searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

さぁて、畑へ行こう❗さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
さぁて、畑へ行こう❗
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/estima-aori15
ブログ紹介文
太陽の下が好き、家庭菜園、ゴルフ、海釣りと週末は大忙しにエンジョイしています。
更新頻度(1年)

185回 / 365日(平均3.5回/週)

ブログ村参加:2018/09/20

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、さぁて、畑へ行こう❗さんの読者になりませんか?

ハンドル名
さぁて、畑へ行こう❗さん
ブログタイトル
さぁて、畑へ行こう❗
更新頻度
185回 / 365日(平均3.5回/週)
読者になる
さぁて、畑へ行こう❗

さぁて、畑へ行こう❗さんの新着記事

1件〜30件

  • 9月を迎えたトマトとナスの栽培状況

    トマトのわき芽は例年挿し芽して育てているところですが、今年は例年にも増し大量にトマトが採れていたことから挿し芽はせずに9月となりました9月に入りトマトも収穫量が減り加えて玉割れも多く畑のトマトもだいぶ寂しくなりました(そろそろ終わりです)今年はトマトのわき芽ではなく株元から出てくる芽を9月の始め位から延ばし始めています小さいながらも花が咲き始めたので「トマトーン」をシュッと噴射していますが無事収穫を迎えられるでしょうかナスも8月は周りに配らないと困る位収穫出来ていましたが、最近は自宅で食べるのに丁度良い位のペースに落ち着いています(こちらはいつまで収穫出来るか)9月を迎えたトマトとナスの栽培状況

  • 秋冬野菜(ほうれん草、ミニ大根)の種蒔きをしました

    第二弾で収穫した枝豆の跡地(枝豆は3列中1列が収穫完了)先ずは枝豆の根を引き抜きスコップで土を軽く掘り起こし大根を植える場所はシャベルで深めに掘り、石灰と化成肥料を混ぜて種蒔き前の準備完了ほうれん草と大根の種蒔きをしました【ほうれん草】剣葉ほうれん草味緑第二弾で植えたほうれん草は鳥に食べられ収穫が減りました(反省)【ミニ大根】かわいい大根小太郎早く収穫した大根は上手に出来たが大きくした大根は割れたりく腐ったりして食べれなった(反省)今回は前回の反省を踏まえほうれん草は鳥よけ、大根は虫よけのため防虫ネットは掛けたままにします秋冬野菜(ほうれん草、ミニ大根)の種蒔きをしました

  • 紅アズマの全掘り、安納芋はどうなってる

    本日は、朝から雨予報だったが朝起きて外を見るとラッキーなことにまだ雨が降っていません早速着替えて畑へ直行試し掘りでサイズ確認をしていた紅アズマを全部掘り出しましたサイズはビックサイズか小さいか結局ベストサイズはゼロでしたが全掘り出来て一先ず一安心です残りは安納芋こちらも試し掘りしてみました残念ながらまだ小ぶりでしたもう少し成長させましょう紅アズマの全掘り、安納芋はどうなってる

  • サツマイモの試し掘り・ビックサイズでした

    従兄よりサツマイモを試し掘りした所大きくてビックリしたとの情報が入り急遽試し掘りすることにした(9/5)長梅雨の影響か蔓が昨年の倍位あるすぐ隣には師匠のサツマイモがあり蔓がこちらと入り乱れています株元の蔓を順番に切って蔓を手繰り寄せる作業に時間が掛かりました師匠との境界線の蔓は蔓返しもしていないため途中で切れたり朝の多少温度が低い時間での作業だったが汗びっしょり、蚊にも刺されながら乾ききっていない土を掘り起こしやっとサツマイモに到着やっぱりビックサイズでした(2株)本日も3株掘り起こしましたがやはりビックサイズ週末雨が降らなければ、すが入る前に残りの株を収穫しますサツマイモの試し掘り・ビックサイズでした

