プロフィールPROFILE

氏家工務店さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
10代目の家づくりと趣味のブログ
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/uziq2007
ブログ紹介文
創業以来91年の伝統を誇る建築会社の10代目の家づくりに対するこだわりと、趣味について
更新頻度(1年)

18回 / 137日(平均0.9回/週)

ブログ村参加:2019/06/27

氏家工務店さんのプロフィール
読者になる

氏家工務店さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/13 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 全参加数
総合ランキング(IN) 26,403位 26,720位 26,661位 26,697位 28,864位 31,460位 38,981位 977,873サイト
INポイント 0 0 0 10 10 20 20 60/週
OUTポイント 0 10 0 0 0 20 10 40/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
住まいブログ 401位 412位 415位 420位 455位 499位 673位 23,478サイト
一戸建 注文住宅(業者) 6位 6位 8位 8位 8位 9位 9位 504サイト
リフォーム(業者) 15位 16位 15位 15位 15位 20位 23位 987サイト
地域生活(街) 東北ブログ 311位 312位 309位 303位 316位 329位 364位 6,289サイト
福島(市)情報 7位 7位 7位 6位 7位 8位 7位 125サイト
今日 11/13 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 全参加数
総合ランキング(OUT) 52,634位 53,130位 53,444位 53,483位 53,471位 53,510位 64,653位 977,873サイト
INポイント 0 0 0 10 10 20 20 60/週
OUTポイント 0 10 0 0 0 20 10 40/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
住まいブログ 1,088位 1,085位 1,081位 1,094位 1,083位 1,075位 1,436位 23,478サイト
一戸建 注文住宅(業者) 5位 5位 5位 5位 5位 6位 9位 504サイト
リフォーム(業者) 29位 26位 24位 24位 24位 25位 35位 987サイト
地域生活(街) 東北ブログ 669位 674位 667位 663位 675位 678位 772位 6,289サイト
福島(市)情報 15位 15位 14位 14位 15位 14位 14位 125サイト
今日 11/13 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,873サイト
INポイント 0 0 0 10 10 20 20 60/週
OUTポイント 0 10 0 0 0 20 10 40/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
住まいブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 23,478サイト
一戸建 注文住宅(業者) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 504サイト
リフォーム(業者) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 987サイト
地域生活(街) 東北ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 6,289サイト
福島(市)情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 125サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、氏家工務店さんの読者になりませんか?

ハンドル名
氏家工務店さん
ブログタイトル
10代目の家づくりと趣味のブログ
更新頻度
18回 / 137日(平均0.9回/週)
読者になる
10代目の家づくりと趣味のブログ

氏家工務店さんの新着記事

1件〜30件

  • 求めるもの

    福島木の家株式会社氏家 弊社でお客様に毎月お配りしている雑誌(といっても4ページ)に、「もくもく通信」というものがあるのですが、その中に、お客様登場というインタビューをまとめたコーナーがあります。 インタビューの最後に、「お客様にとって家とは何ですか?」という、哲学的な質問があります。 ある人は、「家はすべての原点です。自分の始まる場所でもあり、帰る場所でもある」と答え、またある人は、「(家族と)ケンカもするし、いつもホッとするわけにはいかないけれど、帰ってくる場所、構えないでいられる場所、家族の絆を感じるところ」と答え、そして、「家族全員が帰る場所、、集う場所、なくてはならないものだと、災難にあって実感しました」と、答える方もいらっしゃいました。 自分にとっても、その質問には、そんな風に答えると思います。帰る...求めるもの

