searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

Paradisiaさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
レンズを絵筆に、光を絵具に
ブログURL
https://www.paradisia.jp/
ブログ紹介文
季節の花や風景などの写真、オールドレンズやカメラの話題などを紹介しています。
更新頻度(1年)

29回 / 365日(平均0.6回/週)

ブログ村参加:2019/03/29

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Paradisiaさんの読者になりませんか?

ハンドル名
Paradisiaさん
ブログタイトル
レンズを絵筆に、光を絵具に
更新頻度
29回 / 365日(平均0.6回/週)
読者になる
レンズを絵筆に、光を絵具に

Paradisiaさんの新着記事

1件〜30件

  • 梅と桜の八尾:フレクトゴンとぶら散歩

    梅と桜の季節、フレクトゴンを持って、越中八尾をぶら散歩。 ぶら散歩ならこれ:Flektogon 35mm F2.4 で紹介しましたが、35mmで、最短撮影距離も短めと、散歩や旅行に便利なレンズです。 撮影機材など 撮影日:梅の咲いた2月下旬と、桜の咲いた4月上旬です。 カメラ:α7RⅡ ホワイトバランス:オート (RAWで撮っているので必要に応じて現像で調整) ISO感度:オート(下限:100、上限:3200) 今回の写真は全てISO100です。 ISO AUTO低速限界:1/125 シャッタースピードが1/125秒以下になると、ISOが上がる設定です。ISOの上限値を超えると、シャッタースピ…

  • クリローに迫る:フレクトゴンでマクロ撮影

    マクロにも強いフレクトゴンに、さらにヘリコイドアダプターを付けて、クリロー(クリスマスローズ)に迫ってみました。 いつもうつむいて咲くので、水に浮かべています。 下のほうにマクロレンズで撮った写真がありますが、ブログで見る程度では、フレクトゴンでも遜色ない感じですね。 関連 ぶら散歩ならこれ:Flektogon 35mm F2.4 撮影機材など カメラ:α7RⅡ ホワイトバランス:オート (RAWで撮っているので必要に応じて現像で調整) ISO感度:オート (下限:100、上限:3200) 今回の写真は全てISO100です。 DRO/オートHDR:Dレンジオプティマイザー・オート 手ブレ補正:…

  • ぶら散歩ならこれ:Flektogon 35mm F2.4 

    今回のレンズは、フレクトゴン35mm(Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm/f2.4 )です。 ぶら散歩に持っていくとしたら、候補の一つですね。マニュアルフォーカスですが、やや広角の35mm、絞ればパンフォーカス的で、マクロ撮影もできるレンズです。 タイトルですが、最初は、「ちょっとした旅に・・・」でした。しかし、スマホで簡単にスナップが撮れるようになってきた昨今、このレンズの出番はないかなと(笑)。 むしろ、見慣れた風景でもおもしろく撮れそうな「ぶら散歩」に切り替えました。 装着例:α7RⅡへの装着例 主な仕様など:カールツァイス・イエナ製です レンズ単体とマウントア…

  • 海外のフリープリセット:ライトルームのプリセット(2)

    ライトルームのプリセット、今回は、海外のフリープリセットの利用例です。 どの部分がどう変更されるのか、そのあたりにも迫っています。 関連 使ってみよう:ライトルームのプリセット プリセット利用例 海外のフリープリセットにはいくつもありますが、今回は以下を紹介します。複数のプリセットファイルが一括してダウンロードできます。 サイト:Photographypla.net/ ダウンロード方法: 1)メールアドレスを入力すると、メールが送られてきます。 しかし、2020年3月現在、リンク先がありません。→2)参照 2)送られてきたメールにある「 Free Photography Bundle here…

  • 使ってみよう:ライトルームのプリセット

    今回は、現像ソフト、Lightroom のプリセットの話です。 機能が多いのはありがたいのですが、いろいろありすぎて面倒な現像処理の調整が、マウスオーバーですぐに反映され、クリック一発、一瞬で適応できるのがいいですね。 組写真など、多くの写真でも同じ効果が簡単に適用できてしまいます。 今回、デジタルカメラマガジン(2019年10月号と2020年2月号)で紹介されていたプリセットを例に紹介します。 人気写真家のプリセットということで、それぞれには、もっともらしい名前がついています(笑)。 しかし、それらは紹介された写真で最適になる条件で、すべての写真で必ずしも同じ効果が得られるわけではありません…

