レンズを絵筆に、光を絵具に
読者になる
住所
出身
ハンドル名
Paradisiaさん
ブログタイトル
レンズを絵筆に、光を絵具に
ブログURL
https://www.paradisia.jp/
ブログ紹介文
季節の花や風景などの写真、オールドレンズやカメラの話題などを紹介しています。
自由文
-
更新頻度(1年)

67回 / 199日(平均2.4回/週)

ブログ村参加:2019/03/29

Paradisiaさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 10/08 全参加数
総合ランキング(IN) 47,510位 圏外 47,510位 47,319位 47,370位 47,453位 47,592位 974,775サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 10 0 0 0 10/週
PVポイント 60 560 880 840 480 410 360 3,590/週
写真ブログ 1,391位 圏外 1,391位 1,397位 1,405位 1,414位 1,425位 32,882サイト
植物・花写真 74位 圏外 74位 77位 77位 78位 79位 1,523サイト
デジタル一眼(SONY) 13位 圏外 13位 13位 13位 14位 13位 188サイト
地域生活(街) 中部ブログ 653位 圏外 653位 659位 665位 666位 666位 13,237サイト
富山県情報 36位 圏外 36位 37位 38位 38位 37位 373サイト
今日 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 10/08 全参加数
総合ランキング(OUT) 77,939位 60,848位 60,557位 60,245位 67,097位 67,397位 67,631位 974,775サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 10 0 0 0 10/週
PVポイント 60 560 880 840 480 410 360 3,590/週
写真ブログ 2,064位 1,428位 1,422位 1,421位 1,647位 1,675位 1,690位 32,882サイト
植物・花写真 93位 54位 56位 53位 73位 70位 72位 1,523サイト
デジタル一眼(SONY) 25位 22位 22位 21位 23位 24位 20位 188サイト
地域生活(街) 中部ブログ 1,403位 1,224位 1,219位 1,230位 1,338位 1,355位 1,360位 13,237サイト
富山県情報 71位 67位 69位 71位 71位 69位 68位 373サイト
今日 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 10/08 全参加数
総合ランキング(PV) 5,095位 4,988位 5,224位 5,611位 5,423位 5,374位 5,229位 974,775サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 10 0 0 0 10/週
PVポイント 60 560 880 840 480 410 360 3,590/週
写真ブログ 102位 99位 105位 113位 106位 103位 98位 32,882サイト
植物・花写真 4位 4位 4位 4位 4位 4位 4位 1,523サイト
デジタル一眼(SONY) 4位 4位 5位 5位 5位 5位 5位 188サイト
地域生活(街) 中部ブログ 90位 86位 87位 94位 94位 93位 90位 13,237サイト
富山県情報 10位 10位 10位 13位 14位 13位 13位 373サイト

Paradisiaさんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Paradisiaさんの読者になりませんか?

ハンドル名
Paradisiaさん
ブログタイトル
レンズを絵筆に、光を絵具に
更新頻度
67回 / 199日(平均2.4回/週)
読者になる
レンズを絵筆に、光を絵具に
  • レンズ前面のゴミはどう写る?:無限遠を前ボケに

    前回は、玉ボケのゴミの原因の一つは、レンズ前面にあるゴミと紹介しました。 しかし、レンズ前面にあるゴミが、本当に玉ボケの中に写り込むのでしょうか。そのあたり実際に確認してみました。 また、応用として、無限遠からの太陽光を前ボケにする方法についても紹介します。なにもいいことはありませんが(笑)。 そもそも、前ボケとは、ボケを作る光源がピントの合う位置の「前」にあるということ。無限遠が前にあるとは、いったいどういうことなのでしょう。 レンズ前面のゴミはどう写る?:描いてみました 前ボケと後ろボケを区別してみる:写り込みが違います 無限遠からの太陽光を前ボケに: オーバーインティニティを利用して 最…

  • 絞り開放ながら写る:玉ボケのゴミはどこから?

