searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

himadawaさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
自作キャンピングカーで美しい星空を求めて
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/himadawa
ブログ紹介文
暇つぶしと老後の楽しみにと、DIYで製作するキャンピングカーの過程と運用、天体写真撮影のブログです。
更新頻度(1年)

55回 / 365日(平均1.1回/週)

ブログ村参加:2019/01/10

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、himadawaさんをフォローしませんか?

ハンドル名
himadawaさん
ブログタイトル
自作キャンピングカーで美しい星空を求めて
更新頻度
55回 / 365日(平均1.1回/週)
フォロー
自作キャンピングカーで美しい星空を求めて

himadawaさんの新着記事

1件〜30件

  • M31 アンドロメダ

    連日オリンピックの暑い戦いをTV観戦しています。個人的な意見ですが無観客でも開催されたのは選手だけでなく、コロナ禍で沈んだ世界中の人々にも良かったのではと思います。7月17日みずがき湖での画像です。月が沈みかけた頃に高度が上がってきたM31TITLE:M31アンドロメダDATE:2021-7-17TIME:23:43..23:49撮影場所:みずがき湖カメラ:OlympusE-M5MarkⅡ(改)鏡筒orレンズ:FS-60CBコンバーションレンズ:FC/FSフラットナー焦点距離:374mmF値:F6.2露出時間:40s撮影枚数:9枚フィルター:noneISO:6400気温:22℃赤道儀:AZ-GTiオートガイド:noガイド画像処理:St9で+コンポジット、Lrで仕上げ、トリミングなしフォーサーズカメラとFS-60...M31アンドロメダ

  • 夏は三裂星雲 

    開会式前ですが、ついにオリンピックの公式試合始まりました。いつもながら当然TVでの観戦ですが、日本の選手が頑張っているところを見られるのは興奮しますね。今回のオリンピックでは在職中に職場の同僚であった、Iさんの娘さんが水球の代表選手として出場の予定です。親御さんとしては何としても応援に行きたいと思いますが、無観客の中でどうなのでしょうか。さて、7月17日みずがき湖で撮影した画像です。AZ-GTiを色々と試している間に、ほったらかしでとりあえず撮影しておいたものです。夏の星雲で代表的、そして特徴のあるM20三裂星雲です。TITLE:M20三裂星雲DATE:2021-07-17TIME:21:30..22:04撮影場所:みずがき湖カメラ:EOSRa鏡筒orレンズ:EdgeHD800コンバーションレンズ:none焦点...夏は三裂星雲

  • 梅雨明けの、みずがき湖で撮影三昧

    天気図、ひまわり画像、GPV、Windy等を数日前から睨めっこ。そして梅雨明けをむかえた17日、月齢は7.1日、深夜0時前には月が沈みます。これは撮影に出掛けるしかありません。各種気象予報から目的地を、みずがき湖に決定し機材を整え午前中に自宅を出発。どこにも立ち寄らず15:30頃に現着。梅雨が明けた、みずがき湖の空は青が濃く澄んでいます。こんな青空は久しぶりで、素晴らし夜空を期待させてくれます。今夜は愛好会のviewruさんも撮影に来られ、ほかにも関東方面からお二人が来られました。いつもは一人で撮影していることが多いので心強いですね。月が沈むころには少し雲が出てきましたが、その間隙をついて狙った対象は白鳥座、デネブ近くのNGC7000北アメリカ星雲をペリカン星雲と共にです。TITLE:NGC7000北アメリカ、...梅雨明けの、みずがき湖で撮影三昧

  • 梅雨明け間近、準備よし!

