「癌の本」に教えられたこと.com
住所
出身
ハンドル名
無病息災さん
ブログタイトル
「癌の本」に教えられたこと.com
ブログURL
https://gan-hon.xyz
ブログ紹介文
「癌のエサはブドウ糖(ごはんやパン)だった」。わずか10文字ほどですが、大変な真実が隠されていました。この病気を人任せにしたら、間違いなく“殺される”目に遭います。「癌の本」が「自分は癌にはならない」という自信を与えてくれました。
自由文
-
更新頻度(1年)

47回 / 34日(平均9.7回/週)

ブログ村参加:2019/08/15

無病息災さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 09/20 09/19 09/18 09/17 09/16 09/15 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 972,572サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 10 10 30 0 10 0 60/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,565サイト
おすすめ本 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,208サイト
学術・専門書 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 101サイト
病気ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 21,502サイト
がん 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 963サイト
今日 09/20 09/19 09/18 09/17 09/16 09/15 全参加数
総合ランキング(OUT) 48,428位 44,379位 40,359位 38,717位 42,212位 40,321位 42,015位 972,572サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 10 10 30 0 10 0 60/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 221位 195位 162位 143位 175位 164位 170位 12,565サイト
おすすめ本 46位 34位 29位 26位 29位 27位 28位 2,208サイト
学術・専門書 3位 3位 3位 3位 3位 3位 3位 101サイト
病気ブログ 2,342位 2,207位 2,039位 1,979位 2,135位 2,048位 2,093位 21,502サイト
がん 74位 72位 67位 66位 70位 68位 68位 963サイト
今日 09/20 09/19 09/18 09/17 09/16 09/15 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 972,572サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 10 10 30 0 10 0 60/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,565サイト
おすすめ本 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,208サイト
学術・専門書 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 101サイト
病気ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 21,502サイト
がん 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 963サイト

無病息災さんのブログ記事

1件〜30件

  • 「がん難民」にならず治療と仕事を両立へ 患者自身が考えておくべき日頃の「心掛け」

    2人に1人はがんの時代となり、働きながらがん治療を受けるケースも珍しくなくなってきた。厚生労働省は就労支援や治療と仕事の両立支援サポートなどを後押しし、病院で相談できるように。一方、依然として起こり得るのが「がん難民」だ。治療法がない、あるいは、納得できる治療を受けられない状況で転院先を探さなければならず、仕事との両立や余生を全うするための大きな壁となっている。(yahooニュースより=続きはこちら)

  • *新刊、近刊 がん患者が漏らした「私はまだ治療がしたい」に医師は…〈

    進行したがんの患者に対して、医師がよかれと思ってしたことが、患者にとって本当によいことかどうかはわかりません。『心にしみる皮膚の話』著者で、皮膚がん・メラノーマが専門の京都大学医学部特定准教授の大塚篤司医師が、自身の経験をもとに語ります。(yahooニュースより=続きはこちら)

  • 28才で子宮頸がんに。闘病、不妊治療、出産を経て議員になったあるママの挑戦

    今年4月に江東区議会議員に当選した、酒井なつみさん。もともと看護師、助産師として働いていた酒井さんが議員を志すきっかけになったのが、28歳のときになった子宮頸がん(しきゅうけいがん)でした。現在1児の母として、議員として活躍する酒井さんに、たまひよONLINEが話を聞きました。(yahooニュースより=続きはこちら)

  • 太田裕美、乳がん闘病 7月公演後に手術 11月にデビュー45周年「治療しながら歌っていく」

    「木綿のハンカチーフ」などのヒット曲で知られる歌手の太田裕美(64)が18日、乳がんであることを、自身のブログで公表した。7月6日に京都市内で行ったコンサートの後に手術を受け、8月から抗がん剤治療に入っているという。(yahooニュースより=続きはこちら)

  • 高額治療薬が続々 迫りくる「2022年危機」健康保険組合は破たんするのか!?

    厚生労働省は2019年8月28日、「遺伝子治療薬」の「コラテジェン」を、遺伝子治療薬では初めて保険適用とすることを決めた。これに対して、健康保険制度の存続を危ぶむ声が出ている。(yahooニュースより=続きはこちら)

  • 大林宣彦監督、がんと闘いながら作った映画完成「若い人たちも観て」

    がん闘病中の映画監督、大林宣彦氏(81)の新作映画「海辺の映画館-キネマの玉手箱」が完成し18日、東京・東五反田のイマジカ東京映像センターで試写会が行われた。 3年前に末期の肺がんで余命3カ月と告知され昨年、脳に転移。脳のがんが放射線治療で消えた後の昨年7月から9月まで、故郷の広島・尾道市を中心に同作を撮影した。体調は万全ではなく、今年7月からは毎月入院。抗がん剤で元々の肺がん治療を受けるかたわら、今月まで1年かけCG合成を含め編集作業を続けてきた。(yahooニュースよ

