searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

タカちゃんの絵日記さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
タカちゃんの絵日記
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/iksmay-327-okkia-takatyan
ブログ紹介文
何気ない日々の感動を、スケッチと好きな音楽で・・・
更新頻度(1年)

478回 / 365日(平均9.2回/週)

ブログ村参加:2018/07/08

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、タカちゃんの絵日記さんの読者になりませんか?

ハンドル名
タカちゃんの絵日記さん
ブログタイトル
タカちゃんの絵日記
更新頻度
478回 / 365日(平均9.2回/週)
読者になる
タカちゃんの絵日記

タカちゃんの絵日記さんの新着記事

1件〜30件

  •   ♪♪♪~※有名音大生が、本気で「トルコ行進曲」を弾くとこうなる。※~♪♪♪

    有名音大生が本気で、「トルコ行進曲」を弾くとこうなる。。♪♪♪~※有名音大生が、本気で「トルコ行進曲」を弾くとこうなる。※~♪♪♪

  •    ~実家のお墓参りに帰る。~・・・♪ 蝉 し ぐ れ ♪ 

    おはようござますZzzzzいかがお過ごしでしょうか。貴方にとって、今日がより良い一日であります様に実家のお墓参りに帰る。お盆前ではありますが、訳あって早目に、実家のお墓参りに行って参りました。実家はJR出雲市駅から神戸川をさかのぼること、約20kmの清流と緑に囲まれた自然豊かな所で、他には、何もないド田舎です。こんな感じの道を国立公園三瓶山を目指して上ります。山陰の耶馬渓と呼ばれる、「立久恵峡」の渓谷沿いに、どんどん上って参ります。何もないとは申しましたが、実は出雲風土記に「須佐之男命の終焉の地」と記される、本家本元の『須佐神社:大社造り』があります。出雲風土記によると、「この国は私の御魂を鎮め置くのにふさわしい」と須佐之男命が仰ったとあります。でもやっぱり・・・神社の森には、ただならぬ気配を感じるのです。蝉し...~実家のお墓参りに帰る。~・・・♪蝉しぐれ♪

  •   ~パステル、水彩画を久し振りに描いて見た。~・・・♪小樽のひとよ:鶴岡雅義と東京ロマンチカ(1996) ♪

    小樽のひとよ:鶴岡雅義と東京ロマンチカ(1996)おはようございます。いかがお過ごしでしょうか。貴方にとって、より良き一日となります様に。  今年の「初桃」果実の中では大好物の「桃」である。随分前からスーパーの店頭に並べてあるものの、あまり売れ筋ではない様だ!それもそのはず高いのだ。そんな矢先に知人からのお土産の「初桃」。いただく前に、パステルで描き留めて置くのだ。家庭菜園のトマトや、頂き物のピーマン・ナス・キュウリ等は、今が旬である。これも水彩で描き留めて置くのだ。 ~パステル、水彩画を久し振りに描いて見た。~・・・♪小樽のひとよ:鶴岡雅義と東京ロマンチカ(1996)♪

  •    ~カイツブリの撮り直し~・・・♪ 宇崎竜童 ♪

    宇崎竜童おはようございます。如何お過ごしでしょうか。今日は、全国的に酷暑のようで、当市も暑さの危険指数(35℃越で)では、最上位の様です。熱中症には気を付けましょう。。カイツブリ:鳰(にお)は、小さくても鳥(水鳥:留鳥)なのに潜るところは、たびたび見るのに飛んでいるところを、一度も見たことがありません。(でも、渡もしますから飛ぶのも上手でしょうが。)更に、足が体の後ろの方に付いており、よちよち歩きも苦手の様です。さて、先日行った堤に再度出掛けて・・・カイツブリ親子の撮り直しをするためなんです。親鳥2羽(つがい)に幼鳥4羽で、潜りの練習かと思いきや、幼鳥は、時々潜るものの直ぐ浮いてきます。餌を自分で捕らえることは出来ない様です。親鳥が餌を咥えて浮かび上がると、幼鳥達は一斉に親鳥の元に、泳いで行きます。親鳥が捕らえ...~カイツブリの撮り直し~・・・♪宇崎竜童♪

