chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
tadox34 https://blog.goo.ne.jp/tado0831

森の案内人:森林インストラクター田所清のブログです。自然観察日記を書いてブログ歴10年目です。

森閑とした空気に包まれる森の中は神秘の宝庫。そこに息づく植物や虫・きのこなどを観ながら造形の不思議を想い自然の奥深さに感嘆しています。そして、それを感ずる自分がうれしい。だから伝えたい。

tadox34
フォロー
住所
長岡市
出身
長岡市
ブログ村参加

2016/02/04

1件〜100件

  • ミヤマタムラソウ

    沼ッ原湿原の入り口でミヤマタムラソウに出会いました。夏の時期に咲くタムラソウにナツノタムラソウという種がありますが、夏場に出会うとついうっかりナツノタムラソウと思ってしまいます。しかし、ナツノタムラソウは西日本の種ですからそれに代わる東日本の種はミヤマタムラソウという種になります。この思い込みがなかなか治らない自分がいます。ミヤマタムラソウ

  • ミヤマタムラソウの花

    とにかくミヤマタムラソウの花はおしべが長い特徴がある花で毛も目立ちます。ミヤマタムラソウの花

  • ミヤマタムラソウの葉

    この個体は栄養が良いせいか葉が大き目で一般のミヤマタムラソウぽくありませんね。ミヤマタムラソウの葉

  • 岩ッ原湿原

    栃木県那須の岩原湿原に行ってきました。那須岳の南側の窪地に位置するところでこじんまりとした高層湿原が見られましたが、コロナの関係もあるのでしょうが静かなひっそりとした湿原でした。岩ッ原湿原

  • アサヒラン

    岩原湿原はかなり乾燥化が進んでいる印象で池沼部分は少なくヌマガヤなどの草本の茂る範囲も決して広くなく種々の低木が入り込んできた居ます。そんな中でも湿原部分にはアサヒランが見られました。確認したの一つの個体でしたが少し花の時期が過ぎていたようですからもう少し自生していると思います。アサヒラン

  • トキソウ

    トキソウも見られました。狭い範囲でしたが池塘が見られる場所に数株の花が咲いていました。コバイケイソウなども見られ規模は小さめですが興味深い植物がありました。トキソウ

  • ナツノハナワラビ?

    初夏、フユノハナワラビに似たハナワラビが木漏れ日の下に生育していました。シダに詳しくないので図鑑で調べて夏のハナワラビに一番近いと判断しました。ナツノハナワラビ?

  • ナツノハナワラビ?の胞子葉

    ハナワラビ特有な胞子葉を見せていますがすでに胞子は放出された後です。類似種にオオハナワラビがありますが、オオハナワラビの胞子の熟すのが秋になるということですからこれには該当しません。ナツノハナワラビ?の胞子葉

  • ナツノハナワラビ?の栄養葉

    綺麗な三角形をした葉形です。切れ込みの細かさや柄の葉いところはナツノハナワラビの特徴に一致しています。ナツノハナワラビ?の栄養葉

  • イワハタザオ

    過去にも登場してもらった種ですが、初夏のイワハタザオです。岩の隙間に細長い果実をつけて熟すのを待っている様子です。県内では分布に偏りが見られる種で大体県北の上地域、弥彦山阿賀野川ライン、糸魚川地域と3地域に個体数が多いようです。中越の三条・長岡・魚沼にはごくまれにみられる程度です。深山・亜高山性の種のような印象を持ちますが海岸に近い岩場でも生育しているところはあるようです。イワハタザオ

  • イワハタザオの実

    ハタザオの特徴は何といっても長い果実です。個体の本体に比べて実の長さは群を抜いているのではないでしょうか。アブラナ科ですから熟すと蒴果が割れて種子が飛び出してくるのでしょう。イワハタザオの実

  • イワハタザオの葉

    イワハタザオは花を紹介したものはしばしば見ますが果実の時期の様子はあまり取り上げられないようです。果実期でも葉はしっかりあります。無柄で基部は茎を抱くようについています。イワハタザオの葉

  • ミネズオウとコメバツガザクラ ①ミネズオウの夏姿

    西吾妻山系の人形石にミネズオウとコメバツガザクラが並んで生育していました。夏の時期の姿です。一見同じように見えてしまいます。しかし、しっかり観察するとその違いが分ってきます。両者を比較してみましょう。ミネズオウとコメバツガザクラ①ミネズオウの夏姿