  • 枝豆第二弾収穫、今回は完璧です

    7月に時期ずらしをしながら蒔いた枝豆(早生枝豆:白鳥7/4、7/11、7/25、8/25)(早生枝豆:秋香り8/2、8/13、8/25)種蒔時から防虫ネットでしっかり覆いカメムシ対策は万全(姿も見ていません)花が咲いてからは水を切らさないように今回はいい感じで雨も降りました収穫適期を迎え日々枝豆と睨めっこ莢がパンパンに膨らむのを待つ株の8割程度がぷっくりと膨らんで来たので初収穫しました※前回はパンパンに膨らむ前に収穫美味しかったが店サイズで食べられずと言うか待ちきれなかった早速ビールのお供フライパンにコップ一杯の水を入れ5分間蒸し焼きにしました茹でるより蒸すほうが甘みや旨味が凝縮され美味しくなるうえ栄養を無駄なく摂取出来るそうです採れたての枝豆は美味しいビールが何杯でも飲めますね【枝豆の開花から収穫までの管理】...枝豆第二弾収穫、今回は完璧です

  • 雑草の種類と除草剤の違い

    ぶどう畑があっという間に雑草だらけ8/25に新しく購入した蓄圧式噴霧器にて前回同様「バスタ」にて散布しました偶然師匠も除草剤を散布(気が合うな)10日程経過、師匠の畑は雑草がほぼなし私の畑は前より雑草が増えた?感じ?同じ時期に除草剤を散布しているのにこの違いはなぜだろう・・・今回時間がなくさっさっと散布したから除草剤が足りなかったのかと勝手に思い込みもう一度除草剤を散布散布が終わりかけた頃、師匠がぷらと現れたので除草の違いの話をしてみると雑草にも除草剤にも種類がたくさんあり用途に合わせて使い分けているとのこと今回使用したのも「バスタ」ではなくコメリで販売しているラウンドアップに近い除草剤を散布(名前は忘れた)雑草によって除草剤を使い分けてるとは全く知らず言われなければ常に「バスタ」を散布していたところ師匠ありが...雑草の種類と除草剤の違い

  • アスパラガスが茎枯病に

    アスパラガスが棚に届きそうな位成長していますが一部茎葉が枯れています調べてみると大敵「茎枯病」早速根元から切り取りごみ袋に入れて処分しました茎枯病は進行すると株の大部分が枯れてしまうと書いてありました大きく育ってきたのにちょっと心配です「茎枯病」梅雨期や台風シーズンに発生早期発見に努め早めに薬剤散布雨による泥はねを敷きワラ、マルチなどによって抑えるのも有効秋から冬に向かい枯れてきた茎葉を畑に残しておくと病気の伝染源となるので焼却等によりきれいに片付ける事アスパラガスが茎枯病に

  • おおまさりの鳥対策 part2

    先日株周りを「鳥害テープ」で張り巡らせましたが朝様子を見に行くと違う場所が又カラスの被害に・・・今年は昨年のような被害を受けたくないので栽培ネットを買うことにしましたちょうど近隣の綿半が閉店セール実施中プラプラ探すと良いのがありましたつる野菜栽培ネット1m×10mこれを3袋購入翌日おおまさりの上にネットをセット鳥害テープで使用中の支柱を少し下げネットを支柱に掛けてサイドを広げて作業は終了です株元を中心に上からネットを掛けただけですが、果たして賢いカラスに通用するのか暫く観察しますおおまさりの鳥対策part2

  • シャインマスカットの初出荷もしました

    半年前までは2年目でこんなにも収穫出来るとは私も家族も友人も予想は出来なかったが予想外の出来にまずは師匠に感謝感謝です。先日の親戚や知人へのぶどう発送に続き、今度は師匠が出荷している業者へ私も便乗発送をさせて頂きました業者さんの指定籠(籠の重さ1.5kg)に8kgのぶどうを詰めます8/22⇒14房(一房平均570g)師匠からは12房位と言われ用意したが重量が足りず2房追加しました(12房では一房平均660g)8/24⇒16房(一房平均500g)前回の14房用意したが重量が足りず2房追加しました8/20の最初の収穫時は平均650gでしたのでそれから比べると見劣りしますが店頭販売のと遜色ありません今回は出荷は2回でしたが来年に向けいい勉強になりましたぶどう棚には後12房残っておりますが(かすり症があるのが6房)袋を...シャインマスカットの初出荷もしました

