chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel

1件〜100件

  • 今月のつぶやき2022.9

    先月読んだ関口安義氏の『芥川龍之介とその時代』に読者論(reader response theory)について触れている個所があり、氏の著を書くにあたって...

  • KIND OF BLUE/ MILES DAVIS

    深甚なセオリーが統一性を持って様々な意匠において可能な展開を繰り出す様を我々の神経において感じ取るドラマチックな時間の流れがある。繰り返される印象的なリフ...

  • MILESTONES/MILES DAVIS

    MILESTONES/MILES DAVIS芥川龍之介の作品に『藪の中』という作品がある。黒沢明監督が「羅生門」の題で映画化し、一九五一年度のヴェニス国際...

  • HEAVY SOUNDS/ ERVIN JONES & RICHRAD DAVIS

    HEAVY SOUNDS/ ERVIN JONES & RICHRAD DAVISこのアルバムの前にエルヴィン・ジョーンズがリチャード・デイヴィス...

  • 芸術における多義的鑑賞の成立

    ここで関口安義の『芥川龍之介とその時代』のなかでの代表作『羅生門』と『鼻』についての関口氏の解説と評と共に芸術における多義的鑑賞の成立について触れておく。...

  • 今月のつぶやき2022.8

     7月下旬頃から思いついて芥川が読みたくなり、全巻一巻から晩年の四巻までの小説と『侏儒の言葉』を含む五巻を読み進めていた。 ある程度読めたところで芥川作品...

  • Polish Jazz Vol.6/ Zbigniew Namyslowski Qurtet

    Polish Jazz Vol.6/ Zbigniew Namyslowski Qurtet7月の初めころだったか、小遣いが入ったので(結婚以来ずっと小遣...

  • そろそろジャズ入門盤というのは更新した方がいいのでは PRESENTING/JAZZ QUINTET 60

    PRESENTING/JAZZ QUINTET 60BENT JADIG/DANISH JAZZMANことは一人のデンマークのテナー・サックスとフルート...

  • 駱駝の足取りで A DOUBLE DOSE OF SOUL/JAMES CLAY

    A DOUBLE DOSE OF SOUL/JAMES CLAYまだうら寒い日が続く6月だが、天気もよく体調も芳しくまだ気乗りのする日はじっとしていられな...

  • 今月のつぶやき2022.6

    6.5ここ二、三日の冷え込み。天気が良くても寒々としている。図書館に本が届いたから自転車で行きたかったけれど、こう寒くてはやる気をなくす。チャールズ・クロ...

  • 百鬼夜行、暗夜行路 「数」を信じすぎるな IDENTIFICATION / YANCY KOROSSY

    IDENTIFICATION / YANCY KOROSSY酒池肉林、百鬼夜行、暗夜行路、鬼畜米英、・・・とかなんでもいいのだが、音楽を聴くカンキョーには...

  • 何もおこらない THE NEARNESS OF YOU/RED GARLAND

    THE NEARNESS OF YOU/RED GARLAND好きなのか嫌いなのか自分でもわからないような映画や小説がある。小説の方はともかく小津安二郎監...

  • めい一杯イキッてます! IN THE LAND OF THE GIANTS

    自転車を買った。それも折り畳み式20インチ(20インチはちょっと小ぶりだが、街乗りとしては充分)のマウンテン・バイクというキアイの入った奴だ。イエローとブ...

  • 今月のつぶやき2022.5

    5.2久々に松岡正剛の「千夜千冊」を覗くと、こんなのが載っていた。チャールズ・クローヴァーの『ユーラシアニズム ロシア新ナショナリズムの台頭』。プーチンの...

  • 番茶も出花 PLAYS TADD DAMERON/BARRY HARRIS

    PLAYS TADD DAMERON/BARRY HARRIS 小学生の頃から落語や漫才が好きだった。それをTVで見ながら番茶をすすり塩煎餅を齧りながら聞...

  • Deja Vu/ARCHIE SHEPP

     Deja Vu/ARCHIE SHEPP 北海道もいよいよ桜の開花期に入った・・・ようだ。ようだというのは桜が咲いたかどうかは我が家の小さな庭に立つ一本...

  • 今月のつぶやき2022.4

    4.3天候もよく気温もあがってきて、お出かけモードになったのでGroovyまで足を運んで二時間ほど過ごした。去年のあの猛暑の日以来のこと。入るなりおばちゃ...