    前回、絞るとはっきりするのはなぜ?:イメージセンサーのゴミ では、絞り開放だとイメージセンサーのゴミの影響は小さくなると紹介しました。 しかし、開放でもゴミが気になる時があります。それは、点光源を写した時です。玉ボケの中に、ゴミが写り込んでいる場合があるのです。 これは、いったい、どこのゴミが影響しているのでしょうか? 玉ボケの中のゴミ:小さなゴミです そもそも玉ボケとは?:強い点光源から どこのゴミが写っている?:複数の箇所のゴミが影響 まとめ:レンズ前面をきれいに 最後に: 関連 トピックス一覧1回5400円なり、イメージセンサーのクリーニング絞るとはっきりするのはなぜ?:イメージセンサー…

  • 絞るとはっきりするのはなぜ?:イメージセンサーのゴミ

    カメラのイメージセンサーのゴミ、気がつくといくつかの疑問が。ちょっと考察してみました。 ゴミが上下逆に写るわけ:左右はそのまま イメージセンサーのゴミ、実はフィルターのゴミだった:センサー手前にあります 絞るとはっきりするのはなぜか:入ってくる面積に関係 最後に: 関連 1回5400円なり、イメージセンサーのクリーニング絞るとはっきりするのはなぜ?:イメージセンサーのゴミ ゴミが上下逆に写るわけ ファインダーで見るのとイメージセンサーを見るのとでは、ゴミの位置は異なります。上下が反転しています。 その理由は、以下の通り。 下の図のように、レンズを通して撮影した映像は、点対称となり、カメラのイメ…

  • 1回5400円なり、イメージセンサーのクリーニング

    カメラ(SONY α7RⅡ)のイメージセンサーに、大きめのゴミというか汚れがついてました。。。 普段、開放で撮ることが多く、わからなかったのですが、レンズ交換で、気がつきました。ブロアーでは吹き飛ばせない汚れです。。。 α7RⅡは買ってから10ヶ月ほど。その間、1回もクリーニングしていないので、メーカー(SONY)にクリーニングに出してみました。一番安いコースで、税込み5400円、来月からは5500円です(笑)。 センサーの汚れ:取りにくそうな汚れです 自分でクリーニングする場合:キットがあります センサークリーニングの依頼(SONY):カメラを引き取りにきてくれます 密封包装で到着:ホコリや…

  • 小さくしにくい広角のF値:レンズのF値(2)

    今回は、広角レンズのF値、なかなか小さくしにくい理由です。 広角レンズには、F値1.4のレンズもあったりして、そこそこ小さいのですが、「小さくしにくい」というのは、「短い焦点距離のわりに」という意味があります。 F値は焦点距離を有効口径で割った値なので、焦点距離が短いレンズの場合、有効口径も小さくてよく、開放F値の小さな明るいレンズは簡単にできそうなのです。 例えば、焦点距離が20mmなら、有効口径を20mmにすれば、F1.0 になります。もっと大口径とすれば、より明るくなりそうです。 イキウサさんによるイラストACからのイラスト しかし、市販でそんな広角レンズはありません。それはなぜでしょう…

  • なぜ焦点距離に比例する?:レンズのF値(1)

    開放F値の小さいレンズは、暗いところでも撮れるのと、ボケが美しいので、憧れです。値段もそれなりに高くなりますが(笑)。 ところで、このF値、レンズの焦点距離に比例するのはなぜでしょう。同じ口径(有効口径)なら、焦点距離が長いほど、F値の大きい暗いレンズになるのです。 そのあたり、定量的に調べてみました。 F値の定義:JISで定義されています F値に焦点距離が関係する理由 :光量の関係から 被写体の面積(光量)は、焦点距離の2乗に反比例:図解してます 広角レンズのF値を小さくしにくい理由:焦点距離は短いのですが まとめ:F = 1/265? 関連 小さくしにくい広角のF値:レンズのF値(2) F…

  • そもそも露出ってなんだっけ?

    たくさんの写真を撮っていながら、わかっているようでわかっていないのが、「露出」ですね。 絞りやピントを調整するリングがあっても、「露出」そのものを調整するリングがないのも、わかりにくい理由のひとつでしょう。 さて、クイズです。写真で言う「露出」とは次のどれでしょう。 1)カメラが自動的に決めてくれる明るさ 2)「絞り」で明るさを調節すること 3)光をイメージセンサーにさらすこと 4)撮影時に取り込まれる光の量(明るさ)のこと そもそも露出とは:光にさらすことと・・ 露出の流れ:カメラで調整できるのは3箇所 露出に関する用語:「段」など まとめ そもそも露出とは 露出(exposure)とは、「…

