searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

老後は京都で !さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
老後は京都で !
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/kyocafe306
ブログ紹介文
京都移住について考えるブログです。京都の町中(堺町六角)と東京(青山)を行き来する二地域居住を実践中
更新頻度(1年)

942回 / 365日(平均18.1回/週)

ブログ村参加:2018/05/07

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、老後は京都で !さんの読者になりませんか?

ハンドル名
老後は京都で !さん
ブログタイトル
老後は京都で !
更新頻度
942回 / 365日(平均18.1回/週)
読者になる
老後は京都で !

老後は京都で !さんの新着記事

1件〜30件

  • 築地

    iPhoneから送信築地

  • 清水寺の日々 ~ 清水寺公式インスタグラム写真集

    清水寺の日々FEELKIYOMIZUDERA―清水寺公式インスタグラム写真集クリエーター情報なし主婦の友社◇「清水寺公式インスタグラムのフォロワーたちが大絶賛!公式WEBに掲載された、見ているだけで癒やされるような清水寺の四季折々の風景を、いつでも慈しめる写真集。“もしも、清水寺で一日すごしたら…”をテーマに本書のために撮りおろした完全未公開ショットや森清範貫主による書と12の心に響く和英対訳メッセージも!著者について清水寺(きよみずでら)778年に開創。1994年世界文化遺産に登録。「清水の舞台から飛び降りる」の語源となった本堂の舞台で広く知られる。インスタグラムの公式アカウントのフォロワー数は国内トップクラスの人気を誇り、掲載写真をフォロワーたちが絶賛していることがニュースにもなった」(内容)◇◇◇京都移住...清水寺の日々~清水寺公式インスタグラム写真集

  • 戦国期足利将軍研究の最前線

    ◇戦国期足利将軍研究の最前線康弘,山田山川出版社◇「応仁の乱以降、足利将軍は権力を消失し、その威令は京とその周辺にしか及ばなくなった―。一般に言われている戦国時代の足利将軍像は果たして本当なのか?進展めまぐるしい足利将軍及び戦国時代研究の「現在」を、最前線で活躍する研究者10人がわかりやすく解説する。著者略歴山田康弘1966年群馬県生まれ。学習院大学大学院人文科学研究科博士後期課程修了。博士(史学)。現在、小山高等工業専門学校非常勤講師。専門は日本中世史」(内容)◇京都移住と健康について考える・「老後は京都で」by京カフェ~トップページに戻る(インスタグラム版「老後は京都で」は→コチラ)戦国期足利将軍研究の最前線

  • 京都ええとこ 映えるとこ

    ◇芸妓さんが教える京都ええとこ映えるとこ(JTBのムック)JTBパブリッシングJTBパブリッシング◇「京都・祇園甲部の人気芸妓さんに聞いた、ひと味違う京都ガイド!芸妓さんおすすめのお店はもちろん、伝統文化や、内緒にしたい秘密の映えるスポットまで、京都ビギナーはもちろんヘビーリピーターも大満足の、王道ガイドブックにはない、ホントの京都をご紹介します!【本誌掲載のおもな特集】●うちのお気に入りのおさんぽコース・お稽古帰りや休日は、東山を中心にお気に入りのスポットへ●芸妓なかまと食べたいお昼ごはん・ホントは教えたくないとっておきランチ・おしゃべりはずむ、気軽なカウンター・和食/洋食/カジュアル系etc,●旦那衆に聞いたおすすめ夜ごはん・これぞ、京都が誇る和食・大人な寿司店・割烹へ・食通が通うおばんざい、居酒屋・京都人...京都ええとこ映えるとこ

  • 京都三十三間堂通し矢列伝

    京都三十三間堂通し矢列伝弓道の心と歴史を紐解くクリエーター情報なしメイツ出版◇「★弓道・アーチェリー関係者必読!★江戸から現代まで、名手たちの逸話で紡ぐ「不朽の美」。★藩を背負って挑んだ男たち、永遠のライバル関係、史実に名を遺す英雄・・・。◆◇◆プロローグ◆◇◆「通し矢」は、京都三十三間堂(蓮華王院)で行われた江戸時代の伝統的行事であった。三十三間堂の西外側の広縁で、三十三間(約120メートル)の軒下を、南端に坐って北端まで、強弓で競射し、一昼夜にどれほど射通せるかの競技であった。その当時、武士はその藩の名誉にかけて、腕を競ったものである。この通し矢は、もともと中世まで行われた正月の宮中行事に、その源があるといわれる。とくに文禄年間、関白豊臣秀吉が、通し矢を試みたが、残念ながら満足な結果はえられなかった。しかし...京都三十三間堂通し矢列伝

