断士のポータルサイトだった「502教室」の管理人だった及川勝永さんのコラムのタイトルです。 1.走りながら考える 同友館のホームページに「502教室」のコラムを見つけました。そこにあるコラムにある言葉が「走りながら考える」です。そのコラムを読んで、中小企業診断士は合格後のイメージを持ちにくいと改めて思いました。及川勝永さんは、受験生に合格後のイメージを提供するために、受験生ブロガーに診断士との交流の機会なども提供しました。そういう場で、「走りながら…

  • 海賊診断士

    中小企業診断協会から離れて活動している中小企業診断士を見ていると思うことがあります。 1.大海 2.シーパワー 3.海賊診断士 1.大海 中小企業診断協会を大陸に例えると、中小企業診断協会の活動ではない領域は海に例えられます。しかし、海で仕事が保証されるわけでもなく、安全が保障されるわけでもありません。 2.シーパワー 地政学にシーパワーという言葉があります。大陸である中小企業診断協会とは別の領域である、天然の環境である海の潜在的、顕在的な能力であるシーパワーが存在する領域があり、大陸とは異なる生態系が構築されています。 3.海賊診断士 中小企業診断協会から離れた領域では、高度な機動性と持久性…

  • 中小企業診断士のトレンドを把握していますか?

    中小企業診断士の支援する内容はクライアント企業によりさまざまです。ですが、その年ごとにトレンドは存在します。把握していますか? 1.理論研修の研修テーマから見るトレンド 2.令和元年度(平成31年度)研修テーマ 3.トレンドを把握する努力 1.理論研修の研修テーマから見るトレンド 中小企業の状況を鑑みて国として力をいれたい支援も存在します。それらの支援に中小企業診断士の活躍が期待されてもいます。理論政策更新研修の研修テーマから、トレンドを垣間見ることができます。 2.令和元年度(平成31年度)研修テーマ 令和元年度の研修のテーマは9つあります。 新しい中小企業政策について 中小企業のIT利活用…

  • SMECAとSMEC

    SMECAとは中小企業診断協会の英語表記の頭字語です。では、SMECとは何でしょうか? 1.SMECとはSMECA(Small and Meduim Enterprise Management Consultant Association)からA(Association)を取り除いたものなので、協会ではなく中小企業診断士(Small and Meduim Enterprise Management Consultant)の英語表記の頭字語です。 2.SMECを使う時SMECが使われているのを見るのは、twitterでのハッシュタグです。あとは、名刺くらいでしょうか? 3.スメク?SMECAと違…

  • 大陸的な中小企業診断士

    中小企業診断協会に所属して活動している中小企業診断士を見ていると思うことがあります。 1.大陸中小企業診断協会での活動を通して、中小企業診断士同士がつながって、集団を形成します。その様子は、まるで、中小企業診断協会という大陸の上で、国を作ったり、城を作ったりしているように見えます。 2.ランドパワー地政学にランドパワーという言葉があります。中小企業診断協会を中心とした活動を大陸に例えると、中小企業診断協会が陸地を整備、活用する潜在的、顕在的な能力であるランドパワーを保有していて、協会に所属している中小企業診断士はその大陸を基本的な生息地としている感じです。 3.大陸的中小企業診断協会が中小企業…

  • 診断士体質

    中小企業診断士の人たちには共通点があります。それは、中小企業診断士試験を通じて形成されているように感じます。言葉にするなら「診断士体質」です。 1.診断士体質「恋愛体質」という言葉がありますが、その言葉のイメージを参考に「診断士体質」を考えてみると、次のような感じです。 ・仕事第一な人・すぐに解決策を考える人・常に仕事をしている人 いつも勉強をしていて、「生活の中心は仕事!」というイメージがあります。 zexy.net 2.中小企業診断士試験に合格するには診断士体質が必要!?中小企業診断士試験の勉強をしていると、ある時から試験勉強することが習慣になるタイミングがあります。そのタイミングが診断士…

  • 懇親会は絆を深める場

    中小企業診断士はお酒が好きな人が多いです。何かといえば懇親会が開かれます。 懇親会の様子をみていると、お酒が好きというよりも、懇親することが好きなんだということがわかります。その懇親会を活用できていない方もいます。懇親会の活用法もあわせて解説します。 1.懇親会で出会えない懇親会で、いろいろな中小企業診断士と出会うというように考えている人は多いですが、出会えません。なんの活動にも参加せず、その後の懇親会だけ出ることをイメージするとわかります。懇親会の前の活動に参加することが、出会いの第一歩なのです。 2.懇親会は絆を深める場懇親会の前の活動に参加するところで出会います。その参加の仕方が見られて…

  • プロコン塾がいっぱいある中央支部

    プロコン塾は、基本的に各47都道府県協会ごとに1つあります。しかし、東京都中小企業診断士協会の中央支部にはプロコン塾がいっぱいあるのです。 (東京に住んでいないから関係ないと思わず、目を通していただくと、中小企業診断士として、どのように研鑽をするのか整理することができます。) 1.プロコン塾がいっぱいある中央支部その6支部の中の一つ、中央支部にはマスターコースという名前で中央支部認定のプロコン塾が存在しています。プロコン塾がいっぱいあるのが中央支部なのです。(東京都中小企業診断士協会の中央支部以外の5支部にのはそれぞれプロコン塾あります。) 2.マスターコース2019年11月9日現在、17のマ…

  • 中小企業診断士の価値は人それぞれだけれども

    中小企業診断士になった人は、苦労している人が多いです。苦労して取得した資格を失いたくないのは当たり前の感想です。でも、世の中には、中小企業診断士を取った後、平気で執行する人もいます。 1.中小企業診断士の価値と受験歴の関係中小企業診断士は多年度受験する人が多いですが、ストレート合格といって、1次、2次とそれぞれ1発で合格する人もいます。ストレート合格した人の中には、中小企業診断士の資格に価値を感じない人もいます。そんな人は「失効しても、いつでも、取り直せるし、当たり前の知識なので、特別な何かを感じない」というようなことを言います。そして、中小企業診断士としての活動をやめ、5年後には資格を失効す…

カテゴリー一覧
商用