残る桜も 散る桜ー膵臓がんサバイバーの記録
住所
出身
ハンドル名
キノシタさん
ブログタイトル
残る桜も 散る桜ー膵臓がんサバイバーの記録
ブログURL
https://cancer-survivor.jp/
ブログ紹介文
膵臓がんで手術をして12年が経ちました。統合医療でがんと闘った記録です。
自由文
エビデンスは大切です。しかし患者は統計データではない。自分に合った代替療法を考えましょう。 がんとは闘え。死とは闘うな! しかし、がんとの闘いだけに捧げた人生なんて、つまらない。「今ここに」ある自分を生きる。私の理想は「百まで生きて、がんで死ぬ」 こと。 食事療法ではがんは治らない。しかし、食事療法をしなければ(たぶん)がんは治らない。
更新頻度(1年)

276回 / 230日(平均8.4回/週)

ブログ村参加:2018/02/14

キノシタさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 09/20 09/19 09/18 09/17 09/16 09/15 全参加数
総合ランキング(IN) 2,500位 2,525位 2,489位 2,524位 2,468位 2,382位 2,357位 972,561サイト
INポイント 40 130 150 140 130 220 130 940/週
OUTポイント 1,130 2,540 3,160 2,020 3,210 3,450 1,980 17,490/週
PVポイント 3,980 9,770 14,040 9,970 12,910 11,400 7,380 69,450/週
病気ブログ 38位 38位 41位 41位 39位 36位 34位 21,502サイト
すい臓がん 6位 6位 6位 6位 6位 5位 6位 277サイト
がん 19位 18位 18位 19位 19位 20位 20位 963サイト
がん 闘病記(完治) 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 38サイト
今日 09/20 09/19 09/18 09/17 09/16 09/15 全参加数
総合ランキング(OUT) 633位 729位 832位 924位 859位 981位 1,075位 972,561サイト
INポイント 40 130 150 140 130 220 130 940/週
OUTポイント 1,130 2,540 3,160 2,020 3,210 3,450 1,980 17,490/週
PVポイント 3,980 9,770 14,040 9,970 12,910 11,400 7,380 69,450/週
病気ブログ 14位 20位 21位 25位 20位 23位 24位 21,502サイト
すい臓がん 6位 6位 7位 7位 6位 6位 7位 277サイト
がん 13位 13位 13位 13位 13位 16位 17位 963サイト
がん 闘病記(完治) 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 38サイト
今日 09/20 09/19 09/18 09/17 09/16 09/15 全参加数
総合ランキング(PV) 486位 519位 555位 591位 581位 536位 457位 972,561サイト
INポイント 40 130 150 140 130 220 130 940/週
OUTポイント 1,130 2,540 3,160 2,020 3,210 3,450 1,980 17,490/週
PVポイント 3,980 9,770 14,040 9,970 12,910 11,400 7,380 69,450/週
病気ブログ 2位 2位 2位 2位 2位 2位 2位 21,502サイト
すい臓がん 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 277サイト
がん 1位 1位 2位 2位 2位 2位 2位 963サイト
がん 闘病記(完治) 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 38サイト

キノシタさんのブログ記事

1件〜30件

  • 当日でも、CT検査も結果も分かる医院

    CT検査の予約が取れない 膵臓がんの疑いがあると言われ、大きな病院で検査を受けようとしても、造影CTの予約は2…

  • 初心者マーク 好評でした

    前回の『膵臓がん患者と家族の集い』で、参加者の胸に着けていただくナンバープレート(名札)に工夫をしました。 初…

  • LEDキャンドルでマインドフルネス瞑想

    私もサイモントン療法とマインドフルネス瞑想を交互に行っていますが、寝る前の布団の中では気持ちが良すぎて、途中で寝てしまいます。 考えたのは部屋を暗くして、椅子に座ってロウソクの火を見つめながらやってみること。これ、なかなかいい雰囲気です。 LEDのキャンドルライトなら、火を使わないので安心です。…

  • 遺伝子解析は全ゲノム検査へ

    日経の記事を見ると、遺伝子検査でイギリスは一番進んでいる。 日本の遺伝子パネル検査はせいぜい数百の遺伝子解析だ…

  • ハマリョウ氏への質問状

    ハマリョウさん。 最近のあなたのブログで、匿名さんのコメントに対する次のようなあなたの返信コメントがあります。…

  • 臓器横断型新薬の「エヌトレクチニブ」が膵臓がんで使える

    転移・再発した膵臓がん患者の方に朗報です。 NTRK融合遺伝子陽性の固形がんに対する国内で初めての治療薬 中外…

  • GI-SCREENからMONSTAR-SCREENへ

    産学連携全国がんゲノムスクリーニング「SCRUM-Japan」の第三期プロジェクトを開始すると、国立がん研究セ…

  • 膵臓がんの記事が豊富な佐藤典宏先生のブログ

    次回の『膵臓がん患者と家族の集い』で講演をお願いしている佐藤典宏先生のブログ『「がん」をあきらめない人の情報ブ…

  • 「治らない人のための情報」がない

    「余命1カ月」。今夏、そう医師から宣告を受けた千葉県船橋市の男性がいる。「残された日々とどう向きあえばいいのか…

  • 膵臓がんが切除可能かどうか。放射線科医で大きな違い

    膵臓がんは手術ができるかどうかで、生存期間に大きな差が出ます。患者としては、手術できることに大きな期待を抱きま…

  • 今日の一冊(123)『山中静夫氏の尊厳死』南木佳士

    人間が死んでいくことの意味、最期まで生き抜くってどういうことなのか、その意味を問うているのです。 「私にはやっておきたいことがあるのです」という山中さんは、毎日外出許可をもらって山奥の生まれた村に通い続けます。実は自分の墓を造っているのです。両親と兄が眠っている裏山の墓は、養子に出た自分が入るわけにはいかないが、その側に自分だけの墓を造ろうとしているのです。…

