プロフィールPROFILE

KECさんのプロフィール

住所
東京都
出身
東京都

自由文未設定

ブログタイトル
ノーミソ刺激ノート
ブログURL
http://www.xn--3ck7azc9fz36px9yb.com/
ブログ紹介文
主に読書について書いています。 雑記ですので他に健康のことも書いています。
更新頻度(1年)

91回 / 341日(平均1.9回/週)

ブログ村参加:2018/12/07

KECさんのプロフィール
読者になる

KECさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/13 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,820サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
小説ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,014サイト
純文学小説 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 339サイト
健康ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 30,830サイト
健康法 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,595サイト
哲学・思想ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 13,106サイト
哲学 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 585サイト
今日 11/13 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,820サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
小説ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,014サイト
純文学小説 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 339サイト
健康ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 30,830サイト
健康法 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,595サイト
哲学・思想ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 13,106サイト
哲学 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 585サイト
今日 11/13 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,820サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
小説ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,014サイト
純文学小説 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 339サイト
健康ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 30,830サイト
健康法 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,595サイト
哲学・思想ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 13,106サイト
哲学 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 585サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、KECさんの読者になりませんか?

ハンドル名
KECさん
ブログタイトル
ノーミソ刺激ノート
更新頻度
91回 / 341日(平均1.9回/週)
読者になる
ノーミソ刺激ノート

KECさんの新着記事

1件〜30件

  • 専門書が読み難い理由

    読者が「プロ」だから 出版することが前提 「プロ・アマ」の違い 読者が「プロ」だから 専門書が読めない理由は、基本的に論文を書くための人が読者だから。 いわゆる「学術書」「専門書」とは、プロが読むためのものです。 それにはそのための工夫がなされています。 具体的には、 専門用語で字数を削減 常識を省いて字数を削減 つまり、専門書はたくさん書くことがあるから字数を削減しなければ、長々として読みづらくなります。 逆に一般人でも読める本は専門用語、つまり漢字やカタカナを基本的な日本語の「やまとことば」に変えて、感覚的に分かりやすくします。 誰でも初めは専門家ではありませんから、とにかくそれを知りたい…

  • 【選び方】どういう本を読んだらいいか

    自分のテーマを探す 自分のテーマの探し方 言葉にすると安心できる 自分のテーマを探す 読書って中高生の頃は読んだけど、大人になってから読んでないっていう人が多いはず。 じゃあどういう本を読めば良いかというと、 自分にとって大事なものを読む。 でもそれって、他人に話しても分かりません。 読んでる途中で 「これは自分にとって重要なことだ」 と気づくものです。 だから本屋さんに行ってパラパラ探すことしかできません。 ネット上で本も探せますが、それはどうしても売れ筋や過去の自分の購入履歴から算出されたものが出てくるようになっているだけ。 それは自分で意識的に探しているものだからです。 そうではなくて、…

  • 積読を解消する方法

    積読(つんどく)とは 本を読まなくなる理由 「難しい問題」は読まないと解決しない 家以外で読む 図書館で本を読む 積読(つんどく)とは たくさん本は買ったはいいけど読めていない本のことです。 これを解消するには本を読むしかないんです。 しかし、それは必ずしも買わなくてもいいんです。 外で読む たくさん読む この二つがカギです。 本を読まなくなる理由 読まない原因は、 環境的要因(家の問題) 内面的要因(知能の問題) 環境の問題は家ではなかなか本をゆっくり読むことが無いからですね。 私の場合はお気に入りの図書館がいくつかあるのでそこで読む用にしています。 内面というのは、知能の問題です。 買った…