  •   ♪♪ 雨にほほえみ:ニール・セダカ ♪♪

    雨にほほえみ:ニール・セダカ♪♪雨にほほえみ:ニール・セダカ♪♪

  •   ~蓮の花の撮り比べ~・・・・燃えよドラゴン:ブルース・リー

    おはようございます!いかがお過ごしでしょうか!(ブルース・リー鉛筆画再掲)おぉ~懐かしや、あの世界的大スターブルース・リー主演の映画「燃えよドラゴン」を観ました。「ブルース・リ」・・・彼はアクション映画界に、彗星の如く現れ、類まれなき、新風を吹き込んだ大スターだったのでした。彼が活躍したのは、1966年から僅か七年と言う、短い期間ではあったが、中国武術(カンフー)を駆使した映画、ドラゴンシリーズで世界中の男共を虜にしたものです。この年代で男性で、ブルース・リーの名を知らない人は、まず居ないのでは無いでしょうか。香港出身の武術家で、「ドラゴン危機一髪」「ドラゴンへの道」「燃えよドラゴン」等が記憶に残る大スターでした。映画「燃えよドラゴン」の撮影の直後に、僅か32歳と言う若さで早世しております。ブルース・リーが、い...~蓮の花の撮り比べ~・・・・燃えよドラゴン:ブルース・リー

  •   カイツブリ親子の素潜り練習・・・・♪人形の家:弘田三枝子♪・

    おはようございます!如何お過ごしでしょうか!今日も朝から、気持ちの良いお天気でした。老体に鞭打ちながら野山を駆けずり回って参りました。最近の「鳥撮り」は、不発に終わる日が続いております。でも、まだ足腰丈夫な内に、しっかりと運動がてらに歩きたいと思います。今日は、蓮池に立ち寄って見ました。蓮の花を一通り撮った後、近くの堤に行って見ました。何と、「カイツブリ」の親子が、素潜りの練習を、繰り返し々々、教えていました。雛もう直ぐ、一人立ちするのでしょうか。幼鳥が親鳥に教えて貰った通りに、練習して居りました。被写体まで少し距離が有って、不鮮明画像ですが、日記代わりにUPして置きたいと思います。弘田三枝子さん追悼♪人形の家:弘田三枝子♪・・・抜群の歌唱力でした。・・・謹んでお悔やみ申し上げます。カイツブリ親子の素潜り練習・・・・♪人形の家:弘田三枝子♪・

  • ~花の癒し効果が科学的に証明されたと云う。~・・・♪ABBA:ダンシングクィーン♪

    ABBA:ダンシングクィーンおはようございます!いかがお過ごしでしょうか。長いながい梅雨のトンネルを、今日(7・30)やっと潜り抜ける事が出来ました。一気に30℃超えの夏日となりました。秋風が吹く頃まで、エアコン漬けの日々が続きそうです。今夏、初の入道雲花のいやし効果が科学的に証明された。(撮り溜めて置いた花の画像です。)花の“いやし効果”が科学的に証明されたと云う。ディスプレイに表示された花の画像を見るだけでも効果があるという。農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)の望月寛子氏らの研究によるもので、詳細は「JournalofEnvironmentalPsychology」6月号オンライン版に掲載された。 花を見ると気分が癒されることは、多くの人が経験的に理解しているし、プレゼントやお見舞いに花を届けるとい...~花の癒し効果が科学的に証明されたと云う。~・・・♪ABBA:ダンシングクィーン♪

