searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

YASUさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
健康生活
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/kenko4941
ブログ紹介文
今、健康は自分で守る時代です。 <br>安易に薬や病院に頼らない自立した健康法を紹介していきます。 <br>
更新頻度(1年)

52回 / 365日(平均1.0回/週)

ブログ村参加:2019/09/21

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、YASUさんの読者になりませんか?

ハンドル名
YASUさん
ブログタイトル
健康生活
更新頻度
52回 / 365日(平均1.0回/週)
読者になる
健康生活

YASUさんの新着記事

1件〜30件

  • 心の免疫力を高めよう

    ここ数年、”泣ける”というキャッチフレーズが頻繁に使われていることにお気づきでしょう。登場人物がやたらと泣き、見ているほうも滂沱の涙を流すことで、韓流ドラマが一大ブームになりました。しかしその前から日本では、映画でもドラマでも小説でも、エモーショナルでドラマチックでロマンチックな、泣かせる作品が大人気なのです。身も心も冷えてしまった日本人が、無意識のうちに<冷え>を取り除こうとそういうものを求めた結果ではないかと考えています。物語に入りこみ、感情を揺さぶられ、感極まって泣いたり、笑ったりする。それはまさに、心の免疫力を上げるには最高のエクササイズなのです。一度、試しに泣いてみてください。感情が高まるにつれて、呼吸が深くなり、血行がよくなります。ひとしきり泣いた後は身も心もすっきりして、一種のカタルシスを感じるは...心の免疫力を高めよう

  • ストレスを感じたらやること

    心の不調は、さまざまなストレスが引き金となって起こります。そのひとつのうつは、働き盛りの中高年や更年期の女性に多くまた最近は高齢になってから発症する人も増えています。うつは極端に副交感神経にスイッチが入ったままの状態です。人間はストレスを受けると交感神経が働きますが、過剰なほど強い緊張が続くと交感神経優位の状態を維持できなくなります。すると、今度は極端な副交感神経優位の状態におちいり、セロトニンやドーパミンの作用不足で不安感や焦燥感が強くなったり、気分が落ち込んだりしてしまいます。セロトニンは脳内の神経伝達物質で、不足すると精神が不安定になって睡眠にも悪影響をおよぼします。さらに、血管弛緩状態がずっと続くことで、血流が滞ってしまいます。憂うつ、イライラ、何をしても楽しくないなどの精神症状と、食欲不振や過食、倦怠...ストレスを感じたらやること

  • 幸せを感じさせてくれるカレー

    日本人はカレーが好きだと述べましたが、イギリスをはじめとするヨーロッパ各国、アメリカ、オーストラリアなどでも、カレーは人気食として定着しています。人間がここまでカレーに魅せられるのは、「幸せになるから」かもしれません。スパイスカレーにはセロトニンのもとになる食材が多く含まれています。セロトニンは脳内伝達物質の一つで、分泌量が安定していると、極端な感情の乱れを防ぎ、平常心を保つことができ、通称「幸せホルモン」と呼ばれています。スパイスが複数入っていて、脂質、タンパク質、炭水化物がバランスよく摂取できるカレーは、食べるだけで腸を温めます。腸はあたたまることで脳のセロトニン分泌を促「幸せ」信号を脳に送ります。カレーが好きだという嗜好は、もしかしたら、この作用によるものなのかもしれません。ぜひ、明日の昼は体内をめぐるさ...幸せを感じさせてくれるカレー

  • 自然の摂理に合わせた食べ方

    まさに、今流行りの糖質オフダイエット。特に、肉体美を作り上げるために必要とされている極端なダイエット方法となってしまっています。もちろん、体重を減らす、体脂肪を減らすという目的を達成はできるかもしれませんが、続けられるものではありません。なぜなら、体に必要な栄養素だからです。タンパク質、脂質、糖質。どれも欠けてしまっては、本当の意味での健康でバランスのとれた美しい体づくりはできません。極端なダイエット方法は、ほぼリバウンドにつながってしまうのは、我慢担っているからですね。<糖質は種類で変わる>糖質が悪者のようになっていますが、本当にそうでしょうか?浅はかな情報は危険を招きます。糖質さえカットすれば痩せる。のではなく、糖質の摂り方をまずは勉強するべきなのです。炭水化物は太るイメージがあると思いますが、どういった状...自然の摂理に合わせた食べ方

