searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

nakashimaさんのプロフィール

住所
熊本県
出身
熊本県

自由文未設定

ブログタイトル
中島の九州ブログ
ブログURL
https://nakashimakyushu.blog.jp/
ブログ紹介文
九州内の名所や観光地、行事などなどを紹介したブログです。
ブログ村参加
2015/09/26
本日のランキング(IN)
フォロー

nakashimaさんの新着記事

1件〜100件

  • 西の太宰府 舞鴫文珠堂と峠の岩清水

    熊本県宇城市小川町東海東に舞鴫文珠堂(もうしぎ もんじゅどう)というところがあります。文珠菩薩を本尊に生目八幡、阿弥陀如来、秋葉明神、の4神仏を合祀する神仏習合の仏堂で創建は1593年(文禄2年)「三人寄れば文殊の知恵」ということわざもあるように文殊菩薩は知恵と弁

  • 山崎菅原神社

    熊本市中央区の熊本市民会館のすぐ近くに小さな神社があります山崎菅原神社です。学問の神様として知られる菅原道眞公をお祀りする神社で延久2年(1070年)に菊池一族の初代である菊池肥後守則隆公により創建されたと言われています。昭和の少女漫画風のイラストのある手水舎で

  • 熊本市南区天明地区へ

    熊本市南区の天明地区へと行ってみました奥古閑町の国道501号線沿いの田んぼでは「てんめい案山子まつり」が行われています。これは地元天明の地域おこしをテーマに天明南園会(熊本農高同窓会)の皆さんにより開催されているもので今年のテーマはコロナ退散祈願コロナ退散を願

  • 佐賀虎神社(八雲八幡社)

    佐賀市高木瀬町の住宅地の中に小さな神社があります。特に鳥居や神社特有の拝殿らしき建物などもなくここが神社かと思われるようなところですがこの場所こそ、知る人ぞ知る佐賀虎神社(八雲八幡社)です。八雲八幡社と彫られた石碑の周りには虎のご神体があります。迫力のある

  • 桜町・花畑地区周辺へ

    2021年11月から供用開始された熊本市の花畑広場周辺へ行ってみました。これは熊本市が桜町、花畑地区再開発事業として整備したもので花畑公園、シンボルプロムナード、旧花畑広場、辛島公園で構成された合わせて約15000㎡にも及ぶオープンスペースです。サクラマチクマモトを

  • 九州佐賀国際空港

    久しぶりに佐賀市川副町にある九州佐賀国際空港に行ってみました。駐車場側から見た九州佐賀国際空港の建物です何だか立派なネーミングですが、訪れた時は新型コロナウィルスの影響で国際便はすべて運休中でした。通常は中国や台湾、韓国とを結ぶ外国のLCC航空の便が運行され

  • 蓮華院誕生寺 本院

    熊本県玉名市にある蓮華院誕生寺本院です。蓮華院誕生寺と言えば、小岱山中腹にある世界一の大梵鐘がある「奥之院」が有名ですが今回の玉名市築地の市街地にある「本院」もなかなか見どころある寺だと思います。玉名市岱明町野口の県道347号線(旧208号線)沿いの道路から駐車

  • 熊本城特別公開(第3段)天守閣内部公開

    平成28年の熊本地震で復旧工事中だった熊本城天守閣が内部公開されたので行ってみました本来は今年4月の予定でしたが、新型コロナウィルスの影響で延期になり6月から公開になりました。しかしながら途中コロナの感染具合でまた中止になったりしたため11月になってようやく行

  • 熊本県庁前の銀杏

    熊本市中央区の熊本県庁前はこの時期銀杏の名所としても知られています。東側から見た地上13階建て熊本県庁舎の本館です。銀杏並木があるのは正面のプロムナード肥後五十四万石に因んで54本の銀杏の木が植えられており熊本地震からの復興プロジェクトの一環して地元出身尾田

  • かしいかえんシルバニアガーデン

    福岡市東区にある「かしいかえんシルバニアガーデン」へ行ってみました。「かしいかえん」は1956年(昭和31年)に「香椎花園」として開園し2009年(平成21年)には「かしいかえんシルバニアガーデン」に改称してリニューアルし営業を続けていましたが、このほど運営する西日本鉄

  • 海の紅葉シチメンソウと佐賀空港線沿いのコスモス

    佐賀市東与賀町の海岸ではこの時期海に咲く紅葉シチメンソウが見られます。シチメンソウは、高さ20〜40cmのアカザ科の一年草で満潮時に潮をかぶり、干潮時には干潟になる環境で生育する珍しい塩生植物です。葉は細長い棒状に枝分かれして伸びた独特の形をしておりまるで山の