  • 改行すると現れる”・”:消す設定は無い

    はてなブログを書いていて、ちょっと気になるほんと細かいことですが。。。 改行すると”・”が表示される 空白で改行すると、HTML編集画面では、<p>・</p>と、”・”が表示されます。実際は赤く小さい文字で、見たままではスペースとして表示されます。 改行後、文字を書いていくと、”・”は消えてしまいます。なので、BSで文字を戻したりすると、スペースの有無によって、行の先頭がそろわない場合があります。 下の例では、上が■の前に<p>・</p>がある例で、その下が、<p>・</p>を削除した例です。わかりやすくするため、文字の大きさを200%にしています。 実際の画面では、上段のように、文字の前にス…

  • 白飛びやノイズ軽減・花火写真をより美しくする現像方法

    今回は、花火写真の現像方法についての話です。 花火は意外と明るく、開いている間シャッターを押していたりすると、白色系の花火はたいてい白飛びしてしまいます。かといって、絞りを絞りすぎると、暗くなってしまいます。 今回は、白飛びを押さえたり、逆に真っ黒な写真から花火をよみがえらせたり、また、背景や煙のノイズを抑えたりしてみます。例によって、私の忘備録です(笑)。ご参考までに。 現像処理:色によって明るさが違います 比較(明)合成:簡単に合成できます 色調反転:違った雰囲気に 現像例: 関連 現像が前提、花火を美しく撮る方法:基本的な撮り方 手持ちで自由に・アートな花火の撮り方:手軽ですが、意外と難…

  • 手持ちで自由に・アートな花火の撮り方

    前回の「現像が前提、花火を美しく撮る方法」は、教科書的なオーソドックスな花火の撮り方でした。 今回は、アート的な花火の撮り方です。三脚やリモコンシャッターは使いません。むしろ、積極的にカメラを動かします。 カメラが2台あれば、1台目は三脚を使い、2台目はフリーに遊んでみるのも手です。 教科書的な花火の写真は、たくさん見かけますが、こちらは予想外に面白い映像になります。ただし、なかなか思い通りには行かず失敗も多くなり、また、同じ写真は2度と撮れません(笑)。 大空のハープ 夏の空に大きく広がる、流れるような繊細なラインが美しいですね。90mmマクロ( SONY FE 90mm F2.8 Macr…

  • 現像が前提、花火を美しく撮る方法

    花火をできるだけ美しく撮る方法について紹介します。現像処理することを前提としています。 最初は撮り方です。花火は、夏の数週間しか撮らないので、どちらかというと、私の忘備録です(笑)。 美しく、というのも曖昧ですが、白飛びをなくして、花火本来の光の軌跡を緻密に、細部まで表現することを目指しています。 現像することが前提なので、基本的に暗めに撮ります。暗い写真を明るくするのは容易ですが、白飛びした写真の補正は難しくなります。 カメラとレンズ:暗いレンズでも活躍します カメラの設定や撮影条件:基本的に暗めに撮ります 絞り過ぎで起きる回折現象:実際の影響は少ない 撮影例: ポイントは、撮りたいテーマで…

  • 写真現像の腕を競うコンテスト

    写真現像の腕を競うコンテストが開催されています。“その一枚を物語に”フォトコンテスト/テーマ 爽です。 「Lightroom」「Photoshop」でおなじみのアドビと、写真投稿サイト「GANREF」のコラボレーション企画です。 現像前と現像後のデータを両方提出し、いかに被写体の魅力を引き出しているかを審査するそうです。 テーマ:「爽」 募集期間:2019年7月19日(金)~8月13日(火)昼12時 最優秀賞:賞金10万円 応募条件:応募者本人のWebまたはSNSのMyページなどで公表した作品の投稿は可能とされています。 ポイントは、現像前の写真はなるべく修正しがいのある写真を選ぶことでしょう…

  • RAWファイルも無制限保存・同期は危険:Amazon Photos

    泥縄のデータバックアップの話、ラストは、オンラインストレージ(保管庫)の話です。 前にもいいましたが、データの安全性から言えば、個人のPCより、オンラインサイトに保管するのがよっぽど安全ですね。 画像ファイルのバックアップ、私はフェイスブックとアマゾン(Amazon Photos)を利用しています。 撮影した全RAWファイル → アマゾン(Amazon Photos)、プライム会員なら画像ファイルは無制限です。 選択したRAWファイル:上に含まれるので、オンライン保存なし 現像済のJPEGファイル → フェイスブック(JPEGファイルなら無制限) 他にも、写真を保存できるストレージとしては、G…

