searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

藤澤 愼二さんのプロフィール

住所
タイ
出身
高松市

「タイランド太平記」: 光があれば影があるように、タイにだって悪いところはたくさんあります。タイが好き、将来タイに住みたいという人のために、思ったままのことを書いていきます。 「バンコク コンドミニアム物語」: 主にバンコクの不動産投資について、筆者自身も自己資金を使って投資しながら、その試行錯誤の中で得た経験を基に投資家目線で情報発信。

ブログタイトル
タイランド太平記/バンコク コンドミニアム物語
ブログURL
http://bkkcondostory.com
ブログ紹介文
バンコクに居住しタイ語と英語を駆使して政治、経済、生活、不動産等の興味深い情報を入手、発信
更新頻度(1年)

225回 / 365日(平均4.3回/週)

ブログ村参加:2016/05/27

本日のランキング(PV)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、藤澤 愼二さんの読者になりませんか?

ハンドル名
藤澤 愼二さん
ブログタイトル
タイランド太平記/バンコク コンドミニアム物語
更新頻度
225回 / 365日(平均4.3回/週)
読者になる
タイランド太平記/バンコク コンドミニアム物語

藤澤 愼二さんの新着記事

1件〜30件

  • 不動産投資、少なくとも今は「休むも相場」が一番

    最近、政府住宅銀行のリサーチ部門であるREICからこのようなプレス発表があったのですが、前回書いたように、またも非常事態宣言が延長されようとする中、いつになったらタイの経済不況が底を打つのか見当もつかない状況なのに、不動産市場が回復を始めるのは来年末だとかい

  • 政府はまたもや非常事態宣言の延長へ!(その2)

    ところで、そもそも論なのですが、なぜ非常事態宣言を早く解除した方がいいのかというと、以下の朝日新聞の説明にあるように、首相を中心とする危機管理機関に権力が一極集中し、超法規的な強権を発動することができるからです。タイの非常事態宣言(朝日新聞)国の秩序や治

  • 政府はまたもや非常事態宣言の延長へ!(その1)

    今日でビザの恩赦期間が終わり、明日からは然るべきビザを持っていない外国人は不法滞在となります。それもあって、この2か月間で、5年間のタイランド・エリートカードを取得した人が急増したそうです。つまり、どうしても母国に帰れない、もしくは帰りたくない外国人にとっ

  • コロナが去り、帰ってきたバンコク名物”大渋滞”

    一昨日は、ロングステイクラブが毎週水曜日に開いている飲み会に、半年ぶり、いや、正確には7か月ぶりに顔を出してきました。3月から始まったロックダウン以来、この会もコロナの感染リスクを避けて長らく中止になっていたのですが、やっと9月2日から再開となり、私も23日の

  • ナイツブリッジ・プライム・オンヌットの底値買い(その3)

    ところで、このプロジェクトはほとんどのユニットが22㎡、26㎡、31㎡であり、たとえ中堅企業の日本人駐在員であっても狭すぎて借りないサイズです。もしそういう日本人駐在員をターゲットにするのであれば、数は少ないですが、高層階に55㎡の2ベッドルームもあります。ちなみ

  • ナイツブリッジ・プライム・オンヌットの底値買い(その2)

    さて、著書やこのブログでも書いているように、バンコクの日本人駐在員が減りつつある中、これからは脱日本人駐在員というのがバンコクでの不動産投資のキーワードだと私は思っています。また、駐在員であっても、最近は家族帯同が減り、単身赴任が増える中、過剰供給により

  • ナイツブリッジ・プライム・オンヌットの底値買い(その1)

    この写真は最近竣工して既に引渡しが始まっている、オリジンプロパティの「ナイツブリッジ・プライム・オンヌット」です。オンヌット通りでは最高層の47階、ユニット数が600という大型プロジェクトであり、ちょうど今、このブログを書いている私の書斎から撮った写真です。逆

  • プラユット首相は嘘つき?(その1)

    「明日の大規模デモに対するプラユット首相の呼びかけ」の中で、プラユット首相がちょうどこの週末に繰り広げられている、学生デモを中止させるべく17日に行ったテレビ放送について書きました。その中で私は、首相の話が理屈の通らない内容だと思ったので、以下のように否定

  • 英国政府がタイ人観光客に対する検疫免除を決定

    昨日、英国政府はタイとシンガポールを検疫免除対象国である“トラベル・コリドー”に含めることを発表し、英国時間19日の朝4時以降、タイからの観光客に対する14日間の検疫義務が免除されました。これで英国での入国審査の際に、タイ人はタイのパスポートを見せるだけで、隔

  • 外国人投資家誘致策、とにかく政府は何か始めるべき!

