住所
-
出身
-
ハンドル名
たそかれの散策さん
ブログタイトル
たそかれの散策
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/bakkushougyou
ブログ紹介文
都会から田舎に移って4年経ち、周りの農地、寺、古代の雰囲気に興味を持つようになり、ランダムに書いてみ
自由文
更新頻度(1年)

68回 / 812日(平均0.6回/週)

ブログ村参加:2016/11/03

たそかれの散策さんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 01/22 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 全参加数
総合ランキング(IN) 37800 38499 34861 34785 38378 38638 38223 946544サイト
INポイント 10 0 10 0 10 0 0 30/週
OUTポイント 0 10 0 0 0 10 0 20/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他日記ブログ 484 484 404 399 478 468 485 27011サイト
雑感 15 14 12 12 14 16 16 614サイト
ニュースブログ 274 275 257 256 271 281 286 9517サイト
ニュース感想 33 34 33 33 35 37 36 509サイト
今日 01/22 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 全参加数
総合ランキング(OUT) 78845 80132 81142 81191 80934 81079 74667 946544サイト
INポイント 10 0 10 0 10 0 0 30/週
OUTポイント 0 10 0 0 0 10 0 20/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他日記ブログ 1151 1178 1194 1232 1212 1195 995 27011サイト
雑感 24 25 23 25 28 24 19 614サイト
ニュースブログ 507 511 513 495 496 495 489 9517サイト
ニュース感想 41 43 45 41 41 43 45 509サイト
今日 01/22 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 全参加数
総合ランキング(PV) 0 0 0 0 0 0 0 946544サイト
INポイント 10 0 10 0 10 0 0 30/週
OUTポイント 0 10 0 0 0 10 0 20/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他日記ブログ 0 0 0 0 0 0 0 27011サイト
雑感 0 0 0 0 0 0 0 614サイト
ニュースブログ 0 0 0 0 0 0 0 9517サイト
ニュース感想 0 0 0 0 0 0 0 509サイト

たそかれの散策さんのブログ記事

?
  • 医療と災害対策 <論点 医療機関の災害対策>を読みながら

    190123医療と災害対策<論点医療機関の災害対策>を読みながら災害対策と言えば、弁護士も阪神大震災以来、さまざまな支援活動を本格化してきたと思います。昨年12月は、<日弁連、全国市長会と「災害協定」締結「被災者に寄り添っていきたい」>という災害発生後の支援対応を各地で行ってきたことを事前に協定化したわけです。実際、和歌山でも県市と次第に弁護士会と協定を結びつつあります。まあこれは事後対応ですね。弁護士事務所とか、弁護士会館の災害予防策は、後者はそれなりに?行っていますが、前者はどうでしょうね。依頼者なり相談者なり、弁護士が事務所で対応する方々について配慮しないといけないのは当然ですが、医療の世界ほど深刻ではないですね。ただ、東日本大震災の時、ある事件の弁護団の一人が被災地域に事務所があり、直後にメールで仕事が...医療と災害対策<論点医療機関の災害対策>を読みながら

  • 公共交通と自動運転 <自動運転 地方の挑戦 高齢者の足確保>を読みながら

    190122公共交通と自動運転<自動運転地方の挑戦高齢者の足確保>を読みながら最近バスに乗る機会がほとんどなくなりました。首都圏で仕事をしているときは結構利用していましたが、当地にやってきて毎日のようにマイカー運転をしているとバスは億劫になります。以前はバスを待つ時間、バスに乗っている時間も当たり前と思い、適当に時間つぶしをしていました。でも当地にやってきてからバスを利用する選択肢がほとんどなくなりました。バスの本数もコースも都会に比べ極めて少ないことも原因かもしれません。ダウンタウンと郊外とが峻別されている欧米のまちづくりと異なり、わが国のようになんとなく都市が傍聴した、散在しているという状況と、田舎ではあまりに狭小の集落が点在していることが要因かもしれません。バスやLRTなどの公共機関の配置が容易でないのは...公共交通と自動運転<自動運転地方の挑戦高齢者の足確保>を読みながら