  • ミネズオウとコメバツガザクラ ②ミネズオウの実

    ミネズオウの実です。蒴果でこの時期は赤い色をしています。ツツジ科のミネズオウ属。花は赤みをお帯びた白で小さな星のような形をしています。ミネズオウとコメバツガザクラ②ミネズオウの実

  • ミネズオウとコメバツガザクラ ③コメバツガザクラ

    葉は幾分太めで葉脈が筋のように中央を現れます。ミネズオウとコメバツガザクラ③コメバツガザクラ

  • ミネズオウとコメバツガザクラ ④コメバツガザクラの実

    これも蒴果ですがこの時期は色は薄い黄いろ色をしています。ツツジ科のコメバツガザクラ属。花は白いつぼ型の花をしています。ミネズオウとコメバツガザクラ④コメバツガザクラの実

  • グンナイフウロ

    志賀高原の信州大教育園脇にグンナイフウロが見られました。もともとの自生か教育園に植栽したものが逸失したものか不明ですが、この種はこの地域に自生していても不思議はないと思います。しかし、かなり稀な種ですからとても興味を持ちました。グンナイフウロ

  • グンナイフウロの花

    花の色を含めいろいろ変異のある種です。花はほとんど下向きに咲きますから写真にとりにくい花です。グンナイフウロの花

  • オニノヤガラ

    今年目撃するの初めてのオニノヤガラです。信州大の教育園の片隅に発生していましたが、あいにく出始めたばかりの株で花をしっかり見ることができません。見たくてもなかなか見れないものですから少し残念です。オニノヤガラ

  • ハクサンシャクナゲ

    亜高山以上にいけばハクサンシャクナゲには普通に出会えます。志賀高原でも1500m前後の高原ですがところどころに見られました。ハクサンシャクナゲ

  • 有毛のハクサンシャクナゲの葉裏

    今回気づいてことがあります。ハクサンしゃくナゲには葉裏が無毛か有毛のタイプがあり産地によって異なっているということ。志賀高原の個体はアズマシャクナゲに似て有毛の個体でした。有毛のハクサンシャクナゲの葉裏

  • ケナシハクサンシャクナゲ

    志賀高原の後日を置かず山形の西吾妻山の一角天元台高原上の人形石というところに行きました。そこで見たハクサンシャクナゲは葉裏には毛がありません。この山域にはケナシハクサンシャクナゲが自生しています。またこの地域には植物学者の根本莞爾(ねもとかんじ)に由来するハクサンシャクナゲの八重咲種のネモトシャクナゲが見られる可能性があるのですが、今回は出会えませんでした。ケナシハクサンシャクナゲ

  • オオヤマレンゲの花

    長年見たいみたいと思いようやくかなったオオヤマレンゲの野生の花です。場所は志賀高原。志賀高原には分布していることは以前から分かっていましたが、開花のタイミングが合わず花を見ることが叶わず今まで過ごしてきました。それがようやく叶ったわけですから感慨ひとしおです。感動的な出会いでしたが、この株はようやく開花してきたという状態でしべの様子が分かりませんでした。オオヤマレンゲの花

  • オオヤマレンゲの開花し始めた花

    やや薄暗い森の中に純白な花はとても神秘的です。オオヤマレンゲの開花し始めた花

  • オオヤマレンゲのしべの色

    少し離れた場所には開花が進んだ個体もありしべの様子も観察できました。実は庭に植栽されているほとんどのオオヤマレンゲは大陸系のオオバオオヤマレンゲという種で座来のオオヤマレンゲとは異なります。もっとも大きな特徴は、おしべの色が赤紫色であれば外来のオオバオオヤマレンゲです。在来のオオヤマレンゲは色の薄い黄褐色をしています。(この花はやや傷んできましたからかなり褐色がかっています)オオヤマレンゲのしべの色

  • オオヤマレンゲの葉

    オオヤマレンゲの分布は谷川岳以西の亜高山地域に点在して生育する稀な低木です。自生する各県では絶滅危惧種に指定されているものです。大陸系のオオバオオヤマレンゲを庭木として楽しむのは良いとしても、自然公園に近い場所に在来のオオヤマレンゲと勘違いしているのでしょうが結構植栽されているのを見ます。白馬の岩岳のねずこの森や姫川源流公園などに植栽されているのはオオバオオヤマレンゲだと思いますがいかがなものでしょうか。オオヤマレンゲの葉