  • 京都 五花街 ~ 祇園甲部 宮川町 先斗町 上七軒 祇園東

    ◇京都五花街―祇園甲部宮川町先斗町上七軒祇園東(SUIKOBOOKS157)価格:¥1,680(税込)発売日:2010-11◇「華やかな花街の舞は、春の祇園甲部「都をどり」、宮川町「京おどり」、上七軒「北野をどり」、初夏の先斗町「鴨川をどり」と続き、錦秋の祇園東「祇園をどり」で締められる。花街の行事を中心に、舞妓、芸妓たちが参加する「節分」、「祇園祭」、「時代祭」など京も年中行事も含めた花街歳時記。著者略歴溝縁ひろし1949年、香川県に生まれる。1971年、千葉工業大学卒業後、株式会社ユニチカUGに入社。1975年、同社を退社し、スタジオ勤務を経てフリー・カメラマンになる。1980年、写真事務所「PHOTO‐HOUSEぶち」設立。1994年にJPS関西展運営委員長をつとめる。2000年と2002年には京都・キル...京都五花街~祇園甲部宮川町先斗町上七軒祇園東

  • 京都・宗祖の旅 ~ 道元

    ◇道元[曹洞宗](京都・宗祖の旅)クリエーター情報なし淡交社◇「〈曹洞宗の宗祖・承陽大師道元の生涯とその教え、道元有縁の寺院を紹介します〉〈著者ならではの道元像で、改めてその生涯と教えを考察〉日本仏教の祖師7人の生涯と教え、さらに京都を中心とした祖師所縁の寺院を紹介する「京都・宗祖の旅」シリーズ覆刻の第6巻。曹洞宗を開いた道元(1200~53)は、京都で生まれました。比叡山で得度した道元は、24歳で宋に渡り、天童山で如浄禅師と運命の出会いを果たします。28歳で帰朝し、『普勧坐禅儀』を著し、革新的な禅を日本にもたらしました。深草に閑居するもその教えを慕う人は多く、越前に永平寺を開山したことはあまりにも有名です。最期に道元は、故郷の京都に戻って、永眠しました。道元の波瀾に満ちた生涯に百瀬明治が独自の解釈で迫ります」...京都・宗祖の旅~道元

  • 絵解きでわかる世界遺産 ~ 西本願寺の魅力

    ◇絵解きでわかる世界遺産・西本願寺の魅力クリエーター情報なし本願寺出版社◇「御影堂・阿弥陀堂・飛雲閣など、西本願寺の国宝・重要文化財の魅力を、都市工学の専門家であり、速描スケッチの第一人者でもある著者が、絵解きならではの抜群のわかりやすさで解説する」(内容紹介)◇◇京都移住と健康について考える・「老後は京都で」by京カフェ~トップページに戻る絵解きでわかる世界遺産~西本願寺の魅力

  • 宗教都市・京都 ~ 「本願寺白熱教室」

    ◇本願寺白熱教室クリエーター情報なし法藏館◇「お坊さんだって、迷っている。その悩みを共有することで、お寺は社会に開かれる。新しい仏教のあり方を模索する希望の書!著者略歴小林正弥1963年東京都生まれ。東京大学法学部卒業。東京大学法学部助手、千葉大学法経学部助手・助教授、千葉大学教授、ケンブリッジ大学社会政治学部客員研究員およびセルウィン・コレッジ準フェローを経て、千葉大学大学院人文社会科学研究科教授、千葉大学地球環境福祉研究センター長、慶應義塾大学大学院システムデサイン・マネジメント研究科特別招聘教授。日本ポジティブサイコロジー医学会理事。専門は政治哲学、公共哲学、比較政治。政治的なテーマに加えて、ビジネス哲学や人生哲学についての講義を各地で行っている藤丸智雄1966年岡山県生まれ。東京大学文学部印度哲学科卒業...宗教都市・京都~「本願寺白熱教室」