  • 「論文」の読み方【誤読で地獄を見ることになる】

    ポイント 人は誤読するもの 論文を読むのは楽しい 簡単に論文を検索できる 論文の構造 ポイント その学問の歴史を知ること 先行研究を知ること 著者の最終結論をしっかり読むこと ここですね。 論文の切り抜きが問題視されていますが切り抜きは、「重要なところが抜けている」という意味です。 その重要なところというのが以上の三点。 文章はつながりです。 だからそのツボを押さえて切り抜くことで正しく読むことができます。 人は誤読するもの 読書に誤読はつきものです。 「論文」となれば、その学問の背景を知っていないと分からないことがあります。 大学一年はその学問の歴史から学ぶじゃないですか。 それは誤読を防ぐ…

  • 【図解】本を読むデメリット

    デメリットは 「解像度」が低いまま 「図解」では語れない 特に哲学は難しい 「語る必要が無い」という人へ デメリットは 「語れない」 ということ。 基本的に図解版を読むことを勧めています。 が、そればかりでは、あれなので、デメリットを紹介します。 Twitterで質問が来たっていうこともあるんですけど。 例えば図解版を読んで 「この本にこう書いてあった」 という程度のことは言えるでしょうし、表面上のことは言えます。 しかし、その事を他人に話す、自分の考えを語ることに関しては、図解や漫画版を読んだだけではあまりできません。 メリットに関してはこちら⇓ 「解像度」が低いまま 最近はよく「理解度」を…

  • 純文学はバカには読めない。

    「バカ」とは 純文学の読み方 「言葉」とは 「バカ」とは ここでいう「バカ」とは「自分で考えられない人」のことです。 でも殆どの人はそうなんです。 わたしもそう。 自分の得意分野なら考えられることも多いですが、多くの場合は人の意見をそのまま受け入れます。 それは楽でいいんですけど、そればかりでは「バカ」なだけです。 人間全体のうちの一方でバカな分にはいいと思います。 が、全部が馬鹿だと、人に利用されかねません。 だから、少し賢くなったほうが得です。 純文学の読み方 純文学を読むとそれが少しでも解消されます。 なぜなら「言葉」を得られるから。 純文学で得られるのはストーリーでもなく、教訓でもあり…

  • 乱読には、方法がある

    乱読の方法 興味のある本を読もう。 10行程度で飛び移る 乱読でどれくらい読めるか 乱読と精読を分けよう 乱読の方法 興味のある本をたくさん手元に置く。 目次で興味のある所だけを探す 10行程度読んでは次、読んでは次を繰り返す。 興味のない本を読んでも頭に入りません。 「頭に入るかどうか」 という事を意識しましょう。 難しすぎる本 興味が持てない本 これは読んでも頭に入りません。 だからこそ「興味のある本」をまとめて読みましょう。 これだと思えたものは、精読する本にしておけばいいんです。 興味ってどんどん変わるものですから「今」興味のあるものを集中して読みましょう。 今興味のあるものが明日に興…

  • 速読できない人は奴隷になる

    速読が出来ないと騙される 「再読」は速読の始まり 騙されないための「速読」 速読が出来ない場合 読書は何度も 小説はゆっくり読もう 速読が出来ないと騙される 速読ができるってことは、言葉を理解できるってこと。 読んだ言葉言葉が分かるからドンドン先に進めるんです。 どういう人が騙されないかというと「再読」出来る人。 逆説的ですが、書かれている言葉の処理が速い人は騙されません。 しかし言葉の処理が遅い人は簡単に騙されます。 速くなるには日々、数行でもいいので読書をすることです。 いちいち詰まってしまうのは「初めまして言葉」が多いからでしょう。 それはどんなに頭のいい人でもそうです。 毎日少しずつで…

  • 外国人から見て「日本語」が簡単な理由

    発音が簡単 時制がシンプル 何となく伝わる 日本人としては複雑 発音が簡単 日本語の発音はシンプルです。 50音全てに母音が入っているので、一番初めに発音を覚えられます。 英語のようにイントネーションがあるわけでもないし、中国語のように「四声」があるわけでもありません。 フランス語、イタリア語のように巻き舌もありません。 ほとんどの外国人にとって日本語は発音しやすいんです。 逆に言えば、簡単に通じるから母国語なまりが取れない場合があります。 外国人タレントでも外国語なまりが取り切れていない人がいますよね。 あれはキャラだっていう人がいますけど、必ずしもそうじゃない場合がほとんどだと思います。 …

