プロフィールPROFILE

亜子さんのプロフィール

住所
南国市
出身
高知市

自由文未設定

ブログタイトル
Baselog - 生活を最適化して、低コストで生きる –
ブログURL
https://www.raccasa.com
ブログ紹介文
高知県南国市に移住(Uターン)しました!シンプルライフ・ダウンシフトを目指します。
更新頻度(1年)

60回 / 349日(平均1.2回/週)

ブログ村参加:2016/03/15

読者になる

亜子さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/14 12/13 12/12 12/11 12/10 12/09 全参加数
総合ランキング(IN) 24,059位 19,463位 19,446位 21,252位 26,997位 29,479位 27,031位 980,705サイト
INポイント 0 10 10 20 20 0 0 60/週
OUTポイント 30 40 200 80 180 140 230 900/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他生活ブログ 645位 523位 534位 578位 715位 810位 727位 31,556サイト
節約・節約術 101位 93位 92位 96位 113位 124位 110位 2,959サイト
家計管理・貯蓄 94位 89位 86位 88位 98位 106位 100位 2,234サイト
今日 12/14 12/13 12/12 12/11 12/10 12/09 全参加数
総合ランキング(OUT) 10,407位 8,712位 7,505位 8,094位 7,363位 7,245位 7,293位 980,705サイト
INポイント 0 10 10 20 20 0 0 60/週
OUTポイント 30 40 200 80 180 140 230 900/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他生活ブログ 425位 365位 317位 344位 302位 294位 293位 31,556サイト
節約・節約術 76位 71位 64位 67位 59位 58位 59位 2,959サイト
家計管理・貯蓄 92位 84位 73位 79位 68位 68位 65位 2,234サイト
今日 12/14 12/13 12/12 12/11 12/10 12/09 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,705サイト
INポイント 0 10 10 20 20 0 0 60/週
OUTポイント 30 40 200 80 180 140 230 900/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他生活ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 31,556サイト
節約・節約術 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,959サイト
家計管理・貯蓄 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,234サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、亜子さんの読者になりませんか?

ハンドル名
亜子さん
ブログタイトル
Baselog - 生活を最適化して、低コストで生きる –
更新頻度
60回 / 349日(平均1.2回/週)
読者になる
Baselog - 生活を最適化して、低コストで生きる –

亜子さんの新着記事

1件〜30件

  • 高知県南国市に移住して3年が経ちました

    2016年12月末に、東京都大田区から高知県南国市に移住しました。 (琴平神社) 地方に移住した理由は、一言でいえば「東京での生活が楽しくなくなったから」。 高すぎる家賃 満員電車 人の多さ 消費の目まぐるしさ 自然の少なさ 余暇の少なさ などの【都会に住むデメリット】が、 仕事がたくさんあって、たくさん稼げる という、【都会に住むメリット】を、完全に上回ってしまっていました。 ……ので、2年間住んだ東京都大田区を離れ、地元の高知県に同居人(横浜出身)を引き連れてUターンしてきました。 移住先に高知市ではなく南国市を選んだのは、「たまたま家賃の安いアパートが見つかったから」、ただそれだけが理由…

  • 24hコスメのスティックタイプのファンデーションを買いました

    化粧水などの基礎化粧品を一切肌につけない「肌断食」をはじめて以降、ファンデーションは厳選するようになりました。 ファンデーションを落とすのにクレンジングを使いたくないので、なにを差し置いても石けんで落とせることがマストです。 以前はMiMCのミネラルリキッドファンデーションがお気に入りで、ひとケース使い切ってしまいました。 MiMC ミネラルリキッドリーファンデーション 102 ニュートラル 13g メディア: その他 MiMCのファンデーションはカバー力抜群なのに石けんで落とせ、使い心地も良く肌断食には最適なファンデーションだったのですが、 専用ケースが丸型で分厚い ゆるめのテクスチャーなの…