    先日閣議決定した「特別観光ビザ」により、やっと来月から外国人にも入国が認められましたが、長期滞在の観光客限定であり、しかも費用のかかる14日間の検疫義務があることから、大した効果は見込めません。そんな中、経済状況管理センター(Center for Economic Situation Ad

  • 明日の大規模デモに対するプラユット首相の呼びかけ

    明日のタマサート大学で行われる予定の大規模デモに対し、昨日、プラユット首相がその中止をテレビで呼びかけました。オンライン新聞の「ターンセータギット」がその記事の中で、首相の10分ほどの放送をユーチューブでアップしているのでそれも見ましたが、個人的には、あま

  • 「特別観光ビザ」の閣議決定に落胆する観光旅行業界

    先日、「「特別観光ビザ」発行で観光産業のメルトダウンを阻止」と題して観光スポーツ省が内閣閣議に対し、「14日間の検疫期間のない」特別観光ビザを提案したと書きましたが、残念ながら、やはり政府はこの隔離期間を外すことを認めませんでした。この写真記事は現地のオン

  • タイ人も実は英語はすごく苦手(その3)

    ところで、タイでは上流階級の人達は海外に留学していた人も多く、英語を流暢に話すとよくいわれます。しかし、これまでの私の経験上、一般のタイ人で英語がうまい人は実はあまり見かけません。この分布図はEnglish Proficiency Indexと呼ばれるもので、世界100か国の英語レ

  • タイ人も実は英語はすごく苦手(その2)

    さて、前置きが長くなりましたが、数日前のバンコクポストによると、この写真にあるようにタイの文部大臣が、コロナが落ち着いたら英語教育に力を入れる。そのために、1万人の欧米人ネイティブスピーカーを教師として雇い入れると発表しました。タイには既に今、ネイティブの

  • タイ人も実は英語はすごく苦手(その1)

    私は元来外国語に興味があることから、2011年にタイに来て以来、途中で仕事が忙しくなったときは休みましたが、なんだかんだで3年近くタイ語学校に通っていました。先日、コロナのロックダウン以降、生徒が集まらなくなり、とうとう20年の歴史に幕を閉じることになったUTLと

  • タイ観光局は観光産業のメルトダウンを阻止できるのか?

    先日、「2021年、タイ観光産業のメルトダウン(溶解消失)が始まる!」で書いたように、タイの観光産業は、今まさに危機的状況に陥っているのですが、監督官庁であるスポーツ観光省に属し、観光産業全体をとりまとめているタイ観光局(TAT : Tourism Authority of Thailand)が

  • 今回のブログ統一について考えたこと

    このブログは1週間ほど前から、これまでの日本ブログ村の「不動産投資」のカテゴリーから「タイ情報」というより大きなカテゴリーに移っています。そこでは、PV(ページビュー)ランキングにだけ参加させてもらっているのですが、ありがたいことに今日時点で5位にランキング

  • ハードアセットがダメなら株式市場で不動産投資(その3)

    ところで、ここでちょっと私のプライベートな話を書かせてもらうと、実は海外不動産をやり始める前は、私は金融業界で株のファンドの運用をやっていました。そこでファンダメンタルの分析、PER、EPS、BPSといった数字や罫線と毎日向かい合っていたのですが、当時はまだバブル

  • ハードアセットがダメなら株式市場で不動産投資(その2)

    これが、大手不動産デベロッパーの9月時点での株価に対する配当利回りの比較ですが、黄色の枠で囲ってあるのが、どちらかというとリスクのある投資対象であり、オレンジの枠が来年の不動産市場がさらに悪化しても、まず破綻はないだろうと思われる安全度の高いデベロッパー

  • ハードアセットがダメなら株式市場で不動産投資(その1)

    相当深刻な不動産不況ということもあって、最近は不動産関連株が全体的に値下りしています。実際、このブログでも何回か書いてきましたが、大手デベロッパーでも完成在庫がなかなか掃けない中、ディベンチャーで直接市場で調達していた資金の償還期日が続々と到来しつつあり

  • 2021年、タイ観光産業のメルトダウンが始まる!