  • 阿蘇ミルクファクトリーはな阿蘇美ローズガーデン

    熊本県阿蘇市小里にある「はな阿蘇美」のバラ園に行ってみました。はな阿蘇美は2021年10月から阿蘇ミルクファクトリーとしてリニューアルオープンしています。バラのアーチのトンネルを抜け西日本最大級のガラス張りのバラ園の温室の中には750種、約4000株の様々なバラが咲い

  • くまモンポート八代

    熊本県八代市港町の八代港にあるくまモンポート八代です。2020年3月に完成したくまモンポート八代は主にクルーズ船の乗客を対象に熊本県のキャラクターで外国人などにも人気のあるくまモンでもてなそうと造られた施設で施設内のいたる所でくまモン像が訪れる人を歓迎してくれ

  • 俵山交流館萌の里のコスモスとミステリーサークル

    熊本県阿蘇郡西原村の俵山交流館萌の里のコスモスが見頃だというので出かけてみました。訪れた10月16日(土)は曇りで時々陽が差す状態でしたが開花具合はまずまずといったところでしょうかコスモス畑の先の山側は造成中でくまモンと阿蘇の写真入りのフェンスが建てられていま

  • 海の中道海浜公園のコスモス

    今年で開園40周年を迎えた福岡市東区の海の中道海浜公園へと行ってみました。この時期のお目当てはやはりコスモスでしょう大きな塔がある西口から入りここから左側の大芝生広場方面へと向かいます。途中の虹の池周辺にはコキアが赤く染まっています。西アジア、中央アジア原

  • うきうき豊野ひまわり園

    熊本県宇城市の「うきうき豊野ひまわり園」へ行ってみました。場所は豊野町糸石の相良神社の近く神社前に臨時の駐車場が設けられておりそこから100mほど歩くとひまわり園です。地元の皆さんが約6千㎡の休耕田を利用し熊本地震の復興を目的に始まったこの事業も今年で5回目今

  • 菊池市伊坂区彼岸花の里

    9月23日(木)秋分の日、菊池市旭志の伊坂地区へ彼岸花を見に行ってきました。この地区の彼岸花は平成3年に菊池市の竜門ダム建設にあたり「彼岸花の里づくり事業」として水没予定の地区にあった彼岸花を伊坂区の住民の方々がこの場所に移植されたものです。一帯は菊池市の菊池

  • 大見石畳公園

    久しぶりに宇城市不知火町の大見石畳公園へと行ってみました。国道266号線沿いの大見バス停から約1,5kmほど入ると案内板があり、ここに車を駐車します。木に囲まれた林の中の遊歩道約150mほどを上ります。小さな橋を渡ると視界が広がり広い石畳が見えてきました。大見川上流

  • 有明成田山大勝寺

    熊本県荒尾市下井手にある「有明成田山大勝寺」です。千葉県成田市の「成田山新勝寺」を本山とする寺院で不動明王をご本尊としています。開創は昭和47年(1972年) 寺号「大勝寺」を賜り、通称「有明成田山」厄年厄払い、交通安全、災難魔除けなど、成就祈願のお寺として知られ

  • 加藤清正公を祀る加藤神社

    熊本市中央区本丸、熊本城のお膝元にある加藤神社は文字通り加藤清正公を主祭神とする神社です。正面の鳥居右側の狛犬の所からは熊本城天守閣と石垣が美しい宇土櫓を見ることができます。コロナ対策がされている手水舎です。拝殿拝殿の横には文禄の役記念清正公の旗立石があ

  • 八景水谷公園

    熊本市北区八景水谷にある八景水谷公園(はけのみやこうえん)へ行ってみました。八景水谷公園は、第5代肥後藩主細川綱利(ほそかわつなとし)によって開かれた公園で豊富な湧水量を誇る八景水谷水源は熊本市の上水道の水源としても利用されています。ちなみに八景水谷とは細川綱

  • くまもとアートポリス建築物 玉名展望館

    熊本県玉名市の桃田運動公園の丘の上になにやら不思議な建物があります。くまもとアートポリス事業のひとつでもある「玉名展望館」です。くまもとアートポリス(Kumamoto Artpolis,略称:KAP)とは、建築や都市計画を通して文化の向上を図ろうというコンセプトのもと実施さ