  • 障がい者と建築対応 <机上のバリアフリー 都条例案「客室の浴室・トイレ入れぬ」>などを読みながら

    190121障がい者と建築対応<机上のバリアフリー都条例案「客室の浴室・トイレ入れぬ」>などを読みながら人のために仕事をするというのはどんな仕事でも骨が折れます。まして建築となると、建築物の種類・用途によって違ってきますね。私も仕事柄多くの建築士さんと一緒に仕事をしましたが、弁護士も十人十色ですが建築士さんもそうですね。ましてや施主を含むステークホルダーが多様な場合余計ややこしいでしょう。さらにバリアフリーというと多様な注意点がありますね。今回は障害のうち、車イス利用者に焦点をあて、ホテル客室を対象として、東京都が既存のバリアフリー条例を強化する改正案素案を示したところ、問題になっています。今朝の毎日記事<ともに・2020バリアーゼロ社会へ机上のバリアフリー都条例案「客室の浴室・トイレ入れぬ」>です。<2020...障がい者と建築対応<机上のバリアフリー都条例案「客室の浴室・トイレ入れぬ」>などを読みながら

  • 受動喫煙と弱者への心遣い <子育て親子 受動喫煙は「第5の虐待」>などを読みながら

    190119受動喫煙と弱者への心遣い<子育て親子受動喫煙は「第5の虐待」>などを読みながら今日これから出張で明日はブログ休刊日?です。今日もそうしようかと思ったのですが、週間になっているのか惰性なのか、つい書くことになりました。依存症ではないと思っていますが。ところで、依存症ではない、趣味趣向の問題、個人の人格を尊重すべきと公言することはないかもしれませんが、内心思っている人は少なくないでしょう。中にはいつでもやめれるとのたまう人もいるかもしれません。飲酒やタバコなどです。私もなんどかこのブログで取り上げてきましたが、なかなかご本人はその周囲への影響を理解することができないようです。飲酒の場合、運転したらダメなのが分かっていても辞められない人がいますね。飲酒運転を辞めるというより、飲酒自体を辞めた方がいいと思う...受動喫煙と弱者への心遣い<子育て親子受動喫煙は「第5の虐待」>などを読みながら

  • 笑いと効能 <笑う門には免疫力UP>を読みながら

    190118笑いと効能<笑う門には免疫力UP>を読みながら関東で長く生活していたためか、関東の笑い芸に親しみすぎたのでしょう。当地にやってきて関西系のTVで登場するお笑い番組になかなかついていくことができないでいました。たぶんいまもしっくりこないですが、それでも少し気持ち的には慣れてきたかなという感じはあります。私自身、そもそも藤山寛美(もうこの名前もすぐに文字変換できないのですね!)の話術、芸にぞっこんでしたので、幼いころから上方喜劇に親しんでいたはずです。上京後はそれほど見る機会がなくなり(TVを見ていませんでした)、寛美の笑いの芸術をみることもなくなり、いつの間にか彼が亡くなっていました。最近評判の関西のお笑いは、寛美のそれとは異質のもので、笑えてもしっくりこないものでした。さすが娘の藤山直美さんの芸は魅...笑いと効能<笑う門には免疫力UP>を読みながら

  • ひげを考える <ひげ理由に低評価ダメ>を読みながら

    190117ひげを考える<ひげ理由に低評価ダメ>を読みながら今日もとくに取り上げたい話題がなく、パスしようかと思いながら、ふとこの記事にでくわしました。今朝の毎日記事<訴訟ひげ理由に低評価ダメ地裁、大阪市に44万円賠償命令>です。そういえば大阪市が入れ墨とかを問題にしたことがありましたね。口ひげも問題にしていたのですね。記事によると<ひげをそらなかったことを理由に不当に低い人事評価を受けたとして、大阪市営地下鉄(当時)の運転士2人が、市に慰謝料など計約450万円の賠償を求めた訴訟で、大阪地裁は16日、計44万円の支払いを命じた。>とのこと。理由は<内藤裕之裁判長は「ひげを理由に減点評価したのは、裁量権の逸脱で違法」と判断した。>です。具体的には<判決などによると、市は2012年、服務規律を強化する職員基本条例を...ひげを考える<ひげ理由に低評価ダメ>を読みながら

