searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

アトリエ32さんのプロフィール

住所
静岡県
出身
静岡県

2004年 木工の研修を受ける。  2005年 家具工場に就職。  2009年 リストラ・転職。  2017年 再び家具工場へ。  2019年 自分で工房を始めたい、と思っているところです。

ブログタイトル
超マイペースな女が一人で木工・家具工房を始めてみる。できるかな?
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/atelier32
ブログ紹介文
マイペースに木工・家具工房での日々を綴ります。 といっても、まだ、工房準備中ですが^^。 研修生時代~就職~リストラ~転職~復活~起業 ときどき趣味も。
更新頻度(1年)

62回 / 365日(平均1.2回/週)

ブログ村参加:2019/09/23

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、アトリエ32さんをフォローしませんか?

ハンドル名
アトリエ32さん
ブログタイトル
超マイペースな女が一人で木工・家具工房を始めてみる。できるかな?
更新頻度
62回 / 365日(平均1.2回/週)
フォロー
超マイペースな女が一人で木工・家具工房を始めてみる。できるかな?

アトリエ32さんの新着記事

1件〜30件

  • ネット販売 3:凡ミス

    ネット販売を始めてからは、小物を作るたびにネットのハンドメイドマーケットとフリマに出品していきました。恐ろしいことに、どちらも売れ行きはワンシーズンに一個のペースでした。出品自体は費用がかからないので全く売れなくても金銭的なダメージはありませんが・・・ネット販売がメインでないとはいえ、これはひどすぎました。「どうしたら自分の作品を見つけてもらえるんだろう・・・?」「どうしたら買ってもらえるんだろう・・・?」と考えながら、写真や見せ方、商品説明、価格設定、検索ワードなど、いろいろ修正してみましたが手応え無しでした。売れないものを出品し続けるのは虚しい上に恥ずかしい。でも考えてみれば、そもそも存在すら知られていないのだから、売れてないことだって知られていない。恥ずかしがるのは自意識過剰でした^^売れない理由は、売り...ネット販売3:凡ミス

  • ネット販売 2:記念すべき初のお客様

    友人が小物をひとつ購入してくれたものの、その後は売れず。なんせ出品数が5〜6点、ほぼ同じものを並べただけという寂しいショップでしたから、まずは商品の種類を増やさなくちゃ!と思いました。ちょうどそのタイミングで、姉からスマホスタンドの依頼を受けていたので、少し多めに作ってラインナップに加えることにしました。姉からは「スマホスタンド」というだけで特に何の指定もなかったので、デザインは完全に私の独断と偏見でした。そして出来上がったものは・・・スマホスタンドというよりは、人形の椅子。可愛い。と、わりと身内受けが良かったので、早速ネット販売に追加しました。でも・・・、全然売れない。アクセス数を確認したら、見てくれてるのは身内だけなのか?と思うような数字。売れないどころか、ほとんど見られてもいない。起業セミナー仲間のLIN...ネット販売2:記念すべき初のお客様

  • ネット販売 1:スタート

    工房を始めてしばらく経った頃、端材の有効活用のために小物を作りました。ちょうどコロナ禍に突入した時期でした。イベント出店のあてもなかったので、試しにその小物でネット販売を始めてみることにしました。選んだのは、お手軽に参加できるハンドメイドマーケットのアプリです。思ったよりも簡単に開設できました。便利な今の時代に感謝です。でも・・・キーワードで検索しても、私の商品が全然出てこない。おすすめ順や人気順では完全に埋もれてしまい、新着順にするとかろうじて出てくる状態でした。(でした、というか、1年以上経った今でもほぼそんな状態が続いています。)開設の翌日、アクセス数を確認すると絶望的な数字でした。(こちらも同じく今でもわりと絶望的。)それでも、初めてのネットショップ開設はワクワクしたものです。そして友人・知人に連絡し、...ネット販売1:スタート

