住所
茅ヶ崎市
出身
藤沢市
ハンドル名
外川 信太郎さん
ブログタイトル
自動車ライター外川信太郎の泡沫記オフィシャル
ブログURL
http://s-togawa.blog.so-net.ne.jp/
ブログ紹介文
自動車ジャーナリスト「外川 信太郎」の最新輸入車情報&最新輸入車インプレッションを毎日お届け!
自由文
慶應義塾大学卒業。輸入車専門出版社勤務後、2000年にフリーの自動車ジャーナリストとして独立。現在の活動は、輸入車専門誌執筆、輸入車情報ウェブサイト制作、自動車用品メーカーのキャッチコピー制作などをを行っています。当方のブログでも最新の輸入車情報、試乗記など輸入車の楽しみをお伝えしております。また米国高級カーワックスメーカーのマイスターを所有。一部の業界では「ワックス評論家」と呼ばれています。
更新頻度(1年)

62回 / 755日(平均0.6回/週)

ブログ村参加:2017/01/27

外川 信太郎さんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 02/20 02/19 02/18 02/17 02/16 02/15 全参加数
総合ランキング(IN) 1483 1513 1482 1540 1560 1596 1575 949505サイト
INポイント 150 200 300 250 230 200 240 1570/週
OUTポイント 100 140 130 130 110 90 120 820/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
車ブログ 1 1 1 1 1 1 1 9314サイト
車 輸入車・外車 1 1 1 1 1 1 1 396サイト
車 試乗記 2 2 2 2 2 2 2 33サイト
今日 02/20 02/19 02/18 02/17 02/16 02/15 全参加数
総合ランキング(OUT) 12140 12552 12956 12695 12662 12064 12356 949505サイト
INポイント 150 200 300 250 230 200 240 1570/週
OUTポイント 100 140 130 130 110 90 120 820/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
車ブログ 27 27 28 27 28 25 25 9314サイト
車 輸入車・外車 1 1 1 1 1 1 1 396サイト
車 試乗記 2 2 2 2 2 2 2 33サイト
今日 02/20 02/19 02/18 02/17 02/16 02/15 全参加数
総合ランキング(PV) 0 0 0 0 0 0 0 949505サイト
INポイント 150 200 300 250 230 200 240 1570/週
OUTポイント 100 140 130 130 110 90 120 820/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
車ブログ 0 0 0 0 0 0 0 9314サイト
車 輸入車・外車 0 0 0 0 0 0 0 396サイト
車 試乗記 0 0 0 0 0 0 0 33サイト

外川 信太郎さんのブログ記事

?
  • フィアット500コレッツィオーネ

    フィアット、「500」「500C」の限定車「コレッツィオーネ」 500 コレッツィオーネが244万円(160台限定)500C コレッツィオーネが272万円(40台限定)FCA ジャパンは、フィアット「500」とカブリオレモデル「500C」の限定車Collezioneを発売。Collezioneは、 “Collection(コレクション)”を意味するイタリア語であり、アパレル業界では季節ごとに発表される新作を意味していることから、500の春コレクションといえる。ブロンズカラーの専用16インチアルミホイールを採用。「オペラボルドー」のボディカラーとのコーディネイトがなされる。Collezioneのエンブレムが貼られている。バーチャル式のTFTメータークラスターを採用。Collezione専用 インストルメントパネル。ブラックを基調にしながら、インストルメントパネルにエクステリアと同じオペ..

  • BMW M850i xDrive カブリオレ

    BMW、新型「M850i xDrive カブリオレ」最高出力530PSのV8ツインターボ+4輪駆動ビー・エム・ダブリューは新型8シリーズの4人乗りオープンモデル「M850i xDrive カブリオレ」を発売。M850i xDrive カブリオレには、新型8シリーズ クーペに採用されている新開発のV型8気筒 4.4リッターツインターボエンジンを搭載。最高出力530PS/5500-6000rpm、最大トルク750Nm/1800-4600rpmを発生。トランスミッションはトルクコンバーター式8速ATを組み合わせる。駆動方式は4WDで加速性能はオープンモデルでは怒涛の0-100km/h加速で3.9秒で掛け抜ける。ボディサイズは4855×1900×1345mm(全長×全幅×全高)。ホイールベースは2820mm。ボディの内部構造部材にカーボン素材、ボディパネルにアルミ材を使い軽量化。ルーフは時速50k..