    あちらこちらで大雨が降っているようですが、なるだけ被害の少ないことを祈っています。そして気象情報では梅雨前線も途切れ途切れとなり、やっと梅雨明けの気配が見えてきました。梅雨明けの満天の星空を期待して着々と機材の準備を進めてきましたが、FS-60CBによるサードライトです。夏の星雲・星団で一番好きなM17オメガ星雲を、M16わし星雲と共に撮影しました。M17オメガ星雲は、伊勢えびの様でhimadawaの一番のお気に入りです。TITLE:M6,M17DATE:2021-6-29TIME:21:57..22:14撮影場所:四日市カメラ:EOSRa鏡筒orレンズ:FS-60CBコンバーションレンズ:FC/FSフラットナー焦点距離:374mmF値:F6.2露出時間:10s撮影枚数:43枚フィルター:noneISO:500...梅雨明け間近、準備よし!

  • M8,M20

    6月29日のセカンドライトです。夏の代表的な星雲、M8干潟星雲とM20三裂星雲に鏡筒を向けました。毎年撮影してしまう対象ですが今年は自宅からです。DATE:2021-6-29TIME:21:26..21:55撮影場所:河原田カメラ:EOSRa鏡筒orレンズ:FS-60CBコンバーションレンズ:FC/FSフラットナー焦点距離:374mmF値:F6.2露出時間:7s撮影枚数:134枚フィルター:noneISO:5000気温:26℃赤道儀:VixenSXD2オートガイド:noガイドガイド鏡:50x200mmx1.5EX=f300mm画像処理:St9で+コンポジット、Lrで仕上げ、トリミング80%空の明るい街中ですので短時間、多枚数で撮影してみました。画像処理ではもっと星雲を出したかったのですが手探りの状態です。今日は...M8,M20

  • やっとのFS-60CB ファーストライト

    6月29日、今晩は予報より天気が良く雲が少ない。月齢19.1日月の出は23時頃ですので、2時間くらいは撮影のチャンスがありそうです。しかし、またもや明日は2回目のワクチン接種の予定です。なぜかワクチン接種の予定があると天気が良くなります。これは良い傾向だと勝手に考え、天候もコロナも良い方向に向かえばと思います。そんなことで急遽、自宅庭に機材を展開しました。撮影時間が少ないので今晩のメニューは新しい鏡筒であるFS-60CBの事実上のファーストライトとしました。架台はSXD2を使用して撮影することに集中しました。月は出ていませんが町中ですので、肉眼では4等星が確認できる程度の夜空です。ファーストライトTITLE:M10,M12DATE:2021-6-29TIME:20:55..21:07撮影場所:四日市カメラ:EO...やっとのFS-60CBファーストライト

  • keenan's systemとAZ-GTi

    少し前のことですが、前回の新月である6月10日前後は天候が良く、撮影に出掛けたかったのですが遠出は自粛しました。それは一回目のワクチン接種が6月9日、こんな時に夜遊びに出掛けたら家族から見放されてしまいます。そして接種に伴う体調の変化も特になく、うでが少し痛いくらいで済みましたので体調OKと理解して6月10日に鈴鹿山脈の石榑へ向かいました。目的はAZ-GTiのシステムの動作確認とオートガイドがどのように行えるかをテストです。その前に折角の天候と星空ですので何かを撮影しようと、SXD2と長焦点のHD800の筒先を向けた対象は、Arp104Keenan’sSystem(NGC5216&NGC5218)、この銀河を研究したキーナンスさんの名前を使いキーナンスシステムと呼ばれるそうで、NGC5216とNGC5218の二...keenan'ssystemとAZ-GTi

  • 趣味の旋盤加工

    FS-60CBで直焦点で撮影したところ、周辺部の星像の流れが大きくフラットナーが必須のようです。とりあえず手持ちの76Dフラットナーを付けて撮影してみました。多少星像は改善されましたが、まだまだ流れがあります。特にフルサイズの画角では顕著です。やはり専用のFC/FSマルチフラットナーが必要なようです。ポツリ。手元にFC/FSマルチフラットナーが届き、どのように鏡筒へ取り付けるかを考えていました。フラットナーはM56のねじ込みでシステムチャートではカメラ回転装置が必要です。Az-Gtiの架台にも載せたいと思っていますので、サブ機のFS-60CBがどんどん重くなってしまいます。接眼部には2"スリーブのクイックロックが付けてありますので、フラットナーに2"スリーブが取り付けられれば、カメラ回転装置を使わなくても構図が...趣味の旋盤加工