  • おばあちゃんの探し物

    祖母はここ2~3年でずいぶんと認知機能が衰え、物忘れも激しく、頻繁に何かを探しています。おかしいねぇ、おかしいねぇ、と言いながら。それは目薬だったり、本だったり、手紙だったり、大抵は細々したものをいろいろと。過去には、杖を探して歩き回っているときもありました。だったら、もう杖がなくても良くない?と思いました^^今では体も弱り、すっかり車椅子生活です。家の中でも移動はすべて車椅子。誰も手伝わないので、ちゃんと自分で動かしてます。食卓は椅子を外してあるので、車椅子のまま席に着きます。洗面所の電気や給湯器のスイッチは少し高い位置にあるため、車椅子に座ったままでは手が届かず、近くにある棒を使ってスイッチを押してます。それなのに、今日はなんと、あろうことか車椅子を探していました。どこに置いてきたかわからない、て・・・探し...おばあちゃんの探し物

  • ビジネスプラン 13:たかが額縁、されど額縁

    昨年末、営業活動を口実に乗馬をし、顔なじみの会員さんからお仕事をいただきました。そのうちの1つが、額縁です。ビジネスプランコンテストでも発表したのですが、これは工房を始めた当初から定番商品にしたいと思っていたものです。今回は、表彰リボンと蹄鉄を飾りたい、というご希望でした。蹄鉄は、蹄「鉄」と言いつつも実はアルミ製のものも少なくありません。鉄はさび易いですが、アルミはさびない上に軽いので飾るには好都合です。上が前肢、アルミ製。下が後肢、鉄製。さびてる・・・慣れると脚の蹄(ひづめ)の前後左右の違いがわかります。それよりも、馬を間違えそう・・・こちらは別の馬。飾る前にサビ取りをします。きれいになりました。こんな感じで、馬中毒者愛好家が作る馬愛好家のための馬中毒愛あふれる商品プランが、ニッチと言われる所以です。きっと。...ビジネスプラン13:たかが額縁、されど額縁

  • 恩人

    今、こうして自分のお城とも言える工房に毎日通って、思う存分好きなことができるのは、多くの方々のおかげですが、とりわけアートファニチャーギャラリーの三木黄太さんには、感謝してもしきれないくらいお世話になりました。振り返ってみると、お会いしたのはたった三回だけだったことに気付き驚きました。渡独前にドイツ大使館に行った日。ドイツで研修中、三木さんがドイツの工房を訪問された日。ドイツの師匠が来日して、三木さんの工房でワークショップを行った日。メールは数えきれないほど送りました。そしてその都度、三木さんはすごいスピードでアドバイスや励ましの言葉を送ってくださいました。三木さんが急逝されて1年が経ちました。私が最後にメールを送ったのは、工房の準備をしていた一昨年、待ちに待った電気工事が終わった頃で、「今週ようやく機械の試運...恩人

  • 最近のちょっとした幸せ:休憩

    工房での作業に疲れたら、誰に気兼ねすることもなく休憩をとります。休憩のお供はドリップバッグのコーヒーです。まず、封を開けた瞬間のあの香り。のんびりお湯を注いで湯気を眺める。もうそれだけで癒されます。そして、熱いのでチビチビ飲みながら至福の時を過ごすのです。初めのうちは1人の休憩を寂しく感じましたが、今は完全にお一人様を満喫しています。気分転換にYouTubeをみることもあれば、ぼーっとただただ工房を眺めたり、張り切っているときは図面の手直しをしながら、なんてときもあります。どうすれば売れるんだろう・・・と悩ましいことを考えていても、このときばかりは、こういう悩みを持てることが幸せ、と思います。たまに、近くに住む友人、知人が顔を出してくれるので、楽しいティータイムになることもあります。この休憩時間を過ごすことがで...最近のちょっとした幸せ:休憩