  • JAZZ一人一枚 WHEN THERE ARE GREY SKIES/RED GARLAND

    WHEN THERE ARE GREY SKIES/RED GARLAND アメリカ人の名前には、いくつかの種類の由来を持っていてなるほどというのがあるが...

  • AT MONTREUX JAZZ FESTIVAL/BILL EVANS

    AT MONTREUX JAZZ FESTIVAL/BILL EVANS観光旅行というのが大嫌いである。そういうことを好んでする人をあまりよく思っていない...

  • ESSENCE/ERIC KLOSS

    ESSENCE/ERIC KLOSS 夢は叶えられると見なくなる。ここで言う夢とは夜寝てみる夢の事だ。子供の頃、自動車の運転にあこがれて、どう運転するのか...

  • JAZZ一人一枚 DODO'S BACK /DODO MARMAROSA

    DODO'S BACK /DODO MARMAROSA コロナ禍ということもあり日常振り返ってそうそう刺激や感動が転がっているものではないのだが、刺激も感...

  • FAR CRY/ ERIC DOLPHY

    FAR CRY/ ERIC DOLPHY 日曜の昼下がりこれを大音量で聴いていると、家人がドアの向こうからつまみを絞るような仕草をしたので「え?!」と傍に...

  • CRESCENT/ JOHN COLTRANE

    CRESCENT/ JOHN COLTRANEこのアルバムはいつからかB面から聴くようになった。つまりLonnie’s Lamentから聴いているのだけれ...

  • 今月のつぶやき2022.3

    3.4フレディ・レッドのが夕方だか届いていた。まだ聴いていないがこれで安心。林望の例の本に自分の好きな著者の真似をしろと書いてあったが、私なら誰だろうと暫...

  • 4154 IDLE MOMENTS/GRANT GREEN

    IDLE MOMENTS/GRANT GREEN先日来思い出した様にスケッチを始めた。もともと素描というのが好きで線だけで描かれたその線の流れとか立体感と...

  • バイ・バイ・ブラックバード

    マイルス・ディヴィスのRound About Midnightにも収録されている有名な曲に「バイ・バイ・ブラックバード」があるが、この曲の作詞はモート・デ...

  • 今月のつぶやき2022.2

     「今月のつぶやき」を随分とさぼっていて、何をしたのかなんて殆ど憶えていないのだから、遡って書けることなどほぼ無いに等しいのだが、まあ、それでも構わない心...

  • 今月のつぶやき2022.1

    1.19先週の大雪で通院出来なかったので今日行くことにした。多少眩暈がしたとかはあったが特段支障もなくかえって調子がよかったこともあり、薬なんていらんかな...

  • 2022年頭の挨拶 そして・・・

    KEITH JARETTE/ The Köln Concert月並みですが、明けましておめでとうございます。ひねくれ者の私ですが、これからは多少市井の感情...

  • 2021年最後の一枚 ERIC KLOSS/ FIRST CLASS KLOSS

    今年あったことを振り返ると様々思い出すわけだが、それを先に書き出すとこのアルバムのことを書き出す頃には尻つぼみになってしまう恐れが充分あるわけで、まずこの...

  • CHARLIE CHRISTIAN MEMORIAL ALBUM

    CHARLIE CHRISTIAN MEMORIAL ALBUMこういうスタイルのがいいと思えるなら、こういうのも聴けるんじゃない?ということで嘗てもう聴...

  • 今月のつぶやき2021.12

    12.97日Aのお宮参り。神宮内に入るのは初めて。控えの間ではYが広いところで嬉しそうに走り回っていた。案内されて祈祷場へ。促されて二礼二拍手一礼。他どう...

  • JAKI BYARD/ BLUES FOR SMOKE

    ジャッキー・バイアードのソロ・ピアノが面白くて楽しいということを発見してとにかく驚喜した。以前彼のソロ・ピアノは大抵面白くなくと書いた(そんなことは知らん...

  • HEAVY SOUNDS/ ELVIN JONES,RICHARD DAVIS

    HEAVY SOUNDS/ ELVIN JONES,RICHARD DAVISカウント・ベイシー由来のミュージシャンについては全く無知だったがフランク・フ...

