searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

伝説会長さんのプロフィール

住所
福井市
出身
福井市

メタルジグの使い方やノットの強度実験などオフショアジギングを楽しまれる方の為の情報サイトです。

ブログタイトル
ジギング魂
ブログURL
https://jigging-soul.com/
ブログ紹介文
オフショアジギング専門の情報マガジンです。ジギング関連の新製品情報やメタルジグの使い方・グッズ紹介等
更新頻度(1年)

263回 / 365日(平均5.0回/週)

ブログ村参加:2016/06/24

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、伝説会長さんをフォローしませんか?

ハンドル名
伝説会長さん
ブログタイトル
ジギング魂
更新頻度
263回 / 365日(平均5.0回/週)
フォロー
ジギング魂

伝説会長さんの新着記事

1件〜30件

  • 知ってますか?「釣り用レインウェア」と「アウトドア用レインウェア」の違い

    おはようございます。会長です。釣りにはレインウェアは欠かせないものですが、いろいろなメーカーからデザイン性のあるレインウェアが発売されています。また、ワークマンなど、お手頃な価格で販売されているレインウェアを釣りで使われている方も多いのではないでしょうか?先日、そのレインウェアを製造販売されているmazume(マズメ)さんのカタログをみていましたら、「釣り用レインウェアとアウトドア用レインウェアの違い」というのが掲載されていました。「釣り用レインウェア」と「アウトドア用レインウェア」の違いそのmazumeさんのカタログというのがこちらです。Q&A形式で、「釣り用とアウトドア用レインジャケットの違いは?」という内容で記載されていたのですが、mazuemさんがフィッシング用として販売するレインジャケットはフィッシングフィットといって、袖口が上向きになっているそうです。こちらが、mazumeさんで購入したレインウェアです。確かに腕(袖)が斜め上に上がっています。こちらはワークマンで購入したレインウェアです。比べると、一目瞭然。防寒着も出してきてみました。防寒着も袖口が上向きに作られているようです。キャストとシャクリ時に肩まわりが突っ張らないジグをしゃくった時に、ジャケットがずり上がりにくいという効果があるそうで、確かにキャスティングやスローピッチで腕を大きくあげた時にアウトドア用のレインウェアだと、突っ張ったり、ずり上がったりします。他にもフィシングフィットの特徴として、袖口の止水機能により、雨水の侵入を防ぐフードと立ち襟が独立しているので、フードを伝って雨水が襟の内側に入ってこないフードの先端部分に芯が入っており、垂れ下がって視界を遮らないなど、釣りの目的に合わせた仕様になっているそうです。試しに登山用のレインウェアをみてみたら、リュックなどを担いで腰回りにベルトを巻くことが多い為か、ポケットの位置が上に付いていました。レインウェアといっても、目的によっていろいろ仕様が異なっているんですね。全然知りませんでした。mazume コンタクトレインスーツワークマンなどでも安くていいと思っていましたが、上下で1万円を切る価格のタイプや、mazume レッドムーンレインジャケット II(フラッグシップ)さらに高機能なフラッグシップモデルなどがあり、どちらも非常に人気のアイテムで、売り切れ続出です。ちょっと高くてもフィッシング用

  • 手順が簡単で強度が強い!?話題の摩擦系ノット「PBノット」の結び方と強度テスト

    おはようございます、しょうへいです。ノットテストのリクエストを頂きました!!「PBノット」と呼ばれる、PEとリーダーを結束する結び方です。摩擦系ながらコンパクトで手順が非常に単純で簡単なのが特徴だそうです。どんなノットなのか結び方をおさらいしつつ強度も調べてみました。手順は超単純で簡単!「PBノット」こちらが「PBノット」を説明してくれている動画です。見てみるとPRノットを道具なしで結んでいるような感じですね。PRノットといえば100%の強度が出るノットですが、ボビンなどの道具が必要になります。道具無しで簡単に結べて強度が出るなら非常に使えそうなノットですので、手順を確認しながら結んでみました。まずはリーダーとPEラインをこのように揃えます。動画では細いPEラインを使っていましたが、ジギングで使うことを想定して結ぶのでPE2号を使ってみました。けっこう長めに引き出しておいた方がよさそうです。2本そろえたPEとリーダーをつまんだまま、本線を重なっているラインに巻き付けていきます。動画の通り30回ほど巻き付けます。あとで締め込むのでそれほど密に巻き付けなくても良いそうですが、あまり荒く結ぶと後で大変なのでそこそこ密にまいておくほうが良さそうです。巻き付けが終わったらハーフヒッチで仮止めをします。このあとPEの端糸側を口にくわえ、左手にリーダー、右手にPEを持って軽く締め込みます。こんな感じです。端糸を巻きつけるのではなく、PEラインとリーダーの端糸に本線を30回巻きつけて、ハーフヒッチはPEラインの端糸で仮止めしているだけです。1:48から見ると、すぐに結び方が始まりますので、簡単なのがわかると思います。PEとリーダーを重ねた端糸に本線をぐるぐる巻きつけてハーフヒッチで仮止め、軽く締め込むとラインが詰まってノットがコンパクトになります。仮締めなのでノットがコンパクトに縮まればOKです。ここまでやったら端糸を口から離して、リーダーと本線を持って本締めをします。ここでもあまり強く引っ張りすぎると切れてしまうので、ノットが動かなくなるくらいまで締め込みます。最後にノットをロックします。方法はエンディングノットと同じです。文字では説明しにくいので、こちらの動画を見ていただくとわかりやすいかと思います。最後に余ったラインをカットして完成です。PE2号とフロロカーボン8号の組み合わせで1.5㎝弱くらいのノットですので、かなりコン

  • どうやって使うの?タナジグ「あいや〜タコカーリー」の使い方・実釣レビュー

    おはようございます。会長です。もう発売してからしばらく立ちますので、もう釣具店などでご覧になった方も多いと思いますがあいや〜ジグなどでおなじみの「タナジグ」から、「あいや〜タコカーリー」というアイテムが発売されました。パッケージをみただけでは、ちょっとどうやって使うのか分からないと思いますので、今日は使い方とちょっと前に実釣で使ってみましたので、使用感や釣果などをレビューしたいと思います。タナジグ「あいや〜タコカーリー」の使い方・実釣レビューあいや〜タコカーリーは、写真のように鯛ラバに付けて使う、鯛ラバ専用のワームです。スカートやネクタイの代わりに使うのですが、使い方はかんたんでまずは、このように鯛ラバフックをアシストラインに結びます。長さは32cm前後に切って結ぶのがおすすめ。ひとつ丸結びで結びコブを作って普通に鯛ラバフックを作ります。結びコブの長さは段差で2,3cmぐらいでしょうか?お好みで大丈夫です。この状態でパッケージも販売されていますし、3本針、4本針でも大丈夫です。あいや〜タコカーリーには「グルーグロービーズ」と呼ばれるブルーの蓄光玉が付属しています。それを鯛ラバフックに通すのですが、通すのが難しい場合は「細いリーダーの切れ端」をアシストラインに引っ掛けてから、リーダーをビーズの穴に通すと素早く簡単に通せますのでおすすめです♪ビーズを結びコブのところまで持ってきます。次はタコカーリーに通すのですが、そのままリーダーの切れ端を付けたままにすると、流れでタコカーリーに素早く通せます。ビーズは、タコの頭の部分にピッタリとハマります。あとはお好みの誘導式鯛ラバヘッドに通して使うだけです。ブルーグロービーズのお陰でタコの頭がぼわ〜と光ってターゲットを誘うようです。サイズ感は、100gの鉛のヘッドに付けるとこんな感じ。足は、ストレートが2本、カーリーが2本のシステムになっていて 動画を再生するには、videoタグをサポートしたブラウザが必要です。 巻くだけで、ゆらゆらとターゲットを誘います。動きすぎないのが真鯛にとても良さそうです。始めて使ってみて1投目、なんて巻重りがするんだ〜と思ったらいきなり、ホウボウが掛かっていました。まだ巻いてないのに。。鮮烈デビュー。結構ビビットなグリーンですが、釣れるんかいなと思って替えてみると、ソッコ

