住所
出身
ハンドル名
Paradisiaさん
ブログタイトル
あの夏も空も花も
ブログURL
https://www.paradisia.jp/
ブログ紹介文
季節の花や風景などの写真、オールドレンズやカメラの話題などを紹介しています。
自由文
-
更新頻度(1年)

31回 / 53日(平均4.1回/週)

ブログ村参加:2019/03/29

Paradisiaさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 05/19 05/18 05/17 05/16 05/15 05/14 全参加数
総合ランキング(IN) 50,997位 51,131位 49,612位 49,544位 49,415位 49,323位 圏外 960,632サイト
INポイント 0 0 0 0 0 10 0 10/週
OUTポイント 0 0 30 10 10 20 0 70/週
PVポイント 330 450 240 800 800 190 160 2,970/週
写真ブログ 1,528位 1,543位 1,524位 1,521位 1,521位 1,510位 圏外 33,546サイト
植物・花写真 91位 92位 84位 86位 87位 84位 圏外 1,551サイト
デジタル一眼(SONY) 18位 17位 16位 16位 16位 15位 圏外 195サイト
地域生活(街) 中部ブログ 726位 728位 731位 733位 729位 725位 圏外 13,336サイト
富山県情報 44位 44位 45位 45位 43位 43位 圏外 381サイト
今日 05/19 05/18 05/17 05/16 05/15 05/14 全参加数
総合ランキング(OUT) 51,441位 51,713位 48,892位 58,247位 62,548位 67,958位 89,747位 960,632サイト
INポイント 0 0 0 0 0 10 0 10/週
OUTポイント 0 0 30 10 10 20 0 70/週
PVポイント 330 450 240 800 800 190 160 2,970/週
写真ブログ 1,064位 1,075位 988位 1,275位 1,399位 1,597位 2,424位 33,546サイト
植物・花写真 45位 43位 41位 55位 62位 67位 116位 1,551サイト
デジタル一眼(SONY) 19位 19位 18位 19位 20位 23位 24位 195サイト
地域生活(街) 中部ブログ 1,105位 1,110位 1,052位 1,218位 1,326位 1,467位 1,789位 13,336サイト
富山県情報 68位 68位 66位 70位 76位 83位 94位 381サイト
今日 05/19 05/18 05/17 05/16 05/15 05/14 全参加数
総合ランキング(PV) 6,185位 6,400位 6,470位 6,426位 7,205位 7,797位 7,913位 960,632サイト
INポイント 0 0 0 0 0 10 0 10/週
OUTポイント 0 0 30 10 10 20 0 70/週
PVポイント 330 450 240 800 800 190 160 2,970/週
写真ブログ 120位 121位 124位 125位 142位 162位 162位 33,546サイト
植物・花写真 5位 5位 6位 6位 6位 7位 7位 1,551サイト
デジタル一眼(SONY) 5位 5位 5位 5位 5位 5位 5位 195サイト
地域生活(街) 中部ブログ 102位 105位 106位 104位 116位 125位 129位 13,336サイト
富山県情報 17位 18位 18位 18位 19位 20位 21位 381サイト

Paradisiaさんのブログ記事

  • 波長のない色、マゼンタ:色の不思議(2)

    前回、光自体に色はなく、ヒトが感じているだけと紹介しました。ヒトの錐体の感度曲線の特徴や脳の処理システムによって、色には不思議な事があるのです。 今回は、紫とマゼンタの謎について。 色についての問題:2問あります。 紫色の不思議:絵の具でも、青+赤=紫に 青の外側に別の色を感じる理由:問題①の答 マゼンタの謎:問題②の答 青+赤で、マゼンタという新しい色を作っている:青+赤=緑ではない 最後に 関連 光に色は無い、脳が感じているだけ:色の不思議(1) 色についての問題 いきなりですが、色についての問題です。2問あります。 問題① 下図の自然光のスペクトルで示されるように、青(B)よりも波長の短…

