searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

松玉さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
matsudama blog
ブログURL
https://matsudama.hatenablog.com/
ブログ紹介文
社会で起こっているさまざまな現象を自分なりに読み解きます。哲学、社会、教育など幅広い分野を扱います。
更新頻度(1年)

126回 / 365日(平均2.4回/週)

ブログ村参加:2019/02/10

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、松玉さんの読者になりませんか?

ハンドル名
松玉さん
ブログタイトル
matsudama blog
更新頻度
126回 / 365日(平均2.4回/週)
読者になる
matsudama blog

松玉さんの新着記事

1件〜30件

  • ブリージングウォーターでアンチエイジングゥ~♪

    コエタスで当選した超高濃度酸素ナノバブル水が届きました~。 500mlのペットボトルが2本送られてきました。 早速飲んでみました。 うわ~ぉ、おいしゅうございますねぇ。 日本人好みの、とても軟らかくて飲みやすいウォーターです。 酸素は新陳代謝の促進に大きな役割を持っているわけですが、このウォーターは名前のとおり超高濃度の酸素水なわけで、そのためごくごくと飲むだけで、アンチエイジングゥ~♪、なんですね。 お昼はチャーハンのおともにブリージングウォーターを。 午後は、サイクリングへ。 わたくしのところもやっと緊急事態宣言が解除されまして、このブリージングウォーターをおともに愛車のグレートジャーニー…

  • なんだかなぁ、

    『テラスハウス』に出演していた木村花という方が亡くなった。 今回のニュースで初めてこの方を知った。もう『テラスハウス』見てないし。 死因はまだはっきりしていないけど、自殺で亡くなったようだ。 この方には以前から、Twitterで直接、誹謗中傷の言葉が送り付けられていたらしい。 うーん、なんだかなぁ、この方には特に何の思い入れもないけど、なんか心にぽっかりと穴があいてしまったような感じになってしまった。 Twitterのおかげで社会が動いたりすることがよくあるから一概に否定できないけど、やっぱりTwitter含めてSNSって害悪だと思うわ。 匿名で陰湿な言葉を送りつけて、それが自殺につながってし…

  • 『新聞記者』は久しぶりに胸を衝く邦画だった、松坂桃李がすごかった

    新聞記者 発売日: 2019/10/23 メディア: Prime Video 普段あまり邦画は観ないのだけど、韓国人の女優がこの作品で日本アカデミー賞の主演女優賞?を受賞されてて印象に残っていたので観てみた。 邦画では本当に久しぶりに、ぐぅーっと胸に迫るものがあった。 僕は映画に関しては本当に素人なんだけど、ストーリーが完璧だと思った。 邦画を観ていると、この件いる?みたいなやつが多くて萎えてしまうのだけど、この映画はまずそれがなかったので良かった。 伊藤詩織さんの強制性交の問題や、愛媛の獣医学部設置の問題など、現実と非常にリンクした内容になっている。 締め方も完璧だと思った。最後の、松坂桃李…

  • お茶?コーヒー? 不思議な飲み物、O CHER とは

    コエタスで当選したO CHERが届きました~。 「O CHER」と書いて「オーカー」と読むそうです。 当方、毎日3~4杯はコーヒーを飲むので、O CHERが当選したときはけっこう嬉しかったですね! 届いたのは5種類で、ストレート、カカオミント、和紅茶、アレルリリーフ、ビューティー フルムーンです。 今回の当選で、O CHERを初めて知りました。 コーヒーが当たったんだと思ったのですが、調べてみると不思議な飲み物だということが分かりました。 O CHERとは? 同封されていた説明書によりますと、O CHERはコーヒーと同じ豆を原材料にしているのですが、一般的に飲まれているあの黒いコーヒーとは別物…