  • 最近の悩み事:塗装

    悩みという程でもないですが、悩みついでにもう1つ。私は塗装が苦手です。着色に慣れていないので、手探り状態です。私の腕が悪いのか、使った木材との相性が悪いのか、なかなか思ったような発色になりません。できることなら、木材の色をそのまま生かしてナチュラルな仕上がりにしたいと思っていますが、どういうわけか皆さん濃い色を希望されます。濃い色の木材は高額で予算オーバーなので、たいてい塗料で着色することになります。木材用の塗料に書いてある色は、ウォールナットとかメープルとかマホガニーとか、木の名前であることが多いです。でも、本物の木地の色はどんなに美しいことか。ウォールナット色と称した塗料を塗るからといって、ウォールナット色に塗ります、なんて言えない・・・なので、塗料の色見本をお見せして、こんな感じの濃い茶色で塗ります、て言...最近の悩み事:塗装

  • おばあちゃんと小原庄助さん

    祖母は随分と足腰が弱っており、もう半年以上前から、お風呂に入るときには姉や妹の手を借りています。入浴中にはごきげんになり、歌を歌います。小原庄助さんなんで身上つぶした朝寝〜朝酒〜朝湯が大好きで〜それで身上つぶしたはぁ〜もっともだ〜もっともだと、ここで朝モードのスイッチが入ってしまうようで、夕方なのに祖母の時間は朝になってしまいます。もう一曲、いい湯だな、を歌い祖母の入浴は終わります。一応パジャマを着るのですが、部屋にもどってしばらくすると、洋服に着替えて化粧をして食卓に現れます。完全に朝モードなので。もう寝るんだから化粧はしちゃダメだよ、と化粧を阻止しようものなら、とたんに機嫌が悪くなります。隙あらば化粧をする祖母マスク生活を言い訳に日々ノーメイクの私女子力は圧倒的に祖母の方が高いでしょう。ちなみに私が祖母の入...おばあちゃんと小原庄助さん

  • 最近の悩み事:錯覚

    自分でいうのもなんですが、家具工場に勤務していた頃の私は、仕事が速いとは言えないけれど、「よい仕事」をしていたと思います。誉められたことは、お世辞ではないと思いそのまま受け止めてました。でもそれは、工場にある高価で便利な機械のおかげ。先輩方の作った素晴らしい治具のおかげ。良い材料のおかげ。親切な先輩方の指導おかげ、で出来ていたことでした。勿論わかっちゃいましたが、これ程までに影響があったとは・・・自分の工房で、未だクセを把握しきれていない機械に、手製の治具をセットして、扱い慣れていない材料で、自分が考えた図面に従って商品を作る日々。何これ・・・と、出来映えの悪さに凹むことが多々あります。「よい仕事をしてる」なんて錯覚でした。まぁ、これくらいおめでたい勘違いをしていないと、自分で工房を始めるなんて決断はできなかっ...最近の悩み事:錯覚

  • 最近の悩み事:価格設定

    悩みの1つは価格設定です。過去に何度も独立したいと思いながらも実行できずにいたのは、どう考えても生活できるほどの収入を得られるとは思えなかったから。それでも無理やりに策を練って工房を始め、どうにかここまでユルい赤字で(ユルくないかも・・・。けっこうひどいかも。)持ちこたえてきましたが、やはり家賃が痛いです。生活できるレベルの収入を得ようとすると、どうしても商品の価格が上がってしまいます。それは適正な価格設定だと思うのですが、自分でも高いと思うので、なんだか急に商品に対して自信がなくなってしまい、つい価格を低く設定しがちです。それではダメだと思い適正価格で見積もりを出すと、成約に至らないことがあります。価格の問題だけではなくて技術面の問題も大きいとは思いますが・・・。今の励みは、お得意様の存在です。何故また私に注...最近の悩み事:価格設定

  • ビジネスプラン 12:B to B

    乗馬クラブに行った時に、親切な会員さんが雑貨屋さんを紹介してくださり、名刺交換をしました。しばらくして、雑貨屋さんから店のオリジナルの雑貨を作りたいというお話があり、幾つか試作をしました。もう少し改良の必要はありますが、一応、商品化となりました。ありがたいことです。こういうのを、BtoBというのでしょうか?違うかな・・・かつて起業セミナーで聞きかじりました。いまいちわかってません。メリットもデメリットもありますが、この先どうなるか、やってみないとわからないですし、せっかく機会をいただいたので頑張ります。・・・というか、そんなに大袈裟な話ではないです。それでも、少しだけ馬関連のビジネスプランが進みました。瀕死のナメクジみたいなスローペースですが、かろうじて前には進んでいる・・・と思いたい。ビジネスプラン12:BtoB

