chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
腐女子の小説部屋 ライブドアブログ http://kouyamamika.livedoor.blog/

創作BL小説を書いています。 ヤフーブログから引っ越して参りました。

ヤフーブログ終了でライブドア様に引越しました。今日の夜中更新分からはこちらがメインです!

こうやま みか
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2019/06/09

1件〜100件

arrow_drop_down
  • 気分は下剋上<秋休み>51

    「ざっと30分くらいです」 まだ紅さの残る眼差しが驚きの色を浮かべている。「そんなに眠っていたのか……?体感では10分だと判断していたのに……」 最愛の人は時計よりも正確な体内時計を持っていて、それが狂うことは今までなかった。祐樹との愛の交歓のせいでその

  • 気分は下剋上 二人がどうして探偵役? 60

    「絶対に怒らないと約束してくれるか?私に対しても森技官に対しても……」 怒る……いったい何のことだろう?森技官の恋人の呉先生と最愛の人は仲が好いのは知っているが、森技官との接触は祐樹が居る時の方が圧倒的に多い。「好奇心猫をも殺す」の諺(ことわざ)通りに何が

  • 気分は下剋上<秋休み>50

    「その程度なら別に構わないが……。手首にツイリーを巻く程度なのだろう?それで祐樹が愉しんでくれるなら喜んで巻く……」 最愛の人は紅色に染まった細い手首から上をかざして見ている。祐樹も彼の指は手術用の手袋(グローブ)に包まれていても見入ってしまいそうになるの

  • 気分は下剋上 二人がどうして探偵役? 59

     電話越しに驚いた気配が伝わって来た。最愛の人は世界レベルの知名度を誇っているのでそのせいだろう、多分。『心臓外科の香川先生……!?まさか香川教授ですか、いえ違っていたら大変申し訳ありません!!』 長楽寺佳世さんが家族性高脂血症で食べ物にも細心の注意を払

  • 気分は下剋上<秋休み>(I8禁)49

     祐樹の腹部にも最愛の人の育ち切った先端部分から淫らな動きに合わせて大粒の水晶の雫が点々と跡を付けている。 真珠の熱い迸りの噴出をなるべく後に回したいと尖った場所を強く掴んでいたが、その指の合間からもルビーよりも紅く煌めく蠱惑的な光が漏れていてとても綺麗

  • 気分は下剋上 二人がどうして探偵役? 58

    「消去完了ですね……。これで貸し借りはナシということで。私達は長楽寺佳世さんのアポイントメントを取ってから帰ろうと思います。西ケ花さんの場合は森技官の用意してくださった身分証でなんとか誤魔化せたのですが、ニュースとかマスメディアに露出した関係上、長楽寺佳

  • 気分は下剋上 二人がどうして探偵役? 57

     森技官は西ケ花さんの悪女オーラでライフが削られてしまったのかな?とも思ったが。 彼も「同性」からはそういう金銭を伴った誘惑は受けているかも知れない。祐樹などはゲイバー「グレイス」に足繁(しげ)く通っていたのは金銭に余裕がない学生時代から研修医までの期間だ

  • 気分は下剋上<秋休み>(I8禁)48

    「ゆぅ……祐樹っ……。尖り……強くっ……触れて……欲しっ……」 極上のルビーよりも蠱惑的な紅さで煌めいている場所は、散々祐樹が弄っていたからだろうが、悦楽の涙の雫が紅色の滑らかな頬を伝っていくのも雨の中で花が咲いたように綺麗だった。「ココは常に弄っている

  • 気分は下剋上 二人がどうして探偵役? 56

    「ああ、そのことですか?『色々な女性を見てきましたが、貴女ほどバーキンが似合う女性にお会いしたのは人生で初めてです。ついついテンションが上がってしまいました。そのお礼に一杯奢らせて戴けませんか?少しでも貴女との時間を共有したいので』とか言って『このシャン

  • 気分は下剋上<秋休み>(I8禁)47

    「スカーフは色々な柄のモノがシーズンごとに出るし……あっ……。入れ替わりが激しいので……定番柄は割と入手しやすいが、それでも需要と供給のバランスが崩れているせいで……本当に欲しい物が買えないというお客様は多いと……店員さんに聞いたことがある……」祐樹の指

  • 気分は下剋上 二人がどうして探偵役? 55

    「とても疲れました……。恋人のコーヒーには足元にも及びませんが、こんなに美味しいモノだったとは……」 当然のように最愛の人の横、つまりは上席に座った森技官だったが、そのげっそりした様子を見ると何も言えない感じだった。普段ならムッとして森技官の精神を抉(えぐ

  • 気分は下剋上<秋休み>46

    「……では、あの鹿よりも私の方が幸せですよね。ああいったもの悲しい声で呼び寄せなくても腕の中に最高の恋人が既に居ますから……。それに挿(い)れたいと思えば、即座に開く極上の花園も有って……」 硬さと熱さを愉しむようにキュっと尖りを摘まむと、背筋が綺麗に反っ