  • セルフカットが感染症対策になる日が来るとは思わなかった

    僕はかれこれ7年くらい美容院に行ってない。 家でセルフカットしているからだ。 きっかけは、阿部寛だった。 『おしゃれイズム』という番組に彼が出ていて、スタジオにて普通のはさみでチョキチョキ髪を切っていた。 目からうろこだった。「あぁそうか、自分の髪って自分で切っていいんだなぁ」と思った。 早速、普通のはさみで恐る恐る切ってみたら、ビギナーズラックでうまい具合に切れた。「これでもう店に行く必要はなくなる」と嬉しかった。 僕は当時学生で、学割を使っても3000円も払わないといけないし、仕上がった髪型はなんだか似合わないので気をもんでいた。 あまり金を使いたくないので短く切ってもらうのだが、短いのは…

  • 『スターウォーズ』をエピソード4からではなくエピソード1から観た感想(ネタバレ注意)

    STAY HOMEということでね、スターウォーズシリーズ観ましたけれども。 エピソード1~6まで観ました。面白かったですね。 当方、アナキンスカイウォーカーとかダースベイダー、チューバッカ、C-3PO、R2-D2とかいう登場人物の名前は知っていたけれど、物語の内容はまったく知らず、題名のとおり宇宙で戦争するんやろということくらいしか知識がありませんでした。 STAY HOMEということで、この際いろんな映画を観ようと思って、それでGEOで『スターウォーズ』を手に取ったわけです。なんかのテレビ番組でスターウォーズはエピソード4が最初の作品とか言っていたような記憶があったけれど、それでも4から見始…

  • 烏骨鶏のニンニク卵黄を毎日摂取し健康になろうではないか

    コエタスで当選した烏骨鶏のニンニク卵黄が届きました! 早速開封してみました! ニンニクを使っているサプリメントということですが、ニンニクのくさみはまったくないですね。ちょっと酢のようなにおいがします。 一日2~4粒づつ飲むのがいいということで、毎日2粒飲んでいます。飲み続けて一週間くらいたちました。 このニンニク卵黄、もともと鹿児島のおばちゃんたちが近所の身体の弱い方々のために作っていたそうです。 それが好評を博し、「もっと多くの人たちに!」ということで生産されているようです。 パッケージの後ろに栄養成分表が載っていますが、ビタミンEやさまざまな種類のアミノ酸がたくさん含まれています。 まだ一…

  • 原価0円! 建築現場の端材で一本下駄を自作した

    用意したものは端材、使わなくなった手ぬぐい。 必要だった道具は、のこぎり、のみ、かなづち、電動ドリル。 まずは自分の足に合わせて、端材をのこぎりで切断。次にノミで面取りしていく。 その後、下駄の足をはめる部分をノミで掘ってほぞをつくる。 そしてかなづちでばんばん叩いて足をはめた。 下駄の足をはめたところ 当方、ノミを初めて使ったので掘るのが大変だった。コーナンで1550円で買った安物の3本セットを使ったのもいけなかったのかもしれない。 下駄をつくるのも初めてだったのであまり要領が分からず。とりあえず2センチ掘って、接着剤もつけといた。けっこうしっかりはまっていて足はがたがたせず満足。 次に鼻緒…

  • スウェーデントーチでたけのこ茹でた

    スウェーデントーチでたけのこ茹でた。

  • 5年ぶり2度目の汗疱、足が臭くて憂鬱になる

    あぁまた汗疱になった。 本当に憂鬱だ。何が一番憂鬱かというと、変な汁のせいで足が臭いのだ。見た目も気持ち悪いし。 これになったのは2015年夏だった。 あのときは家にこもってひたすら本を読んでいると、自律神経がおかしくなったのか体調が本当にやばくなった。 微熱が続いて身体がだるいし、唇はただれるし、背中がひたすらかゆいし、目やにがひどくて充血する。そして、足が汗疱でグロテスクな見た目になった。 はじめ、足のへりに小さな水膨れができた。なんかかゆいなーと思っていじっていると、次の日ぼこぼこ水膨れみたいなものができて見た目が気持ち悪くなった。歩きづらいのでつぶすのだが、水をぬいても内側から補充され…