  • 乳がん予防には~自然療法から学ぶ食からの予防策~

    女性の部位別がん発生率の1位となる乳がん。がん細胞は、まさにあなたが食べたものの結果です。毎日の食事にはもちろん気をつけなければなりませんが、予防法として自然療法をいくつかお伝えします。がんにならないための体づくりとして、免疫力を高めることはとても重要です。抜群の抗炎症作用をもち、免疫を高めてくれるのが黒豆茶。黒豆に含まれているアントシアニンのような抗酸化・抗炎症成分が効果的です。お茶にして飲むのは、吸収率が良いからですが、黒豆をそのまま食べるのもよいですし、玄米と一緒に炊いて黒豆ごはんとしていただくのも、手軽です。黒豆は、アレルギー症状の改善やがん予防などたくさんのメリットをもっている食材ですので、積極的に摂取しましょう。それから、最近流行りのオイルの中でも、「えごまオイル」は、いい細胞を育てる若返りオイルで...乳がん予防には~自然療法から学ぶ食からの予防策~

  • ボケない脳と体を支える幸せのカレー

    これまで、ボケる原因は冷えであるという持論のもと、その冷えをとるには、温まることが第一、という根拠に基づき、心と体の温めかたを紹介しました。体を温める作用を持つ食品は何か、ということを考えるのが重要です。食べ物であれば、比較的安価に手に入れることができますし、何より、毎日摂取するものですから、効き目も早く出る。薬と違い、副作用の心配が少ないというのもメリットです。少し前に流行したショウガも、温める力が話題になっていましたが、そのショウガが含まれているうえ、さらに複数の薬効があるウコンなどのスパイスが豊富に含まれている食品があります。それがカレーでした。カレーに豊富に含まれるウコンの主成分、クルクミンには、アルツハイマー病において、主原因の可能性のあるベータアミロイドを除去するマクロファージの働きを助ける作用があ...ボケない脳と体を支える幸せのカレー

  • 菌活(きんかつ)とは?

    あなたは「菌活(きんかつ)」なる言葉をきいたことがありますか?え?菌対策?除菌?クリーニング?いえ、事実は、まったく逆です。カラダの中の常在菌をバランスよく働いてもらえるよう元気づけ、内側からの健康を創り出していこうというミクロの活動。具体的には、*きのこ類(しいたけ、しめじ、まいたけ、エリンギ、なめこなど)*ヨーグルト*チーズ*ぬか漬け*キムチ*納豆*麹(塩麹、醤油麹など)*みそ*甘酒などの発酵食品や善玉菌を増やす食材を積極的に取り入れる食生活にしたり、糠床(ぬかどこ)を自分の家庭でつくり、野菜などを漬けこんで自前の漬物をつくったり、味噌、醤油、ひしお、そして甘酒も全部、手作りしたり。中には、MY糠床をさらに上質に発酵させるために伝統ある味噌蔵や有名な酒蔵(さかぐら)から菌を少し分けてもらうという菌活ツアーに...菌活(きんかつ)とは?

  • 晩夏の野菜

    マクロビオティックでの陰陽五行説では、9月頃の「晩夏」は、安定のエネルギーが地球上に働く季節と言われています。ですから、その時期に採れる野菜も、陰陽バランスが整った優れた野菜。それは形から見てもよくわかります。みなさんは「球形の野菜」と聞いて、何を思い浮かべますか?玉ねぎ、キャベツ、かぼちゃ、ブロッコリー、カリフラワー、かぶ、などなど。丸い形をしている野菜は、土からのエネルギーと、天から(太陽)のエネルギーを上からと下からとちょうどいいバランス配合で育っていて、地の上に這うように育っています。その他の野菜は、土よりも上に育つ葉物野菜や、枝に実る野菜や果物。もしくは、根菜類と言って土の中に育つ野菜ですね。晩夏の時期は、まだまだ残暑が続き、ついつい冷たい食べ物や飲み物を摂取しがちです。ですが、カラダはもう秋の準備を...晩夏の野菜

  • 納豆の美容効果がすごい!!

