searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

無病息災さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
「癌の本」に教えられたこと.com
ブログURL
https://gan-hon.xyz
ブログ紹介文
「癌のエサはブドウ糖(ごはんやパン)だった」。わずか10文字ほどですが、大変な真実が隠されていました。この病気を人任せにしたら、間違いなく“殺される”目に遭います。「癌の本」が「自分は癌にはならない」という自信を与えてくれました。
更新頻度(1年)

183回 / 365日(平均3.5回/週)

ブログ村参加:2019/08/15

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、無病息災さんの読者になりませんか?

ハンドル名
無病息災さん
ブログタイトル
「癌の本」に教えられたこと.com
更新頻度
183回 / 365日(平均3.5回/週)
読者になる
「癌の本」に教えられたこと.com

無病息災さんの新着記事

1件〜30件

  • 高齢のがん患者は、だれが看病するの? がん家族セラピストが出会ったひとたち

    よく耳にするのが高齢社会問題ですが、看病の現場でも高齢化の波が襲ってきています。私のもとに相談に来られる方々のなかにも、高齢の両親ががんを患った例や、高齢夫婦の看病の苦悩を話されることが増えてきており、これからの看病問題で無視できない事柄かも知れません。(yahooニュースより=続きはこちら)

  • ビートたけし、堀ちえみに共感「絶望して死ぬよりも、絶望しても生きている方がいい」

    2004年にスタートした「たけしの家庭の医学」(テレビ朝日系)シリーズが、3月17日(火)夜7時放送の「名医とつながる!たけしの家庭の医学」(毎週火曜夜8:00-8:54)をもってレギュラー番組としての放送が一旦終了となる。最終回となる今回は「芸能人が自ら警告!身近な症状を甘く見てはいけない!SP」と題し、身近な不調がとんでもない大病へと繋がり、壮絶な闘病を体験することになった芸能人たちの症例を紹介。また、新型コロナウイルスについても緊急取材を敢行。名医4人を取材し、感染して

  • 「食事でがんは予防できるのか」医師が示した最終結論

    食事に気を付けることは、がんの予防にどれくらい効果があるのか。医師の一石英一郎氏は、「確かに野菜や果物に一部のがんリスクを低下させるという研究結果はある。だが、食生活よりも先に改善するべきことがある」という――。(yahooニュースより=続きはこちら)

  • 笠井アナ5回目の抗がん剤投与を前に「今日は比較的元気が良い、食欲もバッチリ」とモグモグ 特製Tシャツに歓喜

    元フジテレビでフリーの笠井信輔アナウンサー(56)が15日、5回目の抗がん剤5日間24時間連続投与を前に「明日に向けて充電です」と、ご飯にボルシチをかけて食べる写真をインスタグラムで披露。フォロワーから「たくさん食べて頑張って」「状態よく乗り越えられますように」と応援が寄せられた。(yahooニュースより=続きはこちら)

  • すぐに余命を考えました…松崎悦子さん「印環細胞がん」との闘病を振り返る

    私が告知されたのは「印環細胞がん」という特殊なタイプの胃がんでした。一般的な胃がんは、胃の粘膜の表面に発生するのですが、印環細胞がんは胃粘膜の表には顔を出さず、胃壁の中を這うように広がっていくので、とても発見が難しく、しかも早い進行でリンパまで行ってしまうたちの悪いがんです。(yahooニュースより=続きはこちら)

  • 【医師に聞く】「ほくろ」と「皮膚がん」を見分ける方法はありますか?

    ほくろだと思っていたら、実は皮膚がんだった、ということがあるといいます。そのような話を聞くと自分は大丈夫なのか気になってしまいますよね。自分のほくろが皮膚がんかどうかを見分ける簡単な判断基準と、皮膚がんの種類や治療法、予防法について、経堂でひろみ皮フ科クリニックを開業した梅澤裕美院長にご解説いただきました。(yahooニュースより=続きはこちら)

