プロフィールPROFILE

ろっしーさんのプロフィール

住所
イギリス
出身
愛知県

自由文未設定

ブログタイトル
アーセナル・コラム
ブログURL
http://littlemozart777.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
アーセナルの記事を中心に海外サッカーの動画や記事をゆるーく翻訳していこうかと思います。
更新頻度(1年)

134回 / 356日(平均2.6回/週)

ブログ村参加:2017/06/06

ろっしーさんのプロフィール
読者になる

ろっしーさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,721サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 6 24 22 48 22 18 48 188/週
サッカーブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9,010サイト
プレミアリーグ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 273サイト
今日 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,721サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 6 24 22 48 22 18 48 188/週
サッカーブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9,010サイト
プレミアリーグ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 273サイト
今日 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 全参加数
総合ランキング(PV) 15,553位 14,348位 14,278位 14,050位 14,303位 14,017位 13,797位 977,721サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 6 24 22 48 22 18 48 188/週
サッカーブログ 140位 131位 133位 128位 131位 130位 128位 9,010サイト
プレミアリーグ 5位 5位 4位 4位 4位 4位 4位 273サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ろっしーさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ろっしーさん
ブログタイトル
アーセナル・コラム
更新頻度
134回 / 356日(平均2.6回/週)
読者になる
アーセナル・コラム

ろっしーさんの新着記事

1件〜30件

  • アーセナル・コラム移転のお知らせ

    先日から予告していたブログ移転についてですが、今日の記事から新サイトでの公開となります。新サイトのアドレスは https://arsenal-koramu.com/ となっています。特に内容などは変えるつもりはないですが、URLだけ異なりますので、もしお気に入り登録などしてくださっている方がいましたら、新アドレスのほうの登録のほうよろしくお願いいたします。ちなみに、今日の記事は『メスト・エジルのプロフェッショナルな姿勢を称え...

  • エミール・スミス=ロウ: アーロン・ラムジーの後継者 後編

    この記事はおとといの前編の続きとなっていますドイツへのレンタルケガのせいでまだデビューを果たしていないが、スミス=ロウは現在ブンデスリーガにレンタルされている。ドイツで修業を積むのはイングランド人の若手にとってのトレンドになっているようだ。エヴァートンのルックマンもライプツィヒに一月にレンタルで加わり、11試合で5得点を挙げている。ジェイドン・サンチョがシティのユースチームから這い上がってトップ代表デ...

  • 選手採点 vs ニューカッスル(H) by James Benge

    GK レノ 6ニアポスト際のシュートを一つ止めた以外はほとんどやることがなかった。DF ムスタフィ 5何故か彼はいつも最善の選択はスライディングだと思い込んでしまっており、フリーキックを与え味方にプレッシャーをかけてしまう。自分のボックス内でプレッシャーがかかっていない状況にもかかわらずロンドンにボールをパスしそうになったりもしていた。ソクラティス 6少しロンドン相手に苦戦する場面もあったとはいえ、大体の...

  • エミール・スミス=ロウ: アーロン・ラムジーの後継者 前編

    高まるラムジーの評価ラムジーにとって今年は波乱に満ちた一年だった。まず、彼が契約延長にサインするという噂が流れ、その後クラブ側が契約延長オファーを取り下げた。その間にはエジルと同程度の週給を求めているという噂まで流れたし、いやいや、ムヒタリアンくらいで満足していたのだなどという説もあった。それに伴ってエメリはラムジーの起用を控え、その後も調子は上がらなかった。彼はボックストゥボックス型MFを好まない...

  • 売却?レンタル?それとも放出? この夏のアーセナルユース選手たちの運命は!? 後編

    リース・ネルソン: ファーストチーム入り数か月前には、夏のトップチーム昇格どころか、どうにかしてネルソンを冬の時点で呼び戻せないかという議論までされていたが、最初の7試合で6得点を挙げて以降は壁にぶつかってしまっている。練習に遅刻してきたことでメンバーを外されたりもし、シーズン半ば以降は出場機会を得られていない。 ネルソンのポジションがアーセナルが必要としているポジションと被っていなければ、来季ももう...

  • 売却?レンタル?それとも放出? この夏のアーセナルユース選手たちの運命は!? 前編

    最近のアーセナルのユースアカデミーは近年まれにみる大豊作となっている。ネルソンがブンデスリーガで活躍する一方で、サカやスミス=ロウといった若手もファーストチームでチャンスを与えられている。彼らの存在を、エメリやメルテザッカー、ユングべりは非常にうれしく思っているだろう。だが、それと同時に、頭痛の種にもなりつつある。ヨーロッパのビッグクラブがプレミアリーグのユースチームの有能さに気づきつつあり、アー...

