プロフィールPROFILE

たちあおいさんのプロフィール

住所
長崎県
出身
未設定

山歩き・テニス・物作り等、色んな出来事を綴ります。

ブログタイトル
たちあおい日記
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/tachiaoi1958
ブログ紹介文
chiaki in wonderland
更新頻度(1年)

93回 / 361日(平均1.8回/週)

ブログ村参加:2018/08/09

たちあおいさんのプロフィール
読者になる

たちあおいさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 11/12 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,216サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
アウトドアブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 11,913サイト
軽登山・トレッキング 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 660サイト
登山 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,297サイト
ハンドメイドブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 46,948サイト
ハンドメイド生活 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,053サイト
今日 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 11/12 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,216サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
アウトドアブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 11,913サイト
軽登山・トレッキング 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 660サイト
登山 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,297サイト
ハンドメイドブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 46,948サイト
ハンドメイド生活 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,053サイト
今日 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 11/12 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,216サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
アウトドアブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 11,913サイト
軽登山・トレッキング 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 660サイト
登山 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,297サイト
ハンドメイドブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 46,948サイト
ハンドメイド生活 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,053サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、たちあおいさんの読者になりませんか?

ハンドル名
たちあおいさん
ブログタイトル
たちあおい日記
更新頻度
93回 / 361日(平均1.8回/週)
読者になる
たちあおい日記

たちあおいさんの新着記事

1件〜30件

  • 娘からの贈り物

    今日、娘から美味しいものが届いたそれはカニと甘エビ山陰を友達と旅していた途中、境港で買ったらしい久々のカニと甘エビなんだか、高岡を思い出した身がぎっしり詰まったカニはとても美味しかったお父さんと二人で無言で食べた甘エビも甘くて美味しかった頭はお味噌汁にしたこれもまた美味しかったありがとう娘からの贈り物

  • 宝満山へ

    久しぶりの休日所属する山岳会の来月私がリーダーをする山の下見登山に出かけたこの山は何度も登っている宝満山久しぶりの宝満山だったが、登山道が階段と分かっていたが流石に嫌になったでも、人気の山とあって登山者が半端ないしかも子供連れや軽装の若者集団賑やかなのは良いがそれを通り越してうるさかった登山口の竈神社百段雁木やっと階段が終わった紅葉がきれいツキヨダケかな?頂上は満員御礼の登山者でいっぱい鎖場を降った所のキャンプセンターで昼食下りは走るように降りて来た下見登山だったが山を変更することにした佐賀県の静かな山にしよう宝満山へ

  • 久しぶりの休日

    明日は久しぶりの休日が貰えたさて、何処に行こう12月に登る山の下見登山に行こうあの山は紅葉しているかな久留米にいた頃はよく登っていたが長崎に来てから登っていないような気がするお父さんを誘うとちょっと風邪気味なのに一緒に行くと言う大事な旅行の前なのに大丈夫かな?でも、せっかく行く気になっているから連れて行ってあげよう11月後半の旧富山県利賀村久しぶりの休日

  • 疲れかな?

    先週の月曜日から少し咳が出始めた鼻水も少し風邪だと思い薬を飲んでしのいだが…翌火曜日は酷くなった発作で咳が止まらず苦しかった折しも新天皇陛下の即位の礼で休日掛かりつけの大学病院に電話をすると呼吸器内科の先生が当直でいたラッキー!病院に着くと熱も出だしたもしかしてインフル?色々な検査(CT・レントゲン・血液検査等)を受けたが肺炎もなく大丈夫だったしかし、入院の言葉が先生の口から出た時にはギクリ!入院はダメ明日、大事なテニスの試合がある絶対阻止せねば翌日、主治医の先生の診察を受けることで入院は阻止できた結局、翌日診察を受け点滴をしてもらい少しだけ楽になったテニスの試合も出られずガックリ病院には娘も一緒に行ってくれて心強かったさすが医者の卵当直の先生と画像の説明や血液検査の数値を話しているのを聞いてちょっと安心した気...疲れかな?