  • 梅雨の天体観測

    himadawaの住む東海地方は例年より早く5月16日に梅雨に入り晴れない夜が続いています。そんな中で唯一、新月の6月9日、10日は晴れたのですが撮影に出かけられませんでした。皆さんのBlogを拝見しているとこの時は全国的に条件が良かったようで美しい画像が沢山紹介されています。私は残念だったのですがそれ以上に待ちかねていたワクチン接種を6月9日に受けました。接種日と天候が微妙で、前日の8日に出かけても、接種後の9日夜に出かけても周りから非難を受けそうなので、ここはぐっと我慢して大人の対応をしました。大人以上の優先接種の高齢者ですが。このような状況下で梅雨時に流行するポチリヌスに侵されて、あちこちでポツリ、ポツリと指が動いていました。その結果が、サブ機と観望用に架台はAZ-Gti、鏡筒はFS-60CBでシステムを...梅雨の天体観測

  • ISS 太陽面通過

    前回のISS月面通過に続いて、太陽面通過のチャンスが訪れました。4月5日11時58分46秒、ちょうど昼の12時で高度は約61度、距離は約480kmです。朝は曇っていたのですが、11時頃には雲が無くなり快晴となりましたので、地図で調べた中心を通過する数キロ離れた地点へ向かいました。今日も機材の展開は10分位で済ませて試写を行い露出を決定。通過3分前です。電波時計の時刻を見ながら、数秒前から連射です。DATE:2021-04-05TIME:11:58:46撮影場所:四日市市カメラ:オリンパスE-M1MarkⅡ鏡筒orレンズ:TakahashiFC100-DF焦点距離:740mmF値:F7.4フィルター:ソーラーフィルター露出時間:1/1600s撮影枚数:暗比較合成ISO:1600太陽光パネルが、熱でメラメラと燃えて...ISS太陽面通過

  • 3月30日のISS

    3月30日は満月の翌日、そして黄砂で視程は10Km以下、このコンデション天体写真はムリだと思っていましたが、調べてみるとこの辺りでISSの月面通過のタイミングがありそうです。その時刻は21:40頃、GPVだと21時から雲が切れそう。黄砂も少し薄くなる予報で、月の高度は18度と低いのですが月さえ見ることが出来ればと思い撮影に出かけました。ISSが月の中心近くを通過する撮影地を探して地図を見て、長島温泉の遊園地近くに向かうことにしました。20:30頃には現着。すぐそばには遊園地の観覧車が見えます。ありがたいことに大きな時計が時刻を教えてくれますが、月は雲に隠れて見えませんが機材を展開して車の中でTVと観覧車の時計と雲の様子を見ながら待機していると、天気予報通り21:20頃に月が雲から出てくっきりと輝いてきました。慌...3月30日のISS

  • しし座のM65銀河 

    しし座の三つ子銀河の一つ、M65銀河をクローズアップで撮影しました。いつもはトリオで撮影されることが多いのですが、銀河の詳細が見たかったので単独のアップです。3500万光年かなたの銀河ですが、手前の暗い部分が特徴的ですね。TITLE:M65DATE:2021-01-14TIME:02:35..03:21撮影場所:熊野カメラ:EOSRa鏡筒orレンズ:EdgeHD800コンバーションレンズ:takahashiEXQ1.6X(50.8)焦点距離:3251mmF値:F16露出時間:300s撮影枚数:10コマフィルター:noneISO:25600気温:7℃赤道儀:VixenSXD2オートガイド:PHD2ASI120MM-miniガイド鏡:50x200mmx1.5EX=f300mm画像処理:St9コンポジット、Lrで仕上...しし座のM65銀河

