searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE
ブログタイトル
ゴルフ上達スコアアップする秘密練習
ブログURL
http://umiume2009.seesaa.net/
ブログ紹介文
ゴルフは年齢に関係なく楽しめるスポーツで 勝敗も年齢に左右されません 秘密練習をお伝えします
更新頻度(1年)

219回 / 365日(平均4.2回/週)

ブログ村参加:2019/01/26

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、うめぼうやさんの読者になりませんか?

ハンドル名
うめぼうやさん
ブログタイトル
ゴルフ上達スコアアップする秘密練習
更新頻度
219回 / 365日(平均4.2回/週)
読者になる
ゴルフ上達スコアアップする秘密練習

うめぼうやさんの新着記事

1件〜30件

  • スライス防止練習法

    ゴルフを始めた方の多くが最初の壁として直面するのが ドライバーショットでの「スライス」です。 スコアに大きく直結する大事な最初の1打であるだけに、 「スライス」の修正は必須項目になります。 スライスが起こる原因は、 ダウンスイングの際に手元が浮いてしまい 切り返しから左肩が上がってしまうことが原因です。 その結果、 ・ヘッドが上を向いてしまう ・ヘッドがインサイドに入ってしまう とい…

  • アイアンのミスショット

    アイアンが滑って右に抜けてしまうミスショットをプッシュアウトと言います。 プッシュアウトの原因は2つあります 1スイング軌道 2フェースの向き この2点を修正することでプッシュアウトは修正されます。 それではまずスイング軌道から 説明していきます。 ダウンスイングでクラブヘッドが インサイドに入ってしまい フォローをアウトサイドに振り抜いてしまうと ボールの打ち出しは右に出てしまいま…

  • 練習とコースの違い

    練習場では打てるのに、コースに出たら打てない、、、 こんな悩みを抱えていませんか? 練習場では目標に向かって打てるのに、 コースに出ると全くイメージしたショットが打てず スコアが伸びない。。。 そんな方に多いのが、 “目標方向に向かってスタンスがとれずに、 右を向いて構えてしまう” その結果、体のラインがつくれず、 練習場とは違い「目標に向かって打てない」 といった方が意外に多くいらっし…

  • 広告について

    サプリナビ公式サイト

  • ゴルフ場でのパター練習

    スタート前のパッティング練習で、 ほとんどの方は、ボールをカップに入れる 練習をしています。 しかしカップに入れる練習では、 グリーンの距離感をつかむことはできません。 距離感をつかむためには、できるだけ平坦な ライを見つけます。 ボールを3つ並べます。 テンポ良くポンポンポンと打ちます。 自分にとって、最も気持ちよく打てる ストローク幅でパッティングします。 次にボールが止まったとこ…

  • バックスイングの重要性

    飛距離を出すためには、バックスイングが重要になってきます。 しかし無理にバックスイングを大きくとってしまうと、 柔軟性がない方は、手打ちになりがちです。 トップの左腕の向きは、時計の10時をさすくらいで十分です。 十分にストレッチをしていただいて、 身体の柔軟性が戻ってきたら、 徐々に左腕を高く上げると良いです。 バックスイングを両肩だけで回そうとすると、 なかなか捻転できません。 背中…

  • 手打ち修正ドリル

    ゴルファーにとって、手打ちは、 ミスショット最大の原因です。 手打ちの原因は、いろいろあります。 意外と見落としがちなのが、肘の歪みです。 肘の歪みチェック方法は、 手を前に出す、前ならえです。 前ならえをした時に、肘が上側に 向くのが、正しい肘の向きです。 肘が歪んでしまうと、肘が上を向かず、 肘が内側を向いてしまいます。 右肘を内側にしたまま、アドレスしてしまうと、 バックスイング…

  • アイアンでターフを取るための秘訣

    多くのゴルファーは、アイアンショットで 打ち込んだほうが良いのか、払い打つほうが良いのか、 といった疑問を持ちます。 アイアンは、基本的に上から打ち込むクラブです。 違う点は、上級者と一般ゴルファーでは、 インパクトゾーンの長さが大きく異なる点です。 ダフリやトップが出やすい方のスイング軌道は、 U字軌道の幅が非常に狭くなっています。 体重が右足に残ったまま、ハンドレートに インパクトして…

  • ダウンブロー練習法

    ダウンブローでインパクトを迎えると、 バックスピンが効いて、 運動エネルギーの向きとは正反対に ボールが回転運動します。 互いのエネルギーを相殺し合って、 ボールが落下地点に落ちた後に、ピタッと止まります。 アッパーブローとの大きな違いは、 ダウンブローショットで打てるようになると、 ロフト角が立って、ボールが高く上がるようになり、 飛距離が伸びます。 バックスピンがかかることによって、揚…