  • アルファ ロメオディーゼル導入

    アルファ ロメオ、ディーゼル車を日本初導入新開発2.2リッターディーゼルターボを「ステルヴィオ」「ジュリア」に搭載。FCAジャパンはアルファ ロメオが開発した新型ディーゼルターボエンジンを「ステルヴィオ」「ジュリア」に設定して日本初導入を行う。ジュリア2.2 TURBO DIESEL SUPERは、ガソリンモデル「2.0 TURBO SUPER」と同等の装備内容として、18インチ10スポークアルミホイール、Apple CarPlay/Android Autoに対応したConnectシステム、シートヒーター付のプレミアムレザーシート、前席パワーシート、Harman/Kardonプレミアムオーディオシステム、リアパーキングカメラ、アダプティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付)アルファ ロメオが開発した新型スポーツディーゼルエンジンは、同社の走る躍動感を忘れていない。スポーツディーゼル..

  • メルセデスAMG GT 4ドア

    メルセデス・ベンツ、「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」直6マイルドハイブリッドとV8ツインターボを搭載メルセデス・ベンツ日本は、4ドアスポーツクーペ新型「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」の受注を開始。同車は、“究極のハイパフォーマンス”を持ちつつ、官能的な曲線美のデザインと広い室内空間、4ドアボディによる使い勝手などを兼ね備えるAMGが独自開発した新たなスポーツカーである。GT 43とGT 53に直列6気筒 3.0リッターターボエンジン、GT 63 SにV型8気筒 4.0リッターツインターボエンジンを用意されている。(写真はメルセデスAMG GT 63 S 4MATIC+) GT 43は、「M256」型の直列6気筒エンジンを搭載し、最高出力367PS、最大トルク500Nm。GT 53は、最高出力435PS、最大トルク520Nmを発生。注目すべき点では、エンジンとトランスミッシ..

  • メルセデスAMG GT R PRO

    メルセデス・ベンツ、「メルセデスAMG GT R PRO」公道を走るレーシングカーメルセデスベンツ日本は「メルセデスAMG GT」の限定車「メルセデスAMG GT R PRO」の受注を開始。「何よりもスポーツカーを愛する人のために、モータースポーツを心から愛する者たちが作り上げたAMGのレーシングスピリットと技術をあますことなく備えたスパルタンなスポーツカー」と位置付けられるモデルである。レース専用車両の「メルセデスAMG GT3」「メルセデスAMG GT4」の開発で培われてきた技術が市販車モデルの同車に投入され、サスペンション、軽量構造、エアロダイナミクス、エクステリアなどの変更で行動を走れるレーシングカーとなっている。V型8気筒DOHC 4.0リッター直噴ツインターボ「M178」型エンジンを搭載。レーシングカーからフィードバックされロールゲージで補強されている。サスペンションはプリロー..

  • VW up! GTI

    フォルクスワーゲン、「up! GTI」 好評につき再販売。「リアビューカメラ」「beats sound system」を採用フォルクスワーゲン グループ ジャパンは6速MT専用車の特別仕様車「up! GTI」を発売。2018年6月に600台限定で導入されたが、好評で完売。今回導入するモデルは、2018年に導入されたモデルの装備に加えて、新たに「リアビューカメラ」やプレミアムサウンドシステム「beats sound system」を採用して、安全性と快適性を走りの楽しみに加えた。195/40R17 タイヤ/6.5Jx17 アルミホイール(6スポーク)を装着。GTI専用スポーツサスペンション/レッドブレーキキャリパー。クローム仕上げエキゾーストパイプ。サイドスカート。直列3気筒DOHC 1.0リッターターボエンジンを搭載。最高出力116PS/5000-5500rpm、最大トルク200Nm(20..

  • VW ゴルフGTI Performance

    フォルクスワーゲン、「ゴルフ GTI Performance」 数々の専用チューン、19インチアルミホイールなどを装備フォルクスワーゲングループジャパンは「ゴルフ GTI」をベースに専用チューンエンジンなどを搭載した特別仕様車「ゴルフ GTI Performance」を発売。ダークアイアンブルーメタリックディープブラックパールエフェクトピュアホワイト直列4気筒DOHC 2.0リッターターボエンジンは湿式7速DSGを組み合わせ最高出力245PS/5000-6700rpm、最大トルク370Nm(37.7kgfm)/1600-4300rpmを発生。最高出力はベースモデルより15PSアップ。225/35R19タイヤ/7.5Jx19アルミホイール(5ダブルスポーク)、大径ブレーキディスクブレーキ&刻印入りレッドキャリパー。LEDヘッドライト。ダークテールランプ/LEDテールランプ(ダイナミックターン..