  • 人格を変える方法

    変わることは簡単 本を読む 恥ずかしいことを思い出す 変わることは簡単 方法としては、 本を読むこと 恥ずかしいことを思い出すこと この2つです。 「人格」というと「性格」として同じように考えている人もいるでしょう。 もう一つは全く違う人間になること。 「人格」という言葉を調べると「同一性」「統一性」ということがでてきます。 そもそも赤ちゃんの頃の自分と、今の自分が「同じ人間」というのは「記録・記憶」されているから。それが「統一性」ということ。 でも実際は細胞は入れ替わってるし、色んな事を学んでるから考え方はかわってるわけですよ。 だから変わること自体は特別なことでもなく、難しいことでもないん…

  • 「気持ち悪い文章」の2つのパターン

    2つのパターン 誰でも経験すること 読解力とは無関係 2つのパターン 何でこの文章は気持ち悪いんだろうと思うに、 「何かを隠している感じがする」 ってことなんです。 簡単に言えば 「自慢」のような自分を上げようとする気持ち 「卑下」のような他人を下げようとする気持ち この2パターンですね。 もう少し細かくすると 自分はすごいんだ こういう言葉を使える こういうことを知っている こいつを下げたい こういうやつが悪いんだ っていう感覚が、受け手としては、そこに書かれていなくても感じてしまうんですね。 なぜ書かないかというと自分でも「醜い」ってことは分かっているんだと思います。 無意識にでも。 分か…

  • 読書をすると人に好かれるか

    嫌われる 好かれる場合 読書は酔う 嫌われる 多くの場合は人に好かれないですね。 なぜなら本を読むと「少数派」になるから。 ネット上で「本を読んでいる」っていう人の言動を見ると、 本を読め 本を読まないとバカ 本を読まないと人間ではない 名作(シェイクスピア作品・漢文)を読めないと人間ではない というような言動があります。 私も本を読みますけどね、確かにこういう精神性になります。 ですから、注意しましょう。 なぜなら文化を知らないと言葉が通じないから。 その国の言語を知っていれば言葉が交わせるわけではありません。 もちろん、最低限のことなら話せますよ。 けど、会話をするって「人となり」を知るっ…

  • 「読解力アップ」の試行錯誤の方法

    小説が読み慣れない kindleを使う 小説が読み慣れない 多くの場合は漫画版を読めばいいです。 世界の名作は大概漫画版になっているので、それを一旦読むだけで、本当にいい物語ということが分かります。 真面目に考えてしまうと筋肉が固まって動けなくなるのと同じように、頭も動かなくなります。 ですから「まじめに読まなくていい」という事を知ることも結構大切。 世界の名作が分かれば、自分の中ででっかい基準ができるんですね。 世の中には物語がたくさんできていますが、テレビドラマや映画などでは大衆に受けるだけの刺激的なものばかりです。 それはそれでいいんですけど、そうなると流行に乗っているだけで、世の中の歴…

  • 「語彙力アップ」の最もいい方法

    最もいい方法とは 「関心」を飛び散らせる 最もいい方法とは 敢えて最上の方法を言うなら「本を読むこと」です。 が、普段本を読まない人が、ただ闇雲に読んでも読書が嫌いになりかねません。 嫌いになることが一番まずいことなのでそこだけは避けましょう。 そもそも読書自体、挫折がつきものです。 でも挫折しても何度も読み返せばいいんです。 一旦読むのをやめても、再度読み返したら理解できることや、読書自体が続くこともあります。 【関連記事】 読書の挫折を防ぐ方法 純文学をどう読むべきか 言葉というのはその単語一つだけ、独立して意味を成すことはあり得ないんです。 必ず時代によって変化はありますし、文脈によって…

