searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

さぁて、畑へ行こう❗さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
さぁて、畑へ行こう❗
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/estima-aori15
ブログ紹介文
太陽の下が好き、家庭菜園、ゴルフ、海釣りと週末は大忙しにエンジョイしています。
更新頻度(1年)

86回 / 365日(平均1.6回/週)

ブログ村参加:2018/09/20

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、さぁて、畑へ行こう❗さんをフォローしませんか?

ハンドル名
さぁて、畑へ行こう❗さん
ブログタイトル
さぁて、畑へ行こう❗
更新頻度
86回 / 365日(平均1.6回/週)
フォロー
さぁて、畑へ行こう❗

さぁて、畑へ行こう❗さんの新着記事

1件〜30件

  • 黒ニンニク作りに挑戦

    5/30に収穫したニンニク昨年より出来は良かったが外壁塗装中で乾燥させる場所がなく畑の倉庫内で乾燥を続けたが、梅雨で蒸れそうなため倉庫の扉を完全に閉めるわけにもいかず少しだけ開けた状態で放置していた梅雨明けを待っていたが一ヶ月以上も放置したのでニンニクが駄目にならぬよう倉庫から家に運び黒ニンニク作りをスタートしました(炊飯器は事前にメルカリで購入)黒ニンニクの作り方がググっても多種多様で迷いましたが結局、毎年作っている先輩をマネ新聞紙に包み二週間保温で放置楽過ぎて不安だけれど毎年作っている方法なので大丈夫でしょう7/10、黒ニンニク作りスタート①汚れた皮をはがし売っている状態に②炊飯器の底へ新聞紙を小さく丸め置く③②の上に新聞紙を広げる④③の新聞紙の上にニンニクを置く底は上向き、二段目は逆さに置く<写真撮り忘れ...黒ニンニク作りに挑戦

  • シャインマスカットの病害虫防除(8回目、9回目)

    昨日、平年より早く梅雨明けしました一気に猛暑日と畑仕事は体力勝負ですね今年の袋掛け前後の病害虫防除は雨に悩まされました梅雨末期の線状降水帯により天候不順天気予報がサイトにより異なり何を信じれば良いのか分からない状態必然的に朝起きた状態での判断となり防除後は雨が降らないことを祈るのみ(昭和かて感じですね)天気予報が発達して雨雲レーダーまでスマホで見れるようになって便利だけどもう少しの精度向上を期待しますそんな影響で9回目の病害虫防除は19日も間隔が空いてしまいました【6月21日散布】散布時期:カサ・袋掛け直前病害虫の発生状況:べと病、黒とう病うどん粉病の発生期、晩腐病の感染期チャノキイロアザミウマ、クビアカスカシバ発生期白色綿雪症状の発生期①展着剤:キャップ一杯②殺虫剤:アドマイヤーフロアブル(5,000倍)③殺...シャインマスカットの病害虫防除(8回目、9回目)

  • シャインマスカットの摘粒~ジベ処理~袋掛け(作業もピークです)

    ブドウ栽培で一番手間の掛かる摘粒時間は掛かりましがた袋掛け迄の間さほど雨に降られることなく作業が終わり一安心しました。【摘粒】6/5~6/15(昨年の様子)昨年の3倍位房があるので摘粒は時間がかなり掛かりました粒があずき大を目安に随時整形を実施軸長は10cm(昨年8cm)今年は長さより支梗の数を重視肩を基準にあとは臨機応変に対応・肩は3つ支梗が揃う所で切り詰める1支梗、上向きな粒を5・6粒残す・肩より下は10支梗を基準に残す最終形をイメージし全体のバランスを見つつ粒抜きを実施目指せ700g(摘粒前)(摘粒後)※今年は房下の粒がビックリ玉により生育不良が多く、房下を切り詰めた房が多数あった<ビックリ玉>開花が遅れ中で成長し傘が取れない粒【二回目のジベ、カサ掛】6/9~6/15(昨年の様子)顆粒が大豆サイズ(1cm...シャインマスカットの摘粒~ジベ処理~袋掛け(作業もピークです)

