searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
がんになっても地球旅行 http://nakkobkk.com/

病気とは無縁と思っていた元バックパッカー60歳。バンコクで働きながら旅行を楽しんでいました。でも2019年4月、バンコクでまさかの肺腺がん(1A)手術。これからも地球旅行は続けていきます。

nakko
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2019/05/30

2022年01月 (1件〜100件)

  • 2年越しのイサーンへの旅

     2年前の今頃、まだコロナがこれほど世界を変えるとは思わず、4月にニュージーランドから来る娘との旅行をいろいろ計画していた。ひとつは、娘の友だちに会いにチェンマイへ行き、そこから二人でパーイへ行くこと。もうひとつは、その頃初めて知ったブンカーン県のクジラ岩

  • 年利1%のクルンシー銀行「ミーテーダイ口座」

     私がバンコクで暮らしだしたのは2018年4月のこと。その時最初に作った銀行口座はクルンタイ銀行だった。それは大学の給与振り込みの指定銀行だったからだ。でもたまたまコンドのオーナーさんの口座がサイアムコマーシャル銀行(SCB)だったので、シーロムコンプレックスの

  • タイ国有鉄道の「ひまわり列車」

     12月から1月は、毎年ロッブリーやサラブリーのひまわり畑が美しいときいていたが、これまで行く機会がなかった。やはり車がないと行きにくいし、一人だとなおさらだ。でも3年ほど前に、この時期タイ国有鉄道(SRT)が特別列車を走らせていると聞いた。でもその時は、予約は

  • オミクロンの恐怖より食い意地

     私のコンドはコロナ対策に関しては、かなり丁寧な方だと思う。ただもし感染してしまったら自分の行動履歴を公開されてしまうが、まあ何階の住人というだけで、その他の個人情報までは公開されないのだが。 昨年4月に初めて感染者が出たときは、徹底的な消毒と行動履歴(い

  • さよならファランポーンと思ったけれど、スタンプラリー

     ファランポーン駅の正式名称はクルンテープ駅(バンコク駅)だが、私もずっとファランポーンと呼んできた。タイの鉄道はラーマ5世の偉業のひとつで、1897年にファランポーン駅からアユタヤ駅までの開通式が行われ、ファランポーン駅が今の地に建設されてからもう100年以上

  • チャンタブリーの海岸沿いをドライブ

     2022年元旦は、お寺と美しい海を見ることができた素敵な幕開けだった。私は運転しているのでよそ見はできないが、ずっと海岸線を走るので時々海が見える。天気も良く、青い空と青い海が素敵な色のコントラストをかもしだしてくれる。  最初に訪れたのはワット・パークナ

  • 90日レポートオンライン成功とファイザーブースター登録

     先週は旅行に出ていたので、この90日レポートはもう10日以上も前の話になるのだが、今回は無事オンラインで済ませることができた。2週間前からオンラインが可能なはずなので、ちょうど2週間前にあたる1月6日朝早くにイミグレのホームページからTM47をクリックすると、まずI

  • 日本人移民の碑があるワット・ゲンコイ(サラブリー)

     このワット・ゲンコイは、昨年末のHISスリン象祭りツアーの一日目に訪れたところだ。このツアーは本当にお買い得だと思ったのだが、初日にこのお寺、ラムタコンダムで昼食、そしてブリラムのパノムルン遺跡、ムアンタム遺跡を見学し、2日目の午前中に象祭りを見学してバン

  • カメラについて思う

     日頃ブログに使っている写真はiPhoneで撮ったものだが、旅行記はデジカメで撮った写真が多い。まだカメラを使っているのかと言われそうだが、私はお寺や遺跡を見るのが好きなので、やはりカメラの方が望遠率が高いし、少し広角なので便利なのだ。でも両方を手に持ち撮影す

  • まるでテーマパーク? ワット・チャークヤイ

     次に向かったのは、プリウ滝から3.5㎞ほどのワット・チャークヤイ。教え子がチャンタブリーの観光名所が載っているタイ語のサイトを教えてくれて、そこにあった写真がとても不思議だったのだ。これによく似た写真だった  これは仏教徒にとって大切なマーカブーチャー(ว

  • ドライブでプリウ滝へ(チャンタブリー)

     旅行を誘ってくれた友人は、あまり細かいことを気にしないタイプなので、チャンタブリー市内から15kmほど離れたナムトックプリウ国立公園へ行きたいと言いながら、どうやって行くのかをあまり考えていなかった。「ソンテウとかチャーターできるんじゃない?」「でもそ

  • PCR検査後いなくなった外国人を公開捜査

     今日のニュースを聞いてびっくりしたのだが、タイ観光警察が「テスト&ゴー」で入国したあと、PCR検査で陽性となったヨーロッパからの観光者6人がホテルからいなくなったと発表したそうだ。 しかもチャンネル3のニュースでは、その6人の顔写真と氏名、年齢までも公表され

  • チャンタブリーを歩く②

     チャンタブーン・ウォーターフロントは約300年前にチャンタブリー川の水運で栄えた町の様子が残る約1kmに渡る川沿いの通りだ。昔ながらの古民家が並び、素敵なホテルやカフェなどに改築されている。コロナ以前なら、休日は観光客でごった返していたらしいここは手前がミ

  • チャンタブリーを歩く①

     リゾートの前にチャンタブリーの町で一泊した。以前からチャンタブリーには行ってみたいと思っていて、それは以前写真で見たチャンタブーン・ウォーターフロントを歩いてみたかったから。 エカマイ発チャンタブリー行きのバスは、満席だった。私たちはすでにネットでチケ

  • リゾートで迎えた2022年

     2021年は友人と3人でチャンタブリーで年越しすることになった。以前から行きたいと思っていたところだが、友人が誘ってくれたのは、夜景のきれいなリゾートで、シーフードディナー、いかだの川クルーズ、朝食、コーヒーとセットになったリゾート宿泊。チャンタブリーの中心

ブログリーダー」を活用して、nakkoさんをフォローしませんか?

ハンドル名
nakkoさん
ブログタイトル
がんになっても地球旅行
フォロー
がんになっても地球旅行

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用