  • CCTVレンズで撮ってみたトウツバキ・菊弁

    おはようございます♪ こちらのブログで、朝の投稿は珍しいですね。 さてさて、春になり、トウツバキ(唐椿)の季節になってきました。 中国雲南省の原産で、手のひらほどのサイズと大きな花、豪華なツバキですね。 fleur.paradisia.jp 植物園の雲南温室ではいろいろな種類が咲いているのですが、今回、「菊弁」という品種に絞って、1万円でお釣りがくる:CCTVレンズで撮ってみました。 撮影機材など カメラ:α7RⅡ ホワイトバランス:オート (RAWでとっているので必要に応じて現像で調整) ISO感度:オート (今回の写真は全てISO100となっています) ISO AUTO低速限界:1/125…

  • 1万円でお釣りがくる:CCTVレンズ

    今回は、CマウントのCCTVレンズの紹介です。 1万円でおつりがくる安いレンズですが、中心部が比較的クリアで周辺がボケる独特の写真が楽しめます。 小さくて軽いんですが、マニュアルフォーカスで、Cマウントはフランジバックが短いので、ミラーレスカメラでしか使えません。また、イメージセンサーもAPS-C以下となります。 CCTVレンズ・Cマウント:監視カメラなどのレンズです FUJIAN 35mm F/1.6 CCTV:主な仕様など:マニュアルフォーカスです マウントアダプターとマクロ接続用アダプター:ねじ込みタイプ レンズの特徴とか:ドーナツ状のピントとか 通常の撮影例:スナップ撮影です マクロ撮…

  • 絞りすぎてボケた・回折現象に注意:ボケとパンフォーカス(6)

    パンフォーカスな写真は、絞りを絞ればいいと思われています。 しかし、絞りすぎると回折現象(いわゆる小絞りボケ)が生じ解像度が落ちてしまいます。このあたり、現像が前提、花火を美しく撮る方法で紹介しています。 フィルムカメラ時代からあった現象ですが、特に、デジタル処理が可能になってきて、拡大表示で気になるようになりました。 今回、どの程度の影響があるのか、実際にしぼりを絞って撮ってみました。 光の回折現象:絞るときには注意 実際の撮影(1):ISO AUTO:F16からボケる 実際の撮影(2):ISO 100:ISO AUTOと同じ結果 まとめ:カメラの回折低減処理の効果は? あとがき: 関連 ト…

  • 過焦点距離を使って撮影してみました:ボケとパンフォーカス(5)

    今回は、過焦点距離を使った撮影例です。 さてさて、計算した通りの結果が得られるのでしょうか。 撮影条件:30mm、F8で 過焦点距離の確認:30mm、F8の場合3.75mになります。 撮影例1:田んぼ道で 撮影例2:海王丸パークで まとめ:過焦点距離を使った効果は? あとがき: 関連 トピックス一覧 許容錯乱円の大きさに2つの考え方:ボケとパンフォーカス(1)ピントが合っているように見える範囲・被写界深度:ボケとパンフォーカス(2)被写界深度を計算してみた:ボケとパンフォーカス(3)花と人と星にピントが合って見える:ボケとパンフォーカス(4)過焦点距離を使った撮影例:ボケとパンフォーカス(5)…

  • 花と人と星にピントが合って見える:ボケとパンフォーカス(4)

    全ての範囲にピントを合わせたパンフォーカスな写真は、絞りを絞ればいいと思われています。 しかし、絞りすぎると回折現象(いわゆる小絞りボケ)が生じ、ピントが甘くなります。特に、デジタル処理が可能になってきて、拡大表示でるので気になるようになりました。 そこで、今回、絞りすぎずに被写界深度をなるべく広げてパンフォーカス撮影をするために、過焦点距離を使った2つの撮影方法を紹介します。 過焦点距離とは:パンフォーカス距離ですね 花と人と星にピントを合わせる(近景向):ピントは過焦点距離に 花と人と星にピントを合わせる(遠景向):ピントは ∞ に F値と過焦点距離:F8程度が使いやすいかな あとがき: …