  • ウリカワ

    公園の沼地にはかつての水田雑草として名高いウリカワが花を見せていました。いまではなかなかお目にかかれない存在になってしまいました。山間の農薬を使わないような湿地環境にいけばそれなりに個体数はあるものとは思いますが平地ではほぼ消えてしまっています。ウリカワ

  • ウリカワの花

    オモダカと同属ですからよく似ています。また、花だけみているうちはトチカガミにも似ています。ウリカワの花

  • ウリカワの葉

    葉はヘラ型でオモダカのように基部が矢じり型にはなりません。ウリカワの葉

  • 三葉松

    家の近くに夢の森という公園がありますが、そこに三葉松があるというので確認してきました。園路を整備するために斜面を切り開いた場所に自然に発生したアカマツの実生個体と一緒になって生育していました。確かに三葉松です。いわゆる外来のテーダマツとかリギダマツの三葉松は自生種ではないため植栽しない限り存在しませんが、この環境はどう考えても自生と見るべきです。三葉松

  • 三葉松の雌花

    葉が三枚というのが大きな違いですが、その他はアカマツと酷似しています。三葉松の雌花

  • 三葉松の若い球果

    調べているうちにアカマツにも時として3葉になることがあるということが分かりました。一つの個体の中に混在するケースや独立した個体で三葉になっているケースがあり後者はミツバアカマツなどと呼ばれることもあるのだとか。三葉松の若い球果

  • 三葉松の樹

    樹高5~6ⅿ位の周囲と同じくらいの樹高で同じ時期に発芽成長したものと思えます。一つの変異として三葉のアカマツが芽生えたものと考えています。三葉松の樹

  • マダイオウ

    地味な花ですがあまり見かけないマダイオウです。タデ科の多年草で山野の水辺に見られる種だそうです。ここは長野県の白馬村にある姫川源流公園の一角ですが、新潟県内ではお目にかかったことがありません。本州中部以南に見られるそうですが自生している各県ではかなり個体数が少なそうで絶滅危惧種に指定されているところも多いようです。新潟県内でも絶滅危惧Ⅱ類になっています。マダイオウ

  • マダイオウの花

    ギシギシの仲間で見栄えのする花ではありません。木道から遠く間近で観れませんでした。マダイオウの花

  • マダイオウの葉

    自生している場所はやや群生していましたから大きな葉が埋め尽くしている景観には圧倒されます。スイバやギシギシの仲間にこんな大きな葉を持つ種もあるのかと興味新進です。マダイオウの葉

  • アオヤギソウ

    アオヤギソウの仲間は生育する環境でさまざまに変化する種と言われ分類的にしっかり区別することが難しいグループと言われます。昨年尾瀬で観たアオヤギソウとは弥彦山のアオヤギソウでは印象がかなり異なります。林下でもあることからざっくり言ってスリムで花数が少ない印象です。アオヤギソウ

  • アオヤギソウの花

    一つ一つの花を見ればどこの個体もアオヤギソウでまとまるようです。亜高山以下の林下にある緑色をした花を持つものは草丈が高い低いを考えずみんなアオヤギソウにしています。アオヤギソウの花

  • アオヤギソウの葉

    根際に見られる葉は幅広で非常に特徴的です。アオヤギソウの葉

  • アズマガヤ

    弥彦山塊は貴重種や分布的にも珍しい植物がたくさん見られる場所で特別な印象を持っています。過去にいろいろな人が調査し立派な報告書を作られています。アズマガヤも珍しい植物で県北から糸魚川の海岸にそってポツンポツンと阿賀野川の福島県境付近と粟島に記録されています。それが田ノ浦登山道の沢筋に少数の個体が見られましたから記録しておきたいと思います。アズマガヤ

  • アズマガヤの穂状花序

    穂を見る限りではカモジグサに似ています。アズマガヤの「アズマ」は福島の吾妻山に由来するのだそうです。アズマガヤの穂状花序

  • アズマガヤの葉

    葉はイネ科の草本にしては幅広なのが特徴です。アズマガヤの葉

  • ナニワズ

    ナニワズは夏坊主とも言いますからそろそろ葉を落として休眠する時期です。そんな中赤い実をつけている株がありました。緑色の斜面に1株ながらとても目立つ存在でした。ナニワズ

