プロフィールPROFILE

ventottoprimaveraさんのプロフィール

住所
イタリア
出身
春日井市

ヨーロッパの美しい風景を切り取った写真を並べながら、現地でのお得情報満載の、ヨーロッパ旅行ガイドブログです。またイタリア生活において、何が苦労するかのポイントも絞って紹介していきます。日本にいる方も、海外在住の方も、美しい写真とその解説で少しでも癒せたら。

ブログタイトル
Two for the Road いつもふたりで
ブログURL
http://italia.hatenadiary.com/
ブログ紹介文
ミラノに住むライターとカメラマンの、ヨーロッパ旅ガイド&美しさ溢れる風景写真満載のブログです。
更新頻度(1年)

54回 / 365日(平均1.0回/週)

ブログ村参加:2016/05/21

ventottoprimaveraさんのプロフィール
読者になる

ventottoprimaveraさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/22 11/21 11/20 11/19 11/18 11/17 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,684サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 20 20 20 0 0 60/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 43,364サイト
ヨーロッパ旅行 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 852サイト
写真ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 32,906サイト
海外風景写真 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 210サイト
海外生活ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 35,302サイト
ミラノ情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 38サイト
今日 11/22 11/21 11/20 11/19 11/18 11/17 全参加数
総合ランキング(OUT) 45,923位 47,570位 47,712位 54,709位 66,920位 圏外 圏外 978,684サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 20 20 20 0 0 60/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 2,389位 2,477位 2,487位 2,842位 3,651位 圏外 圏外 43,364サイト
ヨーロッパ旅行 27位 29位 31位 40位 46位 圏外 圏外 852サイト
写真ブログ 1,297位 1,340位 1,334位 1,601位 1,994位 圏外 圏外 32,906サイト
海外風景写真 3位 3位 3位 3位 3位 圏外 圏外 210サイト
海外生活ブログ 3,895位 3,975位 3,995位 4,313位 4,864位 圏外 圏外 35,302サイト
ミラノ情報 6位 6位 6位 6位 8位 圏外 圏外 38サイト
今日 11/22 11/21 11/20 11/19 11/18 11/17 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,684サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 20 20 20 0 0 60/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 43,364サイト
ヨーロッパ旅行 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 852サイト
写真ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 32,906サイト
海外風景写真 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 210サイト
海外生活ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 35,302サイト
ミラノ情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 38サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ventottoprimaveraさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ventottoprimaveraさん
ブログタイトル
Two for the Road いつもふたりで
更新頻度
54回 / 365日(平均1.0回/週)
読者になる
Two for the Road いつもふたりで

ventottoprimaveraさんの新着記事

1件〜30件

  • 冬のイタリアで、夏のギリシャに想いを馳せる

    お題「思い出の一枚」 イタリア、異常気象です イタリアの長雨が止まりません。ここひと月ほど、週に6日は雨が降ります。 季節柄、北イタリアならまだしも。日頃、晴れの国を謳ってる南イタリアでさえそんな状態のようです。 ヴェネチアがとんでもない事態になってるのはすでにニュースで周知の事実。 ヴェネチアだけでなく、イタリアは古い建物が多いので、雨漏りになっているアパートメントも多いみたいです。。。 この年末年始は、3週間程が休暇になる予定ですが、 めずらしくどこに行く計画も立てていません、今のところ。 まずは、、、とにかく、ゆっくりしたい!!(子どもがいると、それも不可能に近いんですけど、、とほほ泣)…

  • ツェルマットとマッターホルン

    お題「海派? 山派?」 山派の方にぜひ読んで欲しい、新作記事を書きました www.travel.co.jp 私達のブログでも、山のなかで最多登場回数なのではないかと思われるマッターホルン。 改めて、ツェルマットについてのガイド記事を書いてみましたが、私はスイスの中でもやはりこのツェルマット界隈が好きなのだと改めて思いました。 なぜなら、とにかく、 マッターホルンがカッコイイ!! ゴルナーグラート展望台の永久凍土と山岳ホテル「3100 クルムホテル ゴルナーグラート」の様子は、もはや映画の世界さながらだし、 世界最高標高まで上っていくロープウェイの名前は、"Matterhorn Glacier …