  • 広島の比婆山へ

    以前所属していた広島の山の会よりお誘いがあり、久しぶりに比婆山へ娘と二人参加し登って来た懐かしい方々に会えて嬉しかった紅葉が見頃を迎えていた比婆山病み上がりの身でゆっくりと中国山地の柔らかい秋の色に癒されながら歩いた広島の比婆山へ

  • 晩秋の立山へ

    先週後半、立山へ行ってきた目的は室堂山荘の友人を訪ねて陣中見舞いに室堂周辺の紅葉は終盤を迎えていたが美女平や弥陀ヶ原はまだまだ美しい紅葉を見ることができた称名滝奥大日と大日岳そうめん滝雪の目印ポール冬の準備が近い頂上が雲に隠れた劔岳立山カルデラ立山地獄みくりが池室堂山荘一ノ越雄山頂上もう少しで真っ白な世界が始まる立山なぜかホッとする山だな晩秋の立山へ

  • 久住坊がつるへテント泊

    10月13・14日久住坊がつるへテント泊に出かけたテント泊が初めてのお父さんはきっとワクワクしていたに違いない関東・東北・信州の方には申し訳ないが、幸い九州は台風の影響もなく穏やかな初秋の天気に恵まれた長者原の駐車場を出発ススキが秋を感じさせる左がお父さんのザック真ん中が娘のザック右が私のザックテント二つ、コッフェル・ガス・ストーブ等は私が背負った食料は娘が担当お父さんは…無し雨ヶ池にて坊がつるに到着テントを二つ設営して大船山へ紅葉が少しだけ始まっていた季節外れのミヤマキリシマ夕食はすき焼きとウィンナー他ビールやワインを飲みながら夜が更けていった朝はオープンサンドと果物・スープ等坊がつるを後に試験で忙しかった娘、初めてのテント泊のお父さん、ミカンの収穫作業で疲れていた私それぞれが良い休養と思い出になったことだろ...久住坊がつるへテント泊

  • 極早生ミカンの収穫作業が始まった

    古木の切り倒し、新しい苗木の植え付け・肥料やり・草取り・マルチ掛け・水やり・摘果等、これまで色んな作業をやったそして収穫時期を迎えた今年のミカンはどうかな?私がお世話になっているミカン農園は毎年、美味しいと評判が高い今年も愛情いっぱいのミカンができた味見をしたけど、いつものように美味しかった良かった極早生ミカンの収穫作業が始まった

  • 最終日は宮沢賢治記念館・中尊寺へ

    岩手最後の日は、宮沢賢治記念館・中尊寺へ子供たちが小中学生だった頃、家族で一度訪れている場所だがやっぱりもう一度行きたかった記憶が少しづつ思い出され、新たな感動を受けた中尊寺の金色堂は前回中へ入ったが、今回は拝観料が800円と高かったのでパス。それでも満足今回の旅では、初めて食した岩手の名物がいくつかあったそのうちの、盛岡冷麺・海老餅・ホヤの刺身海老餅は美味しくてビックリ!ホヤは衝撃的な味だった口の中が海水で満たされているような、海でおぼれて口いっぱいに海水が入って来た時の様な味娘は美味しいと言っていた岩手5日間の旅は、感動あり、笑いあり、何だかなぁあり、美味しいものあり、良い仲間ありの楽しい楽しい時間でしたお世話になりました。ありがとうございましたこの中に金色堂がある最終日は宮沢賢治記念館・中尊寺へ

  • 岩手4日目は三陸海岸方面へ

    24日は三陸海岸方面へ行く予定だったが出遅れと移動に掛かる時間を間違えて少し遅い時間に宮古へ着いた宮古の魚菜市場で新鮮な魚を買って送り、港の方の道の駅へ行ってみた8年前の東日本大震災の復興事業がまだ続けられていた海と陸との境には巨大な防潮堤が聳え要塞の様な感じがして何だかなぁと…次回来た時は、当初予定していた三陸鉄道に乗って、陸前高田・久慈方面を訪れてみたい浄土ヶ浜は、海の水が澄み渡りそれはそれは美しい感動の場所だった宿泊地「動物いのちの会いわて」の前から見た岩手山周りは小岩井農場宮古の道の駅港の様子岩手4日目は三陸海岸方面へ

  • 遠野観光と少しだけクライミングの練習

    9月23日遠野河童伝説の地巡りと少しだけクライミングの練習遠野は遠い昔の日本にタイムスリップしたような所だった大好きな田園風景が広がり、春には満開の桜並木にきっと感動するんだろうなと心に描き、想像したこの地を舞台に書かれた「遠野物語」の中に出てくる「河童」や「座敷童」、「おしらさま」はよく知られている観光の後は、少しだけクライミングの練習させてもらった。娘は初めての体験で、緊張していたようだ。遠野観光と少しだけクライミングの練習

