ケンシ@『学び合い』と真正の学びブログ
読者になる
住所
出身
ハンドル名
ケンシ@『学び合い』さん
ブログタイトル
ケンシ@『学び合い』と真正の学びブログ
ブログURL
https://kenshimanabiai.hatenablog.com/
ブログ紹介文
教員3年目のブログです。『学び合い』、社会科教育、真正の学びについて書いています。たまに読書紹介もします。教育について熱く考えていきましょう🔥
自由文
-
更新頻度(1年)

45回 / 123日(平均2.6回/週)

ブログ村参加:2019/06/17

ケンシ@『学び合い』さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/18 10/17 10/16 10/15 10/14 10/13 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,219サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
教育ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9,280サイト
高校教育 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 298サイト
社会科教育 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 76サイト
アクティブラーニング 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9サイト
今日 10/18 10/17 10/16 10/15 10/14 10/13 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,219サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
教育ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9,280サイト
高校教育 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 298サイト
社会科教育 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 76サイト
アクティブラーニング 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9サイト
今日 10/18 10/17 10/16 10/15 10/14 10/13 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,219サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
教育ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9,280サイト
高校教育 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 298サイト
社会科教育 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 76サイト
アクティブラーニング 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9サイト

ケンシ@『学び合い』さんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ケンシ@『学び合い』さんの読者になりませんか?

ハンドル名
ケンシ@『学び合い』さん
ブログタイトル
ケンシ@『学び合い』と真正の学びブログ
更新頻度
45回 / 123日(平均2.6回/週)
読者になる
ケンシ@『学び合い』と真正の学びブログ
  • 伸びしろを減らしたくない〜生徒の声から学ぶことと論文〜  

    LONBUUN!ケンシです! 今日は 伸びしろを減らしたくない〜生徒の声から学ぶことと論文〜 について書きたいと思います。 先日、前期が終わり生徒のみんなにアンケートを書いてもらいました。 無記名式なんですが、、 改善点が減ってきてしまいました 喜ばしいことかもしれないのですが、一昨年より去年より、生徒の声からの改善点が少ないです。それは伸びしろが減ってしまったような気がして危機感を感じます。 経験だけで学ぶのはやはり限界があるなと思いました。 そこで、論文を大量に読んだのですが うおっ! やってみたい! と思う実践に出会えました。(現在取り組んでいる真正の学びについて!) 本、論文を読む、実…

  • あいさつの浸透

    挨拶とはこころをひらく、という意味!?ケンシです! 今日は あいさつの浸透 について書きたいと思います。 礼儀が大事! なんて言うような大人にはなりたくねぇ!と思っていましたが、、、 今、ケンシは、「礼儀正しさこそが最強の生存戦略である」を胸にあいさつには力をいれています。 勤務校では朝のホームルームがはじまったらあいさつ朝のホームルームがおわったらあいさつ帰りのホームルームがはじまったらあいさつ帰りのホームルームがおわったらあいさつ があるのですが、これを半分にする代わりに 全員が声を出せていないとやり直し させています。 こういうくだり、ほんと無駄だしだるいわ と高校時代思っていたのですが…

  • ルーブリック評価の威力〜なぜ500キロ出せるのに出さないのか〜

    To be continue!ケンシです! 今日は ルーブリック評価の威力〜なぜ500キロ出せるのに出さないのか〜 について書きたいと思います。 少人数の地理の授業で「好きなものと地理を絡めて発表しよう」というシンプルな課題でプレゼンテーションをしてもらっています。いわゆる鉄オタの子がいていつも熱の入ったプレゼンテーションをするのですが、用意したルーブリックが難しく?生徒同士の相互評価がふるいません。そのルーブリックには 「そのプレゼンは生活に役立つ話だ」 という項目をいれています。これがどうしても難しいらしく、車両の仕組みや駅の仕組みなどを話してもその子は、「役立つ話」と評価してもらえず、ま…

