chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel

1件〜100件

  • 噴水広場

    噴水広場2022.08.14晴れ残暑の季節というが、まだまだ猛暑の季節だ。四季の森公園のじゃぶじゃぶ池と噴水広場は子供たちの人気者である。展望広場もテントが張られて賑わっていた。2世帯用みたいな大きなテントや4本支柱に屋根を張るテントは使用禁止らしく、公園管理の方に注意されていた。苦労して組み立てたのにかわいそう!(写真:噴水広場。水着で楽しんでいる子も。海より絶対安全!)噴水広場

  • 北国豪雨

    北国豪雨2022.08.14晴れ台風8号は思ったよりも静かに横浜を通過した。北国は長い間豪雨が続き、被害が多く出ているのは悲しい。岩木川が大洪水。ねぶたの前夜祭の五所川原の岩木川河川敷花火大会は、8月3日の予定だったが9日に延期。しかし、豪雨が続いているので23日に再延期とか。毎回参加の吉幾三さんも予定変更で振り回されているかな?鰺ヶ沢、深浦は特に被害がひどいようだ。早く普通の暮らしができますように。(写真:キバナコスモス。秋が近づいてきているのか?)北国豪雨

  • 水中ウォーキング 

    水中ウォーキング2022.08.10晴れ相変わらず猛暑が続いている。10年ぶりぐらいで近くのプール(旭プール)に行ってみた。高齢者は「濱ともカード」で入場料は半額(200円)だ。プール内のウォーキング。体が軽くなり、陸上では到底できない大股歩き、横歩き、後ろ歩きと。気分爽快、宇宙遊泳気分?筋肉の作動範囲がかなり広くなるのだが、知らず知らずに疲れている。いい運動だ。帰宅後ダウン!(写真:屋外の旭プール。室内プールは30数名、屋外プールは50数名。駐車場もいくらか空いていた。いつもなら満員状態なのだが、今日は皆さんどこに行っているのだろう?)水中ウォーキング

  • 田んぼアート

    田んぼアート2022.08.01晴れ朝から30度を越えている。今日も全国的に35度前後の暑さだ。気象庁発表は、いわゆる百葉箱の中の温度だ。陽当りや道路の照り返し等での気温は50度、60度になっているのでは。金属などは熱くて触れない。ヤケドに注意だ!アタマもショートしそう!(写真:田舎館の田んぼアート。青森県の田舎館村が発祥の地だ。失敗を繰り返しながらやっとここまでたどり着いているそうだ。遠近感も考慮している。7種類の稲を使用。7/31津軽の友が提供)田んぼアート

  • 旭プール

    旭プール2022.07.31晴れ旭プールの屋外プールは、3年前からたびたびの漏水等で営業を休止していた。今年7月20日から久々に営業を再開。思えば以前は、腰痛(脊柱管狭窄症)改善のために頻繁に通ったものだ。飲食改善が伴わなく、やむなく6回も手術をしたが、その節には大変お世話になった。折角自宅の近くなので今年はちょいとお世話になろうかな?(写真:旭プール。夏休み中の土曜日、駐車場は満車だったが・・・。屋内プールもあるから・・・)旭プール

  • 百日紅

    百日紅2022.07.31晴れ昨日、ブラリと老人福祉センター福寿荘に行ってみた。大先輩のお姉様方7名が踊りの練習に熱中していた。大広間の演芸は3年ほど行われておらず、みんなで踊る輪踊りも所々忘れているようだ。最高齢89歳の踊りの師匠に3年ぶりで出会った。オラもやれ!と言われたが、クルッと回るとバランスを崩し、ぶっ倒れるのがオチだ。みんなシャンシャン元気。年寄りから元気をもらってきた(写真:百日紅。今年の百日紅は、どこでも青い空の中、気持ちよさそうに咲いている)百日紅

  • 外出自粛?!

    外出自粛?!2022.07.27晴れコロナ感染が急拡大している。全国で20万人を突破した。やっと大阪で行動制限がでた。「高齢者の外出自粛」だそうだ。でも高齢者は普段から外出自粛をしているのでは・・・。でも高齢者の外出自粛は、足腰を弱らせる。人混みを避けて外出をしよう!(写真:本格的夏。やっと梅雨が明けて、本格的な夏になった感じかな。今年の梅雨明けは2回)外出自粛?!

  • 夏の滑り台

    夏の滑り台四季の森公園には大滑り台がある。夏の暑い時期はこの滑り台が熱くて危険である。親子づれが来たので、「熱いからヤケドしないように気をつけてネ!」と。パパが先に滑り出し、2歳に満たない女の子が続いた。この子は滑り台の両淵に手をかけて滑り出したとたん泣き出した。パパが途中で止まった。一緒にゆっくり下りていったが最後まで泣いていた。最後まで両淵に触っていた。両手はどうなったのだろう?(写真:炎天下の四季の森公園。中央部に大滑り台が見える)夏の滑り台

  • 青森ねぶた

    青森ねぶた2022.07.24晴れ昨日の翔平は、期待のされたが残念だった。エンゼルスが無死3塁で点が取れなかったのが敗因であろう。野球に限らず勝負事は流れが大事なのだ。でもよく頑張った。NHK総合が放送するとは!頭がやわらかくて良し!今日の翔平は20号HRでオラの気分も良し。怪我のないよう頑張れーっ!(写真:青森ねぶた。津軽のねぶたの師匠が非公開の写真を送ってきた。冬の間から下絵を書いて準備。ほぼ完成。来月早々から出番だ。頭も手先も器用な師匠だ。ねぶたを一から作るのだからスゴイ!「コロナと猛暑を睨む」。ラッセラーラッセララッセ・ラッセラッセラー!コロナを吹っ飛ばせーっ!)青森ねぶた

  • コロナ感染拡大

    コロナ感染拡大2022.07.22晴れコロナ感染が急上昇で蔓延中。でも行動制限が無い。景気回復に水を差すということだろうか。どこまで増大するのかなあ?どこまで増大したなら行動制限になるのかなあ?今日、4回目のワクチン接種に行ってきた。スタッフが多く、手際よく接種が終えた。5回目、6回目もやるのかあ!一度もワクチン接種をしていない人も結構いるようだ。自分のため、他人に迷惑をかけないため等特別な事由がない人はワクチン接種を・・・(写真:横浜ビジネスパーク。ワクチン接種会場付近はモニュメントがたくさんある。中央部は岡本敦生作の「時空のはじまり」)コロナ感染拡大

  • 母校検討

    母校検討2022.07.22晴れ昨日は、我が母校の野球部が岩手県営球場で熱戦を繰り広げた。相手はあの花巻東高校だ。しかし、佐々木麟太郎くんのホームランとか手加減なしに叩かれた。1対18だ。なんとか1点を取ったのはせめてものお情けかな?それにしてもレベルが違いすぎる。でもベスト8までよく頑張った。水沢からの甲子園は未だかつてない。トホオホ・・・。(写真:岩木山。先般、津軽の友から提供されたもの)母校検討

  • かながわPay

    かながわPay2022.07.17晴れコロナ禍の売上げ減少の支援のために消費を促す作戦として、「かながわPay」が7月19日から行われる。特定の電子決済で買い物をした時に、最大20%のポイント還元、1人最大3万ポイント(3万円相当)が還元されるキャンペーン(総額50億円:この金額に達したら終了)。スマホが主体になるが、利用登録等で高齢者にはなかなか難しい気がする・・・。(写真:ららぽーと海老名。孫2人とジジババはライン仲間だ。ららぽーと海老名でデートした。二手に分かれて行動。ポンコツジジババは、孫について歩くのがやっと。とても疲れるが、なぜか癒されるひと時だ。ありがたや!)かながわPay