  • 進化したデプスアラームも超絶便利!DAIWA「ソルティガIC」発売前実釣レビュー

    おはようございます、しょうへいです。来月2021年5月に発売予定となっているDAIWAのベイトリール「ソルティガIC」。機会があり、発売前に実際に釣りで使ってみることができました。使ってわかるオススメのポイント、便利な機能などをご紹介したいと思います。軽い!強い!そして便利なソルティガIC「ソルティガIC」は2021年の新モデルとして5月に発売予定です。いわゆる金属ボディの丸型ベイトリールで、オフショアではタイラバから各種ジギングまで幅広く使えます。この度、福井県の遊漁船「ブルーズ丸」の船長からテスト品(実際の製品と同じものです)をお借りできたので、発売前に使い心地を確かめることができました。お借りしたのは「ソルティガIC」の300番です。最初に見て思ったのが、思ったより小さい!ことです。そして持ってみても小さい!といった感じがします。しかも軽いのです。カウンターという電装品と大型のアルミ製パワーハンドルがついていながら385gを実現しています。300番にPE1.2号を600m巻いてあるそうですが、そのラインキャパの割にはかなりコンパクトに感じます。もちろんパーミングもバッチリ。私の手は平均的な大きさですがグローブをしていても手に収まります。フレームが金属なので堅牢で、ガッと握ってもギシギシゆがんだりすることは全くありません。固着しにくい、ハイパータフクラッチというクラッチシステムが搭載されており、クラッチのオンオフを多用する釣りでも非常に固着しにくくなっているそう。新品なのもありますが、クラッチ操作も非常に良好で、耐久性と防水性能にもこだわった作りになっているので長く使えるリールになりそうです。ピニオンギアを2つのベアリングで支持する機構になっている巻き心地はとてもシルキーです。金属リールならではのパワーとトルクも感じることができます。2日ほど使ってみて、風が強く船が速く流されるような状況でドテラ流しの釣りをしました。 船から払い出す方向に150m以上ラインを出して、風に逆らう状態で回収をしてもが容易と感じるほどです。途中で青物を掛けましたが、こちらもスムーズにやり取りができます。リールが歪んだり軋んだりするようなことは全くありません。大型の魚とのやりとりも安心できそうです。シンクロレベルワインドが搭載されているため、ドラグの滑り出しもスムーズ。ひっかかりを感じることもなく、ラインが無理な角度になることもなく安

  • 新FGノット2020の問題点とお詫び&解決策

    おはようございます。会長です。昨年(2020年)の夏ごろに、FGノットとレリックスノットを合わせた、FGノットの組み方をご紹介しました。「新FGノット2020」と名前を付けたのですが、2020とした理由は2021年にも2022年もこのノットはまだ進化したり改良の余地があるのではないかと思ったからです。ひとつお詫びをしないといけないことがあるのですが、FGノット2020は「釣りの種類によっては実釣で問題」が一つありました。結ばれた方にもいろいろメッセージを頂き、その点は早々に気づいてはいて改良はしてのですが、昨年からコロナ禍の影響や週末の悪天候続きで、遠征はキャンセル続き、また地元の釣りもほとんど出船することが全く出来ませんでした。自分自身、FGノット2020に、改良を加えて使っていたのでその問題は解決していたのですが、天候やコロナの悪化のタイミングが悪く十分な実釣で実験することが出来ていませんでしたので、なかなか記事にすることが出来ませんでした。問題があるとだけ記事にすれば良かったのですが、解決策を十分な実釣で試してからと思っておりましたら、あっという間に月日がたってしまいました。大変申し訳ありません。FGノット2020の問題点FGノット2020は、FGノット同様、編み込みをした後、「リーダーだけ」→「本線とリーダーをまとめて」と交互にグルグルと巻き付けを10回程度行います。この交互グルグルの部分がキャスティングゲームだと緩んでくることがあるというメッセージを数回いただきました。この「交互ぐるぐる巻」をする理由は、編み込み直後にハーフヒッチを入れたくないという理由で、レリックスノットの交互グルグル巻きをしているのですが、これ自体にはあまり摩擦力はありませんので、ハーフヒッチの仮止めが支点にならず、焼きコブが支点になり、ノットが均一に綺麗にしまりました。ただ、ある一定の力を超えると焼きコブを崩壊させるか、焼きコブをぐるぐる巻きが超えてしまうことが分かり、PE2号など切れる12kg前後の力では問題ないのですが、ドラグチェッカー15kgでは測れない力がかかる釣りですと、この焼きコブ周辺に過度な力が掛かっているようでした。FGノット2020の問題点の解決策話が非常に長くなってしまいますので、まず、先に解決策からご紹介して、後からその理由をご紹介したいと思います。ちゃんとした結び方は、今度改めてコンテンツにしたいと思ってお

  • FGノットの編み込み回数は「10.5セット」がおすすめ!?0.5回で強度に差がでる!

    おはようございます、しょうへいです。先日、釣り仲間が「どうしてもFGノットが思ったより強度が出ない」という話をしていました。隣で並んで同時にFGノットを組みながら「1回、2回、…」と編み込んでいると「あること」に気づきました。FGノットの「編み込みの開始と終了」が私と違ったのです。FGノットの本当の編み込み回数とはご存じFGノットはPEラインをリーダーに編みつけていきます。ロッドにラインを通して、ロッドの反発でPEラインにテンションをかけてリーダーを動かして編み込む場合、PEラインのメイン側(ロッドの先から来る方)が上、端糸側が下になります。さて、これはどちら側から編み込みを始めて、どちら側で終わるのが良いのでしょうか!?今まで何気なく10セットという書き方をしていましたが、実は結び方で強度にちょっとの差が出ていました。(FGノットが上手く組めない釣り仲間には、強度がでない他の原因もありましたが、今回は編み込み方をメインに調べました)10セットの編み込みをすると仮定して、私はFGノットの編み込みは端糸側から始めます。これで1回です。このあと編み込んでいき、メイン側を最後に編み込むと10セット(20回の編み込み)になります。一方で端糸側から開始し、端糸側を最後に編み込むと10.5セット(21回のの編み込み)になります。この2つの結び方の強度に差がでるのかを調べてみました。今回の実験では、編み込みの最後をメイン側で終えた場合と、端糸側で終えた場合を比べてみます。ロッドにラインを通して、竿の反発でPEラインにテンションをかけてリーダーを動かして編み込む方法で編み込んでいきます。PEラインのメイン側が上、端糸側が下になります。回数は10セットを基本として端糸側から編み込みをはじめ、メイン側(上)で終える場合は10セット20回、端糸側から編み込みをはじめ、端糸側(下)で終える場合は10.5セット21回になります。その状態でハーフヒッチを2回入れて、すっぽ抜け防止のために焼きコブだけを作り、引っ張って何kgで切れるのかを比べました。本来は様々な補強をいれるのですが、編み込み単体の強度を比べたいのでこのような形にしました。PEラインは2号、リーダーはフロロカーボンの8号を利用します。こちらは端糸側(下)から編み込みをはじめ、メイン側(上)で終える場合です。合計20回(10セットちょうど)の編み込みです。補強を入れていないので多

  • ライトジギングやキャスティングにもイイぞ!新フロロテーパーリーダーのおすすめの使い方

    おはようございます。会長です。サンラインから発売されていた、テーパーリーダーにフロロカーボンのモデルが新発売されました。パッケージに「太刀魚」と大きく書かれているとおり、タチウオジギングや太刀魚テンヤ向けに発売されたと思われますが、実はライトジギングやキャスティングにも使えるんじゃないかと密かに考えておりました。先月、発売され手に入りましたので、早速いろいろ試してみましたので、レビュー(インプレ)とおすすめの使い方についてご紹介したいと思います。待望のフロロカーボンのテーパーリーダーが発売!おすすめの使い方こちらが、先月末にサンライン(SUNLINE)から発売されたばかりの、フロロカーボン製のテーパーリーダーです。テーパーリーダーは御存知の通り、1本の中で徐々に太くなっているショックリーダーで、太刀魚やサワラ狙いなど歯の鋭いターゲットを狙う場合に、太い先糸を結束せずに先端近くのみ太くすることが出来て、結び目など出来ないのが特徴です。先糸結束の場合、こんなふうに結び目が出来ますので、強度がその部分で落ちたり、ロッドのガイドに引っかかりますので、最後まで巻き込めなかったりといった不便な点が解消されます。以前からナイロンのものは発売されておりましたが、今回は更に擦れに強いフロロカーボン製が発売されました。5サイズが発売されておりますが、パッケージには強度が記載されていませんので、4号(16lb)◀12号(40lb) 5号(20lb)◀14号(50lb) 6号(22lb)◀16号(55lb) 7号(25lb)◀18号(60lb) 8号(30lb)◀20号(70lb)↑同社(サンライン)のフロロカーボンリーダーの同じ号数の強度をわかりやすく加えてみるとこんな感じです。4号(16lb)タイプが新しく追加されましたが、4号(16lb)というと、PE0.6号や0.8号タックルあたりでよく使われるリーダーの太さです。 8号(30lb)タイプまであり、8号(30lb)ですとどうでしょう、ライトジギングの1.5号前後でよく使われる太さのリーダーではないでしょうか?勝手にイメージでまとめるとこんな感じサイズ(強度)タックル4号◀12号 (16lb◀40lb)PE0.6号前後5号◀14号 (20lb◀50lb)PE0.8号前後6号◀16号 (22lb◀55lb)PE1号前後7号◀18号 (25lb◀60lb)PE1.2号前後8号◀20号

  • 今週新発売の「オーシャンフラッシュTG」の新サイズが良いぞ!発売前レビュー!