  • ビジネスプラン 11:禁酒、禁馬、禁茶

    私は工房が起動に乗るまでは禁酒しているのですが、あくまでもユルい禁酒なので、たまに、お祝い事があったときや、仕事で自分なりに進展があったと感じたときや、人に誘われたときは呑みます^^。それともう1つ禁じていることは、乗馬です。セレブでなくても乗馬はできますが、私にとっては普通に会社員でお給料をもらっていた頃でさえ、かなり節約しないと続けられなかった趣味です。細々と続けていて、むしろ、乗馬をしたいがために働いていたといっても過言ではありません。恐ろしいことに、乗馬はアルコールの何十倍も中毒性があります^^(個人の見解です)もう、辞められません。が、しかし工房を始めよう!と決めてからは、禁馬宣言をし、ずっと休会していました。ちなみに、長年続けた茶道のお稽古もやめようと思っていたのですが、茶道の先生から「禁茶はダメよ...ビジネスプラン11:禁酒、禁馬、禁茶

  • ビジネスプラン 10:2つめのプラン

    昨年2月のビジネスプランコンテストで発表した私のプランは大きく分けて二本立てで、1つは茶道具、もう1つは馬に因んだ家具や小物です。馬関連の商品の販路として考えていたのは、・馬術競技会で出店・乗馬クラブや馬具用品店に販売を委託・ネット販売です。あくまでも「出来たらいいな」と考えていただけで、ビジコン参加時に具体的に決まっていることは何一つありませんでした。その上、馬関連の商品は頭の中のイメージが中心で、実際に作ったものはほとんどありませんでした。発表で使った商品の写真は、苦肉の策で一部合成でした^^「写真はイメージです」みたいな。あとは馬の写真でごまかすという荒業。ビジコンが終わったら、ちゃんと商品サンプルを作って売り込みに行こうと思っていました。が、昨年の春は・・・競技会の下見や偵察をしたくても、新型コロナの影...ビジネスプラン10:2つめのプラン

  • おばあちゃんの車イス

    祖母は秋頃からすっかり筋力が落ち、一時は歩くことはおろか、立つこともままならないほど弱っていました。ベッドのすぐ横にポータブルのトイレを置き、歩かなくても、立って体の向きを変えるだけでトイレに移れるようにしてあったのですが、1人ではそのトイレに移るのも一苦労。バランスを崩して床に崩れ落ち、助けを求めることもしばしばありました。立ち方を忘れてしまったのか?と思うくらい足に力が入らず、そのうち寝たきりになってしまうのかなぁ・・・と思いました。そんなある日、夜中に祖母の部屋の電気がついていたので、トイレかな?大丈夫かな?と、そっと障子の隙間からのぞくと、歩けないはずの祖母が徘徊していました・・・。びっくりというより、ホラーでした。祖母も歩けないのはよほど悔しかったのでしょう。夜中にひそかにリハビリをして、ヨチヨチと歩...おばあちゃんの車イス

  • たいした話じゃありません

    先日、木固めエースという塗料を使いました。正確にいうと、木固めエースECO。十数年前に使用したときにはECOなんて名前はついてませんでしたが・・・容器の形状は同じだったのであまり気にせず購入しました。同時に専用シンナーECOと仕上げ剤ECOも購入しました。これらも以前はECOなんて名前はついてませんでした。木固めエースECOだけ沢山使うので追加で購入することにしたのですが、どうにかして安く手に入らないものかとネットショップをいろいろ探しているうちに、あることに気づきました。製造元のホームページでは木固めエースNEOって紹介されてる・・・よく見ると、他の販売店で売られているものもNEOでした。なぜか私が購入した店だけECO・・・一瞬、バッタもんかと思って焦りました^^エコとネオの言葉のイメージから、なんとなくネオ...たいした話じゃありません