  • 阿蘇のパワースポット 上色見熊野座神社

    前回の高森殿の杉に続いて、今回は高森町のもうひとつのパワースポットでもある上色見熊野座神社(かみしきみくまのいますじんじゃ)です。高森町の中心部から国道265号線を阿蘇市方面に向かい高森田楽保存会と色見郵便局を過ぎると左手に駐車場があります。国道前の石段から石

  • 阿蘇のパワースポット 高森殿の杉

    数年ぶりに熊本県阿蘇郡高森町にある高森殿の杉(たかもりどんのすぎ)へ行ってきました。高森町の国道265号線の村山交差点付近から狭い山道を上って行き第一駐車場に車を止めて、この柵の横からしばらく行くと原野の森の中にひときわ大きな杉が現れます。町の天然記念物にも指

  • 南阿蘇の不思議な世界 清水滝

    熊本県南阿蘇村の静かな山間にある清水滝です。苔むした岩肌に水が流れ、どこか風情のあるところです。 でも、いったんあたりを見渡せば、何だか不思議な光景が広がっています。まず狭い山道を下っていくと目の前に突然現れる白い象のお家ガネーシャでしょうか?案内板によ

  • 伊倉北八幡宮と南八幡宮

    熊本県玉名市の伊倉には道路を挟んで北と南に分かれた珍しい神社があります。伊倉北八幡宮と伊倉南八幡宮です。これはかつて玉名郡司日置(へき)氏の荘園を宇佐八幡宮が買得し直接経営したことに始まり、中世に行われた下地中分線を境に南方、北方に別れたことに由来するもの

  • 鹿央古代の森 古代ハス園

    熊本県の蓮の名所でもある山鹿市鹿央町の鹿央古代の森「古代ハス園」です。ここには古代ハスの大賀ハスをはじめ何種類ものハスが植えられています。今年は例年より開花が遅かったようで訪れた日(7月18日)はまずまずの咲き具合でした。   農産物加工食品直売所「里やま館」

  • 俵山交流館「萌の里」のひまわり

    熊本県阿蘇郡西原村の俵山交流館「萌の里」横の畑でひまわりが見頃だという事で先日ちょっと出かけてみました。「萌の里」と言えば、春のポピーや秋のコスモスが有名ですがひまわりが植えられたのは今年が初めてだとか。約1ヘクタールの畑には20万本ほどのひまわりが植えられ

  • 新玉名駅の七夕飾り

    九州新幹線の新玉名駅に七夕飾りがあるというので、先日ちょっと行ってみました。新玉名駅南口です。駅正面の入り口横には大河ドラマにもなった日本マラソンの父いだてん金栗四三像もあります。七夕飾りがあるのは改札口を入って左側博多、新大阪駅方面、11番乗り場へ通じる

  • 天草のパワースポット大あこうの木

    熊本県天草市に近年パワースポットとしても人気の大きなあこうの木があります。大あこうの木があるのは天草町大江にある西平椿公園です。毎年3月頃は椿の花がきれいですが最近は年間を通してあこうの木を目当てに訪れる人も多くなりました。広場前には大あこうの木に因んで縁

  • 道の駅 宮地岳かかしの里

    2021年3月にオープンした熊本県天草市の「道の駅 宮地岳かかしの里」は文字通り、多くのかかし達に出会えるちょっと珍しい道の駅です。国道266号線沿いの入口付近には大きな農作業姿の像と大勢のかかし達が出迎えそこから奥へ進むと「道の駅 宮地岳かかしの里」です。建物は2

  • たまなフラワーパークとゆり園

    6月初旬、熊本県玉名市横島町にあるたまなフラワーパークとその隣にあるゆり園へ行ってみました。フラワーパークの約2000坪の観光農園には約400種類の花が植えられています。ここにはキャンプ場も併設されており、バラ園の向こう側では多くの家族連れなどがテントを張ってキ

  • 住吉自然公園の紫陽花

    今年もまた熊本県宇土市にある住吉自然公園へ紫陽花を見に行ってみました。公園の500mほどの外周には約2000株の紫陽花が植えられこの時期、訪れる人を楽しませてくれます。紫陽花の先には伊勢物語や枕草子にも詠われた風流島(たはれじま)も見えます。この階段を登れば住吉神

  • 天草最高峰の倉岳に登る

    熊本県天草地方の最高峰でもある「倉岳」に登ってみました。と言っても、いわゆる一般的な登山ではなく、車からではありますが・・・麓から倉岳へのルートはいくつかありますが、今回は国道266号線の棚底地区から登山道を上って行きます。目印は「棚底城跡」の案内板のある交

