searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

T-leftさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
革と共に生きる〜レザークラフト〜
ブログURL
https://www.t-kleft.net/
ブログ紹介文
レザークラフトや日々の生活について書いています。 革小物やレザークラフトに興味がある方の為の講座も実施していく予定です。ハンドメイド作品の販売情報もお届けします。
更新頻度(1年)

7回 / 234日(平均0.2回/週)

ブログ村参加:2019/06/21

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、T-leftさんの読者になりませんか?

ハンドル名
T-leftさん
ブログタイトル
革と共に生きる〜レザークラフト〜
更新頻度
7回 / 234日(平均0.2回/週)
読者になる
革と共に生きる〜レザークラフト〜

T-leftさんの新着記事

1件〜30件

  • 基本道具(革の下処理と接着)

    これまで革の切断、革の穴あけについて必要な道具を紹介してきましたが、今回は、革の下処理と接着について、必要となってくる道具を紹介させていただきます。 レザークラフトでは、革を貼り合わせて縫い合わせる前に床面を磨くという作業工程が必要となります。これが革の下処理的な工程ですね。 なぜ、革を貼り合わせ、縫い合わせる前に床面を磨くことが必要なのか。 次の2つの理由を挙げておきます。 ①縫い合わせてしまうと床面を磨くことができない部分がでてくる。 ②革の裏目の処理(床面の処理)。 革には表面のツルツルした部分と、裏面のザラザラした部分があります。(ツルツルした面を銀面なんて言ったりします。) 床面とい…

  • 基本道具(穴を開ける道具)

    次に紹介していくのは、革に穴を開ける道具を紹介していきます。 ここから一気にレザークラフトって感じになっていきます。 ここでちょっと復習ですが、革を縫うときにはそのまま縫えないのを知っていますか? 革は厚く丈夫なので、穴を開けずに縫おうとしても針が革を突き抜けてくれません。 (これは手縫いの話で、ミシンで縫う際は事前に穴を開ける必要はありません。) そうなると革に穴を開けるにはどうしたいいんだろう? 革に真っ直ぐ穴を開けるにはどうしたらいいんだろう? って疑問が湧いてきます。 今回は、そんな疑問を解消しつつ、革に穴を開ける際に必要になってくる道具と関連する道具を中心に紹介させていただきます。 …

  • 道具紹介(切断道具)

    レザークラフトで使用している基本道具を紹介します。 本日は、裁断道具を紹介していきます。 裁断道具は革を切る道具で、よく一般的に紹介されているのは革包丁とかですね。 革包丁は革を切断したり、革を漉いたりできます。ただ切れ味を維持する為に、包丁を研いだりちょっと手間がかかります。 そうゆうのが好きな人は職人って感じでいいかもしれませんね。 ただ、私はそうゆうところにはこだわりがあまりないので、革を切るという本来の目的を果たしてくれることだけに集中できるものを使っています。(その目的を果たすことにストレスが無いものを使いたいと思っています。) 自分にとって一生使えるような革包丁にも憧れますが…。 …

  • ニーズとコミュニケーション

    レザークラフトを通して色々な方と接する機会があり、オーダーなどを通して依頼主とお話しをさせていただく機会事も多くなりました。形、機能性、デザインなど様々な「こだわり」があり、多種多様で面白い反面、大変な部分もあります。やり取りの中で一番感じる事は、「コミュニケーションって大事だな」ってことに痛感させられます。いかに依頼主の方とのラポールを形成できるか、また依頼主のニーズを読み取る力が重要になってきます。それが分からないと、ただの自己満足になってしまいます。依頼主の方の要望に対して、その要望を答える為にどうしたら良いかを考える。『私はこれを作りたい』って気持ちは置いておいて、依頼主の要望に即した…

  • 才能ってなんだろう?