  • 京都の時間

    ◇暮らしを彩る愉しみ京都の時間クリエーター情報なし講談社◇「江戸時代から続く唐紙の老舗「唐長」唐紙師・千田愛子が日本の伝統を体感できる場所、もの、味を紹介する京都案内」◇「四百年の歴史を誇る唐紙の老舗「唐長」十一代目千田堅吉氏の長女・千田愛子さんが、独自の視点で切り取った京都案内。自らプロデュースする「KIRAKARACHO」で提案している、現代のライフスタイルに合う唐紙の取り入れ方の他、四季折々の京都の見どころ、祇園祭をはじめ京都の行事の魅力、とっておきの場所やお店、味など、京都で過ごす時間の愉しみ方を紹介します。著者略歴千田愛子唐紙の老舗「唐長」11代目千田堅吉氏の長女。学生時代から、「唐長」で江戸時代より使われてきた板木の文様を使ってカードなどを制作し、唐紙とは縁のなかった若い世代の人気を集める。今は妻・...京都の時間

  • 京都のカフェ文化 ~ タバコ・灰皿・サルトル

    ◇◇イマジネール想像力の現象学的心理学(講談社学術文庫)ジャン=ポール・サルトル講談社◇「本書は、実存主義の旗手として知られるフランスの哲学者・文学者であるジャン=ポール・サルトル(1905-80年)が1940年に出版した哲学著作である。ここに待望の文庫版での新訳をお届けする。パリに生まれ、高等師範学校で哲学を学んだサルトルは、1927年に高等教育修了論文「心的生におけるイメージ」を執筆した。指導教授に出版を勧められたその原稿は、版元のアルカン社の判断で前半部だけが出版される。それが1936年に刊行された初の単著『想像力(L’Imagination)』である。その後、哲学論文「自我の超越」(1936年)、短篇小説「壁」(1937年)を発表したサルトルは、1938年に刊行した長篇小説『嘔吐』で一躍作家として脚光を...京都のカフェ文化~タバコ・灰皿・サルトル

  • 京都カフェ日和 ~ すてきなCAFEさんぽ

    ◇下は、「京都カフェ日和」。◇京都カフェ日和すてきなCAFEさんぽアリカメイツ出版◇「ふと思い立って出かけたお店に、探していた何かが、きっとある…。こだわりがぎゅっと詰まったとっておきの54軒をご紹介します」(内容紹介)◇京都移住と健康について考える・「老後は京都で」by京カフェ~トップページに戻る(インスタグラム版「老後は京都で」は→コチラ)京都カフェ日和~すてきなCAFEさんぽ

  • 「小説伊勢物語 業平」

    ◇以前このブログでもご紹介した髙樹のぶ子さんの「小説伊勢物語業平」、その後も売れ行きが好調らしい。◇冒頭に掲げたのは、2日日経新聞朝刊に掲載された広告。◇小説伊勢物語業平髙樹のぶ子日本経済新聞出版◇「美麗な容貌と色好みで知られる在原業平の一代記。千年前から読み継がれる歌物語の沃野に分け入り、小説に紡ぐことで、日本の美の源流が立ち現れた。これは文学史上の事件である!著者について髙樹のぶ子作家1946年山口県生まれ。80年「その細き道」で作家デビュー。84年「光抱く友よ」で芥川賞、94年『蔦燃』で島清恋愛文学賞、95年『水脈』で女流文学賞、99年『透光の樹』で谷崎潤一郎賞、2006年『HOKKAI』で芸術選奨文部科学大臣賞、2010年「トモスイ」で川端康成文学賞。芥川賞をはじめ多くの文学賞の選考にたずさわる。201...「小説伊勢物語業平」

  • 答えは「京都」にある

    ◇答えは「京都」にある(マイナビ新書)放生勲マイナビ出版◇「100年企業、グローバルカンパニー、ノーベル賞…なぜ、京都から大きな成功が生まれるのか?秘密はすべて、「京都」という場所に隠されています。千二百年という歴史を持ち、盆地の中で独特のカルチャーを育んできた特殊な街を、ある6つのキーワードから読み解きます。すると、日本人が抱える悩みのほとんどに、答えが出ていることがわかります。著者について放生勲(ほうじょう・いさお)1987年、弘前大学医学部卒業。都内の病院にて2年間の内科研修修了後、1989年6月~1990年9月にドイツ政府国費留学生としてフライブルク大学病院およびマックス=プランク免疫学研究所に留学。東京大学大学院医学博士課程修了(東京大学医学博士)、東京医科歯科大学難治疾患研究所を経て、1999年5月...答えは「京都」にある