  • 待ちに待った。トマトの収穫です

    4月24日に「イエローミミ」4月25日に「あまぷる」そして5月16日に「キャロルスター(小)」「レッドオーレ(中)」を苗から植え1.5~2ケ月過ぎました作業は脇芽取りと誘引がメイン前半は苗が元気なく心配していたが6月19日にはこんな感じに「イエローミミ」「あまぷる」キャロルスター(小)レッドオーレ(中)6月25日には無事に色が付き始め「イエローミミ」をつまみ食いをしたところしっかり味がついていたのでそのまま初収穫しました(写真は撮り忘れました)以降、少しづつですが食べるのには困らない程度に収穫出来ています雨が続いており玉割れが気になりますが暫くは大好きなトマトが楽しめます「イエローミミ」「あまぷる」キャロルスター(小)レッドオーレ(中)待ちに待った。トマトの収穫です

  • ブルーベリー、ついに念願の初収穫

    2018年より栽培をスタートさせたブルーベリー引っ越し2回、入れ替えも4回植えた場所の失敗やら毎年右往左往今年は順調に生育し6月13日遂に初収穫の日を迎えましたとは言っても畑でつまみ食いはしていましたが途中経過(5月25日の様子)一本のみ果実が色づいて来ました【収穫のポイント】早取りしない朝露が消散してから摘み取る底の浅い容器に収穫する軽くねじって摘み取る収穫果は涼しい所に置く取り残しをしない梅雨の期間は晴れた日に摘み取り濡れている果実は風を当てて乾かす果面全体(果軸の付け根まで)が完全にブルーに着色してから4~7日ブルーベリーは樹上でのみ完熟ブルーベリー、ついに念願の初収穫

  • シャインマスカットの病害虫防除(6回目、7回目)

    今年の病害虫防除は今のところ自分のマイカー(噴霧器)は使っておらず師匠の軽トラに乗せた噴霧器により実施している私の畑、同じ段にある師匠の畑を私がそして上の段にある師匠の畑は師匠が撒いて私はフォローほぼ10日間隔で散布しているが今年は雨が降ることが昨年よりは少なくここまでは順調に散布出来ています【6月2日散布】散布時期:ジベレリン処理前後(前回から10日以内)病害虫の発生状況:べと病、黒とう病灰色かび病の発生期、晩腐病の感染期トリバ類、ハマキムシ類、ハダニ類チャノキイロアザミウマ、クビアカスカシバ発生期うどん粉病の発生が多くなる①展着剤:キャップ一杯②殺虫剤:アドマイヤーフロアブル(5,000倍)③殺菌剤:ペンコゼブ水和剤(1,000倍)④殺菌剤:トリフミン水和剤(3,000倍)【6月13日散布】散布時期:顆粒が...シャインマスカットの病害虫防除(6回目、7回目)

  • 「さやえんどう」の収穫期間、そして「いんげん」へのリレー(6/5)

    二日に一回は収穫し順調に生育していたさやえんどう(美味しいですよね)さっと茹でてマヨネーズを付けたり卵とじにして美味しく頂いていたが突如、さやが黒くなり始めあっという間に収穫が出来なくなり葉が黄色くなり枯れて来たので撤収毎年同じような状態で撤収をしている収穫期間も5/8~6/4と約一ヶ月来年の対策にネットで調べました【原因】ネットから引用エンドウの根は過湿に弱い作物春になり雨天が続くと水はけ不良で根が傷み下葉から黄色くなり、早くから枯れあがることがある【対策】やや高畝にしたり堆肥や落ち葉などの有機物を多めにすき込んだりして水はけや通気性のよい畑作りをすること<リレー野菜はどうしましょうか>ネット共有したキュウリが栽培中のためさやえんどうの跡地はまた蔓系野菜を植えたいのだが、どうしたものかメロンは二年連続で失敗し...「さやえんどう」の収穫期間、そして「いんげん」へのリレー(6/5)