  • マイナポイント登録

    マイナポイント登録2022.07.16雨戻り梅雨とコロナ感染再拡大で憂鬱な近頃だ。さて、マイナンバーカード普及がイマイチなので国の施策として、マイナポイント登録等により特典を獲得できる仕組みが出ている。オラはPayPayだが、現金チャージ、保険証としての申し込み、公金受取り口座の登録の3項目をやっと果たして最高特典2万円をゲットした。全国では500万人ぐらいしかり利用していないようだ(7/10現在)。知らない人もたくさんいるのでは?(写真:ミニトマト。先般のミニトマトが収穫の時期だ。毎日小ザル一杯のペースだ。ウマイ!)マイナポイント登録

  • ゆり

    ゆり2022.07.11晴れ昨日、選挙の投票証明書を持って竜泉寺温泉に。この証明書で割引になるのだ。温泉はオラの命になってしまった。特に塩サウナ、電位風呂でお世話になっている。それにしても元総理の突然の逝去は勿体ないことをしたものだ。選挙の敵味方なしに人として悔やまれる。世の中には様々な考えの人がいるが、後ろに心配りをしながら歩まなければいけない世の中は情けない!(写真:ゆり。今日の四季の森公園、蝉の声が賑やかになってきた。今年もゆりの花の時期だ。遠くで草笛を聞いた老夫婦が近寄ってきた。「ナニで音を出しているのですか?」、葉っぱ一枚に驚く。時々、草笛を聞いているようだ。ヒサカキの葉を2枚あげた。吹いていたが、音は出ない!)ゆり

  • 車の点検

    車の点検2022.07.04くもり今日は車の6ヶ月点検だ。丁度10年になる。走行距離2万キロを越えたばかりである。あまり使っていないということだ。最近では運動不足解消のために歩いたりしているが、買い物などやっぱり車を手放せない。近所の高齢夫婦は車を手放し、ザックを背負って買い物に出かけているようだ。オラは二人共、脚が痛い、腰が痛いと。車も体もだましだまし運転して行こう!(写真:津軽深浦港。津軽の友提供7/3撮影)車の点検

  • 草笛練習

    草笛練習2022.07.04くもり横浜は27℃であるが蒸している。本格的ではないが時々パラパラと大粒の雨が落ちてくる。洗濯屋さん泣かせの雨だ。草笛練習で四季の森公園に行ってみた。展望広場には誰もいない。いつも山陰で遠慮したふり(?)をして練習するのだが、今日は図々しくも広場で大きな音を出して練習。ああ~♫川の流れのように♫~♫(写真:津軽深浦地区。津軽の友提供7/3撮影)草笛練習

  • 猛暑の田舎

    猛暑の田舎2022.07.04くもり朝、岩手から電話が来た。「なんのかんの暑くて、仕事にならねぇー!毎日30度だぁー!」と。天気予報でも横浜よりも北国の気温が高い。田舎の家にはエアコンなるものがない。暑さからの逃げ場がない。高齢者には堪える暑さだ。まだ、7月が始まったばかりというのに。これから先が心配だ。(写真:津軽深浦の景色。日本海・空の青さが綺麗。津軽の友提供7/3撮影)猛暑の田舎

  • 富士山山開き

    富士山山開き2022.07.01晴れ暑い!暑~い!テレビで富士山の山開きが。いつもならば梅雨のさなかの山開きだが、今年は綺麗なご来光!懐かしい!例年ならば約1ヶ月間の猛暑。しかし、今年は2ヶ月間の猛暑を覚悟。コロナと猛暑でサバイバルゲームのごとくだ。暮らし方を工夫して楽しく、しつこく生き伸びよう!(写真:四季の森公園南口の展望広場。パノラマ撮影。草笛練習をしてきた。暑さのせいか閑散としている)富士山山開き

  • ワクチン接種券

    ワクチン接種券2022.07.01晴れ昨日、4回目のワクチン接種券が横浜市から送られてきた。3回目の摂取が2月18日だったので、その5ヶ月後、7月18日以降の接種予約が可能なのだ。早速、3回目と同様に集団接種をネットで予約した。予約状況は、ガラガラ状態。3回目の接種も受け付けている。(写真:オカトラノオ。カワセミの住まいの付近に群生している。カワセミ撮影隊は1人だけ。撮影隊はほとんど高齢者だからなあ!この暑さでは?!?)ワクチン接種券

  • 投打猛進!

    投打猛進!2022.06.27翔平選手のニュースは、毎日ネット等で報道されている。とても人気があるが、特に、米国、カナダで大人気である。どんなところで育ったのかとツアーを組んで来る人もいるとか。実家は岩手県奥州市水沢姉体にある。が、観光地化(?)しかけており、家族は暮らしにくくなったようだ。そこで、家族は盛岡方面に引越したのだ。現在の住まい詳細は公表されていない。将来、実家は翔平記念館になるのでは!(写真:投打猛進。先般の旅で撮影。水沢の商店街ではあちこちに貼り出して応援中)投打猛進!

  • 梅雨明け

    梅雨明け2022.06.27晴れ暑い!暑い!3日間ひっきりなしの強風であった。暑さもハンパない!空は夏空だ!11;00に気象庁が発表。観測史上最速の梅雨明けである。とても短い梅雨だ。異常気象の一現象であろう。この夏は水不足、電力不足に悩まされそうだ。年を考え熱中症にも気を付けよう!(写真:ミニトマト。遊びで作っているミニトマト。まだ青いがたくさんの実をつけている。ほかに、ゴーヤ、インゲン、ピーマンも実験中)梅雨明け

  • ヒメコウゾ

    ヒメコウゾ2022.06.24くもり・晴れ・強風暑い!梅雨明けを思わせる気候だ。旅の疲れがまだ解消していない。やはり後期高齢者だ。少しはしゃぎ過ぎたかもしれない。四季の森公園は強風でたまの陽射しは強い。今年も高齢者には試練の夏がやって来た。でも、もう夏至が過ぎて、日が短くなり始めた。光陰矢の如し!年を取るのも速い!(写真:ヒメコウゾ。桑の実に似ているクワ科の木、実は甘くゼリー状の食感。公園内にはたくさんあるが誰も食べない。知らない木の実は食べないでくさい!)ヒメコウゾ

  • 男の岬

    男の岬2022.06.1716日の晩、水沢の居酒屋「津軽」に行ったら「本日は定休日、またのお越しをお待ちしています!」。「オーイ!どうなってんだー!」。翌日レンタカーを返して新幹線待ちをしていた。そこへ男の岬が現れたのでお土産を渡せた。電車に乗ろうと思ったらオラの荷物を持ってスタスタ。「メシ食いに行くヨ!」「ったくもう・・・」。結局、昼飯をご馳走になり、津軽に行って1曲。帰りは駅まで送ってくれて・・。忙しいのに恐縮。居酒屋「津軽」は昼からやっており客はほぼ高齢者だ。高齢者に貢献とか、因みに毎年車椅子2台を市に寄付しているとか。なかなか良い心がけだ。自分も高齢者だが健康そのもの!(写真:男の岬。売上協力依頼有り。おねがいしま~す!)男の岬

  • 田舎路3

    田舎路32022.06.17水沢公園は、昔は東北でも有名な桜の名所だった。当時活躍した桜の木は老木となり、今は必死に生きている。世代交代は難しいのかなあ?野球場もあり、高校時代は練習や試合でよく利用したものだ。なぜか春先は外野フェンス越えがポンポン打てたが、本番の頃になるとガタっと落ちた・・・(写真:桜の老木。公園内の木はほとんどが老木である。水沢公園は明治10年の伊勢神宮の分霊巡行の関わりで造られた。桜とツツジの名所である。昭和41年に「彼岸系桜郡」が岩手県の天然記念物に指定されている)田舎路3