  • 可変可能なら・・・

    福島木の家株式会社氏家 うちは、現在5人家族ですが、一時期モデルハウスも兼ねていたということもあって、現在の家族構成を全く考えなく、家づくりをしました。 一応、後で仕切れるようになっている子ども部屋もあり、いずれ、仕切って子ども達にと思っていますが今のところ、物置?になってしまっています。 原発事故のあとに、放射能を防ぐということで、子どものいる部屋を増築して机が置いてあるのですが、やはり物置化してしまって、皆さんもご存知のように、居間で宿題等をやっています。使ってないということなのです(苦笑) また、子どもが巣立ってしまって、ある程度の荷物はおきっぱなしということが多く子ども部屋が物置化しているという話はよく聞きます。 空間があると物を入れてしまうという人間の性なのかもしれません  このように、現在の暮らしを...可変可能なら・・・

  • 子ども達がやってきた

    福島木の家株式会社氏家去年に引き続き、近所の小学校2年生が「すぎのめたんけんたい」ということで、弊社にやってきました。 去年は仕事の内容をしゃべりすぎて、後から受け付ける質問の答えを全部言ってしまったので今年はあまり内容を話さず、質問を受け付けるようにしました「何で設計していますか?」「働いている大工さんは何人ですか?」など質問がありました。その中でも「1日に何人のお客様がきますか?」という質問は、一般の商店やスーパーとは違うので答えにくかったです 最後に、少しでも木に興味を持ってもらうために木製の写真立ての仕上げをやすりで手伝ってもらうということをやりました。こども達が真剣に角を丸くする作業は見ていて微笑ましいです。また、来年も来てくださいお待ちしております  健康な暮らしとまじめな家づくり子ども達がやってきた

  • 住宅の価値は上がる

    福島木の家株式会社氏家化粧品のCMなどで、お手入れをしている方の実際の年齢を当てるというものがあります。見た目と実年齢の違いにしばしば驚くことがあります。その商品を使って、実年齢よりも若く見られるかどうかは、実際に使ってみなければわかりませんが、もし、少しでも効果があるのであれば、使ってみたいと思う方も多いのではないでしょうか。私も若い頃はむしろもう少し年齢が上に見られれば良いと思っていましたが、年をとるにしたがって、ちょっとだけでも若く見られればよいなと思うようになりました。 さて、先日のとある講習会で、家の寿命の話になりました。家の寿命といっても色々あります。ここでは法定耐用年数について書きます。木造住宅の税法上の法定耐用年数(原価償却)は22年となっております。コンクリートだと47年です。短いか長いかは人...住宅の価値は上がる

  • ワクワクすること

    福島木の家株式会社氏家 宮崎中央新聞という新聞を毎週とっています。というと、福島に住んでいるのになぜ?と思うかもしれません。 しかし、宮崎中央新聞は一般の新聞ではありません宮崎のことが全くのっていませんし、新聞なのにニュースがのっていません。なにがのっているかというと、面白かった話、感動した話、心温まった話、ためになった話がのっています。 なぜ購読するようになったかというと、編集長の「日本一心を揺るがす新聞の社説」という本を友人にいただいて読んで感動したからです。 その編集長の講演会が福島であるというので、行ってきました。いろいろなお話をしていただきましたが、その中で印象に残ったのは、今はどんな人が幸せな人生を送れるか?ということで4つの項目がありました1.楽しむ力を持っている人2.小さなことにもワクワクしてい...ワクワクすること

  • 試しにできたら・・・

    福島木の家株式会社氏家 私の趣味のひとつに、音楽鑑賞があります。音楽の聴き方というものも、昔は、アナログレコードだったのが、現在ではデジタル配信へと進化を遂げております。 もともとは、客間などにあるステレオでレコードを聴くというスタイルだったのが、CDの登場によってレコードが廃れていき(最近は一部のマニア向けに復刻しています)そのCDですら、ネット上の音楽配信の登場で、音楽を記録した媒体を買わずに、ポータブルオーディオなどで気軽に持ち運びができるようになりました。 最近では、月々いくら払えば聴き放題といったサイトがあり、広告を見たりすれば新譜を含む音楽が聴き放題というのもあります。さらに、広告カットしたければ月々数百円の会費をプラスすれば良いというのも魅力のひとつだと思います。パソコンやイヤホンで聴くのは物足り...試しにできたら・・・