    最近、よく言われること。 『〇〇さんはいろんな才能があっていいよね』 『自分にはそんな才能ないからできないわ』 才能があっていいよねって言われることは正直嬉しいです。 でも、そうやって『才能』がないから自分にはできないと決めつけしまう。 確かにレザークラフトや音楽など様々なことをやってきて、それを形に残すことができてきている点では、それが才能の上に成り立ってるという見方もできるかもしれません。 でもやっぱりモヤモヤというか、引っかかる部分がよくあります。 皆さんもそうだと思いますが、何かをやり遂げることや、形に残す為には時間が必要です。 つまり、自分の時間を多く費やして、成し遂げた結果の評価に…

  • レザーリング

    久々の更新になります。ずっとレザーリングを作りたくて、試行錯誤しておりましたが、完成しました。今回は革を何層にも重ねて制作し、納得できるモノができたので、紹介しておきます。木のような質感にも見えますね。でも柔らかいちゃんとした本革になります。こちらのレザーリングは少しデザインを変更して、minneにて販売予定です。https://minne.com/@tatsuchika興味のある方はお気軽にお問い合わせ下さい。

  • 『気分が変えられるペンケース』

    最近は、雨で洗濯物が乾かず困ってます。 半乾きの匂いもちょっと気になる今日この頃。 レザークラフトを続けてきて、自分の作品を購入して頂けている事に感謝しております。 徐々に作品の種類も増えてきましたが、まだペンケースが無いことに気づき早速型紙から製作を開始しました。こんな感じです。 名前は『気分が変えられるペンケース』と名付けました。何で気分が変えられるペンケースって言うの? 表面のデザインが変えられるんです。この機能ははたしてペンケースに必要なのか?(笑)いるんです。遊び心です。(笑) 『もっと売れ筋の普通のデザインを作ればいいのに』って言われるかもしれませんが。そこは、人と変わった物を作ろ…

  • ドラムスティックケース

    私はレザークラフトの他に音楽(ギター)をやっているのですが、余った革でドラムスティックケースを製作しました。 もちろん学校で一緒に音楽をやろうと言っているドラム担当にプレゼントで。 自分もドラムを叩くので、使いやすさを重視してます。 全体は2箇所で止めるようになってます。 内側は仕切りがあり、ドラムスティックを6本程度収納できるようになってます。 ケースを横にかけておけば、代わりのスティックをすぐ取れるので、スティックが飛んでいったりするトラブルにも対応できます。 収納の際はスティックの上部を革の中に入れれば、スティックが落ちる事もありません。 こんな感じで、喜んでもらえました。 ドラムスティ…

  • レザークラフト講座①:想起

    ブログを見ていただき、ありがとうございます。 少しづつではございますが、レザークラフトの講座も始めていきたいと思います。 まずは導入という事で、『何が作りたいか』を考えてみましょう。 このブログに遊びに来てくれている人は、何かしらレザークラフトに興味がある人が多いと思います。 レザークラフトって何? レザークラフトって難しい? レザークラフトをするにはどうしたらいいのだろう…etc。 世の中に革製品は溢れています。例:財布、キーケース、鞄etc。 もしあなたが市販されている革製品を想像してみて、自分が作ってみたいと思うものは何ですか? 財布、スマホケース、キーケース、キーホルダーetc 様々な…

  • 【相談からの考察】

    自分は社員だからって全てを自分でやってしまおうとする人は多いと思います。でもそれってどうなんでしょうか。社員になればもちろん『責任』ってものはついてまわります。でも、全体の数字を見ることは大切やけど、全部を一人でやろうと思ったら無理なんじゃないか。社員になったばかりの人が、いきなりすべてのことができる訳ないですよね。もし仮に人員がいるのに仕事が終わらないというのは、もしかしたら本当に重要な事以外の事をしてるかもしれないって事を考えなければならないと思います。重要な事は、分業がちゃんとできてるかって事。本当に自分が時間内にしなきゃいけない事を整理する。(自分しかできない事を優先する)それ以外は任…

  • 【相談】

    前の職場で最近社員になった元部下からこんな相談がありました。 仕事が終わらない。何が大切か分からない。 数字を出して私が中心になって引っ張って行かなきゃ…。 職場でどうしてもイライラしてしまい、仕事を自分ですべてやろうとしてしまう。 自分は社員だからって、『社員の責任』という言葉の重圧に押しつぶされそうになっている。 そんな時、私はこんな言葉を送ります。 お疲れ様です。 何かうまくいかない事があるのかもしれないけど…。 もし、自分一人で仕事を抱えこんで、突っ走ってるならそれは悪い方向に向かってると思った方がいいよ。 どんなに頑張っても必ずその先に見えるゴールは暗闇かもしれない。 なんでか分かる…