  • 『ノマドライフ』を読んで実践したいこと「半分の生活費で暮らす」

    本田直之さんの著書 『ノマドライフ』を愛読しています。 ノマドライフ 好きな場所に住んで自由に働くために、やっておくべきこと 作者:本田直之 出版社/メーカー: 朝日新聞出版 発売日: 2012/03/16 メディア: 単行本 ノマドライフ(職場に縛られない働き方)をする方法について、かなり具体的で説得力のある解説がされている一冊です。 しかしその中身はわりとハードルが高く、「私のようなグータラには無理では……???」と途方に暮れる部分もあり……。 高い生産性がないと自分で仕事をコントロールできないので、ノマドライフなど夢のまた夢です。 いまの自分の状況に満足しているなら、それでいいのです。す…

  • 手帳をやめてふせんメモを持ち歩くようにしてみました

    ここ2~3年ほど、手帳はMDノートの親書サイズのものを使っていました。 ミドリ ノート MDノート 新書 方眼罫 15002006 メディア: オフィス用品 シンプルなデザインがお気に入りで、スケジュール欄を自作してスケジュール管理をしたり、ブログの覚え書きや下書きをしたりといったことに使っていました。 MDノートは書き心地もいいし、見開きにすると紙面が完全にフラットになって「左ページの右端は綴じ部分が手にあたって、文字が書きづらい」などということがないので、使い勝手が非常によかったです。 ……が、使い終わった手帳が2~3冊ほどになって、その処分に困ることがネックとなり、手帳を使うことが億劫に…

  • 不要品を見極めて断捨離することは、節約・貯金の出発点になる

    「ものを捨てること」と「節約すること」は一見すると関連性がないように見えますが、実際は生活を縮小するにあたって最も重要な第一歩になり得る、と考えています。 何故なら、自分がなにを必要としているか・なにが不要なのか、をちゃんと知っておかないと、本来必要のないものを必要だと思い込んで買ってしまううえに、そのような失敗を無自覚のまま何度も繰り返すことになりかねないからです。 失敗から全く学習できていなかった たとえば洋服ひとつでも、自分が流行のアイテムやブランド品にそこまで興味がないのに、「周りが持ってるから」とか「セールで安かったから」という理由で衝動買いしてしまうと、結局うまく扱いきれず、持て余…

  • 2万円台のロードバイク「グランディール」に乗っています

    この自転車は、去年同居人に買ってもらった愛車です。 10年近く前にヴィレッジヴァンガードで購入した小径車が、前輪・後輪と立て続けにパンクしスタンドやチェーンもサビサビになっていたので、誕生日プレゼントとしてロードバイクを買ってもらいました。 ロードバイクといっても、10万円も20万円もするような本格的なものではなく、お値段なんと19,780円!!(2019年12月時点のAmazon価格) Grandir(グランディール) ロードバイク 700C シマノ21段変速[サムシフター] 2WAYブレーキシステム搭載 フレームサイズ470 Grandir Sensitive ホワイト [470] メディ…

  • 手持ちの服は20着以下。ファッションに重きを置かなくなりました。

    以前は狭いクローゼットの中にぎゅうぎゅうに、トータル70着以上の服を詰め込んでいました。 ↑は4年ほど前、東京のマンションに住んでいた頃の私のクローゼットの中です。 この時は既に断捨離に目覚めていましたが、それでも今に比べるとずいぶんたくさんの服を持っていました。 昔は服を買うのが好きでした 服を買うのは古着屋や、ユニクロなどファストファッションブランドがほとんど。 服を買うのが好きだったため、月に2〜3回くらいは買い物に出かけ、なにかしらの「戦利品」をゲットして帰宅。 しかし、服をたくさん持っていてもすべてを活用しきれていたとは言えず、中には一度も袖を通さないまま手放してしまった服もあったよ…

  • 「現金持ち歩かない主義」の節約効果について

    平日、仕事のある日は極力、現金を持ち歩かないようにしています。 毎月のはじめに1万円札を財布に入れてはいますが、平日はその財布を持たずに仕事に行き、お金を1円も使わないまま帰宅するすることがほとんど。 お昼ごはんのために外食をしない、仕事終わりに寄り道をしないなどの生活習慣を心がければ、平日にお金を使わなければいけないシーンはほとんどありません。 www.raccasa.com クレジットカード1枚あれば、とくに困ることはない 通勤に車や原付を使うので運転免許証は必携なのですが、現金やキャッシュカードなどは平日に必要とするシーンがまったくと言っていいほどにありません。 お弁当作りを習慣化する、…