  • M87 ジェット

    2年前の4月におとめ座の銀河団を撮影した時の画像で、端の方に写ったM87からジェトが少し伸びているのが確認できましたが、もう少しハッキリと撮影したいと何度か挑戦していました。M87ジェット確認-himadawaが作ったキャンピングカーで美しい星空を求めて(goo.ne.jp)そして2021年1月14日に熊野でセレストロンHD800+エクステンダーの長焦点で撮影した画像がこれです。TITLE:M87JETDATE:2021-01-14TIME:03:28..03:46撮影場所:熊野カメラ:EOSRa鏡筒orレンズ:EdgeHD800コンバーションレンズ:takahashiEXQ1.6X(50.8)焦点距離:3251mmF値:F16露出時間:300s撮影枚数:4コマフィルター:noneISO:25600気温:6℃赤...M87ジェット

  • M81, M82 ボーデの銀河

    春になると何度も撮影するのですがなかなか納得が出来ないボーデの銀河です。3月14日熊野で、屈折のFC100にQ1.6エクステンダーを付けて1184mmで撮影しました。TITLE:M81,M82ボーデの銀河DATE:2021-03-15TIME:03:17...03:39撮影場所:熊野カメラ:EOSRa鏡筒orレンズ:FC100-DFコンバーションレンズ:takahashiEXQ1.6X(50.8)焦点距離:1184mmF値:F11.8露出時間:60s撮影枚数:20コマフィルター:noneISO:25600気温:7℃赤道儀:VixenSXD2オートガイド:PHD2ASI120MM-miniガイド鏡:50x200mmx1.5EX=f300mm画像処理:St9でFlat+コンポジット、Lrで仕上げ、約50%トリミング...M81,M82ボーデの銀河

  • オメガ星団とケンタウルス座A

    3月14日の熊野は快晴で新月、透明度は今一でしたが海上の雲は薄かったのでオメガ星団をカメラレンズで狙ってみました。南中の約40分前ですが、下の画像の様に南側の障害物はありません。でも漁船の明かりがきつです。DATE:2021-03-15TIME:01:13カメラ:オリンパスE-M1MarkII鏡筒orレンズ:M.Zuiko75mmF値:F2.0露出時間:3.2sISO:6400漁船の明かりが入らないようにカメラを少し上に向け撮影した画像ですが、自宅に戻りよく見ているとオメガ星団の上に銀河が確認できました。もしやしてと調べてみると”ケンタウルス座A”でした。切り出してみると、なんとか特徴的な形が見えるようです。ケンタウルス座Aは通称で、NGC5128です。次のチャンスがあれば鏡筒で撮影したい銀河です。オメガ星団とケンタウルス座A

  • マルカリアンチェーン

    春にを迎えるとどうしても撮りたくなる、おとめ座のマルカリアンチェーンです。いつもながら宇宙を感じさせられる領域ですね。今回は少し焦点距離を伸ばしチェーンの円弧をクローズアップで撮影してみました。TITLE:マルカリアンチェーン1184mmDATE:2021-3-14TIME:22:18..22:44撮影場所:熊野カメラ:EosRa鏡筒orレンズ:FC100-DFコンバーションレンズ:takahashiEXQ1.6X(50.8)焦点距離:1184mmF値:F11.8露出時間:180s撮影枚数:8枚フィルター:noneISO:25600気温:8℃赤道儀:VixenSXD2オートガイド:PHD2ASI120MM-miniガイド鏡:50x200mmx1.5EX=f300mm画像処理:St8でFlat+コンポジット、Lr...マルカリアンチェーン

  • NGC2903

    まだ撮影したことのない銀河、NGC2903に初挑戦です。所属する愛好会の皆さんや、先輩諸兄の画像を参考にさせていただきながら画像処理を一旦は行ったのですが足元にも及びません。そこでもう一度、画像処理の本、資料等を見直して何が違うか、何かを落としていることはないかと確かめながら処理を行いました。数年前に本格的に画像処理を始めた頃は用語とその機能がながなかなか理解できず、特にデジタル現像とRAW現像の違いが理解できたのはだいぶ後のことでした。適当に覚えた方法で処理していて限界を感じスランプになっていましたが、今回もう一度本、テキスト、資料を見直すと以前は全く理解できなかったことが多少理解できるようになっていました。歳を取っても多少は成長するんですね。TITLE:NGC2903DATE:2021-03-15TIME:...NGC2903