  • 気分は下剋上 二人がどうして探偵役? 54

    彼もあからさまに媚びを売られたり「三人で愉しみましょう」発言をされたり「高校の時の授業参観を思い出す」発言などで色々とストレスが溜まっているのだろう。その気晴らしというか気分転換がしたいのかなと思った。祐樹も煙草で軽減されたとはいえ、胃の辺りに不快感が残

  • 気分は下剋上<秋休み>(I5禁)45

    「充分満足したので、今話す……。 祐樹……出来れば、ベランダめいた所の……椅子の上に下ろしてくれないか?」 最愛の人は祐樹の負担が軽くなるように首に両手を回してくれている。 当然、花園に挿(い)れていた指は祐樹の真珠の放埓で濡れそぼっていたが、祐樹が出して

  • 気分は下剋上 二人がどうして探偵役? 53

     この辺りの夜は割と早い。二人の第二の愛の巣ともいうべき大阪のホテルならバーが混み合う時間帯だし、クラブラウンジもまだまだ営業中だ。それなのに京都の百貨店の有るエリアは百貨店の閉店に合わせて人が閑散としてきている、店内も同様に。 最愛の人が決然とした感じ

  • 気分は下剋上<秋休み>(I8禁)44

     繋がった場所が満足そうな収縮に変わっている。何だか干天の慈雨に恵まれた花のような動きでヒタリヒタリと包み込んでくれている。それでも充分以上に気持ちが良かったが。 先ほどのような花びら達が切羽詰まったように強く緩(ゆる)く祐樹を性急に求めているのもとても好

  • 気分は下剋上 二人がどうして探偵役? 52

    「今すぐに、目の前で例の録音データを消去して下さい」パトカーまで動員して飛んで来たのは呉先生との寝室での秘め事を祐樹がこっそりと録音していた件なので、その条件は当然出されると思っていた。正直それだけか……とも。 この捜査だか調査は病院長に最愛の人と祐樹し

  • 気分は下剋上<秋休み>(I8禁)43

    「一気に奥処まで貫いて良いですか?」 視覚だけでもこんなに反応しているのに、祐樹の熱く硬いモノを待ち構えている花園の紅さが濡れた花びらが嵐に蹂躙(じゅうりん)されるのを待つ風情で動いているので尚更だった。「もう少し、花園を聡の紅色の指で開いて下さい」 腰だ

  • 毎日正午に更新している分ですが。

    リアバタ&体調不良で正午以降夕方までには更新します。楽しみに待っていて下さる読者様には申し訳ありませんが、ご容赦ください。なお、この記事は更新し次第削除いたします。   こうやまみか拝にほんブログ村小説(BL)ランキング

  • 気分は下剋上 二人がどうして探偵役? 51

    「このお店に西ケ花桃子さんが現れる確率は71%なのです。私達は顔を知られていますし」 スマホに表示させた「アリアドネ」を見せると森技官は皮肉な笑みを薄い唇に浮かべている。そんな笑みが似合う苦み走った端整な顔立ちがますますムカつく。「田中先生は次に会う時に

  • 気分は下剋上 ハロウィン企画 最終話

    「そうそう、そんな感じです。医師が言うには少し軽薄な感じがしますがキャラクターになり切って頂かないといけませんので……」 浜田教授も満足そうな笑みを満面に浮かべている。最愛の人も感心したような笑みを向けていてくれていたし、即席のアドリブにしては上手く演じ

  • 気分は下剋上 二人がどうして探偵役? 50

    『田中先生、これは不幸な番号です。私と話したければ十回掛けてください。では宜しくお願い致します』 そう言うなり電話は切れた。「祐樹、どうしたのだ?」 祐樹の表情を訝(いぶか)しく思ったのだろう、食事を済ませた最愛の人が首を傾げている。「森技官に私のスマホか

  • お詫びとお知らせ

    寒暖差のせいで発熱してしまい、病院行って来ました。コロナではなかったのですが、本日更新分について全てお休みさせて頂きます。楽しみにしてくださっている読者様には申し訳ありませんが、ご容赦くださいませ。       こうやま みか 拝にほんブログ村小説(BL)ラ

  • 気分は下剋上 二人がどうして探偵役? 49

    『週に5日くらい通って来る、常連客って聞いたっす。そのダチも割と良く文句言われてて、ムカつく客が居るんだって話になって……。で、なんか詳しく人相?容姿、どっちかは学がないんで分かんないっすけど、聞いたら同じ人みたいだって……で、こっそり画像を撮って送って貰