  • 工房の近況:現場作業

    現場作業というほど大袈裟なものではないのですが・・・キッチンに「ちょっとした物をかけられるようないい感じの棒」をつけて欲しいという依頼があり、取り付けにいってきました。現場に着き、キッチンを見てめまいがしそうになりました。なんと、寸法を間違えました。びっくりするほど全然違う。下見をしたのにもかかわらず・・・理由はすぐにわかりました。工房でデザインを考えていたときに、下見で書いた図がなんだか変な図に見えて、てっきり書き間違えたのだろうと思い、記憶を頼りに図を修正してしまったんです。一応、写真を撮ってあったのですが、キッチン全体を大雑把に撮ったものなので、拡大したら肝心な部分がぼやけてしまい、それがたまたま私の記憶に都合よく一致してしまったのです。そして、間違って修正した図に合わせて、間違った寸法で作ってしまったと...工房の近況:現場作業

  • 工房の近況:木工教室

    先日、木工教室と言えるかどうかわかりませんが、第1回・椅子の座面の張り替え体験を実施しました。私の技量が追い付かないので、マンツーマンです^^。道具も1セットしかないし^^。手順の写真はかなり割愛してますが、とりあえずビフォー・アフターをInstagramに載せました。https://www.instagram.com/p/CMqk8J8nO5Y/?igshid=1pkldnagzx8mr完成後の椅子に座って、沖縄三線を披露してくださいました。島唄、最高でした。できれば泡盛を呑みながら聴きたい^^工房はいい感じに音が響くので、弾いていて気持ちいいそうです。楽しんでいただけたようで何よりでした。私も楽しかったです!工房の近況:木工教室

  • 工房の近況:委託販売

    昨年秋に一度、地元の商業施設の一角に出店しましたが、私の実力不足に加えて、新型コロナの影響で街全体の人出が少なかったこともあり、残念な結果に終わりました。次に出店するときにはコンセプトからしっかり決めて、見せ方も工夫しよう!と思ったものの、なかなかアイデアが浮かんでこないのでしばらく出店は見送ることにしました。それでも、出店用に作った小物をどうにかして売りたかったので、翌々月からハンドメイド雑貨の委託販売のお店に置いてもらうことにしました。このお店は、布小物やアクセサリーがよく売れているようでした。結論から言うと、こちらも惨敗でした。なかなか売れない・・・商品の入れ替えに行く度、オーナーさんがお客さんの動向を教えてくれました。この作品は若い子がよく見てるよ。これ、使い方がわかりにくいみたいだよ。この派手な色より...工房の近況:委託販売

  • おばあちゃんの昼寝

    祖母はよく日向ぼっこをしています。そこは我が家で一番陽当たりがよく暖かい場所です。そのままうたた寝をすると風邪をひくので、祖母はブランケットか何かを掛けたいと思ったのでしょう。でも、一歩も動きたくないから、手が届いた薄っぺらのカーテンで我慢したのでしょう。このまま天に召されそう。ちなみに足を置いている台は、私が作ったミニ座卓です。足を置くために作ったわけじゃないんですが・・・高さがちょうどいいみたい。なんだかんだで、もう98才です。おばあちゃんの昼寝

  • 工房の近況:家賃を払う

    毎月のことですが、翌月分の工房の家賃を月末までに納めることになっています。普通は自動振込にすると思いますが、私の場合はいちいちATMで振込んでます。毎月目減りしていく通帳を見て、なんとかせねば、とやる気を奮い立たせるためです。振込をする日は、午前中のパート勤めが終わって工房へ行く途中で、少し遠回りをして銀行に寄ります。もちろん気持ちはブルーです。今日、3月分の家賃の振込に行って来ました。道中、河津桜と菜の花の共演にお目にかかることができました。天気は良いし暖かいし、気持ちも晴れ晴れとして、なんだか幸せだなぁ〜と思いました。が、しかし、振込を終えたら残高が1500円を切っていたので、来月、定期を1つ解約します。一気に心はどんよりとしてきました・・・決してお仕事が無いわけではなくて、未だに何をやるにも時間がかかって...工房の近況:家賃を払う

