searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

こころのとびらさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
とうとのひとり言:TKN心理サロンブログ
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/tknfy1971
ブログ紹介文
カウンセラーを目指す方々や<br>悩みを抱えた方々に「悩みのカラクリの謎解き」です。<br>
更新頻度(1年)

145回 / 365日(平均2.8回/週)

ブログ村参加:2019/09/17

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、こころのとびらさんの読者になりませんか?

ハンドル名
こころのとびらさん
ブログタイトル
とうとのひとり言:TKN心理サロンブログ
更新頻度
145回 / 365日(平均2.8回/週)
読者になる
とうとのひとり言:TKN心理サロンブログ

こころのとびらさんの新着記事

1件〜30件

  • とうとのひとり言:TKN心理サロンブログ・人生共同体

    人生共同体って書けば、重たく感じますが私たちは「共生の動物」です。ひとりでは決して生きていけません。人と触れ合うからこそ生きていけます。触れ合うからこそ、存在感を確認し心の安定を図ります。私たちは、助け合って、触れ合ってこそ生きていけるのです。スキンシップは心の安定を図ります。産まれた子供は「ひとり」ですが母親と触れ合うことにより、信頼関係の基礎が育まれ自分以外の人と触れ合うことが出来ます。やがて、家族、親戚、近所、保育園、幼稚園、学校とどんどん触れ合って、対人関係の関わり方を学びます。そして、学校生活の中で個人中心主義から、集団中心主義つまり個人の利益から、グループの利益、成果に価値観が変わってきます。クラブ活動に於いて先輩後輩の上下関係を通じて人間関係性を学び勝つことの喜び負ける事への悔しさを知り、クラスで...とうとのひとり言:TKN心理サロンブログ・人生共同体

  • とうとのひとり言:TKN心理サロンブログ・「着ぐるみ」③

    「着ぐるみ」③こんな事をしていると、一生自分の幸せを手に入れることなどできません。「親の幸せを自分の幸せ」と思い込もうとしています。又それが当たり前なんだと思っています。本来、自分のこころと一致した「着ぐるみ」を着る事を目指してください。自分の幸せが見つけれるように!カウンセリング:カウンセラー体験講座への申込みはこちらから!本気で結婚したい人の恋愛講座本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング自宅で受講:オンラインで講座!Zoom講座を始めます。とうとのひとり言:TKN心理サロンブログ・「着ぐるみ」③

  • とうとのひとり言:TKN心理サロンブログ・「着ぐるみ」②

    「着ぐるみ」②親が怒ったり・苦しんだり・悲しんだ姿は、「親にとって悪い子」なのです。親の期待に沿わない事は悪い事なのです。自分らしく生きようとすれば、親にとって悪い子です。「私が悪いから(期待を裏切ったから)親は悲しんでいるのだ」と、自罰をするよう思うように刷り込まれています。カウンセリング:カウンセラー体験講座への申込みはこちらから!本気で結婚したい人の恋愛講座本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング自宅で受講:オンラインで講座!Zoom講座を始めます。とうとのひとり言:TKN心理サロンブログ・「着ぐるみ」②

  • とうとのひとり言:TKN心理サロンブログ・箱庭療法「風が吹けば桶屋が儲かる」

    「風が吹けば、桶屋が儲かる」昔から諺として伝わっていますが何故、そうなるのとのそうなるのとのという疑問がありました。突風で砂ぼこりが立ち砂ぼこりが目に入り、視力を失う人が増える三味線を買う人が増える(※江戸時代では、三味線弾きは視覚障がい者の代表的な職業でした)三味線の皮の材料として猫の皮が必要になり、猫が捕獲される(昔は)猫が減るとねずみが増えるねずみが増えて、かじられる穴の空く桶が増える桶の修繕や買い換え需要が増え、桶屋が儲かる関連性ですね。一つ一つでは、意味を持ちません。でも、一つ一つの持つ意味が繋がれば答えが出てきます。箱庭療法でも言えることです。ピース(おもちゃ)自体ではあまり意味をなさなかったりしますがピースとピースの関連性により大きな意味をなすことがあります。箱庭の中の主人公(中心ピース)に意識が...とうとのひとり言:TKN心理サロンブログ・箱庭療法「風が吹けば桶屋が儲かる」