  • ナニワズの液果

    果実は見る限りではとてもきれいです。アイヌがこの皮の煮汁を毒矢に使ったとか。以前ちょっと舐めた経験があり少し甘みがあったような気がしますが問題のある植物のようですから口にしない方がよさそうです。ただ、庭植えしたナニワズの実は鳥にすぐに見つかって実を楽しむことができないという話を知人がしていました。ナニワズの液果

  • オオバノイノモトソウ

    シダ類については詳しくないのですが、新潟県内に見られるイノモトソウはオオバノイノモトソウという種になるようです。県内では分布が面白い種として扱われるようです。阿賀野川沿い・弥彦山塊・佐渡・県北の一部・糸魚川の一部というスタイルで中越や妙高・魚沼方面には見られない種です。オオバノイノモトソウ

  • オオバノイノモトソウの裏面

    胞子のうは葉の縁にできます。イノモトソウとい近縁種がいるのですが中軸に翼が出るそうです。翼のない種でしたからオオバノイノモトソウと考えています。オオバノイノモトソウの裏面

  • ヤマムグラ

    なんとなく久しぶりな小さな野草で名前もすぐには思い出せない状態です。ヤマムグラというアカネ科の多年草です。花はすでに終わっていて小さな果実が付いていました。ヤマムグラ

  • ヤマムグラの果実

    果実は2つに分かれているいわゆる分果です。1mmもないくらいの球形をしていて表面に細かな毛があるようです。花は白く花序は茎頂に散形状に付きます。ヤマムグラの果実

  • ヤマムグラの葉

    葉は細く4輪生しています。比較的水はけのよい林内に見られる種で新潟県内でも浅めの山の林床に自生しているとされています。決して多い種ではありません。ヤマムグラの葉

  • エビズルの葉

    県内では低山帯の林縁に見られるブドウ科のつる植物です。野生のブドウの一つで甘酸っぱく一応口にすることができる果実です。新潟でみられるタイプの葉です。やや厚みがあり光沢も感じます。エビズルの葉

  • エビズルの花序

    エビヅルの花という意識でカメラに収めましたがよく調べてみると花が終わった直後の様子のようです。花序には雄花序と両性花を持つ花序があるそうです。両性花がある花序は小型ですからこの花序は雄花序でしょう。エビズルの花序

  • エビズルの花

    いくつかの写真の中で開花している様子を捕らえたものがありました。おしべが展開している様子が見られます。花弁は開花と同時に脱落するそうです。花序は小さいものですから両性花を持つ花序だと思いますがめしべがはっきりした画像がありません。エビズルの花

  • カスミザクラの果実

    カスミザクラがかわいい実を持っていました。サクランボのようですがエグ味があり美味しくありません。花柄がありますからヤマザクラ系の種です。カスミザクラの果実

  • カスミザクラの葉

    サクラ類の葉は皆似たような感じですから覚えるのに苦労します。ヤマザクラに比べ丸みが強く鋸歯もはっきりしています。カスミザクラの葉

  • シラキ

    以前も取り上げていますがシラキです。弥彦山塊はシラキが生育する数少ないエリアです。花の時期に行くのが初めてでしたからドンピシャのタイミングです。ただ樹が大きいので首尾よく花をカメラに収めることがなかなか難しい。シラキ

  • シラキの花

    傾斜地でしたから都合の良い位置で花を見ることができました。シラキはトウダイグサ科の亜高木で雌雄同株かつ雌雄異花です。花弁がない花ですからこれが花?という代物です。基部の3つの丸いものが雌花で柱頭が3裂しています。尾状のものが雄花です。雌花を伴っていない雄花も多くあり受粉後三角状球形の果実を結びます。シラキの花

  • ノハラナデシコ

    帰化植物です。ヨーロッパ原産の1年草だそうです。田ノ浦登山道の駐車スペース脇に見られました。公園などに植栽されたのか勝手に生えてきたのか分かりませんが可愛い花を見たことはありました。その時は園芸種という感覚で眺めていましたが、深山とは言えないまでも人里近いというほどでもない場所ですから意表を突かれた感じです。ノハラナデシコ