  • *新刊、近刊 末期がん告知から9ヶ月…自分の名前が書けなくなった

    心理学の人気講師として活躍ていた刀根健氏は、ある日、予想だにしなかった「がん宣告」を受ける。ステージ4の肺がんで、すでにリンパ節にも転移しているという厳しい状態だった。ところが、驚くことに刀根氏は生還を遂げた。現在も講師として復帰し、日々精力的な活動を続けているという。そんな刀根氏の壮絶な体験を著した書『僕は、死なない。』では、がんの進行が影響し、刻々と症状が出ていく過程をも包み隠さずに記している。その一節をここで紹介する。(yahooニュースより=続きはこちら)

  • 原千晶さんも悔やむ手術のキャンセル…本当に大切な「がん治療」とは

    結婚・出産などライフイベントがある世代の女性のがん。ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』でも、そんな女性たちの心の機微が丁寧に描かれている。もうひとつの記事では、タレントの原千晶さんが子宮を残したいという思いから子宮摘出手術を直前キャンセルし、その数年後に激しい痛みで再び病院にかつぎこまれ、新たながんにかかってしまった経験を語ってくれた。あえてつらい経験を話してくれた気持ちの根底には、「他の女性たちに、同じ後悔をしてほしくない」という強い想いがあるという。(yahooニ

  • 男性がん患者向け「外見」ケアの無料ガイドブックが相次ぎ発行

    男性がん患者の「アピアランスケア」ガイドブックが相次いで発行されている。1月には国立がん研究センターから「NO HOW TO メンズのがん治療。髪とか爪とかプライドとか。」(続編も発行予定)が、2月4日には資生堂と公益社団法人日本対がん協会から「男の整容本」が公開された。ぜひダウンロードしてみてほしい。(ダイアモンドオンラインより=続きはこちら)

  • がん患者向けホテルが開業 闘病生活に希望を与える空間とは

    不動産管理・仲介事業を展開する宅都ホールディングス(大阪市)は2020年2月4日、がん患者と付き添い家族のQOL(生活の質)向上を目的とした宿泊施設「ラクスケアホテル」を開業した。あえて“がん患者向け”を掲げて差異化を図ったホテル誕生の背景を探った。(yahooニュースより=続きはこちら)

  • ガン検査が手軽になる時代のガン保険の選び方

    テレビや新聞で芸能人やアスリートなどの有名人がガンを患って長期休養するというニュースをよく目にします。年代に関わらず10代でもガンを患う方がいることも広く知られるようになりました。以前は「ガンを患う=亡くなる」という認識が強かったですが、近年はガンを克服して以前と同じように活躍される有名人も多くいらっしゃいます。一方で、ガンを患ったことを発表してまもなく、残念ながら若くして亡くなられる方もいらっしゃいます。(yahooニュースより=続きはこちら)

  • 岸あさこさん 世界でもまれな乳がんで「終わった」と思った

    岸あさこさん(ブレストキャンサーポートレート 写真家・50歳)=乳がん ◇  ◇  ◇ 入浴中、右胸にしこりの存在を感じたその瞬間、「ああ、やってしまった……」と思いました。あまりにも明らかなしこりだったので、乳がんだとピンときたからです。 それは2年間のオーストラリア留学から帰国してすぐのこと。ヘルスケアに関係する学位を取り、福岡で何かヘルスケアに関わる事業を立ち上げようと考えていたところでした。(yahooニュースより=続きはこちら)

  • がん保険 主治医が書く診断書によって保障が左右される

    日本人の2人に1人がかかるといわれ、死因としては最も多い「がん」。“もしも”に備えて「がん保険」に加入している人は少なくない。だが、加入しただけで安心してはいけない。 主治医が書く診断書の内容によって、保障が受けられるかが左右されるケースもあるのだ。(yahooニュースより=続きはこちら)

  • 笠井信輔アナ、治療の効果で体調改善 “制限”も次々解除「私の体、頑張ってます」

    悪性リンパ腫で闘病中の元フジテレビでフリーの笠井信輔アナウンサー(56)が8日、自身のインスタグラムを更新。治療の効果が見られ、様々な“制限”が解除されたことを報告した。アップされた画像には、マスク姿ながらも笑顔で写真に納まる笠井アナ。「治療の効果が出て、白血球の数値が上がり、行動制限、食事制限が解除となりました」と、フォロワーへ向け、うれしい報告をした。(yahooニュースより=続きはこちら)

