searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ケンシ@『学び合い』さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ケンシ@『学び合い』と真正の学びブログ
ブログURL
https://kenshimanabiai.hatenablog.com/
ブログ紹介文
教員3年目のブログです。『学び合い』、社会科教育、真正の学びについて書いています。たまに読書紹介もします。教育について熱く考えていきましょう🔥
更新頻度(1年)

191回 / 365日(平均3.7回/週)

ブログ村参加:2019/06/17

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、ケンシ@『学び合い』さんをフォローしませんか?

ハンドル名
ケンシ@『学び合い』さん
ブログタイトル
ケンシ@『学び合い』と真正の学びブログ
更新頻度
191回 / 365日(平均3.7回/週)
フォロー
ケンシ@『学び合い』と真正の学びブログ

ケンシ@『学び合い』さんの新着記事

1件〜30件

  • 民主主義は地方にある〜地域の学校施設更新計画説明会に参加して〜

    京急!ケンシです! 今日は 民主主義は地方にある〜地域の学校施設更新計画説明会に参加して〜 について書きたいと思います。 以前、 「学校の統廃合計画がすすむ!」 と ビラが家に入ってました。 文科省が35人学級を進める中、規模の大きい学校にして大丈夫なの? 主権者を育てる社会科教師として、まずは自分が! という思いから地域の学校施設更新計画説明会に参加してみました。 この記事では、 地域の説明会に参加することで学べること、気づけること についてまとめていきます。 民主主義は地方にあるということ 役人の戦略、特徴 シルバー民主主義と教育 1 民主主義は地方にあるということ 「緊張してしまう」と声…

  • 野球部に坊主が多いのはなぜか〜学術論文から分析する〜

    安倍晴明! ケンシです! 今日は 野球部に坊主が多いのはなぜか〜学術論文から分析する〜 について書きたいと思います。 始まりましたね、夏の甲子園。 甲子園の予選を見てると、 野球部に坊主が多いのはなぜか という問いを立ててプロジェクトを進めてくれていた生徒を思い出します。 彼らは坊主反対派のダルビッシュ有さんに直接Twitterのリプでインタビューをしてみました。 本人からリプは帰ってきませんでしたが、 なんとフォロワー多数の某インフルエンサーにリアクションをしてもらい、彼らの問題意識が拡散されました。 そこでこちらとしては、SNSマーケティング的な方向でコーチングをしてみました。 一方、学術…

  • 年齢給より経験給より大変給

    ワクワクさん! ケンシです! 今日は 年齢給より経験給より大変給 について書きたいと思います。 以前、勤務先で 年齢給と(教職の)経験給にするか大討論になりました。 本当に難しいですね。(教職の)経験給より、年齢給の方が、異業種の経験が生かされる!! と考えます。 一方で、 年齢給のほうが、教職の実務の質が高くない可能性がある? そもそも経験がある=仕事の質が高いは本当? (いずれ、『ファストアンドスロウ』や『RANGE』という本の成果をまとめて書きます) という疑問も持ちました。 最終的には、年齢給より経験給より大変給かな と考えます。 職場の皆さんと対話して 各職務の大変ポイントを格付けし…

  • きのくに子どもの村学園・高校の保護者の方と話してみました!

    オープン!ケンシです! 今日は きのくに子どもの村学園・高校の保護者の方と話してみました! について書きたいと思います。 以前、 きのくに子どもの村学園の高校(きのくに国際高等専修学校)にお子さんを通わせている方から、お話を伺いました。 その方は、 公教育には、「みんな一緒じゃないと」という圧力がある。個性をつぶされてしまう。 と考え、お子さんときのくに子どもの村学園を見つけたそうでした。どんな学校なのか伺うと 成績表ない 寮制で子どもが、寮から帰りたくないという→学びも楽しい→大人がすごい、怒らない 対話をしてくれる 全部縦割りのプロジェクトがある 教科学習の半分がプロジェクト 年に一回フィ…