  • フードパル熊本 バラ園

    4月下旬熊本市北区のフードパル熊本内にある「フードパルローズガーデン」を訪れてみました。ここにはいろいろな種類のバラが植えられており春と秋の時期きれいなバラを楽しむことができます。「薔薇の天使」様々な名称の品種名があるバラここでは個々の品種名は省略しますが

  • 日輪寺公園のつつじ

    熊本県山鹿市の日輪寺公園はつつじの名所としても知られています。そんな日輪寺公園を4月上旬に訪れてみました。もちろんつつじ以外にも見どころがありますので、まずはそこから。鐘楼堂には山鹿市指定文化財にも指定されている1358年作の在銘の梵鐘があります。忠臣蔵で知ら

  • 山田の藤

    4月上旬、藤の名所として知られる熊本県玉名市の山田日吉神社へと行ってみました。この比較的新しい鳥居は平成31年に再建されたものです。狛犬の先にある大きな藤棚を見上げると藤の花が咲き誇り天から降り注ぐように広がっています。左右にある藤棚からも藤色のシャワーが。

  • 新阿蘇大橋

    2016年の熊本地震で崩落した南阿蘇村の国道325号線、阿蘇大橋の代わりに新しく架け替えられ、今年3月に開通した新阿蘇大橋を渡ってみました国道57号線沿いの展望所から見た新阿蘇大橋です。立野側から車で渡ってみます。河陽側にある展望所駐車場に車を停めて歩道を歩いてみ

  • 阿蘇乙姫子安河原観音

    熊本県阿蘇市乙姫にある阿蘇乙姫子安河原観音は古来より「子授かり安産」の守り神として知られています。入口付近にある子安河原観音の由来 には約1500年前神功皇后が安産を祈願されたと伝えられたと記されています。芝生広場の先には大きな観音像があります。本堂ですお願い

  • 南阿蘇村桜巡り

    春爛漫、桜の美しいこの時期、熊本県阿蘇郡南阿蘇村に桜を見物へ行ってきました。まずは阿蘇の代表的な桜の名所でもある「一心行の大桜」この時期に合わせて現在「第23回南阿蘇桜さくら植木まつり」が行われています。(4月10日(日)まで)この一心行の大桜は天正8年(1580年)島

  • 八代宮(妙見宮)

    熊本県八代市妙見町にある八代宮は妙見宮とも呼ばれ、地元では妙見さんとして親しまれている神社です。毎年11月に行われる九州三大祭りのひとつ「八代妙見祭」は特に有名です。大鳥居の横にある八代市指定天然記念物の妙見宮の樟推定樹齢600年以上とされています。八代妙見祭

  • 金峰山と夏目漱石の跡を訪ねて

    熊本市の象徴的な山でもある「金峰山」に登ってみました。画像は熊本市西区の国道501号線から見た金峰山です。個人的には直線道路の先に左右対称の金峰山(一ノ岳)が正面に見えるこの辺りからの風景もいいかなと思います。車で上まで行ってみます。本来なら「さるすべり」あた

  • 御船町の石橋と凱旋門

    恐竜の郷として知られる熊本県上益城郡御船町ですが、他にも石橋の多い町でもあります。今回はそんな御船町の石橋巡りをしてみました。まず最初に御船町上野にある八勢眼鏡橋です。 安政2年(1855年)御船町から矢部や日向に続く日向往還に架けられたもので長さ62m 幅4.35m 高

  • 第7回おひなさまときんぎょ展

    熊本県玉名郡長洲町の「金魚の館」では現在「第7回おひなさまときんぎょ展」が行われています。おひなさまと金魚、一見共通点なさそうですが、実は3月3日は「金魚の日」でもあり江戸時代に桃の節句を祝うひな飾りの中に金魚も飾っていたという風習があったことからその日に

  • 普光寺

    福岡県大牟田市大字今山にある普光寺は約1200年前に建立され、本尊を千手観音とし、総本山比叡山延暦寺に属し大牟田市内では最も古い寺院です。   普光寺と言えば、福岡県指定天然記念物にもなっている「臥龍梅」が有名です。全長約28mで文字通り龍が地に臥せているような