  • シャインマスカットの房づくりとジベ処理(一回目)

    シャインマスカット栽培もいよいよ忙しくなりブログも更新出来ません5月22日に房づくり5月24日~伸びた枝を見つけ次第摘芯5月24日~6月1日に一回目のジベ処理を行いました【房つくり】房つくりのタイミング(開花初期)ある程度成長し、花が咲き始めた頃<ビフォー><アフター>(房つくりのポイント)・房は8cmを目安に残す※昨年は5cmで整形・肩に三つ枝梗が揃ってる上を切る・二股・三股は整形(房尻の形が良く下へ伸びて枝を残す)・ジベ処理作業用の目印を一つ残す・今年はビックリ玉が多く房尻が粗着(ビックリ玉とは開花が遅れ中で成長し傘が取れないこと)※作業は1日で終了<二股>【摘芯】房つくりと同時期に実施枝の成長を止めて養分を房に集中させる短梢栽培は房先3~4枚目で摘芯とマニュアルには記載があるが我が畑は棚の網目数を目安に摘...シャインマスカットの房づくりとジベ処理(一回目)

  • 梅雨入り前に収穫、そして「おおまさり」へのリレー

    梅雨入り前の晴天に恵まれ絶好の収穫日和だった先週の土曜日と日曜日土曜日の畑作業は早朝のジベ処理のみあとは終日、娘の引っ越しの手伝いで収穫の時間は作れませんでした日曜日、本日も晴天です収穫したいのは玉ネギとニンニク地植え出来るサイズとなったおおまさりの苗のリレーも兼ねています困ったのは家が外壁塗装中で収穫しても干す場所としている軒下が使えないこと玉ネギは収穫適期ニンニクも丁度良い時期かと思われるどうしようか迷ったが挙句玉ネギは配れるところへ即持っていく残った玉ねぎも今日一杯は天日干しを行い早めに消費することで妥協前回早生を収穫する際、茎をいきなり引っ張って根の上の玉が剝れ綺麗に収穫することが出来なかったので今回はスコップで少し掘ったあと収穫したところ綺麗に収穫出来ました【玉ねぎ収穫:二股を入れ51個】2021.1...梅雨入り前に収穫、そして「おおまさり」へのリレー

  • シャインマスカットの病害虫防除(4回目、5回目)

    東海地方までは早々と梅雨入りし関東甲信地方の梅雨入りはいつなのか天気任せの農作業には気になるところ(平年では6月7日頃)特に今の作業は、病害虫防除やジベ雨予報では作業が出来ません晴れ間を狙って4回目と5回目の病害虫防除が無事終わりました前回の防除(2回目、3回目)【5月15日散布】散布時期:展葉9~10枚病害虫の発生状況:べと病、黒とう病、クワコナカイガラムシ、アブラムシ類、チャノキイロアザミウマ・フタテンヒメヨコバイ発生期①展着剤::サントクテン40(キャップ一杯)②殺菌剤:オーソサイド水和剤80(800倍)③殺虫剤:加用モスピラン顆粒水溶剤(2,000倍)④種無し化を促進:アグレプト液剤(1,000倍)⑤殺虫剤:アプロードエースフロアブル(1,000倍)※アグレプト液剤は無核果を生じるため果菜類野菜は新聞紙...シャインマスカットの病害虫防除(4回目、5回目)

  • シャインマスカットがトラカミキリの被害に!