  • ブログ名変更:はてなブックマークは自動で変更されます

    突然ですが、ブログ名、変えてみました。 旧:あの夏も空も花も 新:レンズを絵筆に、光を絵具に 変更にともなって、やっておくことなどをまとめてみましたが、Google AdSenseなどはURL管理ですし、ほとんどありませんでした(笑)。 ちなみに、「はてなブックマーク」のブログ名は自動的に変更されました。 イラストはイキウサさん(イラストAC)を一部改 ブログ名を変更した理由 たいした理由ではないのですが、いくつかあります。 1)コンテンツを明確に 旧名では、何が何だか・・でしたが、少しはコンテンツを明確にしたつもりです(笑)。 2)似たような名前 姉妹ブログ「光と風と薔薇と」と似たようなタイ…

  • Cドライブ容量の急減:原因は Windows.old ファイル

    最近、急にCドライブの容量が減ってきました。その原因と対応についてまとめてみました。 Cドライブ容量の急減 Cドライブ容量不足の警告が出てので、チェックしてみると、118GBの容量のうち、使用領域が117GBに。。。 最近、新たなプログラムを追加したわけではないのに不思議です。とりあえず、ディスクのクリーンアップを。 ディスククリーンアップ ディスククリーンアップで、インターネット一時ファイルやごみ箱をファイルを削除してみました。たいして減りません。 方法:エクスプローラーのCドライブで右クリック/プロパティ/ディスククリーンアップ(下の図)/OKを押します。 これは、Windows.old …

  • Bunbackupでミラーリング:泥縄のデータバックアップ

    データバックアップの話、今回は、バックアップしてくれるソフト の紹介です。 私のバックアップ体制、外付けのHDD2台で、ミラーリングしているRAID対応HDDではありません。なので、バックアップソフトが必要なのですが、フリーソフトの BunBackup を選定しました。 自動バックアップやミラーリング、世代管理など、便利で使える機能が充実しています。 毎日、せっせとバックアップしています。 バックアップソフトは、Bunbackup:なかなかのソフトです 主な機能:ミラーリングや世代管理など メニュー画面の説明:常駐しています 全体設定:機能を選択 個別設定:バックアップ条件ごとに 最後に 関連…

  • 2億4千万の瞳:SONYの新製品・α7R Ⅳ

    SONY のミラーレス・フルサイズカメラ・α7Rシリーズ、新機種の発表がありましたね。 α7R Ⅳ(ILCE-7RM4)で、日本では、消費税が上る前の9月6日の発売予定です。これで、私の機種が一段とオールドタイプになりました(笑)。 なかでも、すごいのが、ピクセルシフトマルチ撮影機能でしょう。有効画素数の4倍、約2億4,080万画素(19,008×12,672ピクセル)の画像が得られるというのですから。 かつて、「2億4千万の瞳」なんて歌がありましたが、まさに、その2億4千万の瞳です(笑)。 これで撮ったダイナミックな風景写真、大きく引き伸ばしてプリントすると、ど迫力でしょうね。見てみたいもの…

  • 泥縄で考えてみた:データのバックアップ

    ハードディスクドライブ(HDD)クラッシュの苦い体験から、今更ながら、データバックアップ体制を整えてみました。ほんと、あとの祭りというか泥縄というか(笑)。 いろいろ想定外が起こる時代。泥縄で考えるほうが、より現実的なのかもしれません。イラストは、 イラストACから。イキウサさんのウサギです。 バックアップ・基本的な考え:バックアップだけでなく オンラインサービスの利用:より安全で便利です PCのバックアップシステム:6TB☓2台で 全体のイメージ:PCのシステムとオンラインサービスの併用です バックアップするファイル:メールデータも 最後に 関連 やられたぁぁぁ。。10万余の写真データが消失…

  • クラッシュしたHDD、完全分解してみた。ボロボロだったのは・・・

    データ復旧が不可能で、東京・富山2往復の旅をして、戻ってきたHDD、せっかくなので捨ててしまう前に、完全分解してみました。 今度は、丁寧に取り扱う必要がないので、多少無理しても安心です(笑)。何かの参考になればいいのですが。 ケース解体:ツメを外します HDD本体の開封:トルクスドライバーが必要です ボロボロの呼吸フィルター!?:大丈夫なのか? 最後に 関連 やられたぁぁぁ。。10万余の写真データが消失:2TBのHDDのクラッシュ!!・データ復旧結果は・・・ クラッシュしたHDD、完全分解してみた。ボロボロだったのは・・・ ケース解体 機種名は、バッファローのHD-LB2.OTU3J です。今…