  • 恐竜の郷 御船町

    熊本県上益城郡御船町は1979年(昭和54年)に肉食恐竜の歯の化石が日本で初めて発見されたことにより、恐竜の町としても知られるようになりました。町中にはいたるところに恐竜のモニュメントがあります。今回はそんな恐竜たちを探してみました。まずは国道445号線沿いにある九

  • ポケットパーク湧水

    熊本県阿蘇市は水が豊かな地域でもあります。今回は役犬原にある「ポケットパーク湧水」に行ってみました。この辺りは自噴する井戸が多く、農業用水などにも使われておりここでは丸い井戸からは天に向かって勢いよく水が噴き出しています。平成22年には「熊本県平成の名水百

  • 髙橋稲荷神社

    熊本市西区上代にある髙橋稲荷神社は日本稲荷五社のひとつに数えられています。(ちなみに稲荷五社の他の四つは伏見稲荷大社(京都府)、祐徳稲荷神社(佐賀県)豊川稲荷(愛知県)、最上稲荷(岡山県)です。)2月3日(水)には初午大祭も行われ、商売繁盛や五穀豊穣を願う大勢

  • 菊池市七城町を訪ねて

    1月上旬の寒い一日、熊本県菊池市の七城町周辺を訪ねてみました。まずは七城町亀尾にある前川水源亀尾城址公園の一角にあり、熊本の名水百選にも選ばれています。ここには水車がありますがこのところの寒波で水車も凍っていました上流に水汲み場があるので持参したペットボト

  • 道の駅 あそ望の郷くぎの どんどや

    前回に引き続き、熊本県南阿蘇村の「道の駅 あそ望の郷くぎの」の話題です。今回は1月16日(土)に小正月の伝統行事「どんどや」が行われるというので行ってみました。(地域によって、この行事は「どんど焼き」や「鬼火たき」「左義長」などいろいろな呼び名があるようですが、

  • 道の駅 あそ望の郷くぎの

    雄大な南阿蘇の展望が望める熊本県阿蘇郡南阿蘇村にある「道の駅 あそ望の郷くぎの」へ行ってみました。入り口付近には大きなあか牛の親子像があります。今年は丑年、このあか牛も朝の光を浴びて何だか輝いているようです。後ろには子牛の姿も正面には門松が飾られていまし

  • 阿蘇神社とその周辺

    熊本地震からの再建中の熊本県阿蘇市の阿蘇神社へ行ってみました。今回は新型コロナウィルスの影響で初詣も密にならないよう、分散参拝などの考慮も必要かなと思い、前倒しで昨年12月に行ったものですが。再建中の阿蘇神社楼門です周りが囲まれており、一見ビルのようで、中

  • 赤水蛇石神社

    熊本県阿蘇市赤水にある赤水蛇石神社です。車道にある一の鳥居をくぐり駐車場から道路を横断して二の鳥居をくぐります。石灯篭が並ぶ参道の途中の右手には手水舎があり、その先にある岩も何となく蛇の頭のように見えない事も・・・・ないかな拝殿です。無人ですが、中にはお

  • おっぱい岩

    熊本県天草郡苓北町の国道324号線沿いの海岸にちょっと変わった岩があります。  その名も「おっぱい岩」   大昔、雲仙岳の噴火の時に飛んできた岩が、長い年月をかけて、海水の力によって         形取られたと思われる変形岩で女性の乳房そっくりな形をしていま

  • イルカウォッチング

    ちょっと前になりますが、天草市五和町にイルカウォッチングに行ってきました。道の駅天草市イルカセンター前の乗船場から船に乗り込みます。五和町のイルカウォッチングの業者はいくつかあり、タイプもクルーザーから漁船までいろいろありますが、料金はいずれも同じようで

  • 秋のくまもとお城まつり「城あかり」

    現在熊本城一帯で行われている秋のくまもとお城まつり「城あかり」に行ってみました。まずは特別見学通路完成記念特別公開第2弾が行われている熊本城へこの時期だけの夜間開園です。夕方からイチョウの見事な熊本城本丸前で待っていると陽が沈み徐々にあたりが暗くなりライト

  • テクノリサーチパーク(テクノ中央緑地)

    秋晴れの11月中旬、熊本県上益城郡益城町にあるテクノリサーチパーク(テクノ中央緑地)へ行ってみました。ここには銀杏並木もあり訪れた時はちょうどそれらが黄色く色づき見頃を迎えていました。 銀杏は落ち葉もまたいいものです。公園内には噴水(休止中)とギリシャ神殿風の