  • 全裸監督2から学ぶリスクの取り方・避け方

    リベンジャーズ!ケンシです! 今日は 全裸監督2から学ぶリスクの取り方・避け方 について書きたいと思います。 全裸監督2を観終えました。 ※この記事はネタバレを含みますので、今後見る予定のある人は注意です。 この作品は、AV監督・村西とおるの生き様を描いた作品です。本作のあらすじをざっくりまとめると 企画モノが売れる10億円の売り上げ「空からエロを降らせる」べく、全ての売り上げを衛星に投資反対した仲間・川田を切る部下の裏切りに合い、給料なども払えなくなるそれでも衛星に投資首が回らなくなりヤクザに金を借りる返せなくなり倒産ヤクザに命を狙われるも元仲間は金を持ってると発言して姿をくらませるヤクザが…

  • 全裸監督2はとんでもなく泣ける

    石の意思!ケンシです! 今日は 全裸監督2はとんでもなく泣ける について書きたいと思います。 全裸監督2を観終えました。 ※この記事はネタバレを含みますので、今後見る予定のある人は注意です。 この作品は、AV監督・村西とおるの生き様を描いた作品です。本作のあらすじをざっくりまとめると 企画モノが売れる10億円の売り上げ「空からエロを降らせる」べく、全ての売り上げを衛星に投資反対した仲間・川田を切る部下の裏切りに合い、給料なども払えなくなるそれでも衛星に投資首が回らなくなりヤクザに金を借りる返せなくなり倒産ヤクザに命を狙われるも元仲間は金を持ってると発言して姿をくらませるヤクザが元仲間から金をま…

  • Most likely to succeedから考える教育の原点

    併用!ケンシです! 今日は Most likely to succeedから考える教育の原点 について書きたいと思います。 Most likely to succeed という映画を見させていただきました。以前、同僚の先生が購入してくださいました。 この映画は、 ハイテックハイ という PBL を軸に展開されている学校 の話です。 詳しくは、ネタバレになることもあるので控えますが、 PBLの魅力と課題 そして問いをくれます。 何より、 変容と成長 という教育の原点を描いている作品です。おすすめです。

  • ゆるい『学び合い』

    日本の米は世界一!?ケンシです! 今日は ゆるい『学び合い』 について書きたいと思います。 https://kenshimanabiai.hatenablog.com/entry/2021/06/24/183656 でも書かせていただいたのですが、 今の職場では 教えて欲しい にかなり手厚いフォローが必要です。 語りに対しても過剰に反応して あの先生は教えてくれない楽がしたいんだ と強く反応する子もいます。 そこで、ゆるい『学び合い』に挑戦しています。 ・語りを5分もしない。みんなならできるよ。できたらみんなの力でどんどんやってみてね。困ったらおいで。レベルの語り ・どうしても困ったら質問して…

  • 『学び合い』の語りに使える本〜『シン・ニホン』を『学び合い』ならつくれる!?〜

    どうくつ〜!ケンシです! 今日は 『学び合い』の語りに使える本〜『シン・ニホン』を『学び合い』ならつくれる!?〜 について書きたいと思います。 シン・ニホン AI×データ時代における日本の再生と人材育成 安宅和人 あたかかずと NEWSPICKS 2020 https://amzn.to/3gSuz9uを読みました。 その中で、 多様な人々の想像力と創造力がSociety5.0を作り出す。ここで大切になるのは妄想力だ。1つ認識されていない日本の強みは、この国は3歳児くらいからこの妄想力を半ば英才教育している珍しい国だと言うことだ。攻殻機動隊しかり、鉄腕アトムしかり、はたまたドラえもんに出てくる…

