searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

溶ける最中の雪だるまさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
溶ける寸前の雪だるま
ブログURL
https://honnori-yk.hatenablog.jp/
ブログ紹介文
日記、ネタ風の駄文が主な内容で、たまに小説について書いたり、自分で書いているなろう小説について書いたりしています。
更新頻度(1年)

365回 / 365日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2019/08/02

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、溶ける最中の雪だるまさんの読者になりませんか?

ハンドル名
溶ける最中の雪だるまさん
ブログタイトル
溶ける寸前の雪だるま
更新頻度
365回 / 365日(平均7.0回/週)
読者になる
溶ける寸前の雪だるま

溶ける最中の雪だるまさんの新着記事

1件〜30件

  • 消えない何も、消すだけ誰か

    存在を抹消する装置ができたとして。 成功したら成功したことを自覚できるんだろうか。 存在がなかったことになるから消そうとしたこともなかったことになってパラドックスだろうか。 元からなかったことになる場合、それは今まであった時間ごと抹消という事でいきなり終末いらっしゃいにならないだろうか。 例えばそれを絵にかいていた場合、それはそのものではないわけだが存在は消えるだろうか。 その絵が何かの賞を受賞していた場合、なにを賞にしたのか……はあんまり実際問題にならない気はするな。なんか。 白紙の美学 とかで脳内保管されそうな気はする。アートってそういうところあるやん。(暴言) なくしたそれを新たに発見す…

  • ただゆらりとのぼっていくいく煙に鮭を見た。

    もくもくといえば何を想像するだろうか。 何かに向かっている様だろうか。 煙が立ち上がる光景だろうか。 樹木のことを思う人だっているかもしれない。 どれを想像してほしいのか、するべきか、というのは前後の文脈や状況が必要だ。 その中でも、擬音とは共感が必要だ。 文字であらわすのなら特にそうだ。 共感と必要な知識、経験ががっちしなければ ちょっと何言ってるのかわかりません。 となることに何の不思議もない。 でるんりちょっちゅりん! といったところで何が起きているのかは書いた本人の想像の中にしか再現されないという事だ。挿絵があっても逆に混乱するまであるかもしれない。 音に擬態もできぬ有様。 音? それ…

  • 家に勝手に入られていると思ったらそれはそう

    いわくつきスポット。 ホラースポット。 探索されがち。 そら怖いこと起きた! と評判になるくらい怖いこと起きなきゃそうは呼ばれないのだが、ついてるいわくのわりにばんばん人来る。 もしかしたらいわれたからいわくさんが張り切ってる説があるかもしれない。 噂になってるぞ! マジか! 期待に応えなきゃ! うぉぉぉぉぉぉ! なんかそれっぽいものおとぉぉぉぉぉ! それっぽい空気ぃぃぃぃぃぃぃ! って頑張ってるかもしれない。 ただし、その場で動けないほどの何かはおこらないものとする。そらそうよ。だってホラースポットから人帰っていかなきゃ噂も広まらないもの。 いわくがつくには、ちょうどいい感じでなきゃダメなの…

  • 親切心で出てきたのに消えろといわれたから攻めてきたのかもしれない

    ぱっぱぱーぺっぺぺーぽっぽぽっぽっぽ と適当に文字を並べると、なぜかテンポよく読んでしまうことがないだろうか。 勝手になんか思い浮かぶ曲の一部とか再生しちゃう感じ。 そう、我々の脳は再生ボタンも検索ボタンも押していないのに自動で動きがちである。話題の流れが突飛? 話題はバッタなんだよ! 虫苦手! はい。 さておき。 曲にとらわれるという意味では検索機能とかとくに暴走しがちなのだ。 そんな高機能でもないのに!!!!(同じ曲の同じ部分しか思いだせない) 探せないくせに!!!!(なんかだいぶ後にあれだったわ……とかなったりする) 探し出したらせめて探し当てろなのである。(そのくせそのフレーズが頭から…