  • HIME-LIAはフルーティでさわやかなオリーブオイルであった

    コエタスで当選したオリーブオイルHIME-LIAが到着しました~。 シンプルで上品なパッケージに、高級感をイメージさせるオリーブオイルです。 手書きの手紙も同封されていました。 いまどき、みんなLINEやメールで済ませてしまうので、こういう手書きの手紙をもらうとなんだかほっこりした嬉しい気持ちになります。 HIME-LIAを使って何作ろうかな~と考えていますと、ミートソースパスタを食べたくなったので、お昼はミートソースを作りました。 ミンチ肉、パスタ、みじん切りにした玉ねぎの上に、トマトソース、ケチャップ、ウスターソース、タバスコをかけ、そこにHIME-LIAを一回し。それから7分煮込みます。…

  • なかなかないタイプの映画『15時17分、パリ行き』

    15時17分、パリ行き(字幕版) 発売日: 2018/05/19 メディア: Prime Video いやー面白かったね。 アメリカのどこにでもいる普通の若者たち三人が、パリ行きの列車でテロを未然に防いだ話。 現実に起こった話で、何がすごいって登場人物のほとんどを本人たちが映画で実際に再現しているところ。 ハリウッドの巨匠クリント・イーストウッドの作品は初めて観たけど、素人が演じていることに違和感を感じることはなかった。 最初はオーディションで選んだ俳優を使う予定だったけど、監督、どこにでもいる若者である本人たちの素顔に魅力を感じて自らオファーしたらしい。 本人たちも、映画化が決まって「自分の…

  • ひさしぶりに都会に戻ってきたら緊急事態とは程遠い日常でびっくりした

    僕には、緊急事態宣言が発表された県の比較的大きな都市と、ほとんど人気がない山の二か所に拠点があって、そこを自転車で行ったり来たりする生活を送っている。山には僕が世話になっている芸術家のアトリエがあって、そこで寝起きできる。山にはほとんど人が来ないのでコロナ感染の心配はほとんどない。 緊急事態宣言が発表される7日から今日まで山に行っていた。 山ではラジオしか情報源がなく、日に日に感染者が増えていることは知っていたが、自分が住んでいる街がどんな状況になっているかよく知らなかった。 昨日お世話になっている芸術家が山に来て、近所にあるショッピングモールは今ではスーパーと百均しかやっていないことや、街中…

  • コロナ後は百姓が増えると推測する

    世界中にコロナウイルスが蔓延している。 わがふるさと山陰はいまだに感染者0という快挙を達成し続けているが、東京はどんどん感染者が増えているし、イギリスの首相もコロナにかかって病院送りになった。 コロナがいつ収束するか分からないし、もしかしたらインフルエンザみたいに風物詩的なものになっていくのかもしれない。 いずれにせよ、今回のコロナで、こんなに技術が発展した現代でも、システムってのは意外ともろいものだということがよく分かった。日常がスムーズに運営されていると決して気づけないことでも、非日常になるとあっさりと顔を現す。 仮にコロナが今月中にピークを迎え夏あたりには収束したとしても、経済的な打撃は…

  • 中動態の世界と、神々の沈黙について

    國分さんによる著書『中動態の世界』はなかなか面白かった。 中動態とは、数千年前の世界では一般的だった態のことで、状態や状況を説明する。 matsudama.hatenablog.com 『中動態の世界』を読み終わった後しばらくして、以前読んだ『神々の沈黙』という本を思い出した。 中動態の世界は今では失われた世界なのだが、それは神々が沈黙したことと深く関わっているのかもしれない、そんなことをふと思ったのだ。 神々の沈黙―意識の誕生と文明の興亡 作者:ジュリアン ジェインズ 発売日: 2005/04/01 メディア: 単行本 この本もまた非常に興味深いことが書かれていて、著者によれば、古代の人々に…