  • 天草ご利益巡り

    熊本県天草方面へご利益巡りへと行ってきましたまずは天草市有明町の国道324号線沿いにある大島子諏訪神社へ。大島子諏訪神社は主祭神を、建御名方神(たけみなかたのかみ)、八坂刀売神(やさかとめのかみ)とし人々を島の禍事から守り、心を癒し恵み深き神様として太古より崇め

  • 幣立神宮

    近年パワースポットしても人気の幣立神宮へ行ってきました。熊本県上益城郡山都町大野にある幣立神宮(へいたてじんぐう)は主祭神を神漏岐命・神漏美命(かむろぎのみこと・かむろみのみこと)とする神社で健磐龍命(たけいわたつのみこと。阿蘇神社の祭神)が、祖父である神

  • 通潤橋と円形分水

    豪快な放水で知られる熊本県上益城郡山都町にある通潤橋を見に行ってきました。通潤橋は平成28年(2016年)の熊本地震やその後の豪雨で石垣が崩れ長い間放水が出来ない状態が続いていましたが、修復工事も終わり今年7月から約4年ぶりにまた放水が行われるようになりました。放

  • 武雄温泉

    佐賀県の名湯武雄温泉、と言っても今回は温泉の話ではなく建物の話ですが。武雄市武雄町の温泉入り口にある竜宮城のような朱色の建物地元佐賀県唐津市出身の建築家、辰野金吾博士による武雄温泉楼門です。大正4年(1914年)に建てられ天平式楼門と呼ばれ釘を一本も使用していな

  • 美里町石橋めぐり

    九州、とりわけ熊本県は石橋の多い県でもあります。中でも県央部の緑川流域にかけては多くの石橋が点在します。その中で今回は下益城郡美里町にある石橋を見て周りました。まずは美里町の代表的石橋でもある二俣橋(ふたまたきょう)釈迦院川と津留川の合流点に架かる石橋で二

  • 熊本市動植物園のコスモス

    秋晴れの日曜日、熊本市動植物園へと出かけてみました。動植物園では10日(土)、11日(日)に「秋桜まつり2020」が行われ植物園ゾーンの時計塔前のコスモス畑も見頃を迎えていました。動植物園のシンボル的存在の観覧車も見えます。中に通路があり通り抜け出来るようになってい

  • 熊本の力士 不知火光右衛門と栃光

    熊本県菊池郡大津町下町の県道202号線沿いに大きな力士像があります。ちょっと頭でっかちで、どこかユーモラスな感じがするこの像からは失礼ながら、この人本当に強かったのか?とも思えるような印象がしないでもないですが・・・このお方こそ、地元大津町が生んだ名力士不知

  • 益城彼岸花街道 他

    熊本県上益城郡益城町を訪れてみました。益城町寺中(じっちゅう)地区を流れる木山川の河川敷では彼岸花が見頃を迎えていました。約2kmにわたって彼岸花が植えられておりその数約50万本天候にも恵まれ美しい彼岸花を満喫することが出来ました。彼岸花を見た後は益城町交流セ

  • 佐賀県立九州陶磁文化館

    佐賀県西松浦郡有田町にある九州陶磁文化館へ行ってみました。中に入ると大きな有田焼からくりオルゴール時計が目に入ります。高さ193cm、幅180cm、奥行き80cm、総重量300kmの大作です。九州陶磁の歴史(第4展示室)です。明治の陶磁器蒲原コレクション(有田町所蔵)色絵桜花美

  • 陶山神社

    佐賀県西松浦郡有田町にある陶山神社(すえやまじんじゃ)は祭神に応神天皇(八幡神)を主神に鍋島直茂公と有田焼の祖とされる李参平公を配祀しています。江戸時代に当時有田の統治と有田焼及び陶工に関する管理を行っていた鍋島藩の皿山代官の指示により造営されたと伝わり、有

  • 山吹水源

    阿蘇郡産山村にある山吹水源は原生林の中にある神秘的な雰囲気の水源です。駐車場前には東屋とトイレなどがあります。案内板のある入口から遊歩道を560m橋を渡ると周りを原生林に囲まれた山吹水源です。水面に風景が反射して一面緑の世界。何だか不思議な光景です。訪れる人

  • 田子山展望所そらふねの桟橋

    熊本県阿蘇市に素晴らしい風景が楽しめる展望所があるので訪れてみました。その展望所があるのは内牧地区折戸にある田子山森林公園田子山は北外輪山の一部内牧温泉の西側に位置する山で兜岩と田子山のなだらかな連なりが母子を連想されることから「妻子ヶ鼻」とも呼ばれるよ