  • ちゃんと対応できない。適応もできない。

    世の中にはいい対応、悪い対応があるわけである。 神対応うんちゃらは前したからいいんだ。 悪い対応、というかよくない対応として1つ、塩対応と呼ばれるものがある。 塩・対応。 …… ………………? じゃあ逆は砂糖対応じゃないのか!!!!!(情緒塩対応) 甘い対応とはいえど、砂糖対応とはいわない。 なぜか。 辛い対応とはいえど、塩対応ともいう。 なぜなのか。 そんなところでも糖質制限か。 塩対応いうなら砂糖対応っていえよ。 甘い対応だな…… とかいうやん。いいがちやん。そんな場面あるでしょ。 なら 砂糖対応だな…… でもいいわけじゃないんですか。みないでしょ。シリアスな場面でいわれたらまるでボケ扱い…

  • 冬景色を見れば心澄み渡るか、それともただ冷え切るのみか

    うさぎおいしい! という定番のふるさと(歌)ジョークはさておき、昔からなのだが、頭でふとふるさとが流れる時、なぜか途中から冬景色になってしまうのである。 冬景色(歌)である。 ふるさとが一瞬で凍り付くみたいなファンタジーな話ではないのだ。 なんかそういうメドレー的なやつがあったのか、それを聞いたのか覚えていないがこびりついてるのか。 それともただ俺の頭の中でふるさと冬景色にあくま合体事故が起こってしまったのか。 どうしても うぅさぁぎぃおーいし (中略) ~かの川ぁー から、なぜか げーにこはるびのーのぉーどけしやぁー と頭の中で繋がってしまうのだ。 そしてふるさとのほうは全く思い出せず、冬景…

  • 鍋の締め鍋でしめる

    南部絵。 南部で冬にかけて盛んに書かれる絵の総称。 一部では暗闇の中で描く闇南部絵と呼ばれる手法が存在するが、好みがわかれるところであり一般的ではない。 過去より多人数で描くという手法がとられてきていたが、昨今では1人南部絵というスタイルも流行っている。 嘘です。 この前鍋について書いたばっかな気がして変化球投げたらボークになった。 ここにきて今更どうこう詳しくは言うまい。 なんでも鍋で煮れば鍋感がある、これもまたちょっと前に書いた気がするピザと同じく幅広いジャンルに横たわってドーン! している料理、和の部門である所の鍋だが、いかがだろうか。 鍋。 苦手だという人も割といるけど言い出せない雰囲…

  • トイレットペーパー巻いてミイラ、の発生源ってどこよ

    夢の中でトイレ……便意を消化する行為をすると現実で漏らしている。 そんな話を聞いたことがある。 実際、幼いころはそういうこともあった……気がする。 正直ちゃんと覚えているわけじゃないけどあったあった。あったということにしておこう。 現実、痛さとかが違和感として起きた際にフィードバックされることはままあるという事は前もどっかで書いた気がする。 ところで、自分は今でも夢でだすもんだすことがあるのである。 いや漏らすしているという話ではないのだ。 がっつりトイレってるのに、逆にそういうフィードバックがかけらもないってどういうこと? という疑問であるわけなのだ。 夢の中でもトイレをしたくて、実際すっき…

  • それが他人に累を及ぼしさえしなければ

    断捨離という言葉が一般的に広がってどれくらいたつだろうか。 ただものを整理することを断捨離といわれているように思えてなんかクエスチョンマーク踊りまくるのである。そう、インド。 じゃあ整理整頓で良くない? ってなる。ならない? 断捨離! 断捨離! ダン&シャーリー! 捨てる! 滅ぼす! 別れるサダメ! いや違うくない? 『いらないもの』を捨て去ることで執着をたち、快適な生活を手に入れるんだ! みたいな思想のことらしいんだが。 のわりになんか断捨離しよう! っていう人の割合の中でたまに 兎に角捨てる! 家族のも捨てる! っての見るんだよ。それは断捨離でいいのか? 家族のも捨てるは逆に者に対しての執…

  • フリスビーみたいにして投げてはいけない。飛ばないからとか、そういう理由ではなくて。いや、生地作る時のあれは違う。

    ピザというかピッツァというか。 ピザの定義とは何か。 昨今、日本のピザの種類を見てみるや、その数は増える一方である。 ピザ。 ピザといわれて何を想像するだろうか。 斜塔? それはピサ。 定番すぎて寒くなった? そんな時こそピザを食え。 そういう寒さじゃない? 寒さは寒さでしょ!!!!(理不尽にキレる人のお手本) ナポリ? ピザはいろんなところで魔改造されまくってる上に今日本の話したばっかりやろ。日本想像せいや。 ピザ。 そのスタンダードはやはりトマトとチーズではなかろうか。それに葉っぱ乗ってる? うるせぇ! オシャレ気取りが! ケチャップとチーズのっけただけのお手軽ピザトースト食ってろ! それ…