  • 医療保険費用を最小限に。私は国民健康保険だけで充分でした。

    数年前に婦人科系の病気で1週間程度入院し、手術もしました(そんなに大手術ではなかったですが) 病気をする前、健康そのものの状態だった頃は「そういえば、民間の医療保険にひとつも入っていないけど、大丈夫なのかなぁ」と、ぼんやり不安になっていました。 が、実際に入院と手術を経験してみて、民間の医療保険は必要ないという確信を得ることができました。 ……ので、大手を振って、加入保険は「国民健康保険」or「派遣会社で加入している健康保険組合」のみ、としています。 実際に入院を経験して、リアルな必要経費が把握できた 実際に1週間の入院&手術にかかった費用はどのくらいだったかというと、ざっくり計算で9万円ほど…

  • カード主義でも浪費をしないために必要なこと

    基本的に、クレジットカードや電子マネーで支払えるものについては、キャッシュレス決済で支払うようにしています。 キャッシュレス決済の利便性と家計管理・節約を両立するためには、「クレジットカードを上手に活用すること」が重要になります。 クレジットカードを生活に適切に取り入れていくために、現時点での考えをまとめてみました。 クレジットカードは便利 今さら説明するまでもないことかもしれませんが、クレジットカードの利点は様々です。 現金を持ち歩かなくていいので身軽になれる 現金を持ち歩くよりも安全(紛失したとしても、カード会社に連絡を入れるだけで利用をストップできる) 仮に盗難に遭い悪用されたとしても保…

  • 手取り13万円派遣社員が1年8ヶ月かけて100万円貯めました

    去る2018年4月に貯金がほぼゼロになり、フルタイム派遣事務の仕事を開始して、1年8ヶ月が経ちました。 派遣事務の仕事の手取りは、月々13万円ほど。 たのしい節約生活を送りながら貯金を続け、ついに貯金額が100万円の大台を超えました! 平均にならすと、月々の貯金額は53,000円ほど。 手取りが13万円代なので、約4割ほどを貯金にまわしている計算です。 貯金割合の目標は「手取りの5割」なのでいま一歩届かずといったところですが、それでも、無駄遣いの天才だった私にしては、だいぶ検討したのではないかと!!! 生活費の内訳データ ちなみに私が働いているのは、(全国最低賃金ワースト1位県常連の)地元・高…

  • ペットボトルは買わない

    生活の縮小&節約のため、毎日快適にラクして暮らすために、いつの間にか習慣化している「無駄遣い」を少しずつ減らしていこう!としています。 ペットボトル飲料を買う習慣は、「無駄遣い」の代表のような存在だと思う 以前はペットボトル入りのお茶やコーヒー、ミネラルウォーターなどを日常的に飲んでいました。 が、節約を意識するようになってからは「飲み物1本に毎回150円のお金を払っているのは、積もり積もるととんでもない無駄遣いになっているのでは……」と気付きました。 自宅の水道をひねればほぼタダみたいな値段の水がいくらでも出てくるのに、わざわざコンビニやスーパーでペットボトルを買うのはすごくもったいない!!…

  • 車中ノマドワークの話

    最近、ブログを書く作業は「車の中」ですることが多くなりました。 車中ノマドなら、カフェでブログを書くよりも更に作業に集中できる 以前は近所のコンビニのカフェスペースを、頻繁に利用させてもらっていました。 家だと誘惑が多くてなかなか作業にとりかかれなくても、出先だと意外と集中して取り組める、というのは「腰が重い人あるある」なのではないでしょうか。 私も家の中ではついネットしてしまったり、本を読んだりゲームをしたりと、なかなかブログを書くこと一本に集中して取り組むことができず、コンビニやカフェのお世話になりがちでした。 ですが、車の中にパソコンを持ち込んで作業をすると、コンビニやカフェでブログを書…

  • 2019年11月の生活費と収支表

    11月の生活費と収支のまとめです。 11月は副業をがんばった(主にメルカリで不要品を売りまくった)ので、今年いちばん収入が多い月になりました。 とりあえず半分を貯金口座につっこみ、余りは積立金へ。 とはいえ12月は新しいスマホの購入を控えているため、積立金はすっからかんになる予定です!!笑 購入する機種は現在悩み中ですが、積立金だけでは足りないぶんは貯金から崩すことになります。 温泉が楽しい季節になってきました 11月は3回も温泉旅行に行ってしまいました……。 すっかり寒くなってきて、もはや「週末に温泉に入る」という楽しみのためだけに、日々働いているような状況になりつつあります。 ちなみに、今…