  • 玉ボケのエッジをクリアに:Lightroom の新機能・テクスチャー

    私の使っている現像ソフト、Lightroom Classic に新機能が追加されました。サブスクリプション版なので、自動的にバージョンアップしてしまいます(笑)。詳細は、最新リリース(2019 年 5 月)を。 新機能、食わず嫌いでそのままにしておくのももったいないので、今回は、テクスチャー機能について紹介します。 芯を残すぼかし方:ライトルームでは、簡単に、ピントが合った芯の部分はそのままで、その他の部分をソフトにぼかせることを紹介しました。 テクスチャー機能を使うと、より自然な形で、ぼかしたり、逆に繊細さを強調できます。 テクスチャー機能とは:中精細度の部分を選択的に調整します 玉ボケのエ…

  • 光に色は無い、脳が感じているだけ:色の不思議(1)

    単なる記録にしろ、アートにしろ、写真は光を操ります。音がないと音楽が始まらないように、写真は光がないと成り立ちません。 ヒトは、光や色をどのように感じているのでしょうか。また、よく光の「明るさ」という表現が出てきますが、単位が不明確ですね。今回はそのあたりを。 ヒトは3色型色覚:RGBで全ての色を感じる 光に色は無い、脳が感じているだけ:色覚システムが感じているだけ 光の「明るさ」も心理的物理量:物理量ではありません 最後に ヒトは3色型色覚 自然界にある可視光線は、図1に示すように、およそ400nmから800nmの波長の光からなる、連続的なアナログデータです。 一方、 意外と奥が深い:デジカ…

  • シンプルで長く使える防湿庫

    以前、レンズだけでも使えないかと、長い間使わなくなっていたフィルムカメラを久しぶりに取り出してみたら、わ゛ーという感じ。。。 グリップあたりに白い粉がびっしりでした。。。中を開けたら、ミラーにも。。。カビですね。幸い、レンズは見た目的には無事でしたが。 これから暖かくなり、そして梅雨の季節になると、カビには注意が必要です。グリップだけでなく、ファインダーをのぞいた時など、ボディには皮脂や汗がつきますから。 ということで、今回は防湿庫の話です。使わなくなったら、せんべいか、のりの乾燥にでも、と思いましたが、今のところ、満員御礼です(笑)。 防湿庫に関する問題から:最適湿度は? なぜレンズにカビが…

  • APS-Cはフルサイズのトリミング

    私はフルサイズとより小さめのAPS-Cのカメラを使い分けています。イメージセンサーの違いによって、実際、何が違ってくるのでしょうか。また、総画素数との関係は? 今回は、そのあたりについて。 イメージセンサーのサイズ イメージセンサーと画角 APS-C、レンズの焦点距離が1.5倍になるわけではない おいしいところが映らないAPS-C 総画素数と8Kディスプレイでの表示 APS-C = フルサイズのトリミング 同じ画角なら、フルサイズはボケ量も大きく まとめ イメージセンサーのサイズ 以下は、カメラのイメージセンサーのサイズ(実際の大きさ)です。 フルサイズ:36☓24mm APS-C:23.6☓…

  • ロシアのオールドレンズ、ヘリオス44-2

    今回のレンズ紹介は、ヘリオス(HELIOS-44M 2/58)です。1958年(昭和33年)から生産されているレンズですが、令和の時代になり、昭和も遠くなりました(笑)。 背後のグルグルボケが有名で、安価で比較的手に入りやすいので、オールドレンズファンには有名なレンズですね。 グルグルでなく普通に撮っても味のあるレンズです。神楽坂で撮ったスナップがありますが、渋い発色が、ヘリオスによく似合う裏通りでした。 ロシアレンズ:今でも売られています。 主な仕様:ヤフオクでゲット。 撮影例:グルグルな例とか。 雨の神楽坂:渋い発色が似合います。 関連:レンズを絵筆に、光を絵の具に:保有レンズ一覧 HEL…

  • 雲が消えた:ライトルームの「かすみ除去」

    こんばんは♪ 今日の昼前、太陽の周りに輪がみえましたね。内暈(にちうん)とその外側の外暈(がいうん)の一部です。 空に浮かぶ小さな氷の粒に太陽の光が反射して見える現象ですね。県内では、環水平アークも見られたようです。 内暈と外暈 太陽の周りの輪が内暈で、その外側の外暈の一部が、下の方、山の上に虹のようになって見えます。外暈は、うっすらですが全部が見えることもありました。しかし、フィッシュアイでも全体が入りませんでした。 桜が終わった朝日町の舟川べりで、午前10時43分に。 内暈(にちうん、ひがさ) 太陽の周りを囲むように見える輪のことで、太陽から視半径22度で見えます。長い六角柱の氷晶(鉛筆型…