  • 先斗町のすべて

    ◇先斗町のすべて―決定版価格:¥1,470(税込)発売日:2010-10◇◇京都花街―祇園甲部・宮川町・上七軒・先斗町・祇園東(Suikobooks(114))価格:¥1,680(税込)発売日:2002-06◇京都五花街―祇園甲部宮川町先斗町上七軒祇園東(SUIKOBOOKS157)価格:¥1,680(税込)発売日:2010-11◇京都移住について考える・「老後は京都で」~トップページに戻る先斗町のすべて

  • PONTOCHO  NOBODY ! ~ 人っ子一人いない先斗町

    ◇緊急事態宣言下で外出自粛要請が出ていた時期、京都の街から人影が消えた様子を撮った写真を"KYOTONOBODY"と題してこのブログにアップしたことがある(→コチラ)。◇これはもちろん、写真家の中野正貴さんの誰もいない東京の風景を撮った今や伝説と化した写真集"TOKYONOBODY"を模したものだが、◇冒頭の写真は、"PONTOCHONOBODY"と呼びたくなるような今日(2日)の正午過ぎ撮影した人影のない先斗町の様子。◇四条通りはそれなりの人出だったからたまたま、、、なんだろうが、それにしても真昼間、ランチの時間帯の先斗町でこんな光景が見られるとは!◇下は、その中野正貴さんの"TOKYONOBODY"。◇TOKYONOBODY―中野正貴写真集価格:¥2,625(税込)発売日:2000-08◇「渋谷・青山・麻布...PONTOCHONOBODY!~人っ子一人いない先斗町

  • KYOTO COFFEE STANDARDS

    ◇地元の淡交社から出ている京都のカフェ文化ガイド、「KYOTOCOFFEESTANDARDS」。とその内容紹介。◇KYOTOCOFFEESTANDARDS(淡交ムック)田中慶一淡交社◇「日本一コーヒーを飲む街・京都で、欠かすことのできない名店・人気店を網羅したガイドブック独自の喫茶文化を育んできた「京都のコーヒー」の全体像が見えてくるパンと並び、一人当たりのコーヒー消費量が日本一を誇る京都では、独自の喫茶文化が形成・発展してきました。本書は、関西一円のコーヒー事情に精通するコーヒーライター・田中慶一氏の監修で、京都のコーヒーの「現在」を網羅したガイドブック。京都人に古くから愛される老舗珈琲店をはじめ、味わい深い喫茶空間を提供してきた純喫茶、新進気鋭のコーヒーロースターや行列のできるコーヒー専門店など、実際に訪れ...KYOTOCOFFEESTANDARDS

  • 京都の小商い ~ 就職しない生き方ガイド

    京都の小商い~就職しない生き方ガイド~クリエーター情報なし三栄書房◇「「好き」を商売にする方法。京都の観光ガイドでもなければ、個人で商売を始めるための具体的Howto本でもありません。京都、小商いを軸として、自分の好きなことを仕事にしている人たちを取材した本です。右肩上がりの経済成長を信奉することに限界が感じられる昨今、自分の価値観に向き合って、それを仕事にしようとする人たちが増えてきました。とくに京都は小商いやそうした価値観を受け入れる土壌があるため、ユニークな小商いに取り組む人たちが数多く存在します。彼らが考え、悩み、奮闘する過程には、これからの働き方のヒントがたくさんあります。現在の生き方、働き方についてちょっと立ち止まって考え直したい方、あるいはこれから社会で出る方にぜひ読んでいただきたい本です。店舗を...京都の小商い~就職しない生き方ガイド

  • 今日の鴨川 ~ 守るべきは「お金」よりも「山河」 ?

    ◇今日の鴨川、、、、◇下は、「守るべきはお金よりも山河」というサブタイトルがついた内田樹さんの「ローカリズム宣言」。◇◇ローカリズム宣言―「成長」から「定常」へ内田樹デコ◇「移住雑誌『TURNS』連載の「若者よ!地方をめざせ」に大幅に加筆修正!資本主義が崩壊しつつある今、本当に豊かな生き方とは?ヒントは「ローカル」と「定常経済」にあり!あらゆるものが「お金」に一元化され、格差が拡大しつづける現代社会に、疑問を感じているすべての人にぜひ読んでいただきたい1冊です。とくに若い方々が、「これからの日本」について深く考えるきっかけとなれば幸いです。【本書より】都市から脱出する以上、資本主義の常識はいったん棄てる必要があります。「脱都会」は同時に「脱市場・脱貨幣」経済へのシフト、「成長モデル」から「定常モデル」へのシフト...今日の鴨川~守るべきは「お金」よりも「山河」?