  • NGC2237 ばら星雲

    3月14日の熊野です。カノープスを撮影したのち、その上方にはベテルギュウスが輝いています。まだ空は少し明るさが残っていましたが、そのすぐ東に位置するばら星雲を次の撮影対象にしました。TITLE:NGC2237バラ星雲DATE:2021-03-14TIME:19:23..19:51撮影場所:熊野カメラ:EOSRa鏡筒orレンズ:FC100-DFコンバーションレンズ:76Dフラットナー焦点距離:770mmF値:F7.7露出時間:50s撮影枚数:26枚フィルター:noneISO:25600気温:8℃オートガイド:PHD2ASI120MM-miniガイド鏡:50x200mmx1.5EX=f300mm画像処理:St9コンポジット、Lrで仕上げ、約90%トリミング少々派手な画像になってしまいましたが、画像処理の勉強をしなが...NGC2237ばら星雲

  • 2021-3-18,19 ISS きぼう

    3月18日、19日はISS国際宇宙ステーション”きぼう”が夕方によく見え、天候も良いので撮影を試みました。3月18日19:42に撮影した動画です。2021318ISSきぼう再生は8倍速です。カメラはEOSRa、レンズはSAMYANG14mm(対角画角115°)動画と同時に鏡筒でも撮影したのですが、ピントを外してボツでした。残念翌、19日も条件が良いので再度、鏡筒による撮影に挑戦しました。意外に立体感があり、色もあるのが驚きです。左右の少し赤いのが太陽光パネルかと想像します。中心には背の高い実験棟とその陰があるように見えます。DATE:2021-03-19TIME:18:57,18撮影場所:四日市カメラ:オリンパスE-M1MarkⅡ鏡筒orレンズ:TakahashiFC100-DF焦点距離:740mmF値:F7....2021-3-18,19ISSきぼう

  • カノープス から M78

    3月14日(日)天気が良いので熊野へ撮影に出かけました。翌日は平日ですので他に天文家の方は見えないかと思っていましたが、自分以外に3名の方が撮影にいらしていました。皆さん熱心ですね。今晩の撮影スケージュールを練りながら機材を展開。初めにまだ空が明るなかで南中を迎えるカノープスにレンズを向けました。中央の明るい星が、カノープスです。DATE:2021-03-14TIME:19:00カメラ:オリンパスE-M1MarkII鏡筒orレンズ:M.Zuiko75mmF値:F2.0露出時間:1sISO:12800この熊野の撮影地は、南側がすぐ海で障害物がなく、緯度も低いので南方を狙うには最適です。鏡筒ではDATE:2021-03-14TIME:18:54カメラ:EOSRa鏡筒orレンズ:FC100-DFF値:F7.4露出時間...カノープスからM78

  • なんて広い、赤い領域

    ここのところ、花粉症と風邪で鼻はグズグズ、目はショボショボ、頭はボーとして何もする気が起きません。おまけに新月の週末だというのに大雨で雷もなっていました。これはまずいと、PCに向かい1月19日に開田高原で撮影した画像を見直していました。まだ早い時間、22時頃に撮影しましたがこの時の気温はマイナス11℃。この時点ではなんとかガイドは出来ていたようです。TITLE:M81,M82DATE:2021-01-19TIME:22:07..22:23撮影場所:開田高原カメラ:EOSRa鏡筒orレンズ:FC100-DFコンバーションレンズ:76Dフラットナー焦点距離:770mmF値:F7.7露出時間:50s撮影枚数:27コマフィルター:noneISO:25600気温:-11℃約50%トリミングこれ以降は寒さで赤道儀のグリスが...なんて広い、赤い領域