  • 今月のつぶやき2021.11

    11.1選挙速報を12時近くまで見て寝た。晩飯も随分遅い時間になってから食べた位集中してみていた。甘利幹事長の落選。石原伸晃氏、辻本清美ら大物議員の落選が...

  • 今月のつぶやき2021.10

    10.4一昨日から第二子出産間際の嫁ともうすぐ三歳の姉になる孫が実家から遊びに来ていた。その時私は書斎兼オーディオルームの書棚にあった祖父の日記を何気なく...

  • 4331 POLY-CURRENTS/ELVIN JONES

    POLY-CURRENTS/ELVIN JONESエルヴィンのピアノレスはやっぱりいい。これがBN第3弾だが、いずれもピアノレス。エルヴィンはたまたまピア...

  • DAVID KIKOSKI/INNER TRUST

    DAVID KIKOSKI/INNER TRUSTいつの頃からかはヘンな聴き方をするようになった。ピアノ・トリオであればドラマーの「音」にシビレればそれば...

  • 飛ぶぞ!! MILES DAVIS / WE WANT MILES

    MILES DANIS:tpMARCUS MILLER:bBILL EVANS:ssMIKE STERN:gAL FOSTER:dsMINO CINELU...

  • 今月のつぶやき2021.9

    9.3総裁選不出馬の第一報が報じられた後、首相が記者団の取材に応じる・「新型コロナ対策に専任したいという意向で出馬しない」・コロナ対策と選挙活動の両立はで...

  • MILES DAVIS / BITCHES BREW

    MILES DAVIS / BITCHES BREW冒頭のPHARAO'S DANCEのサクサクとしたテンポの速い16ビートのエレクトリックなバックに乗っ...

  • JAZZ一人一枚 大西順子/ WOW

    大砲をぶっ放されたような衝撃。やっぱり凄い。その凄さに思考停止となって言葉がみつからない。trigger=(銃砲の)引き金:pull the triige...

  • MILES DAVIS / ROUND ABOUT MIDNIGHT

    'ROUND ABOUT MIDNIGHTは言うまでもなく、セロニアス・.モンクの名曲だけれど、この曲の決定的名演はこのマイスルのものが真っ先に浮かぶのが...

  • JOHN CLYRANE / BALLADS

    ジャズ喫茶で会話をしてもいいかという話題がとあるところで持ち上がっているようだが、その場に適した会話であれば適度であればかまわないし、そのタイミングでなけ...

  • JOHN COLTRANE / GIANT STEPS

    ジョン・コルトレーンの代表的名盤でありアトランティックに初めてリーダー・アルバムとして出たアルバム。この時期のコルトレーンはモード奏法を究極まで高める為に...

  • CURTIS COUNCE/ YOU GET MORE BOUNCE WITH

    カール・パーキンスp、ジャック・シェルダンtp、ハロルド・ランドts、フランク・バトラーdsそしてカーティス・カウンスb。なんとも懐かしい名前がそろってい...

  • JOHNNY GRIFFIN / NIGHT LADY

    PHILLIPSの復刻盤でEMARCY盤とはA面B面が入れ替わっているそうで、結構これが印象を変えることは事実だろうと思う。押しの強い厚みのある音色でぐい...

  • JAZZ一人一枚 MICHAEL NAURA/EUROPEAN JAZZ SOUNDS

    こんなの知らないと言われればそれまでなのだが、是非一聴して頂きたい。このアルバムを某ジャズ喫茶で聴いて、え?という驚きでジャケットを見るとこの斜め横一列に...

  • JAZZ一人一枚 OSCAR PETERSON / WE GET REQUESTS

    私はヴァーチュオーゾというのに抵抗感があってピーターソンもその類だという思い込みからスルーし続けていたピアニストだった。しかし最近になってこのアルバムを聴...

  • 今月のつぶやき2021.8

    8.1ピアニスト、ドン・シャーリーとその運転手トニー・ヴァレロンガの演奏旅行を描いた「グリーンブック」を観た。ドン・シャーリーは何となく名前を聞いたような...

  • BILL EVANS / WALTZ FOR DEBBY

    なんだいまさらかよ!と言われそうだが 、実はこのアルバムとあのSUNNDY AT THE VILLAGE VANGERDが同じ日のヴァンガードでの演奏だと...