  • 池江璃花子選手がコーチと関係解消、なべおさみは“僕が辞めさせた”と吹聴

    少しほっそりとした印象の彼女にお茶の間は釘付けとなった。白血病からの復帰を目指す池江璃花子(19)の元気な姿に安堵する声も聞こえる中、またもあの“怪人”の影が見え隠れ。なべおさみ(80)が今度はコーチ問題に干渉しているという。(yahooニュースより=続きはこちら)

  • がん細胞もAIが識別 高精度の分析装置、東大が開発

    血液中にわずかに交じったがん細胞も素早く見つけ、転移を早期に発見できるようになるかも知れない。東京大などの研究チームは、高速かつ高精度に撮影した画像から、AI(人工知能)が細胞一つひとつの特徴を見分ける分析装置を開発した。これまでより解析スピードと精度が大幅に向上したという。科学誌ネイチャー・コミュニケーションズに6日発表した。(yahooニュースより=続きはこちら)

  • がん保険の落とし穴 免責期間、再発などで給付金が出ない

    日本人の2人に1人がかかるといわれ、死因としては最も多い「がん」。その治療には多額の費用がかかることもあるからこそ、「がん保険」に加入している人は少なくない。だが、いざという時に、その備えが全く役に立たないことがある。(yahooニュースより=続きはこちら)

  • 這ってでも会いにいけばよかった|乳がんという「転機」

    新卒で入った会社で25年間働き続け、仕事、育児、家事と突っ走ってきて、「働き方改革」のさなかに乳がんに倒れた中間管理職の連載「乳がんという『転機』」第12回。2017年6月2日。この日、ユキちゃんが、天国へいってしまった。婦人科系のがんで、8年間闘病していた。(yahooニュースより=続きはこちら)

  • 妹と同時に乳がんに。3か月の抗がん剤治療と廃止寸前部署のリーダーをどう両立したか

    えっ、これは何だろう……お風呂あがりに、何げなく左胸の乳房をさわると、こつんと小さなしこりが指先に当たる。毎年、定期健診ではマンモグラフィーを受けており、5カ月前も「異常なし」と言われたが……。すぐにネットで乳腺専門クリニックを探して予約を入れた。クリニックで見せてもらった超音波の画像には黒い影が写っていた。針生検(はりせいけん)(針を用いて組織や体液を採取すること)で調べたところ、数週間後、医師に病名を告げられた。「乳がんです」と。(yahooニュースより=続きはこちら

  • 膀胱がん55歳男性、抗がん剤ががん保険の適用外で泣き寝入り

    日本人の2人に1人がかかるといわれ、死因としては最も多い「がん」。その治療には多額の費用がかかることもあるからこそ、“もしも”に備えて「がん保険」に加入している人は少なくない。だが、いざという時に、その備えが全く役に立たないことがある。がんライフアドバイザー協会代表理事の川崎由華氏が相談を受けた、肺腺がんに罹患した50代後半女性の例だ。(yahooニュースより=続きはこちら)

  • 笠井アナ、白血球の数値が下がり面会制限に「覚悟はしてましたけど、予想以上に早い」

    元フジテレビアナウンサーの笠井信輔が5日に更新した自身のアメブロで、白血球の数値が下がったため、面会制限が設けられたことを報告した。笠井アナは昨年の12月19日に放送された情報番組『情報プレゼンター とくダネ!』(フジテレビ系)に生出演し、自身の口から悪性リンパ腫にかかったことを告白。現在は入院して抗がん剤などによる治療を受けている。                                                                      

  • がんと闘う子どもと家族のためのおうちって?

    もし、子どもががんになってしまったら? 大人でも大変なことなのに、子どもが発病したら本人も家族もかなり動揺するのではないでしょうか。子どもと家族ががんと闘っていくために、少しでもサポートできればとの想いから、アフラックが設立したペアレンツハウスが東京と大阪にあります。見学してきましたので、概要をお伝えします。(yahooニュースより=続きはこちら)

  • 乳がんの手術は延期。わたしが平成においてきたものは?(未婚のひとりと一匹と:17)

    2019年の4月。日本は不思議な雰囲気に包まれていました。天皇の生前退位で5月から新しい年号になるのです。5月1日からは「令和」。この頃は「平成に○○を置いてくる」という言葉が流行っていました。(コヤナギユウ)(yahooニュースより=続きはこちら)

