searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

なおべいさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
おたすけなおべい
ブログURL
https://reiwanotasuke.com
ブログ紹介文
介護の前線で頑張る人をケア、効率化、マネジメント、働き方、哲学などの情報発信で応援するブログ
利用SNS・
コンテンツ
Twitterアイコン

Twitter

https://twitter.com/naobei
更新頻度(1年)

22回 / 365日(平均0.4回/週)

ブログ村参加:2019/05/21

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、なおべいさんをフォローしませんか?

ハンドル名
なおべいさん
ブログタイトル
おたすけなおべい
更新頻度
22回 / 365日(平均0.4回/週)
フォロー
おたすけなおべい

なおべいさんの新着記事

1件〜30件

  • あえてケアの差別化から脱却してみて考えるPR活動

    どうも、なおべい(@naobei)といいます!今回は、尾原和啓さんの「プロセスエコノミー」という本を読んで、介護事業所のPR活動に今後生かせそうだなと思うところがあったのでアウトプットします。サービスとして求められるケアはどこもやっているみ

  • 【介護の職場】人間関係でぐいぐい来られて消耗していませんか?

    今回は介護の現場でよくある人間関係の問題について。 心を消耗しないように守ることも、コミュニケーションが求められる職場では必要なスキルですよね。あまりに消耗しすぎると疲れてしまい長続きできないから。 今回は、心の守り方について解説していきま

  • いち介護士が思う年寄りになったら出てくる格差ベスト3

    介護現場で働いていて、たくさんのお年寄りを見てきました。 何が幸せかはホント人それぞれではあるんですが、「コレって年寄りになるとより大切になるんじゃないか」「ここは格差になるから気をつけたほうがいい」というポイントに、ランキングを作って見ま

  • 飲食業から介護士へ転職した人は出来る人が多い説

    デイサービスなどの介護施設で採用を経験してきて、採るかどうするか考えるときに、 履歴書に飲食業の経験があると、「未経験でも頑張ってくれそうだなぁ」と思うことがよくありました。 実際採用してみても、当たりのケースが多かったし、介護の仕事で関わ

  • 介護ブログで100記事を超えたので振り返り

    どうも、介護福祉士のなおべい(@naobei)です! タイトル通りなのですが、ワードプレスで介護分野のブログサイトを作って、ブログの記事数が一つの大台である100を超えたので振り返ってみたいと思います。以前50記事を超えた時のこちらの記事も

  • ITを使った仕事が覚えられない介護士さんの特徴!どうすれば解決できそう?

    アナログ体質だった介護の業務も段々とデジタルで処理できるように変わってきました。請求業務、記録、連絡共有、ロボットの活用、IOT機器の活用など・・・。これから、どんどん進んでいくことは間違いないでしょう。 そこで今介護現場で問題の一つになっ

  • 【介護で独立したい人向け】立ち上げる場所でやりたいケアが実現できるか変わります!

    介護事業所を自分で立ち上げてやってみたいというとき、・資金はどうしよう・場所はどうしよう・事業計画書はどうしようとなると思いますが、その前にどんな目的で介護を始めたいと考えるでしょうか? もし、自分の中で「こんなケアがしたい!」と具体的な希

  • 介護施設でSNSを発信するメリットとデメリット

    介護事業所でのSNS発信ついては、このブログでもいくつか記事を書いてきました。今回は介護事業所の運営面を中心に考えて、SNSのメリットとデメリットを解説していきます。メリット事業所の周知やイメージアップまずは知られないと始まらないSNSを使

  • 甘過ぎず優し過ぎず、ちょうどいいバランスで接することが出来る人になるには?