  • BENNIE WALLACE / BIG JIM`S TANGO

    ピアノレスのサックス・トリオの名盤に間違いない。 A面は歌わせることに集中しているが、B面にはGreen and YellowやThe Free will...

  • ELVIN JONES / PUTTIN´ IT TOGETHER

    私が最もスリルと吸引力を感じるスタイルは、こういうピアノレス・ワンホーン・トリオである。ピアノレスは和声に拘束されず自由度の高い演奏を可能にする。しかしピ...

  • CHICK CREA / NOW HE SINGS NOW HE SOBS

    私の住む北海道もいよいよ遅い夏が来たようだ。アイスコーヒーも美味しく感じる季節だ。とはいえ8月も半ばとなれば秋の兆しもするわけで短い夏である。地球温暖化の...

  • BILL EVANS & JIM HALL / UNDERCURRENT

    今日は日曜日。家人がいるので爆音を発せられないという事情からこれを。で、濃いめの珈琲を飲みながらゆったりと聴くわけであるが、実に深みのあるインタープレイに...

  • 4209 HANK MOBLEY / DIPPIN´

    言わずと知れたという感じの60年代のBLUE NOTEを象徴するようなアルバム。ああ、これねと思わず言いたくなる聞き憶えのあるリカードボサ・ノバで黄金期の...

  • PAT MARTINO / THE VISIT!

    リチャード・ディヴィス、ビリー・ヒギンズ更にボビー・ローズをサイドギターに据えてFOOTPRINTSとしてもリリースされた1972年発売されたアルバム。ウ...

  • STAN GETZ & BILL EVANS

    暫くの間書くことを意識しないで只管聴くことに専念することが本来なんだと言い聞かせていたら、それが習慣になったのかいざ書こうとすると本当に何も言葉が浮かばな...

  • JOHN COLTRANE / AT NEWPORT :MY FAVORITE THINGS

    『真夏の夜のジャズ』が、4K修復版Blu-rayとして8月4日に発売されることになったそうで喜ばしいかぎりだが、その舞台となったNEWPORT JAZZ ...

  • 今月のつぶやき2021.7

    7.2既に6月の末のことになるが、プリアンプの調子が悪くてという話はしたけれどあれからFBの方で色々アドバイスを頂いてどうやら真空管の劣化だろうという結論...

  • PAUL CHAMBERS/GO

    短命なチェンバースとしては晩年となるVee Jayレコードにのこした2枚のうちの1枚となる。フロントのC.アダレィとF.ハバード以外は当時マイルスのバンド...

  • 熱いトレーン LAST TRANE / JOHN COLTRANE

     時節は春から夏に遷っていくという季節。北海道はまだ寒暖の差があって油断は出来ないけれど概ね暖かくなってきている。というわけでもないが、熱い(暑い、厚い)...

  • 大ブロー Bennie Wallace / Live at Public Theater

    ベニー・ウォレスのアルバムのなかで一番好きなのに事情があって手放してしまったLIVE AT PUBULIC THEATERをMP3レコーダーをこのほど人並...

  • 今月のつぶやき2021.6

    6.13ベニー・ウォレスのアルバムのなかで一番好きなのに事情があって手放してしまったLIVE AT PUBULIC THEATERをMP3レコーダーをこの...

  • 4159 JUDGMENT/ANDREW HILL

    Bobby Hutcherson vib Andrew Hill p Richard Davis bElvin Jones ds1964.1.8Siete...

  • JAZZ一人一枚 KENNY DREW TRIO

    RIVERDIDEのカタログの初期にあたるアルバムからケニー・ドリューのKENNY DREW TRIOを引っ張り出した。何気なくRIVERSIDEカタログ...

  • 音の深淵 HABANERA/SIMPLE ACUSTIC TRIO

    何度言葉を重ねてもこのとてつもなく深い淵のような音の情景を描ききることは私にはできないだろうとふと思った。あのガウディのサグラダ・ファミリア大聖堂が幾世紀...

  • 超いいっすね! Lee Mogan/Expoobident

    先日市内に住んでいる長男の一家が遊びに来た。かれこれ半年ぶりで昨年のクリスマスプレゼントと私の誕生日のプレゼントをまとめて貰った。 とはいえ、私の誕生日は...

  • もの好き John Coltrane /Lush Life

     酔狂という言葉がある。元々は酒に酔って常軌を逸することなのだが、一般的にはもの好きな人のことを言う。 小沢昭一という俳優さんがいたけれど、彼が長年ラジオ...