  • 胃がん 少しでも早く「切る」ことが寿命やQOLに好影響

    人間ドックだけでなく、自治体の定期検診でも受けられるようになってきた、上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)。バリウム検査よりも精度が高いと医師は口を揃えて言うが、胃がんが見つかった場合は「切る」が優先される。 マールクリニック横須賀院長の水野靖大医師は手術の優位性を強調する。(yahooニュースより=続きはこちら)

  • 女性におすすめのがん保険とは?人気ランキングをFPが徹底調査!【2020最新】

    日本において男性が生涯でがんにかかる確率は約62%であるのに対し、女性は約47%です。しかし、2019年10月の国立がん研究センターなどの「AYA世代(15~39歳)」のがん患者の分析によると、20歳以上の患者の約8割を女性が占めると報告されました。このように男性と女性にはがんにかかる傾向に違いがあるため、女性ががん保険を検討するにはその違いを踏まえたほうがより効率的に必要な保障を得ることができるといえます。そこで今回は、女性のがんの特徴を押さえ、保険の比較サイト

  • がん患者の復職支援で成果 岡山ろうさい病院の両立支援チーム

    仕事を諦める前に声を掛けて―。がんや脳卒中など長い治療・療養期間を要する疾患にかかると、勤めていた会社を辞めたり、自営の店を畳んでしまったりする人が少なくない。しかし、体調に合わせて仕事の内容や勤務時間を柔軟に対応し、外来治療の受診日も調整するなどの配慮があれば、多くの患者が治療と仕事を両立させることが可能だ。岡山ろうさい病院(岡山市南区築港緑町)は専門チームで両立支援に取り組み、がん患者の復職支援で成果を上げている。ただ、患者側から相談を持ちかけられることは少なく、「医療機

  • 新刊、近刊 “がん“になってもやり切った…77歳で博士号を取得した男性の「暗示勉強法」

    経営コンサルタントとして第一線で活動し続けるかたわら、2019年には77歳という超高齢で経営情報研究科の博士号(Ph.D.)を取得した吉岡憲章(よしおか・けんしょう)さん。自らの博士号取得の経験をベースに、シニア世代の大きな可能性を提言する新著『定年博士(ていねんはくし)』が2020年3月に刊行される。なぜ、吉岡さんは定年を迎えるような年齢で博士号取得を志したのか。吉岡さんの体験から学べる、人口減・少子高齢化が避けられないこれからの日本社会で充実したセカンドライフを送るヒント

  • 乳がん母さんの明るい共病|「薬がある」って素晴らしい!がん治療のお薬のこと

    なんか最近、スーパーの店頭や街中でいい匂いがするなあと思っていたら、あなた、バレンタインデーだったじゃないですか!!いつの間にかやってきて、いつの間にか去っていた、まるで私の預金通帳の残高のようなタッチアンドゴー。バレンタインがクリスマスと並んで一大イベントだった時代が懐かしいわ……。ふっ。とか、遠い目をしてみましたが、今の私にとってバレンタインは「乳がん記念日」です。(yahooニュースより=続きはこちら)

  • 乳がん検診、40代未満に効果疑問 子宮体がん検診にもリスク

    ほんの少しの体調不良でも、「念のため」「万が一のことがあったら」と、病院へ行く人も多いだろう。しかし、病院で受ける医療行為や検査の中には、意味がないものや、症状が悪化するものもあるというのだ。一体、自分にどの医療行為・検査が必要なのかを、しっかりと知っておくべきだろう。(yahooニュースより=続きはこちら)

  • 【脳腫瘍手術】専門医に聞くセカンドオピニオンをとるべきケースは?〈dot.〉

    週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2020』では、全国の病院に対して独自に調査をおこない、病院から回答を得た結果をもとに、手術数の多い病院をランキングにして掲載している。病院ランキングだけでなく、治療法ごとの最新動向やセカンドオピニオンをとるべきケース、ランキングの読み方などを専門の医師に取材して掲載している。ここでは、「脳腫瘍手術」の解説を紹介する。(yahooニュースより=続きはこちら)

カテゴリー一覧
商用