  • ヒゴタイ公園

    阿蘇郡産山村にあるヒゴタイ公園に行ってみました。ヒゴタイは山地の高原に8月頃咲くキク科の多年草で環境省レッドデータブックの絶滅危惧種にも指定されており産山村では村の花として保護されています。大きなヒゴタイのオブジェがあるヒゴタイ公園ビジターセンターのゲート

  • 熊本城特別公開(第二弾)

    熊本地震から復旧工事中の熊本城では、昨年秋の「熊本城特別公開(第1弾)」に引き続き、今年6月から「特別公開(2弾)」が行われています。城彩苑わくわく座前で入園手続きを済ませ南口までやってきました。檜の香りが残る木製のフロアーで熊本城の石垣をまたぐように観覧通路が

  • 山鹿市菊鹿町を行く

    熊本県山鹿市の菊鹿町周辺を訪れてみました。まずは「歴史公園鞠智城」へ7世紀後半に大和朝廷が築いた山城で高さ15.8mの八角形の復元建物の鼓楼などがあります。鞠智城の近くにある「岩隈山の切り通し」へと向かってみました。文字通り山を切り開いて通した道で壁面にはいく

  • 菊池神社

    熊本県菊池市隈府にある菊池神社は明治3年(1870年)に創建された神社で菊池氏第十二代 菊池武時公、第十三代 菊池武重公、第十五代 菊池武光公を主神として祀られています。立派な神門の前には奉納された木彫りの干支などが置かれています。今年は子年手水舎(西側)拝殿疫病退

  • 菊池公園

    菊池公園は熊本県菊池市隈府の小高い丘にある公園です。正面に見えるのは観月楼展望所でこの辺りは桜やつつじの名所としても知られ、春になると多くの人で賑わいます。さすがに今の時期は誰もおらず、のんびりと景色を楽しみます。緑の先は菊池神社方面です。観月楼展望所か

  • 大宮神社(山鹿市)

    熊本県山鹿市山鹿にある大宮神社です。第十二代景行天皇をお祀りしている神社で山鹿灯篭起源の御社でもあります。楼門の天井部分には十二支が描かれています。拝殿の前には山鹿灯篭もこちらは八坂神社江戸末期疫病が流行した際、一匹の子犬が疫病から救ったという伝説があり

  • 鹿央古代の森 里やま古代ハス園

    今年も山鹿市鹿央町にある鹿央古代の森の古代ハス園に行ってみました。ここには2千年前の蓮と言われる古代ハス(大賀ハス)をはじめ約15種類もの蓮や睡蓮などが咲いています。今年は新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐため「鹿央里やま蓮まつり」は中止されましたがそれでも見

  • 花岡山

    白い仏舎利塔がシンボルの花岡山は熊本市西区にある標高133mほどの山です。まずは花岡山の西側へ行ってみます。木の間から赤い大きな鳥居が見えます。戸坂稲荷神社です。八枚岩呼ばれる大きな岩に架けられた赤い急な階段を下っていくと岩に沿うように拝殿があります。清藤稲

  • 千年の目覚め平成悠久石

    熊本県球磨郡多良木町に「千年の目覚め平成悠久石」という不思議な石があります。今回はこれを見ようと訪れてみました。国道219号線の多良木町中心部から県道143号線、及び144号線の狭い山道を車で行くこと約40分槻木地区という集落の乗り合いタクシー待合所のところに案内板

  • 謎の隧道遺跡トンカラリン

    熊本県玉名郡和水町にある謎の隧道遺跡トンカラリンです。県道16号線、江田の肥後古代の森(和水地区)前にある石人のモニュメントから向かい側にある道路をしばらく進むとトンカラリンの案内板があります。トンカラリンは全長約450mのトンネル遺跡で案内板から先に進むと住宅

  • 夫婦岩

    古くより神が宿る岩として信仰され、「夫婦岩」と名の付く岩は日本各地にありますが、熊本県球磨郡あさぎり町にも夫婦岩が存在します。夫婦岩があるのはあさぎり町の中心部からビハ公園キャンプ場へ続く道の途中道沿いに夫婦岩の案内板があります。夫婦岩神社と書かれた鳥居

  • 住吉自然公園の紫陽花

    紫陽花の名所として知られる熊本県宇土市の住吉自然公園へ行ってみました。有明海の海沿いにある住吉自然公園には西洋アジサイやガクアジサイなどが植えられ訪れる人の目を楽しませてくれます。北側には住吉神社の鳥居も見えます。せっかくなので上まで登ってみました。途中