  • とうとのひとり言:TKN心理サロンブログ・「着ぐるみ」①

    「着ぐるみ」①今着ている「着ぐるみ」に気づいていますか?誰のための?私達は、知らない間に「着ぐるみ」を着ています。それも「親にとって良い子」の「着ぐるみ」を!親の期待に沿うように一生懸命頑張って、認めてもらい褒めて貰うために!その為には、ともかく親が喜ぶ事をしなければなりません。カウンセリング:カウンセラー体験講座への申込みはこちらから!本気で結婚したい人の恋愛講座本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング自宅で受講:オンラインで講座!Zoom講座を始めます。とうとのひとり言:TKN心理サロンブログ・「着ぐるみ」①

  • とうとのひとり言:TKN心理サロンブログ・「嘘つき」②

    「嘘つき」②私たちは、幼い頃から「嘘をつく」ように育てられています。「正直者」は嘘つきです。人から「正直な人。良い人。」と思われるように「自分に嘘」をついて生きています。「正直者」でも無く「嘘つき」でも無く「自己欺瞞」でも無く「嘘と誠」をうまく使い分けて、生きていきませんか?何か矛盾していますか?人間て「ややこしや?ややこしや?」カウンセリング:カウンセラー体験講座への申込みはこちらから!本気で結婚したい人の恋愛講座本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング自宅で受講:オンラインで講座!Zoom講座を始めます。とうとのひとり言:TKN心理サロンブログ・「嘘つき」②

  • とうとのひとり言:TKN心理サロンブログ・思い込み「幽霊の正体見たり枯れ尾花」

    「幽霊の正体見たり枯れ尾花」という諺があります。「尾花」はススキの穂のことで、幽霊だと思って恐れていたものが、よく見たら枯れたススキの穂だったという意味から。疑心暗鬼で物事を見ると、悪いほうに想像が膨らんで、ありもしないことに恐れるようになるということを言っています。思い込みですね。思い込みにより、すべての物事がそのことに捉えてしまう。真実は別にあるのに、思い込みにより他のことに気づけない。私たちが、陥りがちな事柄です。過去の経験から修得し、頭の中に記憶として定着し何か似たことが起きれば、経験による記憶を結びつけ決めつけてしまうものです。事実を確認せずに判断を下してしまいます。失敗経験が多いときにも起きます。過去の失敗から、もう二度と失敗をしたくないとの思いから現実の行動パターンまで失敗に導いたりします。時には...とうとのひとり言:TKN心理サロンブログ・思い込み「幽霊の正体見たり枯れ尾花」

  • とうとのひとり言:TKN心理サロンブログ・「嘘つき」①

    「嘘つき」①私たちは、本当に自分に対して、正直に生きていますか?私たちは、「うそ」ついて生きています。正直に生きれば、トラブルを起します。思ったことを正直に言って行動すれば、問題が発生します。「うそ」を言わなければ、対人関係は問題を起すのです。うまく「本音」と「建て前」を使い分けなければなりません。幼い頃から親に「正直にしなさい」と言われ育てられました。正しいです。でも正直に、家庭何で見たこと、聴いた事を他人に言えば親から怒られます。「そんな事を言っちゃダメ!わがままな子だ!」等と言われ「嘘をつく」事を求められます。カウンセリング:カウンセラー体験講座への申込みはこちらから!本気で結婚したい人の恋愛講座本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング自宅で受講:オンラインで講座!Zoom講座を始めます。とうとのひとり言:TKN心理サロンブログ・「嘘つき」①

  • とうとのひとり言:TKN心理サロンブログ・「悩みの繰り返し」③

    「悩みの繰り返し」③色々な体験により元気になり始めた人たちは、一度良く周りを見渡してください。この様な悪い環境に、自分自身の身を置いていないか?その環境のそばに居ているだけで、引きずり戻らされます。この悪い環境から、距離を置く勇気を持ってください。カウンセリング:カウンセラー体験講座への申込みはこちらから!本気で結婚したい人の恋愛講座本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング自宅で受講:オンラインで講座!Zoom講座を始めます。とうとのひとり言:TKN心理サロンブログ・「悩みの繰り返し」③