  • シャインマスカット、ついに初収穫です

    8/20、ついにシャインマスカットを収穫しました事前に品定めをしてテープを貼って(出荷出来そうな房にテープ貼り)おいたのでテープが貼ってある袋を開けて再度色具合等のチェックと試食出来そうな粒を探し実食酸味が抑えられ糖度が増した房を探しながら切り取ります摘粒やジベも房ごとに時期はズレ収穫適期も当然少しづつズレてくるのでベストな房を探すのもいい加減では出来ず意外と時間が掛かりましたこんな作業を繰り返し当日発送予定の21房を収穫(追加で家用に1房)一番大きい房は690kg平均650kg初めての箱詰めに戸惑いながら2kg箱へ3房づつ入れ7箱分箱詰め(20日は写真撮り忘れ22日分です)今回の発送は4か所(4kg×3+2kg×1)JAに持込みゆうパックで発送しました(発送はJAが一番安い:師匠情報)今までは友人からブドウを...シャインマスカット、ついに初収穫です

  • シャインマスカットの灌水(久しぶりです)

    連日の猛暑、連日雷は鳴るがこの周辺では雨が降ってこないブドウ畑も地面が乾きひび割れてきたこの暑さ、人間もへばるがぶどうも当然へばってるだろう久しぶりの灌水(水やり)ですバケツで水を汲み上げ10杯づつ根元周りに灌水を実施まだ7時というのに暑くキツイ作業少しは潤ったかシャインマスカットの灌水(久しぶりです)

  • おおまさりの鳥被害(今年もですか)

    猛暑日が11日連続熱帯夜が10日連続と毎日熱中症とコロナのニュースもう、TVニュースはうんざりですね最近は早朝のみ、野菜の収穫と水やりそしてシャインマスカットの管理日没後は高温でやる気が出ません火曜日の早朝に水やりのあとおおまさり周りの雑草を抜いていると根元の葉が広がっている株発見よく見ると莢が土の上に散乱しているいよいよカラスのお出ましか昨年は9/6に第一被害を受けているので昨年より生育が良いのか猛暑が続きエサがなくなったのか今年は雨不足のため生育にどう影響するか分からないが見た目は順調取り急ぎ「鳥害テープ」で株周りを二重に張り巡らせましたカラスとの知恵比べどうなることやら早く雨が降ってもらいたいですおおまさりの鳥被害(今年もですか)

  • シャインマスカットの病害虫被害確認と収穫期の果皮カラーチャート

    先日、師匠がぶどう畑に来られ糖度の確認で成長の良いシャインマスカットを一粒食べるよう言われ実食してみただいぶ甘みはあったがまだ酸味を感じた師匠に相談すると贈答用にするのであれば20日過ぎ位迄待ったほうが良いと言われとりあえず、病気等が出ていないか袋を開けて確認するよう言われたこれで3回目、袋を掛けていなければ確認するのも楽な作業だがまだ2年目、限られた房を守るのには袋を掛けておくのが一番安全手間の掛かる作業だがブドウの成長が見れるので楽しいですね(袋が膨らんできてますね)【確認結果】・晩腐病が一粒あった房:2房・かすり症:10房程度前回と同数だが酷くなった房あり・害虫(新梢の先端にいました)【成長が一番良い房】何粒か試食してみました先日より糖度も増しいつも頂いているシャインマスカットに近づいてます【収穫期の果皮...シャインマスカットの病害虫被害確認と収穫期の果皮カラーチャート

  • キュウリ栽培は難しいのだろうか

    毎年栽培しているキュウリだが梅雨明けする頃にはうどん粉病等に罹り収穫が終わってしまう何か良い栽培方法はないものかそれとも諦めるしかないのかと毎年時期になると思うが新たに買う位で何も手をかけて無いのが現状である(昨年のブログ)今年も同様な状況となり梅雨明け頃にはキュウリが曲がったり変形が多くなりこの後葉が枯れて収穫も出来なくなった第二弾購入(多収穫キュウリ)2本7/18どうにか成長を続け実が着いて来ました今年は収穫出来るでしょうか第三弾購入(夏涼み、夏秋節成)2本8/8全て萎れてしまったキュウリ栽培は難しいのだろうか