  • レビュアーは日本人で実際に購入:Amazon「やらせレビュー」

    Amazonのやらせレビュー、続報です。 中国・深圳に住むやらせレビューの首謀者へのインタビュー記事、日経ビジネス(1月20日)が伝えています。日本のサイトは消えるのが早めなので、まとめてみました。 レビュアーは日本人で実際に購入しており、「日本でレビュー済み」の表示:Amazon・やらせレビュー対策かで紹介しましたが、「Amazonで購入」や「日本でレビュー済み」は、やらせを見抜くのには役に立たないようです。 関連 「日本でレビュー済み」の表示:Amazon・やらせレビュー対策か とあるPC関連商品のカスタマーレビュー。星5つが多いが、真実は星1つにあるのかも。 「やらせレビュー」首謀者への…

  • 被写界深度を計算してみた:ボケとパンフォーカス(3)

    前回は、ピントが合っているように見える範囲である被写界深度について紹介しました。 今回、実際に、被写界深度を計算してみました。 レンズの焦点距離と絞りから、いったいどれくらいの範囲にピントが合っているように見えるのか・・・といった話です。 そして、いよいよこのシリーズのメインテーマ、過焦点距離がちらっと登場です。 被写界深度とその計算:レンズの公式から導きます 被写界深度の変化:F値を変化させた場合:絞ると深くなります レンズに書かれた被写界深度:あまり役にはたちません 被写界深度の変化:焦点距離を変化させた場合:広角で深くなります あとがき 関連 トピックス一覧 許容錯乱円の大きさに2つの考…

  • ピントが合っているように見える範囲・被写界深度:ボケとパンフォーカス(2)

    前回は、許容錯乱円(ボケと識別できない最小の円)の話でした。 許容錯乱円はイメージセンサー上で想定する円にすぎません。なので、その大きさ自体を直接利用することはありませんね。 今回は、許容錯乱円の大きさから、より具体的に、ピントが合っているように見える範囲(被写界深度)について考えてみます。 ▼ Bottomへ ▼ 許容錯乱円:おさらいです 焦点深度と被写界深度:ピントが合って見える範囲 レンズを絞った場合:被写界深度は大きく あとがき: 関連 トピックス一覧 許容錯乱円の大きさに2つの考え方:ボケとパンフォーカス(1)ピントが合っているように見える範囲・被写界深度:ボケとパンフォーカス(2)…

  • 「日本でレビュー済み」の表示:Amazon・やらせレビュー対策か

    先日、AmazonでとあるPCパーツを買いました。 しかし、あまりにも似たような製品の種類が多くて、Amazonのカスタマーレビューの高評価の数で選んでしまいました。。。 これは失敗でしたね。どうやら、ヤラセレビューにまんまと引っかかってしまったようです。 最近、海外からのヤラセレビュー対策なのか、Amazonのカスタマーレビューに「日本でレビュー済み」の表示がされるようになりました。 ただ、ヤラセ対策にはあまり効果がないようですが(笑)。 ヤラセが多いAmazonのレビュー:ベタ褒めが並ぶ・・ 商品を買っていなくてもレビューを書ける:購入フィルターもあります。 ヤラセをチェック:サクラチェッ…

  • 許容錯乱円の大きさに2つの考え方:ボケとパンフォーカス(1)

    今回から、ボケとパンフォーカスのシリーズです。 パンフォーカス(pan focus)とは、近くから遠くまでの全てにピントが合っていること。ボケとは正反対のようですが、意外と関係があったりするのです。 ボケた写真でも、離れてみるとボケとはわからなくなる場合があります。それは、ボケが小さくなりすぎて認識できなくなるからです。 どれくらい小さいとボケと認識できなくなるか、実はこの大きさについて2つの考え方(値)があるのです。 ボケと錯乱円:ぽやけた円 許容錯乱円の大きさに2つの考え方:31.4μと4.5μ 許容錯乱円の計算式:写真までの距離と写真の対角長の比がポイント どちらを使うか:何をしたいかに…

