chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
日曜の恋衣 https://timomapleleef.muragon.com/

青春期にあった恋愛のお話し 恋愛小説のブログです。

森の近くに住むお花の子猫 楽しいこと幸せなことを日々 見つけて素早く今を生き抜く ブログ

timochan
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2015/11/01

1件〜100件

  • 日曜日の恋衣  完結

    この物語は近所のねこを見ながら 考えていました。白いねこと黒いねこ が楽しそうにいつも帰宅するといましたので(笑) 実在する人物こそいませんが、恋愛して会話の断片や 出逢えた人のかけらを集めてみました。これでいろんな 想いを浄化できたと思っています。 有難う、 そしてさよな...

  • 日曜日の恋衣 5-4

    僕のことを少し話そうと思う。両親は生粋の 日本人で父は神奈川県の鎌倉生まれで母は東京生まれだ、。 二人は横浜にある国立大学で出会い結婚した。父は商社 の渉外部署部門でほぼ海外で生活する仕事人生を送った。 僕には兄がいて、山の手の大手弁護士事務所で勤務して いる。頼もしい兄だ...

  • 日曜日の恋衣 5-3

    博己が生まれて君にはとても感謝しきれなかった。 そんなに強くもない体で必死についてきてくれたんだ。 君の作るものはなんでも美味しかったし、仕事も 人生も充実していた。君と博己のことを考えて 渉外から本社に願いを出したのも後悔はしてはいなかった が。。。僕にはやはり世界を飛び...

  • 日曜日の恋衣 5-2

    僕とtiねこは、よくある合コンのような サークルのような曖昧な処で出逢った。 出逢ったというわけでなく、僕が君を見つけたのだ。。 片隅に座っている君は、そこだけがほわっと明るくて ほっと出来たんだ。一目で君を意識して、連絡先を 強引に友達から聞き出したんだ。 いきなり連絡し...

  • 日曜日の恋衣 5-1 ~僕が君に出来ること~

    こんなにきれいな空は何年ぶりだろう。。 紫色の筋が雲の水平線にくっきりと見えている。 今頃、あの二人きっと。僕といるより君はきっと あいつと居たいんだろうな。 でも、それでもいいさ。 技術部門では、今後海外へそして世界に通用する そういう日本の技術が重要だ。昔から海外渉外に...

  • 日曜日の恋衣 4-4 

    「syu再婚したらしいぞ。。」 航先輩が頬を紅潮させてそう話し出した。 翌年の春過ぎのことだった。 「モデルみたいな美女らしい。」 「じゃあ、博己はどうなるんでしょう。」 「それは僕たちの問題だから、あいつには関係ない。」 と静かに見つめている。 「君には君にしかない良さが...

  • 日曜日の恋衣 4-3

    それからは航さん。。航先輩の方が馴染んでいるので 航先輩でいいかもしれない。。 どんどん航先輩が好きになっていった。最初は 一緒に生活すること、特に博己と生まれてくる子供 がいる中では大変だった、。それでも先輩は、深く そして静かに判断した結果に満足していたし、何より ti...

  • 日曜日の恋衣 4-2

    無事に出産するころには、日野市の実家も 落ち着きを取り戻していた。親戚も関東一円 にはいたのだが、事情が事情なので再婚したと だけ、母は説明することにしたらしかった。 「幸野さん、苦労していていい人じゃない。」 「博己も分け隔てなく自分の子供にするなんて 出来ることじゃない...

  • 日曜日の恋衣 4-1 ~もう一つの恋衣~

    その日、日野市のtiねこの実家は 大荒れ模様だった。母は困惑し、父は激怒した。 「じゃあ、知っていたんだね。」と父は母に 強い口調で攻めた。 「きちんとしてから嫁がせないとこんなことに なるのね。。」母も後悔の色を隠せない。 「syu君はアメリカだろう、博己はどうするんだ、...

  • 日曜日の恋衣 3-9

    ある昼下がりのことだ。その日は学会で 夕方から地方へ行くことになっていた。 久しぶりに自由な時間が数時間 取れたのだ。 近くのカフェでも食事に行くか。と行き つけのカフェの戸を開けた。 少し間を開けて席のある空間は 一人の女性と僕のために予約されているかの ようだった。ti...

ブログリーダー」を活用して、timochanさんをフォローしませんか?

ハンドル名
timochanさん
ブログタイトル
日曜の恋衣
フォロー
日曜の恋衣

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用