プロフィールPROFILE

jamalさんのプロフィール

住所
北海道
出身
北海道

自由文未設定

ブログタイトル
せどり氏の散歩道
ブログURL
https://jamal.exblog.jp/
ブログ紹介文
本、jazz、映画、落語、音楽等々ディレッタントに楽しむ日々
更新頻度(1年)

120回 / 365日(平均2.3回/週)

ブログ村参加:2016/12/09

jamalさんのプロフィール
読者になる

jamalさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/20 11/19 11/18 11/17 11/16 11/15 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,526サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 10 0 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,747サイト
書評・レビュー 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,324サイト
小説ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,023サイト
長編小説 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 554サイト
映画ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 10,651サイト
映画日記 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 917サイト
今日 11/20 11/19 11/18 11/17 11/16 11/15 全参加数
総合ランキング(OUT) 78,489位 79,672位 79,839位 79,440位 79,645位 圏外 79,636位 978,526サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 10 0 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 638位 652位 654位 642位 634位 圏外 628位 12,747サイト
書評・レビュー 159位 158位 162位 159位 161位 圏外 158位 3,324サイト
小説ブログ 717位 720位 719位 720位 718位 圏外 696位 12,023サイト
長編小説 18位 17位 17位 16位 16位 圏外 17位 554サイト
映画ブログ 597位 606位 615位 615位 598位 圏外 605位 10,651サイト
映画日記 65位 67位 69位 70位 69位 圏外 71位 917サイト
今日 11/20 11/19 11/18 11/17 11/16 11/15 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,526サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 10 0 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,747サイト
書評・レビュー 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,324サイト
小説ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,023サイト
長編小説 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 554サイト
映画ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 10,651サイト
映画日記 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 917サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、jamalさんの読者になりませんか?

ハンドル名
jamalさん
ブログタイトル
せどり氏の散歩道
更新頻度
120回 / 365日(平均2.3回/週)
読者になる
せどり氏の散歩道

jamalさんの新着記事

1件〜30件

  • JAZZ一人一枚 ENRICO RAVA/BELLA

    ENRICO RAVA tp, ENRICO PIERANUNZI p, ENZO PIETROPAOLI b, ROBERTO GATTO ds,19...

  • JAZZ一人一枚 ROLF KÜHN/SOLARIUS

    スライド・ハンプトンの爆撃ジャズTHE FABULUS SLIDE HAMPTONにはこのアルバムでニールス・ヘニング・ペデルセンやフィリー・ジョー・ジョ...

  • 1501 MILES DAVIS VOL.1

    MILES DAVIS-tp J.J.JOHNSON-tb JIMMY HEATH-ts GIL COGGINS-p PERCY HEATH-bART B...

  • 1519 Thelonious Monk - Genius Of Modern Music, Vol 1. 2

    「モンクのピアノは不協和音に特徴があり、それを巧みに用いて曲も書いていた。加えて打楽器的なシンコペーションが不協和音をいっそう効果的に響かせる。この奏法な...

  • JAZZ一人一枚CLIFFORD JORDAN/IN THE WORLD

    一枚のレコードを聴くときのシチュエーションというものを色々想像してみると、例えば強面のジャズ喫茶のオヤジのいる店、今入ったばかりの盤を「どうだ、参った...

  • JAZZ一人一枚 BENNIE WALLACE/THE FOUR TEEN BAR BLUES

    ベニー・ウォレスのディスコグラフィーをみると、1978: The Fourteen Bar Blues、1978: Live at the Public...

  • JAZZ一人一枚 RED GARLAND / WHEN THERE ARE GREY SKIES

     ヘンタイ止まれ! 変態聴きにも限界がある。小休止の意味でこういうのを。レッド・ガーランドがプレスティッジに残した最後のアルバムでWHEN THERE A...

  • JAZZ一人一枚 PHIL WOODS/PHIL WOODS AND HIS EUROPEAN RHYTHM MACHINE AT THE MONTREUX JAZZ FESTIVAL

    やっぱりライブ盤を選んでしまった。もういい加減年なんだから、もうちょっと落ち着いたものを聴いた方が?とも思わないではないが、どうしても血が騒ぐというか、こ...

  • JAZZ一人一枚 ERIC DOLPHY/LAST DATE

     いくらひねくれ者の僕でもドルフィーの一枚からこれをはずすことは出来なかった。だからといってこれが彼のベストかといえばそうとも言えない。だけれどはずせない...

  • JAZZ 一人一枚 ORNETTE COLEMAN AT THE "GOLDEN CIRCLE"STOCKHOLM VOL.1

    ある僕の大好きな映画監督が作品作りについて語った時に、最初にある程度のプロットはあるけれど制作過程で俳優のキャラクターや制作に関わるスタッフのこれはこう...

  • JAZZ一人一枚 DAVID KIKOSKI/INNER TRUST

    いつの頃からか僕はヘンな聴き方をするようになったことがあった。つまりは主役ではなく脇役が良ければ、その脇役が脇役のままで入っている盤ばかり集めるようにな...