  • 葛原先生に対する「けテぶれとPDCAどう違うんですか?」という質問について

    カッチカチやぞ!ケンシです! 今日は 葛原先生に対する「けテぶれとPDCAどう違うんですか?」という質問について 書きたいと思います。 葛原先生といえば、宿題革命!けテぶれでものすごく成果を上げていらっしゃる方です。 実際に話をお伺いしたのですが、 ゆるアツ で素敵な雰囲気を醸し出しときにゆるくときにアツいお話に引き込まれました。 け いかくテ すとぶ んせきれ んしゅう ああ、このサイクルで自由に子どもたちが宿題を選んでそれぞれに必要な力を必要な分だけ伸ばしていたら!けテぶれ、でうちの生徒が育って高校に進んできたなら!どうなっていただろう! とてもワクワクします。けテぶれすごいなぁ!と思って…

  • 『学び合い』をやっていたからこそ生徒アンケートで嬉しかったこと 100

    大今水増! ケンシです! 今日は 『学び合い』をやっていたからこそ生徒アンケートで嬉しかったこと 100 について書きたいと思います。 アンケートを実施したところ、9割方の生徒が、『学び合い』の授業を好感的に受け入れてくれていました。 (初めて『学び合い』をやる1部の1年生から「説明してほしい」「答え合わせをしてほしい」という声がでました。昨年もありました。『学び合い』本に書いてあるとおり丁寧に対応していきます。2年生以降からは『学び合い』に関する批判は寄せられませんでした。) 好感的に受け入れてくれた子たちの中で 『学び合い』の授業に対して5段階評価で5の満足度をつけてくれた子たちから 一人…

  • 『学び合い』で語りがささる

    何千人にひかれても、1人笑ってくれればそれでいい。えが、ケンシです! 今日は 『学び合い』で語りがささる について書きたいと思います。 最近、高校3年生に以下のように語っています。 受験に毒されるな。みんなで日々の授業や休み時間、学校行事で絆を深めてきた。関係性をつくりあげてきた。だけど、受験はそれをぶった切ってくる。君の面接を仲間が代わりに受けてくれるか?君の筆記試験を仲間が代わりに受けてくれるか?受けてくれない。最後は、1人で歯を食いしばって受験に立ち向かわなければいけない。だからこそ、受験期になると自分のこと、自分のこと、自分のこと。自分のことで頭がいっぱいになってくる。すると、他人との…

  • 『学び合い』が仕上がってきたクラス  

    魚の骨はのどに刺さらないで!ケンシです! 今日は 『学び合い』が仕上がってきたクラス について書きたいと思います。 あるクラスで『学び合い』をしていました。かなり動きがよく、残り3分の時点であと一人。 終わっている子たちは、まだ終わっていない子を助けたり、復習したり予習したりしていました。 教室全体にほどよく賑やかな雰囲気がありました。 しかし、最後の一人が「3人に説明しよう」 の3人目に説明をしようとすると しーん とクラスが静まり返り、最後の一人の最後の説明をみんながそっと聴くのです。 そして、説明を無事終えると 拍手 が起きました。 最後の一人まで気にかけ、見捨てないその姿勢がとても嬉し…

  • 社会における『学び合い』の課題に穴埋めは必要か

    みんな違ってみんないいみつ、ケンシです! 今日は 社会における『学び合い』の課題に穴埋めは必要か について書きたいと思います。 社会の『学び合い』に関する本(『すぐ実践できる!アクティブラーニング中学社会』) などには穴埋めプリントが使用されています。 それに対し、『学び合い』提案者の方などは 織田信長、豊臣秀吉、徳川家康のやったことについて600字でまとめて3人の仲間に説明しよう といった課題の例をよくあげています。 こうした中で、ケンシは穴埋めは「しょうもない」が、やらざるを得ない と考えていました。大学入試が変わっても単語を覚えているかどうか聴く「しょうもない」問題は出題されます。(メイ…

  • 人生初所見!  