  • 熊野で クラゲをとりました

    1月13日熊野の海岸でクラゲをとりました。TITLE:IC443クラゲ星雲DATE:2021-01-13TIME:20:25...21:10撮影場所:熊野カメラ:EOSRa鏡筒orレンズ:FC100-DFコンバーションレンズ:76Dフラットナー焦点距離:770mmF値:F7.7露出時間:60s撮影枚数:39コマフィルター:noneISO:25600気温:3℃赤道儀:VixenSXD2オートガイド:PHD2ASI120MM-miniガイド鏡:50x200mmx1.5EX=f300mm画像処理:St9コンポジット、Lrで仕上げ、約75%トリミングそして、このクラゲをとるのにも釣り糸を使いました?もう少しクラゲの足を出したいのですが私の画像処理の技術では・・・もっと勉強しなくてはと思っています。熊野でクラゲをとりました

  • 馬頭星雲三態

    最近どうもさぼり癖がついて・・・ダメですね。撮影には出かけるのですがどうも結果が思わしくなくて・・・。そんな中で鏡筒、焦点距離を変えて馬頭星雲をあこがれの光条を入れて撮影し、釣り糸を使った光条の出方を比べてみました。BORG55FL+0.8ReF200mmDATE:2020-12-19TIME:22:41..23:28撮影場所:熊野カメラ:OM-DE-M5Ⅱ(改)露出時間:90sx15コマISO:1600TAKAHASHIFC100-DF+76Dフラットナー770mmDATE:2020-12-19TIME:22:29..23:18撮影場所:熊野カメラ:EOSRa鏡筒orレンズ:FC100-DF+76Dフラットナー露出時間:90sx22コマISO:12800CELESTRONEdgeHD8002032mmDATE...馬頭星雲三態

  • 水星を見ることが出来ました

    2021年1月24日水星が太陽から最も離れ、東方最大離角となり観察することが出来るかも。実は今まで水星は見たこのがないのでこのチャンスに是非と思っています。あの、地動説のコペルニクスでさえも見たことがないと言われています。太陽に近くて小さな水星はそれだけ見ることの難しい惑星と言うことですね。24日は雨でダメでしたが、25日は朝から快晴で西の鈴鹿山脈にも雲がかかっていません。17時頃から機材を展開して赤道儀のアライメントは月と太陽でをとり、水星を導入しフリップミラーで眼視、カメラのモニターを交互に見ながら現れるのを待ちました。DATE:2021-1-25TIME:17:33撮影場所:四日市市楠海岸カメラ:OM-DE-M5鏡筒orレンズ:FC100-DFコンバーションレンズ:none焦点距離:740mmF値:F7....水星を見ることが出来ました

  • 熊野でNGC2359 トールの兜

    12月19日、昨年最後に撮影に出かけた時の画像です。冬場の北風を北側が山が防いでくれる撮影地です。この晩も風が無く長焦点でも上手くガイドしてくれました。空の暗い熊野すが、少し月明かりの中での撮影となりました。初めて撮影する対象です。TITLE:NGC2359トールの兜DATE:2020-12-20TIME:01:38..02:59撮影場所:熊野カメラ:EOSRa鏡筒orレンズ:EdgeHD800コンバーションレンズ:takahashiEXQ1.6X(50.8)焦点距離:3251mmF値:F16露出時間:300s撮影枚数:16コマフィルター:noneISO:25600気温:2℃赤道儀:VixenSXD2オートガイド:PHD2ASI120MM-miniガイド鏡:50x200mmx1.5EX=f300mm画像処理:S...熊野でNGC2359トールの兜

  • マイナス16℃ 極寒の開田高原

    1月19日雪の開田高原へ出かけました。天気図、GPVを見ると午前中は雪雲に覆われるもの、午後からは雲が無さそうです。20時頃には現着、積雪は25cmくらいですが、道路は除雪されています。気温はマイナス10℃くらいです。まだ月がある中で機材を展開して月没を待ちました。最初に屈折のFC100で2対象を撮影したのち、鏡筒をHDの長焦点に変えて撮影を始めると、今日はガイドの調子が悪い。ターゲット星が落ち着かないのです。配線やPCの接続などチェックをしましたが、ダメでした。どうも赤道儀のグリスが寒さで硬くなり動きが悪いようです。ポラリエも動きが悪く、固定撮影の1枚撮りです。御嶽山に沈むオリオンと冬の大三角DATE:2020-01-20TIME:02:04カメラ:E-M5Ⅱ改鏡筒orレンズ:17mmF値:F1.8露出時間:...マイナス16℃極寒の開田高原