  • ナスにコナジラミが大量発生

    長梅雨の時から気になっていたがナスの葉っぱを触ると、白い粉(虫)が舞うようにたくさんの虫が大量に飛び気持ちが悪くて仕方なかったナスは何年も前から毎年栽培しているがこんなケース初パターン万能殺虫剤のスミチオン乳剤を散布したついでにナス以外にも散布ピーマン、ネギ、枝豆、おおまさり気になったので「コナジラミ」を調べた野菜、草花、果樹、観葉植物、花木など多くの植物に寄生する害虫成虫は体調1~3mmほど気温さえ保たれていれば約28日周期で卵から幼虫、サナギ、成虫へと生長サイクルを繰り返し何度でも沢山発生する吸汁性害虫で葉裏に付いて植物の汁を吸う被害にあった葉っぱは、葉緑素が抜けて白いカスリ状になる、葉っぱが枯れてしまうことで植物は生長が悪くなり最悪の場合枯れてしまうこともあるナスにコナジラミが大量発生

  • メロン栽培、今年の結末は・・・

    気合を入れて望んだ今年のメロン栽培昨年はバイラス病にやられリタイヤ今年はメロンホモプシス根腐病にやられ残り一本(一個)となったあれから10日経過(8/1)やはり葉が茶色くなり萎れてきたメロンは少し黄色くなりどうなるだろうか8/2にブドウの新梢管理をしているとぽとっと何かが落ちたような音がしたもしやと思いメロンを見に行くと最後の一個が下へ落ちていた(6/30に人工授粉を実施ヘタから実が離れ、匂いを嗅ぐとメロンの匂いがした開花から30日前回とは違うが収穫時期は45日が標準とりあえず家に持ち帰り追熟を待つ8/7メロンを確認すると少し柔らかい箇所があり期待が膨らむ切ってみました、売っているメロンの様な切れ具合、果肉も橙色なんだかいい感じいざ実食、ほのかに甘みがあるものの食べれるレベルには達していませんでした少しは期待し...メロン栽培、今年の結末は・・・

  • シャインマスカットの病害虫被害状況

    やっと梅雨明けとなり晴れ間の時間も多く暑い日が続いている路地物のブドウも収穫期を迎えたが長梅雨の影響で実が腐るバンプ病がまん延、葉が枯れるべと病にも見舞われていると報道があった我が畑のぶどうは袋を掛けっぱなしの状況一度袋を全部開けシャインマスカットの様子を確認した方が良いと師匠に言われドキドキしながら一つ一つ確認をしました(発育が良い房)(発育が悪い房)発育が悪い房は枝も細く育っていない9割は大丈夫でしたが、以下の被害が1割は出ていました【かすり症】この症状が出てる房が10近くあります成熟期に果皮が褐変(茶色いシミ)する障害2~3年生の若木で多く発生樹齢の進行とともに減少し樹冠拡大の終了した6年生以上では発生がかなり減少する満開75日後以降、糖度が17度に達する前後から発生が目立つようになり18度を超えると増加...シャインマスカットの病害虫被害状況

  • 天空カボチャ収穫です

    昨年、食したカボチャから取れた種を今年は使用し栽培を始め6/11に人工授粉他の野菜に比べ病気などもなくぶどう栽培に支障を来すほどつるが早く成長果実も信じられない大きさとなり落ちやしないかと途中から紐で吊ったそんなカボチャも人工授粉をした日から40~45日経過へたの部分がコルク状に枯れ収穫適期となった(長雨のも影響かヘタ腐りも少しあり)7/2初収穫1個3.5kg7/26収穫2個4.6kg、3.2kg7/29収穫1個2.6kg【整枝管理で気が付いたこと】親づる一本仕立てで栽培し一番目の果実が着果した以降に発生する子づるは放任とブログに書いたがつるがあっちこっちへ伸び邪魔になるのと片付けが大変なので個人的には伸ばすのは親づるのみ子づるは都度摘徐したほうが良い果実への成長に影響はないと思う基本:親づる一本仕立てに3個着...天空カボチャ収穫です