  • ローカリズム宣言 ~ 「成長」から「定常」へ

    ◇ローカリズム宣言―「成長」から「定常」へ内田樹デコ◇「移住雑誌『TURNS』連載の「若者よ!地方をめざせ」に大幅に加筆修正!資本主義が崩壊しつつある今、本当に豊かな生き方とは?ヒントは「ローカル」と「定常経済」にあり!あらゆるものが「お金」に一元化され、格差が拡大しつづける現代社会に、疑問を感じているすべての人にぜひ読んでいただきたい1冊です。とくに若い方々が、「これからの日本」について深く考えるきっかけとなれば幸いです。【本書より】都市から脱出する以上、資本主義の常識はいったん棄てる必要があります。「脱都会」は同時に「脱市場・脱貨幣」経済へのシフト、「成長モデル」から「定常モデル」へのシフトを意味しています。(第3章国家の「株式会社化」より)」(内容)◇◇京都移住と健康について考える・「老後は京都で」by京...ローカリズム宣言~「成長」から「定常」へ

  • 多拠点居住と新しい働き方 ~ TURNS(ターンズ) 6月号

    ◇TURNS(ターンズ)VOL.412020年6月号(日本語)雑誌–2020/04/20  第一プログレス◇「【特集】多拠点居住と新しい働き方 日本でも研究・導入が進む「MaaS/マース」(MobilityasaService) などにより“移動"の変革が進むなか、二拠点・多拠点生活や、地方と都市、 地域と地域を行き来する働き方やライフスタイルを紹介。 また副業やパラレルワーク、空き家活用など「イマ」の働き方を取り入れる企業にもフォーカスします。 ●70seeds/岡山史興:東京稼ぎ、地方で新しいことに挑戦していく ●リトルクリエイティブセンター/今尾真也:岐阜で働き東京で岐阜の楽しさを広める ●ハバタク/丑田俊輔:秋田とベトナムの子供たちをつなぐ新しい交流を生み出す ●鎌倉R不動産/藤井健之:八ヶ岳南麓で、新...多拠点居住と新しい働き方~TURNS(ターンズ)6月号

  • 京都の街角 ~ EMPORIO ARMANI のある風景

    ◇国際ファッションブランドのオシャレな路面店というのは、現代都市の華、、、、だ。◇長年青山に住んでつくづくそう想う。◇そして、京都にもそうしたファッションブランドの路面店は最近増えてきている。◇冒頭の写真は、四条東洞院の北東の角にあるEMPORIOARMANIのお店の東洞院側の壁に掲げられた巨大パネル、、、、◇京都の街角~EMPORIOARMANIのある風景

  • 梅雨明けの京都  

    ◇◇夏の京都、いただきます。(京都を愉しむ)クリエーター情報なし淡交社◇「〈春秋の観光シーズンを避けて、狙うは「夏の京都」〉〈夏の京都は暑い。夏の京都は旨い〉盆地ならではの蒸し暑さを発揮する京都の夏。暑くて暑くてとてもじゃないが観光なんて、と思っている人も多いはず。しかし、夏の京都は実は美味しいものであふれています。本書では、鮎や鱧、鰻にはじまり、旬の野菜・賀茂なすや万願寺とうがらしなど、食欲のなくなる夏だからこそ食べたい辛いものやスタミナ料理、ひんやり冷たいお菓子まで、夏にしか味わえない京都の美味しいものを店ごとに約50軒紹介します。京都生まれ、京都在住の著者が、普段から愛用する「京都らしい」店を厳選し、生粋の京都人だからこそ書ける臨場感あふれる文章でその魅力を伝えます。夏の京都には、観光客でにぎわう桜・紅葉...梅雨明けの京都