  • 増改築できないかもしれません・・・

    福島木の家株式会社氏家 最近、軽量鉄骨造の増築のご相談をいただくのですが、近年では、混構造(木造と軽量鉄骨造など、違う工法でつくる構造)で建てるのがが厳しくなっています。工法が違うと、地震で揺れた場合に違う揺れ方をするので、そうならないように、エキスパンジョイントというものをつけて別な揺れ方をしても、つながないことで対応しますし、構造計算が必要になります。 さらに、軽量鉄骨造の建物は、特殊な建物でない場合、型式認定というものを取得して、許可申請を簡単にしたりしていますので、メーカーがそのときの図面等を出してもらえない事が多いようで、計算しようにもできないようです。不思議なことに、同じメーカーで増築しようとしても同様らしく、全国的にも本体にくっつけて増築するケースは稀のようです。家を建てるときには、「この家は増築...増改築できないかもしれません・・・

  • ペットにも優しい

    福島木の家株式会社氏家幾分涼しくなりましたが、毎日、全国的に暑いニュースが届いています。熱中症には、くれぐれもお気をつけください。 そういえば、私世代の方にはわかると思いますが、部活でサッカーをやっていました。部活途中に水を飲むと、お腹が痛くなるからダメ等の理由で、休憩して水を飲むということはありませんでした。という、今では信じられない非科学的なことが普通にありました。当時は日射病なんて言われていましたが、今思えば、たまたま病気にならなかっただけで、相当危険だったのかもしれません。さて、話は変わりますが、最近はペット共生住宅というものもありまして、それは、「ペットと一緒に住めるだけでなく、人とペットの暮らしのすべてを考慮し、快適かつ安心して一緒に暮らせるように、設備や工夫がプラスされた住宅のこと。具体的には、ペ...ペットにも優しい

  • レモン市場

    福島木の家株式会社氏家ちょっといや、だいぶ前に聞いた話で恐縮なのですが、少しお知らせしたいと思います。ある方は家を建てようと思い、知人の方からある建築業者を紹介していただいたそうです。最初の打ち合わせで、2200万円(規模は不明)で工事ができるという話だったので、申し込みをしたそうです。しかし、打ち合わせを続けていくうちに、オプション工事が1500万円になったそうです。幸い申し込み金はゼロではなかったものの、ほとんどなかったのものだということで申し込みを解除してきたとのことでした。どの程度のお話かはわかりませんが、本当ならば醜い話だと思います。 確かに、本体工事は何と何で、ここからはオプションになるというのは、国や自治体で決まった規則があるわけではありません。建築業者によってどこからどこまでが本体に入っていて、...レモン市場

  • 大規模かつ断熱のリフォームについて

    福島木の家株式会社氏家 ただいま、2件同時に、 大規模かつ、断熱リフォームを施工しています。 どちらも、もともとはいわゆる田の字型といわれる 大勢が集まっても大丈夫な 和室がたくさんある間取りの家でした。  断熱リフォームをするということは、 温度のバリアフリーを実現するということなので、 間取りを大きく変える事ができます。 つまり、部屋を間仕切る必要がないので、ワンルームに近くすることができるということです。  ただ、注意しなければならない事があり、断熱リフォームというと断熱材を入れればよいというわけではありません。 設計者は元より、施工者も断熱の知識が必要と思います。  また断熱の知識だけではなく、 間口を広げるのに必要な知識。 新築を建築できる知識が必要です。  実際に天井が落ちたという話もありますし、 ...大規模かつ断熱のリフォームについて