  • 【選択肢】

    自分の人生をふと振り返ってみた時、生活をしていく中で様々な【選択肢】に遭遇していきます。 中学校、高校、大学、就職先…etc。 そんな【選択肢】を選ばなくてはいけなくなった時、どんな事を考えて自分の進む道を選択しているのでしょうか。 当たり前ですが人それぞれだと思います。 親の言うことを聞いて進路を決めていく人。 自分のやりたい事を追求して進路を決めいく人。 経済状況により自分の思った進路をあきらめなくてはいけない人。 自分の理想はあるのにそれらを何らかの事情で選択することができない人。 よく自分の自分の人生を後悔しないように生きていると言う人がいますが、実際って後悔の連続じゃないですか。 あ…

  • 何かを始めるということ

    自分が何かを始める時に、多くの人はどう考えて行動するのか。何も考えずに、「やってみたい」という衝動に任せて行動する人。しっかりと慎重に考えて、計画を立てて行動する人。人それぞれ考え方は様々だと思います。でも、一番もったいないと思うのは『考えているだけでやらずに終わってしまう事』ではないでしょうか。もちろん経済面や色々な事情で出来ない事はあるかもしれません。もし、興味があるのにやらないとするならば、その人の可能性を狭める事になるのではないかって思います。だって、世の中やってみなければ分からない事なんていっぱいありますからね。実際に頭の中で想像している事と、やってみたら違ったなんて事は多くあると思…

  • 固定概念

    『何かを作るとき』や『何かを考えるとき』にどうしても考えてしまう固定概念。これはこうじゃないとあかん。これは常識やから…。って思いこんでしまうと、どうしても視野が狭くなるような気になります。型に当てはめてしまうのが一番簡単でやりやすい。でも、そうすると型にはまった事を考える事が目的になり、それを埋める事が目的になる。本当に必要な事を見落としたり、考えなくてもいいような余計な事を考えたりしてしまう。時には枠にとらわれない発想で物事を進めてみるのもいいかもしれませんよ。そこから生み出される物はきっと面白いはず。それが、私が新しい作品を生み出していく心構えみたいなもんです。使い勝手が良い作品。デザイ…

  • 試行錯誤

    今回は試行錯誤のお話をします。 この頃はネットの普及や販売手段が広がった事により、多くの方が手軽に自分の製作した作品を販売できるようになってきました。 自分もその流行に乗ってる一人にすぎませんが…。 でもそうなると同じような作品がどうしても多くなってしまいます。 実際、世に出回っている商品の形や色が使いやすいからって事なんやと思いますけどね。間違いないってヤツです。(笑) 私も一般的な形の商品ももちろん作りますし、それを否定する気持ちは一切ありません。けど、やっぱりちょっと捻くれ者なんで、人とは違うデザインで使いやすい物を作ってやろうって思うわけです。 前に書いたかもしれませんが、ハンドメイド…

  • 作品紹介③

    今回はミンティアをちょっとオシャレにする革のミンティアケースを製作しました。 現在、様々なミンティアが発売させていますが、私はアクアスパークが好きで結構買ってしまいます。 爽快感はあまりないですが、ソーダタブレットとしておいしいので、ついつい食べ過ぎちゃうんですよね。 ミンティアのお話はこれくらいにして、 肝心の商品情報を書いておきます。(笑)【商品情報】 プリント革を使用したミンティアケースサイズ:縦約8.5cm、横約5.5cm、幅約1cmこちらも完全ハンドメイドでクラフト社のロウビキ糸(細)を使用し、手縫いで仕上げています。こんな感じ。裏面にはストラップ等を付けられるリングを取り付けてあり…

  • 『価値観』と『もの作りの精神』

    レザークラフトで販売に携わることになると、色々考える事も多くなります。 たぶん『何が売れるんやろ?』って事を一番に考えちゃう人が多いと思うんですよね。 『売れる革小物』とか『売れるアクセサリー』とかネットで検索しちゃったりして…。 実は自分もその一人なんですけどね。笑 まぁ、やる以上売れて利益が出なかったらやってる意味ないやろって怒られちゃいそうですけど。 そんなん分かってるもん。 でも実際やってみると難しい…。 こんな葛藤を抱えてる人って結構多いかもしれません。 色々思い悩んだり、行き詰まったりしてしまっている時も、そうでない時も、なんか欲しい物がある時、皆さんはどんな風に頭の中で想像を膨ら…