  • スマホの断捨離をしたメリット・デメリット

    スマホを手放して、約2年が経ちました。 時代に逆行してガラケー生活を2年間送り、実感した「スマホ→ガラケー移行のメリット・デメリット」をまとめてみたいと思います。 スマホを手放したメリット 予備バッテリー、スマホケース、保護フィルムなど周辺アイテムが一気に断捨離できた 手荷物が減った 日常のON/OFFがくっきりわかれるようになった タブレットPCを触る時間が増えた 本を読む時間が増えた 寝つきが良くなった 姿勢が良くなった??? LINEの通知を気にしなくてもよくなった ファントム・バイブレーション・シンドロームがなくなった 充電を気にしなくてもよくなった 調べたいことをすぐに調べられないの…

  • 贅沢することより「贅沢しない工夫をすること」の方が楽しい

    最近は2ヶ月連続で生活費が過去最低記録を更新し、平均すると月6万円くらい(家賃込み!)で生活することができています。 www.raccasa.com そこでふと考えたのが、「高知の今のアパートに住んでいて、贅沢さえしなければ、生活に必要なお金ってそこまで多くはないよな~」ということ。 そして、「よくよく考えたら、贅沢って、そこまでがんばってやりたいことでもないのでは??」ということです。 贅沢にはコストがかかる 贅沢の定義は人それぞれだとは思いますが、「お金をかけていい服を買って、美味しいものを食べて、いい家に住むこと」のようなイメージが一般的かなと思います。 主に衣食住にお金をかけて、平均よ…

  • 【肌断食】一番の美容法は「化粧をしないこと」だと思う

    肌断食まだまだ継続中です。 最近、あきらかに毛穴が小さくなった! 肌断食をはじめて半年くらいは、季節が夏にさしかかったこともあり「石けんで落ちる日焼け止め+ミネラルファンデ+石けん洗顔」をしていました。 この頃は、「ちょっと顔色がトーンアップしたかな?」ぐらいの効果しか感じられなかったです。 肌断食では、毛穴の開きに関しては改善されないものだとばかり思い込んでいました。 冬になって日焼け止めが不要になり、ミネラルファンデも滅多につけなくなりました。 毎日ほぼすっぴん状態で生活しているので石鹸洗顔もカット。洗顔はお湯で洗い流すだけになりました。 結果、目に見えて毛穴が小さくなっている気がします!…

  • 「LABRICO」で押入れ書斎に棚をつくる

    ブログを書いたりゲームをしたりするのに使っている押入れ書斎に、DIYで棚をつけました。 ビフォーはこちらです。 見ての通りPS4まわりがとてもゴチャゴチャとしていたのと、もう少しだけ収納力をアップさせたくて、ワンバイ材とアジャスターを使って棚をつくることにしました。 買ったもの 近所のホームセンターで購入しました。 ワンバイフォー材×2 ワンバイエイト材×1 ラブリコ 1×4アジャスター×2 ラブリコ 1×8シェルフサポート×1 トータル約4,000円です。 平安伸銅工業 LABRICO DIY収納パーツ 1×4アジャスター オフホワイト DXO-21 出版社/メーカー: 平安伸銅工業 メディ…

  • 畳の部屋の掃除はルンバに一任。人間が掃除するよりきれいになってます。

    実家で使わなくなって手放されそうになっていたルンバを引き取って使っています。 母親が購入したものの「思ったより埃がとれない」という理由で使わなくなったらしく、それならばしばらくうちで使ってみよう……ということで、お試し感覚で貰い受けました。 実際に使ってみると、部屋の隅などの細かいところの掃除には不向きのようです。 が、今まで「ほうき+コロコロテープ」が掃除の主戦力だった我が家には充分すぎるぐらいの性能。 ……というか、はげしくオーバースペックです。ルンバ的には「なんでこんな狭い家に……」という心境だと思われます。 外出時にボタンを押すだけで、部屋の中がきれいになる 我が家は床の面積の大部分を…

  • 「サラリーマンをしながらバンライフ」は可能か?