  • アーセナルのトップ4入りにその活躍が不可欠な5人の選手

    プレミアリーグ開幕から7か月が過ぎ、残る8試合に全てが懸かることとなった。今年最後の代表戦ウィークが終わり、アーセナルは現在4位、トップ4入りに向けて現実的なチャンスを残している。だが、3位のスパーズから6位のチェルシーの差は勝ち点4しかなく、一歩でもミスを犯す余地はない。アーセナルは月曜日のエミレーツでのニューカッスル戦まで試合がないが、その後の7試合のうち5試合がアウェイだ。彼らのアウェイでの戦...

  • コラシナツの成長のおかげで左サイドバック獲得はもはや優先課題ではない

    もしアーセナルファンに2018年の秋にどんな補強が必要だろうか?という質問をしていれば、多くの人が新しい左サイドバックを候補に含めていただろう。だが、そこから何か月か経った今、そこまでの切迫した必要性は感じられない。 これは、コラシナツが大きな成長を遂げたのが理由の一つで、一年目のイングランドの壁を乗り越え、チームでの地位を固めて見せた。昨シーズンの終わりには、状況はあまり良くないように見えた。モンレ...

  • Q&A コシェルニー Twitter版

    今回はTwitterで募集した質問にコシェルニーが答える、というシリーズです!(一匹のコラシナツの大きさのニワトリか100匹のニワトリの大きさのコラシナツ、どちらかと闘わないといけないとしたら?)絶対にコラシナツサイズのニワトリの方がマシだね!(一週間で好きな曜日は?)月曜日だね、子供が週末暴れまわり終わってようやく学校に行ってくれるから!(一番WWEレスラーになれそうなのは?)うーーん、ウェルベックじゃないかな(ピ...

  • アーセナルのアウェイ成績改善への道 後編

    (この記事は昨日の前半の続きとなっています)厳密な意味でアウェイゲームだったのかという疑問は残るにせよ、スパーズ戦ではアーセナルの復活の兆しが見えた。アーセナルはムスタフィのミスの代償を支払わなくてはならなかったが。無理やり同情の余地を作るとすれば、ムスタフィは本来のポジションで プレイしていなかったから、という見方も出来なくはないが、もしムスタフィを定期的に見ている方であれば、彼は濡れた棒で部屋に...

  • アーセナルのアウェイ成績改善への道

    プレミアリーグも残り8試合となり、アーセナルは現在4位で、トップ6との試合を一つも残していない。これに基づけば、アーセナルはトップ4入りを有望視されるべきだといえる。だが、この8試合のうち5試合がアウェイであり、アーセナルのアウェイでの戦績がトップ4入りの唯一の障害となるだろう。アーセナルが来季CLに出場できるかどうかは、アウェイでのエヴァートン、ワトフォード、ウルブズ、レスター、バーンリー戦の出来にかか...

  • アーセナルはユースチームの選手により多くの出場機会を与えなくてはならない

    シャビエル・アマエチとタイリース・ジョン=ジュールズをはじめとした、10人のユースチームの若手がアーセナルのドバイ遠征にラカゼット、コシェルニー、エジルらといったメンバーと一緒に帯同している、クラブの主要選手の多くが代表選で離脱する中、エメリはこの代表ウィークを暖かい気候のもと若手の視察に使うつもりのようだ。アマエチとジュールズはイングランドのユース代表に選出されていたが、アーセナルからのリクエスト...

  • ナイルズはついにチームでのポジションを掴んだのか

    もうずいぶんと前から、ナイルズは素晴らしいポテンシャルの持ち主だと語られてきた。2014年に17歳でデビューして以降、彼の成長は興味を持って見守られている。2015/16シーズンにイプスウィッチタウンでのレンタル移籍を経てファンの興味は期待に代わり、そしてそれ以来ユース出身選手の期待の星の一人となっている。そして、この数か月で、ナイルズは単なる有望な若手ではないということを証明しつつある。彼は、将来ではなく今...

  • アーセナルが夏に獲得するかもしれない10人の選手

    夢の獲得5人+より現実的な5人という二段構えとなっています!サミュエル・ユムティティアーセナルはこの夏CBを探すだろうが、ユムティティ以上に魅力的な候補者はいるまい。今季はケガに苦しんだが、本調子の時の彼は比類なき能力を誇る。バルセロナが昨年監督したばかりの選手を手放す可能性があるというのは奇妙に思えるが、彼らはすでに65Mを払ってフレンキー・デヨングを獲得しており、またこの夏彼の元相方のデ・リフト...