  • ビジネスプラン 9:牛歩のごとく

    プランにも入れましたが、私の作りたいものの一つが茶道具の風炉先屏風です。でも、実績のない無名の駆け出し木工所では、なかなか需要はありません。お茶会でお披露目する機会も遠のき、一旦、風炉先屏風のことは忘れ、できることからコツコツとやっていくことにしました。工房を始めた直後、知人のAさんからスツールの注文をいただきました。しばらくしてAさんがお友達のBさんを紹介してくださり、Bさんからイーゼルの注文をいただきました。イーゼルを納品して半年後、不具合がでていないか確認のためにBさんに連絡すると、今度は飾り棚の注文をいただきました。飾り棚の納品のときに、Bさんが茶道を習っていらっしゃると知り、話の種にスマホに保存してあった自作の茶道具の写真をお見せしました。1ヶ月後、Bさんから連絡がありました。なんとBさんの妹のCさん...ビジネスプラン9:牛歩のごとく

  • ビジネスプラン 8:最初のプラン

    私のプランの1つは、茶道具を作るということです。基本の型を崩さない程度にお客様オリジナルの茶道具を作り、それでお稽古やお茶会を楽しんでいただきたいのです。需要は少ないですが。ビジコンで、販路の開拓を口コミと言ったのには訳がありまして・・・お茶会では必ず茶道具の由緒を聞く習わしがあるのです。お茶会の中でも特に、近隣の茶道の先生方が大勢集まる月例のお茶会があり、そこで私が作った茶道具を使っていただけたら、この上なく良い宣伝になると思いました。そして幸運なことに、私が日頃お世話になっている茶道の先生方が、そのようなお茶会を開く当番を数ヵ月後に控えていたのです。先生からは2種類の茶道具の製作依頼をいただきました。もちろん張り切って作りました。でも、残念なことに新型コロナの影響でそのお茶会は延期となり、未だ開催されてはい...ビジネスプラン8:最初のプラン

  • ビジネスプラン 7:最終審査

    周りからは、楽しめばいいんだよ、と言われましたがそんな余裕はなく、緊張のなか当日を迎えました。私は最終発表でした。参加者の4名とはプレゼン研修を共に受けていたので、仲間とか同志みたいな感じでした。4人ともやはり研修の成果がバッチリ表れていて、素晴らしい発表でした。1人の発表が終わる毎、審査員から質疑応答やアドバイス、コメントがありました。私の直前に発表された方はスケールが桁違いで、地域の活性化やグローバル化にも繋がり、誰もが期待する素晴らしいプランで、しかも実現可能な根拠も充分、本人の行動力も人柄も申し分なく、当然、審査員も大絶賛。審査員長は、完璧です、と仰っていました。ここまでひたすら緊張していた私が思ったこと。それは、羽生結弦選手のあとで演技をする無名の選手の気持ちってこんな感じかなぁ・・・そう思ったら可笑...ビジネスプラン7:最終審査

  • おばあちゃんにアイス

    祖母はいちいち大袈裟です。腰が痛いから医者に連れていけとうるさいのですが、レントゲンやCTを撮って異常がないので湿布と頓服薬を処方されているのに、それでは納得がいかず、度々医者に連れていけと騒ぎます。こんなに痛いのだから、骨のガンに違いない。と言うのが祖母の言い分です。父が「アイスを食べて寝てれば治るよ」と、子供だましなことを言ったら、案外、素直にしたがってアイスを持って自分の部屋に戻りました。こっそり障子の隙間から覗くと、ふて腐れて寝ながら食べてました。枕元には寂しいときの友、ウサギちゃん。おばあちゃんにアイス