  • とうとのひとり言:TKN心理サロンブログ・実るほど頭を垂れる稲穂かな

    「実るほど頭(こうべ)を垂れる稲穂かな」稲が成長すると実を付け、その重みで実(頭)の部分が垂れ下がってくることから、立派に成長した人間、つまり人格者ほど頭の低い謙虚な姿勢であるという事を意味することわざです。人は偉くなると、逆に反り返って周りが見えなくなる人が居られます。本当の自分を知っている人は、謙虚な姿勢で相手に向き合える事が出来ます。自分自身に自信を持っている証です。素敵ですね。カウンセリング的にこの諺を読んでみると違った解釈も出来ますよ。「稲穂と麦穂」の違いです。麦穂を私たち人間に置き換えてみます。麦穂は、凜として立っています。どんな風が来ても、倒れることはありません。力強いです。しかし限界があります。限界を風を受ければ、ボッキと折れてしまい二度と立ち上がることは出来ません。人間に置き換えれば力強く立派...とうとのひとり言:TKN心理サロンブログ・実るほど頭を垂れる稲穂かな

  • とうとのひとり言:TKN心理サロンブログ・2020ーマンダラアート・ワークショップ

    今年の「マンダラアート・ワークショップ」が無事に終わりました。今回は、受講生の中から湧き上がったワークショップでしたので自主的なワークとなりました。自らが「ペルソナマンダラ」に向き合い自らが「シャドーマンダラ」を受け入れ自らが「トゥルーマンダラ」に挑みました。各自のテーマいろいろな場面で顔を出します。時には、戸惑い時には、苦しみ時には、悲しみ時には、怒り時には、微笑みいろいろな環状が湧き出してそれをマンダラに描きました。その結果、今の私の「マンダラ」が現れました。そして、今なマンダラはこの時点で「過去のマンダラ」になります。新たなマンダラに挑むことになります。3回目のマンダラアート・ワークショップを行なうときには新たなる企画でマンダラに挑んでもらいます。カウンセリング:カウンセラー体験講座への申込みはこちらから...とうとのひとり言:TKN心理サロンブログ・2020ーマンダラアート・ワークショップ

  • とうとのひとり言:TKN心理サロンブログ・「悩みの繰り返し」②

    「悩みの繰り返し」②「本当の自分の花」は周りの環境にとっては、自分たちにも影響を与えられるので、とても困る事になります。自分たちにも変化を求められるからです。変化を止めるために、周りは一致団結をして「本当の自分の花」を踏み潰しに来ます。自分たちの都合の良い様にするために。時には「本当の自分の花」を咲かせようとする人を、悪者にしてでも。カウンセリング:カウンセラー体験講座への申込みはこちらから!本気で結婚したい人の恋愛講座本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング自宅で受講:オンラインで講座!スカイプ講座を始めます。とうとのひとり言:TKN心理サロンブログ・「悩みの繰り返し」②

  • とうとのひとり言:TKN心理サロンブログ・傾聴③「聴く」クライエント中心療法

    カウンセリングにおける傾聴は「聴く」です。相手を受け止めるが如く聴く。相手のしぐさや表情を読み取り、言葉と気持ちにあわせて「聴く」「聴く」は自分から積極的に耳を傾けて聴くことです。クライエントの悩みを聴くためにはクライエントを「受容と共感」が重要です。「あるがままのクライエントを肯定も否定もせずあるがままの相手を受け止め共に感じ取る、同情はしない」言葉では簡単ですが、実践は至難の業です。心の声が聴けるようになったかな、と思ったら急に聴こえなくなり聴こえないから、もがき苦しみ実践しているうちにやがて、聴けるようになる。この繰り返しで、カウンセラーは成長します。「聞く」の間は「同情」になります。「聴く」になれば「共感」になります。「頑張ろう」を同情でいえばクライエントに「私に何が分かる!馬鹿にするな!」と返ってきま...とうとのひとり言:TKN心理サロンブログ・傾聴③「聴く」クライエント中心療法

  • とうとのひとり言:TKN心理サロンブログ・「悩みの繰り返し」①

    「悩みの繰り返し」①悩みをクリアして「本当の自分の花」を育てていく中で、周りの環境が邪魔をするのです。周りの環境は以前のままです。そこに新しい芽を出そうとすると、周りにとってはとても困るのです。悪いなりにバランスが取れていて、そのバランスを壊される事はとても困る事なのです。カウンセリング:カウンセラー体験講座への申込みはこちらから!本気で結婚したい人の恋愛講座本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング自宅で受講:オンラインで講座!スカイプ講座を始めます。とうとのひとり言:TKN心理サロンブログ・「悩みの繰り返し」①