  •   ~ミサゴVS鳶の空中争奪戦~・・・♪ ミサゴの鳴き声 ♪

    おはようございますいかがお過ごしでしょうか。コロナは第二波襲来中で、全国的に爆発的な感染者続出している様ですが。。。「三蜜」避けて、マスク・手洗いを、一人一人が厳格に実行し、終息を勝ち取ろうではありませんか。  ミサゴ(魚鷹)またも鮒をゲットいつものパトロールコース(城山の森)を行くと、上空で♪ピ-ヒヨロロピ-ヒヨロロ♪とトンビ(鳶)の鳴き声。見上げると。。。ミサゴ2羽と、トンビ3羽による空中戦が展開中であった。ミサゴが内堀で捉えたと思しき、鮒(魚)の争奪戦であった。結果「鳶」は、魚を横取りすることは叶わず。2羽(つがいと思われる)のミサゴは、意気揚々と引き揚げて行ったのでした。僅か2~3分間の、野鳥の世界の出来事であった。最後まで、ミサゴの鳴き声は聞く事が出来ず。ミサゴの鳴き声・・・とても猛禽類とは思えないカ...~ミサゴVS鳶の空中争奪戦~・・・♪ミサゴの鳴き声♪

  •   ~カワウの狩り~・・・♪山口百恵:曼珠沙華♪

    山口百恵:曼珠沙華おはようございます!今日も朝から激しい雨。大雨、洪水警報が出ていて、外に出られません。「カワウ:川鵜」昨日も雨の中を食材買い出しに行きました。途中、道脇で撮ったのが、「カワウ:川鵜」です。雨がポツポツ降って来たので、小川を行ったり来たりしながら、忙しそうに獲物(小魚など)を求めて移動していました。  雨が降るので、お家でお昼寝。~カワウの狩り~・・・♪山口百恵:曼珠沙華♪

  •   ~そよ吹く風になびく ひまわり の花~

    ひまわり畑を動画で撮って見ました。~そよ吹く風になびくひまわりの花~

  •    ♪ 竹内まりや・・・ノスタルジア ♪

    竹内まりや・・・ノスタルジア♪竹内まりや・・・ノスタルジア♪

  • ~お気に入り画像(ウミネコ)~・・・♪ 黒いオルフェ:小野リサ ♪

    黒いオルフェ:小野リサお気に入り画像(再掲)ウミネコ成鳥   ウミネコ幼鳥  ~お気に入り画像(ウミネコ)~・・・♪黒いオルフェ:小野リサ♪

  •    ~ひまわりにカワラヒワ~・・・♪ウィ アー ザ ワールド♪

    ひまわりにカワラヒワ今日は曇天で、ヒマワリを撮るには悪条件。やっぱり、ヒマワリにはお似合いは、太陽がキラキラ輝いている方がいい。上手く撮れてなくても、日記代わりでもあるので、一応UPして置きます。  パステル画(再掲)湾内に係留してあるヨット。夕暮れとともに眠りに就くのでしょうか。~ひまわりにカワラヒワ~・・・♪ウィアーザワールド♪

  •    ~スズメ・・・幼鳥・・・ピョン ピョン ピョン ピョン・・・デリケート~

    おはようございますシトシトシトシト、朝から小雨が降っております。(7・24)天気予報によると週末から、また、まとまった雨が降る様です。梅雨明けはもう少し、先になるのかもしれません。当県でも前回の集中豪雨で、県西部の江川流域では浸水の被害が出ており、二次被害のないことを、願うばかりです。雨の中のバラさて、今日の野鳥は「雀:スズメ」の幼鳥です。一昨日の事です。市中心部にある「北公園」の駐車場に、車を停めると二羽のスズメが、ピョンピョンピョンピョン走り寄って来ました。まだ幼鳥の様です。スズメは身近な野鳥であっても、非常にデリケートな鳥で、人を見れば直ぐ逃げるのですが、全くの無防備で近寄って来たのです。(驚き!)人間の赤ちゃんと一緒で天敵からも、身を守る術がありません。親鳥が近くに見当たらず。。。とても心配でした。この...~スズメ・・・幼鳥・・・ピョンピョンピョンピョン・・・デリケート~