    おはようござます、しょうへいです。クレイジーオーシャンの人気メタルジグ「オーシャンフラッシュ」のタングステンモデル、「オーシャンフラッシュTG」に新サイズが追加されます。これまではSLJ向けの小さなサイズでしたが、近海のオフショアで使いやすい少し重めのサイズが追加されます。今週発売とのことで!プロトモデルをお借り出来ましたので、実際に使ってみた発売前レビューをしてみたいと思います。タングステンになって使い分けが出来るように!クレイジーオーシャンの「オーシャンフラッシュ」は私もよく使うエースのジグです。特徴的なスクリューカットが入った平べったいデザインは強力なフラッシング効果があり、特にフォールの遅さを利用して、フォールにしか反応しない魚を積極的に獲りに行くことができるメタルジグです。しかし、フォールが不規則であり、潮の流れが複雑な状況では思わぬ方向に流されてしまったり、沢山の釣り人がのる乗合船などではオマツリを引き起こすこともありました。それをもってしても釣れる!ジグではあるのですが、どうしても使いどころを躊躇するシチュエーションがあったのが、正直なところです。こちらの写真の上がタングステン製の「オーシャンフラッシュTG」120g、下が鉛の「オーシャンフラッシュ」100gです。タングステンになったことで1回りから2回りほどコンパクトになった印象です。追加されたサイズは100g、120g、150g、180gの4種類です。ウエイト順に並べてみましたが、鉛の100gよりTGの150gのほうがコンパクトなほどです。タングステン化のメリットと言えば、高い比重でジグそのものがコンパクトになることや、沈下が早くなるこです。このメリットが「オーシャンフラッシュTG」ではかなり良い具合に作用し、使い勝手もよくなっています。実際にプロトモデルをお借りして使ってみての感想ですが、不規則なフォール方向もマイルドになり素直に落ちていってくれるので釣り人が多い乗合船でしたが、かなり使いやすいと感じました。かといって真っすぐストンと落ちてしまうわけではなく、ちゃんと水平になり回転しつつフラッシングフォールしてくれます。また、これまではガンガンしゃくったりするような使い方ではなく、リフト&フォールやただ巻きが中心でした。というのも不規則な運動をするので、しゃくってしまうとテーリング(リアのフックがリーダーに絡む)ことが多くあったからです。TGに

  • 高価なのに低価格で作れる!?最強デビルラインアシストフックの作り方(新2021版)

    おはようございます。会長です。デビルラインって使われていますか?金属とのハイブリッドアシストラインで、サワラやタチウオ、イソマグロなど歯の鋭い魚を狙う場合に歯切れ対策用に使われる、特殊なアシストラインなのですが結構高価なんですよね。素材や作りからして仕方がないことなのですが、その高価なデビルラインを最小限に抑えてアシストフックを低価格で作れる新しい方法を思いつきましたので、その方法をご紹介したいと思います。「デビルライン」とは?デビルラインは(ネイチャーボーイズ/Fishing Fighters)から数年前に発売された、チタン・ステンレスの合金と特殊ポリマーを編み込んだ特殊ハイブリッドラインです。ただのワイヤーと違い、このようにしなやかで結束できるのが特徴で電車結びなどリーダーとの結束も出来ますので、タチウオやサワラ、イソマグロ、クロマグロ、GTなどの歯切れ対策の先糸としても使われています。針結び自体も可能で結びだけでアシストフックを作ることも出来る為、数年前にデビルラインを使ったアシストフックの作り方をご紹介したのですが、結びだけで作ると、どうしてもラインの消費が多く、高価なデビルラインでは作ったアシストフックはかなりコストの掛かった高価なものになってしまいます。そこで、結びを一切使わず、デビルラインの消費をできるだけ抑えて低コストでアシストフックを作る方法を思いつきましたので、その方法をご紹介したいと思います。高価なのに低価格で作れる!?最強デビルラインアシストフックの作り方(新2021版)今回作るのは、サワラやイソマグロ、クロマグロなど歯の鋭い魚をターゲットにしたシングルフックで、ツインフックも作り方は同じです。デビルラインは太めの#100(300lb)、#150(360lb)、#180(410lb)を使いますが、#150(360lb)といっても、ザイロン100号と比べても細めですので、#100(300lb)でもザイロンの50号ぐらいになるでしょうか?#100が100号だとすると、表記よりは細い感じになります。 ちなみに、ルアーバンクのデビルラインの販売ページに全号数の製作例などの写真も沢山用意してありますので、ぜひご覧ください。写真総数100枚以上の一大コンテンツです♪今回は、一番太い#180(410LB)を使って作ってみます。まずリングを取り付けますので、リングをアシストラインに通します。 ※リングの取

  • あの「リールストッキング 」にスピニング用が登場!大型ベイトリールにも対応!

    おはようございます、しょうへいです。以前ご紹介した2929Worksの「リールストッキング 」シンプルなアイテムで、簡単にリールを保護できると好評のようですが、今年の新製品でスピニング用のモデルが発売しました。単純に大きくなったので大型のベイトリールや、なんと電動リールまでカバーできちゃう!?どのサイズのリールまで使えるのか実際に試してみました。スピニングだけじゃなく大型ベイトも入っちゃう!こちらが2929Works「リールストッキング 」で左が以前からあるベイトリール用で、右が今回発売の「スピニング用」のリールストッキングです。サイズが1.5倍くらいの大きさになりました。大きくなっただけではなく、スピニングリールのハンドルが通せるようにV字のカットが採用されています。200%に伸縮する素材なのでかなり大きく広がります。2929Worksはバスプロでの田中次男さんのブランドで、もともとはバス釣りでよく使われるようなサイズのリールに合わせて開発されていたそうです。伸縮性が大きいのでソルトで使われる、デジタルカウンター付きの小型のリールも収納出来ることができました。潮からリールを保護出来て簡単に水洗いができると、ソルト系のアングラーにも好評だったそうで、今回のスピニング用が開発されたそうです。オフショアソルトで使われるリールというと、一番小さいものでもバス釣りで使われるリールでいえば大型のものになります。どのサイズまで収納できるのか試してみました。まずはツインパワー4000Pにかぶせてみました、バッチリ収納できています。もう一つ旧アルテグラ2500番にもかぶせましたがこちらもバッチリ。シマノリールなら4000~5000番まで収納可能です。こちらダイワのセルテートLT5000です。こちらもすっぽり収納できました。ダイワのLT型番で最大がこの5000ですので、LTとついているものはすべて収納可能ということになりますね♪ちなみにですが、ハンドルに通しているので風で飛んだりすることもありませんし、着脱はリールをロッドにつけたままOKです。こちらはセルテートSW8000です。大型SW型番となるとさすがにすべてがすっぽりとはいきませんでしが、スプールとローターまでは覆うことができます。リールの命であるスプールエッジと、塩が噛みやすいラインローラーは保護することができますので、これはこれでアリかもしれません。副次的な効果ですが、ス

  • 超便利!プラグ用のシングルフック&ツインフックカバー発売!ロッドに固定する方法も

    おはようございます会長です。今年始めに、「メタルジグまるごとアシストフックカバー」という商品を作って販売開始しました。沢山の方にご購入いただき、またリピート購入も沢山いただきまして、本当にありがとうございます!その購入されたお客様に「プラグを入れれるサイズを作って欲しい」とか、「プラグ用に購入検討していますが、プラグは入れれますか?」という、お問い合わせを沢山いただきまして。。。とりあえず、いろいろ試作してみて使ってみたところ、これがなかなか便利でしたので、少量ですが生産してみました。ルアーまるごとシングルフック&ツインフックカバー作ってみたのが、こちらのカバーです。「メタルジグまるごとアシストフックカバー」に幅(高さ)を持たせることで、丸みがあり幅のあるプラグをまるごとカバー出来るようにしました。「ルアーまるごとシングルフック&ツインフックカバー」ととりあえず名前を付けましたが、変わるかもしれません。 動画を再生するには、videoタグをサポートしたブラウザが必要です。 このように、ツインフックやシングルフックがついた状態でまとめてサッ!とカバーできます。フック同士が絡み合ったり、カゴの穴に引っかかったりしないのでよく使うプラグにフックをセットしたままタックルボックスなどに収納(準備)しておくのに大変便利です。トレブルフックにも使えないことはないのですが、トレブルフックは既にカバーが販売されておりますので、カバーをすることが困難な、シングルフックやツインフックを使われる場合におすすめのカバーです♪サイズはとりあえず、ソルトでよく使いそうなプラグのサイズが収まるような3サイズを作ってみました。Lサイズには最大250mm程度の大型プラグまで格納できます。販売ページには各サイズのカバーにいろいろなサイズのプラグを入れた例も作っておきましたので、サイズ感はすぐにお分かりいただけると思います。 特にフックを付けたまま準備をしておくのにおすすめですので、SサイズやMサイズは、プラグをよく収納するEVAケースに収まるサイズにLサイズは、タックルボックスの上皿に収納できるようなサイズに設計しました。こちら、ロッドに固定出来るように改良しようか非常に迷ったのですがコストが掛かり価格が高くなりますし、ロッドに固定できるものはそれほどの量を必要としませんのでロッドに固定できるよ

  • UVレジンでノット補強時に熱が出るって本当!?ダメージがないのか検証してみた!