  • とうとのひとり言:TKN心理サロンブログ・傾聴②「聞く」クライエント中心療法

    今回は「聞く」です。前回の「訊く」はどちらかといえばカウンセラーが意図をもって質問して誘導して「言い訊す」処がありますがあります。俗に言う「お節介じいさん、お節介ばあさん」の感じがあります。「聞く」は意識せずに何となく聞くことを意味しています。この場合、自分にとって関心のあることは耳に入るものの、そのほかのことに関しては聞いていないことも。会話シーンなどでよく使われますが、どの程度聞いているかはそのときの状況や人により異なります。つまり、カウンセラーが興味のある事だけを聞いている状態です。先日も、カウンセリング実践練習をしているときカウンセラーはクライエントの話を聞いているのですが話を聞きながら、頭で考えていました。「悩みを聞き、謎を解こう」と、考えているのです。次に聞く質問を考えているのです。そして、質問をし...とうとのひとり言:TKN心理サロンブログ・傾聴②「聞く」クライエント中心療法

  • とうとのひとり言:TKN心理サロンブログ・カウンセリング妖怪「すり寄り」

    今回の妖怪は「妖怪:すり寄り」です。妖怪シリーズ最後です。この妖怪は、前回の妖怪「当たり前」の「亜種」です。と言うより進化系かな!本質は同じく「構って貰って、当たり前!」がエネルギーの源です。同種なので、「構って貰えて当たり前」が当然で、構って貰えなかった時のエネルギーが、増大した時に進化をします。そして、「妖怪:当たり前」にすり寄っていきます。同種なので直ぐに仲良くなり一体化を目論みます。相手の「マイナスエネルギー」を燃えさす為に「アオリ」ます。「当たり前」パワーが沸点に達した時に、自分の思うように操る「毒牙」で噛みつきます。自分の支配下に置きコントロールをします。でも、「妖怪:当たり前」とっては仲間意識しかありません。構ってくれなかった人の悪口を散々言いふらし、自分の「野望」に引き込んで仲間にします。処が、...とうとのひとり言:TKN心理サロンブログ・カウンセリング妖怪「すり寄り」

  • とうとのひとり言:TKN心理サロンブログ・カウンセリング妖怪「当たり前」

    今回の妖怪は「妖怪:当たり前」です。この妖怪は、特に「Esalen研修」中にはよく現れます。この妖怪のの特徴は、「やって貰えて当たり前」と言うモノの捉え方をします。私に話しかけてくれて当たり前!私の世話をやいてくれて当たり前!私の思うようにやってくれて当たり前!私が、楽になるようにかまってくれて当たり前!etc・・・普段はこんな事はしません。誰から見てもしっかりと対応が出来る人ですが、イザ不安になったり、寂しくなったりすると、顔を出してきます。以前には、Esalen中に「私の事を構ってくれない!」と言って、噛みついてくる人もいました。研修期間中、私の傍から離れ距離を置き、ひとりで居てる時間を多くつくります。他の生徒たちとも接点を極力減らします。ワーク中でも、私が傍に近寄ると離れてきます。嫌な顔をしながら!Esa...とうとのひとり言:TKN心理サロンブログ・カウンセリング妖怪「当たり前」

  • とうとのひとり言:TKN心理サロンブログ・傾聴①「訊く」 クライエント中心療法

    アメリカの心理学者:カール・ロジャーズが提唱したクライエント中心療法カウンセリングで基本中の基本「傾聴」この傾聴が出来ないカウンセラーは失格とも言われます。でも、出来てるようで出来ていないも現実です。カウンセラー泣かせでもあり、カウンセラーの力量の差がはっきりと出るところです。日本語に於いて「きく」は3つあります。「訊く」と「聞く」と「聴く」です。「きく」行為は1つなのに漢字で表現すれば3つもある。日本語のややこしさでもありますがいろいろなことを表現しています。「訊く」は何かを尋ねる場合などに使います。「訊」は「問いただす。とがめたずねる」という意味です。「訊」を用いた熟語には、「審訊(しんじん)」や「訊問(じんもん)」などがあります。アクティブリスニングに「人な話を聞くときに、使ってはいけない12箇条」があり...とうとのひとり言:TKN心理サロンブログ・傾聴①「訊く」クライエント中心療法