  • 八幡平~三ツ石山裏岩手縦走

    9月20-25日まで岩手へ行ってきた目的は知り合いのRAMが企画した裏岩手縦走と観光娘も卒試が終わり息抜きの為一緒に参加した台風が心配されたが問題なし八幡平から三ツ石山荘までの13.9kmを歩く紅葉が始まった東北の山を満喫した秋田駒ヶ岳鳥海山いつもは沢山の水を湛えている沼だそうだが少雨の影響で全く水がない遥か彼方に岩手山雄大な景色に佇む娘ツルリンドウの実マイズルソウの実田沢湖後半の小畚山への急登が待っているシラタマノキ小屋の場所取りに先行した3人を除くRAMのメンバーと遥か彼方に三ツ石山が見える紅葉が始まった斜面もうすぐ真っ赤になる眼下に三ツ石山荘八幡平~三ツ石山裏岩手縦走

  • 映画「フリーソロ」観る

    今日は映画を観に行った。タイトルは「フリーソロ」。一人のフリーソロクライマーがヨセミテ渓谷の巨岩エル・キャピタンにフリーソロで挑むドキュメンタリー映画だ。この映画を知ったのは山友さんのブログ(一日の王)でだった。その記事を見て、「えーまさかあの話?」それは、随分前に娘に教えてもらった英語のヒアリング勉強法である「TEDtalk」というアプリで見た「アレックス・オノルド900mの絶壁をいかにしてロープなしで登ったのか」という、本人の講演の物だった。大好きな話だったので、何度も何度も見た。まさか、それが映画になっているとは知らなかった。ハラハラドキドキの良い映画だった。映画「フリーソロ」観る

  • 日曜日は所属する山岳会の例会で蛤岳へ

    日曜日、所属する山岳会の例会で佐賀の蛤岳に登った。面白い名前の山だったので蛤に関するものがあるのかと思ったら、頂上に蛤みたいな巨岩があった。九州自然歩道を歩くコースだけにとっても快適な登山道だったが一部先日の大雨で登山道が崩壊しう回路の車道を歩くんだが、この歩きが一番きつかった。航空自衛隊のレーダー基地脊振山頂上ツリフネソウミソソバ三角点がちょっと離れたところにあった日曜日は所属する山岳会の例会で蛤岳へ

  • この時期の製造業ー栗の渋皮煮・生姜の保存食

    この時期になると手作りの保存食を作るのに忙しい。先日の柚子胡椒に始まりCHI'味噌。今回は栗の渋皮煮と生姜の保存食。栗は地元の産直市と熊本の産直市から取り寄せる。熊本は栗の産地で大きい栗が手に入る。生姜も熊本の八代市が有名で立派な生姜がある。以前、久留米に住んでいた頃は熊本へ買いに行ってたが、今は送って貰っている。栗の渋皮煮は作り初めて30年近くになる。横浜にいた頃に地域の情報誌で作り方を知った。それ以来、毎年作っている。生姜の保存食は、生姜シロップ・生姜の砂糖漬け・生姜と昆布の佃煮・生姜の甘酢漬け・赤シソに漬け込む紅ショウガ。生姜シロップは、夏は冷たくして冬はお湯割りで頂く。夏はさっぱり、冬は温かく身体にも良い。生姜の砂糖漬けは山の行動食としても重宝する。でも、これらの作業は大変な労力を要する。でも、大好きな...この時期の製造業ー栗の渋皮煮・生姜の保存食

  • 雲仙普賢岳

    日曜日は天山へ登る予定だったが先日の大雨で道路が被害を受け、通行止めとなっているなので、目的地を変更して雲仙普賢岳へ秋の花を探しに午前中はガスが掛かり仁田峠は車もまばらナルコユリの実オオバショウマかな?ソバナヤマジノホトトギスアキチョウジホツツジミカエリソウクルマバナこの日はカメラを忘れてスマホで写真を撮ったあまり良く撮れなかった雲仙普賢岳

  • 柚子胡椒といつものCHI’味噌

    今年もこの時期になると忙しいまずは柚子胡椒作り青胡椒・青柚子の皮・塩少々これを作る時は完全武装しなければならない今年は青胡椒がとてつもなく目に染みてゴーグルを着けたゴム手袋は必須あとマスクも出来上がれば柚子の香りがして食欲をそそるこれを一晩冷蔵庫で寝かせて小分けにして冷凍庫へそうすると長持ちする去年の柚子胡椒を使ってCHI'味噌も作った自家製味噌・青シソ・クルミ・柚子胡椒・砂糖あったかいご飯のお供やおにぎり・キュウリに付けて食べたりと色々と使える味噌だ今年も美味しく出来ました柚子胡椒といつものCHI’味噌