    おはようございます、しょうへいです。前回、UVレジンを使ったノットなどの補強の強度テストを行いました。Facebookのコメントやメッセージ等でいろいろご質問を頂きましたので、それについて実験してみたいと思います。UVレジンは固まるときに発熱するらしいが、ラインにダメージはないか?と、FGノットなど焼きコブの代わりに固めて使えるか?の2つの実験をしてみました。UVレジンって固まるときに熱がでるの!?(決してマネしないでください)実は、UVレジンは固まるときに熱を出すということを知りませんでした。うっすら聞いたことがあるよな~~~…ということで、指にちょっと着けてライトを当ててみたところ、熱っ!とびっくりするほど熱くなりますし、指が少しヒリヒリします。量が多かったら火傷していたかもしれません。熱はラインを痛める原因になりますし、ラインが切れるときは摩擦熱によって切れるとも言われています。ということで、実際にラインの何でもないところにUVレジンを付けて硬化させ、そのまま引っ張って切ってみる実験をしてみます。もし熱でラインが痛んでいるのであればここから切れるはずです。UVレジンが付いたままのラインの両端を締め具に巻き付けて、真ん中にドラグチェッカーを付けて引っ張りました。まっさらなラインですと締め具との接点で切れますが、UVレジンを付けたまま実験したところUVレジンの部分で切れました。という結果だけ見るとUVレジンで劣化しているようですが、ドラグチェッカーの値はまっさらのラインとほぼ同じです。フロロカーボン8号と、フロロカーボン4号と細いラインでも試してみましたが、同じくラインだけで切った時とほぼ同じ値で切れます。UVレジンが付いている部分が極々微妙に劣化しているのか、それとも伸度が違ってくるからかなのはわかりませんが、UVレジンの熱でラインが劣化しているのは間違いないがそれほどでもないようです。そういえば、以前ラインを鍋で煮る実験を2回やったことがありました(笑)フロロカーボンのショックリーダー、熱でどのくらい強度劣化する?鍋で煮てみた!強度実験 | PEラインは熱に弱いってどんだけぇ〜? 鍋で煮てみた(笑)リアルタイムに温度計測ができる装置がないので、UVレジンが何度まで発熱しているのかはわかりませんが、PEラインは耐熱温度145℃、融点160℃。フロロカーボンは融点は134–169 ℃とされています。発熱といって

  • ジャンプライズ「ズルイんデスUV」がどの位ノットの強度が上がるのか?試してみた!

    おはようございます、しょうへいです。去年(2020年)末くらいに発売したジャンプライズの「ズルイんデス UV!!」。釣りのライン専用の接着硬化剤で、液体プラスチックにUVライトを当てることで結束部を固めることができるというアイテム。これまでに、手芸用などのUVレジンを転用してきたことはありますが、専用品は何が違うのか!?どのくらい強度がアップしているのか!?実際に購入して試してみました♪接着硬化剤でノットを固めると…?「ズルイんデス UV!!」のスターターキットを購入してきまいた。接着液とUVライトが専用になったセットで、2000円程度で販売されています。使い方は簡単で、液状になっている接着剤を結束部につけたら、ライトを4秒照射するだけで固まるそうです。さっそく使ってみたところ、こちらの「ズルイんデス UV!!」は、かなり粘度があることに気づきました。これまで手芸用のUVレジンなどを使ったことはありますが、けっこうサラサラしていて塗っても流れていってしまいます。「ズルイんデスUV!!」は、ドロっとしているくらい粘度があり、1滴たらせば狙ったところにまとわりついてくれます。「おっ、専用品は違うな!?」という感じです。あとは付属の専用UVライトを照射します。説明書の通り、4秒照らせば固まりました。逆に言えば、照らさなければ固まらないので、狙ったところに付着させたり、失敗したら拭ったりという使い方もできます。そういう点では瞬間接着剤より便利ですね。こちらが固まった状態です。粘度があるのでノットの部分だけをしっかり固めることができました。気になるのは「強度」ですが、まずはサルカン結びのユニノットで試してみました。8号30lbのフロロカーボンでユニノットを結ぶと、だいたい9.5kgで70%ほどの強度があります。ユニノットは簡単で優秀なノットですが、フロロカーボンの8号くらいの太さだとこれくらいの強度になります。回数切れた負荷(Kg)結束強度そのまま9.570%UVアリ11.887% 「ズルイんデス UV!!」で固めたものは平均で約11.8kgの87%になりました。125%のアップになっていますので、宣伝文句の通りの強度アップになっていますね♪毎回そうなるわけではありませんが、切れた部分を観察して見るとリングと接している部分が切れていることがわかります。ということはこの部分を固めてしまえば、もっと強度がでるのでは?ダブルユニ

  • フックの向きが同じ向きになりにくい!アシストフックのリングの結び方

    おはようございます。会長です。アシストフックを自作する時に、セキ糸を使わずに結びだけで作ることがあるのですが、ツインフックの2つのフックの向きをそれぞれ内側に向けて作ったのに、気づいたら同じ方向になってしまったりしてしまうことがあります。対策として、リングの根元を結ばず、セキ糸で根巻きしたりしていたのですが、せっかく結びだけで作るなら、できるだけセキ糸は使わず結びだけで時間を掛けずに作りたいものです。最近、結びでアシストフックをつくる時に、比較的フックの向きが変わりにくいリングの結び方が発覚しましたので、ちょっとご紹介したいと思います。フックの向きが変わりにくい(決まりやすい)アシストフックのリングの結び方アシストフックを結びだけ自作すると、写真のリアフックのように使っていると同じ方向を向いていたりすることがよくあります。アシストフックのリングを結ぶ時に、このように二重結びをすると起こるのですが。対策として、二重に結ばず、一重でリングに引っ掛けてだけおいて、セキ糸で根元を根巻きしたりしていました。最近、その二重結びやセキ糸の根巻きをやめて、違うリングの結び方で作っているのですが、比較的フックの向きが変わりにくいことに気づきました。それが、以前に「結べるワイヤー入りアシストライン」の結び方をご紹介した時に、使った結び方なのですが。 こちら、針結びが普通に出来るワイヤー入りのPEアシストラインなのですが、リングだけは二重結びをすると、ワイヤーのハリで解けてきてしまうので、専用の結び方をご紹介しました。この結び方が、比較的フックの向きが変わりにくいですので、最近アシストフックを結びでつくる時は、こちらで結ぶようにしています。結び方の手順は次の通りです。アシストラインの両端にフックを結びましたら、針先からリングを通します。※リングが小さい場合や、バーブ(カエシ)や針結びの部分が大きくなる場合は、二本目のフックを結ぶ前にリングを通しておきます。アシストラインを二重にしたまま折り返して一つ輪っかを作りその輪っかにリングを通しますただの丸結びなのですが締め込む前に、フックの向きを好きな向きに向けて締め込みます。リングと結びコブの間に隙間が出来るのが嫌な方は、締め込む前に、結びコブをリング側に詰めれば隙間は出来ません。この結び方、最初フックを2つ結んだ時のフックの向きはあまり関係なく、好きな方向で調整して結ぶことが出来ます。絶対

  • 超便利に!ドカットやバケットマウスの内側に板一枚貼るだけのおすすめ改造と改造キット

    おはようございます。会長です。 先月ぐらいに、釣りに行った時にふと、タックルボックスにこんなのあったらいいな? と思ったことがあったので、早速試してみたのですが、これがなかなかおすすめのカスタムでしたので、そのカスタムご紹介と。 誰にでも簡単にそのカスタムを出来るようにキット化しましたので、そのキットをご紹介したいと思います♪ ドカットやバケットマウスの内側に板一枚付けるだけ!超便利になるおすすめステーカスタム こちらが、そのおすすめのカスタムなのですが、ドカットやバケットマウスの内側にステンレス製の板を1枚取り付けるだけです。 たったこれだけのシンプルな改造なんですが、これがなかなか便利で 動画を再生するには、videoタグをサポートしたブラウザが必要です。 色んなものを引っ掛けて使えるようになります。 とくにおすすめなのが、100円ショップに売っている「冷蔵庫用の小物収納ケース」です。 冷蔵庫のサイドポケットなどに引っ掛けれるように、かなりいろいろなものが売られていまして それを取り付けたステーに引っ掛けるだけで このように、よく使うハサミやライターや締め込み具などの小物入れにして、サッと取り出せるようになります。 鯛ラバヘッドを収納したり 釣りの途中に外したスプリットリングなど、金属パーツ入れとして付けておいても結構便利です。 中央には角丸の穴が空いていて、ステンレスSフックを引っ掛けれるようにしてあります。 これは、ロッドに溶接リングやスイベルを引っ掛けれるようにした時に作ったSフックで   ロッドから外した時に片付けて置く場所の代わりにステーに引っ掛けて置いています。 Sフックにはメタルジグのアイを引っ掛けて吊り下げているのですが 上に小さな溝が切ってありまして、そのままフックを引っ掛けたりして、メタルジグをぶら下げて置くことも可能です。 なぜ、メタルジグをぶら下げれるようにしたか。。 このステーを付けた(作った)きっかけが、「メタルジグまるごとアシストフックカバー」なのですが、 フックをメタルジグにセットしたまま、用意できてとても便利なのですが 使ったあとに、海水に濡れたまますぐにカバー入れると錆びやすいので、 釣りの最中に、ち

  • issei「海太郎ネコメタル」に待望のオフショアサイズ続々登場!変わった使い方とは?