  • とうとのひとり言:TKN心理サロンブログ・カウンセリング妖怪「微笑み返し」

    この妖怪は、あなたのすぐ傍に居ているかもしれませんよ!今回の妖怪は「妖怪:微笑み返し」です。この妖怪は、ひと癖ふた癖あります。必殺技は「愛想笑い」です。兎も角、どんなときにも「にこにこ」微笑んでいます。哀しい時も、苦しい時も、辛い時も、嫉妬している時も、嫉んでいる時も、そして怒りに満ち溢れている時にも!自分の本心を現しません。時には可愛いく、時には果敢無げに、時には構いたくなるように、微笑みます。構って欲しいからです。傷つけられないように!そして、構おうかなとすれば「大丈夫です。」と言って断ります。「大丈夫」と言うから、ほっとけば「分かってくれない」とスネます。構っている間は「従順」です。「子猫」が懐くように甘えます。でも、少しでもよそ見をして構わなかったら豹変します。本心は「私の思い通りになって!ならない人は...とうとのひとり言:TKN心理サロンブログ・カウンセリング妖怪「微笑み返し」

  • とうとのひとり言:TKN心理サロンブログ・カウンセリング妖怪「逃げまくり」

    今回の妖怪は「妖怪:逃げまくり」です。この妖怪は、なかなか尻尾を掴ましません。何か、事あるごとに姿を変えて逃げまくります。まるで、自分の事でないかのように!頼まれごと、やらなければならないこと、特に責任を持って行わなければならない時に、こそこそと人の後ろに隠れます。実際に行動を興さなければならない時は、元気にみんなの意見に同調したり、自らが活発に発言をしたりします。でも肝心な時には、責任転換をして逃げまくるのです。カウンセリングの場に於いても、問題点の核心に触れ始めると見て見ぬふりをして、問題点を逸らします。逃げたので、本人が気付くように「チェックメイト」を仕掛けると、話題を逸らして全く違う事を言います。そして本人は「分からない?」と言う口癖を発します。でも、本人は「責められている。」「罵倒されている。」「傷つ...とうとのひとり言:TKN心理サロンブログ・カウンセリング妖怪「逃げまくり」

  • とうとのひとり言:TKN心理サロンブログ・ユング心理学・光と影の統合「トルゥーマスク」

    前回に続き、ユング心理学の「ペルソナ」の先にある「シャドー」そして、最後の真実のマスク「トゥルー」です。偽りの善良のマスク「ペルソナ」心の叫びの夜叉のマスク「シャドー」「ペルソナ」と「シャドー」を統合したときに産れるのが「トゥルー」マスクです。人に良く思われたい、嫌われたくない為に被った「いい人の私」のペルソナマスク自分に嘘を付きながらも、被り続けているのも事実な「私」です。ペルソナマスクの中で「そんな私ではない。卑怯で、ええかっこしいで、弱虫で、汚い心を持っている」夜叉のシャドーマスクも、真実の「私」です。陰と陽、善と悪、光と影の両方を持ち合わせているのが「私」です。どちらを否定しても、私でなくなります。ペルソナとシャドーを受け入れたときに産れるのが「トゥルーマスク」です。「光と影の統合」色々な私が心の中にあ...とうとのひとり言:TKN心理サロンブログ・ユング心理学・光と影の統合「トルゥーマスク」

  • とうとのひとり言:TKN心理サロンブログ・カウンセリング妖怪「怒鳴りつけ」

    今回の妖怪は「妖怪:怒鳴りつけ」です。とても怖い妖怪です。何でも、かんでも「怒鳴りつけます」普通に喋って居ても「怒った」しゃべり方です。でも本当は「気の小さい」妖怪でもあります。相手を自分の思い通りにしたいが為に、怒鳴りつける事により「恐怖、萎縮」を与え、自分の支配下に置いていきます。ひとは恐怖を覚えれば、相手に逆らいません。幼い時から身に染み付いているからです。怒鳴りつけて置けば、例え自分が間違っていても相手のせいにして、自分を正当化していきます。辻褄が合わなく、言っている事が無茶苦茶でも構わないので「怒鳴りつけ」ていれば、自分自身が正しく思えるのですから。基本的に「相手が私に悪い事をしたから、私は相手に腹が立っている。怒って当然である。」というルールを人間は勝手に持っています。時には、「ヒステリック」な行動...とうとのひとり言:TKN心理サロンブログ・カウンセリング妖怪「怒鳴りつけ」