    通常のザクの3倍のスピードで!ケンシです! 今日は 人生初所見! について書きたいと思います。 通知表に書いてある 誰々さんはどういうことをしてどういう人です!後期はこんなことを頑張りましょう 的な文章が所見です。 ついに書く時が来ました。 小さな頃、自分が先生になったらどんなことを書こうかとワクワクしてきたものです。 4月から所見を書くために、ノート1冊用意して毎日記入してきました。1ページずつ生徒の名前を書き、生徒とのやり取りや感じたことを1人ずつ毎日毎日書き溜めていきました。書いてある文章が足りない子に話しかけるようにする「誰に声かければいいのかメーター」としても機能しました。このノート…

  • 腕が落ちたら

    「おっ!ケンシ久しぶり!!」「そこ座れよ!」 座るよう勧められたのは大衆居酒屋(靴を脱ぐ)の4人席が面する廊下でした。 久しぶりの友人との再開。 そうか、今日は5人集まるのに4人席に通されたのか。1人あぶれんのか! 先に2人来てて俺は3番目に到着。まだ席あるけど、1番遠方から来てる俺が特等席か と思い、 「サンキュー!」 と元気よく座ると飛んできたのは 「腕落ちたな」 という声でした。どうやらフリで廊下に座れということだったのに真に受けて座ってしまったようです。よくよく考えれば4人でしたし、この日。 なんだと!?!?小学生の時に廊下に立たされ、疲れてしゃがんで以来。20年弱ぶりの廊下に座ったの…

  • 読書紹介〜『読みたいことを、書けばいい』〜

    ぬるっとリラックス!ケンシです! 今日は 読書紹介〜『読みたいことを、書けばいい』〜 について書きたいと思います。 読みたいことを、書けばいい田中泰延 ひろのぶ ダイヤモンド社 2019 を読みました。 50代を目の前に大手広告代理店・電通辞め、青年失業家になった方の本です。 自分が読みたいものを書くことで自分が楽しくなることを伝えたい 6 大切なことは文字が少ないこと 15 すべての文章は、自分のために書かれるもの 35 世の中のほとんどが随筆=事象と心象が交わるところに生まれる文章 54 事象中心=報道やルポタージュ=ジャーナリスト、研究者 心象メイン=創作、フィクション 小説、詩=小説家…

  • 韓国に寄ってきました

    サランヘヨ!ケンシです! 今日は 韓国に寄ってきました について書きたいと思います。 用があったので数日、日本におりました。日本から勤務国に帰るついでに韓国に寄ってきました。 わずかな時間での滞在だったので、仁川空港にしかいれなかったのですが、とてもいい時間を過ごすことができました。 仁川空港は、ハブ空港としての評価が高く、10数年前、日本の地方にお住まいで、遠い国に行く方は成田空港ではなく仁川空港を乗り換えに使っていた という話もあるような空港です。(その状況を抜け出すために成田空港は大改革を進めたそうなのですが、、、) トランジットホテル(乗り換えの方用のホテル)や無料シャワーなどがあり、…

  • 読書紹介〜『里山資本主義』〜

    テレビもねぇ!ラジオもねぇ!車もそれほど走ってねぇ!ケンシです! 今日は 読書紹介〜『里山資本主義』〜 について書きたいと思います。 里山資本主義 日本経済は「安心の原理」で動く 藻谷浩介 NHK広島取材班 角川書店 2013 を読みました。 平成合併前の約3200市町村のすべて、海外59カ国を概ね私費で訪問した経験を持つ編者の本です。 ちょっと釣り糸をたれれば、その日の夕食を飾るアジの1匹くらい釣れるかもしれない、そうした恵みを享受する暮らしを年金に頼る暮らしのサブシステムとして組み込んでみてはどうだろうか、今まで私達はそういう営みをちゃんとした経済に入れてはいけないと思ってきた、または思い…

  • 『学び合い』に飲み込まれていく〜真面目に5分語ってみたら〜

    変わる〜変わるよ〜!自分は変わる〜!ケンシです! 今日は 『学び合い』に飲み込まれていく〜真面目に5分語ってみたら〜 について書きたいと思います。 以前、 『学び合い』と信念はぶつかるか という記事で 型通りの『学び合い』をやらないことが多かったこと。 語り5分 活動35分 フィードバック5分 という型の語り5分が、お笑い4分、語り1分などに化けてしまい語りが弱くなることがあること。 それは、 最も笑いを獲る先生でいたい(学校めんどくせぇな、行きたくないな、という子に「まぁ楽しいこともあるし行ってやるかと思ってもらいたい」) という先生を目指した頃の信念が影響しているかもしれないということ。(…