  • RAWはスッピン:デジカメの画像処理(3)

    今回のシリーズ、基本的なことについて書きましたが、特に意外だったのは以下の点ですね。 ・イメージセンサーは、色を感じないこと・緑を感じる画素が他の色の2倍あること・撮影時には、記録画素数が実質4分の1になること・SONY α7シリーズ では、RAWデータも、画像処理エンジンで処理されていること・SONYのα7シリーズでは、RAWデータも、JPEGと同じ方法で補間処理(色情報を追加)されていること そして、一番意外だったのが、カメラメーカーのサイトの情報が、ほとんど役に立たなかったこと(笑)。初心者向けのパンフレットそのままの感じです。もちろん、内部技術は出さなくてもいいのですが、せめて基本的な…

  • 色を感じないイメージセンサー:デジカメの画像処理(2)

    デジカメの画像処理、2回目は光を感じるイメージセンサーの話です。光を信号データに変える需要な部品の一つですが、カメラならではのからくりもあるのです。 イメージセンサー、色は感じない:モノクロポジフィルムに似ています カメラの画素数、実際は4分の1 :4画素で1つの色を感じることから 補間処理(デモザイク):2/3は補正データに ここまでのまとめ:ワザを使って・・ 関 連意外と奥が深い:デジカメの画像処理(1)色を感じないイメージセンサー:デジカメの画像処理(2) イメージセンサー、色は感じない イメージセンサーは、シリコン半導体からなる光検出器(光ダイオード)です。 光があたると、電子が生成さ…

  • 【2019年4月版】Google AdSense への申請から承認まで

    はてなブログでは、プロにすると、Google AdSense(グーグルアドセンス)の広告の掲載が可能です。 私も申請してみたのですが、「 サイトの停止または利用不可 」という審査結果が何回か。。。そんなばかな・・・ちゃんとサイトにアクセスできるのに・・・と思って検索すると・・・。どうやら、サイトがGoogleに認識されていないことや、リダイレクトの設定に原因があったようです。 そのあたりをクリアすると、今度は、価値の低いコンテンツ・・との指摘。結局、とある処置で1日で合格しました♪ 今回、申請から承認までについて、公式ヘルプで書かれていないことをメインに紹介します。2019年3~4月の情報です…

  • 意外と奥が深い:デジカメの画像処理(1)

    今回から3回の予定で、デジタルカメラの撮影から画像処理、ファイル記録の話です。簡単なように思えますが、いろいろな理論や技術が使われていて、意外と奥が深いですね。アナログのフィルムには見られないデジタル特有の問題も出てくる一方、現像という、フィルム時代にはなかなかできなかった楽しみも出てきます。 デジカメの画像処理の流れ:アナログからデジタルに 画像のデジタル化:まず標本化、そして量子化 標本化定理:走る車のタイヤが逆回転に見えるのは・・ ここまでのまとめ:デジタル化によって、撮影後の楽しみが増えました デジカメの画像処理の流れ まず最初に、デジタルカメラで写真を撮った時の画像処理の流れを、下の…

  • シャボン玉ボケだけでない復刻レンズ:New Trioplan

    今回紹介するのは、新しいトリオプラン(New Trioplan f2.8/100)です。1916年に発売された「Meyer-Optik-Goerlitz Trioplan f2.8/100」の復刻版レンズですね。 立体的なシャボン玉ボケが特徴なんですが、あまりキラキラしない、優しい描写も私好みです。 99年ぶりの復活 シャボン玉ボケ 主な仕様など 撮影例(1):シャボン玉ボケ 撮影例(2):やわらかい表現 関連:レンズを絵筆に、光を絵具に:保有レンズ一覧 99年ぶりの復活 独特のボケに興味があったのですが、当時は、旧レンズがなかなかオークションサイトに出回りませんでした。 そして、2015年夏…

  • スイセンを美しく:スポット測光と色飽和補正

    桜の足元でたくさんのスイセンが咲く季節ですね。実は、黄色一色のスイセン花、輪郭部分までくっきり撮るのは意外と難しいのです。 全部が同じような黄色なので、色飽和して花がはっきりしない場合があります。こういう色飽和、赤や黄色などの暖色系で起こりやすい現象なので、これから咲いてくるチューリップなどでも注意ですね。 今回、撮影時に測光パターンを変えて撮る方法と、撮った後から修正する方法を紹介します。 測光モードの比較:3つのパータンを比較 ヒストグラムの確認:測光モードの違いをヒストグラムで確認 撮影後の修正:撮った後にライトルームで修正 色飽和の補正:ハイライトをマイナスに ヒストグラムの変化:ヒス…