    バンライフに憧れています。 www.raccasa.com 現実にバンライフを実践するとなると、「あらかじめお金をたくさん貯めておいて、それを切り崩す生活をする」か、「移動しながらでもできる仕事をする」必要があります。 ……と思っていたのですが、どうやら世の中には「会社勤めをしながらバンライフ」ということをしている人がいるようです。 バンライフをしながらGoogleに勤めている人がいるらしい サンフランシスコ、ベイエリアでシステムエンジニアとして働くブランドンさん。彼はなんと、トラックの中で暮らしています。 (中略) 彼の生活には、ほとんどお金がかかりません。職場までの距離は、0分なので無駄な…

  • 定住しない生き方「バンライフ」へのあこがれ

    数年前に、あるブロガーさんが、キャンピングカーで日本中を回りながら暮らす生活を発信されているのを見かけてから、バンライフに憧れています。 バンライフとは バンライフを端的に説明すると、「都市での生活」「持ち家・借家」「職場に通勤しながらの仕事」などを捨て、車を居住空間に改造して、必要最低限の荷物だけで世界中を旅しながら生活する暮らし方のことです。 家を持たないので当然家賃はかからないし、必然的に持ち物が少なくなるので、必要最低限のものしか持たない暮らしが実現できます。 ミニマリスト的な生活スタイルに加えて、タイニーハウスのような家的機能を車に搭載して旅をする、とんでもなく身軽で多動的な生き方。…

  • 平日に買い物をしなくなった話

    以前、平日の特定の曜日に「買い物をする日」を設定し、生活に必要なものはその「買い物日」に調達して、それ以外の日は1円も使わないようにする……という節約方法を、数ヶ月ほど試みたことがありました。 その結果として、最近では買い物日を設定することすら少なくなり、「平日にお金を使う」ということをほとんどしなくなりました。 以前は…… この節約法を試すよりもずっと前、東京で派遣事務として働いていた頃のことを思い返すと、 朝はコンビニで朝ごはんがわりの飲むヨーグルト(約100円)を買う 昼は毎日社食(約200~400円)、更に自動販売機でコーヒーを買って飲む(約100円) 夜は最低でも週2~3日は外食(約…

  • 【断捨離まとめ】手放してみたらいらなかったものまとめ

    不要なものを手放すときは、基本的に見切り発車です。 まだ使えるしもしかしたらまた必要になるかもしれない……と思うものでも、「これ本当に必要かな~」と疑問をもったら、一度手放すか日常的に目に入らないところに追いやって「それがない状態」を試してみることにしています。 そんなふうに思いきって断捨離してみたところ、生活にまったく支障がなかったものや、むしろないほうがなにかとはかどったものたちをリストアップしてみました。 衣装ケース キャリーカート 基礎化粧品 大きいバスタオル ムダ毛用シェーバー カーペット・マット スマートフォン 電気ケトル スティック型の掃除機 プリンターとプリンター用ラック 衣装…

  • 無印良品のアルミ伸縮式ポールとフロアモップを手放しました

    無印のフローリングモップとポール、取替え用シートを手放しました。 このポールは、無印で販売されているさまざまな掃除道具との互換性があり、ヘッド部分を簡単につけ替えることができるのがウリです。 が、私にはその機能を使いこなすことができず、戸棚の奥のほうにしまわれたまま半年ほどが経過していたので、サクッと手放すことにしました。 「互換性のあるアイテム」は、意外と使わない 私の性格上の問題もおおいにあるとは思うのですが、このようないろいろな道具につけ替えて使える系のアイテムは、つけ替えのひと手間がめんどうで使わなくなってしまうという弱点があります。 リバーシブルに着られるジャケットは結局どちらか一面…

  • トランクひとつで暮らしたい

    持ち物を最小化してトランクひとつ分におさめて、旅をしながら暮らすことに憧れています。 そういう時に使ってみたいのはやっぱり、バックパックやボストンバッグではなくて、「トランク」ですよね。笑 なぜトランクなのかは自分でもよくわかりませんが、「ふたを開けると手持ちのものが見開きで見渡せること」「バッグより頑丈なこと」「箱型であること」がいいのかもしれません。 あとなにより、ロマンがあります。 「トランクひとつ」へのはてしないあこがれ 服や生活用品など、生活に最低限必要なものだけをトランクにつめて生活する、というより、旅をすることに昔から憧れていました。 たとえばロールプレイングゲームの主人公みたい…