  • 今月のつぶやき 2021.5

    5.7椿が庭に咲いていた。椿?牡丹?・・・とか怪しい疑問符を並べていたけれど。調べると北海道でも南西部には見られるけど稀とか書かれていて、う~ん、地球温暖...

  • 格好いい・・・これ以上の言葉はない JACK JOHNSON /MILES DAVIS

     私は子供の頃、兄の持っているものがとにかく羨ましかった。 兄の作ったプラモデルとか3段だか4段変速ギヤーの自転車とか着ている服とか、とにかく色んなものが...

  • 4167 POINT OF DEPARTURE/ANDREW HILL

    KENNY DORHAM tp ERIC DOLPHY as,fl,bcl JOE HENDERSON ts ANDREW HILL p RICHARD ...

  • トロンボーンの温かみ BLUE TRONBORN/J.J.JHONSON

    最近はめったに開かなくなった所謂ジャズ本だが、トロンボーンのレコードについて書くつもりで、寺島靖国氏の『楽器でJAZZを楽しもう』というのを引っ張り出して...

  • 4206 CONTOURS/SAM RIVERS

    G.コールマンの後継としてマイルスのバンドに加わったリヴァースのそのまた後継がW.ショーターとなったという経緯が、このアルバムのBNにおける周辺の事情を示...

  • ROLAND KIRK /RIP,RIG and PANIC

    僕にとってこれに勝る組み合わせは考えられないというほどの喜びを禁じ得ない。それぞれの存在感が今までの僕の経験のなかでの重要性から言って、ほぼベストに近い組...

  • 4226 COMPLETE COMMUION/DON CHERRY

    DON CHERRY cor GATO BARBIERI ts HENRY GRIMES b ED BLACKWELL ds1965.12.24COMPL...

  • 売れるな! THE CONTEMPORARY JAZZ CLSSICS OF THE PAUL MOER TRIO

    嘗てネットオークションで自分の手持ちのものを売るということをしていた。そうすると殆ど聴かずにしまい込んでしまっているものが売るというターゲットになるのだが...

  • めんどくせぇ話 BILL EVANS/PORTRAIT IN JAZZ

    そんなに大真面目に考えたわけではないけれど、「音楽の進化」てなんだとふと思ったのだが、それは歴史の「進歩」がそうであるように決して直線的に進むものではなく...

  • 4249 A NEW CONCEPTION/SAM RIVERS

    なんだ、なんだ、S.リヴァースがスタンダード・ナンバーをやり始めたのか?これじゃあ、先祖帰りじゃないか・・・いやいや、そこはリヴァースのこと。アブストラク...

  • 4331 POLY-CURRENTS/ELVIN JONES

    エルヴィンのピアノレスはやっぱりいい。これがBN第3弾だが、いずれもピアノレス。エルヴィンはたまたまピアニストがいなかったと言ったそうだが、そりゃないだろ...

  • 4354 WAYFARING STRANGER/JEREMY STEIG

    4300番台のこの周辺のアルバムのなかではかなり気に入っているアルバムだ。ロックのテイストは時代の流れからいっても大方同様だが、あのB.エヴァンスとのWH...

  • 今月のつぶやき 2021.4

    4.2田中邦衛さんが亡くなった。あの「北の国から」のドラマが放映されていた頃、歌志内という町で温泉に入ろうとなかに入っていくと、脱衣場にパンツ姿の一人のお...

  • 今月のつぶやき 2020.3

    3.1佐藤義夫『オーウェル研究 ディーセンシーを求めて』を借りる。行動において実体験を重んじ、精神において寛容で誠実であり、表現において抑制的で虚飾がな...

  • 今月のつぶやき 2021.2

    2.12週間では到底読めないと思っていたジョージ・オーウェルの評論集の1,3,4‘の3巻を1週間で読み切ることができた。第3巻の『鯨の腹のなかで』にはヘン...

  • サガンとホリディ BILLIE HOLIDAY/ DON'T EXPLAIN

    何十年振りかでDiana Ross主演の"Lady sings a blues"(ビリー・ホリディ物語・奇妙な果実)を観た。ジャズファンにとって、あのしゃ...

