searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

raisoku.comさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

織田信長家臣団→https://raisoku.com/category/history/oda_nobunaga_veterans 織田信長の合戦や外交の詳細→https://raisoku.com/category/history/nobunaga_battle_and_diplomacy

ブログタイトル
来世で使える速報
ブログURL
https://raisoku.com/
ブログ紹介文
織田信長の主要な合戦や外交、経済政策、そして家臣団を分かりやすく記事にしています。それ以外にも、ある1つの出来事にスポットを当てて、なぜそうなったのかをご説明します。来世で使えそうな情報をより多くの方々に!
更新頻度(1年)

136回 / 365日(平均2.6回/週)

ブログ村参加:2019/06/26

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、raisoku.comさんの読者になりませんか?

ハンドル名
raisoku.comさん
ブログタイトル
来世で使える速報
更新頻度
136回 / 365日(平均2.6回/週)
読者になる
来世で使える速報

raisoku.comさんの新着記事

1件〜30件

  • 『十等分の花婿』信長が信忠の下へ派遣した使者は誰か

    天主が完成して間もない安土城下で、法華宗と浄土宗が争った安土宗論を、前回よりより深く考察します。とりわけ、信忠へお金の送金を依頼した目的と、その使者として岐阜へ派遣された『十等分の花婿』を特定します。

  • 安土城下で宗教論争!? 織田信忠へ宛てた知られざる信長の直筆書状

    天主が完成して間もない安土城下で、法華宗と浄土宗による論戦が繰り広げられました。時は天正7年(1579)5月。この時、信長は何を考えどう動いたのか。同時期に信長が直筆の書状で嫡男信忠に宛てた書状からその手がかりを探ります。

  • 武田信玄の恥ずかしい書状 本当に春日虎綱と男色関係だったのか?

    明:今回は武田信玄が若い頃、浮気を巡って修羅場に発展したことを物語る古文書を解読します。宛名の春日源助とは一体何者なのでしょうか。そこから見えてくるものとは?

  • 若き信長の行状を憂う斎藤道三の書状 丁重な手紙のワケとは?

    若き信長の行状を憂う斎藤道三の書状を解読します。この文書は、家督を相続して間もない信長の様子を窺い知ることができる史料的価値の高い文書です。丁重な手紙のワケとは何でしょうか?

  • 戦国時代の鉄砲のレシピ書?上杉謙信が将軍義輝から賜った古文書を解読

    戦国時代の鉄砲火薬のレシピ書で、足利義輝が上杉謙信に授けた現存する文書です。木を乾燥させて焼くところから始まり、竹の筒に入れて完成するまでの工程が細かく記されていて大変興味深い史料です。当時の人はどのように鉄砲を作ったのでしょうか。

  • 上杉七免許? 足利義輝が上杉謙信に宛てた書状から見えるものとは

    将軍足利義輝は、上杉謙信に最も期待を賭けた人物です。彼は何を考え、若き謙信を京都に呼び寄せたのかを書状から読み解きます。

  • 上杉謙信が武田信玄の悪行の数々を書いた書状がヤバい

    「武田晴信悪行の事」と題し、全7ヶ条からなる上杉謙信の願文です。「誓紙をもって和睦したのに翌日すぐにそれを破った」や、「晴信は父信虎を追放した親不孝者だから、神の御心に適うはずがない」など激しい罵りが列挙されている興味深い文書です。

  • 武士たちが名乗った官職風の名前一覧4 玄蕃・民部・主計・主税編

    武士たちが名乗った官職風の名前一覧です。今回は玄蕃(げんば)系・民部(みんぶ)系・主計(かずえ)系・主税(ちから)系・外記(げき)系の名前を名乗った人物をご紹介します。また、それらは何をする官職だったのかも書いています。

  • 堺の町を脅迫?柴田勝家・佐久間信盛・森可成らが大金を要求した時の書状

    柴田勝家・佐久間信盛・森可成・蜂屋頼隆が堺の町を脅迫した書状です。「15日までに支払わなければ御成敗」、「もってのほか御腹立ち」など、恐ろしいことが記されています。当時日本で最大の繁栄を誇った堺の町がなぜこのような事態に追い込まれたのでしょうか。