    平安時代から食され、東北地方では「風邪の引き始めには納豆汁を食べて眠ると翌朝にはケロリと治る」と、いう言い伝えがあるほど納豆は日本人の健康を支える食品として長く食されている発酵食品です。その納豆の美容効果がとても高いことから、納豆の有効性についてお伝えしたいと思います。<納豆菌の栄養素・成分>納豆菌にはビタミンK:カルシウムを骨組織に吸着働きを助けて骨の形成に不可欠ポリアミン:細胞分裂や増殖に欠かせない成分で、抗酸化作用や細胞の老化抑制作用を持つ納豆キナーゼ:血栓を溶解する働きを持つ酵素。体内に入ると血管内皮細胞を刺激し、血栓溶解因子t-PAを作るジピコリン酸:強い抗菌作用があり、病原性大腸菌O-157への抗菌効果が認められている。納豆の発酵活性を高める働きも。多糖類・水溶性食物繊維:ネバネバ成分を構成する多糖...納豆の美容効果がすごい!!

  • 女性ホルモンを活性化させる食べ物

    エストロゲンとはいわば「女生らしさのためのホルモン」とも言えるほど、女性機能としてはもちろん、女性としての美しさを保つためにもなくてはならないホルモン。エストロゲンの働きは・月経を起こす・女性らしい体つきをつくる・コレステロール値を下げる・血管の弾力を保つ・骨を丈夫に保つ・肌、髪を美しく保つ・肌代謝の促進・自律神経の安定女性としての美しさ、落ち着き、穏やかさ、母性などを保ってくれています。エストロゲンが分泌されてるからこそ、排卵され月経を起こさせることができます。エストロゲンが分泌されているということは、脳と子宮の関係性がバランスを保ち、女性らしさを維持してくれている証拠。エストロゲンが分泌されなくなると、いわゆる更年期症状に繋がっていくわけですが、血管と骨が極度に年をとります。ですから、若さや美しさを保つ秘訣...女性ホルモンを活性化させる食べ物

  • 砂糖の罠 甘い魅力にご注意を

    マクロビオティックでも、精製された白い砂糖は極陰性のため非常にカラダを冷やし、血糖値を急激に上昇させ、体内のカルシウムを奪い、膵臓を疲弊させ、とにかく様々な負担をかけるところからも、避けることをオススメしています。カラダへの影響とともに、精神的な部分にも非常に大きな影響を及ぼすところからも、かなり注意をしておきたいところです。「あまくない砂糖の話」というドキュメンタリー映画があります。ディレクターが自ら、1日にティースプーン40杯分の砂糖を2ヶ月間摂取し続けたらどうなるかという実験。その砂糖の種類は、ショ糖と果糖。精製された砂糖や人工甘味料はもちろんのこと、血糖値を上げにくいとされている糖類も、やはり、日常の中で毎日摂取しすぎていれば、それなりの結果を招くことになります。最近はコールドプレスジュースなども、体内...砂糖の罠甘い魅力にご注意を

  • 暴走免疫を抑制するには?

    集団免疫・・・。米カリフォルニア大学アーバイン校准教授で公衆衛生学を専門とするアンドリュー・ノイマー先生いわく「集団免疫率という考え方によれば、人口の50~70%が免疫を得れば感染拡大を食い止めることができます。」と・・・・これは結局、「みなさん、コロナウイルスに感染なされよ」ということ?免疫を得るというのは、コロナウイルスに対する「抗体」を得るということです。抗体を得ても免疫がついたとはまだ言えないというWHOの見解もあったりしますが、とにかく、「もう、集団免疫しかない!」と訴える専門家の先生方からすれば、ワクチン開発を急ぐことによって、ワクチンによる抗体獲得か、あるいは、マイルドに自然感染して、軽症に押さえつつ、自分の免疫の力で抗体を得るか・・・だというのです。さて、軽症で済む方が多い中、「重症化」というの...暴走免疫を抑制するには?