  • ボランティアと費用負担 <災害ボランティア 公費支援、兵庫県検討>などを読みながら

    190116ボランティアと費用負担<災害ボランティア公費支援、兵庫県検討>などを読みながらボランティアということばはいつごろどのような用語として使われるようになったのでしょう。というのは私自身、弁護士になってしばらくして無給の活動をすることが仕事の中心になりました。当時、そのことをなんと言っていたか思い出せませんが、仕事というのが収入を得てやることであれば、仕事ということばは不適切になりますね。当初は弁護士会の仕事が中心でしたが、その後はNGOとかNPO成立後はNPOを含め多くの団体活動に参加してきました。私の仕事全体の多いときで3分の2以上、平均しても半分以上でしたか。これは仕事の時間量でおおざっぱに計算したのですが、タイムカードもないので、実際はもっとだったかもしれません。なんとか生活できれば後は無給の仕事...ボランティアと費用負担<災害ボランティア公費支援、兵庫県検討>などを読みながら

  • 死後を整える <死後事務委任契約の裁判例を読みながら>

    190115死後を整える<死後事務委任契約の裁判例を読みながら>生きている今、生きていることだけで精一杯と思う人は少なくないと思います。まだそういう考えがあるうちはいいのですが、自分が何者か、何をどうしたいのかすら、分からなくなってしまう状態に陥ることはいつ何時起こるかもしれません。法的には、そのようになったときの財産管理や身上監護について、事前に対応するものとして任意後見制度があります。私も昔やっていましたが、当地に移るに際し、バトンタッチしてきて現在はやっておりません。判断能力が少し劣ってきたとか、かなり危ういとか、その能力が疑われる状態になれば、補助、保佐、後見という法定後見制度で、対応することになっています。生前はこのような制度である程度カバーしています。では死後はどうかというと、遺言は基本、相続財産に...死後を整える<死後事務委任契約の裁判例を読みながら>

  • 悩む自由 <人生相談 大学を除籍された息子=回答者・高橋源一郎><『秋萩の散る』>などを読みながら

    190114悩む自由<人生相談大学を除籍された息子=回答者・高橋源一郎><『秋萩の散る』>などを読みながら今日は(あるいは昨日は)成人式が各地で行われているのでしょう。前途洋々の気分は一時でしょうか。成人式の日くらいはそんな気持ちになっているかもしれません。しかし、今朝の毎日・社説<次の扉へ人口減少と日本社会2040年代への準備は万全か>で指摘されているとおり、日本が置かれている状況は<国民生活が破綻の危機>であり、<出生率が高かった地方が衰退して現役世代が減っている>状況は変わらず、相変わらず東京集中が止まらず<地方再生>の見通しは見えませんね。国際的にも日韓、日米、日露、日中と隣国とも危うい状態になりつつあります。そういう世の中の激動というものは個々人が成人になるかどうかとは直接関わりが無いものの、青春とい...悩む自由<人生相談大学を除籍された息子=回答者・高橋源一郎><『秋萩の散る』>などを読みながら

  • 歩く道(その6) <紀伊国桛田荘・文覚井周辺歩いてみる>

    190113歩く道(その6)<紀伊国桛田荘・文覚井周辺歩いてみる>今日は天候が良さそうな空模様。どこにでかけようか迷いながら中世の水争論があった名手荘の水無川周辺と粉河寺周辺を歩いてみようかと思い出かけました。ところが京奈和道路が途中工事中で、24号線が渋滞。粉河まで時間がかかりそうなので、今回は断念して文覚井を歩いてみることに作戦変更。ただ、文覚井がどのような経路を通って紀伊国桛田荘に灌漑用水を流していたか、以前読んだ和歌山県立博物館編集・発行の「紀伊国桛田荘と文覚井」をうろ覚えで、とりあえず宝来山神社周辺だと思いだし、そこをまず参拝して歩くことにしました。神社の左側には宮池という小さな池があり、とりあえずその脇の道を登っていけば、山の向こうに流れている穴吹川(昔は北川とか、静川とかとも言われていました)に降...歩く道(その6)<紀伊国桛田荘・文覚井周辺歩いてみる>