  • GANREF今日の一枚に選ばれました

    GANREF今日の一枚に選ばれました 写真投稿・共有サイトGANREFの中で、10月27日の今日の一枚に選ばれました。 港町ドブロブニク | GANREF 選んでいただき、誠にありがとうございます。実は最近GANREFに登録し始めたばかりで、未だにシステムが分かっていませんが、ある日突然アクセスが200とか、コメントが何件も登録されたのだとか、一体何が起きたのか、分かりませんでした。 しかも自分が把握したのは、今日の一枚にセレクトされた、次の日・・・スウェーデンにいた時です。忙しかったのよ、今もそうだけど。なので、編集部から折角いただいたコメントも読むことが出来ず、非常に残念です。 とはいえ、…

  • 夜明けを行く

    そんな訳でストックホルムです。 帰ってきました、そんな訳でストックホルム中央駅の写真を納めておきます。手がかじかむレベルで寒かったです、これでもまだ10月末。本当の冬を、まだ体感していないのです、我々。 そうそう、スウェーデンの写真をあげるのは初めてなんですね。そういえば、ベルギーだったり、ノルウェーだったり、ルクセンブルクだったり、実はアップしていない国も結構ありますね。最近行ってないから、過去の写真は恥ずかしいんですよ、構図とか甘いし。

  • シルミオーネ、急激に知名度上昇?

    シルミオーネの記事の閲覧数がものすごいことになってました この記事です。 www.travel.co.jp 何事だ?と思ったら、フジテレビ系列で、こーんな番組があったのですね、納得、納得。 www.oricon.co.jp ガルダ湖とシルミオーネは隠れた景勝地なので、イタリアマニア・リピーターの方なら、チンクエテッレの次くらいには訪れていただきたいところです。 (過去記事参照↓) italia.hatenadiary.com それはそうと、 私達は週末からスウェーデン・ストックホルムにいます(出張とその帯同)。 いや、寒い。笑っちゃうほど寒い。外気温は0度とか。 すごく綺麗な水の都なのに、写真…

  • ポーランド好き過ぎやろ

    メモを取るようになりました 最近、物覚えが悪くなっています。いやいやこれは、歳のせいではなく、自分の習慣だったと思うのです。 スマホが普及する以前から、色々携帯に情報を入れたりしていましたが、情報を整理整頓せず、ただただ沢山保管して、自分の脳に留めて置く事を止めていました。また、色んな事をすぐにネットで調べたり、計算を計算機任せにしたりして、仕事以外の単純作業に自分の脳を使っていませんでした。 その事に自覚して愕然としたのは、数年前に転職する時。大学生で就活していた頃、毎回飽きもせずによくやらせるな、と完全にバカにしていたSPIを、転職活動の時にやり始めて、あれ?あれあれ?と。昔はハナほじって…

  • イタリアでの幼児教育始めました

    子どもの近況 最近は沢山歩けるようになり、より行動範囲が広がった、もうすぐ1歳半。しかし未だ前髪は生えず、ほんと乳児がそのまま大きくなったみたいな。 同じサイズの子どもがフサフサ生えているのに、このコは対称的で面白い笑 もう駆けっこ出来そうなくらいに歩けて、乳歯も全部生え揃ったけど、おしゃべりはまだまだ宇宙語。 無理もありませんね、家では日本語、外ではイタリア語や英語な状態では。 こちらの暦で新学期が始まるこの10月から、Asilo Nido(イタリアでいう保育園)に少しずつ行き始めました。家から歩いてすぐの私立のNidoなのですが、外国人家族を歓迎している園ということで、前々から目星をつけて…

  • 我々は人助けをしない社会のようです

    お題「最近気になったニュース」 人助けランキング、そうなの? https://www.cafonline.org/docs/default-source/about-us-publications/caf_wgi_10th_edition_report_2712a_web_101019.pdf 海外在住の私が語る事ではないと思いますが、この記事、もしくはそもそものランキングがどうかと思います。アメリカが一位とか、多分日本人だけでなくて、他の国の人間も、おいおい、となる結果。 さらにそもそもの話をすると、インタビュー形式自体が正しいのか。項目がHelping A Stranger、Donatin…