  • やられたぁぁぁ。。10万余の写真データが消失:2TBのHDDのクラッシュ!!・データ復旧結果は・・・

    あ゛ー、ですね。。。 先日、ハードディスクドライブ(HDD)で、なんだかカリカリと音がすると思っていたら、いきなりダウン。 認識しなくなりました。。。HDDのクラッシュです。容量は2TB(テラバイト)で、10万枚余の写真データが入っていたのですが。。。 あの夏も、空も、花も、飛んでいってしまいました。。。。。 イラストは、イラストACさんを一部改変。ここは太っ腹で、自由に改変・編集して使用することができます。 なんだか、黄色信号から一気に赤信号に変わった感じです。使っていたHDDメーカーのバッファローには、HDDの状態をチェックする「みまもり合図」というのがあって、チェックはしていたのですが。…

  • お名前comの転送サービスが有料に:削除するなら7/24までに

    お名前com から、転送サービス(メール転送設定/URL転送設定)が変更になり、有料になるとのメールが届いてます。 転送サービス、Google Adsenseの承認のためだけに利用されている方は、削除もありですね。そのあたり、簡単にまとめてみました。 私は、URL転送の設定を削除しましたが、Google Adsense で何ら問題はありません。ちなみに、メールの転送も解除しないと有料になるので、こちらも削除しました。 お名前com といえば、Google Adsense の広告で一番良く見かけるスポンサーなんでしょうけど(笑)。 転送サービスの変更:継続利用する場合も、設定の確認が必要です 転…

  • ケンコーミラーレンズ 500mm F6.3DX 

    超望遠ながら、ミラーレンズなので軽くて、また、独特のリング状のボケが現れるのも魅力のレンズ、ケンコーミラーレンズ 500mm F6.3DXの紹介です。 マニュアルフォーカスのせいもあるのでしょうか、今では市販されていないようです。オールドレンズの仲間入りかも(笑)。 独特のリングボケ:副鏡の影響です 主な仕様など:絞りは固定です 撮影例: 関連 保有レンズ一覧 Kenkoミラーレンズ 500mm F6.3DX (カテゴリー) 独特のエンジェルリング ミラーレンズの仕組み レフレックスレンズとも呼ばれ、下図のように通常の光学レンズとは異なり、2枚の鏡による反射で光をイメージセンサーに収束させます…

  • リバースで超マクロ撮影:レンズの基礎(5)

    リバース・マクロ撮影の具体的な紹介です。今回は、今まで紹介してきたレンズ( Ai Nikkor 35mm F1.4S)を使っています。 超マクロだけだと顕微鏡のような写真になるのですが、レンズの個性を加えて、それ以外の面白さを加えるのがいいでしょうね。 リバースマクロとは:レンズを逆向きに 装着例:2つのリングを使います。 撮影例:15枚の写真を♪ 関連 レンズの公式:レンズの基礎(1) 主点の位置は変えられる:レンズの基礎(2) レンズを繰り出す:レンズの基礎(3) レンズを逆にして超マクロ:レンズの基礎(4) リバースで超マクロ撮影:レンズの基礎(5) リバース・マクロとは レンズを前後逆…

  • レンズを逆にして超マクロ:レンズの基礎(4)

    レンズを前に出すと、より大きく写せることを紹介しました。しかし、前に繰り出すとはいっても、限界がありますね。 この場合、レンズを前後逆にして使うことにより、撮影倍率をさらに大きくすることが可能な場合があります。 今回は、35mmレンズ( Ai Nikkor 35mm F1.4S)を例に、そのメカニズムなどに迫ってみます。 リバースマクロとは:レンズを逆向けに 撮影倍率:今回は1.8倍ほど。 リバースの光路図:レトロフォーカスなので、主点はレンズの前に 通常の光路図:主点はレンズの後ろに 繰り出し量と撮影距離:フォーカスリングが効かない理由 最後に: 関連 レンズの公式:レンズの基礎(1) 主点…

  • レンズを繰り出す:レンズの基礎(3)