  • ポルシェ新型911カブリオレ受注開始

    ポルシェ、新型「911 カレラ カブリオレ」受注開始911 カレラ S カブリオレが1891万円。911 カレラ 4S カブリオレが1997万円。ポルシェジャパンは新型「911 カレラ S カブリオレ」「911 カレラ 4S カブリオレ」の予約受注を開始。911 カレラ S カブリオレ、911 カレラ 4S カブリオレは、昨年ロサンゼルスでワールドプレミアされた第8世代となる新型「911」(type992)のカブリオレモデルとなる。日本に導入されるのは、いずれもトランスミッションは8速PDKだ。ポルシェ ジャパン株式会社https://www.porsche.com/japan/

  • Audi Q7 black styling

    Audi Q7 black styling オルカブラックのボディカラーに、20インチホイールAudi Q7 black styling はAudi Q7 45 TFSI quattroエアサスペンション装着車をベースとした限定モデル。ボディカラーは人気色のオルカブラックで、S lineエクステリアやブラックスタイリングパッケージ、ブラックルーフレール、ブラックLEDリアライトなどを組み合わせている。フロントにはカメラで前走車や対向車を検知し、刻々と変わる道路状況に合わせて配光を変えるマトリクスLEDヘッドライトを装備。グロスブラックのAudi Sport製10Yスポークデザイン20インチホイールを装着。マトリクスLEDヘッドライト、専用20インチホイールを装備。ブラックルーフレールがより精悍な印象を与える。エキゾースエンドはクローム仕上げの2本出し。インテリアは、グロスブラック&オーク..

  • Audi Q2 #black styling

    Audi Q2 #black styling 18インチホイールなどを標準装備した375台の限定モデルAudi Q2 シリーズは、個性的で存在感のあるエクステリアデザインや、ワンサイズ上のクラスに匹敵する快適性とユーティリティ性能を兼ね備えたプレミアムコンパクトSUVモデル。ベース車両となるAudi Q2 30 TFSI sportのパワートレインは、最高出力116PS、最大トルク200Nmを発揮する1.0ℓTFSI直列3気筒ガソリン直噴ターボエンジンと7速Sトロニックトランスミッションを組み合わせる。スタートストップシステム(アイドリングストップ機構)などの採用で、JC08モード燃費は19.8km/ℓを達成。優れた運動性能と燃費性能を両立。エクステリアには、ブラックスタイリングパッケージ(シングルフレームグリル、フロント/リヤバンパー)を配し、そしてCピラーのブレードにはマットチタング..

  • アストンマーティン EV SUV発表

    アストンマーティン、SUVのEV「Lagonda All-Terrain Concept」 ジュネーブショーで世界初公開イギリス・アストンマーティンは、ジュネーブモーターショーで「Lagonda All-Terrain Concept」を世界初公開すると発表。報道関係者にティザー写真を公開した。アストンマーティンは、ゼロエミッション車のブランドとして「ラゴンダ」の名称を復活。その最初の量産モデルとしてEVのSUVを2021年より販売。アストンマーティン・ジャパンhttp://www.astonmartin.com/ja

  • 第39回JAIA輸入車試乗会

    第39回JAIA輸入車試乗会報道関係者向け輸入車イッキ乗り試乗会へ今年も・・・。毎年、自動車雑誌編集者、モータージャーナリスト向けに行われるJAIA(ジャイア)日本自動車輸入組合主催の試乗会。筆者も今年で連続25回目の参加となります。最新輸入車を一気乗りできる唯一の試乗会です。参加には、厳選な審査が行われ、各インポーターへも参加者の情報が開示されます。無論事故や無謀運転が行われた参加者には、会員資格は容赦なく剥奪されます。今年は大きな事故もなく無事、試乗会は幕を閉じました。JAIA輸入車試乗会では、事前に会員向けウェブサイトで試乗希望車種を選択し、当日試乗時間に、試乗車の鍵を受け取るシステム。また、時間が許せば、多くの最新輸入車が当日でも試乗可能。試乗のシステムは明確で試乗希望者、媒体の名称が時間別に付箋で貼られ、一目瞭然。圧巻のマクラーレン達。マクラーレンジャパンのイキな計らいで、点検時..