  • 終末に吹かれるラッパの音は明らかにスカってもなかったことになるので多分1カウントされる

    そのものの対応が優れたることを神対応というらしいのだ。 神。 神の対応とは。 神…… ……ということで、いきなりサインを求めた私も悪いのですが、周りの空気読めよという視線にさらされて居心地が悪くなっていたところ、〇〇さんが振り向いてこういったんです。 「人のおこなうところ愚かなり」 とたん、あたりからどこからともなく水が押し寄せること限りなし。 そうしてすべてが水底におさめられたのだ。 曰く、終末である。 これ、神対応。 みたいな感じ人がなんかしたらとりあえず滅ぼすね、みたいなのが神対応じゃないのか(偏見) サインを欲しくば10の務めを果たせ。 みたい一方的にとんでもねぇこと要求してきたリ、 …

  • 灯台の下で暮らし

    ゴブリン。 それはファンタジー生物。 なんかごぶごぶいってたりする。 なんかゴブリンメイジになるとローブ着てたり杖もってたりもする。ブンメイ! ホブゴブリンとかに進化したりもする。 一寸の虫にも五分の魂。 ごぶ。 ごぶのたましい。 ゴブリンの魂…… この世界にもゴブリンはいました。 つまりはそういうことなのではないだろうか。(ごぶ違い) 虫がゴブリン。 ゴブリンが虫? 虫もあまり甘く思ってるとゴブリンになるぞ! そういうことだろうか。 ゴブリンの魂。 ゴブリンの…… ゴブリンの魂、とわざわざ指定している(してない)以上、なにか意味があるのだ。 もしや、虫とはゴブリンなのだろうか。 ゴブリンから…

  • 思ったのと違う、とはありがちなもので

    味に広がりがる。 味が広がる。 広がる。 口の中で広がっていく。 味に広がりがある…… 味が世界に広がっていく…… 世界が味で満たされて……味に浸食されていくのだ…… そして始まる広がった味同士の争い。 争いを続ける中でいつしか生まれた融合。 そう、深みである。 深みとなった味は、無意味に広がることをやめ、ただ深度を増すことをのみ求めた。 他の広がりを続けようとする味はそれを見て、己もその深みがほしいと考え始めた。 ただ、深度を増すには単体の味では不可能だ。 そこからは地獄である。 新たな兵器ぷりぷり食感や新たなる派閥・なんでもとりあえず甘ーいっていうから甘いのが最強って事やん派。 自体は混迷…

  • 息が詰まる。

    動物には呼吸が必要である。 動物は乾燥するとあまりよくない影響が起こることがある。 …… ………… 寒くなると鼻は乾燥を防ぐ等の目的でいわゆる鼻水を分泌したりします。 …… ………… いやそれで鼻呼吸できなくなるほど分泌したら元も子もないやん。 バランス調整下手か。 ところで人は思い込みで火傷したりできるらしいし、内臓器官の病気をいつの間にか治せる例があったりするらしい。 つまり、内部データいじりができるということなのでは?(なんか違う) チート対策がされていないということで、外部ツールも使用し放題になっているということではあるまいか(ゲーム脳) でも鼻水はでるんですよね。 内部データいじりに…

  • ちっちゃいころのこびりつくように覚えている記憶から胃液はすごい黄色なのだと割と長く思っていた

    思いもゲロも吐き出すものだ。 言葉もゲロも飲み込むことがあるものだ。 そこになんの違いがあるというんだろうか! つまり、ゲロは吐き出してもいいのだ。言葉を飲み込むのに辛い場面もあるように、ゲロを飲み込むのは辛いこともあるのだ。いや、ゲロ飲み込むのはどんな時でも辛いと思うけど、大事なのはそこじゃない。そういうことにしておこう。 でも、ゲロも言葉も吐かない方がいいタイミングというものが確かにあって、時と場合という制限はかかってしまうものだ。吐き出してないのにかかるとはこれいかに。 しかしもって、例えば便意は我慢できても、ほとばしる思いは我慢できない時がある。 ゲロだってそこは同じなのだ。 同じく喉…