  • 「だまされる人」の文章の読み方

    騙される人の読み方 契約書の読みかた 文章をざっと読もう 「サブスクリプション」は便利 騙される人の読み方 「だまされる人」は文章を最後まで読みません。 そして、初めのほうだけ読んで、自分にとって得だと思ったらすぐに契約しちゃうんですね。 商売は騙し合いです。 と言ってしまうと、人を疑うのは嫌だと思ってしまうでしょう。 が、サービスは受け方によって得になることがあるので、ザっとでいいので読んだほうが良いんです。 商売はボランティアじゃないので、絶対に商売する側に得があるんです。 その得とは何か、消費者の自分にとって得するか、という事を考えれば、そんすることは防げます。 逆に想像力が無い人は、騙…

  • 外国語がわかった時のメリット

    外国語を勉強する本質 頭のいい人と話せる。 読書では出来ない体験ができる 外国語を勉強する本質 外国語ができると、 仕事が増える 就職に有利 かっこいい とかってあると思いますけどそれって本質じゃないんですよね。 外国語だろうが、日本語だろうが言葉が話せるってことは 「人と話せる」 ってこと。 私もあんまり覚えていませんが、赤ちゃんが言葉を話そうとするのはお母さんなどの保護者と話したいからでしょう。 「あの人は何を言っているんだろう」と、具体的でわかりやすい言葉は自分で推測して、分からない言葉はその都度「どういう意味?」と訊く。 これが子供の頃の日常でしょう。 そのうち抽象的なことは辞書で調べ…

  • 【肌荒れ対策】ストレス解消法

    応急処置 ゆっくり深呼吸する 口角を上げる 親指を吸う 長期的措置 運動をする 読書する 食事を整える 応急処置 ゆっくり深呼吸する 深呼吸すると血液の循環がよくなり自律神経が整えられます。 たとえば「夜寝られない」いう時にもよく効きます。 口角を上げる ウソでもいいので笑顔を作ります。 結構効くんですよ。 ニューヨーク市のコロンビア大学医療センターの精神医学教授であるフィリップ・マスキン医学博士は、次のように述べています。 「微笑むと、あなたは自分の顔に引き付けられて、それが脳の残りの部分に結び付けられます。もしあなたの顔があなたの脳を幸せだと思わせるなら、あなたは少し気分が良くなります。」…

  • 本当にいい本の選び方

    選び方の順序 選ぶのは「技術」 分からないものは後にする 本を読まないのは本能。 選び方の順序 おススメの本を聞かれることがあるんですけど、本当は自分で見つけた本じゃないと読書は進みません。ではどうしたらいいかというと、一番初めは ベストセラーランキングを見る 名作の漫画版を読む 尊敬している人の本を読む ってことなんです。 ベストセラーを見るってことも経験です。 経験を積んでいくとベストセラーも全部見ずにサーッと見ただけでどんな本が自分に必要かっていうことが分かるんですけど、読書経験が無い人はタイトルだけでも全部見ておいたほうが良いでしょう。 つまり良い本を選ぶにも経験と技術が必要ってこと。…

  • 「純文学が分からない」問題について

    中学の頃から僕は「大衆文学」っていうのをあんまり読みたくなくて、読むんなら「純文学」だと思ってました。とはいえ、開いたは良いものの、何のことやらわかんなかったり、性的な描写は気持ち悪かったり、『限りなく透明に近いブルー』なんか初めの「絨毯」(じゅうたん)が読めないうえに次のゴキブリのくだりがきつくて挫折したりしました。 限りなく透明に近いブルー (講談社文庫) 作者: 村上龍 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 1978/12/19 メディア: 文庫 購入: 6人 クリック: 469回 この商品を含むブログ (241件) を見る でも大学院を出てから小説を趣味がてら読む用になったら何ともまぁ…

