searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

kaigobillyさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
闘え!介護職
ブログURL
https://www.kaigobilly69.net/
ブログ紹介文
業界18年目の現役介護職員が書く、介護施設での実体験、学んできた知識等を書いていきます。主に施設の介護職員向きです。古くからの慣習に対し色々な方法を提案するという形で闘っていきます。
更新頻度(1年)

34回 / 365日(平均0.7回/週)

ブログ村参加:2019/05/08

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、kaigobillyさんをフォローしませんか?

ハンドル名
kaigobillyさん
ブログタイトル
闘え!介護職
更新頻度
34回 / 365日(平均0.7回/週)
フォロー
闘え!介護職

kaigobillyさんの新着記事

1件〜30件

  • 利用者の姿勢づくりの意味と大切さ

    過去に何度か姿勢関係の記事を書いてきましたが、 今回は主にベッドで過ごす時間が多い利用者を例にあげ、 姿勢、ポジショニングの意味と大切さについて書いていきます。 ここがしっかりしていないと、ただクッションを突っ込むだけの対応や、 姿勢設定そのものがおざなりになり 面倒だの意味がないだのとで徹底されなくなってしまい、 結果として利用者の不良姿勢につながりますので。 安楽な姿勢作りを考える 不良姿勢がもたらす弊害 苦痛を取り除くこと クッションの役割 安楽な姿勢が褥瘡、拘縮悪化の予防につながる おわりに 安楽な姿勢作りを考える 姿勢作りにおいて最も大切なのは、 安楽な姿勢 です。 食事や入浴、その…

  • 間違った専門用語は利用者を傷つける

    〜もくじ〜 介護現場では日常的に専門用語や略語が飛び交う 事例①認知(ニンチ) 認知症としての意味 ニンチという言葉の使い方が招く危険性 事例②「指示が入る」 不適切な言葉は虐待の第一歩 おわりに 介護現場では日常的に専門用語や略語が飛び交う 介護現場では、沢山の専門用語や略語が飛び交います。 それは職員同士の報連相をスムーズにしたりと、 仕事に大いに役立つことでしょう。 しかし、この専門用語や略語、間違った解釈や使い方で、利用者を傷つけたり、 利用者を軽視することと同義となる場合があります。 よく使われる言葉を例に出して解説します。 事例①認知(ニンチ) 「今度利用予定の人、ニンチある?」 …

  • 介護現場は本当に「人がいない」のか?

    人手不足が多いとされる介護の仕事。 毎日ギリギリの精神状態の中で仕事をしているところも多いでしょう。 「人がいなくて大変」 「人を増やしてほしい」 こういった悲痛な叫びも多く聞かれます。 でもその言葉に具体性や根拠はありますか? 筋道立てて報告できますか? また、具体的な数字も出さずに闇雲に人を増やしたのでは、 かえって仕事の能率が落ちることにもつながります。 今日は「介護現場で人を増やす事」について考えていきます。 介護現場は人手不足なのか 人が少ないことを証明するために 目的を明確にしない増員は仕事の能率を下げる おわりに 介護現場は人手不足なのか 私もそうですが介護職の方は体感的に、 「…

  • 夢と認知症は似ているという仮説

    皆さんは夢を見ますか? 楽しい夢、悲しい夢、怖い夢… 起きがけの寝ぼけた頭である日ふと思ったのです。 認知症と夢って似ているんじゃないかと。 これはひとつの仮説で、これに関する研究があるかどうかもわかりませんが、 認知症をイメージしやすい仮説ではないかと思いました。 ひとつの読み物としてお楽しみください。 夢と認知症の共通点 嫌なことほど覚えている おわりに…ちょっとした体験ゲーム 夢と認知症の共通点 皆さん、朝目覚めた直後のことを思い出して下さい。 夜見た夢の内容や体験、感触まで鮮明に覚えていると思います。 しかし、少し時間が経つと、あっという間に忘れていきます。 そしてとうとう、「夢を見た…