  • モンツァのアレンガリオ

    今週のお題「運動不足」 やばいな、最後に運動したのいつなんでしょうね。最近、子どもの面倒を見るので、全く運動出来ていません。というのか、自分の時間というのを中々持てませんね。 と言いながら、昨日の日曜日は朝早く起きてモンツァで写真撮っていたり、昼以降は友人達とバンド練習に興じたり、いやはや好き勝手やらせていただきました。その分、夕ご飯の時とかは率先して子どもの面倒を見ていると思っています。 でも運動って大事ですよね。なんでしょうね、定期的に電源を入れておかないとダメな機械みたいな。バッテリー入れっぱなしで放置している電子機器とか。例えが全て電気的なものになる私はロボットでしょうか。 まぁ、早く…

  • ピエロギ食べなかってん

    クラクフ日帰り出張でした。 なので何一つポーランド料理も食べず、食べたものは朝からサンドイッチとフレンチトーストくらい。 ポーランドの方って、お昼あんまり食べないそうですね。同僚が言ってました。アポの時間もそもそも12時から13時という不思議な時間帯でした。 調べてみるとお昼の時間帯が違うとのこと。 我々も15時くらいにお昼食べました。夜も19時のフライトで、空港着いたのが18時前。特に何かを食べる時間もなく、折角の大好きなポーランドが、ピエロギも食べることもなくて、残念。 写真は機内から。超早朝のフライトだったので、クラクフに着く前に丁度明るくなって、パシャパシャ撮ってました、特に場所もよく…

  • サボテンの花

    お題「今日の花」 財津さんでもなく、ミスチルでもなく サボテンが花冠をかぶったお姫様みたいですね。 私の実家は愛知県春日井市というところにあります。ご存知ないと思いますが、春日井市は日本のサボテン生産量8割を占めているらしく、サボテンのゆるキャラどころか、食べ物にまでサボテンを入れて町興しをしようと、そんな危険思想を持った、名古屋市のベッドタウンです。 まぁ我が家はサボテン農家どころか、元々の土地の人でもないので実感が湧かず、子どもの頃の社会科授業で話題にあがる、市の熱いサボテン推しを、無の心で見守っておりました。 閑話休題。 3月に帰国していた時、家族で実家近所の植物園に行ってきました。ここ…

  • ミラノのシーフードと牡蠣の話

    宣伝させてもらいます 9月は本当に忙しくて、自分はそんなに移動しないのに、色んなところからお客さんや友人が来てくれて、会食、会食の毎日でした。 折角なので、自分が行きたい美味しいところに連れていきました。ついでに並行して書いているブログの記事ネタにもなるように。(グフフフフ) まぁもし興味があれば是非リンク先ご覧ください。 28-primavera.com 牡蠣のシーズンになりましたね ところで、気付けばRの付く月、牡蠣のシーズンになりましたね。 私は牡蠣が大好きです。正直、生牡蠣よりもカキフライが一番なのですが、この国にはないですからねぇ。こればっかりは日本へ帰りたくなります。 とはいえ牡蠣…

  • 初めての中国のお話

    初めての中国 もはや去年の出来事になりますが、ちょうど今頃中国の長沙に出張していました。今まで行く機会が中々なかった中国。あの後、たった一年で寧波やら香港やら行きましたが、今でも出張で行くと思うとワクワクする。ほんと少しでもいいから街ブラして撮影したい、その地の音楽を聴いてみたい。 高校時代、宮城谷昌光の小説から『史記』を読み込むくらい、その歴史の魅力にどっぷりハマった、中国。最近、テレビで見て、いつか旅行でたっぷり観光したくなりました。 ただ、やっぱり異質な世界なんですよね。あの政f・・・おっと、アクセス出来なくなっちゃうぜ。 写真のおばちゃんも、何を運んでいるのかさっぱり分からない。・・・…