  • ノハラナデシコの花

    こういう環境は在来種でいうとノハラナデシコが居つくような場所に近いのですがカワラナデシコは見当たりません。花はカワラナデシコに比べると小さく控えめですが可愛い花です。ノハラナデシコの花

  • ノハラナデシコの葉

    地際の茎や葉を記録しておきます。対生する葉はナデシコの仲間というのがよくわかります。前述したとおり野生状態のノハラナデシコを見るのは初めてですから県内にはそれほど多くは生育していないかもしれませんが、少し奥まったところに出現していますから種子が靴底などにくっついて入ってきているのでしょうか?人が動き回るということは生態系に大きな影響を与えるものだということがつくづく分かります。ノハラナデシコの葉

  • ヤブヘビイチゴ

    弥彦山の海側の田ノ浦という場所から登山道が伸びています。6月下旬のという時期に散策したことがありませんから途中までぶらぶら歩くことにしました。例年なら雨模様になる確率が高いのですが、今年は梅雨が早くに開けムッとするような天候でした。こんな時期にはさすがに山登りをする人はいません。鳥の鳴き声を聞きながらの静かな散策でした。歩き始めてすぐに目に付いたのが赤い実をつけているヤブヘビイチゴです。毒ではありませんが美味しいものでもなく写真を撮るだけにとどめます。浅い山や田畑の周辺に普通に見られる野草です。ヤブヘビイチゴ

  • ヤブヘビイチゴの漿果(しょうか)

    見るからに美味しそうなのですがヘビイチゴ同様ほとんど味はしません。ジュウしいでもなく食べる価値はありません。見て楽しむ果実です。ヤブヘビイチゴはヘビイチゴに比べ一回り大きく果実に光沢を感じます。ヤブヘビイチゴの漿果(しょうか)

  • ヤブヘビイチゴの葉

    葉は3小葉で長楕円形です。ヘビイチゴは小さくほぼ円形の小葉をしています。葉の色も黄緑色をしたヘビイチゴに比べ緑色が濃いのがヤブヘビイチゴです。ヤブヘビイチゴの葉

  • ノビルのむかご

    ノビルはヒガンバナ科のネギ属の野草です。全国の道端などに見られる多年草です。ノビルの先端に丸い粒粒がかたまっていまsた。これは種子ではなくむかごです。これが地面に落ちると発芽して新たな個体になるわけですが中にはこの茎に着いたまま発芽しているのを見ることがあるそうです。ノビルのむかご

  • ノビルの花

    ノビルは野生の「ネギ」といっても良いのですが茎の断面が陵がありざっくり三角形です。よく混同されるアサツキは円形の断面で区別は簡単です。ところで、花がむかごの間から延びて出ているという面白い性質があります。花序が有性生殖と無性生殖を一緒にしているということになるのでしょうか。不思議な性質です。ちなみに花は結実して種子を作ることはほとんどないのだとか。ノビルの花

  • ケナシハクサンシャクナゲ

    これは山形県の西吾妻山の一角天元台高原の上の人形石に登った時に見たハクサンシャクナゲです。この山域は葉裏には毛がないタイプの種が自生していました。また、この地域には八重咲のハクサンシャクナゲが自生しているの可能性があるのですが今回はそれを確認できませんでした。植物学者の根本莞爾(ねもとかんじ)にちなんでネモトシャクナゲという名前が付けられています。ケナシハクサンシャクナゲ

  • ハマヒルガオの実

    砂浜にハマヒルガオが自生しています。花が見られませんでしたが若い果実が砂地に転がっています。葉があるからハマヒルガオと分かりますが、時に近くに葉がなく果実だけが砂地から出ているのに出会うと何だろうと考え込んでしまいます。ハマヒルガオの実

  • 果実期のハマハタザオ

    見事な果実を蓄えたハマハタザオがありました。海岸の岩場が崩れてちょうど鞍部になっているところに生育しています。この仲間はあまり他の種と混在しているところは好まず他種の被圧が少ない場所に見られます。果実期のハマハタザオ

  • ハマハタザオの果実

    菜種のような果実を垂直に何本も立てている様子が特徴的です。ハマハタザオの果実

  • ハマハタザオの葉

    ハマハタザオは縦にとても長い植物です。葉はあまり長くなく草丈に比べバランスが悪いくらいです。ハマハタザオは結構毛が多い種で茎や葉には細かな毛が見られます。ハマハタザオの葉