  • BMW 新型i3

    BMW、新型「i3」最大航続距離466kmが可能な新型バッテリー搭載ビー・エム・ダブリューは新型バッテリーを搭載したEVモデルの「i3」を発売。ボディサイズは4020x1775x1550mm(全長×全幅×全高)、ホイールベースは2570mm。電気モーターによる後輪駆動式というのはBMWらしい。最大出力170PS/5200rpm、最大トルク250Nm/100-4800rpmを発生。0-100km/h加速は7.3秒とコンパクトEVのなかでは、最も高い動力性能。新型バッテリーを搭載するi3は、CHAdeMO方式の急速充電に対応。約50分で80%まで充電可能となった。標準装備されている3.7kWの普通充電では約12時間で満充電。容量を約30%拡大した新型リチウムイオンバッテリーを搭載。総電力量は33kWhから42kWhに増加されたことで、1回の充電走行可能距離はWLTCモードで360km、レンジ・..

  • ルノー トゥインゴ ラパリジェンヌ

    ルノー、限定車「トゥインゴ ラ・パリジェンヌ」 “ピスタチオの緑”で内外装をコーディネイトルノー・ジャポンは、「トゥインゴ」の限定車「トゥインゴ ラ・パリジェンヌ」を2月14日に発売。一般モデル170台と開放的なキャンバストップモデル30台の計200台限定となる。ボディカラーと内装トリムに専用色「ヴェール ピスタッシュ(ピスタチオの緑)」を採用している。エクステリアは専用サイドストライプ、「La Parisienne」ロゴ入りのボディ同色サイドプロテクションモール、ブリリアントブラックドアミラー、プライバシーガラス、ヴェール ピスタッシュカラーのセンターキャップを装着する専用デザイン16インチアロイホイールを採用。リアドア側に「La Parisienne」ロゴを備えるボディ同色サイドプロテクションモールを装備。「La Parisienne」プレートがエントランスを彩る。ダッシュボード、エ..

  • プジョー 3008特別仕様車

    プジョー、「3008」特別仕様車「BlueHDi クリーンエディション」プジョーはコンパクトSUV「3008」の特別仕様車「3008 BlueHDi クリーンエディション」を発売。この特別仕様車はレーンキープアシスト、ブラインドスポットモニター、フルLEDヘッドライト、インテリジェントハイビーム、フロント&バックソナー、バックアイカメラといった先進機能を標準装備としている。直列4気筒DOHC 2.0リッターディーゼルターボエンジンは最高出力177PS/3750rpm、最大トルク400Nm/2000rpmを発生。JC08モード燃費は17.8km/Lとパワフルながら経済的なのが魅力。組み合わされるのは、ドイツZF製の最新式8速AT「EAT8」。レーンキープアシスト、ブラインドスポットモニターなど先進安全装置を装備。 モデル エンジン 変速機 駆動方式 価格 30..

  • VW Type1ぬいぐるみ100名へ

    フォルクスワーゲン、映画「バンブルビー」公開記念「リバーシブルぬいぐるみ」が100名に当たるキャンペーンフォルクスワーゲングループ ジャパンは、22日から全国ロードショーの映画「バンブルビー」の公開を記念する「バンブルビー×ビートル リバーシブルぬいぐるみ」プレゼントキャンペーンを3月31日まで実施。キャンペーンでは期間中にキャンペーンサイトから応募した人の中から抽選で100名に、完全限定生産の非売品として用意された「バンブルビー×ビートル リバーシブルぬいぐるみ」を100名にプレゼント。リバーシブルぬいぐるみはファスナーを使って裏返すことで、トランスフォームのようにビートルとバンブルビーの2つの姿に変身できる。フォルクスワーゲン グループ ジャパン株式会社https://www.volkswagen.co.jp/