  • リフォームの話ばかりですが…

    福島木の家株式会社氏家 今日は、 福島県省エネルギー住宅改修補助事業 の補助金申請に行って来ました。 今回は規模が大きいせいか 問題なく満額(120万円)を交付できそうです。  まだ第2回目の募集がありますので、 ぜひという方は申し込みしてはいかがでしょうか お手伝いします。  また、今日はパナソニックリフォームクラブ 「提案力の向上を図るとともに、確かな提案力、技術力をアピールする」 というコンセプトでやっている デザインアワードという全国約300の加盟店の中から 戸建部門(グランド、ミドル、セレクト) マンション部門 建替部門 の4つの中から、全国最優秀賞1件、 全国優秀賞9件(マンション、建替部門は2件) が表彰されます。 弊社は、今まで全国優秀賞を3回受賞しています。 今回もがんばりたいと思いますので ...リフォームの話ばかりですが…

  • ヒートショックについて

    福島木の家株式会社氏家 先日、ある記事の内容について、とてもビックリしました。その内容は、産経新聞ネットの「『ヒートショック』は1割未満-。定説が覆る可能性があります」というものでした。断熱住宅や断熱リフォームをおススメしているものとしては、今までの考え方を大きく変えるかもしれないニュースです。 それまでは、浴室で亡くなる方の多くは、寒いところから急に暖かいお風呂に入ったりすることにより、急激な温度差による血圧上昇が起こることで心臓に負担がかかり、脳卒中や心筋梗塞などの病気になると考えられていました。つまり、それはヒートショックによるものと考えられていました。 しかし、千葉科学大の黒木尚長教授によると、実は浴室での事故のほとんどが急激な温度変化により熱中症になった事によるものの可能性があると書いてありました。こ...ヒートショックについて

  • 工法の選び方

    先日、某ハウスメーカーの建物の増築できませんか?というお話をいただきました。最近、こういう話が意外に多くなったのは、単純にハウスメーカーの家がある程度時間が経って現在は建てた頃とは違うライフステージになることによって増築や改築がしたくなる方が増えたということなのでしょう。 この場合、家を建てたときには、「増築や改築はできないかもしれない」とは教えてもらってないのではないかと思います。例え、教えてもらっていたとしても、家を建てるときに自分は家を増改築することはないと思ったのかもしれません。 地震によって異なる揺れ方をするので、違う構造だとくっつけて建てるのが難しいのですが、方法は全くないわけではなく、構造が違う建物を建てて、エキスパンジョイント(緩衝材)いうものによってつなぐことができる場合もあります。しかし、そ...工法の選び方

  • 施工不良に思う

    福島木の家株式会社氏家 ちょっと前にあった、施工不良の話しです。一時期世間を賑わせましたから、ご存知だと思いますが、あるアパートで施工不良が見つかりました。1棟や2棟ならともかく、全国で1324棟もあるというのは、現場のミスというよりは、会社ぐるみでのことなのではないかと考えられて、とても残念に思います。 どのような内容かと申しますと、一般的にアパートは隣同士で音があまり聞こえないように、部屋と部屋の間の壁(界壁)には、グラスウールなどの音を遮る材料を入れて、それに防火ということで、石膏ボードを二重に貼ります。そしてその壁を屋根の下(小屋裏)まで延ばさなければならない決まりになっています。 今回のケースはその界壁が天井までしかありませんでした。これからその不具合を直していくとの事ですが、隠れたところでもあります...施工不良に思う

  • メモの魔力

     福島木の家株式会社氏家 先日、前田裕二さんという方が書いた「メモの魔力」という本を読みました。テレビ等でも紹介されているので、ご存知の方も多いかと思います。前田さんという人はSHOWROOM株式会社の社長で、ネット上でライブを行う、仮想ライブ空間「SHOWROOM(ショウルーム)」というものを開発した人です。 基本的には、打ち合わせ等で会った人と、色々なモノやコトについてメモをして、そのときの具体情報を正確に受け取り、その具体情報から他に転用可能な要素(気づき、背景、法則、特徴など)を抽出して、それをさらに別な具体的なものに転用していくということのようです。私どもも、お客様のメモをとって、それを元に図面をつくったり、パースを書いたりしているので、それを応用していくというのはとても参考になります。 実は、この本...メモの魔力