  • 気分は下剋上 ハロウィン企画 30

    「そんなマンガやアニメの中でのみ可能なことを現実には求めませんよ。 病院一適役だとナース達が選んだ田中先生ですけれど、実際に似せて作ったら想像以上に出来上がったと小児科中が大騒ぎなのです。 本来ならナース達だけで止まっている情報が、興奮の余り大きな声で言

  • 気分は下剋上<秋休み>(I5禁)42

    「このまま前を愛されるのと、聡の極上の花園の中の凝った場所を先ほどのように指で弾かれるのはどちらが良いですか?」 バスの待合所の外側で中途半端に終わったことと、過去の愛の交歓から最愛の人が欲している悦楽は後者の方ほうが強いだろうなということは分かっていた

  • 気分は下剋上 二人がどうして探偵役? 48

    『もしもし、先ほど千円も貰ったウーバーの配達員っす。この電話で間違いないっすか?』 ああ、そう言えば連絡をして欲しいと千円札に電話番号を書いたなと思い出した。 何しろ、西ケ花桃子さんに文字通り身体を張った捜査だか調査をしていたので、すっかり頭の隅に追いや

  • 気分は下剋上 ハロウィン企画 29

     愕然(がくぜん)としながらも、最愛の人の唇が祐樹のキスでついた透明のグロスとか言うモノで艶っぽい煌めきを放っている様子に見入ってしまったが。 祐樹と同様に唇に男性用リップなどを塗らない人なのでその様子は瑞々しい新鮮さも放っている。「キスした時に、私が付け

  • 気分は下剋上<秋休み> 41

    「もう充分温まった……」 祐樹は自分で髪を洗ってさっとタオルで乾かしただけだったが、最愛の人にはドライヤーの温風を当てた後にサラリとした髪の毛の感触を指で楽しんでいると最愛の人が幾分焦れた感じで祐樹の唇に唇を重ねてくる。「浴衣を着てください。そちらの姿の

  • 気分は下剋上 二人がどうして探偵役? 47

     一瞬だけ何故だ?とでも言いたそうな表情を浮かべたが、正解を思いついたらしい。 祐樹の録音アプリを起動させている以上通話機能は使えないので。「電話の『連絡先』の検索窓……と正確には何というのか知らないので間違っているかもしれないが……そこに森と打ち込めば

  • 気分は下剋上 ハロウィン企画 28

    「祐樹の演技も完璧だろう……?何でも、人気の漫画とかアニメは舞台化されるらしい。その時に出演しても良いレベルだ……」 最愛の人が感嘆めいた声で告げてくれた。確かに顔立ちは若干異なるものの、彼が――アニメのキャラクターにこういう言い方はおかしいのかも知れな

  • 気分は下剋上<秋休み> 40

     お湯に浸かった素肌を密着させて、身体の中が温まるような熱烈な口づけを交わした。 100数えるという細(ささ)やかな、しかし最愛の人の身体を温めるには絶対に必要な目的が有ったので、愛の交歓に雪崩(なだれ)れ込まないように理性を優先したキスだったが。 唇をそっと離

  • 気分は下剋上 二人がどうして探偵役? 46

    「そんなデータを持っていたのか?具体的には?」 最愛の人が感心したように涼しげな眼を瞠(みは)っている。「スタッフが通りかかる危険性は少ないと思いますが、もし見たり気配を感じたりしたら咳払いでもして教えてくださいね」 一応は公共の場所だし、病院関係の仕事と

  • 気分は下剋上 ハロウィン企画 27

     明らかに文字を入力している動かし方だったので。画像撮影とか録画は別に全く構わないけれども、誰に何を送るのかは知りたい。 速足で最愛の人の近くにまで行った。「祐樹、もっと大きく足を上げて空中を駆ける感じを出せばもっと良くなると思う」 最愛の人の演技指導の

  • 気分は下剋上<秋休み> 39

    「臨機応変……か。それで良い。具体的には?」 お湯を適度に張った浴槽(バスタブ)から立ち上る湯気が二人の素肌を温かく包み込んでいる。 広めの部屋を選んだせいもあってか、男性二人でも余裕で入れる大きさだった。 チェックインの時に発音からしてアメリカ人と思しき

  • 気分は下剋上 二人がどうして探偵役? 45

    「取り敢えず、そこのファミレス……いや、あちらに見える『コメ〇珈琲』に入りましょう」 事情を聞きたそうな表情を浮かべていた最愛の人が白く長い首を優雅に傾けている。「『ガス〇』とでも別に構わないが、どうして『コ〇ダ珈琲』なのだ?」 家で作る時は本格的な和食

  • 気分は下剋上 ハロウィン企画 26

    「この格好ですよ……。小児科から旧館まで運よく人に会わなかったのは奇跡みたいなものですけど……。まあ、旧館の人口密度は新館と比べ物にならないほど低いですけれどね。 このコスプレ用の衣装だけを着て他には何も持っていないでしょう? 確かに煙草は小児科に置いて