  • 2021年 撮影初めは志摩で

    遅くなりましたが、2021年明けましておめでとうございます。大変な年末年始で、先が見通せない年明けになってしまいましたが、1月4日地元の志摩で撮影初めをしました。向かったのは横山展望台。2016年G7伊勢志摩サミットで全首脳が記念撮影した場所です。2021-1-421:31OLYMPUSE-M5MarkII改12mm20s地上、海上を月光でもう少し分かるように撮影したかったのですが、月が登ったタイミングで雲が空を覆って来てしまいました。残念です。でも、そのおかげで美しい月の出が見られました。2021-1-422:14OLYMPUSE-M1MarkII改40mm4s太平洋から登った、赤い月が空も真っ赤に染めて幻想的ですね。皆さん、今年もよろしく。2021年撮影初めは志摩で

  • 2020年 〆のクリスマスツリー星団

    2020年、今までに経験したことのない事ばかりの1年が終ろうとしています。新しい年を迎えても、劇的にこの状況が変わると思いません。人生相談ではないですが「変えられることは変える努力をしましょう。変えられないことはそのまま受け入れましょう」。早い話、長いものにはまかれろですかね?。今年にやるべきことは片付けた大晦日の午後、ゆったりとPCに向かっています。天体の趣味につては、2020年自分なりに収穫のある年でした。1.コロナ禍でも三蜜にならないこの趣味は継続することが出来ました。2.思いつき、ダメもとで試した長焦点撮影が意外とツボにはまりました。今年の〆の画像は、いっかくじゅう座のクリスマスツリー星団です。撮影日はクリスマス前でしたが処理が遅くなり、時期遅れですみません。TITLE:NGC2264クリスマスツリー星...2020年〆のクリスマスツリー星団

  • 55FLにも光条 SUBARU

    Borg55FLでの撮影です。FC-100でM45を撮影したのと同じ釣り糸で光条を入れてみました。まずは、前回と同じのM45すばるです。TITLE:SUBARUDATE:2020-12-19TIME:18:56..20:11撮影場所:熊野カメラ:OM-DE-M5Ⅱ(改)鏡筒orレンズ:BORG55FLコンバーションレンズ:0.8xRe焦点距離:200mmF値:F3.6露出時間:120s撮影枚数:22コマフィルター:noneISO:1600気温:4℃赤道儀:VixenSXD2オートガイド:PHD2ASI120MM-miniガイド鏡:50x200mmx1.5EX=f300mm画像処理:St8でDark、Flat+コンポジット、Lrで仕上げ、80%トリミング光条が綺麗に入ったかと思います。これでhimadawaのアウ...55FLにも光条SUBARU

  • NGC281パックマン星雲

    カシオペヤ座にある散光星雲NGC281パックマン星雲をドアップで撮影しました。パックマンて、初代ファミコンのゲームですよね。ゲームができる以前は何と呼ばれていたのでしょうか?。yahooUSAでNGC281を検索したWikipediaでも、ビデオゲームのキャラクターになぞられてPacmanNebulaだそうです。TITLE:NGC281パックマンDATE:2020-11-21TIME:21:08..22:16撮影場所:石榑カメラ:EOSRa鏡筒orレンズ:EdgeHD800コンバーションレンズ:takahashiEXQ1.6X(50.8)焦点距離:3251mmF値:F16露出時間:240s撮影枚数:16コマフィルター:HEUIB-IIISO:25600気温:5℃赤道儀:VixenSXD2オートガイド:PHD2A...NGC281パックマン星雲

カテゴリー一覧
商用