  • 真下から見る春の妖精たち:表面鏡での撮影

    スノードロップにスノーフレーク、クリスマスローズやカタクリ。春の妖精たちはひかえめなのか、下向きに咲く花が多いですね。さすがに、アングルファインダーを使っても真下から花の顔は撮れません。 そんな時に便利なのが鏡です。ミラーレスカメラでミラーの使用ですね(笑)。ただ、普通の鏡だと、うまく映らない場合もあるので、表面鏡がおすすめです。 参考:いま頃便利なアングルファインダー 普通の鏡で撮ると 以下の2枚の写真は、普通の鏡の上の「桃色卜伴」というツバキです。α7R + Nikon Ai 105mm F2.8S マイクロで撮っています。 鏡に写ったツバキの花や葉っぱ、2重写り(ゴースト)になり、見にく…

  • 「顔写真投稿」注意すべき、いわゆる「肖像権」

    憲法では、「表現の自由」が認められてはいますが、どんな場合でも優先されるわけではありません。 特に、人の顔が写ってる写真を、ブログやSNSに投稿する時には、注意が必要ですね。 確認が取れればいいのですが、大勢の時は大変です。ぼかしを入れる場合もありますが、写真の雰囲気が変わったりして、表現したい意図が伝わりにくくなる場合もあります。 特に、桜の季節の今頃は、撮られる人・投稿される人の「肖像権」とやらが気になるわけです。写真だけでなく、花見の動画では、ちらっとでも人物が写っていないことはあり得ないでしょう。 悩ましいテーマですが、今回はそのあたりについてまとめてみました。 そもそも「肖像権」の法…

  • カメラ2台を縦に出し入れ:カメラバッグ

    今日はカメラバッグの話。花を撮るときなど、個性的な2種類のレンズを使いわけます。 イメージセンサーが汚れることもあって、フィールドでのレンズ交換は極力避け、2台のカメラを使います。 そんな時に便利なのが、大きなカメラバックですね。ちょっとした旅行にも使えるので、カメラよりもお世話になっているかも(笑)。 バンガードのヘラルダー38 収納だけでなく、すぐ取り出せるか カメラを"縦に出し入れ"できる 主な仕様など 改良スべき点 まとめ バンガードのヘラルダー38 私が使っているのは、バンガードのヘラルダー、The Heralder 38。内容積は17リットルで、たぶん一番大きいサイズです。大は小を…

  • ブログ分割のお知らせ(トップ記事に固定)

    新たなブログは、光と風と薔薇と です。よろしければ♪ 花の写真などは新しいブログで、ここは写真やレンズの話がメインになります。詳しくは、ブログ分割のお知らせを。(この投稿はしばらくトップに固定されています。)

  • 投稿写真の情報を削除する方法

    Facebookでは、投稿した写真の投稿日時などの情報が自動的に消去されるので、うっかりしてました。はてなブログでは、消えないんですね。 撮影した写真や動画には、Exifといった撮影の基本情報の他、GPS機能があれば位置情報も記録されます。位置情報だけでなく、カメラやスマホの機種名や撮影日時は、人と場合によっては、プライベートな情報になりそうです。仕事中に彼女のスマホで撮った桜を投稿した場合とか(笑)。 また、ライトルームで編集した場合、説明文やキーワードなども書き込まれます。削除しないで投稿すると、はてなブログでは記録されるので、変な情報は書き込めません。。。 写真に書き込まれた情報を確認す…

  • ブログ分割のお知らせ

    こんばんは♪ はてなブログ始めて2ヶ月足らずですが、テーマがバラけてきたので、2つに分割することにしました。 ここ、今までの「あの夏も空も花も」は、これからは、写真やレンズの話がメインになります。今までの投稿の一部、花の写真などは下の新たなサイトに引っ越しました。このサイトからは、やがて削除されます。(ほんとに残念ながら、コメントやはてなスターは移せませんでした。なにとぞ、ご了解ください。。) 新たに作ったサイトです。よろしければ♪ 光と風と薔薇と 今後、花の写真などはここへの投稿になります。また、はてなのメインブログはこちらになります。 写真は、今朝の雪が積もった桜。四季咲きのアーコレードで…