  • がん患者「心の危機」を支えるレジリエンス外来とは

    大きなショックを受けたがん患者の心のケアとして、自ら立ち直る力「レジリエンス」を引き出す方法が注目を集めている。困難な状況でも患者が自分らしく前向きに生きることを目指すものだ。国立がん研究センター中央病院(東京都中央区)は2016年、専門外来を開設し、がん患者を支えている。(山田聡)(yahooニュースより=続きはこちら)

  • がん保険は必要? がん保険の必要性について解説

    男女とも一定の年齢になると「がんの発症リスク」が高くなるため、「がん保険」加入を検討している方もいると思います。そこで、FPの観点から「がん保険」の必要性について述べることにします。(yahooニュースより=続きはこちら)

  • 門倉有希、乳がん告白「負けている訳にはいかない」

    歌手門倉有希(45)が、乳がんの治療を行っていたことを明かした。18日、ブログを更新し、「今日は残念なご報告です。乳がんになりました」と書き出し、「胸の異変に気づいたのは昨年8月ごろでした。私は小さな頃から病気とは縁のない元気な子供だったので普通の“デキモノ”だと思い、市販の薬を塗っていましたが、ついに貧血で倒れ病院に運ばれました。検査の結果、がんが発覚しました」と、診断されるまでの経緯をつづった。(yahooニュースより=続きはこちら)

  • HPVワクチン、7割が「何のために打つのかわからない」 意識調査でわかったこと

    ワクチンのしくみや副反応があることは知っていて、風疹ワクチンへの理解も進んでいる。けれど、HPVワクチンは何のためにうつのかもわからないーー。そんな国民の意識が日本医療政策機構の調査でわかりました。風疹ワクチンへの理解は進んでいるけれど、HPVワクチンの役割を知っている人はいまだに少ないーー。(yahooニュースより=続きはこちら)

  • *新刊、近刊 がんはなぜ「再発」するのか?…患者の前で言わないホントのこと

    いまや日本人の2人に1人がかかると言われる「がん」。もし自分や、自分の家族ががんになったら……。そんなとき心強い味方になってくれるのが、著書『がん外科医の本音』で知られる中山祐次郎医師だ。がんの厄介な特徴である「再発」。そもそもなぜ、がんは再発するのだろうか? 普通の医師なら患者の前で言わない「本当の理由」を、中山氏が教えてくれた。(yahooニュースより=続きはこちら)

  • がん患者のための家「マギーズ東京」 つぶやき続けた「ナイチンゲール」が得た同志

    NPO法人マギーズ東京(東京・江東)は「がん患者とその家族のための第二の家」である。思い立ったらいつでも立ち寄れるよう、年中無休で予約もいらない。自然光が柔らかく差し込む室内では、利用者が専門家に相談できるほか、お茶を飲んでおしゃべりしたり、リラクゼーションの講座に参加したりと思い思いに過ごす。マギーズを日本で実現させた共同代表理事で、このほど、看護師にとって最高の栄誉である赤十字国際委員会のナイチンゲール記章を受章した秋山正子さんがひたすら続けたのは「つぶやくこと」だっ

  • 「緩和ケア」の知られざる実態、病院以外・在宅でも受診可能だった

    緩和ケアと聞くと、「末期がん患者が受けるもの」とイメージする人が多いだろう。しかし現在の緩和ケアは、「がんと診断された時から、すべての患者が医療機関や診療科を問わず、身体の痛みだけではなく、精神的なものも含めてトータルで受けられるもの」だ。さらに、緩和ケアの患者は今はがん患者が中心ではあるものの、がん以外の患者(非がん患者)においての緩和ケアの重要性も考えられるようになってきている。聖路加国際病院緩和ケア科部長の林章敏医師(「日本緩和医療学会」緩和医療専門医)に、緩和ケアを受

  • 堀ちえみ「これ以上喋れるようには…」と医師から言われたと明かす

    2月に舌がんの手術を受けたタレント・堀ちえみ(52)がブログを更新し、医師から、これ以上「喋れるようになる可能性はあまり期待できない」と言われたことを明かした。2月の手術では舌の6割を切除。太股の皮膚を移植し、再建する手術も同時に受けていた。(yahooニュースより=続きはこちら)