  • たった2枚のレンズ:PENTAX ペンタックス SMC SOFT 85mm f/2.2

    今回紹介するレンズは、PENTAX ペンタックス SMC SOFT 85mm f/2.2。わずか1群2枚のレンズでできた、とても軽いレンズです。 ソフトフォーカスレンズで、開放ではピントが合っているのかどうかわかりにくく、イラッとします(笑)。 なので、一旦、絞りを絞ってピントを合わせてから、開放にして撮ったりしています。 ソフトフィルターや現像段階でも、ソフトな写真はできるのですが、それ以外の面白さもあります。 主な仕様:レンズはたった2枚 ソフトの違い:レンズ、フィルター、現像ソフトの違い 撮影例:前ボケ、ソフト、グルグルの3種類の例を紹介 関連:保有レンズ一覧 主な仕様 レンズ名称:PE…

  • CANON PIXUS MG5530 給紙エラー、意外と簡単に直せました

    毎年、年賀状印刷の季節は、プリンターの活躍時ですね。 1年で本格的に印刷するのはこの時ぐらいなので、いざ使おうとするとトラブルになったりします。 我が家もそんな繰り返しで、プリンター、気がつけば、2014年、2016年と、数年おきに買ってます。。。 今年も、先日も動かしてみたら、給紙エラーが何回も。。。何回やっても、カセットを押し込んでください・・・ばかり。 ネットで検索すると、同じ症状と対応がありました。そのあたり、記録のためにもまとめておきます。 故障の症状と原因:紙を吸い込んでくれません。。。 修理の方法:意外と簡単です あとがき: プリンター、毎年新しいモデルが登場してややこしていので…

  • 半分青い、ハーフNDフィルター

    秋も深まってきて、平地でも紅葉のシーズンですね。明るい秋の青空と紅葉に染まる山々、両方とも美しく撮りたいところ。 今回は、そんな時に便利なハーフNDフィルターを紹介します。 ハーフNDフィルターとは:半分だけ減光します 角型フィルターが便利:円形より便利です 現像・段階フィルターでの調整:現像処理でも似たようなことができます フィルータの有無の比較:比較してみました 撮影例:3例ほど 最後に: ハーフNDフィルターとは 機能 全体の半分だけ減光機能を持つフィルターです。 被写体の明暗差が大きい時、被写体の明るすぎる部分にハーフNDフィルターの暗い部分を当てて光を減光させ明暗差を少なくします。 …

  • ハイパワーブロワー:180cc

    ゴミの話をまとめていたら、ブロアーの大切さがわかってきました。ぺこぺこやって、ゴミを吹き飛ばすあのカメラ用品ですね。 私のブロワーといえば、使い過ぎたためか、ひび割れてきました。KING のブロアで、309円でした(笑)。 消費税も上がったことですし、一つ買いました(笑)。 ブロアー購入のポイント:風量とか素材とか アマゾンのランキング:レピューを参考に 使ってみた感想:表面のゴミが気になります 最後に: 関連 トピックス一覧1回5400円なり、イメージセンサーのクリーニング絞るとはっきりするのはなぜ?:イメージセンサーのゴミ 絞り開放ながら写る:玉ボケのゴミはどこから?レンズ前面のゴミはどう…

  • 自分でクリーニング・VSGOイメージセンサークリーナー:マニュアルちょい訳

    カメラのイメージセンサーを自分でクリーニングできるクリーナーキットが届きました。 このシリーズの初回、1回5400円なり、イメージセンサーのクリーニングで紹介したVSGOカメラクリーニングキットです。 マニュアルが全て英文で、使わない人にも役に立ちそうな部分がありそうなので、ちょい訳して紹介しておきます。 ちなみに、今回は、キットの紹介のみで、実際のクリーニングの様子は、いずれセンサーが汚れてから(笑)。 まとめ:キットを使わない人のためにも 商品名と内容:スワブと液です マニュアルのちょい訳:センサークリーニングに関する部分を 最後に: 関連 トピックス一覧1回5400円なり、イメージセンサ…