  • オオカミが泳ぐ <NHKBSカナダ西海岸 海に生きるオオカミ>を見ながら

    190112オオカミが泳ぐ<NHKBSカナダ西海岸海に生きるオオカミ>を見ながら今朝天気予報を見ると連休中は成人式にお似合いのいい天気とのこと。ところが最初、アラレ模様、そして冷たい雨。これでは今日の歩きは中止と決定。それで録画していたNHKBSの<ワイルドライフ「カナダ西海岸の島々海に生きるオオカミアザラシを狙う」>を見ました。これはさすがNHK取材班という内容でした。カナダ西海岸はそれなりにあちこち旅をしましたが、すばらしい原生自然でした。グレートベア・レインフォーレスト自然保護公園というところでした。テーマは表題の通り「海に生きるオオカミ」です。えっと思いました。以前、オオカミのチームプレイで、たしかオリックスを狩る場面を放映していましたが、見事な頭脳と巧みな連係プレイでオリックスを後のない崖っぷちに追い...オオカミが泳ぐ<NHKBSカナダ西海岸海に生きるオオカミ>を見ながら

  • 高齢労働のリスク対処 <60歳以上の労災事故が増加 転倒多発>を読みながら

    190111高齢労働のリスク対処<60歳以上の労災事故が増加転倒多発>を読みながら今朝の毎日は、<毎月勤労統計不適切調査過少給付、各数百億円雇用と労災保険>と銘打って、勤労統計の不正を一面で取り上げていましたが、他の報道でも同様だったかと思います。統計数値は客観的なものとしてさまざまな基礎データとなりますし、今回のように雇用保険と労災保険の給付額に直接影響があったというわけですから、深刻なものと言ってよいでしょう。そのミスはかなり初歩的であったようですが、原因調査をしっかりして、改善してもらいたいものです。労災との関係で、もう一つ、<くらしナビ・ライフスタイル60歳以上の労災事故が増加転倒多発、危険箇所の確認を>という記事があり、これも統計データに依拠して、その労災原因と対策を取り上げており、高齢者が労働継続す...高齢労働のリスク対処<60歳以上の労災事故が増加転倒多発>を読みながら

  • プラゴミを考える <プラスチック危機 世界遺産襲う海洋汚染>と<2日間無しで過ごせるか>を読みながら

    190110プラゴミを考える<プラスチック危機世界遺産襲う海洋汚染>と<2日間無しで過ごせるか>を読みながら30年ほど前、熱帯林伐採が世界的な話題となり国内的も森林伐採が問題にされました。その中で割り箸の使い捨てがときに国内外で問題となったことがありました。環境活動家などでマイはしというか箸の携帯が流行したように思います。実のところ私もそれを実践していました。仲間がそういう人種だったのに影響したのかもしれません。私の場合それから箸に興味を抱くようになり、拘りをもってしまい、どこの竹材を使った箸でないといけないなんてことになり、しかもよく忘れるため、本来の使い捨て抑制効果はあまりなかったように思います。といって間伐材利用だからとの反論も、当時はその製品化の過程で廃棄される量が半端でなく適切なリサイクル利用がされて...プラゴミを考える<プラスチック危機世界遺産襲う海洋汚染>と<2日間無しで過ごせるか>を読みながら

  • 心を届く判決とは <在韓被爆者訴訟 手帳認定判決 元徴用工、証言伝わった>などを読みながら

    190109心を届く判決とは<在韓被爆者訴訟手帳認定判決元徴用工、証言伝わった>などを読みながら元徴用工をめぐる話題は、いろいろあるようですが、最近では日本企業に賠償請求を認めた韓国大法院の判決とそれに基づく資産差押執行が大きく紛糾?し、話題となっています。判決文を見たことはないですが、賠償理由自体よりも、日韓請求権協定の請求権放棄規定の効力と国際法上の解釈が話題になっているように思います。ネットを少し見てもちょっと偏った見方で議論しているようにも見えて、心に響くような意見はあまりないようにみえます。今朝の毎日は<元徴用工訴訟で資産差し押さえ政府、韓国に協議申し入れへ>で、客観的事実を淡々と報道しています。他方で、一面と最後の紙面で別の徴用工の裁判を取り上げていて、この判決文には驚きました。まず一面で<元徴用工...心を届く判決とは<在韓被爆者訴訟手帳認定判決元徴用工、証言伝わった>などを読みながら