  • 田舎路2

    田舎路22022.06.16帰郷の旅に水沢公園を散策するのが楽しい。いろいろな碑が建っている。また、水沢が生んだ偉人3人、高野長英、後藤新平、斎藤実などの記念館や碑がある。高野長英は、幕末の医学者・蘭学者で江戸の麹町で開業するとともに蘭学塾を開いた。幕府の批判をして投獄されるなど波乱の生涯。後藤新平は、台湾統治に貢献。台湾総統府の前に幅広い通りがあるが、新兵が作った道路だ。さすが大風呂敷と言われるだけある。後に東京市長をとなった。斎藤実は海軍大将や内閣総理大臣を歴任した。仙台藩水沢城下には優秀な人材がたくさんいたのだ。オラはこの系統から間違いなく外れているなあ!(写真:斎藤実の碑。以前にも3偉人の記念館、碑を掲載している)田舎路2

  • 田舎路1

    田舎路12022.06.16同級会解散後、3年ぶりぐらいで実家に行った。我がふるさとは散居地なのだ。いわゆる家がまばらに建っているのだ。田んぼの中に家があるような感じである。火災になって他の家に迷惑がかからないように、というのもひとつの理由らしい。とっぷりと懐かしい景色に浸ってきた。(写真:キンキャラ。実家の兄が40年前に1株から育てたとか。今では100株ほど・・。高価な木らしい)田舎路1

  • 同級会3

    同級会32022.06.15同級会は今回で終わりと聞いたので、役員の方々に「感謝状」を贈呈することを考えた。そして13名分の感謝状を作って持参。サプライズでオラの独断と偏見の意見を提案して、満場一致の承認を得て実施。みなさんの理解と協力に感謝だ。感謝状は本人よりも家族に対しての証拠物件なのだ。紙切れ一枚で世の中丸く収まるならばこんな嬉しいことはない。(写真:感謝状。何度も試作。印刷を3回繰り返すことでここまでたどり着いた。それぞれ透明ファイルと封筒をつけてあげた)同級会3

  • 同級会2

    同級会22022.06.15「今回はコロナの関係でカラオケはなし・・・」と往路のバスの中で役員幹事から話があった。「ええーっ!横浜組は練習してきたんだけどなー!」と。「じゃあ考えてみよう・・・」と。しかし、メイン宴会はカラオケがなくみんなお話ばかりだ。でもあっという間に時間が過ぎた。二次会はカラオケをセットされていた。トップバッターはいきなりオラが指名された。ヘタクソは勿体ぶることはない。三三七拍子入の「大丈夫」でみんなを巻き込み一気に盛り上げをはかった。久しぶりに楽しいひと時を過ごした!(写真:水沢江剌駅前の巨大な鉄瓶。南部鉄器で有名なところだ。これまでの同級会ではDVD作成のためにカメラマンに執着したが、今回は足元がふらつくのでカメラマンはやめた。したがって、同級会関係の写真はほとんどなし)同級会2

  • 同級会1

    同級会12022.06.15岩手、花巻温泉で中学の同級会があり参加した。コロナ禍の3月に開催を決断したようだが運良く実施でき、また大盛況であった。連絡調整やら整膨大な資料作りやら役員は苦労が多かったようだ。感謝、感謝だ。喜寿祝いで最後の同級会開催、男女とも20名、計40名の参加。みんな時間を忘れて楽しいひと時を過ごさせていただいた。(写真:「投打猛進」の風鈴飾り。水沢江剌駅にはこの飾りがあちこちに。また水沢の街中でも「投打猛進」「大谷翔平」の大きな応援張り紙が各店頭に張り出されていた)同級会1

  • 左上右下2

    左上右下22022.06.11くもり日常生活において「何故?」と思う事がある。「天皇陛下と皇后陛下の並び」「相撲の東西で東が上位」「食事の主食(ごはん)は左」「ラジオ体操は左から」等々。古来、神事では左を格上とした作法が続いている。さて、我々衣服を纏うのに左足、左手から先に着ていますかな?そんなことどうでもエーかあ!(写真:津軽半島、中山山地の電波塔。黄色の花はレンギョウかな?津軽の友提供6/11)左上右下2

  • 左上右下1

    左上右下12022.06.11くもり日本には古来左を優先する文化がある。左上右下(さじょううげ)というらしい。いろいろ諸説があるが、一つには、人の心臓が左側に有ることや(日本で太陽を見ると)太陽が左から昇ることにあるようだ。しかし、オリンピックの表彰台は右に2位、左に3位と左優先と逆であり、欧米のしきたりだそうだ。日本もこれに倣って変えたところがあり、最近では左右が入り乱れているところがあるようだ。(写真:代かきと岩木山だ。5月に津軽の友が送ってくれた画像)左上右下1

  • 菖蒲園

    菖蒲園2022.06.04くもり四季の森公園の菖蒲は満開といったところか。見学者もたくさんいる。日本人と同じ顔立ちだが、よく聞こえてくる言葉は中国語だ。地図を見ながら迷っているカップル。俺の中国語はもう錆びているので日本語で「なにか困っていますか?」「ここ(南口)に行くのにはどの道が・・・?」と小姐が日本語で。足元を見るとハイヒールだ。(写真:菖蒲園。見学通路ではヨレヨレの杖老人のために道を開けてくれる。アリガタや。老いを感じるやら。ちなみに、はす池のカワセミの子供は親離れしたらしい)菖蒲園

  • ショウヘイ スゴーイ!

    ショウヘイスゴーイ!2022.05.30晴れ朝起きてパソコンをいじっていると、大谷選手のホームラン10号のニュースだ。間もなく、11号のニュース。実況中継のアナウンサーが「ショウヘイオオタニスゴーイ!」と日本語で。「大谷選手がホームランを打った時にチームは負けない」というジンクスがあったが。10:11で破れ、初めてジンクスが崩れた。日曜日(現地時間)3週連続ホームランは続いている。そろそろ本調子に期待・・・。いつも元気をもらう。ありがとう!(写真:菖蒲の花。四季の森公園の菖蒲園の花が咲き始めた。天候にもよるが、あと4,5日で満開(?)になるのではないかなあ)ショウヘイスゴーイ!

  • いわて銀河プラザ

    いわて銀河プラザ2022.05.30晴れこの間、いわて銀河プラザがテレビで紹介されていた。銀座にある岩手県のアンテナショップである。売れ筋ベスト3が紹介されていた。No.3はスイートポテト、No.2はくるみゆべし、No.1はショルダーベーコンだそうだ。早速来月の岩手の旅の土産を予約された(写真:カワセミ親子。カワセミの子供が巣立ったようだ。親子の区別はわからないが、宝石のような青い鳥が賑やかに飛び回っている)いわて銀河プラザ

  • ハナイカダ(花筏) 

    ハナイカダ(花筏)2022.05.25晴れ一般に、桜の花びらが水に浮かんだ様子のことを言うが、こんな植物を見たのは近年のことである。葉の中央部に花を咲かせ、実をつける。雌雄があるらしいが、秋になると熟して黒くなる。花言葉は「気高い人」「嫁の涙」とか。(写真:ハナイカダ。四季の森公園、しょうぶ園休憩所付近で。5/25撮影)ハナイカダ(花筏)

  • 野外ステージ

    野外ステージ2022.05.25晴れ草笛の練習は林の中の目立たぬところでやっていたが、蚊がうるさくて大変。片手で葉っぱを口に当て、片手で蚊を追い払う始末だ。そこで林の中から野外ステージに場所を変更。草笛が公園内に響き渡るような感じで気分爽快だ!が、少し図々しくなってきたかも・・・(写真:野外ステージ。奥の方に見えるのが野外ステージ観客席。空は夏空の感じ。5/22撮影)野外ステージ

  • 野外ステージ

    野外ステージ2022.05.25晴れ草笛の練習は林の中の目立たぬところでやっていたが、蚊がうるさくて大変。片手で葉っぱを口に当て、片手で蚊を追い払う始末だ。そこで林の中から野外ステージに場所を変更。草笛が公園内に響き渡るような感じで気分爽快だ!が、少し図々しくなってきたかも・・・(写真:野外ステージ。奥の方に見えるのが野外ステージの観客席。夏空の感じだ。5/22撮影)野外ステージ

  • 翔平頑張れーっ!