    いつものようにブドウの誘引作業をするため畑に行くと師匠の畑が騒がしい様子を伺いに行くとトラカミキリの幼虫が発生したとの事で幼虫を見せてくれた4月3日のレクチャーが現実になるとは昨年は発生はしなかったトラカミキリ師匠曰く、トラカミキリの消毒をしなかったことが原因らしいその後、樹液が出ている枝を一緒に捜索結果、幼虫を発見した枝は数か所もあり驚きとともに自分の畑も心配になり確認ざっと見て回ると二か所に樹液を確認師匠に伝え幼虫を探すと二匹もいました(樹液が落ちる寸前)4/24(樹液で枝が濡れています)(樹液で支柱がびっしょり)(いましたトラカミキリ)(幼虫を探すため削った枝)駆除後は二三日は雫は落ちるとのことでそれ以上続くのはまだ幼虫がいる証拠取り敢えず三日程は他に雫が落ちているところがないかケアするよう言われた早朝に...シャインマスカットがトラカミキリの被害に!

  • 今年も天空カボチャとおおまさりの栽培スタート

    毎年栽培し評判の良い天空カボチャとおおまさりシャインマスカットが伸びたことで今年はどこで栽培するか迷ったが迷うほど広い敷地でもなく連作も気になるが他に植える場所もなく同じ場所で栽培するしかありませんね【天空カボチャ】4/17カボチャの種をポット蒔き(17)(昨年は4/11にポット蒔き)5/5カボチャ苗を師匠から頂き地植え(2)(昨年は5/10に地植え)【おおまさり】4/26おおまさりの種をポット蒔き(17)5/182ポットを除いて発芽しました5/5おおまさりの種を直蒔き(14)(昨年は5/20に種蒔き)鳥害対策としてカラーテープを仮張り地割れが発生、鳥害対策として5/16ネットを掛けました今年は鳥害大丈夫でしょうか(昨年は5/28に鳥害にあいました)5/18ポット蒔きは17ポット中15発芽今年も天空カボチャとおおまさりの栽培スタート

  • ブルーベリーの果実が肥大(防鳥ネットを張りました)

    ブルーベリーは、今年初収穫を目指し花芽を残した剪定を2月に行った4/10には受粉のサインを確認(発見)手は掛からず水やりと害虫ケアのみ花芽を残したのは栽培5本中の3本偶然?ではあるが北側~真ん中~南側の順で開花するので比較がし易いGW前の日曜日(4/25)に果実を確認北側の木は明らかに果実が肥大しておりブルーベリーの形になってきました(北側)(真ん中)(南側)果実の肥大が始まり摘果も必要だが完熟した時の鳥害が一番気になり時間のあるGWにネット張りをしました幸い我が畑にはぶどう棚があるのでそれを上手に利用し何年かは使える物を作ろうと思い少し時間が掛かりました5/2~5/3(実質、半日位で完成)①ネットの長さに無駄がないよう実寸南側から北側への長方形の土地東側615m、西側580m南側150m、北側170m高さは1...ブルーベリーの果実が肥大(防鳥ネットを張りました)

  • 葉菜類野菜の収穫や間引きが始まりました

    5月に入り最低気温は10℃を超え最高気温も25℃前後の日が続き初夏の陽気、畑仕事も昼間はTシャツで十分、過ごしやすい季節ですね野菜たちは成長が著しく、ちょっと油断すると、間引きや芽掻き、収穫時期を過ぎてしまいます我が畑の野菜は少しづつではありますが気が付けば20種類もの野菜を植えており出社前には毎日畑へ出勤しています葉菜類野菜の5/3~5/8の生育状況【ほうれん草】5/31回目の間引き・間引き:本葉1~2枚目で1回目<3cm間隔>本葉3~4枚目で2回目<6cm間隔>・追肥:2回目の間引き後1平方メートルあたり一握り(約50g)・収穫:草丈20cm以上【早生玉ねぎ】5/4収穫(10/25に苗を植付け)収穫目安:全体の約8割の茎が倒伏後倒伏状況は全体の6・7割程度ですが収穫後の跡地へ「おおまさり」の栽培を予定してい...葉菜類野菜の収穫や間引きが始まりました

  • シャインマスカットの病害虫防除(2回目、3回目)