  • 人と金 <特殊詐欺、暴力団に包囲網 被害1日1億円の「黒幕」>を読みながら

    190108人と金<特殊詐欺、暴力団に包囲網被害1日1億円の「黒幕」>を読みながら今日も懸案の仕事になかなか向かうことができませんでした。雑多な用が舞い込み、忙しくしつつも、心わびしい感じでしょうか。そんな中に、当然ながらお金にまつわる話が一杯あります。高齢者のお金の使い方、むろん高齢者に限りませんが、どうも平穏ではないように思えます。孤独に一人で人生を送ることができれば、他に干渉されず、好き勝手ができるかもしれません。でもさまざまな要因でその意思は社会的な干渉の的になっています。それほど多くの事例を見てきたわけではありませんが、たいていの高齢者は戦中、戦後を生きてきた忍耐強い人で、節約をモットーとして、倹約、倹約を積み重ねてきて、ものを大事にしています。自然とお金も貯まります。むろん最近の中国人のような荒稼ぎ...人と金<特殊詐欺、暴力団に包囲網被害1日1億円の「黒幕」>を読みながら

  • 混ぜ合わせと統合 <NHKBS 驚き!ニッポンの底力「自動車王国物語2」>を見ながら

    190107混ぜ合わせと統合<NHKBS驚き!ニッポンの底力「自動車王国物語2」>を見ながら今朝も目覚めると、冷え冷えする寒気です。周囲は少し氷が残っているかのように白っぽい雰囲気です。日が差してくる前は柿畑も霜で淡く白くなっていています。こんなときは路上が凍っていないか確かめますが、相変わらず黒ずんでいます。去年の暮れ、雪が舞い少し積もった?こともあり、冬タイヤに替えました。ですので、いつ雪が降って積もっても、少しくらい凍っていても大丈夫と思っているのですが、紀ノ川沿いは結構暖かいので、一年のうちそのような機会はなんどもありません。それでもタイヤを履き替えると、春までは冬タイヤのままとなります。最近の冬タイヤは特別違いが分からないほどクッションもよく、雪面でなくても普通の感覚で走ることができます。といって雪上...混ぜ合わせと統合<NHKBS驚き!ニッポンの底力「自動車王国物語2」>を見ながら

  • 歩く道(その5) <隅田党が支配した隅田荘の現在を歩きながら>

    190106歩く道(その5)<隅田党が支配した隅田荘の現在を歩きながら>正月休みも終わり、明日から仕事です。ブログを続けるか少し悩みつつ、再びタイピングを始めました。このブログの一つの目的は自分というものがそもそも存在しうるものかを検証するというか、無というものをぼんやりでも感じるところであったように思います。そういった感触は書けば書くほど、ぼんやりながら受け止めてきたように思います。羽仁五郎著『都市の論理』を昔、おそらく40年以上前に愛読していたように思うのですが、内容はすっかり忘れてしまいました。そのおかげで?記事を題材に適当なコメントができたのかもしれません。日々の報道記事を見て、自分なりの感覚を見いだせないかと思いながら、取り上げてきたかもしれません。それは気持ちだけで、内容がまったく伴わないものでした...歩く道(その5)<隅田党が支配した隅田荘の現在を歩きながら>

  • 年末とインフル <医師も実践、インフル対策>を読みながら

    181228年末とインフル<医師も実践、インフル対策>を読みながら今朝目覚めが早すぎました。最初が3時前、次は4時過ぎ、そして起き上がったのが6時前でした。なんで目覚めが早かったのかと思ったのですが、寒さが影響したのかもしれません。寒いはずです。外気は1度前後でしょう。明るくなって外を見ると、雪がちらほら。おお初雪だと喜んでいたら、もの凄い勢いで降り出しました。降雪も風情があっていいものです。雪国で暮らすとそうはいかないでしょうけど。カルガリーで滞在していたころ、半年近く雪の生活だったように思います。といっても降雪量はさほどでもないので、日本の雪国のように積雪●mといった具合に、雪かきの心配はありません。ただ、マイナス20度、ときに30度になる厳しさは耐えるのは結構きつかったですね。もう一昔以上の前の話です。こ...年末とインフル<医師も実践、インフル対策>を読みながら