  • 作品紹介③

    今回は以前お世話になっていた雑貨屋さんを通してオーダーを頂いた時計をご紹介させていただきます。格安で時計のトップを仕入れる事ができたので、お客様にお気に入りを選んでいただき製作しました。サプライズのプレゼントで送るということで、今回もデザインはお任せで。いつも通り気持ちを込めて製作しました。そして後日…。『この前の時計のオーダーのお客様、すっごい喜んで写真を送ってくれましたよ。サイズもぴったりでした』って言っていただきました。ありがたいっす。自分の作品を見た瞬間にテンションが上がってくれたとしたら、それを考えるだけで喜びはひとしおです。サドルレザーを染色し、手縫いで仕上げております。もちろん同…

  • 作品紹介②

    今回も作品紹介です。仲良し姉妹にサプライズでプレゼントをしたハートのキーケースです。6連仕様のキーケースで、家の鍵と車の鍵の両方を取り付けて使用できます。車の鍵は取り外せる仕様。片方だけなら普通のキーケースですが、2つ合わせるとハートの形になります。とても喜んでいただきました。お互いに離れた所にいても、会った時に見せ合って話のネタになったらええな。それだけでもこの作品を作った価値はあるかなって思います。いつまでも仲の良い姉妹でいられますように。そんな願いを込めて。一品入魂で頑張ります。

  • 『遠まわり』と『向上心』

    前にも話しましたけど、iphone6のスマホケースの作成から始まったレザークラフト人生ですが、やっぱまだまだ分からない事もけっこうあるんですよね。誰かに教えてもらえたら良かったんですが、そうゆう教室や先生を探すには時間とお金もかかるし、こんなに続けられるかなんて分からなかったし…。ちゃんと教えてもらってない分、もしかしたら基本ができてないのかもしれません。もちろん、書籍やインターネット等で常に勉強はしておりますが。基本的な事をするのに教えてもらった人よりは、倍の時間がかかってるかもしれないです。でもそうゆう方法でも良かったのかなぁって最近は思います。だって分かんない事にぶち当たって、その問題を…

  • 思いと想い

    オーダーメイドで作品を作る事が多くなってきて、作品を作る事はやっぱ難しいなっていつも感じさせられます。型紙があって、以前に作った作品の色違いとかやったら色々試行錯誤しなくていいんですけどね…。でも、実際はお世話になってた雑貨屋さんからオーダーを頂く時も、『色々要望はあるけど○○さんに任せた方がきっといい物ができるはず』って言われちゃうこともあったりして…。依頼者の方には会った事もないし、任せてくれちゃっていいのかな?笑って思ったり。その反面任せてもらえたらめっちゃやる気になったりして…。そんな少しの情報からその人のニーズに精一杯応えようといつも頑張ってるんですけどね。やっぱ自分の『こうしたい』…

  • 一期一会

    今回はあるきっかけからオーダーを頂いたお話…。いつも仕事場に商品を納品してくれるおばちゃまがいるんですけど…。『〇〇さん、いつもうちで取り扱ってる「かきもち屋」さんが廃業しちゃうみたいなの。どこか美味しいかきもち屋さん知らない?』『へぇ、△△さんとこ「かきもち」も取り扱ってるの?』『そうなのよ』『この辺やったら□□さんとこが作ってるから当たってみたら?』みたいな会話をしてたんですけど、なぜか、〇〇さんもかきもち作って売ればいいのにって話になり…。『どこの話の流れから俺が「かきもち」を作って売る話になっちゃうの?笑』『なんでそう思ったん?』って聞いてみたら…。『作るの上手そうやから。』って真顔で…

  • 作品紹介①

    今回紹介するのは、オーダーメイドで製作したヌメ革の名刺入れになります。名刺が約30枚程度入る仕様です。使用例は上部に名刺交換をした相手の名刺 5枚程度メインポケット 20枚程度(ストック)下部前面ポケット 5枚程度(相手に渡す自分の名刺)使いやすさも重視した名刺入れになってます。自分の部下が昇進した時にプレゼントとして送った作品になります。使い込むたびに馴染み、色が変化していくので、作品と同じように一緒に成長していけるように…。そんな願いを込めてヌメ革特有のエイジングも楽しめるナチュラルな色の一品に仕上げました。少しづつ作品も紹介していきます。また、オーダーメイドも受け付けていきたいと思ってお…