    おはようございます、しょうへいです。isseiより「海太郎 ネコメタル」というメタルジグがすでに発売されていますが、今年はオフショア対応のウエイトが続々と登場するようです。ネコメタルは1つで2つの使い方ができるおもしろいメタルジグです。どんなメタルジグなのか、ご紹介したいと思います。一粒で2度おいしい「海太郎ネコメタル」!isseiといえば、私の勝手な思い込みですが、どちらかといえばブラックバスや陸からのライトゲームがメイン向けというイメージがありました。というのも、ネコメタルはこれまで旧モデルが3g~29gまで、そしてリニューアルされた新モデルが30gまでとショアジギング向けのメタルジグでした。新モデルにリニューアルされ、今年に入り40g、50g、60gのウエイトが追加され、オフショアでも使いどころが生まれてきました。そしてフィッシングフェスティバル2021年(WEB版)での発表によると、今年はさらに80gから260gが追加予定となっています。オフショアでも、SLJから近海のジギングまで、どこでも使えるラインナップに大幅に増強されます。すでに発売されているこちらは60gのモデル。アイを含めて10㎝ちょっと、どちらかといえばセミロングな感じのメタルジグです。ネコメタルの、最大の特徴といえば「リバーシブル」デザインになっていることです。ここでいう「リバーシブル」とはカラーが左右対称ということではなく、ルアーのどちらをフロントにしても使えるという意味です。いつも私がメタルジグの写真をとるときは左をフロントにしているのですが、リア側にもメタルジグの目のようなマークがあります。同じメタルジグをひっくり返してこちらが裏面、目がリア側についています。そしてネコメタルはウエイトがどちらか片方に寄っています。ですので、フロントとリアを入れ替えて使うことで2通りのアクションができるように初めから意図的に設計されているおもしろいメタルジグです。こっちがトップヘビー(フロント重心)セッティングのときの動きのイメージ図です。ウエイトがフロント側になっているので、フォールではヒラウチをしながらのゆっくりな動き、またジャークすると左右に大きくダートするような動きをしてくれるそうです。こちらはボトムヘビー(リア重心)セッティングのときの動きのイメージ図です。リアにウエイトがあることでフォールスピードが速くなります。しゃくる時はときは、ハーフピ

  • 最強クラスの高コスパ!あの品薄のLUXXEの折りたたみフィッシングナイフが凄すぎる!

    おはようございます。会長です。コレ知ってますか?LUXXE(ラグゼ)から昨年(2020年)に発売された「クラスプナイフ9cm」という折りたたみ式のフィッシングナイフなのですが。このナイフのコスパがヤバすぎて。。。昨年から最近までず〜っと何ヶ月(半年以上)も品切れでメーカーにも在庫がなかった超人気アイテムなんです。その人気通り、かなりおすすめのアイテムですので、ちょっとその理由をレビューでご紹介したいと思います♪コスパヤバ過ぎ!LUXXEの折りたたみナイフ「クラスプナイフ9cm」こちらが、そのLUXXE(ラグゼ)から昨年発売された「クラスプナイフ9cm」という商品です。こうやって、パッケージの写真をみただけでは、どこに人気の理由があるのかわからないのですが。。。まず、知っておいていただきたいのが定価1,000円(実売900円前後)の激安価格だということ。その価格を踏まえて、パッケージから出して手に持っていただくと、ずっしりとした高級感と品質の良さにとても驚かれると思います。これどうやって数百円で作れる??面取りから部品(パーツ)一つ一つに至るまで、品質が良すぎてちょっとありえない価格です。パーツ数もかなりの数で、売価どころか原価1000円で作るのも難しいと思います。。本体どころか、ブレードまでしっかりとしており刃はステンレス製でフッ素コートが施してあり、防汚効果と防錆効果が非常に期待できます。LUXXEのロゴまでしっかりと入っていますし、ロゴの横にはサッ!と刃を出しやすいように、イボみたいなパーツまでついています。このイボ、最初はなんだこれ?と思っていたのですが、刃を出す時にこれを指で摘んで出すと、かなり出しやすく非常に便利です。コストを抑える為には普通だったらつけないと思いますが、芸が細かい!ブレード厚も極厚の3mmとしっかりした厚みで、剛性も非常に強いです。本体の中央に「セーフティロック」と呼ばれる、ステンレスの板が一枚入っており、折りたたみ式なのに驚くほどガタがなく、しっかりと刃(ブレード)が固定されます。折りたたみナイフは、使用中に折りたたまれてしまわないか心配になりますが、その心配はなさそうです。そのセーフティロックを親指でずらすと、刃を折りたたんでしまえるシンプルな構造になっています。滑り止めの為に、本体の一部に凸凹のラバーが入れられており、濡れた手や魚を触ったヌルヌルの手でも滑りにくいのが嬉しいです。

  • 釣具を手軽にガラスコーティング!話題のコーティング剤「インフィニティ」レビュー!

    おはようございます、しょうへいです。 M.T.C.W水性ガラスコーティング剤「infinity(インフィニティ)」という商品をご存じですか!?なんでも釣り具に汎用的に使えるガラスコーティング剤で、かなり評判のアイテムだそうです。いったいどんな仕上がりになるのか!?効果は!?実際に使ってみましたのでレビューしてみたいと思います。釣り具めっちゃ煌めく!!水性ガラスコーティング剤「インフィニティ」レビュー こちらがM.T.C.W社製の水性ガラスコーティング剤「infinity」です。小さなボトルにマイクロファイバークロスが付属していました。小さいボトルですが、これでなんとリールなら約60回分も使えると、購入した釣具店のPOPに書いてありました♪水性のガラスコーティング剤で伸びが良いからこその使用回数だそうです。釣り具の表面をガラスコーティングすることで小さい凹凸を埋めることができ、汚れが付着しにくくなり、撥水効果まであるというスグレモノだそうです。釣り具もピッカピカになるそうなので、早速使ってみます。使い方は簡単で、付属のマイクロファイバークロスに吹きかけたあとに釣り具を拭きます。その後、マイクロファイバークロスのコーティング剤を付いていない乾いたほうで磨き上げれば完了です。リール1台分なら1~3プッシュで十分と、店員さんに教えてもらいましたのでその通りやってみます。試しにリールでやってみましたが、コーティングした部分にツヤが出て表面がツルツルになります。水性のコーティング剤ですのでベタつかず、直接触れるような部分に使えるのは良いですね♪モータースポーツで使われるようなトップクラスの素材が使われているとお聞きしました。竿もツヤツヤになります♪汚れが付きやすいガイドの根元など細かいところにもコーティングできるのが良いですね。汚れが目立ちやすいシルバーの部分でもやってみます。釣り具は使った後に水で洗い流していますが、それでもよくみるとクモっていたりします。「infinity」でコーティングしたあとはピカピカです。水アカや潮なども付着しにくくなるので良さそうですね♪確かに汚れが付きにくくなり、撥水効果もあります。水気が落ちやすくなりますので、水洗いのあと軽くふってやれば汚れが表面に付着することも少なくなりそうです。リールと竿でやってみましたが、タックルボックスやクーラーボックスにもオススメだそうで、特にボックス類は帰りの車が

  • 580円で出来る!?スピニングリール収納対応「リール収納棚」の簡単自作方法

    おはようございます。会長です。今まで、スピニングリールなどリールの収納に、いろいろなリール収納棚を買ってみましたが、なかなか大型リールに対応するものがなくて(あっても収納出来る数が少ない)結局自作することにしました。レーザーで樹脂を切ったり、3Dプリンターでいろいろ作ったりして結構色々リール収納棚キットが出来たのですが、価格面など考えるとあまり皆さんにおすすめできる現実的なものではありませんでした。いろいろ模索した結果、一番シンプルで低価格、そしておしゃれに簡単にリール収納棚を作る方法がまとまりましたので、その作り方をご紹介したいと思います。小型〜大型のスピニングリール(リールフット)に全対応する専用ヒートンを製作スピニングリールを吊り下げて収納するにはヒートンを使って吊り下げるのが、一番手軽に吊り下げられました。写真のヒートンは、一般的なヒートンに比べてちょっと大きいのですがステラSW14000XGやソルティガドッグファイト7000H(シマノ18000番クラス)など大型スピニングリールのリールフットも吊り下げれる小さすぎない、大きすぎないサイズで国内の有名会社さんに、特別に製作してもらいました。製造ロッドがうん万個なので、このダンボールが山積みですwリールに傷をつけないよう、滑らないように、樹脂コーティングしてもらったのですが、実はヒートンだけでは綺麗に見栄え良くリール収納棚を作ることが出来ませんでしたので、専用スペーサーも合わせて用意しました。これをカラーボックスや棚などに差し込み 動画を再生するには、videoタグをサポートしたブラウザが必要です。 このように大型リールもカコっ!と吊り下げ収納が可能になります♪スペーサーはなくても取り付けは可能ですが、見栄えや問題が少なくなるのでおすすめですので、作り方をご紹介しながらつけたほうがいい理由をご紹介したいと思います。個人的には、カラーボックスをリール収納棚に改造するのがおすすめで、低価格ですし、スピニングリール6台、ベイトリールは6台以上(上や3台並ぶ)で12台収納可能です。カラーボックスはAmazonでお安く色んなカラーが売っていますがカラーボックスが既にある方は、6台分でかかる費用は380円(1台あたり62円)、スペーサー付きの場合は580円(1台あたり95円)とめちゃ安価に作れます。 ヒー

  • PE素材のアシストラインって歯ズレや根ズレに弱いの?気になったので強度を調べてみた!