  • キチガイ音楽だって?そりゃあケッコー、ケダラケ、猫ハイダラケ、・・・ Jaki Byard/Sunshine of My Soul

    年改まって新年早々、新たに中古レコード屋を開拓して5,6件のリストのなかから、人気No.1という店まで行ってみた。行ってみたものの、店主の気まぐれか時間通...

  • 今月のつぶやき 2021.1

    1.1昭和の正月元旦は、初詣の先はジャズ喫茶。言わばジャズ喫茶詣が毎年の習いで、他に開いている店も殆どなくただ映画館くらいは正月映画をやっていて、定番は渥...

  • 差異性と創始性 THE EMPTY FOXHOLE/ORNETTE COLEMAN

    クリスマス・イヴのこと。いつもの中古レコード店に向かうべくバスと地下鉄を乗り継いで大通りまで出て地下街を抜けて中心街の狸小路を歩くこと15分ほど。地下街を...

  • 後ろの正面 CON ALMA ! / CHARLES McPHERSON

     僕の書斎の机が壁に向かって据えられていて、その壁の反対の壁にオーディオの装置が置かれパソコンの画面を見ながら背中で後ろの音の聴いているというような按配で...

  • Addictedかも BENNIE WALLACE /BIG JIM'S TANGO

     迂闊にも今月はもう12月であることにふと気がついた。 なんだ後一か月もないのかとしみじみ感じいったわけでもないのだが、今年を振り返って一句ともふとよぎっ...

  • 麻生太郎副総理の「不適切発言」その他

    最近のニュースではまず麻生太郎副総理の「不適切発言」が指摘された。「2千年の長きにわたって一つの場所で、一つの言葉で、一つの民族、一つの天皇という王朝が続...

  • 今月のつぶやき 2020.12

    12.1今後暫し「アンゴロイド」になる所存。牧野真一の『ゼーロン・淡雪』の余勢を張って暫し安吾に浸ろうと思う。安吾は牧野の後輩格にあたるが、安吾は牧野の絶...

  • JAZZ一人一枚 Leon Parker/ DAVID KIKOSKI/INNER TRUST

     世のなかに蔓延る変態者は数多あれど、オーディオ・マニアとアナログ・レコード変質狂ほど罪深き者はなし。SかMかは知らねども、金にあかせて高級なる機器を設え...

  • JAZZ一人一枚 ALLEN HOUSER/NO SAMBA

    ここ北海道では秋から最早冬が迫り、雪もちらつく時候となってきた。過ぎ去った夏のことなど忘れかけているのだが、11月と言えば「魔の月」なのだ。この月に車の事...

  • 今月のつぶやき 2020.10 (2)

    10.29昨日YouTubeをみていて、あのお笑いコンビEXITの兼近が同じ町内出身だとわかって吃驚。少年野球をたちあげて練習していた場所が、よく散歩にい...

  • ベルンハルト・シュリンク『朗読者』

    この作品は映画化され『愛を読むひと』となり、あの「タイタニック」で一躍有名になったケイト・ウィスレットとレイフ・ファインズが主演。ほぼ忠実な再現であるが、...

  • JAZZ一人一枚 CLARE FISCHER/FIRST TIME OUT

     探し物をしていて、どうしても見つからない場合その探しているものだけが無くなっているのではないかと疑ってしまうことがよくある。 先日もある本を探していて...

  • 1507 THE JAZZ MESSENGERS AT THE CAFE BOHEMIA VOL.1

    こんなにのったりした出だしだった?かとあらためて聴くと意外だった。ジャズ・メッセンジャーズというイメージにはいきなり怒濤で驚かすという感じがしていたのに。...

  • 1505 THE EMINENT J.J.JOHNSON VOL.1

    WITH CLIFFORD BROWNというところが目玉なのだろう。でも前半は辛抱して(?)聴く感じになってしまいあまり愉しめない。テナーとバリトンを吹く...

  • 今月のつぶやき 2020.10

    10.1やたら眠たい。春眠暁を覚えずじゃない。問答無用の秋だというのに、何故だ。ヤン=ヴェルナー・ミュラーの『ポピュリズムとは何か』を読んで大いに反省して...

ブログリーダー」を活用して、jamalさんをフォローしませんか?

ハンドル名
jamalさん
ブログタイトル
せどり氏の散歩道
フォロー
せどり氏の散歩道

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用