  • いじめは許せない

    いじめについてネットを中心に話題になっているようです。 こうしていじめをクローズアップするのは良いことだと思います。 しかしただ、 「いじめはダメ」 と言ったところでいじめは減りません。 現実として今もいじめはあるでしょう? 最近でも被害者が命を絶ってしまったという事件もありましたよね。 私はいじめにあったこともあるし、恥ずかしながらいじめをした側になったこともあります。 それらを踏まえつつ、いじめについて分析してみました。 ※今回は介護とは関係ないブログになります。 いじめのきっかけ いじめる側の心理 いじめられる側の心理 大人と子供のいじめの違い いじめられる側にも原因があるのか? いじめ…

  • 利用者の性的欲求について考える

    デイや特養などの介護施設を使う利用者。 中には度を過ぎた性的欲求を持つ人も。 利用者から職員へのセクハラも時々話題にあがります。 セクハラはどんな理由があっても許されることではありませんが、 もう少しそこを深堀りして、 「利用者の性的欲求」 について考えてみたいと思います。 利用者の性的欲求 利用者の性的欲求に対してのアプローチ アプローチは利用者1人で 性的欲求に対してどんなアプローチをするか? 心身状態の見極め 何を用意するか 性的サービスを希望されたら 利用者からのセクハラには毅然とした対応を 利用者にセクハラをさせないために おわりに 利用者の性的欲求 人間の3大欲求と言われるくらいな…

  • 悩みやストレスは介護職に限った話ではない

    介護の仕事に限らずですが、悩みやストレスって多いですよね。 「介護職 悩み」で検索すると、関連ワードにこんな内容が出てきました。 (ちなみに検索結果そのものについては企業のHPがほとんどでした) これらの言葉から、世の介護関係者は相当な悩み・ストレスを抱えているんだなあと思います。 この検索結果だと主に人間関係でしょうか。 でも、こうした悩みやストレスって、 何も介護に限ったことではありません。 時々どっかのライターやYouTuberあたりによる、 あたかも介護の仕事が悩みやストレスが多く、就くものじゃないといった主張や、 介護職員のレベルや意識が低いという主張などをみかけますが、 「何言って…

  • 言い方がキツい職員

    介護の現場にひとりふたりはほぼ必ず、 やたらと言い方がキツい職員がいます。 「そこまで言う必要ある?」 「なんでそんな言い方するの?」 ていう人たちです。 何なんでしょうねあれ。 そんな「言い方のキツイ人たち」について考察してみました。 言い方がキツい職員とは キツイ言い方をする人の心理 相手が同じミスを繰り返している 自分と相手の介護に対する考え方の違い 八つ当たり キツイ言い方の弊害 萎縮する 敵意を向ける 退職者の増加 相手の話を聞こう おわりに 言い方がキツい職員とは 人のミスやちょっとした業務の抜けなどを声を荒げて注意するような人です。 それも、 「ちょっと●●さん!▲▲さんの布団乱…

  • 介護業界で見かける「隣の芝生は青い」こと

    介護現場で、 「隣の芝生は青い」と感じることはないでしょうか? ない? ホントに? よく考えてみてください。 例えば、 「ケアマネや相談員はパソコンばっかりで楽そうだ」 「看護はサッと処置したり下剤用意したりしかしてない」 「介護の夜勤は暇で、それで夜勤手当貰ってて不公平」 「施設長は数字しか見ていない」 どうでしょう。 ひとつふたつくらいは心当たりがあるんじゃないでしょうか? 気持ちはわからくてもないですが、 これは職場にとって何の意味もないばかりか、 職場の人間関係、労働環境を悪化させかねません。 今日はそんなお話をします。 ヨソのフロアや部署は良く見える 介護職から見たケアマネの様子 ケ…