  •   ~鵜の「羽干し」の動画試験UPです。~

    動画UPが上手く行かなかったので、試験UPです。~鵜の「羽干し」の動画試験UPです。~

  •   ~ミサゴ:魚鷹・・・魚をゲット~・・・♪ 懺悔の値打ちもない:山崎ハコ ♪

    ミサゴ魚をゲット山陰の耶馬渓こと「立久恵峡」を散策中こと、上空に現れたミサゴ(二羽)と鳶(三羽)が空中戦を繰り広げている。そこで、取り敢えず撮って置いたのがこの画像。ミサゴ(魚鷹)が狩った、魚の争奪戦であったらしいのだ。(多分、神戸川に棲む鮒ではないかと思う。)魚鷹のその名の通り、ミサゴは上空から魚影を確認すると、急降下して足から着水、魚を狩るのであるが、残念ながらゲットの瞬間映像は、撮れず。しっかり魚を鷲掴み良く見ると、かなり大型魚を、しっかりとゲット。「魚鷹」とは、よく名付けたものだと感心しきり。山崎ハコ~ミサゴ:魚鷹・・・魚をゲット~・・・♪懺悔の値打ちもない:山崎ハコ♪

  •   ~カワウ:川鵜・・・羽干し・・・素潜り名人~

    天神池の真ん中にある石の島は、いつもはニホンイシガメ(正式には、ニホンイシガメとクサガメの交雑個体の「ウンキュウ」)と、カルガモの定位置ですが、今日は、カワウ(川鵜)とカメがいました。鵜は、つい先ほどまで池で狩りをしていましたが、羽干しに上ががって来ました。お腹が白いのは幼鳥?だからなのでしょうか。亀もやはり定位置で、「甲羅干し」をしていました。鵜の「羽干し」は、他の水鳥と違って、羽の油脂量が少ないため、こうして時々羽干しすることが必要の様です。(「素潜り名人」の称号を頂いている鵜は、浮力が働かない様に脂少な目なのでしょうか。。。これも、神のお力添えと思う訳です。)今日の野鳥は、カワウでした。~カワウ:川鵜・・・羽干し・・・素潜り名人~

  •   ~蝶・・・トンボ・・・マスク・・・熱中症~

    おはようございます!貴方にとって、今日も善き一日であります様に。コオニヤンマニホンカワトンボクロハトンボイシガケチョウ随分、暑くなって参りました。公園などでは、蝉しぐれも聞こえて来ます。蝶やトンボもよく見られる様になって参りました。猛暑の夏も、もう直ぐそこまでやって来ています。コロナ禍でマスク着用は必須。熱中症にご注意を~蝶・・・トンボ・・・マスク・・・熱中症~

  •   ♪ 坂井泉水:揺れる想い ♪

    ♪坂井泉水:揺れる想い♪♪坂井泉水:揺れる想い♪

  •   ~野良猫・・・動物愛護団体・・・アオサギ幼鳥・・・生き抜く~

    おはようございます!!(^^)!今日は(7・20)、32℃越えの暑い一日、皆様いかがお過ごしでしたでしょうか。今日は、借りていた本を返す為、図書館に朝早くから出掛けました。今日は図書館は休館日であることすっかり忘れていました。返却ポストに本を返すと、その足で城山の探鳥パトロールに回って見ました。先日から、城山の森に来る度に、気掛かりだった野良猫二匹。今日もおりましたが、一人で生きて来た野良は、人を怖がり呼んでも寄って来ません。食事は、多分野ネズミ等を捉えて食いつないでいるのでしょうか?厳しい生活環境で健気に生き抜いておりました。良く見ると右耳の(グレーの猫)先っぽを、食いち切られているではないですか。。。。。可愛で見ていられません。なので、早速、「動物愛護団体」に連絡して見たいと思います。先日から、天守の下の段...~野良猫・・・動物愛護団体・・・アオサギ幼鳥・・・生き抜く~

  • ~キジ:雉・・・逃げ足~・・・♪ カーペンターズ ♪

    雉:キジ車で走っていると、突然目の前を横切ったキジ、凄いスピードで約5m程、逃げては、立ち止まり様子を窺う、逃げては、立ち止まり様子を窺うの、繰り返しの後、田んぼの中に消えて行った。あっ、という間の出来であった。キジの逃げ足時速32キロ、飛ぶことよりも、走って逃げる事が得意の様です。(撮影2020・7・19松江市秋鹿町)ボンヤリと見えるのは、画像に少々加工が施してあります。~キジ:雉・・・逃げ足~・・・♪カーペンターズ♪