  • 二次がんのリスク 早期発見には遺伝子検査などが有効か

    がん治療を乗り越え、新たな人生の門出を迎えた頃に「二次がん」が発覚――。転移や再発ではない「新たながん」の研究が近年進んでいる。遺伝子レベルでの体質や環境要因など、さまざまな条件で起こるという「二次がん」の本当のリスクとは…。(yahooニュースより=続きはこちら) 

  • 「放射線治療」の最前線 今や正常組織にはダメージを与えず照射

    がんの放射線治療は近年、大きく進歩した。知っておかなければ、“ベストの治療”を受けるチャンスを逃すことになりかねない。 都内在住の50代の男性は2年前に前立腺がんが分かり、手術支援ロボット「ダヴィンチ」を使った手術を受けた。医師の「負担が少ない低侵襲な手術」という言葉にすんなり従った形だ。(yahooニュースより=続きはこちら)

  • 末期がんだけじゃない、早期の「緩和ケア」で余命が延びる可能性も

    「緩和ケア」や「緩和ケア外来」という言葉を聞いたことがある人は多いだろう。しかし、こんなイメージを持っていないだろうか? 末期がんで治療法がなくなった人が受けるケアであり、受診する外来だ――と。緩和ケアを勧められたことで、「医師から見放されたような気分」「あとは死ぬのを待つしかないのか……」などと嘆く人もいると聞く。しかし、本来の「緩和ケア」が意味することは全く違う。聖路加国際病院緩和ケア科部長の林章敏医師(「日本緩和医療学会」緩和医療専門医)に、現在の「緩和ケア」のあり方に

  • がんの怪しい治療に有名人がひきつけられる理由は?

    先日も著名な方と怪しい治療の関係が話題になりました。ことの真偽はわかりません。ただ私はがんの患者さんやご家族とこれまで多く接してきましたから、その先行きの見えない不安と、そこに善意や悪意を持って近づく人たちの存在をよく知っています。また実際、有名人の方ががんを患うと大きなニュースになりますし、「このような治療を受けた」という発言も話題になりやすいものです。中には「この選択で大丈夫なのだろうか」という内容である場合もしばしば存在します。(yahooニュースより=続き

  • 「二次がん」とは何か? 最近注目されるようになった理由

    「“二次がん”になる人は昔からいました。ですが長い間、どういう人が二次がんになるのか、どう対策すればいいのかについて、積極的に研究や議論されることはありませんでした」 そう語るのは、信州大学医学部教授で小児医学教室の中沢洋三さんだ。信州大学医学部附属病院では、小児がん患者の「二次がん」の早期発見や治療などを目的とする「HOPEFUL外来」を8月に新設し、注目を集めている。(yahooニュースより=続きはこちら)

  • がん診断に欠かせない病理医とは? 病理学を知るとどんなメリットが?

    内科から外科、皮膚科、産婦人科、整形外科まで、診療科にはさまざまな種類がある。一度も病院のお世話になったことがない、という人はごくわずかだろう。日本人の平均寿命は男性が81.25歳、女性は87.32歳(2018年)。長い人生の中で、誰もが多くの医師と関わっていく。では「病理医」はどうだろう? 病理医のお世話になったことがある(という自覚のある)人はどれだけいるだろうか。(yahooニュースより=続きはこちら)

  • がん治療病院の選び方 大都市と地方、どちらがいいのか

    国立がん研究センターが8月8日、「病院選び」に大きな影響を与えるデータを発表した。『2009-2010 年5年生存率集計報告書』と題されたレポートだ。2009~2010年に、全国のがん治療の拠点病院など277施設でがんと診断された患者約57万人を追跡し、乳がん、胃がん、大腸がん、肺がん、肝臓がんなど11部位のがんについて、がんの進行度(ステージI~IV)ごとに「5年生存率」を集計したものだ。つまり、病院ごとに発表されたことで、がん治療においてどの病院にかかった患者がどのくらい

  • ぜんそく薬、抗がん剤の副作用軽減に効果 九大などの研究グループが確認

    九州大大学院薬学研究院などの研究グループは、ぜんそくの治療薬が抗がん剤の副作用の一つである筋肉の萎縮の軽減に効果があることを突き止めた。今後は加齢による筋力低下や難病の筋ジストロフィー症の治療などにも応用を進めていく。グループの西田基宏教授(薬学)は「既存薬は安全性が確立されており、開発にかかる時間や費用が抑えられる。海外のベンチャー企業と連携するなどして、実用化を急ぎたい」と話す。ぜんそく治療薬は「イブジラスト」。今回の研究では「ドキソルビシン」と「シスプラチン」という