    3月27日の病害虫防除から約一ヶ月ぶり4月25日に散布を実施しました続いて、GW中の5月3日に散布散布は師匠が昨年ピオーネを撤去した為シャインマスカットのみの栽培となり散布は我が噴霧機を使うことなく師匠の噴霧機で両方の畑を一緒に散布を行っていますいよいよ病害虫防除も本格スタートこれからは10日間隔で行っていきます(いよいよ忙しくなります)【4月25日散布】散布時期:展葉初期病害虫の発生状況:黒とう病①展着剤:サントクテン40(キャップ一杯)②殺菌剤:オンリーワンフロアブル(2,000倍)③殺虫剤:コテツフロアブル(2,000倍)④栄養剤:アミノメリット青(500倍)【5月3日散布】散布時期:展葉5~6枚病害虫の発生状況:べと病、黒とう病が発生し始める、フタテンヒメヨコバイ、チャノキイロアザミウマが発生する①展着...シャインマスカットの病害虫防除(2回目、3回目)

  • 二十日大根(種蒔き~収穫)、大根、かぶ(種蒔き~間引き)

    強風は吹くものの好天が続いたGW5/4のバーベキュー以外は、ほぼ畑お陰様で顔は真っ黒になりました連日の畑作業で夕食時に一杯飲むと疲れでバタンキューの毎日が続きブログが更新できませんでしたが畑のノルマ作業が達成出来たので順番の更新していきます4/3に種蒔きした二十日大根は5/3に無事収穫早速、サラダに入れて頂きました根菜類野菜の4/11~5/5の生育状況【根菜類野菜の生育状況】【かぶ】4/11種蒔き<12穴>5/1間引き(4/11種蒔き)(ビフォー)(アフター)撮り忘れました5/5種蒔き<12穴>(二回目)・甘味かぶ(根径8~12cmで収穫可能)・収穫日数:約50~60日・種蒔き:株間20cm、1穴へ3~4粒・間引き:本葉1~2枚目で1回目<5cm間隔>本葉2~3枚で2回目<10cm間隔>本葉6~7枚で3回目<2...二十日大根(種蒔き~収穫)、大根、かぶ(種蒔き~間引き)

  • 果菜類と葉菜類野菜で畑も賑やかになってきました

    種蒔きや苗植付けから二週間花が咲き、芽が出て畑も賑やかに明日からはやることが盛りだくさんGWは畑仕事を頑張ります【果菜類野菜の生育状況】4/10種蒔きしたさやえんどうを植付け4/24さやえんどうが開花しました化成肥料の追肥と土寄せを施しました4/11枝豆の種蒔き夏香り75(極早生)16穴蒔きました長く楽しめるようずらし蒔きをする予定【葉菜類野菜の生育状況】4/11剣葉ほうれん草の種蒔き有効期限は2021年2月でした期限切れですね大丈夫でしょうかなかなか発芽せず心配しましたが4/26ほうれん草の芽が出揃いました不織布の掛けて生育促進、鳥害防止4/15アスパラガス初収穫2苗では大量収穫が出来ませんが少しづつ美味しく頂いていますこちらの苗はなかなか出ませんねリーフレタスは師匠からの頂き物です4/18茎ブロッコリー初収...果菜類と葉菜類野菜で畑も賑やかになってきました

  • 春夏野菜苗植付けました

    春夏野菜苗を植え付けました今年は昨年より高温な日が続き遅霜の心配があるものの各ホームセンターには早くから野菜苗が並んでおり気になっていた以前は販売のピークがGWだったが年々早まっているような感じ4/10ナフコで野菜苗購入⇒植付けきゅうり(サントリー・強健豊作)写真左きゅうり(サカタ・節成り)写真右4/11トマトの種蒔き甘い・多収の高品質ミニトマト「千果」昨年も種から栽培、家族に評判の良い品<昨年は4/11に種蒔きを実施><昨年は4/23に発芽>袋表示は13粒入りでしたが15粒入っていました(ラッキーですね)今年はまだ発芽しません(ダメでしょうか)4/22きゅうりが一本萎えました萎えたのは強健豊作強耐病性品種のはずが・・・どうして萎えたのか原因不明です4/23ナフコで野菜苗購入きゅうり(サツキミドリ)1本接木トマ...春夏野菜苗植付けました