  • サンジェイはアーセナルの今後のカギを握る決断を下さなくてはならない

    アーセナルがラウル・サンジェイとヴェンカテシャムがともにアーセナルの指揮を執っていくと発表した際、一人の人物がトップに立ってクラブを率いていく時代は終わったのだと思われた。スタン・クロエンケにその任務を託されたガジディスはCEOの職に10年以上就いており、アーセナルにヨーロッパのエリートクラブの仲間入りをさせるはずだった。この期間中の大部分にわたって権力はヴェンゲルとガジディスで分け合われていたが、...

  • 現アーセナル選手の残契約年数まとめ

    代表ウィークということでネタがないので、現アーセナル所属選手の残り契約をtransfermarktなどを参考にまとめておきます。もちろん契約は延長されるものですね一概には言えませんが、契約が残り一年となっている選手は退団が濃厚なことが多く、契約管理からはチーム構想が透けて見えるので興味深いです。今シーズン末までアーロン・ラムジー退団→ユベントスへの入団が確定していますね。せっかく生き生きとプレイし始めているとこ...

  • コシェルニーの復活 後編

    (この記事は昨日の前編の続きとなっています)アーセナルのキャリアの前期には彼は主にフィジカルでの優位さを武器に戦っていた。しかし、今シーズン彼のフィジカル面での負担は減り、よりよりゆったり構えたプレイを見せている。フィジカル重視型のDFは誰もがこのようにうまく適応できるわけではない。今季コシェルニーは12試合しか出場していないため、サンプル数は多いとは言えないが、それでも昨シーズンとは異なる傾向が表れ...

  • コシェルニーの復活 前編

    昨年の5月、ワンダ・メトロポリターノの高い観客席から、私は一人の人影が地面に崩れ落ちるのを目にした。ボールは即座に蹴りだされ、スタジアム中に動揺の波が広がった。アウェイ席はピッチから離れた位置にあったため、皆首を伸ばすようにして誰が痛みに苦しんでいるのかを判別しようとしていた。結論が出るのに時間はかからなかった。その人影はアーセナル守備陣の中央左側に居た。それは、ローレン・コシェルニーだった。その...

  • Q&A モンレアル

    (最高の選手)今の時点で言うならラカゼットがアーセナル最高の選手だね。とても調子が良いし、得点もたくさん決めている、チームメイトのサポートも忘れないしね。練習でも目立っているよ、常に全力だしね。(タフなやつ)パパだね。背も高くて強いし、タックルもアグレッシブだ。ミニゲームでチームメイトを選べるなら真っ先にパパを選ぶね。コシェルニーもタフだよ。結構よく怒るからね、負けた試合の後とかはちょっと離れておいた...

  • シュチェスニーのアーセナル元チームメイトへの面白コメント集まとめ

    ポーランドでインタビューを受けたシュチェスニーが元チームメイトについて、正直にかつ面白おかしく語っていたので訳してみました!ロシツキー『リトル・モーツァルト』は本当に楽しそうにプレイするよ。彼のピッチ上での動きは凄くて、優美で気品がある。多分俺が知っている中で最も金持ちのサッカー選手なんじゃないかな?知ってる限りではいつも同じ車に乗っていたし、スポンサーが提供してくれた服を着ているのしか見たことが...

  • 選手採点 vs レンヌ(H) by Charles Watts

    GK チェフ 7前半は傍観者となっていたが、後半に素晴らしいセーブを見せた。ぼっく内へのボールに良く対処した。DFムスタフィ 致命的な失点につながる寸前のミスを一つ犯したが、それ以外はシンプルに良く守った。コシェルニーまたしても素晴らしいパフォーマンス。何度もタックルを成功させ、試合を通して模範となった。モンレアル 7サールの脅威に良く対処した。ソリッドな試合を送った。ナイルズ 8右サイドで輝いた。エミレ...

  • Q&A ラムジー、ジェンキンソン、ムヒタリアン

    (ロッカールームで一番うるさいのは?)ラムジー) 『自分/ミキ』ジェンキンソン) 『ランボ』ムヒタリアン『自分』ラ) ジェンコはあり得ないよ、いつも静かだからねジェ) ラムジーはうるさいってほどではないけど、いつも建設的なことを話してくれるし、いろいろ情報を持っている。ム) ジェンコはないね、一言もしゃべらないから笑 でも、俺が一番おしゃべりだと思うな。(アーセナルで一番頭が良いのは?)ラ) 『チェフ』ジェ) 『チ...