    翔平頑張れーっ!2022.05.19晴れ今年の大谷選手のバッティングは波がある感じだ。現在8号ホームランだ。昨年の今日時点では14号ホームランで、リーグトップであった。これからまだまだ活躍のチャンスがあるから心配ない。とりあえず今年はチームが西地区で優勝することをめざして頑張れーっ!優勝すれば自ずと高評価につながる。とにかく世界にたくさんいるファンはいっぱい元気をもらっているからねぇー・・・。(写真:5/18四季の森公園の噴水。花壇の花が植え替えられた。公園内の目立たぬところで草笛練習。姿が見えないが曲の終わりに拍手が・・・。次に「川の流れのように」を吹き終わるとまた拍手。そして「ありがとーっ!」と。たまたまの通りがかる人は「どうしてそんな綺麗な音が出るのですか・・・?」と。ホントは未熟なのだが・・・。)翔平頑張れーっ!

  • 鶴の舞橋

    鶴の舞橋2022.05.05青森ヒバを使った、いわゆる木造の橋。木造では300mと日本一の長さだとか。(写真:鶴の舞橋。津軽の友5/5撮影)鶴の舞橋

  • 津軽富士見湖

    津軽富士見湖2022.05.05何度も紹介しているが、いつ見ても癒される津軽富士見湖だ。昔、津軽の殿様が貯水池として作らせたのがはじまりとか。今では農業用水として重要な役割を果たしている。津軽にはこのような溜池があちこちにある(写真:富士見湖と岩木山。津軽の友5/5撮影)津軽富士見湖

  • 菜の花畑

    菜の花畑2022.05.06広大な菜の花畑。少し遅れた北国の春。こんなところで暮らしていたら空気は美味いし、眺めは良いし、心が豊かになります(写真:岩木山。津軽の友5/5撮影)菜の花畑

  • 岩木山

    岩木山2022.05.06岩木山の形を見ればどの方向から見たものかがわかる。津軽で育った人はその地域からの岩木山の形により愛着がわくのだ。オラは五所川原方面からの岩木山が特に気に入っている。癒されるなあー!(写真:岩木山。津軽の友5/5撮影)岩木山

  • リンゴの花

    リンゴの花2022.05.06リンゴ農家は忙しく、廃園する人が多くなってきている。「サンふじ」という品種が多く出てきたが、手間省きリンゴだ。いわゆる袋をかけない「ふじリンゴ」を言う。リンゴは医者いらずとも言われる健康食品。リンゴが食べられなくならないように願う。(写真:リンゴの花。津軽の友5/5撮影)リンゴの花

  • リンゴ畑

    リンゴ畑2022.05.06津軽の友がたくさんの写真を送ってきた。りんごの花が満開である。でも、りんごの花は、おいしいりんごを作るために真ん中の花を残して、他の花は摘み取ります(摘花作業)。リンゴ農家は忙しい。(写真:リンゴ畑。津軽の友5/5撮影)リンゴ畑

  • 鯉のぼり

    鯉のぼり2022.05.06くもり公園内のあまり目立たない場所で草笛を吹く。埴生の宿、いい日旅立ち、川の流れのように、と。遠くで拍手が聞こえる。直ぐに調子に乗ってもう2,3曲。馬鹿だなあ!が、他人に迷惑がかからないように心がけながら・・・。(写真:鯉のぼり。毎年、公園のはす池を横断して5,60メートルに数十匹の鯉のぼり掲げられる。今年はない。その代わり池の上方に4匹の鯉のぼりが)鯉のぼり

  • カワセミ子育て中!

    カワセミ子育て中!2022.05.06くもりしばらくぶりで四季の森公園に。カワセミが目の前に飛んできた。もしかして、とスマホを構えた。池に飛び込んで小魚を捕らえる瞬間を撮影できた。ラッキー!しばらくカワセミの行動を観察。2羽が交互に捉えた小魚を弱らせてから、口にくわえたままどこかに運んでいる。子育て中なのだ。忙しい!育児放棄などありえない!(写真:子育て中のカワセミ。池に飛び込む寸前。いい目をしているなあ!近眼や白内障なんかはないのかなあ!)カワセミ子育て中!

  • 横浜ロープウエイ

    横浜ロープウエイ2022.05.03晴れロープウエイをまじまじと見た。「YOKOHAMAAIRCABIN」(横浜エアキャビン)というらしい。世界最先端の都市型ロープウエイだそうだ。桜木町駅とワールドポーター駅(運河南駅)を結ぶ630mだ。話には聞いていたが、横浜の田舎者が知らん間にいろいろなものができている。(写真:横浜エアキャビン:キャビンは8人乗りで、36台。40mの高さを飛ぶ(?))横浜ロープウエイ

  • ビール祭り2

    ビール祭り22022.05.03晴れ一人傍らのベンチでしびれた脚を休ませながら休憩。目的の横浜の蕎麦屋まではまだまだたどり着けそうにない・・・。ビール祭り(横浜フリューリングフェスタ:元々はドイツの春祭りが赤レンガ倉庫に上陸したもの)は、5月8日まで。(写真:ラベンダー。いろいろなハーブの花が綺麗に咲いていた)ビール祭り2

  • ビール祭り1

    ビール祭り12022.05.03晴れパレードの後追いで赤レンガ倉庫まで歩いてみた。すごい人だ。春の「ビール祭り」だ!コロナのために3年ぶりに開催されたこともあろうが、蜜が甚だしい。席は屋内外ともに満席。各店は行列。通路は人をかき分けて通る感じだ。「このビールは柔らかい・・・」「このビールはうまい!・・・」等々。ビールが嫌いではないオラには目の毒、気の毒!でも飲んでしまったら歩くのが辛くなるのは目に見えているからなあ。(写真:ビール祭り情景。広大な屋内も満席)ビール祭り1

  • よこはまパレード2

    よこはまパレード22022.05.03晴れ小さな子供、綺麗に化粧した子供たちの笑顔で行進する姿に感動。ついホロリと染み出るものが。年のせいかとティッシュで鼻をかむ。誰も知る者はいないので遠慮ははいらない。いいものはいいのだ!マーチングバンドには弱いオラだ!(写真:崎陽軒)よこはまパレード2

  • よこはまパレード1

    よこはまパレード12022.05.03晴れ戦後まもなく「戦後からの復興・再建」の合言葉ではじまった国際仮装行列が行われた。70回目となる今回は昨年と同様コロナ禍ではあるが、華やかに行われた。小・中・高校、大学、企業、公共団体等全部で31チームの参加だ。マーチングバンド、汗を流しながら行進する姿に感動!ついほろりと・・・・。(写真:パレード。横浜税関の吹奏バンド)よこはまパレード1

  • 池の主!

    池の主!2022.05.02晴れ最近はカワセミカメラマンが増えてきた感じだ。もうすぐ親子カワセミが見られるかもしれないのだ。親子6羽(昨年)のカワセミが同時に撮せるかも知れないのだからなあ。マニアにとってはこの上ないチャンスなのだ。今年も期待しよう!(写真:ヘビ。カワセミを狙っていたところに大きな蛇が。冬眠から目覚めたか。これだけ大きくなると怖いものなし!池の主だ!)池の主!