  • シャインマスカット梅雨時の土壌管理

    今年の梅雨は晴れの日というか晴れの時間が長続きせず雨・雨・雨ぶどう畑は水が浮き苔が出ている状態素人目に見てもこの状態がぶどうや野菜にとって良いわけがなく何とか排水をしないと大変な事に師匠の畑をふっと見ると綺麗に耕してあり苔や水は一切浮き出ていない(さすが師匠、いつのまに)相談すると早めに耕運機で耕さないと生育への影響や病害虫が発生しやすくなるので早急にするよう指導されたがさすがにぐちゃぐちゃの中では耕せない多少乾いてきた金曜日(7/24)にやっと耕すことが出来ましたついでに土壌水分管理の勉強をしました(ググって見ました)○病害虫防除梅雨にはいると曇雨天の日が続き畑の湿度が高まりべと病やうどんこ病、灰色かび病などが発生しやすくなるまた6月の降雨量が多い年は晩腐病の1次感染が多くなるので果房に雨が当たらない様に早め...シャインマスカット梅雨時の土壌管理

  • シャインマスカットの病害虫防除(八回目・収穫前最終)

    6/29にICボルドー66Dを散布7/10にジャストフィットフロアブルを散布して以降半日晴れる日がなくほぼ毎日雨が降っている状況(こんな年は記憶になし)最後の病害虫防除をするタイミングがなかなか取れず困っていたが7/18師匠の何とかなるの一言でスタート今回も師匠の200Lタンクで師匠の畑と一緒に手伝いながらの散布前回同様に展着剤は最後に入れる①殺虫剤:コテツフロアブル水100Lに50g(2,000倍)チャノキイロアザミウマ、コガネムシ害虫防除②殺菌剤:ICボルドー66D水200Lに5kg一袋さび病、べと病、晩腐病防除③展着剤:KKステッカー水100Lに40ML先ずは自分の畑の散布から師匠より最後だから丁寧にやるよう指示があり下からと棚上からも散布同様に師匠の畑も散布を実施終るころには晴れ間が見え一安心雨が降...シャインマスカットの病害虫防除(八回目・収穫前最終)

  • イチゴの苗づくり

    収穫を終えたイチゴは気が付けば葉が大きくなりランナーも自由気ままにあっちこっちへ伸びています昨年は夏越しに失敗した苗づくり今回は昨年購入し大好評だった苗是が非でも成功させたいイチゴ品種:越後姫(一株300円)【苗作り方法】昨年は子株を全てポットへ固定子株を一つ一つポットへ固定するのは大変面倒な作業であったが37株が根付きここまでは何とか成功<今年は楽をしなくては><今年の(7/18)手順>①南側の親株から出ているランナーの子株は花壇二段目へ誘導し根付かせる(二段目にある花は三段目へ移動)②北側の親株から出ているランナーの子株はポットへ固定(20ポット用意)③南側と北側の親株から出ているランナーを手探りし南北へ振り分け極力交差しないよう配置④①の方法はそのまま放置②の方法は親株から数えて2番目の子株をポットの上に...イチゴの苗づくり

  • 収穫を楽しみにしていたメロンが突然枯れました

    例年であれば梅雨明けし、猛暑となっているはずが今年の梅雨はコロナと一緒で手強いです天気予報も当てにならずほぼ毎日雨が降っており農家泣かせの日々が続いてます当然、果樹や野菜にとっても良いわけがなく、今年は今のところ順調だったメロンが突然萎れ(7/17)4日後(7/21)に枯れてしまいました今年は大丈夫かと思っていましたがショックです根を確認するため蔓を引っ張るとすぽっと簡単に抜けましたこれでは育つわけがありません駄目だと分かっているが大きくなったメロンは収穫し追熟しています残った5本のうち4本も同様に枯れ本日撤収しましたあとは、残り1本時間の問題かと思われるが枯れるまでは諦めませんとりあえず着果を2から1個にしました【突然枯れた原因を調べてみました】たぶん、メロンホモプシス根腐病かと定植1か月後頃から発生し収穫期...収穫を楽しみにしていたメロンが突然枯れました