  • 雪の朝のユキヤナギ

    おはようございます♪ 寒気が入ってきて、昨夜から、うっすらの雪ですね。花冷えというより、冬の寒さです。。。 ユキつながりで、写真はユキヤナギ。背景は、梅や菜の花。こちらは、春うららです。 ユキヤナギ 小さな花ですが、びっしり咲くと、ぼたん雪が積もったようです。 ユキヤナギ 花びらの外側が淡いピンク色の品種、ピンクユキヤナギ(フジノ・ピンク)も。特にツボミの色が濃いですね。 ピンクユキヤナギ サクラを真似たようです。 ピンクユキヤナギ ▲ TOPに戻る ▲

  • 新元号と我が家の開花宣言、そしてソメイヨシノのゲノム解読

    初春の令月にして、 気淑く風和ぎ、 梅は鏡前の粉を披き、 蘭は珮後の香を薫らす 新元号、「令和」に決まりましたね。典拠は「万葉集」で、日本の古典からの引用は初めてとか。 この歌を詠んだのは、万葉集で詠まれたカタクリの花で紹介した大伴家持の父である、大伴旅人が大宰府で開催した梅花の宴に由来するそうです。万葉歴史館では、これを祝し、4月3日より特別展が開催されます。 特に「令」の文字、いろいろと解釈されていますが、「令嬢」というように、「良い」という意味が一番しっくり、でしょうか。 我が家のソメイヨシノ 元号の花は梅ですが、季節は桜。 祝うかのように、我が家のソメイヨシノも開花宣言です。細い枝先の…

  • 富山に春:全日本チンドンコンクール

    おはようございます♪ 今日から4月、新元号の発表の日ですね。なにもエイプリルフールの日でなくても・・・と思いますが(笑)。 4月といえは、この週末の5日(金)から7日(日)まで、富山市内で、全日本チンドンコンクールが開催されます。富山に春を告げるイベントですね。 予選・本選は、県民会館で、街流しの予定は以下のとおり。詳細は、全日本チンドンコンクールを。 5日(金) 幽玄ちんどん夜桜流し(前夜祭) 18:30-19:30 松川周辺 20:30-21:30 桜木町 6日(土) 中心市街地練り歩き 11:00-11:30 総曲輪・中央通り 7日(日) 10:00-10:30 松川べり練り歩き(雨天中…

  • デジタル加工の有無を問わない:花のフォトコンテスト

    ソニーマーケティングが、フォトコンテスト「花コンテスト」を開催しています。応募は5月7日までですが、終了間際は混雑が予想され、注意が必要だそうです。 現像処理が当たり前になってきたこともあるのでしょうか、デジタル加工の有無は問わないそうです。また、ネットから応募できるのがいいですね。いちいちプリントアウトする必要がありません。 acafe.msc.sony.jp 応募条件など 変更があるかもしれません。詳細は上記サイトでご確認ください。 ・他社カメラやスマホなど、撮影機材によらないオープンフォトコン形式です。 ・My Sony ID が必要です(なければ取得)。 ・応募は原則一人1作品です。 …

  • サラバ、オカメ

    おはようございます♪ ソメイヨシノが咲いてくるということは、それよりも早く咲く桜は終盤です。 ひのひとつがオカメという桜。満開の日と週末と晴れの日、その3つを合わせるのは難しいですね。 昨日行ったら、もう散り始めでした。 オカメ 満開の頃 イギリスの桜研究家イングラムが、カンヒザクラとマメザクラを交配し作出したそうです。名前は、日本の美人を想定・・・したようですが。 カンヒザクラから色を引き継いだのか濃いめの桜色。マメザクラ由来なのか、一重咲きで小さめの花で、下を向いて咲くのが特徴です。 オカメ オカメ オカメ ▲ TOPに戻る ▲

  • 踊る光たち:ティルトマウント撮影例(2)