  • ダウンブロー攻略法

    ダウンブローでボールを打てると、 さまざまなメリットがあります。 ”ボールがグリーンで止まりやすい” ”飛距離アップにつながります” ”ターフが取れて上級者のようなショットが打てる” の3つです。 ダウンブローでインパクトを迎えると、 バックスピンが効いて、 運動エネルギーの向きとは正反対に ボールが回転運動します。 互いのエネルギーを相殺し合って、 ボールが落下地点に落ちた後に、ピタッと…

  • パターのバックスイング

    ダウンブローで打ち込んでしまい、 鋭角にヘッドが入りすぎてしまうと、 右に打ち出してしまうことがあります。 右へ打ち出すミスを修正するためには、 アッパーブローでインパクトするイメージを持つことです。 バックスイングでヘッドを上げてしまうと、 ダウンブローになりやすくなってしまいます。 バックスイングは、低く上げるようにします。 インパクト直前から、ヘッドが上がり始めて、 フォロースルーで…

  • ラウンド前練習

    ラウンド前の練習グリーンで行って頂きたい練習は カップインさせる練習ではなく 1m〜1m50?の距離にドライバーのティーを差して そのティーをカップとして練習します。 何度もティーに当てられるようになれば完璧です。 コースに出てもカップイン確率は格段にアップします。 ティーは細いので少し打ち方をミスするだけでティーに当てることができません。 ティーに当てることができるようになればカップインさせる…

  • パターでのルーティン

    まずルーティーンとは ショットに入る前に、繰り返し行う同じ動作です。 方向やスムーズなストローク、また心を落ち着かせる効果もあります。 パッティングの成功率を上げるにはルーティーンを作って 毎回同じルーティーンをすることが重要です。 このルーティーンは人それぞれですが 一つ例を上げておきます。 1ボールの後方にたつ 2シャフトでボールとカップを結ぶ 3フェース面、アドレスをスクエアに構える…

  • ヘッドアップ改善

    スイングを変えたつもりはないのに、 アイアンの精度が落ちていることはありませんか? 結果(ボールの行方)を気にしてしまうと、 ダウンスイングからインパクトにかけて、 頭が早く上がってしまうヘッドアップが起きてしまいます。 ヘッドアップしてしまうと、 身体の軸がぶれてしまって、 ミート率が落ちてしまいます。 さらにダフリやトップも出やすくなってしまいます。 トップからダウンスイング、インパク…

  • 飛距離を伸ばす訓練

    下半身の強化は、飛距離を伸ばすために とても重要なポイントです。 下半身を強化することによって、 身体全体のパワーをボールに伝えることができます。 下半身を強化するためにオススメの方法は、 スロースクワットです。 スロースクワットの基本的な方法は、 3秒かけてしゃがみ、3秒かけて立ち上がります。 動きを止めないようにして、下半身の上下動を繰り返します。 1セットにつき5回、2セット繰り返し…

  • ドライバーのインパクト

    飛距離アップのポイントは、インパクトでの フェイス面の向きです。 飛距離アップのためには、フェイス面がボールに対して、 スクエアになっている必要があります。 フェイス面が開いてしまうと、ヘッドスピードの割には、 飛距離が出なくなってしまいます。 フェイス面が開く原因として多いのが、グリップです。 グリップがウィークグリップ気味だと、アドレスで フェイス面が開きやすくなってしまいます。 正…

  • スイングのリズムとテンポ

    ゴルフ上達のためには、スイングの改善が重要です。 同時に、スイングのリズムとテンポも改善する必要があります。 リズムとは、拍と拍の間隔を言います。 イチニーサンとかイチニーを意味します。 テンポとは、拍と拍の間の速度を言います。 イチニーサンとかイーチニサーンを意味します。 スイングのリズムとテンポを同じにすることによって、 毎回同じスイングにすることができます。 再現性が高くなると、方向…

  • ゆったりスイング

    プロゴルファーは、ゆっくりスイングすることを 心がけていることが多いです。 しかしアマチュアゴルファーの方々が、 ゆっくりスイングしてしまうと、 逆効果になってしまうことがあります。 スイングが安定しているプロゴルファーであれば、 ゆっくりスイングしても構いません。 ところが、アマチュアゴルファーが ゆっくりスイングしてしまうと、 スイングが乱れてしまうことが多いです。 全てのゴルファー…

  • 低いボールでスピンを抑える打ち方

    低いボールを打つためには、 スピン量を少なくすることが重要になってきます。 スピン量を抑えるつもりで、 ロフト角を立てて打ってしまうと、 かえってスピン量が増えてしまいます。 インパクトで力を抜いてしまうと、 ミスショットの原因になります。 スイング幅は、スリークオーターに抑えます。 ボディターンを使って、強いスイングにします。 スイング幅を調整することが難しい場合は、 クラブを短めに持…