  • コロナウイルスが猛威をふるっているのを見るとワクワクしてくる

    じつに不謹慎だけどね。 僕は昔から、日常が壊れて非日常になるとワクワクしてくる。 日常が粛々と営まれていると、なんだか息苦しくなってくる。 退屈してしまうのかな、よく分からないけれど。 ぼくは昔からあがり症で、授業で発表しないといけない日が近づくと憂鬱な気分になった。発表時は動悸が激しくなって、声が出なくなる。でも、先生が遅刻したりとか、機械が故障して発表用の資料が印刷できないとか、そういうハプニングが起こったときに限って、僕はなぜかまったくあがらずに、むしろ落ち着いて発表できるのだった。普通は逆だと思うのだけど。 コロナウイルスの猛威によって日常が壊れている。だから僕はなんだか楽しい気分にな…

  • 『エクソシスト』って哲学的にも価値ある作品だよね

    この前報道で、俳優のマックス・フォン・シドーが亡くなったことを知った。彼の出演作に『エクソシスト』があって観てみようかと思って借りてきた。 エクソシスト ディレクターズカット版 (字幕版) 発売日: 2013/11/26 メディア: Prime Video たぶん『エクソシスト』は以前観たような気がするんだけど、覚えているのは、女の子がブリッジして階段を降りてくる(「スパイダーウォーク」というらしい)シーンだけ。改めて観てみると、面白かった。また、超常現象に対する人々のとらえ方が興味深かった。 娘リーガンの様子が少しおかしいと感じた母親クリスは、最初神経症の専門医のところにつれていく。医者は、…

  • 中動態の世界について 能動/受動の向こう側へ

    以前から読みたかった本だが、なかなか手を付けられなかった本。ようやく「よし、読もう!」という気になり手に取った。 中動態の世界 意志と責任の考古学 (シリーズ ケアをひらく) 作者:國分功一郎 発売日: 2017/03/27 メディア: 単行本 難しかったが、読み応えのある一冊だった。 この本を軸にいろいろと思考できて有意義だった。 ぼくたちは普段、「私は歩く」というような能動態、「私は殴られる」というような受動態によって物事を説明する。能動態と受動態、この二つですべてを表現する。 でも、僕自身もそうだが、その二つでは説明できないような経験をすると、どのようにして表現したらいいのか戸惑ってしま…

  • 奇妙な死体のとんでもない事情

    奇妙な死体のとんでもない事情: 2万人を検死した法医学者の事件ファイル 作者:巽信二 発売日: 2019/12/19 メディア: 単行本 いやー、不謹慎かもしれないけど、めちゃくちゃ面白かった。 著者は法医学者。これまでに解剖してきた遺体を通して彼が見ている世界が分かりやすく描かれている。遺体についている傷痕から、その人が事故で亡くなったのか、それとも殺害されたのか探る。 死人に口なしと言うけれど、死人の傷痕は多くを語っている。その声無き声を著者はすくい上げ、死者の無念をはらしている。 たとえば、傷口の縁にできる擦過痕(こすれた痕)から、どの方向から凶器が刺入したかが分かる。傷口の右側に擦過痕…

  • 家の解体作業中に思ったこと

    今日、大工さんの手伝いに行った。 家の解体をするんだけど、その前に、家にある家財道具やら衣服やらを整理して、家主のいるものといらないものに分ける作業を手伝った。「欲しいもんあったら持って帰ってええで」と言われたので、メルカリで売れそうなものを選んだ。 押し入れのなかからルイヴィトンのバッグとか出てきたのでもらっといた。他には、なんか高級そうな未使用タオルとか、財布とかもらっといた。 解体する家からは軽トラ4、5台分くらいのゴミが出た。 その中のほとんどのものがまだまだ使えるものばかりだが、家主にとってはもう必要ないからゴミとして廃棄される。使った形跡のない洗面器やスプーン、フォーク、カバン、タ…