  • ビジネスプラン 6:追いつめられて

    プレゼン研修では、パワポの構成についてもダメ出しがあったので修正しました。提出する前に、アカデミーでお世話になった起業支援機関にパワポのチェックをしていただきました。修正後にもかかわらず、それはそれは大量のダメ出しで、ビックリしました。写真が少ない、小さい。文字が小さい、見えない。文章が長すぎ、多すぎ。全然アピールできていない。この構成ではわかりにくい。この説明はいらない。え、でもこの説明は二次審査のときに質問を受けたから、あえて追加したんですけど・・・と反論すると、こういう数字は画面には映さず手元の資料(メモ)に書いておいて、質問を受けたら答えればいい。と。あぁ、なるほど・・・再度パワポを修正し、家で1人ストップウォッチ片手に練習してみたのですが、全然10分に収まらず、お手上げでした。プレゼンの効果的な練習は...ビジネスプラン6:追いつめられて

  • ビジネスプラン 5:プレゼンテーションスキルアップ研修

    最終審査は一般の傍聴者もいるので(と言っても小さな会場ですが)、より分かりやすく説得力のあるプレゼンを必要とされました。そのため主催者側から、プレゼンのスキルアップ研修が準備されていました。研修では、最終審査に残った5名が本番形式でプレゼンをしてプロのアドバイスを受けるのです。あらかじめ、二次審査での指摘をふまえてプレゼン資料は修正しておきました。くじ引きで、私は最終発表となりました。1人発表する毎に、先生のアドバイスが入ります。その人の良い点と直すべき点。上手な人には、こうすればさらに良くなるというポイントも。会場の一番後ろの人に届く声で。メリハリをつけて。ずっとスクリーンを見て発表するのではなく、体を客席に向けて皆の顔を見て。〜したいと思います。〜させていただきます。を多用せず、自分のビジネスなのだから「い...ビジネスプラン5:プレゼンテーションスキルアップ研修

  • ビジネスプラン 4:プレゼン

    応募用紙の記載項目は以下のような感じでした。プランの目的・概要・セールスポイント販売戦略、販路の開拓方法、リスクの対処方法資金・収支計画私は文章で記入しただけで、写真もグラフも何も添付しませんでした。しばらくして無事に一次審査が通り、二次のプレゼン用の資料を提出するよう連絡がありました。資料はパワーポイントで作ったのですが、一次で提出した文章をほぼコピペしただけ。使った写真は工房と作品2つくらい。地味な仕上がりでした。何せ、当時は工房に動力が入ったばかりで、プレゼンに使えるような商品も写真もなかったのですから。そして当日。プレゼン審査は時間差で一人ずつ行われたため、他の人の発表を聴くことも、顔をみることさえもありませんでした。私のプレゼンは、ひたすらパワポの文章を読んでいくだけという有り様でした・・・プレゼンの...ビジネスプラン4:プレゼン

  • おばあちゃんの耳

    祖母は耳が遠いので日中は補聴器をつけていますが、入浴と就寝時には補聴器をはずします。はずしたら最後、ほとんど聞こえなくなるので会話になりません。そんなときは筆談になります。ボードに用件を書いて祖母に見せると、なぜか、祖母もボードに返事を書き始めるのです。いや、おばあちゃんはしゃべればいいんだよ、と言うのですが、聞こえないので結局それも書くことになります。手間がかかります^^祖母がまだ96歳だったとき、メモ用紙に「生きる」と書いてありました。すごい決意表明でした。有言実行中です。おばあちゃんの耳

  • ビジネスプラン 3 :ビジコン

    毎年、近隣3市が合同で主催するビジネスプランのコンテストがあります。応募対象者は起業を目指す人や起業して間もない人です。アカデミーでビジネスプランについて学び、ちょうど自分自身のプランを練り終えたタイミングで、応募することにしました。自分の考えているプランが世間に通用するのか、いい判断材料になると思ったからです。一次の書類審査で落ちたら、プランを練り直そう。二次は審査員の前でのプレゼンだから、審査員の反応も見れるし、講評を今後に生かせるはず。最終審査に残れたら、自信になるぞ。と。この頃の私は工房の環境も整ってきて、いよいよスタートという時期に入っていたので、工房が成功するもしないも自分の立てたビジネスプランにかかっていると思っていました。アカデミーを受講し、プランの方向性は悪くないだろうとは思うものの自信はなく...ビジネスプラン3:ビジコン

カテゴリー一覧
商用