    おはようございます、しょうへいです。先日、SLJとライトジギング用のアシストフックを作っている時に、ふと使っているPEアシストラインの耐摩耗性ってどうなんだろ?と気になりました。ザイロンやシーハンターは過去に試しましたが、PE素材のアシストって結構弱いものなんでしょうか?実際に摩擦を与えてみてどのくらいスレに対する強度が違うのか確かめてみました。アシストラインを選ぶときの基準は耐摩耗性能だけではありませんが、今回は摩耗に限定して実験してみます。いろんなアシストラインに切れるまでラインにダメージを与えてみるこれは以前SLJでヒラメを釣った時の写真ですが、よくみるとアシストフックのラインが1本噛み切られています。まだSLJが流行り始めた頃で、どのツールが良いのかもわかっていなかったので、とりあえずタイラバに使っていた細いシーハンターと管付のマダイ針でSLJ用アシストフックを作っていました。今となっては、SLJ用のフックを作るときのラインやフックもオススメのものがあります。ということで、今回は普段使っている手持ちのラインのなかで、ライトジギングやSLJ向けにオススメのラインで実験してみます。実験は、このようにノットアシストにラインをピンと張った状態にし、ピンチで紙ヤスリを止めて何往復で切れるのか、という内容でやってみます。紙ヤスリは120番の比較的粗目のものを使い、実験ごとに新しいものを使います。私がSLJ~ライトジギングでよく使うザイロンX、フロロ系HV芯入りPEアシストライン(ステキ針)、ガリス・スクラム16アシストラインの3種類で試してみます。残念ながら号数がバラバラなので申し訳ないのですが、1つ1つ別のものとして個別に実験結果をまとめます。ザイロンXザイロンXです。耐摩耗性や引張強度など最強と言われています。それもそのはず、素材は防弾チョッキなどにも使われているザイロンという特殊素材です。最強とされていますが、お値段も最強ですので「サワラがよく釣れる」という情報があるときに使っています。今回試したのは、12号で、太さ的にもどちらかといえばライトジギングでよく使っています。最強とウワサされているだけであって、摩擦だけで切るのに苦労しました。230~250往復で切ることができました。さすがの性能です。強度だけで見れば最強といってもよさそうです。フロロ系HV芯入りPEアシストライン(ステキ針)最近最もよく使うアシスト

  • 簡単で抜けない!タイラバ3本針アシストフックの結び方(自作方法)と強度テスト

    おはようございます。会長です。早くも今年も3月に突入しました。そろそろタイラバの仕掛けでも〜と思い仕掛けを作り始めたのですが。。。そういえば、「3本針のシステム(アシストフック)の強度」って測ったことないな〜PEアシストラインで結んでいますが、3本目のラインが滑って抜けないのか?フッ素などスベスベコーティングしてあるフックを使っていますが、PEアシストラインで針結びして、滑って抜けないのか?とりあえず、確認の為に強度テストしてみることにしました。今日は、その強度テストの結果と、タイラバ用の3本針アシストフックの結び方をご紹介したいと思います。タイラバ3本針アシストフックの結び方(自作方法)強度を測る前に、まずはどんな方法でタイラバ用の3本針を結んだのか、結び方からご紹介いたします。使ったのは、ステキ針さんから昨年秋にタイラバ向け発売された、8号の緑色のフロロ芯内蔵のPEアシストラインとスベスベ特殊コーティングの貫通性能の高いタイラバフックです。  まず、アシストラインの両端に2本のフックを結びました。フック自体が特殊コーティングでスベスベしていますし、強度テストで10kg以上の力を掛けますので、結び方は抜けにくい「枕付き外掛け結び」にしました。アシストフックの結びの裏技!?「枕付きにすると強くなる」は本当だった!3回アシストラインごと外掛け結びで巻いてから、4回目をフックだけに巻いて枕を入れています。3本目の針も同じように結び、二重に折り返した長さより少し短めにカットします。3/4ぐらいがちょうどいい長さの感じがしますが、短めより長めの方が結びやすいです。今回は、この3本目のアシストラインの結びがすっぽ抜けないか強度テストしますので、どれに力を掛けていいか分かりやすいように、ピンクのマジックで目印を付けました。3本を段違いに合わせて結んでいきます。今回は中央を3本目の1本アシストラインにしましたが、一番短くするフックを1本アシストラインのものにしたほうがトラブルが少ないような気もしています。その辺は今度色々検証するとして3本とも束ねた状態で、一度丸結びをします。好みの位置(フックの長さ)で、結びコブを作り結んでしまいます。端糸が余りますので私は、その端糸を使い、エンドノット(2回二重になった本線に結ぶ)を行っています。こんな感じです。端糸はカットし、ターボライターで焼きコブを作ります。これは抜け防止というのもある

  • えっ2495円!? あの虹色に輝く「13BB内蔵の激安リール」を買ってみた!

    おはようございます。会長です。昨年の大晦日の話になりますが、年の暮れのもう年を越そうかという寸前の21時頃に一つの小包が届きました。なんだろ?と思って開けて見ると、中から虹色に輝くリールが。。。あああぁ〜〜そういえば、興味本位で注文したな〜えっ2495円!? 虹色に輝く「13BB内蔵の激安リール」開封の儀時をさかのぼること12月14日、facebookだった気がしますが、なにげに気になる広告が。。。「13+1BBと書いた虹色のリール」が、2480円と表示。クリックしてみると、「Wish」というアプリをダウンロードしろ!と出てきました。google playストアでは、5億ダウンロードで評価が☆4.6の鬼のような高評価アプリなので、とりあえずダウンロードしてみたらあと2分以内に購入すれば、更に安い金額で購入できるとあります。怪しすぎる。。。13+1ベアリングって。。ステラSWと同じwアルミニュームスプールって。。それだけで2495円しそうだけど。。よくわからん。らスペック表があり、4サイズあるみたい。ギア比は5.2:1とハイギアとパワーギアの中間ぐらい。4000番で385g。。ステラの4000番が355gなので、シマノと同じぐらいのサイズ表記なのか。。。見てたのパッケージウェイトで、4000番でも287gしかないし。。。ただ、ラインキャパシティが、mm/Mとlbs/yds で書いてありよくわかりませんが、4000番で12lbが185ydsと書いてあるので、計算してみると3号170m。ステラの4000番に3.5号170mと書いてあるので、やはり同じぐらいのサイズ感なのかもしれません。1.5号や1.2号なら余裕で300m以上は巻けそう。サイズによって、値段違うのね。。4000番は3015円。ポチッ!としてみたら2分以内に押したためか、60円offが解除! 送料は812円。リールでこれなら意外と安い。続けてみると、住所を入力する欄があって住所を入力するとクレジットの決済画面に。詐欺だったら、google playストアから削除されるはずなので、それはなさそう。調べてみると、サンフランシスコの会社で昨年末にニューヨーク証券に上場している会社。ただ、発送元は中国らしいです。ええぇ〜い!と興味本位で購入してみる。ブリッツバイってなに?17+1BBの更に安いリールまで出てきた(笑)評価高いしwそして17日後の12月31日。おおぉ

  • リーダーも収納出来る!?メジャークラフトの「アシストフックストッカー」を買ってみた!

