searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

みらいあせっとさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
東北投信
ブログURL
https://blog.tacos-heaven.xyz/
ブログ紹介文
つみたてNISAなど、投資信託の積立投資中心のブログです
更新頻度(1年)

71回 / 171日(平均2.9回/週)

ブログ村参加:2017/04/04

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、みらいあせっとさんの読者になりませんか?

ハンドル名
みらいあせっとさん
ブログタイトル
東北投信
更新頻度
71回 / 171日(平均2.9回/週)
読者になる
東北投信

みらいあせっとさんの新着記事

1件〜30件

  • XSOE(新興国株ニューエコノミーファンド)への投資を検討してみた

    ウィズダムツリーの「XSOE(新興国株ニューエコノミーファンド)」というETFについて解説します。WisdomTree Emerging Markets ex-State-Owned Enterprises Fund | WisdomTre

  • EUDG(ウィズダムツリー 欧州株クオリティ配当成長ファンド)への投資を検討してみた

    今回は配当成長株ファンドである「EUDG」について調べてみます。EUDGは米ウィズダムツリーのETFで、欧州の大型株のうち、成長性のある配当金支払い銘柄300社から成る指数(WisdomTree Europe Quality Dividen

  • DGRW(米国株クオリティ配当成長ファンド)への投資を検討してみた

    今回は配当成長株ファンドである「DGRW」について調べてみます。DGRWは米ウィズダムツリーのETFで、米国の大型株のうち、成長性のある配当金支払い銘柄300社に投資します。WisdomTree U.S. Quality Dividend

  • 米国株式(S&P500指数)のパフォーマンスとGAFAM依存の話

    2020年現在、米国株式のパフォーマンスは大型グロース株であるGAFAM(Google、Apple、Facebook、Amazon、Microsoft)の影響が強くなっています。今回はそれを可視化する1つの方法として、時価総額のETFと、等

  • GDP比率の全世界株式を長期投資目的で選ぶ際の注意点

    最近ちらほら出てきたGDP比率の全世界株式ファンド。ただ、これは長期投資を行う上で結構気を付けないといけないかもしれません。というのも、2060年頃に向かって世界における新興国のGDPは約7~8割まで増大し、アセットアロケーションの大部分が

  • 3000円投資生活を始めて3年が経過したので運用損益を紹介します

    2017年から毎月ほぼ3000円ずつ積み立てる「(ほぼ)3000円投資生活」が3年目になったので、その途中経過を紹介しましょう。★「3000円投資生活」として以下のファンドに積み立て 世界経済インデックスファンド(原著のおすすめ)半年前は

  • 1987年以降の全世界株式(3地域均等型・オールカントリー)の比較

    1987年以降の「3地域均等型とオールカントリー」を比較しました。あまり3地域均等型のことを話題にする方はいないのですが、全世界株式の1つの商品ということで比較してみたくなったのです。★使った指数とその保有比率 3地域均等型(Japan

  • 人気の海外高配当ETF3種を選ぶ2つの視点

    高配当ETFとして人気のある3つの海外ETF(VYM / HDV / SPYD)の選び方を解説します。米国上場の高配当ETFは他にもあるのですが、今回はこの3つだけに絞って紹介します。★比較する海外ETF VYM:バンガード・米国高配当株

  • 新興国株式とコモディティインデックスの関係

    1988年以降の新興国株式とコモディティインデックス(S&P GSCI Commodity Total Return)の関係について調べたので紹介します。結論から述べると、コモディティインデックスが上昇するほど新興国株式も上昇しやす

  • 「預金はインフレに弱いので投資すべき」の本当のところ

    「預金はインフレに弱いので投資しましょう」と喧伝されることがあります。特に金融機関が金融商品を売るために、そう言ってることってありますよね。数年前まで筆者もそう思っていましたが、最近になって「預金がインフレに弱いとは言い切れない」ことを知っ

  • 国内株式(日経平均株価)にゴールドを加えたポートフォリオの評価

    今回は国内株式(日経平均株価)のみのポートフォリオと、国内株式90%にゴールドを10%加えたポートフォリオのパフォーマンスを比較します。ポートフォリオに10%のゴールド(ドル建て・円ヘッジ問わず)を加えることで、運用成績が改善されるとの検証

  • NYダウ平均株価(円建て)の100年チャート(1914年-2020年)

    円建て換算後のNYダウ平均株価について、1914年から2020年までの約100年間分を作ったので紹介します。このデータは正直、私たちの資産形成を考える上ではほぼ役に立たない(笑)のですが、一種の資料としてはたぶん興味深いので、記事に残してお

  • 1949年以降のNYダウ平均株価(円建て)の保有期間リターン

    円換算したNYダウ平均株価の1949年から2020年のデータを利用し、一括投資した際の保有期間リターンを求めました。個人投資家が米国株を見る際、無意識的にドル建ての数値をそのまま見ていることが多いです。しかし、実際には為替で大きくパフォーマ

  • インバースETFだけを買ってお金持ちになれる?