  • 「奇跡の庭 京都・苔寺」

    奇跡の庭京都・苔寺ブルーレイクリエーター情報なしNHKエンタープライズ◇◇◇◇京都移住について考える・「老後は京都で」~トップページに戻る「奇跡の庭京都・苔寺」

  • 京都・奈良の世界遺産 ~ 凸凹地形模型で読む建築と庭園

    ◇京都・奈良の世界遺産凸凹地形模型で読む建築と庭園クリエーター情報なし実業之日本社◇「地形の凸凹を立体的に地図で表現して読み解く本は数あれど、より大きな縮尺で模型にすると、迫力ある、地形と建物の関係が見えてくる。本書は、世界遺産となっている寺社中心に、京都と奈良、紀伊山地のそれを建築模型的に立体的に造形し、そこに建物の位置や「世界遺産のコアゾーン(資産)を記すことで、寺社や周辺がどのように地形と関わって来たかを読み解いていく。補助的に凸凹地図も多く使用している。合わせて、建築史や庭園史も概観し、京都や奈良の寺社への理解がより深まる。リピーターにこそ手にとって欲しい本。第1章地形の読み方1山河襟帯で読む-地形を断面で読む2凸凹地形で読む-地形を平面で読む3都市を凸凹地形で読む第2章京都の世界遺産世界遺産でたどれる...京都・奈良の世界遺産~凸凹地形模型で読む建築と庭園

  • 「絵はがきで見る京都」

    絵はがきで見る京都:明治・大正・昭和初期価格:¥2,100(税込)発売日:2012-06-29◇光村推古書院から出版されている明治から昭和初期にかけての、「絵はがき」を集めた写真集、、、、、◇◇京都移住について考える・「老後は京都で」~トップページに戻る「絵はがきで見る京都」

  • 「聲の形」(京都アニメーション制作の切なく美しい青春物語)~今夜放送

    ◇今夜の金曜ロードSHOW!で京都アニメーション制作の切なく美しい青春物語「聲の形」が放送される。◇午後9時から。◇以下は、その番組紹介。◇「日本アカデミー賞優秀賞ほか数々の映画賞を受賞★世界各国で絶賛された感動作!コミュニケーション下手の少年と耳が不自由な少女の切なくて美しい青春物語★番組内容ガキ大将の小学6年生・石田将也のクラスに聴覚障害の少女・西宮硝子が転校してくる。硝子は将也に好意を寄せていたが、その気持ちが将也には伝わらず、将也は硝子をいじめてしまう。硝子はその後転校してしまうが、いじめを後悔していた将也は、高校生になり手話を覚え、硝子に会いに行こうと決意する。お互いの思いを上手く伝えられない不器用な2人…はたして2人の心は通じ合うのか?出演者<石田将也>入野自由<西宮硝子>早見沙織<西宮結絃>悠木碧...「聲の形」(京都アニメーション制作の切なく美しい青春物語)~今夜放送

  • 梅雨明けの京都

    iPhoneから送信梅雨明けの京都

  • きょう(京)は何の日 ? ~ 京都市固定資産税・第二期分・納付期限

    ◇今日(7月31日)は、京都市固定資産税の第二期分・納付期限、、、、◇土地(地価)を見る専門家である不動産鑑定士の方が京都という街について書いた「京都の違和感~不動産鑑定士の京都体験」。◇京都の「違和感」不動産鑑定士の京都体験クリエーター情報なし淡交社◇「〈京都ってなんかヘン!?不動産鑑定士の視点から紐解く京都の不思議〉〈観光客が感じた京都の「違和感」、たっぷりご紹介します!〉東京在住の不動産鑑定士でもある著者が、京都を度々おとずれるなかで感じた素朴な疑問をあきらかにした謎解き読本。不動産鑑定士という独自の視点から、地図や図版・イラストを用いて京都の地理や街の特徴を分析し、祇園祭や花街などの文化を歴史から紐解いたり、日常的な京都の風景を地勢から読み解きます。京都に行ったことがない人から京都好きな人まで楽しく読め...きょう(京)は何の日?~京都市固定資産税・第二期分・納付期限

  • 河原町通・雨情 ~ KIDDY LAND

    ◇冒頭の写真は、河原町通四条上る(西側)にあるKIDDYLAND、、、、◇下は、京都・太秦生まれのイラストレイター、小酒句未果さんの「月刊京都」の人気連載を単行本化したイラストエッセイ、「京都ぷらっと日記」、、、、◇京都ぷらっと日記―イラストエッセイ価格:¥1,260(税込)発売日:2013-07◇「「月刊京都」の人気連載を単行本化。イラストエッセイに加え、コラム、イラスト、写真、マップを追加した京都ライフスタイル入門書。京都在住のイラストレーターが"ぷらっと"町を歩き、「素」の京都を案内。ほのぼのとした中にピリッと辛口コメントも。知られざる博物館、ミステリースポットほか全70スポット収録。出版社からのコメントぷらっと行けちゃう京都のお手軽&穴場スポットをクスっと笑えるイラストと共に紹介!著者について小酒句未果...河原町通・雨情~KIDDYLAND

カテゴリー一覧
商用