  • 捕鯨を考えてみる <日本、調査捕鯨は中止 IWC脱退表明>などを読んで

    181227捕鯨を考えてみる<日本、調査捕鯨は中止IWC脱退表明>などを読んで株式市況などどう動こうが関係がないのに、トランプ政権やそれを支持する層への疑問もあって、今回の大幅下落について書いたら、予想外の市況の反転があったようです。素人があれこれいうものではないですね。でも今後もわかりません、という程度にしときます。さて年末仕事納めというのに、あれこれと仕事が多く、なかなか時間がとれなくなっています。能率が悪い、かもしれませんね。ただ、12月に入って突然、新件が急増し、珍しく2件も断ったのですから、私としてはのんびり12月中旬以降を過ごす予定が狂ってしまいました。明日も安請け合いした説明会での解説があり、その準備もままならない状況です。そんな愚痴をいつまでも言っていては始まりません。夕方から会議があるので、早...捕鯨を考えてみる<日本、調査捕鯨は中止IWC脱退表明>などを読んで

  • 森林経営管理法(その9) <新制度に対する批判について>

    181226森林経営管理法(その9)<新制度に対する批判について>NY株式市場はまた下がりましたね。ところが東京市場は下げ圧力に抗して少し反発したようです。でも昨夜BS日経などではこれまで結構景気のいい話をしていた専門家もいつの間にか2万円台への反転は来春以降になったようです。そんなに簡単に底をつくのかと思うのですが、まあ株式や金融商品の話は話半分に聞いていてよいと私なんぞは思っています。ゴーン氏の特別背任の件も少し具体的な情報が明らかになってきたようです。やはり「付け替え」時点で既遂という判断を特捜はしているようです。だいたい膨大な損失含みの権利なんて、価値があるはずがないでしょう。そういえば何年か前、高野山金剛峯寺は金融商品取引で●億円(額を失念)の損失出したということで、専門家調査とか第三者印快調さと銘打...森林経営管理法(その9)<新制度に対する批判について>

  • 電源をどうする <再生エネ・主力電源への難路 /番外編 二人の専門家の提言>を読みながら

    181225電源をどうする<再生エネ・主力電源への難路/番外編二人の専門家の提言>を読みながら昨夜の満月(欠けていましたが)、オレンジ色に大きく輝き、とてもすてきでした。ちょうど地平線の上方10度くらい?の低い位置でしたか、とても大きかったですね。こんなすばらしい月を見て一句ひねろうかと思っても、それは無理でした。すがすがしい夜の闇は朝方とても澄んだ空気をもたらしてくれたように思います。野鳥もいつものように楽しそうに飛び交い声高に鳴いています。でも地面を見ると霜が降り、冷え冷えとしています。凍結した柿畑の枝条や下草も朝日に映えて美しいものです。そんな自然の移ろいとは関係なく、昨日のNY市場が大幅下落した影響をまともに受けた東京市場は1000円安と、一気に2万円の大台を突き抜けました。安倍政権はいつものように日本...電源をどうする<再生エネ・主力電源への難路/番外編二人の専門家の提言>を読みながら

  • 辺野古と報道と天皇 <在日米軍再編 辺野古土砂投入の各紙報道>と<社説 平成最後の天皇誕生日>を読みながら

    181224辺野古と報道と天皇<在日米軍再編辺野古土砂投入の各紙報道>と<社説平成最後の天皇誕生日>を読みながら今日はブログをパスしようかと一旦思いました。踏ん切りがつかない中、辺野古の記事に触発され、また天皇のお言葉も感慨深いものでしたので、少しだけ書いてみようかと思います。本題に入る前に、ゴーン氏の特別背任容疑での逮捕に関する記事<日産ゴーン容疑者投資損失、日産に払わす数千万円>を少し取り上げたいと思います。ここでは、付け替えの期間の損失を一旦日産に払わしたことを取り上げています。そのこと自体より、気になっているのは、「付け替え」という用語です。私などが経験したこのことばは、道路の付け替えといった用法で使われてきた感覚です。つまり、元あった道路が何らかの理由で廃道、不便になったなどから、別の代替用の道路が新...辺野古と報道と天皇<在日米軍再編辺野古土砂投入の各紙報道>と<社説平成最後の天皇誕生日>を読みながら