  • 長篠の戦い前夜 徳川家康が織田信長への感謝の意を示した書状を解読

    長篠の戦いの少し前、徳川家康は織田信長に大量の兵糧が届いたことを感謝し、礼状を送ります。そこから浮かび上がる当時の情勢と信長との関係性がなかなか興味深いです。また、記事の最後には徳川家康が用いた花押と印判を載せています。

  • 「絵本石山軍記の解読(10)明智光秀の貧乏生活 それを支えた妻の言葉とは

    戦国時代は織田信長や本願寺顕如上人らが活躍した時代。そうした権力者たちの軍事行動に特化した古文書を軍記物といいます。当サイトはそうした古文書を丁寧に解読し、当時の人々の生き様をご紹介します。

  • 武士たちが名乗った官職風の名前一覧3 式部・大学・治部編

    武士たちが名乗った官職風の名前一覧です。今回は式部(しきぶ)系・大学(だいがく)系・治部(じぶ)系の名前を名乗った人物をご紹介します。また、しきぶとは何をする官職だったのかも書いています。

  • 武士たちが名乗った官職風の名前一覧2 縫殿・内蔵・図書・内匠編

    武士たちが名乗った官職風の名前一覧です。今回は縫殿(ぬいどの)系・内蔵(くら)系・図書(ずしょ)系・内匠(たくみ)系の名前を名乗った人物をご紹介します。また、縫殿とは何をする官職だったのかも書いています。

  • 武士たちが名乗った官職風の名前一覧1 蔵人・修理・中務編

    武士たちが名乗った官職風の名前一覧です。今回は蔵人(くらんど)系・修理(しゅり)系・中務(なかつかさ)系の名前を名乗った人物をご紹介します。また、修理とは何をする官職だったのかも書いています。

  • 原田甲斐・大石内蔵助・平賀源内…この変わった名前は何ですか?

    江戸時代に入ると内蔵助(くらのすけ)、源内(げんない)というような時代劇風の名前が流行します。それは一体なぜなのか?百官名と東百官とは?当サイトは戦国時代の古文書を丁寧に解読し、当時の人々の生き様をご紹介するサイトです。

  • 【古文書解読】武田信玄の侵略から寺を守りきった、ある住職の苦労(受連覚書)

    「受連覚書(じゅれんおぼえがき)」といいまして、一人の住職がたった一人になりながらも寺を守り抜いた執念を感じる古文書です。そこからは住職の苦労と、権力者が発給する制札のメリット・デメリットが見えてきます。永禄年中に甲斐武田家と長野家を中心とする上州勢が、激戦を繰り広げた上野国(群馬県)が舞台です。

  • 百花繚乱なツイート集 4月編

    今月の面白かったツイート集です。「おかえりなさい。外出は楽しかったかしら?」「どうぶつの森の先進国」「令和と平安時代の共通点」「日本のすごすぎるアート」「「三密」の構造体」「じっくり煮込むと加工肉は自分が加工肉であることを忘れる」「国よりドンキ」「尾張小牧ナンバーの悲哀」「黄金の織田信長像もマスク」「お刺身アート」など

  • 「絵本石山軍記」の解読(9)覚慶、細川藤孝らの助けで奈良を脱出 流浪将軍足利義秋の誕生

    石山軍記の9話目です。永禄の変で将軍義輝が横死後の畿内の覇権をめぐって、さまざまな調略や懐柔が行われていた時代です。幕臣の細川藤孝らはどのようにして幽閉された足利義昭を救い出し、各地流浪の旅へ出たのでしょうか。このあたりから戦国ファンには馴染みの深い名将が次々と現れます。

  • 2020年の干支は庚子!日本における干支の算出方法とそれぞれの意味とは(3)

    干支全60通りのうち、後半の30パターンの説明をします。これは「甲午(きのえうま)年生まれの性格は?」という記事ではなく、「甲午年にはどんな性質がある」といった記事です。あくまで備忘録として簡単にまとめていますので、参考程度にご覧ください。

  • 2020年の干支は庚子!日本における干支の算出方法とそれぞれの意味とは(2)

    前回は干支には十干と十二支があると説明しましたが、今回は干支全60通りのうち、前半の30パターンの説明をします。これは「庚子(かのえね)年生まれの性格は?」という記事ではなく、「庚子年にはどんな性質がある?」といった記事です。あくまで備忘録として簡単にまとめていますので、参考程度にご覧ください。

  • 日本における干支の算出方法とそれぞれの意味とは(前編)

