紅雲庵 日乗 名古屋の茶の湯 和のあれこれ
住所
東区
出身
東区
ハンドル名
紅雲庵さん
ブログタイトル
紅雲庵 日乗 名古屋の茶の湯 和のあれこれ
ブログURL
www.facebook.com/kouunan
ブログ紹介文
茶道の点前を教える教室ではなく、茶の湯まわりをメインに広く和の素敵なコト、モノをお伝えします。
自由文
紅雲庵茶の湯laboratoryでは 季節のしつらえや茶の湯まわりのアレコレのお話を1時間程度、 その後は実際にお茶をいただくお客さまの作法や 和室でのマナーを体験していただきます。 随時入会可能、完全予約制 〇〇流に入門!という形でなく気軽に茶の湯のお稽古をはじめていただけます。
更新頻度(1年)

99回 / 276日(平均2.5回/週)

ブログ村参加:2016/02/29

紅雲庵さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 08/25 08/24 08/23 08/22 08/21 08/20 全参加数
総合ランキング(IN) 37,350位 37,777位 37,757位 37,789位 37,736位 44,333位 45,485位 969,871サイト
INポイント 0 0 0 0 10 10 0 20/週
OUTポイント 50 140 60 230 40 30 160 710/週
PVポイント 130 490 140 380 290 270 300 2,000/週
その他趣味ブログ 656位 666位 668位 666位 664位 818位 820位 16,761サイト
茶の湯・茶道 15位 16位 16位 16位 16位 20位 19位 210サイト
今日 08/25 08/24 08/23 08/22 08/21 08/20 全参加数
総合ランキング(OUT) 13,266位 12,318位 11,787位 12,124位 13,117位 12,635位 11,176位 969,871サイト
INポイント 0 0 0 0 10 10 0 20/週
OUTポイント 50 140 60 230 40 30 160 710/週
PVポイント 130 490 140 380 290 270 300 2,000/週
その他趣味ブログ 51位 45位 40位 48位 53位 48位 37位 16,761サイト
茶の湯・茶道 9位 8位 8位 8位 9位 9位 8位 210サイト
今日 08/25 08/24 08/23 08/22 08/21 08/20 全参加数
総合ランキング(PV) 7,275位 7,080位 7,415位 7,337位 7,366位 7,162位 6,916位 969,871サイト
INポイント 0 0 0 0 10 10 0 20/週
OUTポイント 50 140 60 230 40 30 160 710/週
PVポイント 130 490 140 380 290 270 300 2,000/週
その他趣味ブログ 109位 107位 115位 112位 114位 113位 106位 16,761サイト
茶の湯・茶道 2位 2位 2位 2位 2位 2位 2位 210サイト