  • イタリアでの幼児教育始めました

    子どもの近況 最近は沢山歩けるようになり、より行動範囲が広がった、もうすぐ1歳半。しかし未だ前髪は生えず、ほんと乳児がそのまま大きくなったみたいな。 同じサイズの子どもがフサフサ生えているのに、このコは対称的で面白い笑 もう駆けっこ出来そうなくらいに歩けて、乳歯も全部生え揃ったけど、おしゃべりはまだまだ宇宙語。 無理もありませんね、家では日本語、外ではイタリア語や英語なのだから。 こちらの暦で新学期が始まるこの10月から、Asilo Nido(イタリアでいう保育園)に少しずつ行き始めました。家から歩いてすぐの私立のNidoなのですが、外国人家族を歓迎している園ということで、前々から目星をつけて…

  • 保育園に行き始めましたよ

    歩いてます 最近は歩けるようになり、より行動範囲が広がった1歳3ヶ月半。しかし未だ前髪は生えず、ほんと乳児がそのまま大きくなったみたいな。昨日から保育園に行き始めました。同じサイズの子どもがフサフサ生えているのに、このコは対称的で面白い笑そこら辺は落ち着いたらまた妻が話します。 最近はかなり忙しくしています。書こうと思っても、つい書き終えないまま、時間が来てしまいます。落ち着いた時にそれ以外の記事も書けたら。 とりあえずの近況報告。

  • 児童文学を読み返す、見返す

    お題「マイブーム」 最近のマイブーム 私が子どもが出来て何が楽しみかというと、 もう一度大好きな児童文学を一緒になって読めることです。 息子だから、私の好きだったジャンルと被らないかも知れないし、そもそも本好きな子になるかも不明だし、何語をメインにして読んでいくかもわからないので、もしかすると夢物語になるかも知れませんが。。 私は子供の頃、一番好きだったアニメは、世界名作劇場でした。 いつからか終わってしまったみたいですが、このアニメの存在が、児童文学への誘いに貢献していたところがかなりあると思います、少なくとも私には。 道徳教育にも優れているとは思うのですが、時代には合わなくなっていったのか…

  • 再びのウィーン

    お題「カメラ」 ご無沙汰してます 今夜は、21時に寝てくれた...! お風呂上がり、久しぶりにブログ書いてます。 息子は1歳半ばとなり、気の赴くままに何処へでも歩いて行くようになり、毎日毎晩元気いっぱい。 病気知らずで怖いもの知らずの我が息子は、どうも赤ちゃんの中でも、 かなりアクティブでパワフルなタイプなのではないか?と、最近うっすらと気付き始めました。。^^; 本当に、全身からエネルギーが爆発しているよう。 底なしの体力に、私は夕方になるとグッタリとして口もきけないほどです(笑) 今月はウィーンにいる日の方が多いです バカンスシーズンが終わり、欧州は本格ビジネスモードに入っています。 夫も…

  • ストラスブールの空

    ただ空が綺麗だった ストラスブールに特に期待をせずに行ってしまったので、前日のホテルで必死になって予習していました。 さすが世界遺産、見所が沢山あった。上から目線で書き始めて誠に申し訳ない。 ボートも乗れたし、大聖堂も子どもを背負って登れたし、言う事なし。とはいえ、個人的には全くお金かからなかった、この景色が最高でした。当日は午後から雨が降るという予報だったにも関わらず、天気は持ってくれて、夕方の雰囲気を少し纏った、それでも心から綺麗な晴れ間を味わうことが出来ました。 でも夕飯後にものすごく降られてしまって大変でした。さらに子どもがウンチしてしまって、車に戻るには臭いし・・・雨宿りしながらお店…

  • 夏のヨーロッパの宿泊先選び

    今週のお題「残暑を乗り切る」 コモ湖の湖上から 欧州、暑い夏でした(なお継続中) この夏は、6月はじめからずーっと暑い夏でした。 いや、イタリアは南国なので、毎年暑いのですが。フランスやドイツもかなり暑かったんです。 ただ、アルプス以北は、立秋過ぎたあたりからあれよあれよと涼しくなり、その頃ドイツのニュルンベルクにいた私は、薄手の上着を買いました。 さて、今後、夏のヨーロッパに来る方にアドバイスがあります。 もう、絶対に、夏の旅行は、「ホテル」を選ばなければなりません。 私達も、今回の旅行の宿泊先を選ぶに当たって、エアコン付き!!というのが外せない条件でした。 「アパートメント」には、エアコン…