  • ぶどうの芽かきと害虫確認

    シャインマスカットの新芽があっちこっちから出始めた4月第一週目4/3に今やるべきことを三つ師匠よりレクチャーを受けた①副芽(ふくが)を取るぶどうは一つの芽から主芽と副芽が出る2本伸ばし房をつけることは可能だが距離も近く日当たりも悪くなるまた、2本の新梢に栄養を取られその先の新梢に栄養が少なくなるので良い房が出来ないので副芽を取る(副芽あり:赤丸)(副芽除去後)②枝や新芽に「みのむし」がいないか③樹液が出ている枝があれば要注意枝の中にトラカミキリがいる可能性大(大きさは2ミリ程度)枝の先が黒くなった枝を発見4/8(師匠に見てもらうと害虫ではなく)水揚げが完了する前に枝をカットしたのが原因ではないかと言われた【ブドウカミキリ】夏の暑い8月ごろ成虫が新梢に卵を産み付ける卵は10日ほどでふ化、前年に延びた枝を食べ進むそ...ぶどうの芽かきと害虫確認

  • 霜被害が出なくて良かったです(ジャガイモがヤバかった)

    4月9・10日低温予報が出ていたので4月8日のゴルフ後、急遽霜対策で新聞紙を掛けました4月4日に植えたばかりのさやえんどう3月27日に種蒔き芽が出たばかりの大根4月3日ずらし植えしたブロッコリーそして3月20日に植えたジャガイモ芽出しが始まりマルチにポッチがあります本来なら穴を開けたいところですが霜予報が出ているので開けていませんマルチで芽が焼けないか心配ですねとなりは師匠のジャガイモ霜対策バッチリですね10日の朝、霜が降りたか確認するため畑へ直行霜は幸いにも降りていませんでしたジャガイモへ掛けた新聞紙は強風でズレ霜が降りていたら役に立たなかったです新聞紙では駄目ですね(反省)ポッチとなっているマルチを開けました予想より傷んでおらず一安心(キタアカリ)(メークイン)霜被害が出なくて良かったです(ジャガイモがヤバかった)

  • ブルーベリー栽培の勘違い(同系統における別品種の組み合わせ)

    今年の2/6に剪定を行い今年はいよいよ収穫期を迎えます3/14に追肥3/27開花を確認3/304/3品種によって開花に差がありますここで受粉はどうするのかが非常に気になりネットを確認しましたブルーベリーは蜂などの助けを借りて受粉するが、虫が来ないような場所は人工受粉が必要だそうでう畑なので自然受粉すると思うが受粉出来ず人工受粉となった場合の問題点が発覚しましたブルーベリーには大きく分けてハイブッシュ系とラビットアイ系の2つの系統がありそれぞれの系統には多くの品種が存在(注意点)ブルーベリーは同じ品種の「めしべ」と「おしべ」をくっつけても実がならない「自家不和合性」という性質がある収穫を目指すためには違う品種のブルーベリーを複数植える必要がある咲いて間もない花や受粉前の花は下向き(雌しべがはっきり見えますね)(自...ブルーベリー栽培の勘違い(同系統における別品種の組み合わせ)

  • イチゴ栽培(花が咲き人工受粉、実がついてランナー発生)

    前回のブログから1ヶ月経過心配していたイチゴは実が付くまでに成長しました3/27追肥3/30ついに開花4/3人工受粉耳かきの梵天でちょんちょんして受粉次々に咲く花を人工受粉4/11もう実がついている苗とランナーが出ている苗を発見収穫前に伸びてきた蔓状のランナーは実に栄養分が行くように株元でカットイチゴ栽培(花が咲き人工受粉、実がついてランナー発生)