  • 『しょぼい起業で生きていく』を読んで、起業に対するイメージがガラリと変わった

    『しょぼい起業で生きていく』を読んだ。 しょぼい起業で生きていく 作者:えらいてんちょう 出版社/メーカー: イースト・プレス 発売日: 2018/12/16 メディア: 単行本(ソフトカバー) 面白かった。 僕が今まで考えてきたことと似てるし。 企業で毎日朝から夜まで、上司に怒られながら働くのが嫌なら起業しましょう、という本。著者は、朝起きられないし、満員電車に乗るのも嫌なので就活せずに起業したようだ。 この本は、どうやって起業するかというよりは、どうして起業するべきなのかというほうに重点が置かれている。思想家の内田樹さんが、著者のことを時代を鋭く見切っていると評しているが、本当にそのとおり…

  • ぼくは冠婚葬祭が大嫌いである。

    5月に親戚の結婚式があって、あぁ行きたくないな、面倒くせぇなという気分。 あまりに行きたくないから、コロナウイルスで中止してくれんかなと願っている。 あぁ本当にめんどくさい。 冠婚葬祭が大事というのは分かる。 それは一個の文化だし、なくなるべきではないと思っている。それでも、とにかくめんどくさいから、矛盾してるけどなくなってほしいと願っている。 親戚づきあいがめんどうというのもあるけど、それ以上に、その場に適した感情を持ち、その場に適した振る舞いをしなければならないというのがしんどい。 結婚式なら笑顔で祝福する気持ちでいなければならないし、葬式は悲しい気持ちでしんみりしていきゃいけない。それが…

  • 今日の午前中はSOUL'd OUTを聴きながらとろみの精の記事を書いて、コレステロールについて調べている、非常に有意義な時間を過ごした。

    ティッピコー。インチュビヤー。チュピチュピチュピチュピ。 今日の午前中はまずとろみの精の記事を書いた。 コエタスからレビューを投稿してくれとメールが来たのだ。 SOUL'd OUTを聴きながら書いている。 SOUL'd OUT - ウェカピポ live SOUL'd OUTは本当に偉大で、日本人のバンドなのだが、日本語で歌いながらまったく日本語の歌詞に聞こえないという幻惑のバンドなのだ。 僕は日本中を旅したことがあるのだが、秋田や青森に行ったとき、現地のおじいちゃんたちの会話がまったくわからなくて困ったことがある。英語のほうがまだ分かるくらいあっちの人の言葉は分からなかった。 しかし、SOUL…

  • とろみの精でとろみのある生活を送れるようになった

    あの有名なモニターサイト、コエタスさんからとろみの精が届きました! とろみの精は、料理にとろみをつけたいとき、葛餅を作りたいときに使えます。 僕はよくあんかけ焼きそばやあんかけうどん、あんかけチャーハンなどをつくりますので、こういう商品が当たるのは、それはそれは嬉しいものでした。 中身を見るとこんな感じでした。さらさらの粉です。 さっそく使ってみました。 今回はあんかけうどんを作ります。 さらさらとふりかけみたいにかけていたら、少しずつとろみがついてきていい塩梅になりました。これ、非常にいいです。 今までは、片栗粉を水にといてかきまぜたものを加えてとろみをつけていました。でもそれだと、とろみの…

  • 兆候 すぐれた小説家はすぐれた翻訳家でもあるということ

    今日マクドナルドで村上龍の『音楽の海岸』を読んでいると、目の前の席に高校生の女の子がやってきた。彼女はショルダーバッグをかけていて、そこには、「It's a sunny day. I am feeling good. Enjoy this moment.」と書いてあった。 僕は受験生の気分になって訳をしてみた。「今日はいい天気だ。私は気持ちがいい。この瞬間を楽しもう」と訳した。 まぁテストならこれで〇がもらえるだろう。この訳で問題ない。しかし僕は、高校時代の友達が、英語のテストでしゃれた日本語訳ができたと言って自慢してきた日を思い出した。僕は別の訳を考えた。 僕は、Enjoy this mom…