    一見似ているようで意味が異なる、甘さと優しさの違いについて解説。甘い人にも優しい人にも良いところと悪いところはあるので、上手くバランスをとるにはどうすればいいのか?人間関係における仕事や生活の中を例にアサーションを使った解決方法を説明しています。

  • 介護事業所はストーリーを可視化することでファンがつく【ブログやSNSの活用ポイント】

    ブログやSNSなどで介護関係者の投稿をみていると、一時期はネガティブな投稿も多い時期がありましたが、 近頃はポジティブに前向きな投稿をされている方や、真摯に問題などを考えている方、の投稿も増えてきています。 SNS利用の危険さは、この記事で

  • SNS発信がもたらす介護職と事業所の成長機会

    デジタル化が各所で進んでいる中、コミュニケーションツールでSNSの利用は盛んになっています。でも実際は内部情報流出のリスク回避から、「SNSはやめて欲しい」と考えている介護事業所もあると思います。 それでも・・・ 僕は長期的な目線でみたら.

  • 介護職のSNS発信が会社から禁止や制限されるのはなぜか?

    SNSの利用が世界的に当たり前になっている中で、不適切投稿や誹謗中傷などの問題も起きています。 そうした側面のリスクをふまえ介護サービス事業所でも、個人のSNS上での発信や投稿を制限している会社も少なくありません。 「やりたい!」と思ってい

  • Clubhouseを使った介護サービスの営業を考えてみる

    今回はデイサービスを想定して、音声チャットSNS「Clubhouse(クラブハウス」を使ってどのように介護サービスのPR活動に使っていくか考えてみます。 デイサービスなどの介護サービスで、WEBマーケティング及び集客が必要な時代であることに

  • 音声SNS「Clubhouse」を使ってみて分かったことを振り返る

    今話題になっているSNS「Clubhouse」(クラブハウス)についての考察記事です。様々な情報が出ているので、変更点がでてきたら更新していきます。Clubhouse(クラブハウス)とはどんなもの?TwitterやInstagram、Fac

  • その一言いる?注意なのか、やる気を落とそうとしているのか分からない場面に思うこと

     仕事をしていて、ちょっとミスがあったり、相手が求めるレベルに達していない出来のものを出してしまうと、注意を受ける。  そりゃ当たり前だ。 少なからず多くの人が経験はあるんじゃないでしょうか。 でもこれは何の意味があって注意しているんだろう

  • 介護は理屈だけじゃない?ケアに生かすラテラル・シンキング

    ラテラル・シンキング(水平思考)を介護現場で生かして活用するための考え方を解説しています。ラテラル・シンキングとはどういったものか、ロジカル・シンキングとの関係、介護現場を通じた考え方の例など。

  • 情報をシャワーみたいに浴びれる時代にすべきこと

    情報収集と分析。 ビジネス、趣味、生活などあらゆるところで情報をいかに得られるかは、いつの時代でも重要な能力になっていました。近年は、インターネットの出現とスマホ文化拡大により、YouTubeやブログ、オンラインサロンなどで簡単に有益な情報

  • 伸び悩む介護リーダーさんにそっと教えたいはなし

    介護の仕事をしていて、利用者さんとも職員とも仲良く、テキパキ仕事も出来る職員さん。こんな職員さんはどこの介護現場でも重宝されますし、次のリーダーになっていくようなことが多いタイプでしょう。 しかし、いざリーダーになってみたら、職場からの信頼

  • テクノロジーの発達で変化する自立支援のあり方を現場感覚で考えてみた

    どうも、介護福祉士のなおべい(@naobei)です! 今回はITと介護等の支援についての内容です。人が行う自立支援とテクノロジーの発達で変化する支援のあり方について、考察してみました。今までの自立支援介護の基本理念の一つに、自立支援というも

  • 結局、本を何で読めばいいんだろうか?【紙、電子、音声での読書を解説】

    今回は読書をテーマにした内容です。 こと本を読むと言っても手段は色々ありますよね。本の内容を把握する手段としては、現在大きく3つあります。⑴紙の本⑵電子書籍⑶オーディオ書籍(音声)僕自身は1ヶ月に20〜30冊くらいは本を読む方なのですが、「

  • 直感で解決できない問題に目を向けるのはつらい

    なんとかしたい問題に直面しているとき、まずどう捉えるべきか。問題解決法は色々あって、そのときそのときでその問題に合った解決策を考えるのが定跡だけども、人間の本能的な性質を無視していきなり対処していくのは、結構難しい。何度も同じ問題に当たって

  • いつまでも元気でいてね・・・って軽く使っていいのか?