  • 渋滞を見つめる男性

    渋滞をただただ見つめる男性 スイスのどこかです。正確には、ゼードルフ/Seedorfという町を通る高速道路で、今回の夏休み初日は全く動かない渋滞にハマってしまいました。 ドイツ語でSeeが湖の意味なので、この町は湖畔の町。もう少し先(写真奥のカーブ辺り)で止まっていれば、湖畔がもっと近くて、湖畔レストランもあるポイントに着けたのに。 ちょうどここの少し前にサービスエリアに寄っていたので、もし寄らなかったらちょうどその辺りで止まったのでしょうか。それとも、渋滞にハマらず先に行けたのでしょうか。 渋滞の原因は謎です。写真でも分かるように、対向車も全く来ておらず、こちら側が動いた後も、対向車線は全く…

  • アルザスへ行ってきました

    だからヨーロッパは面白い フランスは、アルザス地方に行ってきました。欧州の首都ストラスブールやコルマールがある、ドイツとの国境側のフランスです。また、白ワインで有名なアルザスワインの産地でもあり、至る所に葡萄畑が青々と茂っておりました。 写真はリクヴィールという町なんですが、町の中は本当に綺麗です。それもそのはず、フランスの最も美しい村、にリストされているんです。 遠景も本当に綺麗です。ここだけではなくて、周辺の村々は大体こんな感じ。だからヨーロッパは面白い。こんな綺麗な世界が色んな所にあります。 ちなみに今回の写真、かなり彩度が上がってしまっています。実は今回Canonの広角レンズを落として…

  • 南仏コートダジュールのニース、最新案内

    お題「海派? 山派?」 ニースのビーチです 今回、南仏で一番有名な街ニースの記事を初めて書いてみました。 徒歩で回れるところばかりで、レストランについても最新アップデートしてあるので、 興味ある方はぜひチェックしてみてください。 www.travel.co.jp 前にも書いたことあるような気がしますが、 海派?山派?といえば、長らく海派だったのですが、 この執拗な猛暑と年々激化する温暖化により、涼しい山派に移行しつつあります。 とはいえ、ひと夏に一度は真っ青な海を見たいものです。 視界に、あの波の色合いを入れたくなるというか、、 かといって、飛行機乗るほど本格的な長期のビーチリゾート旅行がした…

  • 海に突きだす古代ギリシアの邸宅

    でも入っていません・・・ 南仏、ニース近郊へ行ってきました。 これはロトシル邸から眺めるケリロス邸です。同じヴィッラと言っても、片や紀元前の古代ギリシア、片や20世紀のベルエポック期、でも建てられたのは同じ20世紀初頭だったりします。 今回は1泊のみ。ラ・テュルビーという村に宿泊しました。 レストラン情報は、最近新しく始めたサイトに記載しております。何卒宜しくお願いします。 http://28-primavera.com/ 28-primavera.com

  • チューリッヒの五月晴れ

    今週のお題「空の写真」 5月にチューリッヒ出張行った時に撮りました。 チューリッヒ湖の遊覧船に乗ろうかと思ったけど、寒くて寒くて。諦めました。 ミラノとは10度以上気温が違い、まさかこれほどとは思わなかったので、 薄いウィンドブレーカーしか持って行っておらず、 我が子には寒い思いをさせてしまいました。 (とはいえ、赤ちゃんって暑がりなので、本人は全く気にしてなさそうでした) ちょっと南仏に行ってきます。 久々の旅行なので、ちょっとウキウキです。

  • 中指を立てる理由

    ちょっとタブーを書きます 本来は政治的な話題を書きたくないのですが、どうにも腹の虫が治りません。何であのお隣の国というのはあんなんなんでしょうね。 勿論、国としての体裁があるので、簡単に認められないのは分かりますが、自分たちがイヤなことをされた時、何故自分たちの行いも振り返れないのか。あれだけ我が国からこれまで何度も強く抗議したにも関わらず、イヤなこと、受け入れられないことをしたという認識はないのでしょうか。 悲しい事に、東アジアは人々の顔が似ている割に、平和ではありません。個人レベルだと仲良くなれるのに、国家同士になると仲良くなれない。これも全て政治家や教育が悪いんでしょうね。でも、どちらの…

