searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
インデックス投資で長期縦走へ
ブログURL
https://sindanindex.com
ブログ紹介文
5人家族の30代サラリーマンが、投資信託のインデックス投資(世界分散投資)で資産形成を目指します。
更新頻度(1年)

110回 / 365日(平均2.1回/週)

ブログ村参加:2018/02/04

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、青井ノボルさんの読者になりませんか?

ハンドル名
青井ノボルさん
ブログタイトル
インデックス投資で長期縦走へ
更新頻度
110回 / 365日(平均2.1回/週)
読者になる
インデックス投資で長期縦走へ

青井ノボルさんの新着記事

1件〜30件

  • つみたてNISA・iDeCoの運用実績公開(2020年6月)

    青井ノボルです。個人的な話ですが、ブログを書くのは1ヵ月半ぶりとなります。記事は書いていませんでしたが、元気に日常を過ごしています。インデックス投資を始めるにあたり、書きはじめたブログです。その時に感じたことを書き綴る、大切な場所だと思って

  • つみたてNISA・iDeCoの運用実績公開(2020年5月)

    非課税口座を活用して全世界株式へ投資するファンドに積立投資。やっていることはシンプルです。投資との距離感を私生活に合わせて変えられるのも良いですね。この記事では、つみたてNISAとiDeCoについて2020年5月末時点の運用実績を公開します。

  • eMAXISなんでもランキング(2020年4月)

    青井ノボルです。三菱UFJ国際投信が運用している、ノーロードインデックスファンド。新型コロナの影響が心配でしたが、むしろ好調というのが凄いですね。自粛の影響もあってか、ネット証券の口座開設も増えているのだとか。実体経済が落ち込んでいる割には

  • つみたてNISA・iDeCoの運用実績公開(2020年4月)

    リモートワークが定着してきて、通勤する機会が激減して。通勤電車内でブログを更新するルーティンは大きく崩れて。更新頻度が下がっていますが、この記事は絶対に残したい。この記事では、つみたてNISAとiDeCoについて2020年4月末時点の運用実績を公開します。

  • 三菱UFJ国際投信のオンラインブロガーミーティングに参加

    青井ノボルです。2020/5/1、三菱UFJ国際投信のブロガーミーティングに参加しました。ただリアルなイベントではなく、オンライン配信でのイベントでした。オンライン配信によるブロガーミーティング、意外と楽しかったです。1時間という短い時間で

  • eMAXISなんでもランキング(2020年3月)

    青井ノボルです。三菱UFJ国際投信が運用している、ノーロードインデックスファンド。相場が乱高下するなかでも、積立投資家に愛されるファンドシリーズ。最近チェックを怠っていたのですが、資金流入は止まっていませんね。これだけの相場なので積立を止め

  • 2020年2月分の残業代を公開します

    青井ノボルです。新型コロナウィルスの感染拡大が深刻な事態となってきました。サラリーマンとして働いている環境も、大きく変化しています。これまで人手不足で賃上げの議論も活発でしたが、一時停止。今後は政策的にも、雇用維持に舵を切っていくことでしょ

  • つみたてNISA・iDeCoの運用実績公開(2020年3月)

    インデックス投資は3年目ですが、試練がやってきました。新型コロナウィルスの影響により、相場は荒れ模様です。実生活にも悪影響が大きく、本当に危機だなと思います。この記事では、つみたてNISAとiDeCoについて2020年3月末時点の運用実績を公開します。

  • 相場変動をすべて受け入れるのが長期のインデックス投資

    投資の世界では、インデックスは市場平均を示す指数。対象は債券だったり株式であり、評価額が変動するリスク資産であり、大きく上下変動することも。この記事では、相場変動をすべて受け入れるのが長期のインデックス投資であることについて改めて考えます。

  • インデックス投資にはファンド選びより投資方針が重要だと思う

    インデックス投資をはじめるとき、先人の知見をフル活用しながら、考え方の型を学びました。ワタシの置かれた状況などを踏まえて、どうすべきか考えたものです。この記事では、インデックス投資においてファンド選びより投資方針が重要だと考えることについて書いていきます。

  • Kyashの月間利用額公開(2020年2月)

    青井ノボルです。Kyashリアルカード、2枚目の発行を済ませてから1ヵ月ほど。新しいKyashCardの発送開始が延びており、良い判断でした。現行リアルカードでも、1%還元が4月中まで適用されるようです。あと1ヵ月ちょっとの間は、ライトブル

  • NYダウが過去最大の下げ幅で急落するなかで感じたこと

    新型コロナウィルスの脅威は、全世界に広がっているようです。欧米でも感染者が増加しており、経済活動にも影響が。悲観一辺倒な雰囲気の中で、相場も荒れ模様となっています。この記事では、NYダウが過去最大の下げ幅で急落して考えることについて書いていきます。

  • eMAXISなんでもランキング(2020年2月)

    三菱UFJ国際投信は、個人投資家との意思疎通を丁寧に行ってきました。eMAXIS公式LINEも開設し、投資家との接点を強化。相場が荒れている今こそ、運用会社の真価が問われます。この記事では、2020年2月のeMAXISなんでもランキングについて考察します。

  • 新型コロナウィルスによる相場急落は正直怖いけれども

    このところ、新型コロナウィルスが猛威をふるっています。世界経済は、未知の感染症にまだまだ脆いようです。これに伴い、相場は大きく動いています。この記事では、新型コロナウィルスによる相場急落は正直怖いけれども、どうやって投資を継続するかについて書いていきます。