  • 気分は下剋上<秋休み> 38

     それに最愛の人が「報復」と言ってくれたことが何だか嬉しい。今までは祐樹が最愛の人が嫌がらない――というかむしろ喜んでいる――のを良いコトに愛の行為を一方的に行ってきた。それなのに、今回は細(ささ)やかではあるものの「報復」という言葉を口にしてくれた。 愛

  • 気分は下剋上 二人がどうして探偵役? 44

    「父は国産品こそが素晴らしいという……私にも良く分からない謎の思想の持主でして……。マンションも旧財閥系の三井とか三菱などの不動産部門と言うのですか?そういう物件しか買わない信念を持っているみたいです……。息子の私も無料(タダ)で住まわせて貰っている関係上

  • 気分は下剋上 ハロウィン企画 25

    「専用のリムーバーが有りますので、その液体を使えば痛みは全くありません」 そんな物まで売っているのかとある意味感心した。 最愛の人の指が祐樹の眉の上にテープを貼ってくれている。その気になればキスが出来そうなほどの近い距離で向き合っている上に、怜悧で端整な

  • 気分は下剋上<秋休み> 37

     先ほどの若者ではないが、猪(いのしし)に襲われるとかはご免こうむりたい。猪がどんな声で鳴くのかは生憎(あいにく)知らなかったのだけれども。ただ獣の鳴き声と思しき音は遠くから聞こえてきている感じだったので危険性は少ないだろうと判断して車に戻った。「お汁粉(しる

  • 気分は下剋上 二人がどうして探偵役? 43

    「先ほどお邪魔した田中です。桃子さんに是非とも会いたくて……会いたくて、上司の目を盗んで参りました。お部屋に入れて下さいませんか?」 偽りの熱情を込めた声でマンションの玄関外の通話口に向かって告げた。「あら、田中捜査官ね?今開けるわ」 媚びを含んだ声が返

  • 気分は下剋上 ハロウィン企画 24

    「宝石よりも貴重な香川教授のお時間を浜田教授の無駄なお喋(しゃべ)りに費やすよりも先にすることがあります」 中山師長がテキパキとした口調で遮った。 小児科ではそれが普通なのは周りの看護師達の反応で分かった。他の科ではナースが教授職に向かってこんなことを言い

  • 気分は下剋上<秋休み> 36

    「そう言って頂けるととても嬉しいです。寒くないですか?」 バスの待合所では臨戦態勢だった祐樹のモノも若者の乱入で気が削(そ)がれて通常の状態に戻っている。国民的知名度を誇る本名不明の超A級スナイパーの漫画本を救急救命室の休憩所に置いてあったので読んだ覚えがあ

  • 気分は下剋上 二人がどうして探偵役? 42

    「お願いというのは、祐樹……、西ケ花桃子さんの部屋に戻って彼女を口説いて貰えないだろうか?出来れば、そのまま寝室へ直行しそうな感じで」 咳き込む祐樹を最愛の人が背中を撫でてくれていたが、直前の言葉が耳を疑うようなモノだったので、素直に感謝する気には流石に

  • 気分は下剋上 ハロウィン企画 23

    彼女から受け取った最愛の人が器用に開けたらブラシ状――何だかグラスを洗う時のタワシみたいな――小さなものに粘度の高そうな白い液体が絡まっている。白いマスカラ……?と思ったがあのキャラクターは白い髪に白い睫毛だったなと今更のように思った。祐樹が知っている女

  • 気分は下剋上<秋休み> 35

    「キノコ採りじゃね?それか栗を拾いに山に入ったとか? ほら、今秋のギョウラク・シーズンつうの?それで観光客がどっと押し寄せて来てるっていうから、絶好の稼ぎ時ってヤツ」 それを言うなら「行楽(こうらく)」だろ!良いから早くどっかに行ってくれ!と天下の公道にも

  • 気分は下剋上 二人がどうして探偵役? 41

    「長楽寺真司氏が貴女(あなた)を受取人に指定して多額の生命保険を掛けていたことはご存知でしたか?」 西ケ花桃子さんの真っ赤な唇が神経質そうな感じで震えていた。「……何それ?知らないわ?そうなの?だったら生活費は当分確保出来るわよね? いつ振り込まれるのかし

  • 気分は下剋上 ハロウィン企画 22

    「流石は香川教授です!!素晴らしいとしか言いようがないです!!手際の鮮やかさはポロのメイクアップアーティストよりも素晴らしいです!!」 中山看護師が感心しきった賞賛の声を上げている。 祐樹の一抹の不安は完全に払拭(ふっしょく)された。ただ、浜田教授の目はそ

  • 気分は下剋上<秋休み>I5禁 34

    「ゆ……祐樹っ……。花園の中のっ……凝(こ)った場所っ……衝いてっ……欲しっ……」 二つのルビーのように紅く硬い尖りと連動している場所も繋がった祐樹の最も敏感な場所を押してきている。 リクエストに応えても良かったのだが、このままでは長く保(も)たないのも事実