  • 『学び合い』の語りに使える本〜教育における『日本再興戦略』は『学び合い』だ!?〜

    観葉植物! ケンシです! 今日は 『学び合い』の語りに使える本〜教育における『日本再興戦略』は『学び合い』だ!?〜 について書きたいと思います。 日本再興戦略 落合陽一 幻冬社NEWSPICKS 2018 https://amzn.to/2TYjwmk を読みました。聴きました。 聴く本もいいですね。 この本は、 日本を再興するため、世界を理解するために重要なのは意識改革です。集団に対する処方箋としての教育とテクノロジーそれを通貫するビジョンが必要なのです14 と述べられたように、タイトル通り日本最興戦略について思考を深められる本です。 読み進めていると『学び合い』の語りに使えるなと感じたとこ…

  • 『学び合い』を通信制高校でやってみた

    丑年! ケンシです! 今日は 『学び合い』を通信制高校でやってみた について書きたいと思います。 今年の4月から通信制高校で日本史と世界史、そしてなんと数学、国語、ソーシャルスキル(オリジナル科目)を担当しています! 2ヶ月半の潜伏を経て、『学び合い』に取り組みました。 まだ一回しか実践できていないのですが 基本、いわゆる「普通の学校」と変わらない状態で実践可能だなと感じました。 しかし、 通信制高校で『学び合い』を実践する上で、特に気をつけねばいけないなと感じた点が3点あったのでシェアします。 実施の様子見 選択肢の確認 「教えてほしい」に対する手厚いフォロー の3点です。 1実施の様子見 …

  • 『学び合い』を新しい学校でどう行うか

    ニューワールド! ケンシです! 今日は 『学び合い』を新しい学校でどう行うか について書きたいと思います。 職場が変わり2ヶ月半潜伏。 ついに『学び合い』を実践しました。 前半は硬直。 ああ、このまま2割を動かせず終わるのかと汗が滲んだ矢先、 ある子が立ち上がって「ここってこれでいいの?」 と聞いてくれました。 すると、動きが爆発的に広がっていきました。 最後の最後まで 一人も見捨てない を意識して動いてくれました。 全員達成はできませんでしたが、生徒はよく動いてくれました。 嬉しかったです。 異動など、新しい学校で『学び合い』を行うにはどうしたらいいでしょうか? 一番のおすすめは みんなで取…

  • 「責任の移行モデル」に対して『学び合い』実践者が感じる不安

    かりっかり! ケンシです! 今日は 「責任の移行モデル」に対して『学び合い』実践者が感じる不安 について書きたいと思います。 「学びの責任」は誰にあるのか 「責任の移行モデル」で授業が変わる ダグラス・フィッシャー & ナンシー・フレイ 吉田新一郎訳 新評論 2017 https://amzn.to/3pWM0ZD を読んで不安になりました。 この本は、 責任の移行 四つのステップ ⅱ ⅲ 1 教師が焦点を絞った講義をしたり見本を示したりする 焦点を絞った指導 2 教師がサポートしながら生徒たちは練習する 教師がガイドする指導 3 生徒たちが協力しながら問題解決や話し合いをする 協働学習 4 …

  • 『学習する組織』の内容に新しさを感じなかった理由

    テルミー! ケンシです! 今日は 『学習する組織』の内容に新しさを感じなかった理由 について書きたいと思います。 学習する組織 システム思考で未来を創造する ピーター・M・センゲ 枝廣淳子 小田理一郎 中小路佳代子 訳 英治出版 2011 https://amzn.to/35b1vDw を読みました。 本書は、 チームの中核的な学習能力 23 の重要性を述べた本です。 その中身として、p23に 志の育成 →自己マスタリー →共有ビジョン 内省的な会話の展開 →メンタルモデル →ダイアログ 複雑性の理解 →システム思考 があげられています。 とんでもなく評判が良くて読んでみたのですが、あまり新し…