  • しいたけ、二股、三股、もったいないです

    3月23日に川へ浸水させた原木しいたけ丁度のタイミングでタヌキ騒動があり収穫間近な原木しいたけが食べられてしまわないか心配していた対策は遮光ネットを掛けるのみ対策にはなりませんね(笑)数日後にタヌキを捕獲して山へ帰したとの情報が入り、数匹いたが何とかなるかなと期待と不安(他人任せ)不安をよそに3月28日一つ目の収穫(タヌキに食べられず良かったです)早速、トースターで焼いて最後に醤油を落とし、いざ実食肉厚、採りたてやっぱり旨し川へ浸水させた以降週一で雨が降り晴天時は高温と良い環境が続く4月2日に遮光ネットを捲ってビックリ一揆に大量発生だぁしかしよく見ると植菌した穴付近から二股、三股で原木しいたけが出ている重なり合い成長を妨げるのでどうしても早めの収穫となる一本なら大きくなるのにもったいない日曜日には15本収穫しま...しいたけ、二股、三股、もったいないです

  • ブロッコリーのずらし植え(栄養満点な野菜ですね)

    人間ドックで生活習慣病に引っ掛かって以来毎日野菜を取るよう心掛けているがようやく毎日食べることが習慣化した今年は家庭菜園で体に良さそうな野菜を作ろうと思い、種や苗を睨めっこ先ずはブロッコリー栽培に挑戦します①第一弾で種蒔き②時期ずらしでの収穫を目指しJAで苗を購入スティック2苗ブロッコリー3苗株間40cmで植え付け(3/27)オルトランを株元へ2g散布第一弾で種蒔きしたブロッコリーもある程度大きくなったのでポットから畝へ移植(6ポット株間40cm)オルトランを株元へ2g散布下図:左側(4/3)右側:一週間でグッと大きくなりました防虫網が掛かっている畝が少し余ったので赤丸二十日大根の種を蒔きました12穴へ株間15cm【ブロッコリー栄養成分】糖分をエネルギーに変えるインスリンの働きを促進し、糖尿病の予防効果があるク...ブロッコリーのずらし植え(栄養満点な野菜ですね)

  • シャインマスカットの病害虫防除(一回目)

    20日6時30分より病害虫防除をするとの連絡が前日に師匠より入ったいよいよ今年の病害虫防除スタートです6時起床、バナナと牛乳の軽食をとり畑へ直行、丁度軽トラが私の畑へ向かうタイミングだった(ギリギリセーフ)先ずはシャインマスカットの新芽を見て①②のレクチャーを受けた①今回の薬剤は発芽前に実施②散布のタイミングが遅れると新芽に薬害を生じる恐れがあり生育が遅れる(新芽:遅い)我が畑で2・3発見(新芽:ちょうど良い)我が畑の新芽は、ほぼこの状態でした次は今回使用する薬剤等のレクチャー③薬剤:デランフロアブル(200倍)粘度が高いため必ず振ってから使用④強い薬剤のため、展着剤は使用しない薬剤を水とタンク内でよく混ぜ散布開始師匠の散布方法をホースの絡みを取りながら見学、続いて私が散布一時間ほどで作業終了(久々の散布で腕が...シャインマスカットの病害虫防除(一回目)

  • 今期は、しいたけの大量収穫が期待出来るかも

    いい感じで雨が降り連日の20℃超え2019年に植菌した、しいたけも昨年秋に続いて二回目の収穫適期今回は大量収穫となりますでしょか3月23日久々に遮光ネットを外すとしいたけがもう顔を出していましたこのままでもしいたけが発生しそうな感じがしますが数個出ているしいたけをケアしながらいつもどおり北側の川へ浸水しました途中、しいたけを入れ替えしながら満遍なく、しいたけを浸し18時30分頃、川から取り出し基礎コンへ底をコンコンと打ち付け刺激を与えてから定位置へセットさあ、出てきてくれ、期待してますよ今期は、しいたけの大量収穫が期待出来るかも