    どうも、介護福祉士のなおべい(@naobei)です! 先日とある郵便局に用があって行ったのですが、そこでお年寄り世代への振込み詐欺注意喚起で、アナウンスが流れていたんですね。そこでちょっとした違和感を感じました。振り込む際の注意を一通りした

  • 営業でもプレゼンでも使えるチャンスをカタチにする方法

    介護職でもプレゼンや共有する場面って割とあったりします。たとえば、こんな時・・・・居宅ケアマネさんやソーシャルワーカーさんへの営業・職員会議での新しいケア方法の共有・ご家族や利用者さんが納得できる支援のプランニングなど じゃあ、そこで何をし

  • 介護職が知っとくべきオリゴ糖の知識

    介護の仕事をしていると、「便秘気味で困っている方がいる」「甘いもの好きだけど糖尿病持ち」なんて人がいたりします。 高齢の方であれば、ほとんどの方が薬を服用したりして、身体の調整をすることも多いですが、・腸の働きを整え、便秘を解消できる・甘味

  • 不満や辞める職員が出てくる前に、リーダーがやっておくべきこと

    職員同士もめることはないし、サービスもしっかり回っている。とりあえずしばらく、このメンバーでやっていけるだろう。と思っていて、突然、「すみません。次のシフトで辞めようと思うんです。」っていわれる経験をされた方はいませんか? もしくは、逆に辞

  • 仮説思考でケアに取り組むことのススメ

    仮説思考とは、限られた情報を利用し、目標達成や問題解決に向けた仮説(仮の問いや結論)をたて、実行や検証をしていく思考法のことです。この思考法ができるようになると、・課題の発見・問題の解決が早く対応できるようになります。様々な情報を扱いながら

  • 認知症になっても安心感が得られる3つのポイント【認知症を告白された医師の本を読んで】

    介護業界の方はご存知の方が多いかもしれませんが、2017年に認知症専門医である長谷川和夫先生が自ら認知症であることを告白され、その後著書「ボクはやっと認知症であることがわかった」で、自身の体験やなってみて理解したことを述べられました。 ボク

  • 実力のある介護のリーダーで感覚派はほぼいない

    どうも、介護福祉士のなおべい(@naobei)です! 今回は、介護職のリーダーについてのお話です。よく二元論で感覚派(天才型)や理論派(秀才型)なんて分け方をきくこともありますが、介護の仕事ではその辺りどうなのか? 一般的な目線で考えると、

  • 【寝坊した時に電車でみてほしい】仕事に遅刻してしまったらどうすべきか?

    仕事で遅刻をしてしまった時どうするか?職場への報告の仕方、遅刻の理由など迷うこともあるかもしれません。本記事では、遅刻をしてしまった際に、やるべきことや常習者の人が考えておくべきことを管理職経験の立場で客観的に解説しています。

  • 認知症などで外出拒否のある方をデイに連れ出す作戦について

    引きこもりがちの高齢者によくあるケース。認知症が進んできて、・家にこもって寝てばかり・トイレの失敗が多々ある・入浴や着替えを家でやろうとしない・家族の言うことを聞いてくれないこんな人がいたりしますよね。 そんな時にデイサービスなどを利用して

カテゴリー一覧
商用

フォローできる上限に達しました。

新規登録/ログインすることで
フォロー上限を増やすことができます。

フォローしました

リーダーで読む

フォロー
clear この画面を閉じる

フォローしてブログ村リーダーで
このブログをチェック!

おたすけなおべい

介護の前線で頑張る人をケア、効率化、マネジメント、働き方、哲学などの情報発信で応援するブログ

フォロー