  • 第二の脳

    腸内環境といえば腸内細菌の状態(腸内フローラ)が非常に重要となってきます。腸は食べたものを消化吸収してくれる臓器ですが、食べものの栄養素を吸収し、不要になった老廃物を排泄するばかりではなく、体を守ってくれる免疫にも大きな役割を果たしてくれています。第二の脳と言われるほど重要な器官であり、腸が若さと健康のバロメーターとも言えます。腸には100種以上、100兆個もの腸内細菌がいるといわれ、善玉菌、悪玉菌、日和見菌に分けられます。乳酸菌などの善玉菌は、腸内を酸性に保ち、腸の運動を活発にして便秘を防ぎ、免疫力を高める他、ビタミンB群などビタミンを作り出します。一方、悪玉菌はたんぱく質や脂質が中心の食事と、不規則な生活、ストレス、便秘などが原因で腸内に増えていきます。善玉菌を増やすには、善玉菌を元々含んでいる発酵食品を摂...第二の脳

  • 自分らしい生き方

    自分らしい生き方を模索する人が決して多いとは言えないいま、死の質を見直すことで、生活の質を考える意味が出てくるといえます。この点でも、患者の人生を包括する医療を目指す統合医療の可能性は大きく広がっていくでしょう。しかし、補完・代替医療はエビデンス(科学的根拠)に乏しいという大きな弱みがあります。例えば、漢方医学の「気」は、現時点のどんな最先端技術を駆使しても可視化したり、測定することはできませんが、気功によって、明らかに症状が改善する例は確かにあります。また、「ツボ」も目に見えませんが、鍼灸や指圧で刺激すると、痛みが緩和するなどの効果があることは事実です。科学的実証に乏しいという指摘があるなかで、それでも医療の現場でとり入れられるのは、癌が消えた、原因のわからない症状が改善したなど、西洋医学では説明できない効果...自分らしい生き方

  • 統合医療とはー治療方針ー

    病気に罹(かか)ったら、何もかも医者にお任せ、という人は多いと思います。しかし、他人に任せて治る病気など一つもありません。統合医療では、患者の意見を中心に、どう生きたいか、どう死んでいきたいか、ということまで詳しく聞いて、治療方針を患者と一緒に決めていきます。統合医療では、患者の体質や環境、生活習慣などを医師がよく知ることも重要です。以下は「冷え」を訴える患者に対する問診の一例です。「何時に起きていますか」「起きたら何をしますか」「朝ごはんは何を食べていますか」「午前中はどうやって過ごしますか」「昼食は何時ごろ食べますか」「午後はどうやって過ごしますか」「夕飯にはどういうものを用意して、何回くらい噛んでいますか」「夕食後はどういう生活をしていますか」「お風呂は何時ごろ入りますか」「何度ぐらいのお湯で、湯船にはど...統合医療とはー治療方針ー

  • 美人は食べてるスイーツが違う!

    「美人」と聞いてどんな女性をイメージしますか?やはり美人はそもそもスリム。そして、顔立ちの美しさもイメージされる方が多いでしょう。今回は見た目の美しさがポイントになりますが、やはり体を作り上げているのは毎日の「食」です。どうしてもスイーツがやめられない人はたくさんいらっしゃるでしょう。でも、痩せたい、痩せられない。。。そんな悩みと相反しているのはわかっているから罪悪感に苛まれます。ですが、ダイエットを気にしなくても食べられるスイーツがあったら嬉しいですよね。<ついつい食べてしまう甘いもの>小腹が減った時、どうしても手軽に食べられるお菓子に手が伸びがちです。ですが、美人な人は、スイーツをやめているわけではなく、質を選んでいます。甘いものは「老化を早める食べ物である」ことが問題であって、そこを少しでも軽減することが...美人は食べてるスイーツが違う!

  • 同病異治

    科学の枠を結集した西洋医学は、先端技術を駆使した検査システム、医師の手術技法の高度化、医薬品の開発など、めざましい発展を遂げています。ところが、西洋医学では、病名が確定してはじめて治療方針が立てられます。患者側がいくら痛みや体の不良を訴えても、検査の数値の範囲が正常であれば、不調はすべて不定愁訴=病名がよく分からない体調不良、として処理されてしまうのです。これに対して、漢方医学には臨床検査というものがそもそもありません。漢方医学では、人それぞれの体質や特徴の延長線上に病気が発生すると考えられています。人の体は「気・血・水」で構成されていて、「気」は元気、気合い、気力など、目に見えない生命エネルギーのことです。「血」は血液、「水」は血以外の体液を指します。この気・血・水が滞りなく循環している状態であれば問題はない...同病異治