  • 有料noteを初めて書いてみたって話

    有料記事を書く理由 無料だと脳が勝手に制限を付ける 無料で読める記事のいい所 有料記事を書く理由 800記事以上書いてきたこのブログですけど、有料記事を書いてみました。 心を100倍強くする方法|KEC|note 今の私の無料公開しているこのブログの記事は大体1000~6000字程度でまとめています。 時期によっては1万字超の記事もありましたが、それは一部を切り取って別の記事に回しました。 なぜなら1万字を超えると、「長い」と感じるから。 無料だと脳が勝手に制限を付ける 書いていくうちに「本当はもっと深く書きたいのに」という欲求もあります。 書いているうちにもう少し突っ込んだ内容を書こうとは思…

  • 日本と台湾の祝日事情

    日本の祝日は覚えてない 日本の祝日 日本の祝日は覚えてない facebookで台灣の友達とチャットしてる時のことでした。台灣では今日いたるところでイベントがあるそうです。そこで友達が「日本は?」と訊いてきたので、あれ?建国記念日っていつだったっけ?と思ったので急いで検索して2月11日が建国記念日だということと、『日本書紀』によると初代天皇の神武天皇が即位した日だということを伝えました。 日本書紀 5冊 (岩波文庫) 作者: 坂本太郎 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 1995/07/01 メディア: 文庫 クリック: 12回 この商品を含むブログを見る 「日本書紀?長いね~」 彼女は日本…

  • 無意識を活用する方法

    「無意識」があるという事を意識する アイデアに活用する 「無意識」があるという事を意識する 無意識にあること自体を意識の上までもっていくことはできません。 例えば「A子さんを好きかどうかが分からない」ってことあるじゃないですか。 でも無意識ではわかってるんですよ。 だから顔が赤くなったり、知らず知らずにドキドキしたりするんです。 そのドキドキをコントロールすることは難しいですよね。 なぜならそれは無意識だから。見えないものは見えないんです。 でも、「無意識がある!」という事を意識することはできます。 何でも自分でコントロールできると思ってはいけません。 ですから意識していることが全てだとは思わ…

  • 国語で漢文を勉強する理由

    勉強はスケールのデカいこと 漢文は日本語と近い関係がある 勉強はスケールのデカいこと 日本人には漢文て中国の古典だから日本語で勉強する意味あるの?とか思われるかもしれません。 確かにそう思うのは普通なことです。 しかしここで勉強しなければ、日本語がどういう歴史で変化していったのかが分からないんです。 それが分かると語彙力が付きます。 生活していく、お金を稼ぐのであれば要らないかもしれません。 しかし勉強はお金を稼ぐためにするなんてことは無いんですよ。 そう思っている人もいますけど、それは戦後、特に収入が少なかった時に、目の前にぶら下げるニンジンとして、勉強のきっかけにしようとした考え方です。 …

  • 格闘技で縄跳びをする理由

    バランスがよくなる 脚を鍛えるのは面倒 バランスがよくなる よくボクシングで縄跳びをするシーンがありますよね。 あれってどういう理由かというと、 上半身と下半身を連動させるため。 ボクシングの場合、パンチだけですから上半身だけでいいだろうと思いがちです。 しかし、実際はパンチをするのに、 腰をひねって かかとをあげて 軸足を取る というように、強いパンチを引き出すには下半身に対する注意点が満載。 それは野球のピッチングでも、腕だけで投げるのではなく、下半身についてよく言われることと同じことですね。 それとパンチを繰り出しには体の軸、つまり体幹がしっかりしていたほうが良いんです。 それは言葉で聞…

  • 違う分野の本を読む効果

    1つの分野では限界がある 時間が伸びる アウトプットにもなる 1つの分野では限界がある 一つの分野に詳しくなるとそれの理解度が速いのでついつい、その分野ばかり読みがちです。 そしてオタク化していきます。 しかし一つの分野だけ読むばかりで、深く潜り込むのはちょっと限界があるんですね。 例えば、西洋哲学を読むときには、ただ、そのままその知識をインプットしていきます。 しかし、読み進めていくうちに、どうしても理解が追いつかないことってありますよね。 そういう時は、違う分野を読むからこそ、深く掘り下げられるようにもなります。 例えば、西洋哲学を読んでいたなら、東洋のも読んでみるとか。 そうなると、両者…