  • 18年目のアフターメンテナンス

    福島木の家株式会社氏家  先日、雨漏りがするということで、 築18年目のお客様のところに、 行ってきました。  原因は、ベランダの防水がきれていた事のようです。 きれた部分に、 応急処置でコーキングをやってきました。 その後の雨漏りはないようですが、 防水のやり直しが必要です。 とお伝えしました。  今回の雨漏りの場所は、 二間続きの和室の真ん中の柱あたりだったのですが、 障子の開け閉めがキツくなったので、 良く見たら雨漏りを見つけたそうです。  あまりにも快適に暮らしていたので、 メンテナンスの必要性を感じなかったそうで、 18年目で初めてのアフターメンテナンスになりました。   健康な暮らしとまじめな家づくり 18年目のアフターメンテナンス

  • 勉強します

    福島木の家株式会社氏家  先日、ある本を読んで、中学の5教科(国語、数学、理科、社会、英語)の勉強をやりなおすと良いと書いてあったので、教科書が欲しいと思いました。しかし、周りに関係者がいなかったということもあり、大学生のお子様がいる知人がいたので、ちょっと違いますが、ひとまず高校の数学をやり直そうかと教科書を手に入れました。 なぜなら、数学を勉強する事で、論理的なものの考え方を学ぶのだそうです。まず、数学Ⅰからやってみましたが、なんとなくではありますが、その後挫折していく様子がわかりました(笑)まだまだこれからではありますが、ゆっくりやって行きたいと思います。 さて、衣食住についての勉強は、義務教育でもあまりしていないと思います。最近では、更に少なくなったと聞いています勉強の優先順位としては、前述の5教科より...勉強します

  • 新築の平屋のようなリフォーム?

    福島木の家株式会社氏家 2年ほど前に平屋の見学会にいらっしゃったお客様が、 色々あって、自宅の1階にあった作業場に 間取りをして、新築の平屋のようなリフォームができました。  今は、平屋がブームというところもありますが、 希望や要望が満たされれば、2階建てよりは、 平屋の方がよいかもしれません。  昔は、子どもが、家族が増えれば増築という選択肢だったのですが、 いつごろからか、家族の分もはじめからと40坪くらいの家が 主流になった気がします。 その流れも「平屋がブーム」という意味で、 時代の流れの中で、常に変わっていくのではないでしょうか  平屋への建て替えまではしなくても 例えば1階だけで生活できるように断熱リフォームなどをする。 ということも提案しておりますので、 ご相談ください  健康な暮らしとまじめな家新築の平屋のようなリフォーム?

  • 信頼の選択

    福島木の家株式会社氏家 先日、長男が学校で眼科検診を受けた結果、目が色々見えづらいということで、眼科のお医者さんに見てもらったほうが良いとのことで、行ってまいりました。 診ていただいたところ、やはり、近眼ということでした。両親がどちらも目が悪いのでうすうすはわかってはおりましたが、小学校3年生でメガネデビューということになりそうです。 さて、お医者さんに処方箋を出していただき、メガネを買うことになりましたが、どこで、どんなモノを買ったらよいか考えました。妻の友達のメガネ屋さんが良いと思いましたが、場所が少し遠いのです。自分のメガネであればさほどメンテナンスもないのですが、初めてメガネをかける小学生のモノなので、近い方がいいんじゃないかと思いました。 また、全国的に知られているチェーン店や、CMでやっているお店も...信頼の選択