  • たどり着いた?〜一人も見捨てない席替え〜

    まわれまわれ〜!ルーレット!ケンシです! 今日は たどり着いた?〜一人も見捨てない席替え〜 について書きたいと思います。 以前、 一人も見捨てない席替え〜生徒の声〜 という記事を書きました。 そこで、 45日以上の経過かつ全員が席の近くの人3人に他己紹介カード(〜〜〜というところがすてきです。〜〜〜してくれてありがとう)を書く→席替えをする というルールを考案したこと。 それに対して、 形式ばって席替えをしたい人がいなくなる めんどくさい という声を上げてくれた生徒が2人いたこと。 一部生徒達と対話すると 席替えとは みんなと仲良く、交流するため にあると話してくれたことについて書きました。 …

  • 新しい部活動の在り方〜『海外子女教育』に原稿を載せていただきました〜

    僕が僕であるために〜!勝ち続けなきいけない〜!(本当にそう!?)ケンシです! 今日は 新しい部活動の在り方〜『海外子女教育』に原稿を載せていただきました〜 について書きたいと思います。 土日の練習無し!長期休暇の練習無し!勝利目標無し!楽しければいいという雰囲気も無し! という部活です。 タイトルは、 海外におけるマネジメントと国際交流を軸にした部活動 です。 海外立地のため、大会出場などが難しい中で生徒とともに創り上げた部活動です。 まず、部活とは何か を定義し、 自分たちが自分たちであるための短期目標(数値と期限をつけた) を設定しました。 生徒たちは スポーツを通じて日本と世界の架け橋に…

  • 『学び合い』と信念はぶつかるか  

    好きなものは好きと〜!言える強さ〜!抱きしめてたい〜!ケンシです! 今日は 『学び合い』と信念はぶつかるか について書きたいと思います。 S_locarnoさんのならずものになろうというブログ。 書評『学び合い』が効果的になる可能性があっても(2016.9.18)を読ませていただきました。その中で、 自分の「国語科」の教員としての根源は、「いかに豊かな言語生活者を育てられるか」(うーん…このあたりが自分でもまだはっきりとしていない)ということにあり、本書や他の『学び合い』の書籍で提案されている授業ほど、単元学習や言語活動の質について、ドライに割り切ることができない。 という記述と出会いました。…

  • 甘い自分と『学び合い』

    はっけよい!ケンシです! 今日は 甘い自分と『学び合い』 について書きたいと思います。 夏休み明け、つい生徒と久しぶりでウキウキ。 笑いをとりたいという気持ちが強くなり、あるクラスで余計な話が増え、語りの時間が減り質がかなり下がりました。 結果、生徒の動きもよわよわ。 自分が終わったら終わり、な子が増えてしまいました。夏休み明け前の動きはどこへやら、、、 フィードバックで、改めて語り直しました。オーソドックスに。本の通りに。 1人見捨てる集団は、2人、3人と見捨てていきます。4人目は君かもしれない。そんな集団で安心できる? 夏休み明け、つい自分も緩みがちになっていました。授業2分前には教室に行…

  • 知らぬ間に刈っていないか主体性

    ポッカサッポロ!ケンシです! 今日は 知らぬ間に刈っていないか主体性 について書きたいと思います。 以前、 宿題を辞めたことで自分のやりたい学びを生徒が取り組めた! ことについて書かせていただきました。 そのことからふと思いたち、夏休み明けからちょこっと取り組んでいることがあります。 それは配布物をお願いするのを辞める です。 ケンシは毎回の授業で自己評価カードを書いてもらっており、 授業前に配る 授業後に回収 コメントを書いて授業前に配る というサイクルで使っています。 今までは、授業前、毎回違う生徒に 配ってもらっていい? とお願いしていましたが、辞めました。 誰か配ってくれる人〜? と全…

  • WATCHA『学び合い』に行ってきました!  