  • ツボクサ

    バシクルモンは珍しい植物ですが新潟県内ではツボクサもなかなか珍しい植物です。分布は弥彦海岸以南の海沿いと佐渡の一部の海岸に数ケ所記録されているだけです。バシクルモンを探しに行く途中に小さな群落を見つけました。ツボクサ

  • ツボクサの葉

    セリ科の多年草で花は何とも地味なものらしいのですがこの時は確認できませんでした。葉はチドメグサのおおきなものようなカキドウシにも似た葉ですが少し硬い鋸歯がはっきりしている葉です。ツボクサの葉

  • ツボクサの葉裏

    ツボクサは新潟県内では珍しいものですが、南の国では栽培も盛んで世界的に有用な種のようです。特に薬草として注目され活用されているようです。大々的に栽培している国もあるとか。ツボクサの葉裏

  • ハマボウフウの群落

    海岸砂浜にハマボウフウの群落がみられました。群落内を見ていると花の開花結実していく様々な段階が見られて興味深いものがありました。一応早い順に並べてみました。ハマボウフウの群落

  • ハマボウフウの花序 ①

    花序が展開しまだ一つ一つの花は開花していないようですハマボウフウの花序①

  • ハマボウフウの花序 ③

    結実してまだ早い状態。ハマボウフウの花序③

  • ハマボウフウの花序 ④

    結実し少し経った状態。ハマボウフウの花序④

  • ハマボウフウの花序 ⑤

    かなり成熟してきた段階。これ先は秋が深まるにつれて褐色になり各果実がバラバラになっていきます。ハマボウフウの花序⑤

  • ケハギ

    弥彦山の日本海側のエリアを散策したのですが、ケハギが花をつけていました。秋の七草と言われながら6月の下旬に花を咲かせているのですから妙な気分です。ざっくり言いて太平洋側の種がヤマハギで日本海側の種をケハギと言われます。茎などに毛が見られるためですが、細かなことを気にされる方は毛のあり方も茎に伏せているか開出しているかで区別するのだそうです。ケハギ

  • ケハギの花

    比較していないので正直よくわからないのですがケハギの花の方がヤマハギよりは大きくて見栄えがするのだそうです。花は5月から咲くこともあるのでサミダレハギなどということもあるとか。よく見ると花の後ろにある茎に毛があることが分かります。ケハギの花

  • トチノキ

    鬼怒川沿いの散策路、ほぼ手付かずの森が続いています。林床は比較的疎で見通しが良いのですがあいにくの雨でやや薄暗く夕刻に似た雰囲気です。そんな中トチノキが花をつけている株がありました。色彩が少ない中ですからどこかホッとするような面持ちになります。トチノキ

  • トチノキの花

    時々見かけるトチノキの花、おしべめしべは分かるものの全体にどういう形をしているのかが何度見ても分かりにくい花です。花弁やがくは大きさが不揃いで全体に花が歪んでいるのが原因です。花弁は4、がくは5こなのだそうです。トチノキの花

  • トチノキの葉

    トチノキは今はムクロジ科になっていてトチノキ属の種です。日本ではこの一種しかない高木です。クリのような大きな種子を作ることはよく知られていますが、渋味がありそのままでは食べれません。以前リスも食わないというような話を聞いたことがあるのですが、最近リスは食べるという人もいて果たしてどっちなのでしょうか?以前は、リスも食わないような実を人は何とか食べるようになったという食に対するすさまじい執念を感じて感激していたのですが・・。トチノキの葉

  • ナンゴクミネカエデ

    ミネカエデやコミネカエデに似ているところもありますが葉の幅や裂片の先の尖り方が微妙に違っています。ナンゴクミネカエデは名前から西日本に自生しているものと考えられた時もあったようですが今は東北地方以南に自生するものという認識です。鬼怒川沿いの散策道に雨に濡れながら観やすい位置に適当な株がありました。ナンゴクミネカエデ

  • ナンゴクミネカエデのつぼみ

    小さな株でしたから花芽は多くないようです。6月の上旬ですが総状の花序に小さなつぼみをつけていました。雌雄異株の種です、この花序は雄花でしょうか。ナンゴクミネカエデのつぼみ