  • 時間が逆流したとして、その過去を見たら未来になるのか

    未来を見てしまった! どーん! な? 過去をみよう! どーん! な? 超能力! な? 未来視、過去視という超能力があるわけである。 色んな物語でも題材にされやすい、わかりやすく超常の力。 未来は変えられるんだ! するのに 過去は変えちゃいけない……! もする。 なんか変な気分になるのである。 時間の流れをゆがめちゃダメっていうのなら片方だけ変えていい事にはならんのでは!?(暴論) ともかく。 その二つを思った時、こうも思ったのだ。 我々はすでに超能力者なのではないか? と。 未来を見ることはできないし、過去を見ることもできない。 でも現在は見れるんですよ! つまり、現在視! いや未来をみるも過…

  • もう怒ったゾウ! はジッサイゾウが怒って突っ込んできたらシャレにはならぬ

    生き物は進化するらしい。 キリンの首はなんとかかんとかとかはよく聞く話である。 チーターとかもほら、昔は骨の重さとかお肉とかもっとつめつめでおもおもだったかもしれない。 進化。 進化。 進化だ。 生き物は変わっていくらしいのだ。 でも首の短いキリンの化石とかは別の名前で呼ばれてる……呼ばれてない? じゃあ別の動物なんじゃないですか。 出世魚的判断ですか。 そうですか…… いや違うじゃん。だってこれ進化じゃん。じゃあもう進化魚じゃん。 進化魚ってなんだよ!!!!(情緒不安定) ……いや、そもそも出世とか魚とか進化論がどうとかこうとかいいたいわけじゃなくて、何度もいってるネタではあるんだけど。 進…

  • 蓋を取るまではそこに何があるかは確定しない

    光あるところに闇はある。 対極の振りしてグッドパートナーで仲がいいんじゃないのぉー?(鬱陶しい煽り 闇鍋。 闇で鍋する、具材をカオスに近づける、邪神の宴(?)。 光あるところに闇があるなら、闇がある所には光があってもいいんじゃないか。 つまり、 ひかりなべ! ひかりあれ! みたいにいってんなよ。 それって通常の鍋の事なのでは? と一瞬思ったが、そんなことはないのだ。それで光鍋になるなら闇鍋だって夜したら電気ついてても闇鍋でーすはざんねーんwww(クソみたいな煽り)みたいにいうやつがでてきちゃうでしょ。避けねば。 闇鍋は具材が良く見えないレベルの暗さが必要です。 ということは光鍋はその逆をいかね…

  • 放置されたままのバグと共に生きなければならない

    体験したことがないことは想像するしかない。 夢というのはつまりそういうものの集合体でもあると思う。 知らない痛み、苦しみを、その情景さえ想像で再生できる。 例えば、それがいつか知るだろう現実とは違うものとして、それを手に入れるまではその幻想が真実であることに変わりはないのだ。 想像は想像でしかないかもしれないが、それしか知らないものにとって想像だけで終わるものではない。 何が言いたいかといえば、 爆発四散したことないのにその痛みとかを勝手に創造するくせに 何かしら乗ったことのない乗り物に乗っている時運転手目線じゃなくてTPS目線になるのおかしない……? ってこと。 いや違うやん。 違うやん。 …

  • ホットケーキが冷めたらケーキになるかっていうとならないのが困りものだよな

    毎度毎度ごとく頭痛になるという事は、それだけ頭痛と接する時間が長いという事であり、思考を頭痛というものに必然的に多くさくことを意味する。 頭痛で思考にぶにぶのにぶるなのに思考が頭痛で満たされるとはこれいかに。 頭痛とは……思考とは…… さて、頻度が平均として高く頭痛に陥るものを頭痛もちなどといったりするわけである。 頭痛もち。 頭痛、持ってます! もちもの。 もちもの? RPGとかで見かける それをすてるなんてとんでもない! みたいなパターンのもちもの? 呪われてる……呪われてない? ステータス異常ではないのだろうか。 もちもの。 頭痛を持つことができるだろうか。 それは……人の傲慢なのではな…