  • シャインマスカット果粒肥大と収穫時期

    袋掛けしたシャインマスカットの生育が気になりドキドキしながら開封しましたさて、どの程度まで果粒肥大しているか袋を軽く触って膨らみがあるもの(師匠曰く、出荷出来るレベル)袋を触って膨らみが寂しいもの(二年目では通常この位らしい)果粒が充分肥大している房が付いている枝は黄色くなる(成熟している証拠)収穫時期も勉強してみました収穫期は果皮の色で判断成熟するにしたがって果皮は緑から黄緑そして黄色になる収穫期になったらいつ収穫してもOK色が黄色になるにつれて糖度が高まる粒の大きさが房側から先まで揃っているものは栄養がしっかり行き届いている粒に張りのあるもの白い粉のようなものがついているものは新鮮な証拠白い粉は”ブルーム”と呼ばれる天然のワックス粒の中の水分が蒸発しないよう白い粉が周りを覆って守っているシャインマスカット果粒肥大と収穫時期

  • おおまさり、やっと花が咲き始めました(7/11)

    今年も一番人気の「おおまさり」を栽培しているが種まきが昨年より20日も遅く(昨年は4/29今年は5/20に種蒔)当然成長も遅れていたがここへきてだいぶ広がり黄色花も咲き始めました(昨年の様子:全然違いますね)昨年同様雑草防止のためマルチ栽培をしており花が咲くのを待ってマルチを剥がしています(子房柄が土に潜る為)おおまさり周りの草も抜き取りマルチの中央へハサミを入れながら一気に剥がし後はおおまさりの下枝が土と間隔がある所へ軽く土寄せして本日の作業終了マルチを取ってスッキリしましたが暫くは除草作業に悩まされますおおまさり(落花生)は花が咲いたあと花のもとにある子房柄と呼ばれる柄が地面に向かってのび土の中に潜る土にもぐると子房柄の先に実がつき始め成長するとサヤができ中に実がつきますおおまさり、やっと花が咲き始めました(7/11)

  • シャインマスカットのべと病対策(七回目)

    今年の梅雨は近年稀にみるほど雨が多くほぼ毎日降っていると言っても過言ではない、天気予報もなかなか当たらず病害虫防除をするタイミングが掴めない農家泣かせの年で困っている我が畑には「べと病」が発生前回散布したICボルドーがまだ効いており拡散は治まっているとのこと加えて「コガネムシ」が葉を食っている7/10いつものように畑にいくと師匠が寄ってきて今日は一日天気が持ちそうなのでべと病の最終手段をしようと言われ早速準備し師匠宅に薬剤調合に向かった丁寧に散布するためタンクへの水は50Lさすがに50L(満タン)入ると重かった【今回の薬剤】①展着剤キャップ一杯これを一番最初に入れる②殺虫剤:コテツフロアブル25cc(2,000倍)フコガネムシ類,、カンザワハダニ害虫防除③殺菌剤:ジャストフィットフロアブル10cc(5,0...シャインマスカットのべと病対策(七回目)

  • 枝豆の収穫適期の見定め

    時期ずらしをして種まきしたはずの枝豆4/9湯あがり娘(中早生)4/12サッポロミドリ(極早生)4/25サッポロミドリ(極早生)5/4サッポロミドリ、夏香り75(極早生)5/9夏香り75(極早生)5/23夏香り75(極早生)防虫ネット越しに見る限り枝ぶりはどれも変わらなくなってきたちょっと気になり防虫ネットを持ち上げ莢の膨らみ具合を確認してみると見た目に然程違いはないが莢の膨らみ具合が三段階位に分かれており一安心6/27に一番莢が膨らんでいる枝豆を試し採りしたが今シーズン初採りのため莢の膨らみ具合が分からず7割位の出来の状態だった、とはいえ採りたての枝豆は最高でビールが進みました次は失敗しないよう防虫ネット越しに莢を何度も確認しながら食べたいのを我慢先週の土曜日に防虫ネットを再度持ち上げ莢を確認しました今度は完璧...枝豆の収穫適期の見定め