  • マクロレンズに異常見つかる:後玉などは交換に

    カメラのイメージセンサーのゴミから始まったシリーズ、今回はレンズの異常と修理の話です。 SONYの場合、イメージセンサーのクリーニングを頼むと、レンズ(外観)のクリーニングもしてくれます。 今回、ついでにつけていたレンズの方に異常が見つかりました。。。歯医者に歯垢のクリーニングに行って、虫歯が見つかるような話ですね(笑)。 レンズに異常発見:ついでのはずが・・・ 交換したパーツ:後玉ユニットなど 撮影例:試し撮り 最後に 関連 トピックス一覧1回5400円なり、イメージセンサーのクリーニング絞るとはっきりするのはなぜ?:イメージセンサーのゴミ 絞り開放ながら写る:玉ボケのゴミはどこから?レンズ…

  • レンズ前面のゴミはどう写る?:無限遠を前ボケに

    前回は、玉ボケのゴミの原因の一つは、レンズ前面にあるゴミと紹介しました。 しかし、レンズ前面にあるゴミが、本当に玉ボケの中に写り込むのでしょうか。そのあたり実際に確認してみました。 また、応用として、無限遠からの太陽光を前ボケにする方法についても紹介します。なにもいいことはありませんが(笑)。 そもそも、前ボケとは、ボケを作る光源がピントの合う位置の「前」にあるということ。無限遠が前にあるとは、いったいどういうことなのでしょう。 レンズ前面のゴミはどう写る?:描いてみました 前ボケと後ろボケを区別してみる:写り込みが違います 無限遠からの太陽光を前ボケに: オーバーインティニティを利用して 最…

  • 絞り開放ながら写る:玉ボケのゴミはどこから?

    前回、絞るとはっきりするのはなぜ?:イメージセンサーのゴミ では、絞り開放だとイメージセンサーのゴミの影響は小さくなると紹介しました。 しかし、開放でもゴミが気になる時があります。それは、点光源を写した時です。玉ボケの中に、ゴミが写り込んでいる場合があるのです。 これは、いったい、どこのゴミが影響しているのでしょうか? 玉ボケの中のゴミ:小さなゴミです そもそも玉ボケとは?:強い点光源から どこのゴミが写っている?:複数の箇所のゴミが影響 まとめ:レンズ前面をきれいに 最後に: 関連 トピックス一覧1回5400円なり、イメージセンサーのクリーニング絞るとはっきりするのはなぜ?:イメージセンサー…

  • 絞るとはっきりするのはなぜ?:イメージセンサーのゴミ

    カメラのイメージセンサーのゴミ、気がつくといくつかの疑問が。ちょっと考察してみました。 ゴミが上下逆に写るわけ:左右はそのまま イメージセンサーのゴミ、実はフィルターのゴミだった:センサー手前にあります 絞るとはっきりするのはなぜか:入ってくる面積に関係 最後に: 関連 1回5400円なり、イメージセンサーのクリーニング絞るとはっきりするのはなぜ?:イメージセンサーのゴミ ゴミが上下逆に写るわけ ファインダーで見るのとイメージセンサーを見るのとでは、ゴミの位置は異なります。上下が反転しています。 その理由は、以下の通り。 下の図のように、レンズを通して撮影した映像は、点対称となり、カメラのイメ…

  • 1回5400円なり、イメージセンサーのクリーニング

    カメラ(SONY α7RⅡ)のイメージセンサーに、大きめのゴミというか汚れがついてました。。。 普段、開放で撮ることが多く、わからなかったのですが、レンズ交換で、気がつきました。ブロアーでは吹き飛ばせない汚れです。。。 α7RⅡは買ってから10ヶ月ほど。その間、1回もクリーニングしていないので、メーカー(SONY)にクリーニングに出してみました。一番安いコースで、税込み5400円、来月からは5500円です(笑)。 センサーの汚れ:取りにくそうな汚れです 自分でクリーニングする場合:キットがあります センサークリーニングの依頼(SONY):カメラを引き取りにきてくれます 密封包装で到着:ホコリや…