  • ちょっかいを出す心理〜科学的根拠から〜

    エスカレート!ケンシです! 今日は ちょっかいを出す心理〜科学的根拠から〜 について書きたいと思います。 好きな子にちょっかいを出した経験、出された経験はありませんか?(ケンシは、出した経験だけあります。) ちょっかいを出す心理の科学的根拠を見つけました。 幸せな未来は「ゲーム」が創る ジェインマクゴニガル 妹尾堅一郎 監修 藤本徹・藤井清美訳 武山政直 解説 早川書房 2011 https://amzn.to/2TBleKh によると、 カリフォルニア大学の向社会的感情に関する先駆的な研究者であるダチャー・ケルトナーは、からかうことの心理的な効用に関する実験を行った結果、からかい行為がポジテ…

  • 負荷をかけるのは教育か

    ふっかちゃんミュージアム!ケンシです! 今日は 負荷をかけるのは教育か について書きたいと思います。 以前、職場の総合的な探究で 生徒に追加で課題を出すか 話し合いになりました。 そこで出たのは 負荷をかけよう、成長やん という意見でした。 ケンシの大好きな本、『仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか』https://amzn.to/3zbIpef でも、 自らに自らの意志で辛いことを課すことこそ成長の法則 と述べられています。 なので 負荷をかけよう、成長やん という意見にも うなずきかけました。 しかし、教育や授業は楽しく、ワクワクするものがいいな と思っていることと 負荷をかけるなら 生徒…

  • 誰かと距離を近づけると誰かと距離が離れてしまうのか

    敷石! ケンシです! 今日は 誰かと距離を近づけると誰かと距離が離れてしまうのか について書きたいと思います。 前の職場で、新しく来られた先生と仲良くなりました。 すると今まで飲みに行っていた他の先生方から ケンシくんはあの先生と飲みに行ってるもんね 的なことを言われて誘われなくなり若干疎遠になりました。 (仕事では問題ありませんし、飲みにもいっていました。) 物理的に みんなと仲良く は難しいのでしょうか。 バランスを取ったり、 あ、この人に声をかけられていないな と感じたら声をかけるよう意識していきたいと思います。

  • 『幸せな未来はゲームが創る』への期待と虚しさ

    あいななー! ケンシです! 今日は 『幸せな未来はゲームが創る』への期待と虚しさ について書きたいと思います。 なんとも素敵な本を読みました。 幸せな未来は「ゲーム」が創る ジェインマクゴニガル 妹尾堅一郎 監修 藤本徹・藤井清美訳 武山政直 解説 早川書房 2011 https://amzn.to/2TBleKh です。この本では、 ゲーム開発者たちは人々のものすごい努力を引き出したりハードな仕事を称えたりする方法を他のどんな人々よりも熟知しています。これまでにない規模での協力や共同活動の促し方を知っています。そしてより困難な挑戦により長い間より大きな集団で取り組むために人々を動機づける革新…

  • 納得していないことを強制しなきゃいけない時に 

    謝謝! ケンシです! 今日は 納得していないことを強制しなきゃいけない時に について書きたいと思います。 昔、納得していないことを生徒に強制しなければいけない機会がありました。 職員同士の対話で合意に至らなかったからです。 こういうとき、みなさんならどうしますか? 今回は、 対話の流れと意見を紹介しました。 こういう考え方とこういう考え方があってね。 今回はこういう価値を優先しようとなったから こんな感じでお願いね。 という説明です。 生徒は動いてくれましたが、自分の力不足を感じました。 なんとか動いてくれた生徒に感謝です。

  • 地域住民としていじめにどう対応するか

    テレホンサービス!ケンシです! 今日は 地域住民としていじめにどう対応するか について書きたいと思います。 いじめの現場を目撃したらみなさんはどうしますか? 今で教員として学校でいじめの現場を目撃したら という視点しかありませんでした。 しかし、昨日初めて いじめ??? の現場を地域住民として路上で目撃しました。 7、8人の高校生の集団。 数人が一人の生徒を水溜まりに抑え込んでいるんです。 この現場を目撃したらみなさんはどうしますか? ケンシは4月に日本に帰ってきて、進路が多様な高校が近くに数校あるエリアで住み始めました。いじめなのか悪ふざけなのか、判断がつきづらい高校生たちです。 ですが、水…