  • まるごとリフォーム

    福島木の家株式会社氏家 昨日は、まるごとリフォームのお客様と打ち合わせ まるごとリフォームは、 内観は間取り変更などがあるので、 大きく変わることがあるのですが、 外観は、内観に比べて、 新しくはなりますが、あまり変化がないことが多いです。  しかし、今回は外観も大きく変わります。 元々の外観は和風で、 寄せ棟の屋根ですが、 これが、洋風の 切妻の屋根に変わります。 そのように変えられるのが、 木造住宅の良いところではあります。  リフォームは、元々あるものを使って、 既存の建物の強度をそのまま、(または強く) 違うものに変えていくには、技術も必要ですが、 どの位変えられるのか? という、面白さもありますので、 完成がとても楽しみです。   健康な暮らしとまじめな家づくりまるごとリフォーム

  • 地震

    福島木の家株式会社氏家 山形県沖を震源とする地震が発生しました。 被害に合われた皆様には、お見舞い申し上げます。 亡くなった方がいないのは不幸中の幸いです。 日本に住む以上、避けて通れないのが自然災害ですが、 特に地震は、いつ起きるかわからない事もあって、 大変です。  平成23年に起きた、東日本大震災の事は 今でも、鮮明に覚えています。 長い時間揺れた事。 危うく、火事になりそうだった事。 事務所が、書類の山になっていた事。 水が出る夢を2回見た事。 数えきれない色々ありました。  その後も、 熊本で、 大阪で、 今回は山形や新潟で、 大きい地震が起きています。 我々住宅の建築に携わる者は、 地震に耐えられる家をつくるのはもちろんの事、 そんな時こそ、皆さまによりそいたいと思います。 頑張っていきましょう  ...地震

  • アフターフォロー

    福島木の家株式会社氏家今日は同じトイレのアフターメンテナンスがありました。同じ品番だったので、同じ頃に出た商品にありがちな不具合かな?とも思いましたが、不具合の症状が違うので、その時期特有の故障というわけではないようです。早速メーカーメンテナンスに申し込みをしました。家も、10年くらいたつと色々は不具合が起きてきます。やはり多いのは水廻りです。キッチン水栓、洗面水栓、トイレの水漏れ、食器洗い乾燥機の不具合などなどすぐに直さなくても良い場合もありますが特に水廻りに関しては、緊急の場合が多いです。ちっとも来てくれない工務店やメーカーもあるようですが、弊社では、そんなときにはいち早く駆けつけるようにしています。信頼と実績は一長一短ではできませんメンテナンスが大事という一例をあげましたが、そういう事の積み重ねが90年以...アフターフォロー

  • 続・LEDは青い?

    福島木の家株式会社氏家さて、前回のつづきです照明器具が、LEDになってから眩しくて、なんか青い理由は、青の光を黄色の光に変換する蛍光体に当てて、白い色にしているからだそうです。だから、なんとなく青い光なんですね。どんどん進化しているLED照明とはいえ、青が気になるということでは、照明用のブルーライトカットフィルムがあればよいと思いますがいかがでしょうか。また、欧州の照明がなぜ暗いのかは、元々高緯度に住んでいる目が青い人々が多少暗くても、そこそこ見えるということらしいです。日本人の多くは、目が黒いので暗いとあまり見えないらしいです。最近は、照明計画を考える際に、「欧州では、あまり天井に照明器具をつけない」というのを皆さんに伝えておりましたが、その理由が団欒が一番なので、多少暗くても大丈夫と思っていました。そういう...続・LEDは青い?

  • LEDは青い?

    福島木の家株式会社氏家今日は、13年前に新築したオーナーさまの、子どもさんが大きくなったので、大きいスペースだけにしていた2階を仕切りたいということで、打ち合わせにいらっしゃいました。昔から、お話をさせていただく度に、様々な事を理論的に詳しく説明をしていただけるので、いつも、とても勉強になります。ありがとうございます。アマゾンのエコーの話しから、玄関ドアに後付けできるオートロックの不具合の話しなど、気がつけば、2時間半ほど経っていました。今回、一番印象的だったのは、照明器具が、LEDになってから眩しくて、なんか青い理由や、欧州の照明が、なぜ暗いのか?などを説明いただきました。回答は明日書きますが、欧州のホテルは暗いので、懐中電灯を持って行くと良いというアドバイスをいただきました。いつ、行けるかわかりませんが、忘...LEDは青い?