  • わたしの「しないことリスト」

    しないことリスト (だいわ文庫) 作者: pha 出版社/メーカー: 大和書房 発売日: 2018/09/12 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る 生活のコストを最小限にするため、そして毎日快適に暮らすために、「これはしない!」と決めていること、心がけていることなどをまとめてみました。 お酒を飲まない オシャレをしない 化粧を(ほとんど)しない 「なんとなく外食」をしない 収納用品を買わない 間に合わせのものを買わない 食べなくてもいいものを食べない LINEとSNSでストレスを溜めない 生活コストを上げない 「通勤」に時間とお金をかけない/満員電車に乗らない 「しないことリスト」が…

  • 冬の肌断食について、冬は「肌断食に最適な季節」だと思う理由

    冬がやってきますね!!(冬好き) 肌断食をはじめてしばらくの間は、冬は乾燥にさらされて、肌がカサカサのシワシワになるのではないかとすごく不安でした。 しかし、実際に「冬の肌断食」を実践してみると、冬は夏よりもはるかに過ごしやすい季節であるように感じられます。 もはや冬は肌断食のボーナスタイムであると言えるのではないか、と思います。 肌断食をはじめて、冬の乾燥を感じなくなった 肌断食1年目の頃は、寒くなってきて乾燥してくると、お風呂あがりなどに顔がつっぱるような感じがしていました。 どうしても気になる時はワセリンを薄く塗ったり、マスクをしたりといった対策をとっていました。 が、肌断食も4~5年目…

  • 生活をダウンシフトすることは「将来の自分への投資」になる

    なんだか最近、ダブルワークでもして収入を増やせばこんなにいろいろ我慢したりちまちま出費削らなくてもいいのでは……とふと我に返ることがあります。 でも、働きたくないんだよな~~~!!!と、瞬時に考えを改めます。 今以上に働くぐらいなら、やっぱり節約します。 低所得者の強がりに聞こえるかもしれませんが、なんだかんだで結局、収入を増やすよりも毎日の出費を削った方が手っ取り早いのです。 私が生活をダウンシフトする理由 お金がたくさんあるとたくさん食べてしまう⇒太る! お金がたくさんあるとたくさん買ってしまう⇒ものが増える! ものが増えたので広い家に住んでしまう⇒更にものが増える&家賃が増える! ほんの…

  • 【派遣で働く】ゆる移住×派遣で働く。

    私はとても飽きっぽい性格で、数年単位でひとつの職場で働いたり、ひとつの土地に住みついたりしていると、「違う仕事をしたい」「違うところに住んでみたい」いう欲求がふつふつと沸いてきてしまいます。 私が派遣で働いているのは、派遣はそのような「今と違う環境に移り住みたい」という欲求に、柔軟に対応できる働き方だと思うためです。 「ゆる移住」とは 定住や、ましてや永住を目的とするわけではなく、その土地土地での暮らしを実際に体験するために移り住むことを「ゆる移住」と呼んでいます。 旅行で訪れただけでは、せいぜい数日間から一週間程度しか滞在できないところに、ウィークリーマンションやゲストハウスなどを利用して、…

  • 現金管理をわかりやすく。seria 6リングバインダーとリフィルを買いました。

    毎月のお給料の振込とクレジットカードの引き落とし完了後の月末に、現金をすべて引き出して振り分け作業をしてます。 以前は現金が必要になるたびに、数千円単位でちょこちょこお金を下ろしていたりもしました。 が、頻繁にATMに足を運ぶのがめんどうになってきたことと、こまごまとお金を引き出していると思うように貯金を残すことができなかったことから、ATMでお金を引き出すのは「月1回まで」と決めました。 毎月末に給与振込口座をからっぽにし、現金は複数の口座や財布に振り分けることで、計画的に管理&使い過ぎの防止をしています。 用途別の振り分け方法 振り分け内容は、 財布に1万円 同居人との共同口座(月々の生活…

カテゴリー一覧
商用