  • 力まないスイングは重要です

    力み=ミスショットではありません。 加減と場所にもよりますが、 力を入れておかなければならない場所があります。 力を入れなければ、振り切ることはできませんし、 飛距離が出ません。 クラブを振り切るだけの力が必要になってきます。 ただし肩に力を入れてはいけません。 力を入れる場所は、左手の中指、薬指、小指です。 3本の指に力をしっかり入れていただいて、 右手を軽く添えて下さい。 力みは…

  • ゴルフスイング女子と男子の違い

    ゴルフスイングで振り上げる動作から 振り下ろす動作の切り返しは ショットの良し悪しを決める重要な部分になります。 例えば、 距離のあるコースで、 どうしてもティーショットで 飛距離を出したい!と思うと トップからダウンスイングの切り返し部分で 慌ててしまいバランスの悪いスイングに なることがあります。 基本的に ダウンスイングは 下半身から動き始めます。 そして、 上体が下半身の動きに…

  • おすすめレトルトカレー

    【冷えたレトルトカレーを食べてみよう】→

  • ドライバーの構え方

    通常のドライバーで、正しいアドレスは、 少し左肩が上がって、少し右肩が下がります。 顔のラインは、まっすぐになります。 左腕からシャフトにかけて、一直線になります。 注意する点は、顔のラインが右サイドに傾かないことです。 顔のラインが右サイドに傾いてしまうと、 バックスイングからダウンスイングにかけて、 インサイドに入ってしまいます。 顔のラインがまっすぐに構えられているかを 確認して下さ…

  • スイングの力みをなくすためには

    スイングに力みは禁物です。 そこで力みをなくす練習方法を考えていきたいと思います。 レッスンをしていると、どうしてもボールを 飛ばしたい、ピンに寄せたいと思うあまり、 インパクトで力が入ってしまう方を多く見ます。 また素振りをしているときは、きれいなスイングをしているのに、 ボールを打とうとすると、力みが入ってしまう方に、 有効な練習方法です。 ボールを打っていく際に、ボールを見ないで…

  • フェアウエイウッドの基本

    ティショットの際、3番ウッドで方向性をいかに安定させるかを 紹介したいと思います。 どのような練習方法がおすすめか、 どのような考え方が良いのかを説明させていただきます。 3番ウッドやフェアウェイウッドをティーショットで使う際は、 飛距離を出す必要がないことを頭に入れておいて下さい。 ティーショットでドライバーを使わないと決断したら、 飛ばそうという気持ちを捨てて下さい。 飛距離を捨てて、方…

  • スイング中の動き

    スイング中の股関節の動き、 また下半身が不安定なゴルファーへのレッスンです。 股関節の動きを安定させて、下半身の動きも安定させる ドリルを紹介していきます。 足を大きく開いて下さい。 肩幅の2倍程度開いて下さい。 ひざをぐっと下げて下さい。 自分の重心を下げてアドレスを作って下さい。 グリップは、極端に短く持って下さい。 アドレスを作ったら、バックスイングしていきます。 バックスイングで…

  • プレッシャーに勝つ

    プレッシャーに打ち勝つためには、 呼吸法をマスターすると良いです。 呼吸のメリットは、5つあります。 ・鼻腔を通しての呼気は鼻腔内の神経末端を刺激し、 神経系を落ち着かせる効果を持つ。 ・鼻腔からの呼気は、気管支を拡張させたり、収縮させる効果を持つ。 ・副交感神経と関係のあるアセチルコリンを分泌させる。 ・横隔膜や肺の規則的な動きは、腹部内の迷走神経を静かに刺激し、 それにより副交感神経機能…

  • つま先下がり攻略法

    つま先下がりの傾斜では つま先上がりとは逆に、ボールは右に飛んでいきます。 ボールは、平坦なライよりも下に位置することになるので、 フェイス面をスクエアにしているつもりでも、 フェイス面は、オープンになりやすくなります。 自分が予想しているより右を向いていることが多いので、 つま先下がりの傾斜では、右にボールを飛ぶことを計算して、 ターゲットの左側を狙っていくのが基本です。 ポイント: ・…

  • つま先上り攻略

    つま先上がりで覚えて頂きたいことは 平な傾斜よりも、ボールが高い位置にある為、 フェースのローテーションが入りやすく 「フック(左回転)しやすい」と言うことです。 また、 スイング中に前傾角度が変わってしまい ミスショットが出るパターンが多いです。 ボールから頭までの距離を意識し前傾角をキープすることが重要です。 また、膝の角度、腰の高さを変えないように意識します。 傾斜が強くなるに…

  • ドライバーでスライスをなくすには?

    ドライバーショットでは どうしてもスライスが出やすいクラブです。 ドライバーでスライスが出る人は まず、アドレスで肩のひらきをチェックしてください。 肩が左を向いてしまうと、 バックスイングで上体のねじれが しっかり作られず、インパクトで上体がひらき ヘッドが遅れて、フェースがひらいて スライスになってしまいます。 スライスがでる人は ボールが右に曲がる分だけ 左を狙っていきます…

カテゴリー一覧
商用