  • とうとのひとり言:TKN心理サロンブログ・カウンセリング妖怪「成り行き」

    今回の妖怪は「妖怪:成り行き」です。この妖怪は、「優柔不断型」です。ともかく、自分の意志はどうでもよいのです。「風が吹けばそちらに流される」がモットーです。争い事が嫌いで、平和主義者を装います。でもその実態は、「嫌われたくない」が奥底に染み付いています。「失敗を恐れ」「間違いを嫌がり」ます。自分の意志を示さずに「大勢に流され」ていれば、攻められる事もなく、嫌われる事もなく、失敗も間違いも在りません。責任も取りません。「寄らば大樹の陰」を勘違いして、行動を起こしません。目立った事もなく、失敗しても「後悔」もしない。怒られても「発奮」しない。「自分の顔」を持たない妖怪です。現代、急速に「増殖中」です。https://cocorotkn.com/news/349※この妖怪は、特定の人を例えて居るのではありません。みん...とうとのひとり言:TKN心理サロンブログ・カウンセリング妖怪「成り行き」

  • とうとのひとり言:TKN心理サロンブログ・マスク・「シャドー」

    前回に続き、ユング心理学の「ペルソナ」の先にある「シャドー」です。人から嫌われたくない思いから善良なマスク「ペルソナ」を被ります。例えるならば「弥勒菩薩」のような優しく、慈悲の心を持っています。自分自身にとっては、偽りのマスクです。これに対して真逆の顔が「シャドー」です。ある意味で、叫びのマスクでもあります。例えるならば「夜叉」の顔かもしれません。私は、そんな善良な人間じゃないのよ!弱虫で泣き虫で怖がりで卑怯者で嘘つきで汚く裏切り者辛いとき、苦しいとき、責任を取らなければならないときには一番先に逃げ出したい責任転換をしてしまう。誰にも見せられない、最低な私が居るのよ。こんな私は、絶対にバレてはいけない禁断の私。だって、これがバレたら私で無くなってしまう。そんな私は認められない。親から嫌われては生きていけないから...とうとのひとり言:TKN心理サロンブログ・マスク・「シャドー」

  • とうとのひとり言:TKN心理サロンブログ・カウンセリング妖怪「刷り直し」

    今回の妖怪は「妖怪:刷り直し(インプリンティング)」です。この妖怪も前回の「ひとふり、すり替わり」の類似系です。こちらは「記憶系」です。自分自身に都合の悪い「記憶」を「刷り直し」するのです。それも、自分にとって都合の良いように!始めはお互い納得の上の行動でも、自分に都合が悪くなると(特に淋しくなったりした時には)自分の行った行動は総て「クリア」になります。「記憶のゴミ箱に捨てる」のです。そして、「私は何も悪くは無い、悪いのは総て相手が悪いのだ。そのお陰で私は苦しんでいる。」と、記憶を修正します。時には第三者に、自分にとって都合の良い様に被害者に成り切り相談します。第三者は正義感から「妖怪」を「被害者」として擁護します。本人はさらに「被害者」として優位に立ち、総てが正当化して「悲劇のヒロイン」に記憶を修正して、浸...とうとのひとり言:TKN心理サロンブログ・カウンセリング妖怪「刷り直し」

  • とうとのひとり言:TKN心理サロンブログ・カウンセリング妖怪「ひとふり」

    今回の妖怪は「妖怪:ひとふり」です。どちらかと言えば「臆病」な妖怪です。しかし、違う見方をすれば「責任転換」をする、厄介な妖怪です。何か決断を下さければならない時に必ず、そばに居ている誰かに決断を振ります。意見を求められた時にも!それも、「従順そう」に「か弱そう」に時には「甘えん坊」の様に「上目使い」をしながら、また時には「哀しげな、淋しげな」な様子を醸し出し「守ってあげなければならない」雰囲気を出し、「ひとにふり」ます。誰も周りに居ない時には、「受けてくれそうな人」探します。学校や職場で、自分に役割が当たりそうになると「す~」っと誰かにふります。「それは私ではありませんよ!こっちの人ですよ!」と、振るのが、すこぶる上手い妖怪です。https://cocorotkn.com/news/346※この妖怪は、特定の...とうとのひとり言:TKN心理サロンブログ・カウンセリング妖怪「ひとふり」