  • 一斉授業を減らそうという時代に生徒にプレゼン(一斉授業!?)をさせる矛盾〜教育虐待をしてしまった反省〜

    テレワーク!ケンシです! 今日は 一斉授業を減らそうという時代に生徒にプレゼン(一斉授業!?)をさせる矛盾〜教育虐待をしてしまった反省〜 について書きたいと思います。 以前、英語科とクロスカリキュラムを行いました。 学ぶ意味を意識して力を込めてカリキュラムをつくれたと思いました。生徒も力いっぱい学んでくれて動いてくれてすごく素敵な時間が過ごせました。 しかし、色んな方との折り合いの中で プレゼン を最後することになりました。 相方の先生の働きで近隣の学校の中学生に聴いてもらう という学校外の聴衆もできて、 真正の学び にやや近づけたぞ! とも思っていました。 しかし問題は、 プレゼンをしてない…

  • 進化する59歳

    エイジング! ケンシです! 今日は 進化する59歳 について書きたいと思います。 前の職場で すごいなぁ と思う方がいました。 それは59歳なのにどんどん進化する方です。 色々あって人間関係がごたついたりしたんですが、そんな困難を乗り越えて?? 素敵なフレーズを使うようになった方です。 すごいなぁと思ったのは お力をお貸しいただきたい あなたはアイデアマンだから というセリフです。 30個も年が下の人間にこういう丁寧なフレーズを使えたり、認め、ほめることができる大人になりたいな、いくつになっても学びたいなと思わせてくれる方でした。 年を取るのも悪くないかもしれません。

  • 苦手な人との付き合い方〜職場でどうするか〜

    癇癪〜! ケンシです! 今日は 苦手な人との付き合い方〜職場でどうするか〜 について書きたいと思います。 以前、苦手というと言い過ぎですが、 あぁうまくいかんなぁ という上司の方がいました。 しかし、その上司の方とうまくいっている人もいました。 観察もしましたし、直接うまくいくコツを聴いたりもしました。 すると コツを再確認。 1笑顔 2小目標 3あきらめないこと 4相手のニーズを考えること 5win-win 理解される前に理解すること 6アイデア、提案力 の6つです。 1 笑顔は大切ですね。 最近、マスクですが、マスクをつけていても笑顔かどうかはわかります。マスクでも疲れていても笑顔は忘れな…

  • なぜ通信制高校で働くとジャンプを読みたくなるのか

    アンチ!ケンシです! 今日は なぜ通信制高校で働くとジャンプを読みたくなるのか について書きたいと思います。 4月から通信制高校で勤務しています。 その影響もあって 9年ぶりに 週刊少年ジャンプの定期購読を再開しました。 なぜでしょう。 それは 生徒と共通の話題で盛り上がりたいと思う機会が全日制高校より多いから です。 まず、登校する子が少ないです。 そして、朝から夕方まで学校にいる子は稀です。 通信制高校は本気を出せば授業は一コマも受けなくて大丈夫ですし、1日10分学校の勉強をすれば、卒業可能です。なので、朝から夕方まで学校にいたり、毎日来る必要がない子も大勢います。その分、好きなことに打ち…

  • 教員から民間企業に転職して〜残業時間の推移〜

    悔しいです!! ケンシです! 今日は 教員から民間企業に転職して〜残業時間の推移〜 について書きたいと思います。 ケンシは、 社会人1年目を公立中 社会人2~4年目を海外勤務(日本人学校🇨🇳) 社会人5年目を民間企業(広域通信制高校) として働いています。 月残業時間はそれぞれ 社会人1年目を公立中 180時間 社会人2~4年目を海外勤務(日本人学校🇨🇳) 20時間 社会人5年目を民間企業(広域通信制高校) 13時間 と推移しました。 その理由として、 https://kenshimanabiai.hatenablog.com/entry/2020/04/06/170640 にも書かせていただ…