  • 小さくしにくい広角のF値:レンズのF値(2)

    今回は、広角レンズのF値、なかなか小さくしにくい理由です。 広角レンズには、F値1.4のレンズもあったりして、そこそこ小さいのですが、「小さくしにくい」というのは、「短い焦点距離のわりに」という意味があります。 F値は焦点距離を有効口径で割った値なので、焦点距離が短いレンズの場合、有効口径も小さくてよく、開放F値の小さな明るいレンズは簡単にできそうなのです。 例えば、焦点距離が20mmなら、有効口径を20mmにすれば、F1.0 になります。もっと大口径とすれば、より明るくなりそうです。 イキウサさんによるイラストACからのイラスト しかし、市販でそんな広角レンズはありません。それはなぜでしょう…

  • なぜ焦点距離に比例する?:レンズのF値(1)

    開放F値の小さいレンズは、暗いところでも撮れるのと、ボケが美しいので、憧れです。値段もそれなりに高くなりますが(笑)。 ところで、このF値、レンズの焦点距離に比例するのはなぜでしょう。同じ口径(有効口径)なら、焦点距離が長いほど、F値の大きい暗いレンズになるのです。 そのあたり、定量的に調べてみました。 F値の定義:JISで定義されています F値に焦点距離が関係する理由 :光量の関係から 被写体の面積(光量)は、焦点距離の2乗に反比例:図解してます 広角レンズのF値を小さくしにくい理由:焦点距離は短いのですが まとめ:F = 1/265? 関連 小さくしにくい広角のF値:レンズのF値(2) F…

  • そもそも露出ってなんだっけ?

    たくさんの写真を撮っていながら、わかっているようでわかっていないのが、「露出」ですね。 絞りやピントを調整するリングがあっても、「露出」そのものを調整するリングがないのも、わかりにくい理由のひとつでしょう。 さて、クイズです。写真で言う「露出」とは次のどれでしょう。 1)カメラが自動的に決めてくれる明るさ 2)「絞り」で明るさを調節すること 3)光をイメージセンサーにさらすこと 4)撮影時に取り込まれる光の量(明るさ)のこと そもそも露出とは:光にさらすことと・・ 露出の流れ:カメラで調整できるのは3箇所 露出に関する用語:「段」など まとめ そもそも露出とは 露出(exposure)とは、「…

  • 改行すると現れる”・”:消す設定は無い

    はてなブログを書いていて、ちょっと気になるほんと細かいことですが。。。 改行すると”・”が表示される 空白で改行すると、HTML編集画面では、<p>・</p>と、”・”が表示されます。実際は赤く小さい文字で、見たままではスペースとして表示されます。 改行後、文字を書いていくと、”・”は消えてしまいます。なので、BSで文字を戻したりすると、スペースの有無によって、行の先頭がそろわない場合があります。 下の例では、上が■の前に<p>・</p>がある例で、その下が、<p>・</p>を削除した例です。わかりやすくするため、文字の大きさを200%にしています。 実際の画面では、上段のように、文字の前にス…

  • 白飛びやノイズ軽減・花火写真をより美しくする現像方法

    今回は、花火写真の現像方法についての話です。 花火は意外と明るく、開いている間シャッターを押していたりすると、白色系の花火はたいてい白飛びしてしまいます。かといって、絞りを絞りすぎると、暗くなってしまいます。 今回は、白飛びを押さえたり、逆に真っ黒な写真から花火をよみがえらせたり、また、背景や煙のノイズを抑えたりしてみます。例によって、私の忘備録です(笑)。ご参考までに。 現像処理:色によって明るさが違います 比較(明)合成:簡単に合成できます 色調反転:違った雰囲気に 現像例: 関連 現像が前提、花火を美しく撮る方法:基本的な撮り方 手持ちで自由に・アートな花火の撮り方:手軽ですが、意外と難…

カテゴリー一覧
商用
読者になる