    これは、つい先日、バンコクポストに載った記事です。現地の新聞でも、タイ政府が自画自賛するコロナ制圧の成功に対して、その実態は、多くの国民がその犠牲となって経済的苦難にあえぐ中、本当にこれでよかったのかという問題提起をしています。そして、これに伴って起こっ

  • 希少価値のある中古物件への見直し買い(その2)

    そして、最後にAREAは以下の非常に興味深いコメントで、この調査結果を締めくくっています。ปรากฏการณ์นี้เป็นเครื่องบ่งชี้ว่าการก่อสร้างที่อยู่อาศัยขนานใหญ่เช่นที่เกิดขึ้นตลอด 3

  • 希少価値のある中古物件への見直し買い(その1)

    これは、不動産鑑定及び市場リサーチの大手であるAREAが最近出した調査結果ですが、まず、これに関する彼らのコメントを要約すると以下です。1.20年前と現在を比べた場合、バンコク首都圏の地価は2.5倍となった。一方、建設コストは1.7倍になった。この理由は土地は限られ

  • 2021年、タイ観光産業のメルトダウンが始まる!

    タイ中央銀行は、来年も今のような外国人観光客の受入拒否が続けば、タイの観光産業は壊滅的な影響を受けるとの警告を出すと同時に、以下のコメントにあるように、タイ政府はもっと経済とのバランスを重視するべきだとの意見を表明しました。"If foreign travellers still ca

  • 背景画で見るバンコクの大変化

    9月からこれまでの「バンコク コンドミニアム物語」にもう一つのブログである「タイランド太平記」を集約することにしたのを機に、背景画も最新のものに替えました。新旧どちらもマンダリンオリエンタルさんのリバーサイドテラス。そこの同じ位置で撮った写真を使わせてもら

  • 外国人観光客が入国できるのはまだまだ遠い先?(その2)

    一方で、ここにきてまた悪いニュースが出てきています。このところ、インドやバングラデシュでコロナ感染が増えつつあり、特にタイと国境を接するミャンマーでは、第2波による感染者が急増していることから、政府は国境封鎖をさらに厳重にしたところです。しかし、航空機で

  • 外国人観光客が入国できるのはまだまだ遠い先?(その1)

    タイ政府は9月末まで非常事態宣言の期間を延長し、3月26日の発令からこれで5回目の延長となりました。一方、外国人観光客がほとんどいなくなったことで、ホテルやレストラン、旅行業界が困難な経営を強いられていますが、最近のカシコン銀行リサーチの報告によれば、コロ

  • 外国人バイヤーとデベロッパーの我慢比べ(その3)

    従って、果たしてそこまでやってくるデベロッパーは、案外マイナーなのかもしれません。むしろ、上のタイ不動産協会のコメントにもあるように、こんな時期は下手に契約のキャンセルはしない方がよいというのが、今の業界の考えなのではないかとも思うのです。メージャーデベ

  • 外国人バイヤーとデベロッパーの我慢比べ(その2)

    さて、こういうコメントから私が読み取るのは、2、3年前に急速にマーケットシェアを増やしてきた中国人バイヤーを中心とする外国人投資家ですが、彼らのほとんどがプレビルドで購入しています。しかし、コロナの影響で外国人が入国できなくなった今、運悪くちょうど彼らの

  • 外国人バイヤーとデベロッパーの我慢比べ

    LPNのリサーチ会社、LPN Wisdomによると、デベロッパー上場企業、全36社の今年上半期の純利益は前年同期比で55%減と急減したとのことです。それでも表向きは増収だとか見栄を張っているデベロッパーも一部ありますが、実態は売上は増えても完成在庫一掃のための価格戦争で大

カテゴリー一覧
商用