  • 歩く道(その4) <中世末期に一際輝いた雑賀孫市の雑賀城付近を歩く>

    181223歩く道(その4)<中世末期に一際輝いた雑賀孫市の雑賀城付近を歩く>ふと司馬遼太郎著『尻啖え孫市』を思い出しました。歩く道のコースをどこにしようかと考えたとき、紀の川河口を見たいと思ったのです。でも、現在の河口は幅400m以上あり、しかも全長500mもある波止(白灯大波止)がまさに人工物で、釣りをするにはよいかもしれませんが、私には少し興ざめです。では中世はどうだったか、それは古代を含め歴史景観を研究されている日野雅義氏による「紀ノ川河口付近の古地理変遷図」があり、縄文期からの変遷が図で示されています。中世は和歌山市大浦が河口となっていました。この大浦には中世末期、この付近を拠点に日本各地で活躍した雑賀衆という共和制?の集団統治システムがあり、そのリーダーとして雑賀孫市がいました。その活躍ぶりは司馬さ...歩く道(その4)<中世末期に一際輝いた雑賀孫市の雑賀城付近を歩く>

  • 西行と明恵 <NHK 白洲正子が愛した日本人>を見ながら

    181222西行と明恵<NHK白洲正子が愛した日本人>を見ながら今日は終日雨でしたか。やさしい雨模様でしたか。風もあまりなく、音も静かでした。ただ聞こえてくるのは野鳥たちが仲良く騒いでいる声、囀りでした。ヒヨドリの集団がやってきたようで、ずっと近くのヒノキ林で飛び立ったかと思えば、葉っぱの中に隠れたりと忙しく動いています。なんとものどかな風情です。昨夜は、ゴーン日産前会長の特別背任容疑での再逮捕といったビッグニュースなどが報道されていましたが、さほどニュースに関心が向かず、午前中録画していた<プレミアムカフェ白洲正子が愛した日本人美の旅人西行と明恵>を見ました。西行も明恵も和歌山県出身とされています。和歌山出身の偉人というと陸奥宗光があがりますが、もし西行が父親が管理していた田仲荘(紀の川市の一部で紀ノ川北岸)...西行と明恵<NHK白洲正子が愛した日本人>を見ながら

  • オードリーの魅力 <ザ・プロファイラー▽“永遠の妖精”の知られざる苦悩>を見ながら

    181221オードリーの魅力<ザ・プロファイラー▽“永遠の妖精”の知られざる苦悩>を見ながら今日も朝からいろいろ人に会ったり、会議があったりで、いまようやく仕事を終えました。残業?ということばはわれわれの仕事にはありませんが、久しぶりに遅くなりました。疲れ気味ですので30分程度で今日のブログは切り上げようかと思います。昨夜放送されたNHKBS<ザ・プロファイラー▽“永遠の妖精”の知られざる苦悩~オードリー・ヘプバーン>は、オードリーの魅力を改めて体感できました。<【司会】岡田准一,【ゲスト】斉藤由貴,立川志らく,眞鍋かをり>のメンバーでどんな風にその魅力を映し出せるかと思いましたが、結構コンパクトにうまくできていたように思います。なんといっても「ローマの休日」でのオードリーの魅力は初々しく見事に花開き、どの場面...オードリーの魅力<ザ・プロファイラー▽“永遠の妖精”の知られざる苦悩>を見ながら

  • 農業の担い手 <発言 行政含め新規就農対策を=飯田政明>などを読みながら

    181220農業の担い手<発言行政含め新規就農対策を=飯田政明>などを読みながら年の瀬はのんびりと過ごそうと思っていたら、ちょっとしたもめ事がめずらしく次々と持ち込まれ、意外と忙しくしています。既存のケースがほぼ落ち着いてきて、読書の冬を堪能しようと思っていたのですが、最近は月20冊は遠くに及ばず、10冊も満たない状況になってきました。実質5冊程度でしょうか。今日も新件があり、といっても法テラス案件が多いので、その手続に時間が結構とられています。ブログの方もなかなかゆっくりと考える(いつものことですが)余裕がなく、今日も毎日記事<検証告白、ゴーン前会長逮捕の糸口(その1)外国人幹部「耐えられぬ」>と昨年から続く検査不正の問題とを整理したいと思いつつ、また別の機会にすることにしました。ただ、一言触れておこうかと思...農業の担い手<発言行政含め新規就農対策を=飯田政明>などを読みながら