    おはようございます、しょうへいです。私が住んでいる福井県は、冬の間はほとんど海が荒れているのでなかなかオフショアの釣りに出られないのですが、そろそろ春のシーズンインに向けて道具の整理をはじめています。釣具屋さんで見かけたメジャークラフトの「アシストフックストッカー」が、リーダーも同時に収納できると書いてあったので試しに買ってみました。1つにまとまると便利かも!?これであなたも収納の達人というキャッチコピーが目を引きます。こういったアシストフックストッカーはこれまでにもありましたが、私が今まで見た中で一番大型な気がします。裏面を見てみるとリーダーも収納可能と書いてあるので便利かもと思って買ってみました。ちなみにですが、去年末くらいに発売した新製品だそうです。私は自作のフックと市販のフックを半々の割合で使います。なるべくいろんなフックのレビューをしたいと思っているので、いろいろなメーカーのフックが山ほどあります(笑)いつもはメッシュのポーチに入れてごっそり持ち込むのですが、さすがに量が多いので欲しいものを探すのも手間です。自作したフックはルアーバンクの「スゴいチャック袋 & おまとめリング」でまとめています そして、こちらが購入したメジャークラフトの「アシストフックストッカー」で、パッケージから出してみるとかなり幅広なマチがついています。バインダーそのものはマジックテープ式になっていますので開け閉めは簡単ですが、けっこうガッチリ締まります。中には防水ロック付きの「フィルムバック」が左右5枚づつ、合計10枚収納されています。このバッグは取り外しすることができますので、必要な枚数だけ収納しておくことができます。半透明で中身が見えるので、欲しいアイテムがパッと見つかりますね♪フックの台紙ごと入れておけるので、フックがどんな大きさなのかもすぐにわかります。大型のフックのものは、パッケージの上部についている穴の開いている部分を切ってしまえば入るようです。伸縮性のある袋ですので、ハトメのパーツに滑り込ませるだけで取り外しが可能のようです。小さいスプールのリーダーも収納できました!他にももリング類なども収納できますので、細かいパーツ類を一つに収めることができそうです。SLJやライトジギングなど、細かいパーツが多いものを1つで済ませたいというときによさそうです。ドカットの中サイズに入れてみてこんな感じです。大きめなので、場所をとるか

  • 意外と簡単!ドカットに取っ手を付けられる!「ドカッ取手」の取り付け方

    おはようございます。会長です。ドカットにたまに、取っ手を付けてカスタムされている方を見かけることがあります。実は、タカ産業さんから、「ドカッ取っ手」と呼ばれる、ドカットのちょうど斜め部分にピッタリ取り付けられるサイズに設計された商品が発売されていまして。実際、取り付けてみたところ「意外と簡単に取り付け」が出来て、思いの外、「取っ手が便利」でしたので、取り付け方や意外と便利な使い方をご紹介したいと思います。ドカット上蓋の斜め部分にピッタリサイズ!タカ産業「ドカッ取っ手」の取り付け方こちらが、タカ産業さんから発売されている「ドカッ取っ手」という商品です。ドカットの人気の3サイズ、D4500(小)・D4700(中)・D5000(大)の上蓋の「斜めになった部分」にちょうど取り付けられるサイズで設計されています。取っ手は、蓋の開閉が非常に楽になる為に取り付けするのですが、付けてみるとこれが思いの外便利で開閉が素早く出来るようになりますし、タオルを引っ掛けておいたりととても便利に使えます。 取り付けてみたら、意外と簡単に取り付けできましたし。もう一個付けたくなるぐらい便利でしたので、ルアーバンクにも仕入れてみました。2個入りですが、1個で十分な方もいらっしゃると思われますので、1個のバラも対応しています。ビスが予め付属されていまして、穴あけするだけで取り付け出来るのですが、ビスが4mmで、取っ手の直径が10mmですので、ドリルは、ダイソーに100円で売っている「5mm」のドリルがおすすめです。1mm大きいですが、そのほうが少し穴の位置のズレなどに余裕がでますのでおすすめです。※穴はしっかりと隠れます。電動ドリルは不要です。実はドカットの蓋って硬そうに見えますが、素手で十分に穴あけが可能です。 動画を再生するには、videoタグをサポートしたブラウザが必要です。 ↑こんな感じで、100均ドリルで素手で簡単に穴あけ出来ます♪取り付け方ですが、ドカットの蓋の斜め部分の中央に取っ手を合わせまして、マジックで印を付けます。こんな感じです。御存知の通り、蓋の裏が格子状になっていますが、接触しないかどうかは透かせば見えます。実は、格子(リブ)は、よくみると表からも見えますし。3サイズに付けてみて分かったのですが、ど真ん中につければ、どのサイズもリブにビスが干渉せずに取り付けが可能のようです。少し問題が

  • 10秒ノットって本当に10秒で結べる?強度を30%アップした「12秒ノット」も完成!

    おはようございます、しょうへいです。実は、前々からリクエストを何件頂いていたのですが、まだ試していなかったノットがあります。その名も「10秒ノット」という名前だそうです。本当に10秒で結べるの?強度はどのくらい?と気になりますよね。というわけで実際に結んでみて強度を測ってみました。10秒ノットは本当に10秒で結べた!いきなりですが完成した10秒ノットです、結び目が小さくてカメラのピントを合わせるのが大変です。実際に結んでみたら本当に10秒で結べてしまいました。検索してみると、かなり多くの解説動画がヒットします。ライトゲーム系では定番のノットのようで、多くの人が使っているようです。一番わかりやすいと思った六畳一間の狼さんの動画を貼っておきましたので、結び方は動画を御覧ください♪ノットそのものは、オルブライトノットやファイヤーノットの仲間といった雰囲気がします。リーダーで作ったループにラインを通さず、最初から巻き付けた後最後だけ通すという変形のようです。実際に10秒で結べるほどに簡単ですし、ラインの消費もかなり少なく感じます。強度の方はどうでしょうか!?本来はライトゲームに使われるような細い糸が得意なノットだそうですが、PE2号くらいまでなら結べるそうですので、いつもと同じPE2号とリーダー8号の組み合わせで調べてみました。10秒ノットの強度は!?回数切れた負荷(Kg)結束強度1655%26.2557%3655%45.7552%5655%平均655%大体、ライン強度の半分を少し超えるくらいの強度があるようです。細いラインですともう少し違った結果になるかもしれません。緊急事態や、それほど強度が求められない釣りには良いかもしれません。しかしもうちょっと強度が欲しいなーと思うのがホンネのところ、というわけでいろいろ改良してみます。10秒ノットじゃなくなっちゃうけど10秒ノットは巻き付け回数が10回とされています。じゃあ巻き付け回数を増やせば単純に強度があがるのでは!?ということで倍の20回の巻き付けで作ってみます。写真のように、なるべくPE同士が密になるように巻き付けるほうが良いそうです。20回巻いてみて強くなったかなー……と思いきや、なぜか3kgくらいですっぽ抜けてしまいます。あれ!?なんで!?不思議なのですが、何度結んでも抜けたりしてしまいます。どうも締め込むときにノットが崩れてしまったり、ノットが締まりきる前に巻き付

  • 【2021年】オフショアルアーフィッシング関連「春の新製品」まとめ①

    おはようございます。会長です。今年は、コロナの影響で、フィシングショーがオンライン開催になりました。オフショア関連の目玉といえば、21ツインパワーSWや21セルテートSW。約6年ぶりのモデルチェンジで、予約された方も多いのではないでしょうか?今日は、そのツインパワーやセルテート以外で個人的に気になったオフショアルアーフィシング関連の新製品をまとめてみました。カルティバ 太軸トレブルST-66に追加サイズ オフショアのキャスティングでよく使われているトレブルフックといえば、カルティバのST-56やST-66シリーズだと思われますが、その太軸のトレブルフックST-66に「3.5/0」と「4.5/0」が追加になるようです。3/0の約7g、3.5/0の約8g、4/0の約9g、4.5/0の約10g、5/0の約11g3/0→約7g3.5/0→約8g4/0→約9g4.5/0→約10g5/0→約11gと約1g刻みになるようで、「サイズを一つ上げたいけど重すぎた」などの問題も解決できそうです。トビウオパターンの攻略の鍵に!Mariaの第3のダイビングペンシル「レガートF190」Mariaからこの春に発売予定の第3のダイビングペンシル「レガートF190」マグネット重心移動搭載で、飛距離+着水後は水平姿勢で水面直下をフラッシングしながらアピール。高速巻きでも水面から飛び出さずスイミング、トビウオパターンなど、早いアクションに反応がいい時にとても良さそうです。ホームページが公開されており、ドローンで撮影されたアクション映像が見れますので、アクションの確認にとてもおすすめです♪https://www.yamaria.co.jp/maria/product/detail/172サンラインのタチウオ用テーパーリーダーに待望のフロロモデル登場!タチウオジギングなどに人気のサンラインの「テーパーリーダー」に待望のフロロタイプが登場します。以前のモデルはナイロンでしたが、フロロがない為、テーパーリーダーを使わず先糸に太いフロロを50cmほど付けていた方には、嬉しいアイテムですね♪ナイロンモデルになかった一番細い4号→12号がラインナップされており、潮が速いときや、食いが悪い時など重宝しそうです。最大は、8号→20号になるサイズもあり、タチウオ以外にもサワラのジギングにも活躍しそうなアイテムです♪スミスからスローピッチ対応のタングステンジグ「TGスロ

  • ライトタックルの限界へ!?天龍ホライゾン・プログレッシブにスピニングモデルがリリース!