    ティルトマウントでレンズを傾け、前回とは逆にピントが合う範囲を少なくし、その他を大きくぼかした撮影例です。独特の世界が広がりますね。 撮影例は、ピント面を自在に操る:シャインプルーフの原理でも紹介しています。 関連 オールドレンズを活かすミラーレス 名脇役のマウントアダプター 進化するマウントアダプター ピント面を自在に操る:シャインプルーフの原理 浮かぶ花たち:ティルトマウントの撮影例(1) 踊る光たち:ティルトマウントの撮影例(2) 撮影例 下は、35mm( Ai-S NIKKOR 35mm F1.4 )で。 桃源郷 レンズを上に傾け、ピント面を垂直に立ち上げることで、ピントは下の菜の花の…

  • ユキツバキの鮮やかな赤

    おはようございます♪ せっかく桜が咲きだしたんですが、週末はぐずついた天気になりそうです。 桜ばかりに目が行っていたら、ユキツバキも美しく咲いてました。濃い緑葉に深い赤がいいですね。 似たようなツバキには、ヤブツバキや寒椿があって、ややこしいのですが、ユキツバキは、ヤブツバキが、東北地方から北陸地方の日本海側の多雪地帯に適応したと考えられています。 雪に押さえつけられて、低い樹形が一般的なようですが、このあたりは雪が書くないためか、のびのびとした大きめの木でした。 ユキツバキ レンズは、この頃よくでてくる改造レンズのNiCa-ArtLens.Ver1 (略称NiCaArt1)。ツバキのような光…

  • 優しい黄色のサンシュユ

    こんばんは♪ 桜色が続いたので、今宵は黄色を♪ サンシュユです。小さな花ですが、たくさん咲くと、ふわっと黄色に包まれて、春を演出してくれますね。 秋には紅葉と細長い赤い実がなります。春と秋、2度楽しめますね。 のびのびと 雨上がりなので、キラキラしてました。 小さなの集まり 背景に優しい緑をそえると、黄色が映えますね。 緑の背景が似合います ▲ TOPに戻る ▲

  • 花咲か爺さんがここにも

    おはようございます♪ 富山でもソメイヨシノの開花宣言が出されました。 写真は、桜色のアカヤシオ(赤八汐)。野山に自生するツツジの一種で、枯れた感じの林の中で、目立ってました。 桜と一緒で、葉っぱがない枯れたような枝から、一気に花が咲きます。枯れ木に花を咲かせましょう・・・、という感じで、花咲か爺さんが桜のついでに灰をまいて咲かせたようです。 アカヤシオ 咲き始めのツボミは、ピンクのリップスティックのようです。 アカヤシオ レンズは、改造レンズのNiCa-ArtLens.Ver1 (略称NiCaArt1)。背景は豪快なボケになります。 アカヤシオ 白っぽいビンクもあって、色には個体差があるようで…

  • 今宵は蕎麦で♪

    こんばんは♪ 今宵は、所要で早めの夕食でした。立山町にあるそば処・おきなです。 手打ちの蕎麦だけでなく、丁寧な接客が気持ちよかったですね♪ 携帯からなので、元の画像は1280☓640です。 tateyama-okinasoba.favy.jp 個室から見た庭。梅は散ってました。 手打ちそば処 おきな おきな御膳、限定5食を5人で♪ 二八蕎麦で、私は冷たいざるを。固めでつるつる、美味しかったですね♪ 手打ちそば処 おきな ビールは私だけ♪ ふきのとうの天ぷらが合いました。 ホタルイカは佃煮ぽかったかな。 デザートは、手作りの桜餅とコーヒー。 ▲ TOPに戻る ▲

  • 真夏以外は桜の咲く富山

    こんばんは♪ 本日、富山市でも桜(ソメイヨシノ)の開花宣言が出されましたね。平年より、8日早いそうです。見頃は来週になりそうです。 桜といえば、富山県立山町にある県の森林研究所の樹木園には、たくさんの種類の桜が植えられてるんですが、なんでも100種類を超えるとか。 その中で、いち早く、椿寒桜が咲いてました。 椿寒桜 真夏以外は桜の咲く富山 富山県は、3,000m級の立山連峰から富山湾までと、短い距離で一気に標高差が変わるため、その自然環境は変化に富んでいます。そのためか、多くの野生の桜が見られ、なんと、真夏を除き、1年中桜が咲くのです。 富山のさくらについて(富山県)では、8~9月は咲かないと…

現在の順位 :50,997
close