  • 蛭子能収 名回答集

    【Q】19歳の娘が突然、結婚すると。若いんだし、そんなに急がなくても、と言っても 聞く耳を持ちません。苦労することが多いから、思いとどまってほしいのですが…… (舞子さん・50・主婦・秋田県) 【A】蛭子能収 「 もういい大人なんだから、好きな人と結婚したいという娘さんを信用してあげたら どうですかね。苦労したり、失敗したりしてもいいじゃないですか。あなたにとっても 子離れするいいチャンスですよ。俺にも娘がいますけど、自由に楽しく生きてほしいから、 結婚すると言われたときも一緒になりたいならいいじゃない、とだけ。 ちなみに俺が最初に結婚したのは24歳のとき。童貞だったし、エッチをしたい一心の性…

  • 『白日』を聴いていたらふと、日本人は喪失の物語が好きなんだなと思った

    自分も遅ればせながらking Gnuの『白日』を聴いている。 King Gnu - 白日 いや~いい曲ですよね~。 King Gnuは去年の紅白にも出ていたけど、その時もまだそういうバンドがあるってことを知っているだけで、興味がなく聴いていなかった。最近youtubeでしょっちゅうおススメに出てくるので聴いてみたところ、はまってしまった。 いい曲ってスルメみたいなもんで、最初は「ふ~ん」てな感じなんだけど、いつのまにかまた聴いてて、いつのまにか虜になってる。聴けば聴くほど味が染み出してくる。『白日』は最初、ヒゲもじゃの男とその美声のギャップに驚かされて聴いてたんだけど、徐々に歌詞に魅せられてい…

  • ネオサピエンス

    ネオサピエンス 回避型人類の登場 作者:岡田 尊司 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2019/11/21 メディア: 単行本 『ネオサピエンス』を読み終わった。 非常に興味深い内容だった。なぜなら自分は明らかにネオサピエンスだからだ。 ネオサピエンスという言葉の響きからして、最初プラスの、ポジティブなイメージを持ったけど、本書を読み進めていくと「う~ん・・・」という感じになった。 ネオサピエンスというのは、人との濃いつながりを避ける人類のこと。ネオサピエンスは愛着システムに問題がある。自閉症まではいかないけれど、自閉的な人間。表面上の人間関係は構築できても、それ以上の深い関係になること…

  • ジョーカーとマルクスはコインの表と裏だなと思った

    ジョーカー(字幕版) 発売日: 2019/12/06 メディア: Prime Video ゲオに行ったら『ジョーカー』が置いてあったので借りてきた。 はてなブログを含めて去年の映画界で大きな話題を作った作品だったのでずっと気になっていた。 昨日さっそく観たのだが、やっぱり話題になるだけあって面白かった。 エンタテインメントではあるが、アメリカの政治情勢とも重なっている作品。どうして映画館の外に行政が警察を配備していたのかがよく分かった。 ジョーカーである主人公アーサーが、司会者のマレーと対面するシーンがある。 アーサーはピエロの化粧をしていて、マレーはそれについて「君も抗議運動を?」と尋ねる。…

  • 自選 村上龍 名文集

    ムダなことは犯罪なのだ、別にやる必要のないこと 、それがなくても生きのびていけることをやり続けるのはよくないことで、他人のエネルギーを奪う、ひとかけらの才能もない連中が音楽をやり、音楽なんかとは本当は一生無縁なはずの連中がそのCDを買いそのコンサートを聞いて立ち上がって踊る、才能というのは危機感に支えられた意志のことで、何となく毎日がつまらないから二十四回ローンでYS99を買ってみようということなんかじゃない、オレを被うすべてが恥ずかしくなるほどの巨大なムダだった、その中から何かが生まれてくる可能性のあるムダじゃなくて、ムダだということを知らずにやり続けるムダだから、そこには何もない、浪費です…

カテゴリー一覧
商用