  • 統合医療とは

    統合医療とはどんな医療なのでしょうか。西洋医学に補完・代替医療を単に組み合わせたものではありません。予防と治療、全体と局所、心と体などありとあらゆるものを統合したものです。人間は千差万別です。統合医療とは個人の年齢、性別、性格、生活習慣、さらにその人が人生をどのように歩み、どう死んでいくかまで考慮して、西洋医学、補完・代替医療などその人に合ったものを提供する受診側主体の医療と定義されます。ふだん私たちは、体に不調があったり、病気になると病院の門を叩きます。そこで、熱があれば解熱剤を、咳が出ていれば鎮咳剤を、血圧が高ければ降圧剤と、症状を抑える薬が出されて帰ることになります。例えば、高い熱が出ていれば、早く熱を下げたいと思うのは誰でも一緒です。しかし、発熱の原因が、ウイルスと闘うために体温を上げてリンパ球をふやす...統合医療とは

  • あなたの排泄力は大丈夫?

    花粉症で辛い毎日を過ごされている方多いのではないでしょうか?花粉症やアレルギーなどはわかりやすく、立派な排泄の現象。症状が出ている本人はとっても辛いことですが、この排泄がなくなったら、それはそれで大変なことになります。私も重度な花粉症でしたらから、その辛さがよくわかりますが、辛さのあまり薬を飲まないと生活ができないレベルでした。症状を抑えるというのは、比較的簡単で、治ったような感覚になってしまいますが、薬を摂取している年月だけ、本当の意味で「改善する」「治る」というところへ到達するにも時間がかかってしまいます。くしゃみや鼻水、かゆみや痛み、どれも不快ですし、できれば即効性のあるお薬でなんとかしたくなりますが、その排泄がなくなるということは??カラダのどこかで蓄積され滞っています。本気で治したいのであれば、排泄を...あなたの排泄力は大丈夫?

  • 西洋医学と漢方医学はこう違う

    日本人ならほとんどの人が好きだと答えるカレーは、アルツハイマー病予防に効果があるだけではなく、冷え対策にも適し、そのほか脳機能のアップ、ダイエットや美肌効果まであるという話をしてきました。スパイスの量や種類を変えれば、さらにさまざまな健康効果が期待できる魔法の料理それが、カレーなのです。しかし、ただ単に、毎日毎日カレーを食べていさえすれば大丈夫、ということではありません。逆に、同じ食品を毎日食べることは、アレルギーを誘発したり、同じ添加物を重ねて体にとり込んでしまうことになるので、避けて欲しい食べかたです。これまでカレーが冷えに効く、ということを説明してきましたが、そもそも、冷えという概念は、西洋医学には存在しないことをご存じでしょうか。冷えているということを漢方医学では「未病」という、病気の一歩手前の状態とし...西洋医学と漢方医学はこう違う

  • 四性について

    薬膳の考えかたで食材を「熱性」「温性」「寒性」「涼性」に分けたものを四性といいます。冷えを実感している人は、熱性、温性の食材を積極的に食べ、寒性、涼性、の食材については、あまりとりすぎないように調節しましょう。・熱性の食材生薬(スパイス)類:サンショウ、コショウ、唐辛子、芥子(けし)野菜類:ショウガ肉類:羊肉・温性の食材生薬(スパイス)類:桂枝(けいし)野菜類:カボチャ、ニンニク、ニラ、ネギ、タマネギ、ラッキョウ、シソ、パセリ、フキ、山菜果物・木の実類:キンカン、サクランボ、ザクロ、モモ、クリ、クルミ穀・豆:餅、赤米、納豆、インゲン豆魚介類:シャケ、マグロ、イワシ、ニジマス、アナゴ、フグ、ナマコ、エビ、ムール貝肉類:牛肉、鶏肉、鹿肉、羊肉、鶏レバー、豚レバー飲料:ジャスミン茶、酒、ビール・寒性の食材野菜類:ゴー...四性について