    謝謝!ケンシです! 今日は WATCHA『学び合い』に行ってきました! について書きたいと思います。 内容、盛りだくさんでした! 大きく4つよかったなぁと感じました。 1 つながりを増やせたこと色んな学校、都道府県の方とお話することができました。「違いを知る」ことができましたし、自分の考えを見つめ直すいい機会になりました。 2 『学び合い』体験 100人で300個の質問に答えきる という課題に取り組みました。全員達成のために動くことができましたが、遂、楽しくていろんな方と時間をたっぷり使ってお話してしまいました。個人としては嬉しかったですが、『学び合い』としてはもっと出来たことがあったかもしれ…

  • なぜあの先生の講演はグッとくるのか〜アクティブラーニングフォーラムin埼玉  

    涙そうそう!ケンシです! 今日は なぜあの先生の講演はグッとくるのか〜アクティブラーニングフォーラムin埼玉 について書きたいと思います。 アクティブラーニングフォーラムin埼玉 に参加してきました。 1番グッときたのは 1番目に話した方の講演です。 なぜ1番目に話した方の講演がグッときたのか。 それはテクニックと心に満ちていたからだと思います。 講演の内容は アイスブレイク非正規雇用の現状その対応策 中学校区での結婚アクティブラーニングとは何か。通信制の現状はどのようなものか。今後の社会をどうしたいか。その社会を創るためになぜ『学び合い』が必要なのか でした。 この講演の中に 『独裁者のスピ…

  • 宿題をやめて芽生えた自由の芽

    もっと勇気だして〜♪フリーダム。ケンシです! 今日は 宿題をやめて芽生えた自由の芽 について書きたいと思います。 今年は思い切って!ほとんどの授業で宿題をやめてみました! どうしても折り合いでやめられなかったところもあったのですが、、、 個人的に 宿題=ブラック企業の温床 だと考える節があります。 授業時間内に知識や思考を習得できないから宿題! という構図と 勤務時間内に仕事か終わらないから残業! という構図。 せっかくの休みだから博物館レポート! という構図と せっかくオフィスから出るのだから出張! という構図。 休み中に知識の定着! 又は知識を忘れないように! という構図と 休み中に仕事の…

  • 南京大虐殺遇難同胞記念館での驚き

    ケンシです。 今日は 南京大虐殺遇難同胞記念館での驚き について書きたいと思います。 ケンシが行った日の来場者数は18000人だったようで大行列でした。8月13日で特に歴史的な日ではない(強いて言うなら「13日」は、南京大虐殺が起こったといわれている日。あと左利きの日だそうです。)ので、 なんで今日はこんなに混んでいるんだ? と警備員さん、ボランティアスタッフの方に伺ったら いつもこのくらい来ている。30万人の死に失望してきているんだ。大切な歴史だからだ。 というような回答がどちらからも返ってきました。 なるほどなぁ、と思い中に進んでいきました。 覚悟はしていましたが、展示の約7割は 日本にい…

  • 学習材としてのモーリシャス

    酒!酒!酒!ケンシです! 今日は 学習材としてのモーリシャス について書きたいと思います。 神はモーリシャスをつくり、それを真似て天国をつくったbyマークトゥエイン という言葉があるようなアフリカ・モーリシャスに行ってきました!(アフリカ南東、マダガスカルの東) 天国の名にふさわしい大自然がありました。 観光として最高だったのですが、それだけではなく、授業に使える!!というネタが沢山ありました! まず、 日本からだと乗り換えが必要ですが、中国からは1本でいけることや下のような中国国旗の入ったバスがあること モーリシャスの空港が中国の支援によって作られたこと など、アフリカへの投資熱が盛んなこと…

  • 核になるのは『学び合い』と真正の学び

    大事なのは〜♪変わってくこと〜♪変わらずにいること〜♪ケンシです! 今日は 核になるのは『学び合い』と真正の学び について書きたいと思います。 前回、 明治図書『社会科教育』に原稿を載せていただきました について書きました。 生徒の問いとロースクール式評価で始める近現代史 というタイトルで原稿を書きました。 実践の流れとしては、 生徒の問い(生徒たちからでた問い。今回は、「なぜ戦争が起きるのか」) を 単元を貫く問い、定期テストで問う(意見を書いてもらう)問いに設定。 単元の中で、単元を貫く問いを考えるための細かな問い(なぜ第一次世界大戦は起きたのか)などで構成。 単元のまとめには討論を行い、…