  • アーセナルがトッテナムよりも上位でシーズンを終えられる4つの理由

    ここ2シーズンにわたって、トッテナムはアーセナルよりも上の順位でシーズンを終えている。短い期間とはいえ、スパーズは優越感に浸っていることだろう。当初は今季もその流れは継続するのだと思われた。だが、勢いで言えば今やエメリのアーセナルの方が優位に立っているようだ。この記事では、今季こそガナーズが北ロンドンの王冠を奪回すると信じられる理由を解説していこう。1) 残り試合の日程アーセナルは、ユナイテッド戦が...

  • アーセナルに現れたリーダー、ソクラティス・パパスタソプーロス

    アーセン・ベンゲル時代のアーセナルはよく『リーダーを欠いている』と批判されたものだ。これは、重要な試合でアーセナルが敗戦するたびに何度も呪文のように繰り返されてきた。だが、その文句はエメリがアーセナルにやってきて以来影を潜めている。面白いことに、アーセナルの成績がついてきていなかった時期にさえも、そのような批判は聞かれなかった。部分的には、エメリの

  • 選手採点 vs マンチェスター・ユナイテッド(H)

    GKレノ 9最近どんどん安定感を増してきていたが、今日もそれを継続。チームを救うセーブを何本も見せ、良い攻撃を見せるユナイテッド相手に自力でクリーンシートを勝ち取った。至近距離からのシュートへの圧倒的な強さを見せ、かつノイアーっぽい良い飛び出しも一つ見せた。好セーブを見せた後でもそこまで派手なリアクションを見せないので、恐らくメンタル的にもチェフと同じような冷静沈着型GKに進化していくのだろう。DFナイル...

  • アーセナルに賭け続けて借金まみれ!企画 中間報告その5

    ・・・タイトルから察してください。笑おさらいしておくと、前回の中間報告の時点で既に-2400円でした。そこからチェルシーに勝利を収めて-400円まで盛り返したものの・・・vs チェルシー 勝利 +2000vs マンU(FA杯) 負け -1000vs カーディフ 勝利 +300vs シティ 負け -1000vs ハダスフィールド 勝利 +600vs バテ 負け -1000vs バテ 勝利 +100vs サウサンプトン 勝利 +550vs ボーンマス 勝利 +400vs トッテナム 引き分け -1000vs ...

  • モンチを招聘するにあたり、アーセナルはミスリンタート退団から学ばなくてはならない

    アーセナルのモンチ招聘プランの最初の一歩が完了した。2年に満たないローマでの生活を終え、彼は新たなチャレンジを探していることが公になったのだ。とはいえ、ヨーロッパで最も高い評価を受けるタレント発掘者の一人である彼をテクニカルディレクターに就任させること自体を成功ととらえるのは気が早い。ローマとモンチの犯した失敗をアーセナルで避けるためには、サニエヒとエメリは注意深くお互いが何を求めているのかを明ら...

  • 選手採点 vs レンヌ(A) by James McNicholas

    GK チェフ 7 キャリアの最終年で古巣対決となったチェフにとっては感情的な夜だっただろう。同点弾に関しては彼のできることは何もなく、他の場面では何度もよいセーブを見せた。DF ムスタフィ 6 怪我で二度プレイを二度中断したりと難し試合だったが何とか続行し、惜しいシュートも放った。ソクラティスが怪我したのちはより慣れ親しんだポジションに移ったが、だからといってより良いプレイが見せられたわけでもなかった。コシェ...

  • 衰え知らずのモンレアルはアーセナルで最も過小評価されているスターである

    モンレアルが活躍した時には、人々がそれに気づかないというのは、ある意味彼にぴったりだと言えるかもしれない。 この6年間で、彼が新聞の見出しになったことはほとんどなかった。万おぶざまっちに選出されたこともほとんどなければ、シーズン2得点以上を挙げたのも一度だけしかない。だが、彼のここまでのキャリアを振り返ってみれば、彼が出場した234試合でとても頼りになり、穴があきがちだった守備陣を常に支え続けた。モン...

  • ウナイ・エメリのトップ6相手の戦術分析とユナイテッドの迎え撃ち方

    アーセナルがトップ6のライバル相手に、特にアウェイでよい成績を残せていないのは、良く知られている。アーセナルがアウェイでトップ6相手に最後に勝利したのは4年前、サンティ・カソルラが輝いたエティハドスタジアムでのことだ。これは今年も継続しているが、エメリの下では改善の兆しが見えている。アーセナルはスパーズ戦とマンチェスターユナイテッド戦両方で勝利を収める可能性が大いにあったし、チェルシー戦もチャンス...

カテゴリー一覧
商用