  • 薮手鞠

    薮手鞠2022.05.02晴れしばらくぶりで四季の森公園を散策。天気は良いのだが風が肌寒い。着るものに迷う天候だ。半袖の人やヘソ出しルックの美女もいたが、オラは薄手のジャンバーだ。しばらくぶりで草笛を吹いてみた。手前味噌ながら前よりも上手になっている気がする。誰に迷惑がかかるわけでもなし、自画自賛で良しとしよう!ゴメン!(写真:薮手鞠(ヤブテマリ)。手鞠のように丸くないが綺麗に整列している)薮手鞠

  • クレマチス

    クレマチス2022.04.29くもり雨知床で痛ましい事故が起きている。人間は自然と上手に共存すべし、の教えでもあろう。大波の時には小さな船は気をつけろ!という話を聞がある。船のエンジン、プロペラは水の中で回転することを想定している。大波を受けてプロペラが空中に出てしまうと負荷がなくなりエンジンは急に高速回転になり破損することがある。海が荒れるときは、転覆だけでなくエンジン故障も危険であるので要注意ということ。いずれ、速やかに全員の救助を願うところだ。(写真:クレマチス。茎は細く、冬季に枯れ枝間違えて折ってしまうことも多いが、何度折られても・・・)クレマチス

  • 適度の運動!

    適度の運動!2022.04.23くもり一昨日は1万歩、昨日は2千歩足らず、今日は歩くぞ!と。用足しの後、福寿荘まで行ってきた。6千歩を超えた。歩き過ぎないよう、運動不足にならないようにと神経を使いながらの日々。オラには5~6千歩がちょうど良いみたいだ。適度の運動はビールが旨い!ノンアルコール併用だが!(写真:満開ザクラと岩木山。津軽鶴田町富士見湖付近から。津軽の友提供4/23)適度の運動!

  • 同級会

    同級会2022.04.20くもり田舎から6月に中学の同級会開催の案内が来た。喜寿祝いだ。ここ2年間はコロナで中断しているが、毎年開催してきている。毎年というのは珍しいそうだ。150名の同級生のうち約2割は欠けている。みんな高齢になり今回を持って解散だそうだ。役員の方々にはご苦労様でした。感謝、感謝。コロナ禍での開催、ワクチン接種3回の証明する物を持参が必須だそうだ。コロナの鎮静を願うところ。(写真:コブシ。白いコブシ。千昌夫の「北国の春」の感じかな。津軽の友4/19撮影。4/20現在の桜の開花状況:青森は満開、弘前は5分咲き)同級会

  • 天才投手!

    天才投手!2022.04.20くもりあわや2試合連続完全試合!大変なことをやったものだ。メジャーのスカウト担当者達は注視している。ロッテの井口監督、投手コーチ等が大事に育てている結果だ。優秀な選手を預かる苦労もあるだろうなあ!アメリカの新聞各紙の報道も大騒ぎだ。天才投手!米国には佐々木投手ほどの球を投げる投手はいない!等々。ロッテさん!佐々木投手のいる間に優勝してくだされ!(写真:コブシ。赤いコブシの花。北国は快晴。津軽の友4/19)天才投手!

  • MLB年俸

    MLB年俸2022.04.20くもり雨さて、ここで年俸の話を少々。今年広島からカブスに移籍した鈴木誠也選手は、広島時代の年俸3億1千万円から17億5千万円に跳ね上がった。同学年の大谷選手がエンゼルス移籍の時(2018年)は5千7百万円であった。2020年には7千3百万円だった。2021年当初に2年間9億円の契約。昨年は3億円なので今年は6億円の計算だ。一流選手は30~40億円が普通。2023年以降は50億円とも予想されているが・・。ただし、本人は年俸よりも楽しく野球をやることを生きがいにしているだろうな。貧乏人の余計な心配!(写真:桜。津軽の春、河津桜かな?梅と桜が同時に咲いている。津軽の友4/19)MLB年俸

  • 大谷翔平選手

    大谷翔平選手2022.04.20くもり出だしは遅れたが、さすが昨年の満票MVP受賞者だ。コロナ、ウクライナと暗い話題ばかりの時世だが、大谷選手の活躍、話題にはルンルン気分になる。感謝、感謝だ!バンテリン!頑張れ!今年もお願いします。(写真:梅花。津軽の春、梅の花越しの岩木山。五所川原、津軽の友撮影4/19)大谷翔平選手

  • ヤマブキ

    ヤマブキ2022.04.13晴れ佐々木朗希選手の完全試合が絶賛されている。やろうと思ってできるものではない。いずれにしろ人生が大きく変わることは間違いなしである。まだ若いので怪我のないように大事に育って、日本の、世界の野球ファンを楽しませて欲しいものだ。それにしても大谷選手のホームランが聞こえてこない!研究されたかな?!(写真:ヤマブキ。終わりかけのレンギョウ、最中のヤマブキ、咲きはじめのツツジと花のバトンリレーだ)ヤマブキ

  • クマガイソウ

    クマガイソウ2022.04.13晴れ暑い!昨日の最高気温は岩手県沿岸がぞろぞろ。こんなことで岩手が一番にならなくてもよいのに。ったく!今日の四季の森公園の散策は半袖姿が目立つ。春を飛び越えて夏がやってきたかな!?(写真:クマガイソウ。3日前と同じ場所である。お見事!まるで提灯をぶら下げているみたい。盗掘が多いので柵をして保護している)クマガイソウ

  • 佐々木朗希選手

    佐々木朗希選手2022.04.10晴れプロ野球、佐々木朗希選手が完全試合、大変な偉業を成し遂げた。彼は陸前高田出身。東日本大震災で父親、祖父母を亡くした。その後、母親の実家である大船渡に移住して、大船渡高校に通った。卒業後プロ野球ロッテにドラフト1位で入団。3年目だ。まだ若いのに素晴らしい。今後ますます期待!菊池雄星、大谷翔平等々優秀な投手が育つ岩手。オラも岩手の投手だったんだがなあ~!?(写真:クマガイソウ。ランの仲間。特殊な菌と共生して育つ。神奈川県の絶滅危惧種に指定されているとか?)佐々木朗希選手

  • MLB開幕

    MLB開幕2022.04.10晴れアメリカの野球MLB(メジャーリーグベースボール)が始まった。大谷翔平選手の一挙手一投足に注目されている。今年はまだホームランも出ず、静かな出だしだ。今年は大谷のためにMLBルールが変えられた。昨年以上に期待をされているが、ケガをせずに乗り切っていただきたいものだ。また楽しませていただきまーす。(写真:シャガ。四季の森公園、南口からちびっこ広場方面に群生)MLB開幕

  • 山下公園

    山下公園2022.04.08晴れ横浜公園から山下公園までは徒歩。ビルの谷間を抜けると広大な海が、空が・・・。解放された感じである。花壇展が開催されていた。造園業者の腕の見せどころといったところか。どれも工夫を凝らして彩りもきれいだ。一人気の向くままにノンビリ鑑賞。(写真:ベイブリッジ。山下公園からの眺めは心を癒されるなあ!)山下公園

  • 横浜公園

    横浜公園2022.04.08晴れ横浜公園には、昨年秋に市民が植えた74種12万本の色鮮やかなチューリップが、彩られている。横浜公園の「花と緑のスプリングフェア」は今日が初日で5月8日まで行われる。赤レンガ倉庫の「FLOWERGARDEN2022」は4月24日までだ。(写真:山下公園の花壇:通常の花壇と造園業者の展示用の花壇があり、どれも綺麗だ。フォトチャンネルに掲載)横浜公園

  • ガーデンネックレス横浜2022

    ガーデンネックレス横浜20222022.04.08晴れガーデンネックレスYOKOHAMA2022が始まった。2027年の国際園芸博覧会に向けて行われているのだ。期間は3月26日~6月12日。横浜市内の主なところは横浜公園、山下公園、里山ガーデン等であるが、この他にも各所で行われている。(写真:横浜公園チューリップ。枚数が多いのでフォトチャンネル(スライド)に掲載)ガーデンネックレス横浜2022