  • ジャガイモ(種芋)の植え付け

    昨年から遅れること一週間土曜日(3/20)種芋を植え付けました今年はメークインとキタアカリを購入植え付け場所は先週肥料を蒔き準備万端①まずは下準備、イモ切り大きいイモを半、三つ、四つ切りに60~120gは半切り120~200gは三つ切り200以上は四つ切今回はメークインのみイモ切りキタアカリは小ぶりなため切らなかった②切り口へ草木灰をつける③畝づくり(畝幅70cmを2列)④畝の中央へ鍬で溝を掘る⑤30cm間隔で種芋を溝へ入れるメークインは切り口を下にして置く購入した種芋が畝に丁度よく置けるか心配していたがメークインは少し余りキタアカリは少しスペースが足らず畝を追加で作り無事配置完了⑥種芋と種芋の間に肥料を一つまみ⑦種芋を軽く下へ押し込み土を掛けた⑧最後にマルチを掛けて作業終了【今回植えた種芋】①北側メークイン1...ジャガイモ(種芋)の植え付け

  • ぶどうの根元周り対策と追加肥料

    ぶどうの根元周りは冬対策として敷き藁をしていたが地温も上昇し水揚げも始まったことから敷き藁は撤去代わりに乾燥対策として有機肥料(あいのう)を各2袋蒔いた(根元から30cm離し120cm位迄を目安)※根元から入る害虫を避けるため根元周りは蒔かず綺麗にしておく粒状骨粉を師匠が蒔いてくれたので(早く耕さないと鳥に食べらます)愛車で軽く耕し作業終了(3/14)(潅水メモ)発芽期にかけて乾燥するような場合は発芽まで定期的に灌水を実施灌水の目安は、7日間隔で25ミリ程度日差しの多い午前中に行うのがポイント来週は発芽前の病害虫防除として黒とう病対策の防除をする予定<参考:昨年の病害虫防除>ぶどうの根元周り対策と追加肥料

  • 心配していたイチゴ苗、葉が立ち、新芽が出てきました

    先週土曜日の大雨から一転月曜日が18℃快晴昨日と今日は20℃快晴風もなくすっかり春の陽気にスイセンもいっきに開花ヒヤシンスはあと一息そして枯れずに持ち堪えていた花壇に植えてあるイチゴ苗(越後姫)も葉が立ち、新芽が出てきました次なる出番はチューリップとクロッカス出番待ちで最も気になるのは昨年の秋に収穫した「原木しいたけ」いつ水に浸けるべきか悩みますね今週か、来週か、どうしましょうか心配していたイチゴ苗、葉が立ち、新芽が出てきました

  • シャインマスカット、全枝への水揚げ確認しました

    3月11日のゴルフ帰りシャインマスカットの水揚げが始まっていると教えてもらい帰宅後、即、畑へ行き確認枝半分位までは水揚げしていました(なんか感動しますよね)昨日は大雨で畑にも出れず家で確定申告書の作成に没頭夕方は12ケ月点検のためトヨタへ予報どおり雨が上がらず洗車は断念本日は、朝から快晴水揚げが気になり朝食後、即畑へ全枝を確認したが水揚げは半分ほど運よく師匠が畑へ来られたので水揚げの話をしてみるともう先端迄水揚げしているかも知れない先端を少し切れば水揚げしているか分かるのでやってみるよう指示された言われたとおりに全枝の先端を切り暫く待ってから再確認すると全ての枝の先端から水揚げを目視今年は暖かいので芽吹きも早そうですね枝の数も増え昨年の二倍作業も増え忙しくなりそうですが収穫も倍、楽しみですシャインマスカット、全枝への水揚げ確認しました

カテゴリー一覧
商用