  • 転職を考えている介護職へワンポイントアドバイス

    介護職(介護に限りませんが)で、様々な理由から転職を考える人は少なくありません。 介護職向けの転職仲介業者や、転職に関するブログなども数多くあります。 ここでその良し悪しには触れませんが、 私も転職を何度かした身。 自身の体験談から、ワンポイントアドバイスをしてみようと思います。 転職を考える前に 働きたい職場を見つけているか? 働きたい職場に勤めている知り合いに聞く 働きたい職場に勤めている知り合いがいない場合 働きたい職場が見つかっていない場合 就職申し込みをする前に 退職を考える前に おわりに 転職を考える前に 転職を考えるにあたって、 どういう職種につきたいか、 そこでどんなことをした…

  • 帰宅願望の背景を考える

    介護現場において職員を悩ませる 利用者の帰宅願望。 認知症などの病的な背景もありますが、 なぜ帰宅願望が起こるのか。 帰宅願望とどう向き合えばいいか。 利用者の帰宅願望の背景を考えてみたいと思います。 なぜ帰宅願望が起こるのか 家に帰るだけが帰宅願望の理由ではない 帰宅願望を止める必要はない 帰宅願望が起こらない環境は必要か? 大事なのは帰宅願望の背景を知るということ おわりに 番外編:ブログ管理人のオススメ資料 なぜ帰宅願望が起こるのか よく思われるのが、 利用者がデイサービスや特養などにいるという認識がなく、 「いつの間にか連れてこられたから帰りたい」 というのがあります。 そして、 出口…

  • クローズアップされない「要介護度の高い人たちや施設」

    イチ介護職員の叫びとして読んで下さい。 介護事業所の中に、 利用者と料理や農作業、はたまた簡単な仕事などを行なっている所があります。 それ自体はとても素晴らしい事だと思います。 利用者が、 「私を必要としてくれている」 「生きがい、やりがい」 こういったモチベーションのアップにもつながることだと思います。 しかし数ある介護サービスや事業所の中でも、 メディアが取り上げ注目するのは、 前述した「活動的」な事業所ばかり。 そしてそれを素晴らしい介護と讃える。 中には、特養のような事業所形態を牢屋だの自由がないだの言ってる人もいました。 こうした記事などを目にすると、 物凄く引っかかるんですよ。 要…

  • 介護現場において利用者に「寄り添う」とは?

    介護現場ではしばしば、 利用者に寄り添う という言葉が使われます。 一見耳障りが良く、場面を問わず介護現場では使いやすい言葉に思えます。 しかしこの「寄り添う」とは、 具体的に何をさすのかを考えたことがありますか? 「寄り添う」って? 人によって解釈が違う危うさ 具体性のある言葉を 普段の関わりこそが「寄り添い」 おわりに 「寄り添う」って? しばしば介護職に対して、 「もっと利用者に寄り添って」 「寄り添った介護を」 などという言葉を聞くし、実際に言われたこともあります。 でもこの言葉、具体性があるようでないように思えます。 具体的に何を求めているのか? 具体的に何をするのか? ここの部分が…

  • 介護職に自己犠牲は必要か?

    介護の仕事をしているとしばしば、 職員の自己犠牲を強いられるような風潮、主張を目にします。 自己犠牲というと聞こえは悪いですが、 例えば、 ・勤務外や休日に買い物などの利用者関係の事をやらざるを得ない状況。 ・認知症などが原因での暴力、セクハラなどに対策を練らず、職員の我慢や根性論、中には状況も知らないのに「職員の介護の仕方が悪いから」と決めつけるような心ない言動。 ・災害時などに「職員は自分や家族のことよりまず利用者対応にあたるべきだ(出勤するべきだ)といった主張・風潮。 ・休日なのに自主的に会議に来る。 ひとつくらいは皆さん見聞きした事があるんじゃないでしょうか? これらをひとつひとつ書い…

  • 利用者の朝夕のパジャマへの着替えについて考える

    特養などの介護施設で、 寝る前に利用者のパジャマへの着替えをする施設、あると思います。 しかし中には、 拘縮が強い人、 認知症などでパジャマだということ、着替えるということの認識がない人、 そもそも夕食後の片付けや居室への誘導、排泄介助などでバタバタし時間がないなど、 簡単にはいかないこともあります。 私が勤めてきた施設やネット上でも、 パジャマへの着替えについて疑問点や議論が多くなされてきました。 中には、 「寝たきりの人を着替えさせる必要はあるのか?」 「認知症がある人にパジャマへの着替えは意味があるのか?」 といった意見、 「いや、寝る前にパジャマへの着替えは全員するべきだ!」 「メリハ…