  • 野村スリーゼロ先進国株式に投資すべきか考える

    信託報酬ゼロのインデックスファンドが誕生します。2030年12月31日までの期間限定ですが、まさかのゼロなのです。インデックスファンド界隈は、新規設定のニュースに沸きました。この記事では、野村スリーゼロ先進国株式について考察し、投資すべきかを考えます。

  • eMAXIS Slim 先進国株式が7回目の信託報酬引き下げへ

    eMAXIS Slim シリーズといえば先進国株式。米国株式(S&P500)に主役を譲ったものの、まだまだ牽引役で資金流入が続いています。この記事では、eMAXIS Slim 先進国株式が7回目の信託報酬引き下げを実施することについて書いていきます。

  • つみたてNISA・iDeCoの運用実績公開(2020年2月)

    インデックス投資を始めてから、丸2年が経過して3年目へ。まだ長期投資の緒に就いたばかりです。相場変動を見ても、上昇と急落を繰り返して、まさにリスク資産だと感じます。この記事では、つみたてNISAとiDeCoについて2020年2月末時点の運用実績を公開します。

  • 子ども総合保障制度(こども総合保険)の保障は不要なので加入しません

    公立小学校への入学準備書類の中に、加入案内チラシがありました。PTAが窓口の子ども総合保障制度(こども総合保険)です。とりあえず入るという人も多いでしょう。この記事では、子ども総合保障制度(こども総合保険)の中身を確認しながら、本当に加入すべきかを考えます。

  • eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)の1本に絞って良かったこと

    ワタシの場合、時価総額比率の全世界株式に投資がしたい。無リスク資産とのバランスを考えつつ、3本のファンドを積立中でしたが、遂に1本化です。この記事では、eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)の1本に絞って良かったことについて書いていきます。

  • 2020年1月分の残業代を公開します

    新型コロナウィルスのことが連日ニュースで報道されています。リモートワークを含め、柔軟な働き方が強く求められています。有事への余力を残しておくためにも、業務時間内に完結する意識は大切ですね。この記事では、ワタシの2020年1月分の残業代を公開します。

  • NISA制度の改正点が見えてきたが理想は遠い

    与党の令和2年度税制改正大綱が発表されてから、約2ヵ月が経過。確かな前進がありましたが、理想の状態になったかと言えばまだ十分では無いと思います。この記事では、NISA制度の改正点が見えてきたものの理想は遠いと感じることについて書いていきます。

  • eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)が600億円突破

    勢いが止まりません。500億円突破から約1ヵ月で600億円に到達しました。FOY2019でも第2位までランクアップし、人気の高いファンドです。この記事では、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の純資産総額600億円突破について書いていきます。

  • Kyashの月間利用額公開(2020年1月)

    Kyashリアルカードを日常使いしていると、愛着が湧いてきます。還元率1%にも慣れてきて、もはや欠かせないカードと言えます。新しいKyashカードも待ち遠しいところです。この記事では、2020年1月におけるワタシのKyash月間利用額を公開します。

  • eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)がFOY2019第1位に輝いた理由

    投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2019、第1位に輝いたあのファンドをはじめ、三菱UFJ国際投信が好調でした。この記事では、eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)がFOY2019で第1位を獲得できた理由を考察します。

  • サラリーマン給与を時給換算したら約4,600円でした(2019年版)

    青井ノボルです。人手不足は未だに深刻で、働き方改革という言葉も定着しました。2020年4月からは同一労働同一賃金の動きも本格化していきます。労働を取り巻く環境は目まぐるしく変化しているのが最近の動向。従来の感覚でいると、社会から取り残される

  • ねこまにあさんを迎えて第8回ラーメンずずず会を開催

    2020年になってから、初のラーメンずずず会を開催しました。これで8回目ですが、何故かラーメンを食べます。良いタイミングで、ねこまにあさんが上京されるとのことで、久しぶりの遠方ゲスト。この記事では、第8回ラーメンずずず会を開催した話を書いていきます。

  • eMAXISなんでもランキング(2020年1月)

    eMAXISシリーズは、インデックス投資界隈で有名な存在です。投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2019でも高評価でした。7本が20位以内とは流石です。この記事では、2020年1月のeMAXISなんでもランキングについて考察します。

  • 2019年12月分の残業代を公開します

    コロナウィルスの影響もあり、マスク着用の人が増えています。例年インフルエンザが流行る季節なので、体調管理は大切です。サラリーマンであれば、気力体力の余力を残しながら効率的に仕事を進めたいですね。この記事では、ワタシの2019年12月分の残業代を公開します。

  • 2019年分源泉徴収票からiDeCoの節税効果を確認

    iDeCoによる所得控除効果を丸1年分享受した初めての年。節税効果は、2019年の源泉徴収票を見ながら計算してチェックします。サラリーマンなら、一度は自分で確認すべきだと思います。この記事では、2019年源泉徴収票からiDeCoの節税効果を確認します。

  • つみたてNISA・iDeCoの運用実績公開(2020年1月)

    このブログを書き始めて、早いもので丸2年が過ぎてしまいました。インデックス投資も少しすれば3年目。投資スキルが上がったかと問われれば、ほぼ変化無しが実態です。この記事では、つみたてNISAとiDeCoについて2020年1月末時点の運用実績を公開します。

カテゴリー一覧
商用