  • とうとのひとり言:TKN心理サロンブログ・マスク・「ペルソナ」

    カール・ユングの理論で「ペルソナ」があります。私たちは普段「マスク」を被っています。いろいろな役割の「家族の中でのマスク」「会社の中でのマスク」「友人の中でのマスク」「近所で見せいているマスク」「恋人に見せているマスク」また、その時々の役割のマスクを被り分けています。一説によりば「1,700のマスク」「7,000のマスク」を被り分けているとも言われます。だって、出会う人出会う人により被り分けているのです。生きていくために必要なマスクです。ただし、自分というのが分かっていてならばOKです。しかしながら、被っているのは「偽りのマスク」です。相手の人に、よく思われたい、嫌われたくない、との思いから偽りの仮面「ペルソナ」を被っています。優しくて思いやりがあり正義感があり誠実で自律して責任感があり誰からも慕われ尊敬されス...とうとのひとり言:TKN心理サロンブログ・マスク・「ペルソナ」

  • とうとのひとり言:TKN心理サロンブログ・カウンセリング妖怪「ぬらりくらり」

    今回の妖怪は「妖怪:ぬらりくらり」です。この妖怪の特徴は、ウナギのようにともかく掴み処のない、何とも言えない「う~ん!何なんだ!」と、相手をイラつかせます。物事を自分から決して決めることなく、また自分の意見もハッキリ言う事もなく、何かをやるようで、やる事が無く!総てが「グレーゾーン」です。相手から、意見を求められたり、行動を求められたり、意志決定を求められたりしたら、初めは「そうですかね」と言い、相手が興味を持って反応してきたら言ってる尻から、「違う事」を言って、相手を「はぐらかす」事を得意技にしています。時の流れに逆らわず、流されているように振る舞いながら、どっこい絶対に自分の流れを変えない。付かず離れず、言う様で言わず、やる様でやらず、「ぬらりくらり」と相手をかわし、イラつかす妖怪です。※この妖怪は、特定の...とうとのひとり言:TKN心理サロンブログ・カウンセリング妖怪「ぬらりくらり」

  • とうとのひとり言:TKN心理サロンブログ・カウンセリング妖怪「不幸自慢」

    今回の妖怪は「妖怪:不幸自慢」です。この妖怪は、ともかく不幸な自分が好きです。何が在っても、総ての事を不幸に捉えます。「私程、この世の中で不幸な者は居ない。他の人の不幸など、とるに足りません!」と豪語します。でも内容を聴けば、誰でもが在るチョットしたトラブルなのです。不幸な話をすると、止まりません。ばんばんの歌「サチコ」ではありませんが、「幸せを数えたら片手にさえ余る。不幸せ数えたら、一晩でも足りない。」その通りです。話題に尽きません。夜な夜な出没して、何処かに不幸な事が起こらないか探し求めています。時には、他の人の不幸を自分の不幸として捉えてでも、「悲劇のヒロイン(ヒーロー)」になって浸っています。みんなんが幸せな状況下にある事は、嫉み、恨み、嫉妬します。でもそのくせ、それが至極の喜びになります。その分、自分...とうとのひとり言:TKN心理サロンブログ・カウンセリング妖怪「不幸自慢」

  • とうとのひとり言:TKN心理サロンブログ・幸せになるには!

    貴方の幸せの基準は?心の幸せが大切ですか?お金があれば幸せですか?現実的に言えば「お金」があればなんでもできます。資本主義で有る限り「お金」が総ての基準になります。お金が有れば何でも買えます。お金が無いために欲しいものも買えず美味しい物もたべることが出来ず旅行にも行けずやりたいことも出来ず恋人も出来ず結婚も出来ない家族も作れない家も持てない夢も叶えられません。不幸せですね!お金が有れば車でも、服でも、家でも美味しい物もワンランク上の物を食べられますし、素敵なオシャレも、人並み以上に買えます。恋人も。素的な結婚も出来確率が増えます。人生まで変えることが出来ます。夢も叶えられます。それでは、お金が有れば幸せなのでしょうか?お金により手に入れることが出来るので満足ですし、幸せ感が有ります。手に入れた瞬間は!しかし次の...とうとのひとり言:TKN心理サロンブログ・幸せになるには!

カテゴリー一覧
商用