  • 『皮』と『革』の違い

    早速ですが、このブログに訪問していただいた皆様は、『皮』と『革』の違いって説明できますか?? 正直、私は恥ずかしいですが、ニュアンスで使ってるくらいで本当の意味も分からずに使ってました。笑 もしかしたら私以外にそういう人も結構いるんじゃないかなって思ったりして…。笑 まず『皮』とは、「手の皮」や「みかんの皮」など、動植物の外表を覆っている膜。「餃子の皮」や「饅頭の皮」など、物を覆ったり包んだりしているもの。「化けの皮」や「欲の皮」など、物事の本質を覆っているものをいうそうです。 そして『革』とは革とは、「牛革の靴」「蛇革の財布」など、動物の皮から毛や脂肪などを取り除き、腐敗や硬化することを防ぐ…

  • ハンドメイドの魅力

    最近少しづつオーダーメイドの作品を製作させていただけることになって、すごく感じることがあります。 それは、ご依頼者の方々が一人一人違った『こだわり』を持っているという事です。 もう少しサイズが小さかったらいいのになぁ…。 この形が○○の方が使いやすいのに…とか。 革のエイジングを楽しみたいんよねぇ…とか。 人と違った変わった物を持ちたいな…とか。 ハンドメイトの魅力ってそうゆう『こだわり』とか『願望』とかを少しでも叶えてあげられる所に魅力があるんじゃないかなって思います。 機械等で大量生産する物は規格が決まっているのでやっぱり同じようなモノになってしまいますよね。 その形が一番売れるってことな…

  • ハンドメイドの血筋

    今年の3月に実家に帰った時のことでした。 『俺、今仕事しながら革の小物とか作ってるんやけど…。』 って話をした時、おかんからビックリする答えが返ってきました。 『そうなんや、おかんも昔やってたから分かるよ』 『ええっっ!! 昔やったことあるん??』 ビックリしている私をよそに、二階の押入れから1つの箱を取り出してきました。 『ほら、これおかんが作った作品と道具やわ。今は全然使ってないからあんたにあげるよ』 こんな事ってあるんですね…。 予想外のお土産付きで、実家に帰った甲斐がありました。 うちのおかんは昔から伊勢型紙で入賞したり、ぬいぐるみを作ったり、ハンドメイドで作品を作ることが好きな事は知…

  • はじめてのオーダーメイド

    前回初めての自分の為に製作したスマートフォンケースの話をしましたが、自分で作品を一つ一つ製作してみて分かった事がいくつかあります。 1つの作品を製作するのに非常に手間と時間がかかるということ。 スマホケース片手に型紙を作成し、皮を切り出し、コバの処理をし、接着して裁縫し…。 これだけするのに何時間もかかった事を今でも覚えています。 もしかしたら根気が無い人なら嫌になっちゃうかもしれません。 でも自分はそうじゃなかった。 時間を忘れてしまうくらい没頭してしまう自分がそこにはいました。 今でも作品を作る時はご飯を食べるのを忘れてしまうくらいに没頭してしまいます。笑 それは、自分の作品ができるのを待…

  • 原点から発展へ

    今回は自分がレザークラフトを始めたきっかけのお話をしたいと思います。 ずっと使用していたスマートフォンが故障して、IPhone6を購入して暫く経った頃…。 スマホケースを買いに行ったのですが、自分が気にいったスマホケースがありませんでした。 市販の物は合皮の物が多く、質感が安っぽい感じがしたり、すぐにボロボロになってしまう感じがして、約4000円も出して購入しようと思う気にどうしてもなれなかったのです。(当時は合皮と本革の区別もつかない状態でしたが。笑) 自分が欲しいと思うものが無いのなら作ってしまおう。 そんな簡単な動機で手に取った一枚の革のハギレから私のレザークラフト製作人生は始まりました…

  • レザークラフト

    趣味としてやってきたレザークラフトで、様々なご要望やご依頼をいただけるようになってきました。まだまだ勉強不足ですが、本革の魅力を一人でも多くの人に知ってもらいたい…。そんな気持ちを胸に、レザークラフト製作等のブログを開設することにしました。一つ一つの作品に心を込めて、使っていただける方の生活スタイルを想像しながらデザイン、型紙作成、革の裁断、裁縫まで完全ハンドメイドで製作しています。自分の作品が手に渡った人々の生活の中で、様々な役割を果たしながら、一緒に長い人生を刻んで行く。そんな世界に一つの作品を作りたい…。コンセプトは硬い感じですが、今後も革と向き合いながら少しずつ作品を増やしていけたらと…

カテゴリー一覧
商用