  • 皆思うほど自分というものに注目してないさ、といえど、そんな風にいつも思えるようならそんな助言はされないのだ

    間接的な不快感は呪いである。 呪いというとなんかうさんくさいが、「なんか嫌な思いする!」というのは十分呪いたりえると思うのだ。 釘で打たれてる! → 藁人形に名前書かれてる → あれ、そんなことされるくらいなんか思われてるんかこっわ! → 釘が刺されてる部分がフラッシュバックしてなんか体調悪い オカルト的な効力がなくとも、このくらいはおこりうる。人って思い込み生物じゃけの。でも前もいうたけど、釘を無駄に木に打ち込むのは迷惑だからやめるんだぞ(問題はそこだけじゃない) それはもう呪いやん。呪いといっていいやん。 呪いでしょ!!!!(情緒不安定) 呪いって言えよ!!!!!!!(略) そうすると現代…

  • かっぱらった河童

    河童。 河童のフォルム。 皿があって、なんか緑。 甲羅を背負ってたり……背負ってなかったり…… 水かきがあったり腕が伸びたり引っ込んだり。 剛力で相撲とったり尻子玉という謎のものとったり……のこったのこった! 何が残るんですか…… でも乾燥すると弱る。 ぎょ……魚類なのかな……? 頭部の皿は潤ってないとだめで、なおかつ割れたりすると力がしぼんだりする→つまりなんらか普通よりは割れやすいと推測できる。 いや弱点凄いな。 乾燥したらダメなのに、何故一番乾燥しやすい頭部にあるのか。これがわからない。 日光は敵ではないのか。甲羅の中とかならカバーできただろうに。大体その甲羅もなんだ。亀の真似か。引っ込…

  • 人を呪わば穴二つ掘れ……ゾンビとしてでてきそう……そうじゃない?

    五寸釘。 ごすんくぎ。 といって一体現在どれだけの人間が実際のものを想像できるのだろうか。 ぶっちゃけあまりみない感じする。五寸釘。五寸ある所の釘。ジッサイデカイ。 いうてでーあいわいとかにも使わないのではないか。 元々の五寸釘とされるには15cmとちょっとくらい? いるわけで。 でかくて使いどころ限られるよなって。 よく創作等では例の呪いのあれとかで耳にするパターンも多い五寸釘。 だけど実際呪うにしても(!?)木に打ち付けるのややめろよな。 その木何の木傷つく木になってしまうのだ。でかい釘のダメージはでかい。その木に罪はないのだ。 いやそんなこといったら藁人形にも罪ないけどさ。 ともかく。 …

  • 天狗のしわ……天狗の字面って改めてみるとすごくない?

    神隠し。 忽然と人がいなくなって見つからなくなることを、神が連れて行ったのだ…… みたいにいったらしい。 我々はどれだけ神に冤罪をかけてきたのだろうか(暴論) いやでもね。 実際の話、人の仕業か動物の仕業がほとんどなわけで。 超常現象だとしてもそれが神のミワザ! とはわからんわけで。 それで神隠し! やーい神隠し! 返せよ神!!!! って言われても神もえぇ……やってないし……ってなるでしょって話よ。 アラミタマ! とか言うてる場合か。ギリ〇ャ神的理不尽ムーブじゃなくて冤罪に怒ってるのもあったんと違うんかって話ですよ。 背が伸びないのはスパモンのせい! って言われてもえぇ……触手たりてないからお…

  • その小人が鏡に入ることは許可しない……!