  • JAZZ一人一枚 DODO MARMAROSA/DODO'S BACK

      ブリキの缶に入っていたのは、昔のサッカー選手のブロマイド、ブリキのレーシングカー、小さな自転車競技選手の人形、色とりどりのビー玉、欠けためのう石、マッ...

  • JAZZ一人一枚 SLIDE HAMPTON/THE FABULOUS SLIDE HAMPTON

    スライド・ハンプトンのTHE FABULOUS SLIDE HAMPTON。 久々に骨のある演奏を聴いたという気がした。70年代のジャズ喫茶では、こういう...

  • JAZZ一人一枚 EDDIE HARRIS/LIVE IN BERLIN AT THE JAZZCLUB QUASIMODO

    こんなに多彩なパフォーマンスで楽しませてくれるものもそうないだろう。ライブ録音こそパフォーマンスの見せ所を顕著に聴かせてくれるフォーマットはないと改めて思...

  • JAZZ一人一枚 ELVIN JONES/LIVE AT THE VILLAGE VANGUARD

    ELVIN JONES ds GEORGE COLEMAN ts WILBUR LITTLE b MARVIN PETERSON tp( on Mr.J...

  • JAZZ一人一枚 MAL WALDRON/BLOOD AND GUTS

    MAL WALDRON p PATRICE CARATINI b GUY HAYAT dsMai 1970SIDE 1DOWN AT THE GILL’S...

  • JAZZ一人一枚 JAKI BYARD/EXPERIENCE

    今まで何故これについてコメントしてこなかったのか不思議なくらいのバイアードの超逸品と言ってはばからない。なにせラサーンこと...

  • JAZZ一人一枚 Charles Mingus /Cornell 1964

    最近はエリック・ドルフィーの亡くなる2ヶ月前、つまり1964年のチャールズ・ミンガスとともにやったライブ盤ばかり聴いている。「タウン・ホール・コンサート...

  • 表現の自由について 2

     表現の自由について考えるにあたって、急いで言っておかなければと思うことは、ある表現を目の前にしたときにどういう評価を下すかは、人それぞれの「物差し」をも...

  • THE KERRY DANCERS / JOHNNY GRIFFIN

    トラデッショナルや歌ものをふんだんに織り込んだ綴れ織り。座り心地のよい椅子に腰掛けて、ストーブの火を見つめながら聴く・・・というシチュエーションにぴったり...

  • THE SOUND OF SONNY /SONNY ROLLINS

    関係ないが、スピーカーケーブルを変えた。低音がぐっと前に出る。この場合チェンバースが今までより3歩くらい前に出てきた。よくバウンドするベースに乗って、3種...

  • THE NEARNESS OF YOU /RED GARLAND

    ぎんぎんなものに耳疲れしたら、これを聴くとよい。しずしずとした、楚々としたガーランドに癒される。「頭休め~!」という信号で埋められている。 ラリー・リドレ...

  • LOOK OUT FOR EVANS BRADSHAW !

    ブラッドショーの記録は、このファーストアルバムとPIECES OF EIGHTY-EIGHT以外にないのだが、明らかにパウエル筋のバップピアニストであるこ...

  • THE THREE FACES OF / YUSEF LATEF

    家路」から入ってるのがいい。初っぱなにタンバリンが鳴るからまたラティーフお得意の民族音楽風かと思いきや、J.グリフィンのハッシャバイに匹敵する真っ当なテナ...

  • EXPLORATIONS / BILL EVANS

    蔵書の扉を開けると目に入ってくる文字の列や、仄かな紙の臭いの記憶とクロスするアルバムである。ページに定着した文字を刻印したインクのような落ち着き方がある。...

  • THE UNIQUE /THELONIOUS MONK

    RIVERSIDEに残したモンクのアルバムをざっと散見すると、ドラマーだけでもアルバムごとに入れ替わって、ケニー・クラーク、マックス・ローチ、アート・テイ...

  • BUD POWELL / BUD !

    Bud Powell:pCurtis Fuller: Tb (6, 8)Paul Chambers: bArt Taylor: ds1957.8.3BLU...

  • 孫・ジジババ共にテンションあがらずじまいのオケパン

     8/10 孫とジジ・ババ三人で子供向けコンサート「オケパン アキラさん×札幌交響楽団 ねコンダクター!? 0歳からのパントマイム★オーケストラ」をKit...

  • 金子光春『絶望の精神史』

     僕は腕時計を手のひら側に時計の文字盤がみえるようにはめている。それはいつの頃からだか覚えていないが、祖父がそうしていたことは覚えている。何故そんな女性が...

  • 表現の自由について

     つい最近「表現の自由」について興味深い出来事があったのだが、ある展示会の開催をめぐって表現を不当に抑制されることに対してのアピールする行為とそれを不適切...

カテゴリー一覧
商用