  • 話し合いができず感情的にしか話せない介護職

    介護の仕事(介護に限らずですが)をしていると、 既存の体制、ルール、職場の体制などで疑問に思うことや不満、もどかしさなどが出てくる場面が多々あると思います。 「なんで●●しなきゃいけないんだ(してはいけないんだ)」 「人がいない」 「利用者の対応が大変」 「毎日毎日忙しい、余裕がない」 よく耳にするのはこの辺りでしょうか。 気持ちはわかるけど、これって全部 「感情的なもの」 なんですよね。 改善提案なのか、単なる愚痴なのか。 自分のフロアや部署だけでなく、他の職種を巻き込むものとならば、きちんとした説明、プレゼンは必須です。 それをせず感情的にしか言えないと、相手に意図が伝わらないばかりか、 …

  • 介護の仕事における意識をモンハンで例えてみる

    モンスターハンターライズが発売されましたね。 全国のハンター達は今頃狩りに精を出していることでしょう。 (私もですが) ところでモンハンというゲームは、マルチプレイで多人数でゲームができます。 マナーはもちろんのこと、 相手の邪魔をせず、 相手の行動を予測しフォローに入り、 皆で同じ目標(クエストクリア)に向けて動いていきます。 これって介護の仕事に似てませんか? 介護の仕事をモンスターハンターで例えてみたいと思います。 モンスターハンターで介護の仕事を語る モンハンでは、クエストのフィールドやモンスターの種類などによって持ち込むアイテムや装備を変えて狩猟に出ます。 更にマルチプレイだと、仲間…

  • 「何とかしてください」という言葉はただの「丸投げ」

    介護施設に限った話ではないかもしれませんが、 普段の介護業務の中で、 利用者の対応、事業所のルール、職場環境(特に人員不足問題)などについて 「課長!何とかして下さい!とにかく現場は大変なんです!」 などと、委員会や部署の長、管理職に言いにいくような場面を見聞きしたことはありませんか? もしくはたまたま現場にきた上司にひたすら感情的に上記のような話をする人を。 言いたくなる気持ちはわかりますが、こういったケースについてちょっと落ち着いて考えてみましょうよ。 上司や管理職は「何とかする役」ではない 「何とかしてください」だけではただの丸投げ 丸投げが引き起こす問題 部署長や管理職はどう動くべきか…

  • 介護施設で地震が来たらどう動くべきか?

    昨夜、大きな地震がありました。 私の生活地域もかなり揺れましたが、幸いにも被害は出ていないようです。 まだまだ余談を許さない状況ですが、注意しながら生活していきたいところです。 さて、地震についてですが、 特養などの介護施設で大きい地震があった際、 どう動いていきますか? 恐らくは、避難訓練もあり、地震発生時のガイドラインのようなものがあるかと思うので、 それに沿って動いていくことだろうと思います。 当然ですが動き方は事業所によって全く違いますが、 介護関係者の中で「どう動くべきか」で意見が割れることがしばしばあります。 私自身も私が勤めていた事業所も大地震を経験していることもあり、 このこと…

  • 休日の職員への電話での報告や確認、本当に必要?

    介護施設に勤めていて、休日の職員に電話をかけて何かを確認する、 もしくは休日の上司に電話をして何かを報告する… こういう事、少なからずあると思います。 確認事項なら、 ショートステイの利用者の荷物が足りない 利用者の行動(特に事故)についての確認。 報告事項なら、 利用者の事故 利用者の急変 職員の休み。 これらが多いのではないでしょうか。 いわゆる「報・連・相」を徹底していると言えば聞こえはいいですが、 休みの職員にわざわざ電話をする必要ってあるんでしょうか? 未だ平気で休みの職員に電話するという風潮があるので、この件に対して物申していきます。 休みの職員に電話してまで報告や確認する必要があ…