  • 「ガンとわかったら読む本」10,000部となりました。

    佐藤典宏先生のブログ。 重版(3刷)累計10,000部です。おめでとうございます。 がん患者さんが本当に知りた…

  • 病院の受付で

    1967年にシシリー・ソンダース女史がイギリスでセント・クリストファー・ホスピスを設立したのが、近年の終末期医療の始まりといわれています。先代の鈴木荘一先生は、ソンダース女史の影響を受けて、日本で終末期医療を始めた草分け的な存在です。…

  • 甲状腺がんの検査、異常なし

    今日はがん研有明で甲状腺がんの検査結果を聞きます。良性だとはいわれているが、甲状腺がんは細胞の増殖が遅いので、…

  • 白衣を着た詐欺師

    がんを告知されて頭の中が真っ白になっている状態では、何か特別な助かる道を探す患者の気持ちは十分に理解できます。 白衣を着た詐欺師に300万円を貢いだ彼は標準治療に戻るのですが、症状は相当進んだ状態でした。残された人生の貴重な時間の多くを無駄にしてしまったのです。…

  • 今日の一冊(122)『ガンとわかったら読む本』佐藤典宏

    ガンの治療においては、告知後、患者さんが決断を迫られるポイントがいくつもあります。そのそれぞれのポイントで、 どのような選択をするかによって、治療の進展の度合いが違ってくるのです。 大事なのは、よりよい選択をするために、役に立つ正しい情報を知っておくことです。 病院選びを間違えない、ガイドラインが正しいとは限らない、手術前からスクワットを始めよう、タンパク質を多く摂れ、口腔ケアが大事…

  • 1ヶ月で追い出される緩和ケア病棟

    先日の『膵臓がん患者と家族の集い』では大津秀一先生の講演がありましたが、たくさんの方から「役立った」「今必要な…

  • 『膵臓がん患者と家族の集い』の感想(2)

    「膵臓がん患者と家族の集い」に参加された方から、続々と感想を書いていただき、ありがとうございます。まずは大津先生です。そこで

  • ストレスはがん患者の死亡率を高める

    「海外がん医療情報リファレンス」のこの記事、よく読むと子宮頸がん以外のがんもストレスで死亡率が高くなると読めま…

  • セカンドオピニオン拒否され、適切な治療受けられずー膵臓がん患者が提訴

    先日8月30日に、膵臓がん患者さんが、 独立行政法人国立病院機構 静岡医療センターと元の主治医を東京地方裁判所…

  • 『膵臓がん患者と家族の集い』の感想をいただきました。

    先日の『膵臓がん患者と家族の集い』に参加された方で、サポーター等を除けば10人の方がブログを発信しています。 …

  • 『膵臓がん患者と家族の集い』10月の受付を始めました。

    次回の『膵臓がん患者と家族の集い』は、佐藤典宏先生の講演「膵臓がんの標準治療と代替医療~外科医の立場から~」で…

  • 8/31『膵臓がん患者と家族の集い』開催しました。

    第19回『膵臓がん患者と家族の集い』が、8月31日に開催され、約110名の膵臓がん患者と家族、ご遺族が参加され…

  • 膵臓がんの集いー忘れ物

    本日の『膵臓がん患者と家族の集い』、盛況のうちに終了しました。大きな忘れ物がありました。パソコンのマザーボードとCPUが入った紙袋で

  • 来年の実用化目指す“新たながん検査”

    「ウンチの匂いを薄めると、ジャスミンの香りになる」から、尿を薄めたら線虫ががんを発見できるのでは?逆転の発想がおもしろい。201

  • このがん治療でよいのかーサライの記事

    佐藤典宏先生の著書に『 「このがん治療でいいのか?」と悩んでいる人のための本 』があります。 雑誌「サライ」の…

  • 検査結果を患者に知らせた医師の苦悩

    それまでは患者に検査結果を丁寧に説明していたのですが、メラノーマの肝転移が分かったとき、 「先生、今日の検査結果どうでした?」  病室で香山さんに聞かれた私は、 「もう少し検査結果がそろってからまとめてお話ししますね」  と返事をするのが精いっぱいでした。 しかし、患者さんは気付くのですね。突然検査結果を告げなくなったのですから。…

  • 光免疫療法が目指すがん治療の未来―「がんで死なない治療」への挑戦

    がん細胞を認識できるリンパ球がいくら体内で増えても、免疫チェックポイントが作用すると、攻撃ができません。こうした状況は、人間でも起こります。その場合には、光免疫療法に加え、ニボルマブ(製品名:オプジーボ)のような免疫チェックポイント阻害薬を併用することで、効果的な免疫効果を得られる可能性があります。…

  • 白内障対策でサングラス

    1年前に白内障を指摘されて、まだ手術するほどではないといわれています。治療はしておりません。目薬もあるが、気休め程度だと医者も言うの

  • パンキャンセミナー「膵臓がんゲノム医療の最前線」

    『膵臓がん患者と家族の集い』へたくさんの方から参加申込みをいただきました。ありがとうございます。116名の申込…

読者になる