  • アウディ Q5ディーセル

    アウディ、「Q5」のクリーンディーゼル仕様「Q5 40 TDI クワトロ」アウディブランドも経済的なディーゼル車を導入Audi Q5 40 TDI quattroは、電子制御コモンレール式ターボディーゼルエンジンならではの走行性能を楽しめる、Q5の新しいエントリーモデル。最新の技術を惜しみなく投入し、妥協ない環境性能と190ps/400Nmという運動性能を併せ持つことで、高い経済性とともに、余裕のあるドライビングフィールを実現。その一方JC08モード燃費はガソリンモデルを1.7km/ℓ上回る15.6km/ℓで、モード燃費による単純乗算でも航続距離は約1100kmに達する(タンク容量:70ℓ)。1968cc直列4気筒TDI(Turbocharged Direct Injection)の排気系は、酸化触媒コンバーター、尿素SCR(選択触媒還元)コーティングを施したDPF(粒子状物質フィルター)..

  • ベントレー ベンテイガ 限定車

    ベントレー、「ベンテイガ A Limited Edition by Mulliner Exclusively for Japan」3086万円 10台限定ベントレー モータース ジャパンは、スペシャリティSUV「ベンテイガ」の日本限定特別仕様車「A Limited Edition by Mulliner Exclusively for Japan」を発表。ベントレーのパーソナルコミッショニング部門「マリナ―」で日本市場に10台だけ生産された特別なモデルとなる。ユニオンジャックバッチがドアサイドに貼られる。22インチ7スポークマリナ―パラゴンホイール(セルフレベリングバッチ付き)。ブレーキは10ピストンキャリパーを搭載している。MullinerのロゴがLEDウェルカムランプで地面を照らす演出。インテリアは手作業で組み上げられる。に明るいホワイトの「リネン」、セカンダリーハイドに「インペリアル..

  • ポルシェ 新型911 受注開始

    ポルシェ、新型「911 カレラ S」「911 カレラ 4S」(992)受注開始 911 カレラ S:1666万円 911 カレラ 4S:1772万円ポルシェ ジャパンは、992型新型「911 カレラ S」「911 カレラ 4S」の受注を開始。正式は日本国内発売日は順次発表するとの事。第8世代となる新しい911シリーズは、クラシカルな911のフォルムを踏襲しながらも数々のハイテク装備で武装する。心臓には最高出力450PS、最大トルク528.8Nmを発生する水平対向6気筒 3.0リッターターボエンジンを採用。後輪駆動モデルの911 カレラSは0-100km/h加速3.7秒、最高速308km/h、4WDモデルの911 カレラ4Sは0-100km/h加速3.6秒、最高速306km/h。後に発表されるターボは700PS超えとも言われている。クラシカルなデザインを採用したヘッドライトであるが、LED..

  • VW EVデューン・バギー

    フォルクスワーゲン、「デューン・バギー」がEVで復活。ジュネーブショー 2019で公開フォルクスワーゲンはジュネーブで開催される「第89回 ジュネーブ国際モーターショー」の会場にて、EV(電気自動車)の「デューン・バギー」を世界初公開すると発表。報道関係者にイメージイラストが配布された。デューン・バギーは1960年~1970年代に主にアメリカで流行したモデルで、当時の「ビートル」のシャシーをベースしたモデルとなる。デューン・バギーは、同社が今後展開する新型アーキテクチャ「MEB」を用いたモデル。MEBをベースにするEVファミリー「ID.(アイディ.)」の生産は2019年末から開始することが発表されており、多くの電気自動車が販売される。フォルクスワーゲン グループ ジャパン株式会社http://www.volkswagen.co.jp/

  • ルノー新型ルーテシア外装公開

    ルノー、新型ルーテシアエクステリアも公開ボディサイズも大型化ルノーは、スイス ジュネーブで開催される「第89回 ジュネーブ国際モーターショー」で発表する新型「クリオ」(日本名:ルーテシア)のインテリアの写真に続き、エクステリアデザインも公開した。 「メガーヌ」と共通性の高いLEDライトを押し出したフロントマスクを採用。コンパクトカーながら、ダイナミックな印象を与える。また、フロントグリルがより大型化され、エンジンの冷却性能を高めた。エンジンの詳細は現在明らかになっていない。ボディサイズは拡大し4048×1798×1440mm(全長×全幅×全高)車内空間は拡大された。スポーツモデルである「R.S.LINE」も画像公開された。ヘッドライトはフルLEDとなっている。リアコンビネーションランプも躍動的な形状のLEDとなった。 ルノー・ジャポン株式会社https://www.renault.j..