  • 夜勤明けの職員にやむなく残業させる場合は補助的な業務をお願いしよう

    介護施設において、夜勤がある事業所は多いです。 特養、ショートステイ、老健、グループホームなど… 夜勤業務については事業形態や職場によって大きく違うのでここでは触れませんが、 ひとつだけ大事なことを書きます。 それは、 「夜勤明けに業務をさせることについて」です。 夜勤明けに業務をさせることについての注意点 夜勤明けに通常業務をさせている現状 夜勤明けの職員にさせないほうがいい業務3選 ①服薬介助 ②入浴介助 ③送迎業務 夜勤明けの職員の負担を減らすために おわりに 夜勤明けに業務をさせることについての注意点 そもそも夜勤は、利用者や日勤者が寝ている時間帯に夜通し起きて動き回っているわけです。…

  • 介護施設での利用者の私物の買い物は誰が対応するべき?

    特養などの介護施設、場合によってはショートステイの長期利用者の私物やおやつなど、必要時に用意するものがあると思います。 特養では特に、 担当利用者の化粧水 担当利用者のおやつ 担当利用者の歯ブラシ 担当利用者のひげそりの替刃など、 多岐にわたると思います。 で、これらは当然買ってくるなりして用意する必要がありますが、 こういう場合、誰が買ってくるんでしょうか? そこで介護施設での利用者の買い物について、 私の考えを書いてみようと思います。 介護施設の利用者の買い物は誰がするべきか 本人が自分で買い物をするだけの心身状態ではない 家族が非協力的 独居で家族がいない 施設職員が買い物に行っている現…

  • 介護関係の資格の難易度の基準をストⅡで例えてみる

    今月は介護福祉士の試験ですね。 受験する方々は最後の追い込みの時期でしょうか。 良い結果となることを祈っています。 ところで、介護福祉士の資格についてですが、 一部の職員及びネットの中には、 介護福祉士は難しい 介護福祉士は簡単だ などといった主張があり、時々物議を醸し出しており、それに派生して、 介護福祉士の資格は意味がない なんていう主張が聞かれたりします。 ⬇️関連記事はコチラ www.kaigobilly69.net 受験者や、既に資格を持っている人の気持ちを削がないでもらいたいもんです。 それはさておき、 介護福祉士の難易度については、簡単だろうが難しかろうが、 それは全く関係ないし…

  • 利用者の対応を検討する時の注意点をファイナルファンタジーで例えてみる

    普段仕事をしている中で、利用者へ様々な対応を行なっていると思います。 言葉かけひとつとっても千差万別。 介護現場はこういう場面別の対応が無数にあります。 ところで、そういった対応を決めたり検討する際、 何を基準にしてますか? 「なんとなく」ていう人もいるかもしれないし、 綿密にデータをとって提案する人もいるでしょう。 いずれにしても、検討ができる「引き出し(知識や経験)」をもってなければなりません。 こういった利用者の対応、対策を考えるときの注意点を人気ロールプレイングゲーム 「ファイナルファンタジー」 で例えてみようと思います。 状況に応じて対応を変える 様々な対応を試すときの注意点 個々の…

  • ドラクエで介護業界のチームケアの大事さを考える

    介護業界におけるチームワーク、人間関係…。 特に職種間におけるお互いの仕事内容の理解がなく、見下されたりするような言葉を受けたり、 逆にそういう言葉を発してしまったり。 なぜ、こういうことが起こるのでしょうか。 私はこのような小競り合い自体が無駄だし、何より目の前の利用者の対応にも影響が出ると思っています。 私はゲームが好きなので、お互いの職種に関する考え方をドラクエで例えてみようと思います。 職種に上下関係はない ドラクエの「職業」を介護に当てはめると… 他の職種への理解を おわりに 職種に上下関係はない ドラクエに「職業」というのがあります。 勇者・戦士・僧侶・魔法使い・賢者・バトルマスタ…