  • 男体山

    最終日、この日は長崎へ帰る日だ飛行機が夕方の便だったので男体山へ登った登山口は二荒山神社宿のご主人が登山口まで送ってくれたまず、社務所で登山受付をするのだが、6時からしか開いていない仕方がないので6時まで待って受付をして登拝料500円を払ってから登るこの時はトレイルランのお兄さんと中年の男性と私しか登山者はいなかった無理もないこの日は天気があまり良くなかったこの山門をくぐると気が遠くなりそうな階段が現れる階段が終わり樹林帯の中を登って行くとやがて林道に出るこの林道も長いそうしてやっと4合目登山道へこの時は中禅寺湖が見えていた足場の悪い岩場の登山道が続き急登を登る6合目を登っていると先に行ったトレイルランのお兄さんが下って来た早っ!!私の後をいい感じの距離感で中年の男性がついて来ていた他は誰も登っていないやっと九...男体山

  • 日光白根山

    一日移動を兼ねた休養日日光は多くの観光客でにぎわっていたこの日の宿泊は湯元温泉の宿泊り客は多分私を含めて3組ここのお風呂は雲仙のお湯を思わせるような濁り湯で温泉をゆったりと楽しめた白根山への登山口はこの宿のすぐ近くにあった当初はこの登山口から登る計画だったが宿のご主人が親切に一般登山口であるスキー場までの往復バスの無料券をくれると言う疲れが残る身体には嬉しい話だそれでもロープウェイを使って登る白根山も往復5時間は掛かる明日のこともあるので有り難く無料券を貰ってスキー場から登ることにした所が、バスの始発が8時30分スキー場に着くのが9時過ぎゴンドラに乗って登山口に着くのが9時20分位なのだ帰りの最終バスが15時30分なのでゆっくりしてられないお世話になった湯元温泉の宿何とスキー場では夏スキーを楽しんでいる若者がい...日光白根山

  • 飯豊連峰保全作業に参加

    先週の金曜日から飯豊連峰保全作業・日光白根山・男体山と登って来た保全作業は去年に続き2回目今年は急登の梶川尾根上部登山道の整備このコースを日帰りでしかも午後3時近くまで作業をしてヘトヘトになった身体での激下りは流石に堪えた梶川峰近くまで登ったんだから降るのが勿体なかったそれでも今年は参加者が多くて数の力には敵わない去年の仕事量をはるかに超えていた遥か彼方に飯豊山この景色を見たらテンションが上がる石転び沢小さく梅花皮小屋が見える作業風景下山後の懇親会では、初めての方達と話が盛り上がりとっても楽しかった顔見知りの方達との久しぶりの再会も嬉しかった翌日は、日光へ移動公共機関を使って登れる山を探したら日光に2座あり帰りの東京(羽田)へも近かったので登ることにした飯豊連峰保全作業に参加

  • 大雨洪水警報が出て暇だったので

    昨日の夜から雷雨が激しい今朝も断続的に雨が降り続いていた夜中から明け方までテニスのUSオープンを見ていたが大雨・雷でちょっと怖かった遠くの友達から安否のラインやメールが届く幸い我が家は大丈夫だった夕方になって風は強いが雨は止んだお陰で今日は出かけられず家の中で過ごした暇だったのでお饅頭とチーズケーキを焼いたお饅頭の中の餡子も手作り美味しく出来ました大雨洪水警報が出て暇だったので

  • 2019五島夕焼けマラソン

    今年も五島夕焼けマラソンハーフを走った一昨年は5キロを走り物足りず去年はハーフを走ったが制限時間内の3時間に届かず今年は何とか制限時間内にゴールしようと思った走るのがあまり好きじゃないので、練習も大会10日前(実質7日間)に10キロ弱をへーへーいいながら走ったその甲斐あって今年は2時間54分で見事完走記念のタオルも貰えたなぜマラソンに?と思われるだろうが私の所属する山岳会のメンバーが毎年参加していて私にも声が掛かった「五島牛がたべられる」「走った後のビールがうまい」とか美味しい話で誘われてつい誘惑に負けてしまったでも、去年走っている時に五島の海が夕焼けに染まるのを見て感動してしまったでもやっぱり山に登るのが好き山岳会の元会長と後ろの方から出発を待つ2019五島夕焼けマラソン