  • コロナウイルス対策 免疫力を高める食事

    コロナウイルス感染拡大を防ぐため、全国で緊急事態宣言が発令し、自粛規制の毎日を送っているかと思います。ずっと篭る日々というのも、辛いものですが、一人ひとりの心がけで、今は、みんなで1日も早い終息を願い乗り越えなければなりません。そこで、今日は免疫力を上げるための食事についてお伝えさせていただきます。私たちの身体の中で、免疫を司っているのは腸です。ですから、健康も美容も同じ腸がポイントになってきますが、免疫力を上げるためには腸内環境を整えることがとても重要になってきます。腸内環境をよくするため、何を食べたらいいと思いますか?腸には多く細菌がいて、彼らの栄養になっているのは食物繊維です。ですから、繊維質のあるものを積極的に食べることが腸内環境を整えるための何よりも近道。ごぼうやかぼちゃ、さつまいも、大根、人参など食...コロナウイルス対策免疫力を高める食事

  • 心臓を健康にする方法

    「症状が、カラダの左側に出るときには女性性のエネルギーに課題が、カラダの右側に症状が出る場合は、男性性のエネルギーに課題がある」と言われます。左半身が女性性、右半身が男性性と見る根拠は、心臓のはたらきにあります。左心室は血液を全身に送り出す、つまり、血液(栄養、愛)を身体中に配る“母性”の働きです。一方、血液を右心房に集めるためには重力に逆らう筋力が必要ですが、「筋力」からして“男性的”ですね。静脈血というのは、単に細胞が排泄する老廃物を集めるというのではなく、身体の各細胞が、それぞれに自己表現した創出物を、心臓の右心房に集め、肺を通して、大気(社会)へ還元するシステムだと言えます。こうしたカラダの中の血液回収業務を、狩や社会への還元などはもっぱら男性が担ってきたことから、“父性”と見るわけですが、これは、カラ...心臓を健康にする方法

  • 乾燥肌は一気に老け顔!!

    乾燥する時期、肌がカサカサして嫌ですよね。乾燥の原因は、暖房や湿度不足だけでなく、毎日の食生活に隠されています。<乾燥肌になる食生活の主たる原因は>主に油脂分の摂りすぎと水分不足が原因。乾燥している皮膚の表面は、水分の蒸発を防ぐ皮膚の下に脂肪の層ができてカサカサになりやすくなっています。乾燥肌の人は、血液中の脂肪やコレステロールが多いことを示しています。この場合、心臓の周りや動脈の中、肝臓や胆嚢、肺や腸、膵臓や脾臓、そして前立線や子宮などの主要器官に脂肪とコレステロールが蓄積されています。<食事で気をつけるべきこと>避けたい食品としては、揚げ物や脂っこいもの、肉などの動物性脂肪です。特に、乳製品は日々取りやすいので控えるようにしましょう。積極的に摂りたい食品としては、脂肪分を分解してくれる大根やカブ、生姜、にん...乾燥肌は一気に老け顔!!

  • 冷えをとるのに有効な食べ物

    冷えは、体の不調を呼び込むだけではなく、大きな病気でさえも引き起こすことがあります。冷えをとるのに有効なのは、なんといっても豊富なスパイスで体を内側から温めてくれるカレーが一番です。ひとくちにカレーといっても、ひところのようにニンジン、ジャガイモ、タマネギだけでなく、最近ではさまざまな食材が具に使われています。では、どんな食材を一緒に使うと効率よく体を温められるのでしょうか。ここでは、東洋医学の四性に基づいて、体を温めてくれる食材と冷やす食材を紹介します。四性とは、薬膳の考えかたで食材を「熱性」「温性」「寒性」「涼性」に分けたものです。そして、特に体を温めたり冷やしたりしない「平性」の食材を加え、5つの分類となっています。冷えを実感している人は、熱性、温性の食材を積極的に食べ、寒性、涼性、の食材については、あま...冷えをとるのに有効な食べ物