    レンズの基礎シリーズ、3回目です。近くの被写体を撮る時は像のできる位置が焦点距離からずれてくるので、ピントリングを回す時のように、レンズを前に繰り出します。 今回は、そのあたりについて、実際にレンズの公式を使って計算してみます。無限遠から非常にわずかレンズを繰り出すだけで、ピントの合う位置は大きく変わってきます。 レンズの繰り出し:近くを撮る時に 実際の繰り出し量はわずか:わずか1mmで無限大から1.3mほどへ 繰り出し量と撮影距離の関係:グラフにするとわかりやすい 接写リングでさらに繰り出す:ピントリングは効きにくくなります 最後に 関連 レンズの公式:レンズの基礎(1) 主点の位置は変えら…

  • 主点の位置は変えられる:レンズの基礎(2)

    レンズの基本的な話、前回は、レンズは無限遠からの光を基準に設計されており、光が集まって像ができる焦点の位置にカメラのイメージセンサーがあると紹介しました。 そこででてきた疑問は以下のような点。今回は、そのあたりについての話です。 広角レンズ:焦点距離が短く、一眼レフでミラーの可動用スペースをどうするのか 望遠レンズ:焦点距離が長いと、レンズも長くならないのか 複数のレンズがある場合:主点の位置は変えられる 広角系:レトロフォーカスレンズ:主点はカメラ側に 望遠系:主点は遠くへ 被写体が近い時:像はイメージセンサーからずれます 最後に 関連 レンズの公式:レンズの基礎(1):まずは基本から 主点…

  • トピックス一覧

    まとまりなく書き散らかしてきたトピックスの一覧です。順次、追加していきます。右のカテゴリーの「トピックス一覧」にあります。 全般的な話:いわゆる「肖像権」など カメラのこと:ミラーレスの話をメインに レンズのこと:オールドレンズなど マウントアダプター:ミラーレスなのでいろいろ試せます 色について:色の不思議 現像ソフト:役に立つ機能など 関連グッズなど:実際に使ってみての話 全般的な話 「顔写真投稿」注意すべき、いわゆる「肖像権」:具体的な例について カメラのこと オールドレンズを活かすミラーレス:一眼レフとミラーレスの違い 意外と奥が深い:デジカメの画像処理(1):デジタルならではの問題も…

  • レンズの公式:レンズの基礎(1)

    今回から、レンズの基本的なことについての話です。 知っているようで、いろいろ調べてみると、意外に知らなかったことや疑問が出てきて、深みにはまりましたね。これがいわゆる"レンズ沼"なんでしょうか(笑)。 レンズの公式:まずは基本から イメージセンサーは焦点距離の位置に:無限遠が基本です ミラーの可動用スペースが足りない!?:ここで疑問が 最後に レンズの公式 最初に、レンズの焦点距離などの基本的な話を。中学理科や高校の物理に出てくるような話です。 シンプルに考えるため、カメラのレンズを厚みのない1枚の凸レンズと仮定します。この場合、被写体(AB)がイメージセンサーに写る様子は、下のような光路図と…

  • ひらひらと初夏のポピー(2):Ai-S NIKKOR ED 180mm f/2.8

    ひらひらと初夏のポピー(2) 梅雨入りしました。長く伸びて、ひらひらとした花びら、降り続く雨の中ではどうなっているのかと、少し気がかりです。 撮影は、α7RII + Ai-S NIKKOR ED 180mm f/2.8で。4隅がケラれたので、少しトリミングしています。ピントの合っているセンターのシベ部分はクリアです。やはり落ち着いた赤の発色ですね。

  • 不思議な白い花:MiCa-ArtLens.Ver1

    不思議な白い花 ケンタウレア・ヤケア(Centaurea jacea )、ヤグルマギクとも言うようです。ニゲラに似ていますね。 α7RII + MiCa-ArtLens.Ver1 での撮影です。ミノルタ(MINOLTA AUTO ROKKOR-PF 55mm F1.8 )の前玉をキヤノン( CANON FD 50mm F1.8)に変えたもの。 後ろボケが、そこそこの玉ボケになります。全体が霞んでいますが、ピントのあっている部分は、意外としっかり。 マウントがミノルタなので、ヘリコイドアダプターをもっておらず、最短距離が長めです。最短距離、実測していないのですが、ミノルタが50cm、キャノンが6…

カテゴリー一覧
商用