  • アウディ RS 4 アバント

    アウディ、新型「RS 4 アバント」450PSを発生Audi RS 4 Avantは、Audi R8やAudi RS 6など、アウディのハイエンドスポーツモデルの開発拠点であるAudi Sport GmbHが手がけたAudi A4シリーズのトップモデル。エクステリアデザインは、かつて北米のモータースポーツシーンを賑わせたAudi 90 quattro IMSA GTOからインスピレーションを得たものである。RSモデル専用のシングルフレームグリルや大型のエアインレット、さらに専用の前後バンパー、リヤディフューザーを採用することで、スポーティさを強調。伝説のマシンAudi quattroを彷彿とさせるブリスターフェンダーもAudi RS 4 Avantの特徴で、標準モデルのAudi A4 Avantに比べて全幅は25mm拡大している。パワートレインは最高出力450PS、最大トルク600Nmを発..

  • VW ポロTSI R-Line

    フォルクスワーゲン、1.5リッターターボエンジン搭載のポロ「TSI R-Line」日本初上陸150PS Evoユニットを搭載。フォルクスワーゲン グループジャパンは、ハッチバックのコンパクトモデル「ポロ」の新グレード「TSI R-Line」を発売。ポロでは、直列3気筒の1.0リッターターボと直列4気筒の2.0リッターターボの2種類を選択できたが、新たに2つの中間を埋める直列4気筒の1.5リッターターボを加えた。直列4気筒DOHC 1.5リッター直噴ターボの「1.5 TSI Evo」は日本初上陸のユニットである。気筒休止機能の「ACT(アクティブシリンダーマネージメント)」と高効率なコモンレール直噴技術を採用。最高出力150PS/5000-6000rpm、最大トルク250Nm(25.5kgfm)/1500-3500rpmを発生。トランスミッションは乾式の7速DSGと組み合わされる。JC08モ..

  • ルノー新型ルーテシア内装公開

    ルノー、ジュネーブショー2019で新型「ルーテシア」発表インテリアより公開。LCDバーチャルメーターを装備ルノーはスイス ジュネーブで開催される「第89回 ジュネーブ国際モーターショー」で新型「クリオ」(日本名:ルーテシア)を発表。まずはプレスに送られてきた写真は大きく変貌を遂げたコクピットの写真。「今までにない最高のクリオ(ルーテシア)」と評される今回のモデルは、すべてが斬新。インテリアでは、Bセグメントのモデルとして最も大きい縦型のスクリーンを採用。またメーターは、一部LCDであった「メガーヌ」とは異なり(水温、燃料計はアナログ式。)すべてがバーチャル式のLCDスクリーンとなった。自動変速モデルのコクピット。MTモデルのコクピット。メーターデザインも変幻自在である。ルノー・ジャポン株式会社https://www.renault.jp/

  • BMW X2 M35i

    BMW、X2 Mパフォーマンスモデル「M35i」ビー・エム・ダブリューは、SAC(スポーツ・アクティビティ・クーペ)「X2」にMパフォーマンスモデルの「M35i」を追加して発売。ボディサイズは4375×1825×1535mm(全長×全幅×全高)、ホイールベースは2670mm。ヘッドライトやフォグランプ、キドニーグリル、ミラー・キャップにMパフォーマンスモデル専用のセリウム・グレーを採用。サイドエアインテークにはシャープな印象を際立たせるブレードデザインとなる。ブルーにペイントされたMスポーツブレーキシステムが装備される。最高出力302PS/6250rpm、最大トルク450Nm/1750-4500rpmを発生する直列4気筒DOHC 2.0リッターMツインパワー・ターボ・エンジンを搭載。トランスミッションにトルクコンバーター式8速スポーツATを採用。スポーティなインテリアは、レッドレザーを採用..