  • 冷えと不妊・心の病の関係

    冷えを解消することによって、ときには体の不調を改善することがあります。・不妊最近では、不妊の原因は、女性側だけでなく、男性側の原因もあることが分かってきています。女性側の原因としては、ホルモン分泌異常、卵管や子宮頚部の障害、子宮内膜症などの子宮の障害などが考えられます。男性側の原因は、無精子症や精子減少症がありますが、そのほかにも性器の形状異常、ED(勃起不全)という理由もふえています。糖尿病や高血圧などの生活習慣病に罹っている場合や慢性疲労、ストレスなどが大きい場合もEDを引き起こします。不妊治療をしている人は、男女とも体を温めてみるほうがいいでしょう。特に不妊時の子宮は、血流が悪い場合が多いので、血液を通しやすくするためにも、お腹あたりを中心に冷えをとりたいところです。・心の病体の病を抱えている人はほぼ全員...冷えと不妊・心の病の関係

  • 冷えと高血圧症の関係

    冷えを解消することによって、ときには大きな病気を改善することがあります。・高血圧症生活習慣病の1つの高血圧症は、体の冷えが原因で起こるといっていい病気です。血圧が高い状態がなぜ危険なのでしょうか。高血圧とは、血管を流れる血液の圧力が高くなることをいいますが、常に血管に負担がかかっているため、動脈が痛みやすいということがまず挙げられます。血管が痛むと、血中にあるコレステロールが血管の壁にたまりやすくなり、また、動脈硬化の危険性も高まります。さらに、心臓は、圧力がかかった状態で血液を送り出すため、大きな負担がかかります。この状態を放っておくと、狭心症、心筋梗塞、脳卒中などを引き起こす原因となります。冷えを持つ体は、交感神経が緊張している状態になっています。血管も緊張して締まるので、寒いと感じるだけでも、血圧が上がっ...冷えと高血圧症の関係

  • オーガニックとは?

    「オーガニックとは?」と聞かれてみなさんはどのようにお答えしますか?いまさら聞けないことや、人ぞれぞれの解釈もあるため、どれが本当かわからなくなっているのではないでしょうか?今日は「オーガニック」について詳しくお話していきます。**オーガニックとは**オーガニックとは一般的には有機的なということになり、無農薬栽培のもの、添加物が含まれていないものなど、共通の意識があると思います。オーガニックライフやオーガニックフード、オーガニックコスメなどなどカテゴリによっては、少し異なった解釈での捉え方もあるようです。例えば、オーガニックを「自然な、ナチュラルなもの」と解釈をして打ち出す場合、全てが有機栽培のもの・有機の素材ではない場合もあり得ます。もちろん、認定を受けていなければ商品などに明記はできませんので、判断する上で...オーガニックとは?

  • ウイルスに負けない身体を作る

    新型コロナウィルスが猛威を振るっておりますが、皆様も不安やストレスを抱えていらっしゃるのではないかと思います。マスク対策は必要ですが、それよりももっと大切な予防策をお忘れではないでしょうか?多分、マスクをしていても感染する人はするし、マスクをしていなくても感染しない人はしないと思うほど、大事なのは自分自身の免疫力。免疫力を高めるために、いますぐできることはなんでしょう?毎日の食生活、どうですか?免疫力を上げることのできる食事をしていますでしょうか?体の免疫を司っているのは腸です。腸内環境がベストでないと、体温も上がらないですし、自分の身体をウイルスから守ることができません。腸内環境を良くするために、腸内細菌のバランス保たれていますか?腸内細菌にも餌が必要ですが、毎日の体を元気に保つためにも身体に感謝をしてご褒美...ウイルスに負けない身体を作る

  • 冷えと病気の関係

    冷えが病気を呼ぶのか、病気になると冷えるのか、どちらが先かはまだ解明されていませんが冷えを解消することによって、ときには大きな病気も改善することがあります。・ストレス私たちが日ごろ、生活していると受けやすいのがストレスです。仕事でうまくいかなかったり、人間関係で悩んでしまうなど、ほとんどの人はストレスにさらされているといえます。ゆえに、ストレスによる冷えもまた多いのです。ストレスの負荷がかかると、脳内からアドレナリンやノルアドレナリンが分泌されます。さーっと血の気が引いて、顔面は蒼白になり、呼吸は浅く、全身に力が入る緊張状態に入るのがストレスの身体症状です。このとき、血流は悪くなっているので、手足は冷たくなっているのが分かるはずです。一時の緊張ですめばよいのですが、これが続くと体は冷え切って、重大な病気に発展す...冷えと病気の関係

カテゴリー一覧
商用