  • 水沢パイレーツ

    水沢パイレーツ2022.04.07晴れ2,3日前、高校の同窓会報が来た。同窓会長は、オラの同級生(精神科医)の弟がやっている。会長の表紙のあいさつで大谷翔平選手の話が紹介されていた。会長は水沢リトルリーグ「水沢パイレーツ」の設立者でもある。翔平選手は小学2年から中学1年まで在籍。並外れた大活躍だったそうだ。それで甲子園間違いなしと数人で準備を進めたらしい。ところが我が母校には来てくれず、花巻東に進学。無理もない。水沢から甲子園出場校は一度もないのだ。オラも期待されたがダメだった。(写真:カワセミの食事。水に飛び込み小魚を取るシーンは何度も見ているが、バカ(?)カメラにおさめたのは初めて)水沢パイレーツ

  • 帯状疱疹

    帯状疱疹2022.04.07晴れコロナワクチン接種のあとに帯状疱疹を発症する、というニュースを今朝のテレビでやっていた。因果関係は明確には分かっていない。発症割合はファイザー製が多いとされているが、どれも似たようなものだろう。日本人の成人の90%は帯状疱疹ウイルスを持っているそうだ。高齢者の3分の1は80歳までに発症すると言われているが、かなり痛いらしい。50歳を過ぎたら帯状疱疹ワクチンを摂取できるらしいが・・・。(写真:新緑と木漏れ日。この景色を見ながら草笛だ。薬を飲むよりも身体に良いかも?初めてスマホに録音)帯状疱疹

  • スミレの谷

    スミレの谷2022.04.06くもり今日の横浜の気温は20℃を超えた。やっと暖かくなった。テレビの天気の予報士は「もう冬物はいらないでしょう・・・」と話していた。暖かくなり野山の草花の成長が速い。オラも暖かくなり幾分脚のしびれが楽になった感じだが・・・。どこまでもつか・・・?(写真:スミレ。公園内のスミレの谷に行ってみた。数年前まで日当たりが良くて。スミレが群生していたらしい。これを復活させるべく、間伐をし、落葉かきをし、日当たり良よくしているそうだが、まだまだ・・・)スミレの谷

  • 倒木!

    倒木!2022.04.06くもり毎日ロシアのウクライナ侵攻のニュースばかりだ。民間人の死者がたくさん出ている。軍人も双方に相当数の死者がいる。今の時代、軍事力を持って戦争をする時代ではない。両国ともに惨めな、しかも将来的に苦しい思いをすることは目に見えている。この戦争を止めるのは、止めるべきは誰なのだろう?ロシア国民??(写真:倒木。2,3日前の風は強かった。四季の森公園の花菖蒲園付近の大木が根こそぎ倒れていた。根張りが弱かったかも。上にばかり大きくなってはいけない!)倒木!

  • コロナ感染用心!

    コロナ感染用心!2022.04.01くもり新型コロナ感染症第6波が3月21日の解除で終わったことになっているが、なかなか感染者数が減少しない。数字を上がっているのは相変わらず若年層である。若年者は免疫力が強いが、高齢者は免疫力が弱くなっているので感染には用心を!それにしてもウクライナではコロナ感染が話題にならないのかなあ?映像を見るとマスクもしていないようだが・・。まあ命あってのコロナ感染防止だからなあ!(写真:レンギョウかな?黄色い花があちこちに。黄色は目立つ。急に寒くなりお客さんはまばらだ)コロナ感染用心!

  • 桜北上!

    桜北上!2022.04.01くもり今年も綺麗な桜を見ることができた。1年の中ではほんの一瞬なのだが、とても癒される季節である。横浜から弘前までは約600キロ、時速約1キロのペースで北上する。昔眺めた桜の名所(福島信夫山公園、水沢公園、北上展勝地、盛岡城跡公園、青森合浦公園、弘前公園、津軽芦野公園函館五稜郭等々)が思い出される。日本全国に均等に癒しをもたらす。ありがたや!あと何回満開桜を見られるかなあ?新型コロナウイルさん!花見をしたら消えて欲しいなあ!(写真:四季の森公園の工事完了。遊具広場までの舗装道路が新設された)桜北上!

  • 花びらの寿命

    花びらの寿命2022.04.01くもり今年の横浜のソメイヨシノの満開はほぼ過ぎた。桜の花の中心部をよく見ると咲き始めは緑っぽい色をしているが、やがて黄色っぽくなり、最後は赤っぽくなる。赤っぽくなるとそろそろ散り際だ。よくよく見ると花の萼(がく)の色も変化している。このように花の中心部の色を見ると、花びらの寿命がわかるみたいだ!(写真:桜の花びら。花びらの中心部の赤っぽいものが先に散ります)花びらの寿命

  • スプリングコンサート

    スプリングコンサート2022.03.30くもり茅ヶ崎に行ってきた。第25回スプリングコンサート。茅ヶ崎地域の中学校の吹奏楽発表会だ。茅ヶ崎市民文化会館。昨年は中止だったようだ。この間中学に入ったと思ったらもう3年生だ。パーカッション(ドラム)をやりたいと言っていたが、リズムでは一番大事なポスト。左右の手、足が単独で音を奏でなければいけない。運動神経が試されるようなものだ。誰の血を引いたかわからないがよくやりますなあ・・・。おかげさまで楽しませていただいた。今日はよく歩いた。1万歩を超えた。早速脚の湿布でおやすみダウン。(写真:茅ヶ崎中央公園。以前、子守がてらによく通ったものだが・・・)スプリングコンサート

  • 津軽の夜明け!

    津軽の夜明け!2022.03.29くもり津軽の友からメールが来た。「やっと冬が終わりました・・・」と。この日の横浜は冷え込みが厳しく、オラは温泉に行ってきた。北国は素晴らしい好天だったようだ。弘前公園の桜は4月19日に開花で、24日が満開予定だそうだ。弘前の桜は昼夜ともに素晴らしく今でも心に残る。人生の土産に一度見ておく価値がある!!(写真:岩木山と津軽鉄道。桜の花が咲き、りんごの花が咲く。閉ざされた津軽の冬が一気に開ける。津軽の夜明けの如く!)津軽の夜明け!

  • 健康診断!

    健康診断!2022.03.28くもりかかりつけ医で年に2,3回健康診断をしている。毎回コレステロールと血糖が要注意となる。この度は「検査のたびに数値が上がっているが、薬を処方しますか?」と。薬は飲みたくない、と断り続けてきたが、潮時かも。止むなく処方してもらうことにした。薬を飲みながら酒を飲む。「わかっているけどやめられない!」(写真:四季の森公園の満開桜。この日は駐車場が満杯。駐車場外の道路にも駐車するほど混雑していた)健康診断!

  • 大広間演芸は?

    大広間演芸は?2022.03.28くもり老人福祉センター福寿荘の大広間演芸、2020年2月16日に福田こうへいの「男川」を熱唱?!それ以来福寿荘で歌う機会はない。2年以上になる。この間数人の方が亡くなられたという情報も入っている。みんな高齢なので仕方がないことだが・・・。プロ野球の観客数がオープンになった。福寿荘はいつから大広間演芸がオープンかな?また踊り、歌で楽しませていただきたいものだ。待ち遠しい!(写真:旭環境センターの桜。福寿荘からいつも眺められる景色だ)大広間演芸は?