  • 1000冊読むと自分は変わるのか

    1000冊読むと変わります。 読み方の例 微妙な「差」がわかる 1000冊読むと変わります。 しかし変わったことは分かりにくいです。 なぜなら、本を読むと「世界観」が変わるからですね。 世界の見方そのものが変わるので、世界自体が変わったことが分からないのと一緒です。 じゃあどういうキッカケで分かるかといえば、他人の世界観に触れた時ですね。 他人が漢字が読めなかったり、言葉を知らなかったりします。 でも自分は漢字が読めたり、言葉を言い換えることが出来るようになったりします。 はじめの内はそういう本を読んでいない人を「こいつ馬鹿じゃないの?」と思うんです。 私の体感では100~1000冊くらいでは…

  • 「やる気」を出す方法まとめ

    健康に気遣う エビオスを飲む ストレス解消をする 健康に気遣う 当たり前ですが健康でないとやる気は起きません。 人によって健康維持にすべきことは異なりますが、絶対に必要なことは、 自分の体の状態を意識する ってこと。 眠い だるい 精神的に余裕が無い あらゆる事情があると思いますが、こういうことがあるのであればまずそれを取り除くことに集中しましょう。 まずそれをやらないと何もできないからですね。 「やる気」を気にする人は、向上心が高い人が多いでしょう。 だからこそ眠らずに努力するという「前時代的」(時代遅れ)なことをする人が多いです。 しかし最低でも4時間は寝ないと頭も体もすっきりしません。 …

  • 防衛大学校は「いじめ大学校」?

    防衛大学校で「いじめ」があった 「覇道」と「王道」 私は感情的、非道徳的 防衛大学校で「いじめ」があった NHKのドキュメンタリーで慢性的にいじめがあるということが特集されていました。 テレビでは自衛隊のお陰で震災や災害で助けられた人がたくさんいます。 海外派遣や、外国からの国境線で命をかけて働いてくれている人がいます。 いのちの音 アーティスト: 陸上自衛隊中部方面音楽隊指揮:柴田昌宜鶫真衣 出版社/メーカー: 日本コロムビア 発売日: 2018/06/27 メディア: CD この商品を含むブログを見る 自衛隊は必要だと思います。 そういう人も多いでしょう。 だからこそ、ショッキングなことで…

  • 簡単な本を読むメリット【漫画・図解】

    まず1冊読む 難しい本を読むことのススメ まず1冊読む 簡単な本でも、難しい本でも読めば「1冊」です。 初めはどんな本でもいいのでたくさん読みましょう。 多読をすれば頭がよくなります。 こういう考え方が嫌いだと思う人もいるでしょう。 私も初めはそうでした。 【関連記事】 「ベストセラー本」が読めない でも人よりたくさん読んでいることで、人に本を勧めやすくなるんですよ。 「おすすめの本は?」 と訊かれることがあります。 そこで『論語』や『古事記』を原文で読めなんて言われても 「なんだこいつ、不親切だな。カッコつけんな」 って思われる可能性もあります。 本を読むのは自己満足という面もあります。 け…

  • なぜ本を読むのか

    本は「他者」 人間は考えるのが嫌い プロに考えておいてもらう感覚 記憶の整理 「関数」で例えると 本は「他者」 本を読むのは本が「他者」だから。 人は常に他者を求めています。 つまり寂しいってことに関係しているかもしれません。 それは言葉を求めているという事。 なぜなら今私が使っている言葉は親から始まり友達や先生や、周囲の無限の人間の人から影響された言葉であって、自分から作り上げたものではないんです。 自分ではない誰かが作った言葉を使って、物事や人を理解しようとしてるし、自分を表現しようとしています。 自分で書いてる作文などのブログは何かというと、それらを分解して、自分に合わせたものですね。 …

カテゴリー一覧
商用