    おはようございます、しょうへいです。2021年、天龍の新作ジギングロッドの目玉といえばホライゾンMJですが、今年の初夏にかけて、「ホライゾン プログレッシブ」にスピニングモデルが追加されます。「ホライゾン プログレッシブ」といえば、最新の技術が採用されている天龍のフラグシップモデルとも言えます。これまでは所謂スロー系のモデルがラインナップされていたので、そのイメージも多いかと思いますが、スピニングモデルはどういったモデルになるのでしょうか!?一足先にどんなモデルなのかチェックしてみようと思います。ライトタックルの限界に挑戦!? ホライゾン プログレッシブ スピニングモデル追加されるのはHPG612S-MとHPG642S-LLの2つのモデルです。ホライゾン プログレッシブは、天龍のホライゾンシリーズをベースに最先端の素材と技術を投入されて開発されたフラグシップモデルです。これまではホライゾンSLをベースにした、ベイトモデルのみがラインナップされていたので、いわゆるスロー系のイメージが強いかもしれません。今回追加された2つのモデルは、ホライゾンLJをベースに開発されています。HPG612S-Mは近海のライトジギングに、HPG642S-LLはスーパーライトジギング(SLJ)に最適なモデルです。HPG612S-MはHLJ611S-FMが、HPG642S-LLはHLJ631S-FLLがベースになっているようですので、まずは単純にスペック表を並べてみたいと思います。まずはHPG612S-MとHLJ611S-FMから、  MODEL LENGTH ( m [ft]) PCS. ACTION CLOSED LENGTH (cm) LURE WT (g) Best (g) PE (号) Drag Max (kg) REAR GRIP LENGTH (mm) TIP DIA (mm) ROD WT (g) ホライゾンLJHLJ611S-FM1.86[6'1

  • メタルジグの超簡単カスタム術!ダイソーの1本50円イラストマーカーが凄い!

    おはようございます。会長です。以前、読者の方にダイソーの100円エポキシ樹脂を使ったメタルジグのコーティングを教えて頂いた時に、あるYoutuberさんの動画をご紹介いただきました。その動画の中で、ダイソーで1本50円(2本入り100円)で購入できる、イラストマーカーという商品を使ってメタルジグを超簡単にカラーチェンジカスタムされていました。早速、そのイラストマーカーダイソーに買いに行って試してみたところ、これがなかなかおすすめのアイテムでしたので、メタルジグのカスタム術と合わせてご紹介したいと思います。メタルジグの超簡単カスタム術!ダイソーの1本50円イラストマーカーが凄い!こちらが、その動画の中で紹介されていました、ダイソーの「イラストマーカー」という商品です。100円なのですが、このように1つのパッケージに色の異なるペンが2色入っていまして、実質1本50円で購入することが可能です。文房具コーナーに置いてあるのですが、カラーバリエーションの種類が物凄くて、写真の下の方にもまだ他のカラーがありました。紫買っておけばよかった。。紫買っておけばよかった。。。インクはもちろん油性タイプでなにが凄いのかといいますと、青(ブルー)だけで、ターコイズブループルシアンブルーウォーターブルーウルトラマリンのように何種類も種類があって、エアブラシを使わずに、簡単にグラデーションを表現した塗装が出来るんです。とりあえず、こちらのシルバーのメタルジグを「イワシカラー」に変えて、グラデーションのやり方をご説明したいと思います。イラストマーカーは片方が7.0mm、もう片方が1.0mmの細字になっていまして7.0mmの幅の広い方を使いまして、メタルジグの背中を濃いブルー(プルシアンブルー)でヌリヌリします。この1色だけでは、境界線がくっきりした、単一なカラーリングなのですが一緒に同封されている、薄い水色のターコイズブルーを使いましてその境界線の下を、塗るとですね。。。なんとこのように、境界線が薄くすることが出来て、いとも簡単にグラデーションのように表現することが出来ます。あとは、黒色で点をちょんーちょんーと書いてあげれば、もうまるでイワシです。ビフォーアフター!ブラックを買ってくるのを忘れたので、点々は黒マッキーで塗りましたが、確かブラックも売ってたと思います。背中から見事にグラデーションが表現されています。一番上だけを黒で塗って「背黒」

  • 「セキ糸でPRノット」をコンパクトに!100%強度も達成!その方法とは!?

    おはようございます、しょうへいです。前回、セキ糸を使ってPRノットが作れれば、PEラインの切り詰めによる消費を抑えられるし、ボビンにPEラインを巻きつける手間がなくなるので、素早くなるのでは!?という記事を書きました。素早く結べる!? PRノットをセキ糸で作る「セキ糸PRノット」を試してみた!色々実験した結果、強度を出すには通常のPRノットの倍くらいの巻き付けが必要であるということがわかりました。その記事をご覧いただいた読者の肩から、Facebookのコメントやメッセージで「こうしたらどうか!?」というコメント(アドバイス)を頂きました。いつもコメントありがとうございます、とても参考になります!というわけで本日もいろいろ試してみました。【実験その1】 PEラインを折りたたんで2重にしてやってみる前回の実験では、セキ糸PRノットは通常のPRノットの倍、100回転で6㎝ほどの長さが必要でした。ちょっと長いですよね、バーチカルな釣りなら良いですが、やはりガイドなどに引っかかります。ということで、これを何とか通常のPRノットと同じ、50回転2.5~3㎝ほどの長さで実現できないか実験してみます。まずは1つめのアドバイスのPEラインを二つ折りにしてやってみます。右手に2つ折りにしたPEラインを持ってから~そこに左手にリーダーを持って添わせます。一人で写真撮るのめちゃくちゃ難しいです(笑)さらに左手にセキ糸をつまんで、ここから回転させてPRノットを作ってみます。目指すところである、50回転でやってみます。同じPRノットの内部にPEラインが2つ入っていることになるので、少しは摩擦力が上がるのか!?各末端は、とりあえずハーフヒッチで仮止めしておきます。またPE本線側は リーダー・PE本線・PE端糸 の3本のラインが出ますので、新FGノット2020のように交互ぐるぐる巻きで仕上げてみました。さらにもう1つ、前回は接着剤で固めてしまいましたが、ノットが硬いとエアノットになったりガイドに当たったりと不便ですので「結びにシュッ!」を使ってみました。こちらも過去に実験したことがありますが、10%ほどの強度アップが見込まれます。いざいざ~と実験してみましたが、結果は4kgほどで、すっぽ抜けました。う~ん、残念。2つ折り作戦は失敗の模様です。ちなみに、接着剤でガチガチに固めて、もう一度やってみましたが結果は同じでした。【実験2】往復させてみるこ

  • メタルジグのロストや高切れを防ぐ!? 「根掛かり対策アシストフック」の作り方

    おはようございます。会長です。根掛かりによるメタルジグのロスト、特にタングステンジグのロストは痛すぎです。昨年、読者の方に、根掛り対策に強度の弱いスプリットリングを使って、根がかりしたときにリングが破損してアシストフックから抜けるように試していると教えていただきました。ただ、弱いリングは小さくて使いづらいかったり、最弱のリングでも破損するまでに意外と強いなど、いろいろ問題があったそうです。そこで、その問題を解決できるように試行錯誤を重ね、「根掛り対策アシストフック」を作れるようになりました。今日は、その「根掛り対策アシストフック」の作り方をご紹介したいと思います。メタルジグのロストや高切れを防ぐ!? 「根掛り対策アシストフック」の作り方こちらが作った「根掛り対策アシストフック」になります。一見、普通のアシストフックに見えますが 動画を再生するには、videoタグをサポートしたブラウザが必要です。↑このように一定の力が掛かるとリングが破損して、アシストフックが抜けます。このリングは4kgまでは大丈夫ですが、それ以上力を掛けると伸び始め、5kg〜6kgの力で破損するタイプです。 このリングを「根掛り対策アシストリング」と名付けましたが、使い方は普通のアシストリング(ソリッドリング)の代わりに使うだけです。アイテムそのものは、スプリットリングなのですが、通常のスプリットリングに比べて、ワイヤーの線径を細く作ってある激弱のリングです。製造上、最小線径は0.5mmが限界だそうです。その最小線径の0.5mmのワイヤーで、大きく作ることで強度が適度に落ち、大きい分アシストリングとして使いやすくなりました。 ※同じ線径なら大きいほうが弱くなります。こちらを安定して一定の強度で抜けるようにするには、使い方にちょっとコツがあります。まず、フックの両端に、フックを結ぶかセキ糸で根付けします。そこに、「根掛り対策アシストリング」を通します。 ※太いフックを使う場合は、先に通しておいてからフックを結びます。リングには一重部分がありますのでその1重部分に引っ掛けてアシストラインを折返します。(写真は1重部分が見えやすいようにまだ掛けていません)セキ糸で30回ほど根付けします。根付けの簡単な方法は 根掛り対策アシストリングのページに詳しく記載してあります。ほつれ防止に瞬間接着剤を塗って、ア

カテゴリー一覧
商用