  • 桜の季節

    桜の季節2022.03.28くもり28日、横浜の桜が満開。21日に開花宣言があったが1週間で満開だ。満開宣言は概ね8割の開花で満開とするそうだ。年に一度の桜の花だが、一年の始まりのような感じである。心なしかみんな気分がウキウキに見える。コロナ禍での花見が昨年よりも緩和されたが、桜の下での酒盛りにはまだ程遠いか・・・。(写真:福寿荘の桜。毎年のことだがきれいに満開を迎えている。)桜の季節

  • 肺炎球菌ワクチン

    肺炎球菌ワクチン2022.03.26晴れ肺炎球菌ワクチン予防接種の案内が昨年度当初に横浜市から来た。コロナワクチン接種が優先とすっぽかしていたが、やっとかかりつけ医で接種してきた。肺炎球菌は肺炎の他にも髄膜炎、中耳炎、敗血症等々の原因にもなるらしい。抗生物質が効きにくいものがあるとか。肺炎球菌の住処は小児の口、鼻の中だそうだ。くしゃみや咳で飛び出して成人に感染するらしい。免疫力が弱い人が発症するらしい。高齢者程重症化し死亡リスクも高いようだ。接種間隔は5年以上を空ける必要がある。オラはそんなに長生きしないと思うが・・・!ちなみに接種料金は3,000円。(写真:アセビ(馬酔木)。有毒であり、馬が食べると麻酔状態になるので「馬酔木」になったとか)肺炎球菌ワクチン

  • フィルターバブル

    フィルターバブル2022.03.24晴れパソコンやスマホは頭が良い。一度検索するとそれに関連した内容が優先的に表示される。そしてそれ以外の情報は寄せ付けない仕組みになっている。これがフィルターバブルだ。ある意味で人間の視野を狭くしてしまうところがある。例えば、「コロナワクチン接種で死者が増大」で検索するとそれ以外の情報を寄せ付けない、といった仕組みだ。亡国の独裁者は自分の意にそぐわない人間は寄せ付けず、抹殺するのによく似ている、かな・・??要注意だ!(写真:満開のハナモモ。四季の森公園3/23撮影)フィルターバブル

  • 親切アプリ注意!

    親切アプリ注意!2022.03.22雨さて、電源の切り方。再起動の仕方がわからない。「ゴミが多いです・・」に清掃ソフトがたくさんあるが、その中の一つをインストールしたら、どんどんいろいろなものが・・・。速度を速めるソフトも・・・。頭が混乱し、ストレス増大。仕方なしに購入店に教えを請いに行った。設定の変更、アプリのアンインストール。親切アプリはいろいろなものがくっついていることがあるので要注意とか。(写真:ハナニラ。葉はニラに似ており、ニラの匂いがする。四季の森公園の湿原の方に咲いている3/21撮影)親切アプリ注意!

  • スマホの取扱説明書

    スマホの取扱説明書2022.03.22雨スマホには取扱説明書がついていない。なぜ?細かいことまで盛り込んだ取扱説明書を作るとしたら、かなり分厚いものになるそうだ(電話帳よりも厚くなる)。そんな分厚いものは誰も読まないであろう。また、内容をバージョンアップするとなると紙ベースでは大変なことになる等々の理由があるようだ。アプリで提供していることもあるようだが・・・?ついていけない。聞くのが一番!(写真:ミツマタ。満開だ!お札の原料だよーっ!)スマホの取扱説明書

  • 電力需給ひっ迫警報

    電力需給ひっ迫警報2022.03.22雨先般の震度6強の地震で新幹線が脱線するやら停電するやらで、3.11よりも被害が大きいところもあったようだ。今日は朝から節電を呼びかけられている。「電力需給ひっ迫警報」はあまり耳にしたことがない。よりによって今日はとても寒い一日なのに。普段当たり前のように電気にお世話になっているが、電気に感謝をするいい機会かも知れない。300万個の停電はどこに当たるか?(写真:キブシ。穂のように垂れ下がっている花。展望台付近に多い。3/21)電力需給ひっ迫警報

  • 絶対非戦争論・・・

    絶対非戦争論2022.03.18雨神山氏は、いろいろな著書がある。2011年に「小林秀雄の昭和」で鮎川信夫賞を受賞、2020年に「終わりなき漱石」で小野十三郎賞を受賞している。昨年は「「還って来た者」の言葉~コロナ禍のなかでいかに生きるか~」を執筆している。今回の話は、フランスの女性哲学者シモーヌ・ヴェイユ、ポーランドの女性革命家・哲学者ローザ・ルクセンブルグ、ドイツの哲学者・思想家のハンナ・アーレントなどの歴史をたどり、吉本隆明氏の絶対非戦論につながる話等々だ。オラは初めて耳にする話だが、無能なオラには難しい!神山氏にまた宿題を叩きつけられた(?)感じで帰ってきた。(写真:ハクモクレン。鶴ヶ峰駐車場付近の公園。3/16スマホ操作教授受けた帰りに撮影)絶対非戦争論・・・

  • 文芸評論家の声明

    文芸評論家の声明2022.03.18雨文芸評論家の神山睦美氏の講演を聴きに行ってきた。「吉本隆明と死の光」という題目であった。彼は「ウクライナ戦争への反対声明」(A4版1枚)を3月16日付で新聞社数社にFAX送信している。反響は様々であったとか。概略は、現在の世界が、グローバル資本主義のもたらす大きな格差と地球環境破壊の危機にさらされている中、またコロナ禍によるパンデミックも収まる気配がない中において、戦争をしている場合ではない、と強調していた。(写真:遊具広場。四季の森公園内の遊具広場が改修された。遊具広場までの舗装道路が新たに設置された。遠くにはハナモモ。3/16撮影)文芸評論家の声明

  • オカメザクラ

    オカメザクラ2022.03.16晴れウクライナは大変なことになっている。今の世の中、映画のシーンのような、いとも簡単にビルを破壊されたり・・・。終戦したとして、壊れた橋、道路、電気、水道等建物やインフラをどうやって復活させるのだろうか?どこで復活予算を組むのだろうか?今から気になるところだ。世界規模の支援が必要だな!否応なく孤立する国が出てきそうだが・・・。(写真:オカメザクラ。旭区役所裏の公園。2日前にも写した。その時名前を確認したが、2,3歩、歩いたらすぐに名前を忘れたため再度・・・)オカメザクラ

  • まん延防止、全面解除

    まん延防止、全面解除2022.03.16晴れ「まん延防止等重点措置」の全面解除とか。感染者、死者はまだ多いが漸減の傾向にあるということであろう。今回のオミクロン株は年少者の感染が多い。年少者は1回目、2回目のワクチンを接種していない人が多いからではないかな?さて、田舎の中学の同級会が延び延びになっているが、そろそろ動きだしそう。喜寿祝いも兼ねるとか。大丈夫かなあ?!?(写真:カタクリ。セツブンソウは葉っぱだけになった。その近くにカタクリが咲いていた。しばらくぶりで歩いた。膝の痛みは解消したのだが、重たい脚だ)まん延防止、全面解除

  • スマホとボケ老人

    スマホとボケ老人2022.03.16晴れスマホを替えた。「ストレージがいっぱい」「ゴミが多い」などの合図が出たり、動作が遅くなったりするのだ。再三買い替えの通知も来ている。スマホは2,3年すると壊れるようにあらかじめ設定されているのではないか、と、根性の悪いオラは疑ってしまう。おかげでまた無能な頭を悩ませることになった。何しろ「わからないところが、わからない??」のだから・・・。ボケ老人には辛い!(写真:ハナモモ。四季の森公園のハナモモが見頃だ)スマホとボケ老人

  • マンサク

    マンサク2022.03.09晴れ毎日ウクライナの悲惨なニュースが報道されている。先般、テレビで池上彰さんが紛争地域の歴史についてわかりやすい解説をしていた。NATO(北大西洋条約機構)、WTO(ワルシャワ条約機構)などもよく理解できた。池上さんは70歳越え、NHK週刊こどもニュースのお父さん役時代からとてもわかりやすい解説をしてくれる人だなと感心していた。それにしても一方的に攻め込まれているウクライナの国民は悲惨すぎると思うが・・・。また、反戦運動をしている不本意なロシア国民も可愛そうだなあ。早く落としどころを見つけて終戦にして欲しい。人の命を何と思っているのか?!?(写真:マンサク。詳しくは赤花満作(アカバナマンサク)。花言葉は「情熱」だそうですヨン!)マンサク