  • シトロエン C3 JCC+

    シトロエン、「C3 JCC+」 ジャン・シャルル・ド・カステルバジャックとのコラボシトロエンは、フランスのファッションブランド「JEAN-CHARLES DE CASTELBAJAC(ジャン・シャルル・ド・カステルバジャック)」とコラボレーションした特別仕様車「C3 JCC+」を発売。100台限定となる。ジャン・シャルル・ド・カステルバジャックブランドのアイコニックな3色「パッションレッド」「ホープブルー」「ラディアンスイエロー」がアクセント。「C3 SHINE」がベースとなる。ルーフに赤、フロントフォグランプのベゼルに青、ミラーにイエロー、サイドビューのエアバンプに青のアクセント。インストルメントパネルのベゼル部分に青を、ステアリングホイールのスポークとシフトレバー枠部分にイエロー。バニティミラーにブランドのロゴマークが刻印される。・JCC+ステッカー(Cピラー/リアゲート/バニティミ..

  • BMW M5 コンペティション

    BMW、「M5 コンペティション」 625PSを発生ビー・エム・ダブリューは、スポーツセダン「M5」をベースに、サーキット走行を考慮した新モデル「M5 Competition(コンペティション)」を発売。M5 コンペティションのボディサイズは4965×1905×1480mm(全長×全幅×全高)、ホイールベースは2980mm。車両重量は1950kg。迫力のある官能的なサウンドを奏でる「M スポーツ・エキゾースト・システム」を採用しているのも特別装備。チューニングされた足まわりは車高を7mm下げ、コイルスプリングの設定をベースモデルから約10%ハードな設定にし、コーナーリング性能やステアリングレスポンスを向上。V型8気筒4.4リッターツインパワーターボエンジンにチューニングを行い、最高出力を25PS向上。その結果、最高出力は実に625PS/6000rpm、最大トルク750Nm/1800-586..

  • ルノー トゥインゴプレイ

    ルノートゥインゴ限定車「トゥインゴ プレイ」 アクセントカラーと15インチアロイホイールルノー・ジャポンは、「トゥインゴ」の限定車「トゥインゴ プレイ」を1月31日に発売。「ブラン クリスタル」50台限定「ブルー ドラジェ」100台限定直列3気筒DOHC 0.9リッターターボエンジンと6速EDCを組み合わせ最高出力90PS/最大トルク135Nmを発生する。インテリアは、メーターパネルやドアパネル、エアコンベゼル、センターコンソールボックスリッドなどにアクセントカラーを使って内外装をオシャレに演出。バックソナーも装備している。ドアミラーやサイドプロテクションモールフィニッシャー、ボディサイド2ラインなどがレッド、またはホワイトのアクセントカラーとなる。専用デザインの15インチアロイホイールを装着する。ハニカムスタイルのフロントグリルにトリコロールカラーのバッヂを装備している。 ルノー・ジャ..

  • ルノー ルーテシアリミテッド

    ルノー、限定車「ルーテシア リミテッド」ルノー・ジャポンはコンパクトハッチバック「ルーテシア」の限定車「ルーテシア リミテッド」を発売。ボディカラーは「ルージュ ドゥ フランスM」「ブルー アイロンM」の2色。1.2リッター直噴ターボエンジン+6速DCT(EDC)を採用する「ルーテシア アクティフ」をベース車両としている。写真のボディカラーは、ルージュ ドゥ フランスM。ブルー アイロンM16インチアロイホイールの「PULSIZE ノワール」を特別装備。LIMITED専用エンブレムを装備している。レザーステアリングとレザーシフトノブを採用。フランスの音響機器メーカーであるFOCAL製のコアキシャルスピーカー(フロント:16cm×2、リア:13cm×2)を採用する本格的サウンドセット「Music Drive」を搭載。 ルノー・ジャポン株式会社http://www.renault.jp/ ..

  • VW EVレーシングI.D. R

    フォルクスワーゲンEVレーシングカー「I.D. R」ニュルでタイムアタックチャレンジを夏に敢行フォルクスワーゲンは、同社のEVレーシングカー「I.D. R」を使い今夏にニュルブルクリンク ノルドシュライフェでタイムアタックチャレンジを実施すると発表。I.D. R の最高出力は680PS、最大トルクは650Nm、車両重量は1100kg以下であり、0-100km/h加速はF1やフォーミュラEマシンをしのぐ2.25秒!電気エネルギーは内燃機関の比ではないことが証明された。EV最速記録は、NIOの「EP9」が出した6分45秒90であるが、I.D. Rはこれを超えてくると見られる。パイクスピーク国際ヒルクライムレースでは、これまでの8分57秒118という記録を破り、7分57秒148をマークした。フォルクスワーゲン グループ ジャパン株式会社http://www.volkswagen.co.jp/ ..