  • 高断熱・高気密に思う事

    福島木の家株式会社氏家今日は、高気密・高断熱について思おう事を書きたいと思います。皆様もご存知の通り、2020年に予定されていた改正省エネ基準が2018年の12月に行われた有識者会議で、事実上見送られました。理由が結構残念ですものすごく端的に言いますと、まだ、出来ない人も多いし、やると住宅の価格があがるのでやめましょうということです。がっかりです。とはいえ、正直言って弊社のように、約20年ほど断熱・気密についてやっていればさしたる問題はないと思います。しかし、技術者によっては断熱だけそこそこやれば大丈夫と思ってしまうとそれはやはり、結露してしまう要因になってしまいます。結露というのは条件が整えば、どんなところにも発生しますので窓などのガラス面に発生すればまだ良いと思いますが、壁の中など見えないところで発生すると...高断熱・高気密に思う事

  • あれから8年・・・

    あれから8年・・・東日本大震災から早いもので丸8年経ちました。最近でも北海道で大地震が起きたり、また、西日本では洪水があったり、日本は本当に災害の多い国だと思います。日本で暮らすと言う事は、いつどのような災害が起きても、大丈夫なように備えなければいけませんし、3月11日は、そういうことを考える日の1つだと思います。先日、たまたま見ていたツイッターに、「福島は危険だ」というようなことが書いてある記事を見つけました。またあることないこと書いてあるのかと思って読み進めて行くと、米かうまいからついつい食べ過ぎて危ない、米が上手いから酒もうまいのでついつい飲みすぎて危ないなど、肯定的なものだったのでホッとしました。福島の場合は原発災害もあった事で、他の災害と比べても特殊で、まだまだ復興への道は遠いのですが、がんばっていき...あれから8年・・・

  • あれから7年…

    本当に久しぶりの更新です申し訳ありません東日本大震災から3月11日で7年経ちました。原発事故のニュースは地元でもあまりやらなくなったような気がしますが、いかがでしょうか。去年、飯舘村と川俣町山木屋地区等が避難解除になりました。それから1年、解除になったとはいえ、戻っている住民の方々もまだまだ多いとはいえません。復興とは地域の皆さんが戻ってきて、「以前の生活をする」「地域のコミュニティが元に戻る」という意味では、まだまだ遠いような気がして残念に思います。7年というのは、私自身はあっという間だった印象を持っておりますが、まだ7年なのかもう7年と思うのか、皆さんそれぞれだと思います。7年も経つと、人の流れが変わっていて、新しくできた友人、知人、または同級生の方が前のそれよりも実は長く一緒にいるのかもしれません。事故の...あれから7年…

  • まじめな家づくり

    皆様ご存じの通り、先日ニュースで、横浜市内のマンションの杭の偽装事件のことをやっていました。事の発端は、去年の11月に2棟のマンションの手すりの高さがずれていることに住民が気付いたことのようです。その際に販売会社の調査で、杭が支持層に届いていなかったことが判明し、杭を請け負った会社のデータ改ざんなどがみつかったとのことです。ちょっと前にも、やはりマンションで耐震の偽装があったのは記憶に新しいところです。マンションが傾いたことで住んでいる方はこれから大変だと思いますが、良い解決方法があることを祈るばかりです。杭の会社は、鬼怒川の氾濫の際に系列ハウスメーカーが作った住宅が、「流された家がぶつかったにも関わらず、洪水に流されなかった」と一時的に評判になったところでした。それは大変すばらしいことだと思います。とはいえ、...まじめな家づくり

カテゴリー一覧
商用