  • 気分は下剋上 二人がどうして探偵役? 40

    「そうね、まだお給料振り込みの口座に残っているお金は有るけれども蓄(たくわ)えと呼べるほどの金額ではないわね……」 金銭感覚が祐樹とは一桁か二桁異なるので、その程度が蓄(たくわ)えなのかも分からない。「具体的にはどの程度の金額ですか?」 愛人(パトロン)を失っ

  • 気分は下剋上 ハロウィン企画 21

     手先の器用さは世界レベルの最愛の人だが、彼の成育歴から考えると祐樹などよりも、もっとメイクに縁(えん)がない。 特別な手技の前にはイメージトレーニングをしながら指を動かしているのを何回か見たことはある。特にベルリンで行われた国際公開手術の前には、居ても立

  • 気分は下剋上<秋休み>I8禁 33

    「承りました。少しだけ我慢して下さい」 後続車がないことを確かめた後に急ブレーキを踏んだ。祐樹は予測していたので問題はなかったが、最愛の人の肢体は前に倒れそうになって、蕩けた砂糖のような甘く高い声を零している。恐らくシートベルトの下に隠れている熟れ切った

  • 気分は下剋上 二人がどうして探偵役? 39

    「だって、お金を使ったデートの方(ほう)が女として格が上だと実感出来るもの……。少し考えたら分かることよ。無料(タダ)でするセックスと高級ホテルのスイートルームに泊まってバスタブの中でシャンパンを呑んだ後にベッドに行くのとでは天と地ほどの違いがあるの。 まあ

  • 「憂国のモリアーティ」とプリンスホテルのコラボ、行って来ました!

    仕事で東京に行く機会が有ったので、ホテルマニアな私は初めて池袋のプリンスホテル泊まりに行きました。絶賛どハマり中の「憂国のモリアーティ」とのコラボをしていたので!!まずは主人公のウィリアム(ホテルマン姿)がお出迎え~!ただ身長はともかく、細い~(泣)ウエ

  • 気分は下剋上 ハロウィン企画 20

    「浜田教授、我儘(わがまま)を申し上げて宜しいでしょうか? 一応、私も心臓外科医の端くれですし……」 浜田教授はいかにも子供に好かれそうな優しい笑みを浮かべている。「端くれだなんてとんでもない。将来を嘱望(しょくぼう)されている優秀な外科医だと病院内、いや教

  • 気分は下剋上<秋休み>I5禁 32

     ホテルのスタッフが教えてくれた通り、車の走らせ甲斐のある坂道だった。鬱蒼と茂った木々の間に二車線の道路がくねくねと続いて徐々に坂を上がっていく感じだ。 一人で――と言っても祐樹にはそんな時間はないが――運転を楽しむだけでも楽しいのに、助手席にはシートベ

  • 気分は下剋上 二人がどうして探偵役? 38

    「香川特別捜査官……。あの男には息子が居るの。その程度は調べているのでしょ?」 何だか覚えの悪い生徒に教師が言い聞かせるような口調だった。「はい。長楽寺直哉氏38歳ですね。まだお会いしたことは有りませんが」 メモを見ることもなく淡々と述べている最愛の人だ

  • 気分は下剋上 ハロウィン企画 19

    「何って、アイライナーです。これで目の輪郭がよりくっきりとするんですよ?」 尖らせた鉛筆状のモノを眼球に突き立てられたらどうしようと思ってしまう。先端恐怖症ではない祐樹だったが、目にこんなものを刺されたら少なくとも心臓外科医として第一線で働くことが出来な

  • 気分は下剋上<秋休み>31

    「そんなわけはないです。メインはこれからです」 若干細いウエストに几帳面に付けられたベルトの金具を外して抜き取った。その後、スラックスのファスナーも下ろして――ちなみにまだそれほど兆(きざ)していなかったので楽勝だった――下着の前を開けた。「ゆ……祐樹っ…

  • 気分は下剋上 二人がどうして探偵役? 37

    「会ったことはないわね……。ま、向こうもこっちの存在に――というか愛人が居る程度かも知れないけれど――薄々は気付かれているかもとあの男は言っていたけれど。 あとあの男の弁護士からは事務所に来てくれって言われているから、そこで話し合いでも慰謝料でも取る積り

  • 気分は下剋上 ハロウィン企画 18

     そうだ!最愛の人が「とても評判になっている」と言っていた。そして「具体的には?」と祐樹が聞いた時に話が逸れてしまった。 まあ、昼休みが終わりかけの時間だったし、最愛の人の何分割も出来る集中力でも午後の手術に向けていたのである意味それは仕方ないことなのか