    干支は子丑寅卯辰巳・・・の十二支だけではありません。甲乙丙丁戊己・・・といった十干(じっかん)もありまして、本来は十干と十二支を組み合わせて干支を現していました。今回は干支の成り立ちや算出方法を説明し、次の記事で干支60通りそれぞれの意味を書きたいと思います。

  • 「絵本石山軍記」の解読(8)上杉政虎の上洛と永禄の変

    石山軍記の8話目です。 第四章「三好松永将軍義輝公を弑す 並びに義昭公所々御動座」に入ります。 今回は主に三好長慶の死去からはじまり、越後の上杉政虎上洛、永禄の変で将軍義輝死亡、阿波の御所である足利義栄を将軍に据えるかどうかというお話です。 三好三人衆と松永久秀も出てきます。

  • 「絵本石山軍記」の解読(7) 毛利元就の献金により正親町天皇即位式が執り行われる

    第三章「正親町天皇御即位」に入ります。北陸では朝倉氏との合戦で予断を許せない状況で、本願寺氏が教団として資金の捻出に苦しんでいた永禄3年。正親町天皇の即位式の際、献金をして躍進を狙う本願寺は、どのようにしてその資金を捻出したのでしょうか。毛利元就との意外な接点とは?今回はそんなお話です。

  • 伊達政宗の一日のスケジュール表wwww

    今回は伊達政宗が主役です。伊達成実が記した政宗記の巻十「政宗一代之行儀」と、木村宇右衛門が記した「木村宇右衛門覚書」をもとに政宗の一日のスケジュールを表にしてみました。そこからは政宗の知られざるルーティンの数々と異常な喫煙時間が明らかに(笑)

  • わずかに純なツイート集 3月編

    今月の面白かったツイート集。「今でしょうに!」「「体調が悪く、熱も37.8℃あるので休ませてください」」「紫式部と清少納言」「普通の人の感覚とゲーマーの感覚」「プレーヤーを選択してください」「おばあちゃんもおじいちゃんもおじさんも昭和なのに」「ブラジルメディア「コロナウイルスにはニンニクを二つ噛むと良い」」など

  • 「絵本石山軍記」の解読(6) 両細川の大乱と石山本願寺

    絵本石山軍記の6話目です。応仁・文明の乱が終結し、将軍・足利義尚が病死したあたりからはじまります。それから細川政元の天下を経て時代は両細川の乱へ・・・。今回はそうした時代の話です。中盤に三好長慶、終盤に本願寺のことが記されています。

  • 古文書解読や和歌に使える 表現語法のパターンをなるべく簡単に解説

    今回は「らむ」や「だに」といった古文書・和歌によく出る表現の語法を、なるべく簡単に分かりやすく解説します。私がこういったページがあったらいいな~と思う部分をまとめてみました。例として百人一首の歌などを取り上げてます。どれも百人一首でも頻出するワードばかりです。 索引代わりにこのサイトを使っていただけたら幸いです。

  • 「絵本石山軍記」の解読(5) 室町幕府の盛衰と3つの大乱

    絵本石山軍記の5話目です。今回から第2章「足利将軍家盛衰並びに顕如上人門跡に任ぜらる」です。足利義満による治世からはじまり、義持、義量ときて関東で,享徳の乱が勃発します。そこから室町時代はしだいに戦乱の時代へ。足利義教が誅された後、8代将軍義政の時代となりますが・・・

  • 織田信長の年表ちょっと詳しめ 将軍追放!事実上の室町幕府滅亡

    信長の年表12回目です。今回の主な出来事は丹羽長秀に大舟建造を命じる、足利義昭再び挙兵の風聞、河内畠山家の遊佐信教らが主君・畠山秋高(昭高)を弑逆、足利義昭再び挙兵、二条御所の戦い、宇治槙島の戦い、足利義昭追放、一乗寺・静原山両城の戦い、木戸・田中両城の戦い、「天正」と改元などです。

  • 【初級】古文書解読 はじめの一歩は「かな文字」から

    今回の記事は古文書の初歩である「かな文字」です。かな文字とは漢字を元にした文字のことです。古文書に興味があるけど難しすぎる~!という方は、まずはかな文字から勉強してみると入りやすいかもしれません。クイズ形式で楽しく学んでいきましょう。

カテゴリー一覧
商用