  • ナンゴクミネカエデの葉

    ミネカエデに比べ葉の尖り方が明らかに異なります。また、コミネカエデにしては葉の幅が広いようです。ナンゴクミネカエデの葉

  • オオバメギ

    鬼怒川沿いのやや崖になった縁にメギの仲間が見られました。調べてオオバメギと判明しましたが、今まで出会ったことがない種ですから少し興奮しました。メギに似ているのですが葉が大きく棘は少なめです。関東以西の山地に自生しているようでミヤマメギともいうそうです。新潟県内には糸魚川の黒姫山で記録されています。オオバメギ

  • オオバメギの若い果実

    すでに花は終わった後のようで探しても見つかりませんが、花後の若い実がありました。資料によるとこの先の膨らみがそのまま大きくなり細長い赤い実になって熟すようです。オオバメギの若い果実

  • オオバメギの葉

    葉は倒楕円形で葉の周囲は鋭い鋸歯が見られます。オオバメギの葉

  • ヒロハコンロンソウ

    もう一種アブラナ科の種を取り上げます。何度か取り上げたことがありますが再びの登場です。深山の湿った場所に見られる多年草です。奥鬼怒には自生はあるものの目立った群落は見当たりませんでした。細々と生きているという感じです。ヒロハコンロンソウ

  • ヒロハコンロンソウの花

    コンロンソウという種もあるのですが花茎に毛があるかないかで区別できるようです。この個体には毛が認められません。ヒロハコンロンソウになります。ヒロハコンロンソウの花

  • ヒロハコンロンソウの葉

    コンロンソウの葉の先端は鋭く長く尖ります。ヒロハコンロンソウは鈍く尖っているというイメージです。ヒロハコンロンソウの葉

  • ジャニンジン

    鬼怒川沿いのうす暗い林床に生育するジャニンジンです。同じ場所にサワギクも見られましたから当初は混同してみていましたがどうもおかしい。これはアブラナ科の種でキク科の特徴は見られません。ジャニンジンは県内の浅い山にもみられるのだそうです。それも阿賀野川沿いに多く自生しているようです。ジャニンジン

  • ジャニンジンの花

    雨に濡れているため十分開いていませんがタネツケバナに似た花が付きます。小さな実もできています。ジャニンジンの花

  • ジャニンジンの実

    少し大株の実をたくさんつけた個体の様子です。細長いアブラナ科特有の長細い実をたくさんつけています。ジャニンジンの実

  • ジャニンジンの葉

    上部の葉はやや細めで基部の葉は幅広になります。小さな毛があるある可能性もありますが毛のないように見えます。ジャニンジンの葉

  • ヤマクワガタ

    本州中部の深山の渓流沿いなどの湿った環境に見られるオオバコ科の多年草です。日本海側には見られない種のようで新潟県内では記憶がありません。とはいえ尾瀬地域には自生するという話ですから、県内の県境の深山には自生している可能性もあります。鬼怒川沿いの森は鬱蒼としていて林床の植物相は貧弱です。ササ類もそれほど目立たないので大木が林立するものの林間はかなり見通しが利きました。ヤマクワガタ

  • ヤマクワガタのつぼみ

    もう花があっても良い季節のはずですが今年は季節の進みが遅いようで、やっとこの程度のつぼみが見つかりました。がく片が4裂しているのが分かります。花冠は4裂し上部の花弁には紫色の筋が走りおしべは2本という花を咲かせます。ヤマクワガタのつぼみ

  • ヤマクワガタの葉

    雨に濡れているのですが葉の表面や茎には毛が多くあるのが分かります。ヤマクワガタの葉

  • ヒロハテンナンショウ

    見慣れたヒロハテンナンショウがありました。個体数は多くないのですが深い森の中にところどころ見られました。ヒロハテンナンショウ

  • ユモトマムシグサ

    ところが妙な個体に遭遇しました。なんとなくヒョロヒョロで葉が5枚。一見ヒロハテンナンショウと思ってしまいましたが葉に鋸歯が明瞭にあります。こんなテンナンショウは初めてですから当然持ち帰りの宿題になりました。調べてユモトマムシグサと言われるものであると判明。ユモトマムシグサ

ブログリーダー」を活用して、tadox34さんをフォローしませんか?

ハンドル名
tadox34さん
ブログタイトル
tadox34
フォロー
tadox34

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用