  • 気分は下剋上<秋休み>30

    「祐樹……車内の温度……高すぎないか……?」 目的地に向かって車を走らせていると助手席の人がごく薄い紅色の顔で祐樹を見つめている。目論見が有ってこの気温設定にしたが最愛の人が疑問に思うのも尤もだ。祐樹だって汗ばむほどだし、それに普段はこんなに高くはしない

  • 気分は下剋上 二人がどうして探偵役? 36

    「貴女は西ケ花桃子さん37歳でお間違いないですか?以前はお店にお勤めになっていたとこちらで調べはついているのですが、具体的にはどちらのお店でしょうか?」 37歳と淡々と告げた積りだったが、慎重に描いたと思しき眉がキュっと上がったものの、何も言わない。「…

  • 気分は下剋上 ハロウィン企画 17

    「あ、田中先生お待ちいたしておりました。ハロウィン実行委員会会長を務めさせて頂いている中山と申します」 きびきびとした足取りで近づいて来たナースに呼び止められた。ネームプレートには師長と書いてあった。「中山師長どうか宜しくお願い致します。心臓外科の田中で

  • 気分は下剋上<秋休み>29

    「祐樹……車内の温度……高すぎないか……?」 目的地に向かって車を走らせていると助手席の人がごく薄い紅色の顔で祐樹を見つめている。目論見が有ってこの気温設定にしたが最愛の人が疑問に思うのも尤もだ。祐樹だって汗ばむほどだし、それに普段はこんなに高くはしない

  • 気分は下剋上 二人がどうして探偵役? 35

     「トイレを借りるという口実で、灰皿に何を使っているか。ブランド物なのか空き缶なのかなど見て来て下さい。あと、キッチンの中の什器類、食器や調理用具がどの程度有るのかも確かめて下されば更に有難いです」走り書きだったが読めれば充分だろうし、難しい漢字は書き慣

  • 気分は下剋上 ハロウィン企画 16

    「え?私に出来ることなら。 それと先ほどの祐樹の質問だが、外国人とは一回も言われていなかったし、呪術師の御三家と呼ばれる名家出身なので多分日本人だ。ただ、あの青い目は一般人には不可視の色々なことが見えるらしい特別な目なので、その副次的効果でああいう色にな

  • 気分は下剋上<秋>28

    「こんなに秋の味覚がギュッと詰った料理もとても美味しかったな……。 葡萄のソースが掛かった三田牛もとても美味だったし、あれは一体どんな風に調理しているのだろう……」 最愛の人とレストランから出て、部屋に戻る途中に弾んだ声で話しかけて来た。「満足して下さっ

  • 気分は下剋上 二人がどうして探偵役? 34

     女性らしいというか生活感のない部屋だった。何だかドラマのセットとかモデルルームのような部屋というか……。尤(もっと)も祐樹はモデルルームに実際に行ったことはない。 最愛の人と一緒に住むことにした時には既に彼の部屋は決まっていたし、それ以前は学生時代から住

  • 気分は下剋上 ハロィン企画 15

    「どうぞ。入ってください」 最愛の人の怜悧かつ落ち着いた声が返ってきた。思わず内心でガッツボーズをしてしまうがまだここは教授執務階の廊下だ。誰に会うか分かったものではないので、若干神妙そうな表情を繕ったまま扉を開けた。「祐樹、とても評判になっているな……

  • 気分は下剋上<秋休み>27

     「秋の日は鶴(つる)瓶(べ)落とし」のコトワザ通りに辺りは暗くなっている。この様子だと車が入って来た時にはヘッドライトで分かるだろうし、それ以外は暗くて見えないだろう。「祐樹は……どちらが良いのだ……?」 激しく重なり合うキスのせいで紅く濡れた唇が艶やかな

  • 気分は下剋上 二人がどうして探偵役? 33

    「夜分にいきなり参ってすみません。少し話をお聞きしたいのですが、宜しくお願い致します。 私もこういう者です」 多分マスカラをたっぷり塗ったらしい長い睫毛(まつげ)に縁(ふち)どられた目が獲物を狙う猛禽類の鳥のような感じで最愛の人を見ている間に割り込んだ。「田

  • 気分は下剋上 ハロウィン企画 14

    「ああ、このシーンを再現なさったわけですか……。流石です」 何故かピアス(だと思うが違うのかも知れない)を付けた黒髪の長髪男性が僧侶の恰好をしている。僧侶といえば髪の毛は剃っているハズだが、マンガやアニメの世界では違うのかも知れない。そして主人公の男の子

  • 気分は下剋上<秋休み>26

    「祐樹の手術スキルは格段に上がっている。この前、明石教授が挨拶にいらっしゃって褒めていた。自分のことを言われるよりも嬉しかったな……」 明石教授は一応ウチの病院の教授職も兼任しているが、国際的な知名度と素晴らしい人脈の持ち主だ。祐樹も指導して貰ったことは