    「インバースETFだけを買ってお金持ちになれるか?」という質問を見かけたので、解説してみたく思います。「インバース型ETF」をご存知でしょうか。「インバース」とは、英語の「Inverse」からきており、日本語では「逆」という意味です。一般的

  • 「全世界株式と米国株式に同時に投資する」ことの意味するところ

    「全世界株式に投資すべきか?米国株式に投資すべきか?」という質問はよくあるものなのですが、その1つの回答として「全世界株式も米国株式も両方投資する」という話になることがあります。これは最近10年に限定して見ると確かに正しい判断でした。ある程

  • 「つみたてNISA(積立NISA)で100万円の資産形成」がぼんやり見えてきた

    つみたてNISAが始まって、早いもので3年目。年間40万円の積み立てを3年間継続できた人は、現在の評価額が100万円を超えているかもしれませんね。現在の評価額は70万円ほど。2020年の投資可能枠は残り30万円近くあるので、今後の状況によっ

  • 日経アジア300i指数と新興国株式指数に連動する2つの投資信託を比較

    今回は中国・韓国・台湾などの新興国株式を中心に構成される「日経アジア300インベスタブルインデックス」に連動する投資信託と、一般的な新興国株式インデックスファンド(MSCIエマージングマーケットインデックスに連動)を比較してみようというお話

  • 「投資は何から始めればいいですか?」と思ったらチェックしたいコンテンツ

    投資に関心を持った方が、何をすればいいかわからなくて、投資経験者に「何をどうすればいいですか」と聞いてしまうのはよくある光景です。基本的に、投資を始めるためには以下の3ステップだけでOKなのですが、それだけだと割と納得してもらえない(笑)ん

  • 米国株で代表的な3指数の長期パフォーマンスの比較

    この記事では、インデックス投資を通じて目にすることが多い、米国株式の代表的な3つの指数について、1990年7月以降の保有期間リターン等を求めたので紹介します。★対象の指数 ダウ平均株価 S&P500指数 NASDAQ(ナスダッ

  • ゴールド(円換算)の30年利回りを求めてみた

    過去30年のゴールド先物価格を円建てに換算して利回りを求めてみました。たとえ、海外ETFを使ってゴールドに投資していたとしても、日本人にとって大切なのは円建てでの価値です。★ゴールド(円換算・利回り) 名目利回り:3.5%ゴールドの価格は

  • 先進国株式にゴールドを加えたポートフォリオの評価

    今回は先進国株式のみのポートフォリオと、先進国株式90%にゴールドを10%加えたポートフォリオのパフォーマンスを比較します。ポートフォリオに10%のゴールド(ドル建て・円ヘッジ問わず)を加えることで、運用成績が改善されるとの検証結果が多くあ

  • 8資産均等型にゴールドと為替ヘッジ債券を加えた11資産均等型を評価してください!

    8資産均等型にゴールドと為替ヘッジ付きの先進国債券・新興国債券を加えた11資産均等型を作り、8資産均等型と運用成績などを比較してみました。目的はゴールドや為替ヘッジなど、株式やREITの緩衝材になる資産を加えることでパフォーマンスはどう変化

  • ゴールド(ドル建て)の30年利回りを求めてみた

    過去40年のゴールド先物価格(ドル建て)を使って名目利回りを求め、そこから実質利回りも推定してみました。★ゴールド(ドル建て・利回り) 名目利回り:4.2% 実質利回り:0~2%程度以下、詳しく見ていきましょう! (adsbygo

  • カナダ債券には投資しません。状況が悪いです

    サイト内検索でカナダ債券のことを検索される方がたまにいらっしゃるので、誰も読まなさそうですけど記事にしておきます。わたしがカナダカナダ言ってるからでしょうかw2020年8月現在、積極的にカナダ債券(および、それに投資する投資信託)を選んで運

  • フィデリティ欧州株ファンドのパフォーマンスを見てみる

    欧州株式に投資するアクティブファンド「フィデリティ欧州株ファンド」の最近のパフォーマンスをチェックしてみました。欧州株式は低成長や高齢化のイメージが強く、加えて日本から投資できる商品が限られていることもあって、あんまり人気がありません。とい

  • SPYDはダウの犬を模した「S&P500の犬」ETFだったという話

    最近「SPYD」の話題が少ないとのことなので、ちょっとネタにしてみました。ある時気づいたのですが、SPYDって「ダウの犬」を模したETFだったんですよね。知ってます?ダウの犬って?今回はSPYDがS&P500の犬、つまりSPYのdo

  • 1つの指数に連動する2つの投資信託。まとめて運用したほうが儲かる?

    割とよくある話だと思うので、紹介しましょう。「2つの投資信託を買ったら、そのどちらも同じ指数(インデックス)に連動する商品だった」というお話です。つみたてNISAを始める時、よくわからないまま決めた2つのファンドが、実は同じ指数に連動してい

  • つみたてNISAは長期投資を意識しよう。短期取引はもったいない

    つみたてNISAの運用方法について「短期取引が多いのでは?」という話題がありました。2019年の株高時に売却していた人が結構いらっしゃるようです。2019年に、前年につみたてNISA口座で購入した商品の売却が意外と大きかったことである。20

  • SBI証券の純金積立と投資信託を用いたゴールドの積み立てはどちらが有利?

    以前、「投資信託を通じて純金に積み立てる」と述べたところ、「純金積立サービスのほうが最終的には儲かるのでは?」とのコメントをいただいたので、検証してみることにしました。結論を述べると、以下の通りになります。今回はSBI証券の純金積立と投信積

  • 人口減少国「ブルガリア」の株価推移から見るインデックス投資の将来

    「日本は将来人口が減少するので将来性がない。投資すべきでない」との言説を聞くことがあります。この懸念が事実になるか、ならないかは将来になってみなければわかりませんが、現在人口が減少しつつある国の株価の動向を見ることで何か参考になるかもしれま

カテゴリー一覧
商用