  • Society5.0に向けた進路指導 個別最適化時代をどう生きるか

    おっし!ケンシです! 今日は Society5.0に向けた進路指導 個別最適化時代をどう生きるか について書きたいと思います。 Society5.0に向けた進路指導 個別最適化時代をどう生きるか 西川純 網代涼佑 明治図書 2020 https://amzn.to/3byf9UN を読みました。 これからの 個別最適化時代をどう生きていけばいいのでしょうか。 本書では 一人ひとりが個性的な「基礎的・基本的学力」を、一人ひとりのペースで身につけることを可能にしなければならない 15 という結論が示されています。 そのために 一人ひとりが最適な進路を選択できる進路指導を述べたい 15 というのです…

  • ゲームは勉強、学びになるのか〜『テレビゲーム教育論』〜

    アクティビティ!ケンシです! 今日は ゲームは勉強、学びになるのか〜『テレビゲーム教育論』〜 について書きたいと思います。 恐ろしい本? 最高な本?を読んでしまいました。 テレビゲーム教育論 マークプランスキー 藤本徹 訳 東京電機大学出版局 2007 本書によると 本書の要点を1行で述べればこんな具合だ。テレビゲームはあなたがおそらく信じているような悪いものではなく、実はとても良い価値をたくさん持っている ⅲ 私が本書で伝えるメッセージに対して世の中がいかに反対しているかを示す例がある。パラゴンハウス(本原書の出版社)と出版契約を結ぶまでに私は30社以上の出版社から断られた。編集者たちの多く…

  • N高と堀江貴文さんから学ぶビジネスで大切なたった一つのこと

    グリップ! ケンシです! 今日は N高と堀江貴文さんから学ぶビジネスで大切なたった一つのこと について書きたいと思います。 ネットの高校、はじめました。新設校「N高」の教育革命 崎谷実穂KADOKAWA 2017 https://amzn.to/3twqQ4E を読みました。 (新刊もでたみたいです!) https://amzn.to/3bi4Rbm この本からは、N高を事例として新しいサービスの立ち上げ方について学ぶことができました。 例えば、N高を作るキーパーソンになった志倉さんは、 「開口一番『君は教育を舐めている』と言われました。それを言われちゃ、ぐうの音もでません。2回目に提案したと…

  • 働きかけ力を鍛えるには〜生徒とのゴミ拾いから〜

    バラエティ!ケンシです! 今日は 働きかけ力を鍛えるには〜生徒とのゴミ拾いから〜 について書きたいと思います。 あまり耳なじみなかったのですが、就活において 働きかけ力 が話題になることがあるそうです。 人を巻き込み動かす力ですね。 教育現場、特にプロジェクト学習において、生徒を巻き込み?より一層動いてもらうために働きかけるにはどうしたらいいでしょうか。 生徒の地域のゴミ問題解決プロジェクトに寄り添った経験から2つの気づきを得ました。 1つ目は、場所の比較、地理的な視点の問いです。 学校の周辺をゴミ拾いしていると、 ポイ捨てが激しい場所とそうでない場所がありました。 どのようなところにポイ捨て…

  • 『学び合い』批判を生徒はどう思うのか?

    ケジメ! ケンシです! 今日は 『学び合い』批判を生徒はどう思うのか? について書きたいと思います。 以前、総合的な探究の時間に 生徒が フィンランド教育から日本の教育は何を学べるのか? という問いを立てました。 そしてその結論に 自由さ 例えば、ケンシ先生の『学び合い』 という結論を出してくれたのです。 それを校内のプレゼンテーションで発表しました。 その様子を後で動画で見させてもらいました。 するとそこの世話人の先生から 『学び合い』ってどんな授業? という質問が出ていました。 それに対して、 誰も取り残さない を目標に課題をみんなで考える授業です 必要に応じて立ち歩いていいし、座ったまま…

カテゴリー一覧
商用