  • 気分は下剋上 二人がどうして探偵役? 32

    「君は朝とか昼もシフトに入っているのですか?」 ウーバー〇―ツの仕組みは良く知らない。何でもコンビニのバイトとかとは雇用形態が違うとか何かで読んだ覚えしかない。「バラバラっす!ただ、この辺は夜の方が注文の多いエリアらしくて……夜の方(ほう)が稼げるんで、夜

  • 気分は下剋上 ハロウィン企画 13

    「詳しくはこの本を読んでみてください」 幕の内弁当と言っても教授職用に作られた物なのでかなり美味しい。それを手早く口に入れて充分に咀嚼(そしゃく)する。最愛の人の執務室でも更に豪華な食事が用意されるけれども、外科医という職業柄か食べるスピードは速いし、ほぼ

  • 気分は下剋上<秋休み>25

    「祐樹はずっとその体形だ。あの大阪のホテルで一夜を過ごした時――は無我夢中で良く覚えていないが――その後も逢ってくれただろう。その時と全然変わらないと思うのだが……?」 初めての夜のことは鮮明に覚えているし、実は後悔もしている。最愛の人が祐樹行きつけのゲ

  • 気分は下剋上 二人がどうして探偵役? 31

    「すみませんっ、急いでいるので先に通って良いっすかぁ?」 物凄い勢いで自転車を漕いで来た人が真後ろに急停止しつつそう声を掛けられた。その直前に危険な気配を感じ取って祐樹は咄嗟に最愛の人の身体と特に指を庇っていたが。その後その青年と対峙(たいじ)した。何だか

  • 気分は下剋上 ハロウィン企画 12

    「祐樹が受け取って私の部屋まで持って来てくれないか?午後の手術が終わった後で読むことにする。 祐樹が読むのは夜だろう?そのタイムラグを利用して私も読みたい」 熱心に言い募っているのは、そのマンガへの関心だけではなくて、多分祐樹がそのキャラクターに扮するか

  • 気分は下剋上<秋休み>24

     一緒に肩までお湯に浸かる、しかも「常識的な」距離を取ってという健全そのものといった感じが新鮮だし、最愛の人も艶やかな色香よりも健康そうな雰囲気を濃く感じた。薄紅色に染まっている素肌が羞恥に因るモノだとしても、本人が言わなければ分からないレベルで、他の入

  • 気分は下剋上 二人がどうして探偵役? 30

     最愛の人の薄紅色の唇が笑みの花を「会心」というふうに浮かべた。「経費を『あの』事務局長に認めさせるのだろう?祐樹が突破口になってくれるのなら皆有難がると思うのでしっかり貰って来た」 白く長い指が一片(ひとひら)の紙を祐樹に手渡してくれた。「有難うございま

  • 気分は下剋上 ハロウィン企画 11

     エントランスでの芝居というかアジ演説みたいなのは多分、その場の人間に周知徹底を図っていた感じで後はウワサが広まれば良いという感じだった。「だったら、内田教授に運営を全部丸投げすれば良いのではないか?祐樹の忙しさだって承知の上だろうし。内田教授の事務処理

  • 気分は下剋上<秋休み>23

    「そういえば……何ですか?」 祐樹にスマホを返した最愛の人はシートベルトを外している。「ここは二人きりではないのだろう?逆に新鮮なのだが……」 確かにこれまでは露天風呂付きの個室とか、大浴場でも人の居ない時間帯を選んで入っていた。「確かにそうですね。ただ

  • 気分は下剋上 二人がどうして探偵役? 29

    「人が死亡すると、その人の生まれた時から死ぬまでの全部の戸籍を取らないとダメな決まりになっている。長楽寺氏は63歳だったのだろう?だったら63年分の連続した戸籍を全部提出しないと死後凍結された金融機関の口座からの引き出しは不可能だ。配偶者でも知らない婚姻

  • 気分は下剋上 ハロウィン企画 10

    「小児科の浜田教授の発案なのですが、それに偶々(たまたま)会った内田教授が『小児科への寄付』を募る宣言をされまして。 そして、救急救命室では柏木先生とか久米先生もコスプレって言うのですか?そういうのに乗り気になっています。 若い医師やナース達も物凄く乗り気

  • 気分は下剋上 ハロウィン企画 9

    「その渋谷事変とやらは何なのですか?」 渋谷というのは東京の地名くらいしか思い当たらない。「田中先生が持っているDVDには収録されていない話なんですけど!!渋谷の街に呪(じゅ)霊(れい)達が集まって、呪術師達と総力戦になるんです!!面白いですよ!! 小児科病棟に

  • お詫びとお知らせ

    先程、割と近い親戚の入院という知らせが入りました。母の時にも良くして貰った方なので(このご時世ですから面会は出来ないでしょうが)少しネットを留守にします。予約投稿分は勝手にアップされると思いますが、再開のメドが立ち次第戻ってまいります。取り急ぎお知らせと