  •    ~美しい飛翔姿・・・飛べない鳥~・・・♪ 藤圭子:うそ ♪

    ♪藤圭子:うそ♪おはようございます。いかがお過ごしでしょうか。暑くなって来たので、ショートカットにしたいのだが、切ったら生えて来ない。飛ぶ野鳥は飛ぶから、美しいのだ。ミサゴの飛翔は、猛禽類の風格があり、勇壮である。アマサギの集団飛翔は美しいけど、惜しい。(鳴き声は汚い。)コウノトリの飛翔は、大型鳥らしく優雅である。空高く囀りながら、舞い上がるヒバリの飛翔。引っ切り無しに囀る声は、煩いのである。惜しい!でもやっぱり、鳥は飛ぶから美しいのである。誤解無きよう、飛べない鳥も、姿そのものが美しいのである。(以下、お借りして来た画像です)沖縄の固有種・ヤンバルクイナ(日本代表)タカヘ(ニユージーランド代表)まん丸の体躯の、キーウィ(ニュージーランド代表)ダチョウとほぼ同格の体躯を持つ、「エミュー」(オーストラリア)「ヒク...~美しい飛翔姿・・・飛べない鳥~・・・♪藤圭子:うそ♪

  •   ~幸運にも、サンコウチョウに出会う~・・・♪日はまた昇る:谷村新司♪

    こんばんは。いかがお過ごしでしょうか。(^^)!良い一日でしたか。今日は、久しく行ってなかった「楽山公園」の森に出掛けて見ました。狙いは勿論、「サンコウチョウ」ですが、これが、なかなか手強い相手でして、これまでにも確率としては、約20%程度しか、出会えていません。「サンコウチョウ」は、暗い所を好む野鳥で、しかも夏鳥として渡来するため、数は多くは有りません。この森への今期の渡来は、多分、二組のつがいのみだと思います。森に入ると道脇に、珍しいキノコを見付けました。『タマゴタケ』(後で検索してみると・・・)と、云うキノコだそうです。毒キノコだと思いますが、初めて見ました。タマゴタケここから先が、木が鬱蒼と生い茂る暗い森へと進むのです。「サンコウチョウ」の棲息に適する環境になるんです。・・・・・すると、森の奥から「サン...~幸運にも、サンコウチョウに出会う~・・・♪日はまた昇る:谷村新司♪

  •    ♪ 夜霧のブルース::宇崎竜童 ♪

    ♪夜霧のブルース::宇崎竜童♪♪夜霧のブルース::宇崎竜童♪

  •   ~美保神社・・・美保関灯台・・・灯台ビュッフェ~・・・♪恍惚のブルース♪

    昨日のつづき愛車・DAYZ(デイズ)を駆って、美保関へと国道431号線を、フェリー「しらしま」と併進すること約20分。やっと美保関の街に着きました。ウミネコの幼鳥心配そうに見詰める親鳥愛車を路肩に停めて、生活道路(青石畳通り:雨に濡れたら綺麗)を散策した後、青石畳通り抜けたた所が「美保神社」。先ずは、二拍二礼のお参りを。 美保関には防波堤に釣り人がたくさん居ました。今はアジ・鯖・メジナにキスがよく釣れているいるとか。さて、本日のお目当て「美保関灯台」へ到着。海から競りあがること約73メートルの断崖絶壁の上に建つ白亜の「美保関灯台」・・・(1898年に完成した山陰最古の石造りの灯台で、高さ14m、水面からの高さは83mを誇ります。地蔵岬灯台として初点灯された当時のままの白色円筒形造りは「世界の歴史的灯台100選」...~美保神社・・・美保関灯台・・・灯台ビュッフェ~・・・♪恍惚のブルース♪