    白雪姫って有名なお話があるのである。 原文は読んだことなくとも絵本なりアニメなりなんなりで目にしたことのある人間はかなりの数に上るであろう。 自身もその一人である。 そこでふと思ったのだ。 白雪姫の鏡偉い性能いい……よくない……? まぁ、有名会社の味付け的な要素が大きいってどこかで聞いたことがある気がするが、その点この場では原文の話は置いておいて欲しいのである。あくまで書き散らしているだけでしかないのだ。 だってよ。 OKグー〇ル、世界で一番誰が美しいのか教えて。 っていっても返答に困るでしょうよ。答えられるようにしたとしてもネタになるだろう。 何故なら美しいの基準なんてものは時代によって変わ…

  • 常識人を見つけるには非常識を知らねばならぬ

    あなたは焼き鳥ですか? という質問に対して、きっとNOと答える人がほとんどであろう。 いや全員でしょwww って? ほならね、YESと答えた人がいないのか確認したのかって話でしょ(悪魔の証明) でははい、と答える人はどうしたらいいのか。 でも、あなた焼かれてないですよね? と質問すればいいのだろうか。 いや、まず鳥じゃないことにつっこめや? 鳥に質問していないとはいっていないのだ。もしかしたら、質問者は鳥に焼き鳥ですか? と質問したのかもしれない。 頭がどうかしているとか、してないとか、そういうことはいいじゃないか。別の問題なのである。 ともかく。 焼かれてないですよね? という質問に対しては…

  • 戦にいくさとかれはいった

    腹が減っては戦いに行けぬのだ。 しかし、腹が満たされれば戦えるのとイコールではないのである。 準備するものがたくさんある。なにせ戦いに行くのだ。 腹は満ちたが戦はできぬ。だって戦する武器がないから…… では武器が用意できれば戦ができるのか。 腹は満ちたし武器準備してもらったけど戦はできぬ。なぜなら鎧を質に出したから…… では鎧を新しく用意しよう。 腹は満ちたし装備は万端。しかし戦はできぬのだ。今度は喉が渇いてきたし、そういえば喉が渇きやすいから行軍とか困る…… じゃあもうこの桶もっていけや。水入れとくから。飲み終わったら新しく注いだるわ。ええ加減にせーよ。 なんやかんや最終的に桶がこうして配置…

  • 沈んでいるから物語にそれ以上沈めないのかもしれない

    振り向くと知らない人 or 知らない何がしかいる。 と 振り向くと誰もいない。 というのは同じ恐怖の感情の色を呼び起こすとしても恐怖としての色が異なると思うのだ。 どちらかが怖いかは人によるだろう。 どっちも一緒にやられるといる方のインパクトが先に気過ぎて後者が遅れてやってくるなんだか嫌なハイブリッドになるかもしれない。 前者も嫌だが後者もかなりイヤな感じだ。 前者はどちらかといえば自分が害される恐怖が強いが、後者は他者(知っている人間)がどうにかなってしまった、という恐怖が混じる。 他人がどうにかなってしまった→自分もそうなるかもしれない、あと心細い。 も確かにあるが 他人がそうなってしまっ…

  • そうはならんでしょ、と思うようなものでも現実ならやっぱハッピーエンドがいいよなって……

    A:誰だお前は! B:くーっくっくっく、わからないか、俺は、俺はなぁ! 山田(仮名)だよ……! A:山田……!? B:そう、山田だ……あの日、貴様に苦汁をさんざん味わわされたなぁ! みたいな展開で A:誰だお前は! B:くー(略) 山田(仮名)だよ! A:山……(えーっと! 山田!? 誰だっけ、マジで頭にかすりもしねぇ!) B:え、なにその必死に思い出そうとしてもなんかかすらないあなぁ……みたいなきょとん顔。ほら、あの時の、あったやん。ほら、苦渋なめさせられたみたいな、あったやん。 A:……??? あった! あった……? あったかな……そうかな……そうかも…… B:本気で思い出せないやつやめろ…

  • フッシチョウ! いず ふえにっくs

    フシ=チョウとは、節が目立つ蝶々である。 フシ=チョウはその節の数が毎年増えることからフシ=チョウと名付けられたのだ。 その節はなんど取り除いても次の年には元通りどころか元の数プラス1されていることから、蘇りのシンボルとされていることも多い。 いやフシが多い蝶々ってなんだよ。 …… …………きっつ(想像してしまった虫苦手勢の末路) 増えるニック達。 増えニックs つまり(?)、フェニックス。増え続けることから不死の象徴となったのだ!というのはさすがに無理があるかニック。 まぁな。増えるワカメ見てすっげぇ! 超フェニックス!とはならんよな。わかる。 不死鳥って字面が凄いよな。ワカメじゃ想像がさす…

カテゴリー一覧
商用