  • 気分は下剋上 二人がどうして探偵役? 28

    「いや、それが延々と自慢話なのかな?清水院長と親しいとか京都の医師会の会長職に興味が有るとか、医師会にどの程度の伝手(つて)が有るとか聞かれて……。それが遮(さえぎ)る間(ま)を与えないほどの早口で……。全然聞き出せなかった……。京都の医師会など私には全く未知

  • 気分は下剋上 ハロウィン企画 8

    「今のところ20巻まで出ていますね」 想定内の巻数で少し安心した。その程度なら凪の時間にでも読めるだろう。「いえいえ、そんな畏れ多い。こちらから取りに伺います」 旧態依然とした大学病院では教授職が他科の医局に顔を出すなどは異色のことで――と言っても内科の

  • 気分は下剋上<秋休み>22

    「祐樹、その画像を私にも送ってくれないか?」 脆(もろ)いガラスを思わせる真剣な表情がひときわ印象的だった。「え?もちろん良いですけど……。どうされました?」 最近は割と何でも話してくれるようにはなったが、最愛の人の標準(デフォ)仕様(ルト)は悲観的だ。ただ、

  • 気分は下剋上 二人がどうして探偵役? 27

    「取り敢えず、動機が強いと思われる人から書いていきますね」 最愛の人は気分を変えた感じで怜悧な眼差しになっている。◇◇◇ 「西ケ花桃子(37)マンションを買って貰った上に4億5千万(生命保険+遺産)がメリット」 「長楽寺佳世(58)借金の保証人にもなった

  • 気分は下剋上 ハロウィン企画 7

    「ああ、『猿』とは、敵役(てきやく)が作中で呪術が使えない人間達を見下して言うセリフです。 物語では人間の負(マイナス)の感情が溜まったモノが呪いとなり、そのマイナスの感情が大きければ大きいほどその呪いも具現化したり強くなったりします。その呪いを解く役割をす

  • 気分は下剋上<秋休み>21

    「そうだな……。この辺りに松の木はないのだろうか?」 祐樹の肩に頭を預けた最愛の人が意外なことを言い出した。「松の木ですか?何に使うのですか……」 秋独特の鰯(いわし)雲(ぐも)が蒼穹に見事に映えてとても綺麗だった。そしてその光景を二人きりの空間で見ていると

  • 気分は下剋上 二人がどうして探偵役? 26

    「相続人全員の合意がまとまったら遺産分割協議書というものが作成される。その場合は法定相続分を守らなくても良いのだが、西ケ花桃子さんも養子縁組をしているのだから法定相続人になる」 森技官の前では絶対に聞きたくなかったことだが――何しろ冷笑と高慢な表情にかけ

  • 気分は下剋上 ハロウィン企画 6

     一人で練習するよりも他人の感想を聞きながらの方(ほう)が上達も早いというし。「では、ご要望にお応えして……。『領域展開 無量(むりょう)空処(くうしょ)』」 セリフは少し高めかつキラキラした声を出し、指の形を先ほど観た仕草で組む手順を(?)出来るだけ真似た。

  • 気分は下剋上<秋休み>20

    「そうですね。夏のデートの時には敢えて捕まえませんでしたが、実際は夏にも居るらしいですよ。『ツクツクホーシ、ツクツクボーシ』と鳴く声はクマゼミなどの他のセミの声にかき消されて目立たないのですが、秋近くになって、他のセミが居なくなった時に存在感を発揮するの

  • 気分は下剋上 二人がどうして探偵役? 25

    「それにしても?」 最愛の人が興味深そうな眼差しで祐樹を見ている。 紙片を指に挟んで溜め息をついた。「このメモ用紙を今まで使っている医院があるとは思いも寄らなかったです……。いくら病院内部とはいえ、配慮不足なのか、それとも節約重視なのかは分からないですが

  • 気分は下剋上 ハロウィン企画 5

    「これは内田教授……。お久しぶりです」 教授職に行き会った時の不文律通り深いお辞儀をする。「田中先生とは確かにご無沙汰でしたが、今までそちらの科の長岡先生にアドバイスを貰っていまして、考えを纏(まと)めるために外の空気でも吸おうかと。そのDVDは今流行りの?し

  • 気分は下剋上<秋休み>19

    「察するに……何ですか?」 別に呉先生の件を深刻に考えていたわけでもなくて、最愛の人が楽しそうに話しをしてくれるのが嬉しいだけだ。確かに大切な友人には違いないけれど、今の祐樹にとって話題は何だって良い。とにかく二人が笑いあって遅めの昼食を摂るための話題で

1件〜100件

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、こうやま みかさんをフォローしませんか?

ハンドル名
こうやま みかさん
ブログタイトル
腐女子の小説部屋 ライブドアブログ
フォロー
腐女子の小説部屋 ライブドアブログ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用