  • 精霊流しも終わって

    昨日の夜、長崎では精霊流しが行われた鐘の音と爆竹の音で賑やかだった来週の夕焼けマラソンに向けて練習しているといくつかの精霊船に出会ったその年に亡くなった人がいた家は精霊船を出す昔は沢山の船を見たことがあるが、最近は少ないようだお金も馬鹿にならないほど掛かるらしい考えるよね我家は精霊流しとは縁がないが(カトリック信者の為)夏の夜の風物詩として長崎では欠かせない久しぶりの爆竹と鐘の音を聞いてちょっと懐かしかった何十年も長崎を離れていたのと、この時期は山へ行っている小さい頃は仏教のお祭りだから見に行ってはいけないと言われていたような気がするお盆が終わって、台風が去り吹く風がちょっとだけ涼しく感じるでも、まだまだあの酷暑はやってくるんだろうなぁ早く山へ行かなきゃ精霊流しも終わって

  • 初めてのピアス

    この年になって初めて耳に穴をあけピアスなるものをしてみた身体を傷つけるのが嫌で今までは拒んでいたテニスの友達が平成最後だから何か記念にと思ってピアスを開けたと友達は今年の1月に開けた私も色々と考えて右に倣った私は折角だから3月11日を選んだそう、あの東日本大震災を忘れないように今まではイヤリングは沢山持っていて楽しんでいたがピアスはちょっとドキドキしたあけてもうすぐ5か月だいぶ慣れて来た小さなお洒落だが楽しんでいる初めてのピアス

  • 忙し過ぎ

    毎日、早朝からのミカンの作業今は摘果と木の下のマルチ張りマルチの下の嫌な虫や時々現れるヘビそれらにギョッとしながらもちょっと慣れたかな?いや、無理無理早朝のミカンの作業を終えた後はテニスの練習週末はテニスの審判の仕事毎日疲れ果てているこのところ好きな山にも行けず消化不良気味今週末のテニスの大きな大会の審判が終わるとちょっと時間が取れるかな?いやいや、娘の用に付き合わねばならない娘も今一番忙しく遊んでいる暇がないらしいお陰で今年の夏は娘との山旅ができない9月になれば少し暇ができると言うことなので少し遠出しよう久々にあの山域を歩くかなその前に気になっている山へ富山へも帰りたいな忙し過ぎ

  • 紫蘇巻を作る

    先日お世話になった新潟県胎内市鍬江集落のお母さんたちが作っていた紫蘇巻を真似して作ってみた中に入れる味噌は、手作り米味噌・青シソ・青唐辛子・クルミを甘辛く味付けしたもの青シソに巻いて油で揚げるだけ簡単だったので保存食としてたくさん作ったこの時期は青シソがたくさん穫れる私の畑にもたくさん出来たお酒の当にも良いし、おにぎりの中に入れても良い美味しく出来ました紫蘇巻を作る

  • 飯豊の花々

    飯豊の花第二弾頼母木山への登山道の花々飯豊の花々

  • 飯豊の花々

    第二部のコンサートが始まる前に頼母木小屋の裏手にある頼母木山へ登った頂上までの登山道は花・花・花霧雨の滴をまとい幻想的だった飯豊の花々

  • 飯豊2日目は朳差岳へ

    二日目も午後からと夜の2回コンサートがあったその合間をぬって朳差岳へ登った朳差岳は飯豊連峰の北に位置する山で端っこにあるこの山を登ったことで飯豊連峰を完全縦走した気になった頼母木小屋から見える朳差岳は近くに感じただが、現実は甘くなかったいくつかのアップダウンを繰り返し頂上に立つが生憎の天気で視界は悪かったでも、頂上直下のお花畑に癒されたはるか向こうに小さく頼母木小屋が見えた朳差避難小屋飯豊2日目は朳差岳へ

  • 大好きな飯豊で大好きな歌声を聴きに

    行ってきました大好きな飯豊へ7月13・14日北飯豊頼母木小屋で山岳音楽祭が行われた主催は胎内市・飯豊胎内の会・胎内市地域おこし協力隊あるHPでこの企画を知って、是非とも行かねばと心が躍った出演はリピート山中さん大好きな加藤文太郎の歌や山の歌を歌う人だ一度生の歌声を聴きたかったチャンスはやって来た!頼母木小屋へは足の松尾根登山口から登るこのコースも飯豊連峰のほかのコースと同じく急登でロングコースだ小屋は北アルプスの小屋とは違い、食料・シュラフ等は担がなければならない2泊3日分の荷は重かったでも、最高の至福の時間を過ごすことができた目当ての花は一部終わっていたが、ヒメサユリがヒメサユリロードとなって見事だった足の松尾根登山口監視カメラ角度を変えて見るとET2か所ある岩場の一つやっと尾根歩きが終わり稜線散歩の始まり頼...大好きな飯豊で大好きな歌声を聴きに

カテゴリー一覧
商用