  • 明治図書『社会科教育』に原稿を載せていただきました

    好きなチョコレート会社は明治チョコレート!ケンシです! 今日は 明治図書『社会科教育』に原稿を載せていただきました について書きたいと思います。 今回、ご依頼をいただき原稿を書くことになりました。 テーマは近現代史。意見が分かれるような問題も含まれる中どんな授業デザインが成り立つか書いてください。 というのがご依頼の主旨?でした。 そこで、ケンシは 生徒の問いとロースクール式評価で始める近現代史 というタイトルで書かせていただきました。 意見が分かれる→意見、興味を持てるような問いである必要→自分とは異なる意見についても理解した上で意見を構築する必要 と解釈しつけたタイトルです。 日ごろ意識し…

  • 韓国歴史教師と慰安婦問題について語り合った 〜インターナショナルキャンプの引率から4〜

    マジ!卍次郎!ケンシです! 今日は 韓国歴史教師と慰安婦問題について語り合った 〜インターナショナルキャンプの引率から4〜 について書きたいと思います。 前回に引き続き、インターナショナルキャンプの引率(中国、韓国、日本、オーストラリア、フランス、スイス、スペイン、ベラルーシの8カ国の生徒が集合。上海、西安、敦煌を旅するキャンプ) で感じたことについてです。 キャンプ中、随分仲良くなった韓国の先生がいました。 いろんな会話で盛り上がり、特に 図書館 豆腐 無理 漫画 という単語が日本語、中国語、韓国語で大体音が一緒ということで盛り上がりました。 そろそろぶっこんでもいいんじゃないかと察知し、 …

  • 語学学習の心がけ「愛と出会い」〜インターナショナルキャンプの引率から3〜  

    おジャ魔女どれみ!ケンシです! 今日は 語学学習の心がけ「愛と出会い」〜インターナショナルキャンプの引率から3〜 について書きたいと思います。 前回に引き続き、インターナショナルキャンプの引率(中国、韓国、日本、オーストラリア、フランス、スイス、スペイン、ベラルーシの8カ国の生徒が集合。上海、西安、敦煌を旅するキャンプ) で感じたことについてです。 今回 『外国語学習に成功する人、しない人 第二言語習得論への招待』 白井恭弘 岩波書店 2004 『女は中国語でよみがえる』佐藤嘉江子 2003 などを読んで引率に備えました。 1冊目は、 言語学、心理学の専門家が外国語学習を周辺分野として研究→1…

  • 英語科・真正の学び〜インターナショナルキャンプの引率から2〜

    AAAっ!(えええっ!) ケンシです! 今日は 英語科・真正の学び〜インターナショナルキャンプの引率から2〜 について書きたいと思います。 前回に引き続き、 インターナショナルキャンプの引率(中国、韓国、日本、オーストラリア、フランス、スイス、スペイン、ベラルーシの8カ国の生徒が集合。上海、西安、敦煌を旅するキャンプ) で感じたことについてです。 今回、英語科の先生方を差し置いて引率してしまいましたが、英語科的に 真正の学び だなぁ と感じました。 何度か書かせていただいていますが、 真正の学びとは 真正の学びとは、種々の議論がありますが、タイトルに直接 真正の学び とつく 『真正の学び/学力…

  • 世界の教育事情〜インターナショナルキャンプの引率から1〜

    リアルに〜!!! ケンシです! 今日は 世界の教育事情〜インターナショナルキャンプの引率から1〜 について書きたいと思います。 インターナショナルキャンプの引率に行ってきました。 中国、韓国、日本、オーストラリア、フランス、スイス、スペイン、ベラルーシ の8カ国の生徒が集合。 上海、西安、敦煌を旅するキャンプです。 生徒がたくさんの学ぶ姿を見れて嬉しかったです。 それだけではなく、教員も教員間でプレゼンテーションやディスカッションを行いました。 ケンシ、英語が大してできないので、 神様!仏様!出川様!! に祈りを込めて ノリと勢いの出川EnglishならぬケンシEnglishでがんばりました。…

カテゴリー一覧
商用