  • 認知症がどんなものかをドラクエで例えてみる

    私はゲームが好きです。 今回はドラクエと認知症を絡めて、認知症を解説してみたいと思います。 認知症対応のヒント、頭の整理になればなと思います。 認知症を「ステータス異常」と考える 認知症という「ステータス異常」にかかるとどうなるか ステータス異常になった人の行動は? 動作の一部が消された場合 クシで歯を磨くケース 味噌汁でうがいをするケース 認知症の進行で消される記憶(コマンド)は増えていく 頭の中(コマンド)を整理しよう おわりに 番外編…管理人の推しドラクエ ①ドラゴンクエスト11s(Switch) ②ドラゴンクエスト5(DS) ③ドラゴンクエスト6(DS) 認知症を「ステータス異常」と考…

  • 人の噂話が好きな職場は人が離れていく

    皆さんの職場は、 人の噂話が飛び交ってないでしょうか? 話が盛り上がってて一見アットホームに見える? いやいや、それはアットホームどころか居心地の悪い状態にしてるといえます。 そして人が離れていき、人が集まらなくなります。 私も噂で酷い目にあったことがあるので、それも踏まえて噂話の醜さを書いていきます。 噂話は無意識のイジメといえる なぜ噂話が広まるのか ①周りと仲間意識を持てる ②自分たちのストレス発散 噂話による弊害 ①異動先でのマイナス評価 ②退職者の増加と新人が集まらなくなる ③職場内が疑心暗鬼になる これを読んでいる皆さんにお願い 噂話は無意識のイジメといえる 大抵人の噂話は、 良い…

  • 介助方法の分析と工夫で職員の介護負担が軽くなった話

    我々は限られた時間と環境と人員の中で、 利用者に様々な場面で介助・支援に入っています。 そして利用者にも様々な人がおり、 体格が良すぎる人、 拘縮が強い人、 気難しい人、 悲観的になりやすい人など、 その人に合わせた対応を求められます。 時には、 「これ、もう無理なんじゃない?」 と思うこともあると思います。 そして、 食事形態を下げる、 二人で移乗する、 個浴(一般浴)から特浴にする トイレからオムツにするなど、 対応の変更を迫られる場面もあるでしょう。 それは個々の利用者によるのでここでは触れませんが、 対応を変える前に、 もしかしたら、ちょっとした介助の工夫で職員の負担が減る場合もあるか…

  • 役職への指導・育成を怠っていないか?

    年度が変わる、もしくは退職などがあり年度途中の人事異動などで、 イチ介護職だった人が役職や相談職などに昇進・異動する場合があると思います。 ほとんどの場合、職場での活躍が買われてのことだと思います。 (まれに「他に人がいないから仕方なく」という声も聞こえますが…) この時、昇進・移動した職員へのフォローをしているのか。 そんな事を書いていきます。 役職や他職種に求められるものは介護業務とは異なる 役職に必要なものとは 他職種に必要なもの(ケアマネを例に) 役職や他職種へも指導・育成をきちんと行うべき 放置されやすい「ベテラン」職員 職員の立場や職種に応じた育成プログラムが必要 おわりに 役職や…

  • 新人・異動職員の育成にはどんどん介護業務をやってもらうことが近道

    通常、新人が入職してくるのは4月が多いと思いますが、 介護(医療もかな?)関係の事業所には、年度途中で中途で入社してくる経験者や、 部署の異動で入ってくる人たちもいます。 でも、こんなご時世です。 なるべく早く独り立ちしてほしい。 付き添って教える時間がとれない。 これくらいは分かってて(察して)ほしい そもそも教え方がわからない などの理由できちんとした指導・教育ができず、 入社する側は 「ちゃんと教えてもらえないから利用者の細かい部分や事業所のルール(特に暗黙の)がわからない。動きたいけど動けない」 という気持ちになり、 受け入れる側は、 「いつまでたっても仕事を覚えてくれない」 という気…

カテゴリー一覧
商用

フォローできる上限に達しました。

新規登録/ログインすることで
フォロー上限を増やすことができます。

フォローしました

リーダーで読む

フォロー