  • 腰半年点検

    腰半年点検2022.03.09晴れ後期高齢者。何かと体の定期点検を怠れない。この度は腰の半年点検である。最近脚・足の具合が思わしくない。医師に「1日7,000歩を目標にしている・・・」と言ったら、「健常者でも歩き過ぎかも・・・」と言われた。筋肉痛で湿布している馬鹿がいる・・・。何事もほどほどに、だな。(写真:害虫駆除の痕跡。先般、伐採大木の害虫駆除の写真を掲載したが、ビニールカバー外したら切り株に格子状に溝が入っていた。近くにいた作業員に聞いたら、薬剤が木に染み込みやすくするためだとか)腰半年点検

  • カワセミ

    カワセミ2022.03.02晴れマスコミはほとんどがロシア・ウクライナ関連のニュースだ。それにしてもロシア(というよりもトップのプーさん)は何処に向かっているのだろう?世界世論の声が聞こえていると思うが・・・。戦争は長引くほど傷が深く、後遺症が残るのに・・・。誰かコブシの下ろしどころをアドバイスしてほしい!早期終息を願う。(写真:カワセミ。四季の森公園、はす池のカワセミが2羽になった。恋の季節か?また沢山の子供が飛び交うのが楽しみだ。写真はオラの近くに飛んできたカワセミ。)カワセミ

  • セツブンソウ

    セツブンソウ2022.03.01晴れもう3月だ!速い!歳を重ねるのも速いわけだ。草花は自然を感じ、花を咲かせる。嘘偽りのない世界だ。コロナ感染者数は相変わらず高く漸減状態であるが、ロシア&ウクライナのニュースに負けてしまっている。また、まもなく冬季パラリンピックだというのにロシアを是認する中国での開催がチト心配!(写真:セツブンソウ。2月22日の掲載と同じ場所のセツブンソウ。前回は1輪だったが、満開状態だ。これからは、場所によってスミレ、カタクリ等の鑑賞が・・・)セツブンソウ

  • ラジオ体操!

    ラジオ体操!2022.02.25晴れ脚の筋力がかなり衰えてきた。このままだと歩けなくなるのは時間の問題だ。と公園の散策に加え、ラジオ体操を取り入れている。ICレコーダーにラジオ体操を録音しておき、いつでもどこでもラジオ体操ができるようにしている。ラジオ体操をする人としない人では寿命が5年間異なると、昔、耳にしたことがある。筋力の衰えるスピードを送らせているだけで、別に改善するわけではないが・・・。死ぬまで旨い酒を飲みたい欲があるだけ!(写真:蛍川橋。青空が綺麗だった。はす池で亀が甲羅干し。冬眠から目覚めたかな?)ラジオ体操!

  • 融和な国際関係に!

    融和な国際関係に!2022.02.25晴れ最近は穏やかならぬ世界情勢である。第3次世界大戦に向かっているのかな?と思わせる昨今だ。今や他人の不幸、他国の不幸を祈る人・国はないであろう。欲やプライドが前に出てくると諍(いさか)いのもとになる。精神的発展途上とも言えるかも・・・。明るく融和な人間関係、国際関係になって欲しいものだ(写真:間伐。四季の森公園内の展望台から北口間が通行止めで間伐が行われた。今日は通行可である。10本くらいの大木が伐採されていた。間伐は森林の健康づくり。伐採後の害虫駆除も行き届いている)融和な国際関係に!

  • ステルスオミクロン

    ステルスオミクロン2022.02.22晴れ3回目のワクチン接種の副反応は特に問題なく終わった。昨今の感染者は漸減しているようだがまだまだ多い。また「ステルスオミクロン」なるものが出てきたようだ。ステルスというとレーダーに感知されない戦闘機を思い浮かべる。デルタだろうがステルスだろうが、やっぱりワクチン接種をしておくほうが無難!(写真:セツブンソウ。節分はとうに過ぎているが、やっと花が咲きだした。隣のおばさん「これを見たかったのー。今日はラッキー!」と。四季の森公園北口付近)ステルスオミクロン

  • オリンピック閉幕

    オリンピック閉幕2022.02.22晴れ2月22日は猫の日だそうだ。今年は2が多く超猫の日だとか。ちなみに犬の日は11月1日だそうだ(元旦でも良さそうなものだが・・・)。日本独自のものだそうだ。さて、オリンピックは沢山の歓喜、感動を残しながら無事に閉幕となった。アスリートは思い思いの4年間の努力の結果を披露することができただろうか。しかし、閉幕と同時に4年先に向けてのスタート。心身ともに休まらない!お疲れ様!ありがとう!(写真:ネコヤナギ。四季の森公園のはす池にて。ネコヤナギの芽が大きく膨らんでいた。春近し)オリンピック閉幕

  • 3回目ワクチン接種

    3回目ワクチン接種2022.02.18晴れ3回目のワクチン接種をしてきた。横浜ビジネスパーク、集団接種14:30枠は約90名であった。オラは29番。開始したらどんどん流れる。最後の待機時間15分を含めて完了したのが15:00だ。案内者がとても多い。医師もかなりの人数だ。看護師もあちこちに。接種後、発熱もなく特に問題はない。今夜の酒はオールフリーで我慢だ。ノンアルコールだが美味しい!(写真:石を抱く鎖。横浜ビジネスパーク内にあるモニュメント。この他にたくさんのモニュメントがあるが、後日探索(?)に出かけようっと!)3回目ワクチン接種

  • ワクチン接種予約

    ワクチン接種予約2022.02.16晴れ3回目ワクチン接種券が届いた。番号・パスワードは前回と同様である。早速、予約手続開始。二人分なので電話予約を選択。しかし繋がらない。「そのままお待ちください・・」と、30分以上待ったがダメ。仕方なくネットで検索。かかりつけ医(個別)は3月の予約だ(ファイザー)。そこで「集団」と「接種会場(保土ヶ谷会場)」で検索したらたくさんの空きがあった。集団はモデルナだから人気がないのかなあ?交互(交差)接種になるが、抗体価が高くなるらしいがなあ・・・!予約完了。(写真:楡の木。枯れ木に白い花のようなものが。ふわふわ翼をまとった種らしい。四季の森公園北口、2/7撮影)ワクチン接種予約

  • コロナワクチン交互接種

    コロナワクチン交互接種2022.02.12晴れコロナ感染症のニュースは、オリンピックで幾分薄められている。感染者数は峠を越した感じだが、重傷者、死者数は増加しているようだ。高齢者は要注意。早めに3回目の接種をしたいが、接種券が来ないうちはどうしようもない。自治体によってかなりのばらつきがあるようだ。なお、交互接種はF-F-FよりもF-F-Mのほうの抗体価が高い結果が出ているとか・・・(F:ファイザー、M:モデルナ)(写真:岩木山。津軽五所川原からの岩木山。今日の朝は快晴だとか。津軽の友から)コロナワクチン交互接種

  • ジャンプ失格判定!?

    ジャンプ失格判定!?2022.02.12晴れスキージャンプ団体で高梨梨沙選手に失格の判定がなされた。他国の選手も4人ほど失格の判定。他国の選手は怒りを顕にしているのに。「私のせいで皆さんの人生を変えてしまった・・・」と謝罪しているのには、グッとくるものがある。このような考え方をする日本人は少なくないと思う。応援メッセージがたくさん届いているようだが、胸を張って前に進んでくださいよ!今後のますますの活躍に期待します。なお、失格判定論にはまだ続きがありそうだが・・・(写真:はす池のカモ。最大10羽だったが、かなり数が減っている。もう北国に帰ったのかなあ?)ジャンプ失格判定!?

ブログリーダー」を活用して、mata ikuzouさんをフォローしませんか?

ハンドル名
mata ikuzouさん
ブログタイトル
YAMAKOME
フォロー
YAMAKOME

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用