  • メロンの生育スピードにビックリしました

    7/1のブログでメロン果実の肥大の早さを掲載(受粉後10〜15日が最も盛んその直前の7〜10日の果実がピンポン球大から鶏卵大に発育する)したものの半信半疑だったが実際に目の当たりにしてビックリした6/25にスタートしてから毎日人工授粉していたメロンはあっという間に大きくなり土曜日に見に行った時6/25に人工授粉したメロン(ちょうど10日)は鶏卵より大きく測ってみたら長さ10cm、幅7cm一株2個の摘果が基本と書いてあったが今回は欲をかいて3個残すことにした花弁も残っていたので取り除き重みで落下しないように棚へ吊るしたメロンの生育スピードにビックリしました

  • シャインマスカットの病害虫防除(六回目)と新梢管理

    シャインマスカットも袋かけとカサかけが終わり一安心師匠もひと段落したみたいで朝一では畑でぶどうの作業をしている姿は見えなくなりました月曜日に6回目の病害虫防除を実施袋かけとカサかけした直後が散布の目安今回は「ICボルドー66D」を分けるのが難しいため師匠に散布していただき補助することにしました今回は調合する順番を間違えると散布がダメになるので特に気を付けるよう指示があり①~④の順で展着剤は最後に入れる①殺虫剤:コテツフロアブル水100Lに50g(2,000倍)フコガネムシ類,、カンザワハダニ害虫防除②殺虫剤:コロマイト水和剤水100Lに50g(2,000倍)ハダニ類防除③殺菌剤:ICボルドー66D水200Lに5kg一袋さび病、べと病、晩腐病防除④展着剤:KKステッカー水100Lに40mlこれを一番最後に...シャインマスカットの病害虫防除(六回目)と新梢管理

  • 今年のメロン栽培はどうなるでしょうか

    昨年はバイラス病により途中リタイアしたメロン栽培今年は棚上まで順調に生育し先日より人工受粉や摘心に日々奮闘してます人工授粉方法をHPでおさらいすると11~15節の側枝に着果しそれ以降に自然着果した果実はそのつど摘果とある人工受粉はカボチャと同じで雄しべを雌しべの先端につけて行う早速やってみました(雄しべが小さいので花びらは取る)(雄しべに雌しべを受粉)(一本仕立てのため子づるを摘心)11~15節の側枝に着果とあるが実際には前後でも雌花が咲けば受粉した残念ながら6本中全てが成功とはならず1本はバイラス病にかかり撤去しました【今後の作業は摘果】メロンの果実の肥大は受粉後10〜15日が最も盛ん、その直前の7〜10日の果実がピンポン球大から鶏卵大に発育したタイミングで摘果(一株3、4個が目安)花弁も残っていれば取り除く今年のメロン栽培はどうなるでしょうか

  • シャインマスカットの袋掛け

    シャインマスカットも二回目のジベ処理五回目の病害虫防除が終わり収穫前にブドウの房を触る最後の作業「袋かけ、カサかけ」を行いました今回使用するもの・シャインマスカット専用袋(青色)・茶色のカサ<房の上部の日焼け防止>・ホッチキス【袋かけ前】成長バラバラな房(どうなるでしょうか)成長不良のため廃棄(残念です)理想形(次に袋を開ける時が楽しみです)【袋かけ】【カサかけ】【袋かけ作業日6/23、6/25、6/26】【袋かけをする理由】・害虫による食害などから守るため・雨水により感染する病気から守るため・ボルドー液による液だれ汚れを防ぐため・強い日差しからブドウの房を守るため【袋かけをする時の注意点】・袋かけをする前に病害虫防除を実施・房が袋の中心になるように袋を掛ける・留め口はしっかりと軸を巻き込み折りたたむように留め...シャインマスカットの袋掛け

カテゴリー一覧
商用