紅雲庵さんのブログ記事

  • 紅雲庵涼月茶話会

    涼月(りょうげつ)は旧暦七月の異名です。令和元年8月24日 旧暦七月二十四日 紅雲庵涼月茶話会をいたしました。お客さま皆さまお運びありがとうございました。 立…

  • 野分

    9月1日は雑節の二百十日雑節(ざっせつ)とは五節句や二十四節気の他に季節の変わり目の目安となる日で立春から数えて210日目が「二百十日」です。立春は天文学で決…

  • 迷ったら歳時記 今日は俳句の日

    茶の湯は季節を大切にします。お道具それぞれにも使うべき時期があり、銘にも時機があり、その時季に使ってこそ!お道具も映えると言われています。そうすると逆にお道具…

  • 正座の視線

    「お茶をしませんか?」とお誘いすると「正座が出来ないので!」とガラガラビシャ~ンつれなくシャッターを閉じてしまう方がいます。  お茶は面白いのにねぇ。残念です…

  • いろんな【すゝめ】集中講座をしています

    紅雲庵では日々のお稽古や月に一度の茶話会のほかにさまざまな集中講座を開催しています。 【薄茶のすゝめ】【濃茶のすゝめ】【茶花のすゝめ】特別講座【茶杓削りの会】…

  • ≪八風吹不動≫ 雅羅素と遊ぶ 林孝子さんの個展

    紅雲庵のお客さまにはお馴染みのガラス作家林孝子さん孝子さんの作品はガラスと言っても世間一般のガラスじゃない孝子さんの眼と手を経て普通のガラスが雅羅素という異な…

  • なにをいつどうつかうか

    茶の湯のお道具は「何を持っているか」でなく「どう使うか」が問題だと思います。 骨董コレクション趣味の方は用の美でなくその器物自体を鑑賞するのが主になり「いつど…

  • お爺ちゃんの本を読む

    祖父が書いた本が数冊あって、庵主の手元に今あるのは1冊だけですが毎年お盆のころにふと気が付くと読んでます。お盆、終戦、そういう季節には自然とそちらへと思いが行…

  • 9月22日(日) 濃茶のすゝめ 茶の湯ラボ

    つやつやに煉られた濃茶、これが「お茶」です。   お茶盌の持ち方から体験してみませんか?  紅雲庵茶の湯ラボで濃茶体験会を開催いたします。この機会に初めての方…

  • 日時予約制お稽古

    紅雲庵のお稽古は日時予約制です。一般の教室は「毎週〇曜日の〇時から〇時まで」といったようにあらかじめ先生の都合により決められた日時にお稽古場へ赴くスタイルです…

  • 木曜会月釜 主 柴山宗平氏

    令和元年8月8日 旧暦七月八日 立秋お暑うございました。気温35℃。 しかし、ご覧くださいこの莨盆  拝見しただけで涼風を感じます。義山揃えの見事さは無論のこ…

  • 【茶の湯のお菓子】茶の湯の夏終わります。

    茶の湯のお菓子は当然のこと美味しく美しくなくちゃいけない。そしてそのお席の趣向にそっていなければ意味がない。 今年の夏は立夏5月6日~8月7日(立秋8月8日)…

  • 19時からお稽古できます。

    紅雲庵には19時スタートのお稽古クラスがあります。これまで、仕事があるから昼間はお稽古が出来ないな~って残念だった方、どうぞこちらへご参加ください。茶道経験ゼ…

  • 茶道の消耗品

    いくら立派なお道具で素敵なお道具組をしてもココがダメなら引くわ~!というお席にしないように、気を付けていること。そして、お道具の他にこういう消耗品にもそこそこ…

  • 荷葉の器 菩提樹の器

    本日のお稽古荷葉を模した美濃焼の器に桃のお菓子、川口屋さんの銘「涼果」追善のお茶にぴったりの取り合わせになりました。  荷葉とは蓮の葉のこと。仏像を載せる台座…

  • 香炉峰の雪

    その茶事の朝は露地に前夜の雪が残り、いつもより茶室の空気がきりりと冷え込む中先生と二人でお客さまをお迎えする準備をしていました。 広間から露地に面した濡れ縁の…

  • 薄茶のすゝめ 七夕のしつらえで

    日々通常のお稽古のほかに「濃茶」や「茶花」を集中してお稽古する茶の湯ラボ、今日は「薄茶のすゝめ」を開催しました。この会は茶の湯はじめてさんと忘れちゃった方に向…

  • 法話の会「微笑会」

    御懐石志ら玉を会場に35年間続いている法話の会「微笑会」久々にお伺いして参りました。法話の前にはお薄一服いただけるのですが前茶と言ってもきっちりと毎月季節のし…

  • 夏越の祓 紅雲庵茶話会

    土曜日に恒例の夏越しの祓をいたしました。毎年変わり映えの無いことが嬉しい行事のしつらえですね。  寄付掛 森村宣稲の禊  清流、八足台に人形(ひとがた)、一心…

  • お山の大将では

    お茶のお稽古が進んでお道具も少しは揃ってくると自分でも亭主をしてお客さまに一服差し上げてみたくなります。つまり小寄せのお茶会みたいなことがしたくなります。どな…

  • お道具始め【風炉先屏風】

    お茶をお稽古しだしたらお道具をたくさん買わなくちゃいけないとお思いの方、そういうご心配はいりません。お道具は師匠、先生が全て揃えます。稽古場で稽古するだけなら…

  • 茶の湯の四季と気象庁の四季・夏

    四季とは1年の間に移り変わる 春夏秋冬の4つの季節。茶の湯は四季折々のしつらえや道具を取り入れて物語を紡ぐ遊び、四季があってこその茶の湯だと考えるのですが、四…

  • 七夕こそ旧暦で

    五節供(節句より節供が正しいようです)⇒この字を使うよ 人日 じんじつ  一月七日上巳 じょうし   三月三日端午 たんご    五月五日七夕 しちせき   …

  • 夏の大寄せ茶会

    名古屋で夏の大寄せ茶会といえば「葉月会朝茶会」毎年お茶券が早々に完売、皆さんが楽しみになさっているお茶会です。今年は五十周年記念のお集まりで会場は御懐石志ら玉…

  • お茶会の洋服

    最近 「お茶会に洋服で伺う場合は何を着たらいいですか?」 というご質問を何度かいただきました。きものでいらっしゃるのが一番ですがそうもいかない諸々の事情があれ…

  • 花のこと

    花のこと座敷よきほどかろかろと有べし by 村田珠光そういう話じゃなくて具体的な切り花長持ちの基本を。茶花、生け花、フラワーアレンジメントすべての「花」に関わ…

  • ある日のお稽古【桑小卓】

    旧暦六月に入ろうとしています。梅雨時らしくじめじめしとしとのこの季節、お稽古場はすっきりした桑小卓でしつらえましょう。今日のお軸は「清風生八極」大徳寺高桐院義…

  • お顔拝見

    手元に大正3年出版の「愛知県紳士録」があります。某出版社にお貸ししたら、昨日お菓子をたくさんお土産にいただいて帰って来ました。明日からのお稽古のお干菓子はこの…

  • 7月28日(日)薄茶のすゝめ 

    薄茶とお菓子をいただく作法をご存じない方、忘れちゃった方、これから覚えようという方に向けた講座です。  座敷に正座して床の間のお軸や花を愛でつつ美味しいお菓子…

  • 雨安居

    雨安居とはインドでは6~10月頃、雨期となります。雨期には川が氾濫し、交通が困難になります。また、この時期は草木や虫がよく成長する時期にあたります。そこで、足…