  • ミラノで一番眺めの良いレストラン

    ジャコモ・アレンガリオ言います ミラノに住んでいて、一番嬉しい事はドゥオモが見られる事だと思います。胸を張って自慢できます。やっぱりこれが簡単に見られなくなると思うと寂しい。もはや中に入るにも入場料が掛かるから入らなくなって久しくて、寂しいわけで。 Giacomo Arengarioという、Novecento 美術館の上にあるレストランが、この広場とドゥオモを一番綺麗に眺められます。勿論、地上で見上げる素晴らしさもあるけれど、少し角度のあるところから見晴らす美しさも、このドゥオモにはあります。 このレストラン、ご飯も美味しいし、普通にバーとしてもお洒落なので、ミラノにお越しの際は一度訪れるのも…

  • ヴロツワフは小人の街

    街の至る所に小さな銅像が・・・ 久しぶりに仕事の出張で新しい所に行ってきました。しかもたまたま夜、一人で出歩けたので、自由に撮影観光しておりました。今回は、ポーランドの第4の都市、ヴロツワフという街です。今回も本当に素敵なところでした。 僕は南部しか回った事ありませんが、ポーランドは非常に治安の良い国です。実は今回、到着がかなりの深夜で、出発がかなりの早朝。到着した時、日付をまたいでいて、中心地には殆ど人がいない。人がいない、のに、たまに歩いている人を見ると女性が一人で帰路を急いでいたりして、その姿にイタリアでは見かけない驚きを感じました。 もちろん深夜に出歩くなんて基本、男性が多いので、女性…

  • 祝!ミラノ・コルティナオリンピック2026

    お題「最近気になったニュース」 アルプス山間をゆく鉄道車中 おはようございます 「ミラノ冬季オリンピック決まったね!おめでとう」 先ほど起きて、日本の友達から届いたメッセージ。 驚きました。 何故って、私達がテレビを持っていないハンデはあるとしても、そもそもミラノが冬季五輪を誘致していることでさえ、街中でもほとんど目にしなかった、耳にしなかったからです。 私は街中の広告ウォッチが好きなので、気付かないはずがなかったんですが。 それにしても。 ミラノ万博(2015)東京夏季五輪(2020)大阪万博(2025)ミラノ・コルティナ冬季五輪(2026) と、日本・イタリア間で妙に五輪万博続きだなぁと思…

  • 夏休みはどこに行く?

    お題「思い出の一枚」 サントリーニ島 イアの夕暮れ 夏休みの計画を立てている方が多いのか、ギリシャやクロアチアの記事がとてもよく読まれてます。 www.travel.co.jp www.travel.co.jp www.travel.co.jp こちらでは、子供や学生はすでに長い長い夏休みに入りました。まだ旅行に出ている家庭は少ないので、あっちこっちに家族連れが多く、どこもかしこもやたら混んでます。 今夜は、参加者全員が白い服を身にまとって、「星空の下のディナーパーティー」なる野外イベントがやっています。 アイディアはとても素敵だと思うのですが、なんせこの時期は22時くらいまで暗くならないから…

  • こちらも30度近くまで上がっています。夏ですね。

    スナップをとりあえず どんなに構図を練ってもフォーカスがしっかり合わないと、フォーカスがビタッと合った写真に比べて何だかはっきりしない。逆にビタッと合ったものだと、別に大した構図でも何でもないのに、それだけで印象的に思えてしまうのは何故だろう。 久々です。ちょっと忙しくしている事と、また写真に関してこれでいいのか悩んでしまって、ついついこの写真ブログから遠ざかってしまいました。 私は悩むクチなんだと思います。論理的に考えているようで、でも筋が通ると直感で分からないものは、ついつい悩みすぎてしまいます。 何が良いんでしょうね。それでも世の中はもがいて出す答えにこそ真理はあるかもしれません。

カテゴリー一覧
商用