  • 池江璃花子が頼るなべおさみの「手かざし」とは一体何か

    「高校時代から池江さんは、自分の力を信じて努力を続けてきた人です。スピリチュアルなこととはまるで無縁で、ゲン担ぎをするタイプでもなかった。だから、今回の一件には本当に驚きました」。 そう言って首を傾げるのは、水泳の池江璃花子選手(19才)の友人だ。彼が指摘するのは、『週刊新潮』(9月5日号)が報じた、《「池江璃花子」と「なべおさみ」奇怪なる巡り合い》という記事。(yahooニューースより=続きはこちら)

  • 末期がんになって気づいたことがある 「余命1カ月」の男性が、世を去る4日前に遺した言葉

    「余命1カ月」。今夏、そう医師から宣告を受けた千葉県船橋市の男性がいる。「残された日々とどう向きあえばいいのか知りたい」。しかし、がんを克服した人の話は多々あれど、死を覚悟した人が必要とする情報がほとんどない。「治らないがんもあるのに」。やせ細った体から言葉を絞り出して話す男性が、自身の命をかけて取材に応じ、死と向きあう心のうちを明かした。(山本大輔)(yahooニュースより=続きはこちら)

  • 子宮頸がんワクチン 健康被害の議論続く

    国がHPVワクチン接種の勧奨中止を続けてきた背景には、接種者の一部が訴える健康被害が、実際に接種によって生じたのか、そうではないのか議論が続いている現状がある。一方で予防接種の効果は複数の調査・研究で示されており、婦人科医師の間には患者増加への懸念が根強くある。子宮頸がんは国内では年間約1万人が罹患し、約3千人が死亡。近年は20~40代前半の患者が増加する。厚生労働省によると、HPVワクチンの接種により、10万人当たり595~859人が子宮頸がんになることを回避できる

  • *新刊 2020年に実用化「線虫がん検査とは?――1ミリの「虫」が人類を救う(1)

    2015年3月、「尿一滴でステージ0のがんを9割の確率で発見できる」という実験結果が公開され、大きな話題となりました。その検査に用いられたのは、たった1ミリの生物! 非常に高い精度でがん患者の尿の匂いを嗅ぎ当てる「線虫」とは、一体何者なのか? 2020年の線虫がん検査「N-NOSE(エヌ・ノーズ)」実用化で、世界のがん検診・がん治療はどう変わっていくのでしょうか。第1回の今回は、そもそも「線虫」とは何なのか、ご紹介します。(yahooニュースより=続きはこちら)

  • 「私はやりたいことをやって死ねるのだから恵まれている…」がんの妻を看取れなかった男性が今だからこそ語る”本心”

    一人暮らしをしている戸次さん。お部屋の玄関を開けると、台所に置かれていた個性的な棚が目を引きます。お鍋を縦に並べて収納するタイプの棚は、自分で溶接して作ったそう。壁にかけられた素敵な絵は、取り外してアイロン台になる優れもので、こちらも自作。本棚には、仕事で使用するプログラミングの本と一緒にお裁縫についての本もたくさん並んでいました。2台のミシンを使いこなし、いろいろなものを作って生活しているようです。(yahooニュースより=続きはこちら)

  • 人工乳房で血液がん?…自主回収スタートしたが「代替品なし」患者SOS

    乳がん患者の乳房再建手術で使う人工乳房について、血液がんの一種、悪性リンパ腫を発症する恐れがあるとして、メーカーが7月下旬から自主回収を始めた。国内では公的医療保険の対象となる代替品がなく、全国的に再建手術は中断し、患者に不安が広がった。9月にも代替品が販売されるものの、従来品より合併症が増えるなどの懸念があり、安心して利用できる製品の供給が急務だ。(医療部 中島久美子、加納昭彦)(yahooニュースより=続きはこちら) 

  • イチから分かる! がんゲノム医療って何?

    「がんゲノム医療」という言葉をニュースなどで耳にするようになりました。高額医療の一つですが、6月から公的な医療保険の適用が始まり、利用が拡大するとみられています。実は神戸の企業も深く関わっています。(長尾亮太)(yahooニュースより=続きはこちら)

  • がん患者の「余命」とは何か? 告げる医者と告げない医者の事情

    日本人の2人に1人は生涯で1度はがんになり、3人に1人はがんで死ぬという時代になりました。そこで、近年、言われているのが、「がんで死ぬのは幸せ。自分の余命がわかるから」ということです。たしかに、自分がこれからどれくらい生きられるのかを知って、死を迎えるにあたっての準備期間を持てるのは、幸せかもしれません。その間に、人生の整理をし、身近な人や家族に別れを告げることができるからです。(yahooニュースより=続きはこちら)