  •    ~入船あれば 出船あり~・・・♪ふりむかないで「ハニー・ナイツ♪

    ♪ふりむかないで「ハニー・ナイツ♪ 『入船あれば出船あり』今日は、風景写真(美保関灯台)が撮りたくて、島根半島最東端の岬に行って参りました。対岸の境港に停泊中の『隠岐汽船』です。かつて隠岐の島町に住んだこともあり、懐かしい船なのです。隠岐汽船もそうですが、外洋に出る船は、全てこの「境水道大橋」を潜って出てゆきます。右岸が島根と左岸が鳥取の、架け橋となっています。この日は、午後も遅かったので、船団の一斉出航は見られませんでした。早朝であれば、それはそれは、30数隻の大船団の船出は、勇壮なものであります。 隠岐諸島に向けての「出船」です。境港に向かう「入船」です。『入船あれば出船あり』・・・港に入ってくる船もあれば、出て行く船がある様に、世の中のことは様々であると云う例え。たくさんのウミネコが、境水道の対岸と往き来...~入船あれば出船あり~・・・♪ふりむかないで「ハニー・ナイツ♪

  •    ~『入船あれば 出船あり』~・・・♪ ふりむかないで ♪

    ふりむかないで『入船あれば出船あり』今日は、風景写真(美保関灯台)が撮りたくて、島根半島最東端の岬に行って参りました。対岸の境港に停泊中の『隠岐汽船』です。かつて隠岐の島町に住んだこともあり、懐かしい船なのです。隠岐汽船もそうですが、外洋に出る船は、全てこの「境水道大橋」を潜って出てゆきます。右岸が島根と左岸が鳥取の、架け橋となっています。この日は、午後も遅かったので、船団の一斉出航は見られませんでした。早朝であれば、それはそれは、30数隻の大船団の船出は、勇壮なものであります。 隠岐諸島に向けての「出船」です。境港に向かう「入船」です。『入船あれば出船あり』・・・港に入ってくる船もあれば、出て行く船がある様に、世の中のことは様々であると云う例え。たくさんのウミネコが、境水道の対岸と往き来しております。釣り人の...~『入船あれば出船あり』~・・・♪ふりむかないで♪

  •    ~ 遠いとおい日に見た、思い出が過(よぎ)る・・・ ~

    遠い日の思い出『注文の多い料理店』序わたしたちは、氷砂糖をほしいくらいもたないでも、きれいにすきとおった風をたべ、桃(もも)いろのうつくしい朝の日光をのむことができます。またわたくしは、はたけや森の中で、ひどいぼろぼろのきものが、いちばんすばらしいびろうどや羅紗(らしゃ)や、宝石いりのきものに、かわっているのをたびたび見ました。わたくしは、そういうきれいなたべものやきものをすきです。これらのわたくしのおはなしは、みんな林や野はらや鉄道線路やらで、虹や月あかりからもらってきたのです。ほんとうに、かしわばやしの青い夕方を、ひとりで通りかかったり、十一月の山の風のなかに、ふるえながら立ったりしますと、もうどうしてもこんな気がしてしかたないのです。ほんとうにもう、どうしてもこんなことがあるようでしかたないということを、...~遠いとおい日に見た、思い出が過(よぎ)る・・・~

  •   ~花音(かおん)・・・出雲ナンキン~・・・♪レイ・チャールズ:愛しのエリー♪

    今日は朝から、近場の蓮池に「花撮り」に行って見た。早朝に出掛けたのは、午前中に咲いた花が午後には閉じてしまうからなんです。蓮については知っているのは、仏教との関連性と、根は食用蓮根であること以外、実は何も知らないのではと思い、蓮について予備知識を仕入れておりました。それによると・・・・ヒンドゥー教の神話では、泥の中から茎を伸ばして花を咲かせる蓮(ハス)の様子が、「清らかに生きる」ことの象徴として登場してきます。このイメージは、仏教にも継承されて行き、仏教では『智清や慈悲の象徴』とされ、死後の極楽浄土に咲く花として親しまれています。如来像の台座や仏像を安置する厨子(仏具)の扉に蓮の花が彫られています。この様な宗教的背景から、インドやスリランカ、インドネシアでは、国花とされて多くの人に愛されています。また、別名を~...~花音(かおん)・・・出雲ナンキン~・・・♪レイ・チャールズ:愛しのエリー♪

カテゴリー一覧
商用