  • ゴルフ場と里山 <NHKBS 「ニッポンの里山」で紹介されたゴルフ場の豊かな生態系>

    181219ゴルフ場と里山<NHKBS「ニッポンの里山」で紹介されたゴルフ場の豊かな生態系>最近はゴルフ場に通う人も少なくなったのではないかと思います。私の年代だと、たいていの人(というと誇張でしょうか)がゴルフ場通いをしていたように思います。私もその一人でした。といっても知り合いの誰かのように、毎週一回は通うことを標榜していた30年前でも、2ヶ月に一回未満くらいでしたか。練習場は週に一回以上だったように思いますが。一泊付きで行くこともありましたが、それは首都圏だとなかなか自然豊かなゴルフ場が少ないこともあったように思います。80年代から90年代初頭にかけてバブル景気の先頭をきってゴルフ会員権がうなぎ登りに上昇したこともあって、乱造されましたね。千葉県なども飛行機から下を覗くと見苦しいほどの状況でした。古くて格...ゴルフ場と里山<NHKBS「ニッポンの里山」で紹介されたゴルフ場の豊かな生態系>

  • 太陽光発電と環境保全 <橋本市の太陽光発電条例成立、来月施行へ>などを読みながら

    181218太陽光発電と環境保全<橋本市の太陽光発電条例成立、来月施行へ>などを読みながら週末は時折、山間部を一時間くらいドライブすることがあります。また和歌山にもたまに車で出かけます。そんなとき普段は山岳景観や河川景観を楽しむのですが、違和感を感じるものが少し増えてきたと思っていました。太陽光発電設備です。といっても大がかりなのは滅多に見たことがないので、小規模なものがほとんどです。たいていはあっという間に通り過ごしますので、さほどの感慨もわきませんが、日常的に接している近所の人だと違うかもしれません。昨日の毎日ウェブ記事<和歌る?紀になる!橋本市の太陽光発電条例成立、来月施行へ住民説明と届け出義務化/和歌山>で、橋本市にも新条例ができ来月から施行される見込みとのことです。新条例の背景や今後の動向について、<...太陽光発電と環境保全<橋本市の太陽光発電条例成立、来月施行へ>などを読みながら

  • 米軍基地返還のあり方 <沖縄の米軍返還地の原状回復 日本政府が129億円負担>を読みながら

    181217米軍基地返還のあり方<沖縄の米軍返還地の原状回復日本政府が129億円負担>を読みながら沖縄の話に入る前に、昨夜から大きなニュースとなった札幌市豊平区の爆発と多くの負傷者、当初は「飲食店爆発」などの見出しが流れ、なんとなくガスを使うからなにかの拍子に爆発したのかしらと思っていました。ところがビル自体が木っ端微塵になっているのですから、テロ事件でもないようですし、飲食店で起こるのかしらと不思議に思っていました。すると毎日最新ニュースでは<札幌の爆発、不動産店で「消臭スプレー100缶ガス抜き」現場検証始まる>とあり、<42人が重軽傷を負った爆発事故>の発端は、どうやら飲食店ではなく隣の不動産店舗だったようです。<爆発があった「酒井ビル」は木造2階建てで、延べ床面積は約360平方メートル。・・・1階は南側か...米軍基地返還のあり方<沖縄の米軍返還地の原状回復日本政府が129億円負担>を読みながら

  • まちなみ景観を考える <堺市 環濠都市、減る町家 高齢化で維持困難>を読みながら

    181216まちなみ景観を考える<堺市環濠都市、減る町家高齢化で維持困難>を読みながら最近のニュースで少し気になっていることがあります。毎日記事<米大統領の元顧問弁護士コーエン被告に禁錮3年の実刑>や、その後のニュースで放映された彼のインタビュービデオです。このコーエン氏のインタビューを見ていて、ついウォーターゲート事件というか、この事件を題材にした映画『大統領の陰謀』で、記者役のダスティンホフマンがニクソン大統領の顧問?弁護士の一人を追求する場面を思い出しました。この弁護士の発言を含め様々な事実が明るみに出て、ニクソン氏が弾劾裁判を前に辞職したことは有名ですね。今回の顧問弁護士の発言は結構、重みのある内容ですが、さほど大きな話題になっていない印象です。ニクソン氏が政治家として誠実さを保持してきた(外形上は)こ...まちなみ景観を考える<堺市環濠都市、減る町家高齢化で維持困難>を読みながら