  • 玉名市高瀬裏川周辺を行く

    熊本県玉名市の高瀬裏川周辺へ行ってみました。今の時期高瀬裏川と言えば、やはり花しょうぶでしょうが今年は新型コロナウィルスの影響で「花しょうぶまつり」は行われず残念ながら来年に延期となってしまいました。来年に延期になったことを知らせる看板が建てられています

  • 寂心さんの楠

    熊本市北区北迫町の公園にひときわ大きな一本の楠の木があります。「寂心さんの楠」です。寂心とは熊本城の基礎となった隈本城を築いた鹿子木親員入道寂心(かのこぎ ちかかず にゅうどう じゃくしん)戦国時代にこの付近を領した武将で、この楠は寂心手植えの木と伝えられてい

  • 中津城

    大分県中津市の中津城は天正16年(1588年)黒田孝高(如水)により築城され城下町中津の象徴的存在でもあります。現在の天守閣は昭和39年(1964年)に再建されたものです。大手門から入るとまず中津大神宮が見えてきます。参拝を済ませ中津城へと向かいます。中津城は豊の国歴史ロ

  • 植木町で買物とテイクアウト

    五月初旬、熊本市北区の植木町方面へと行ってきました。目的は買い物ですが、その前にちょっと田原坂公園へ寄ってみました。今の時期、訪れる人も少なく静まり返っています。弾痕の家や田原坂西南戦争資料館も閉館中でした。田原坂公園から国道208号線を東へ行くと道沿いにリ

  • 西岡神宮

    熊本県宇土市神馬町にある西岡神宮は1300年の歴史と33の神々が宿る古社です。鳥居の近くには「さざれ石」があります。さざれ石の由来と国歌の歌詞も書かれています。まぁ、ここで大声で歌わなくてもいいですが立派な楼門です。手水舎迫力のある龍とは対照的に可愛らしいイラ

  • 万葉の里 龍神社と水島

    熊本県八代市の球磨川河口にある龍神社と水島を訪れてみました。堤防沿いの道路から道を下ったところに鳥居があります。神社はこの向こう側川に向かってあります。神社へ川の上の参道を渡ります。龍神社です。明治時代に創建され、昭和の時代に移設されました。龍神社の横に

  • 浮島神社

    熊本県上益城郡嘉島町井寺にある浮島神社です。地元では「浮島さん」として親しまれ、水郷嘉島町のシンボル的存在となっています。西側から見た浮島神社島のように見えますが、実際は半島のように突き出ており陸続きで行くことができます。この一帯は「浮島周辺公園」となっ

  • 戸馳島

    戸馳島は熊本県宇城市三角町の八代海に浮かぶ周囲約16,5km、面積約7㎢ほどの島です三角海のピラミッドから見た戸馳島戸馳島へは国道266号線から戸馳大橋を渡ります昨年新たに新戸馳大橋に架け替えられました。島の東側には若宮海水浴場があります。約300mの砂浜があり、夏は

  • 八代城跡

    八代市松江城町にある八代城は元和5年(1619年)加藤忠広によって建てられたお城で別名白鷺城や松江城とも呼ばれています。現在石垣と堀が残っており新日本100名城の一つとなっています東側の欄干橋からは入ってみると桜も見頃を迎えていました。八代城址の中には八代宮があり

  • 宇土城跡

    熊本県宇土市にはふたつの城跡があります。今回はこのふたつある宇土城跡を訪れてみました。まず最初に訪れたが中世宇土城跡宇土市街地の西側にある「西岡台」と呼ばれる小高い丘陵がありこの丘陵全体を利用したのが中世宇土城跡です。築城は1048年(治承3年)頃と言われていま

  • 長崎鼻リゾートキャンプ場 菜の花フェスタ

    大分県豊後高田市の長崎鼻リゾートキャンプ場では現在「菜の花フェスタ」が行われています。アートの花の岬長崎鼻には約220万本の菜の花が咲き見頃を迎えていました。黄色い菜の花に青い海、青い空、ロケーションも抜群です。菜の花の薫りに癒されます。岬には海水浴場もあり

  • 龍王神社

    熊本県八代の地に黄金に輝く龍王神社です鳥居の向こうには黒を基調にこれでもかと言わんばかりに金が施された拝殿があり眩いばかりに輝いています。手水舎の龍もこの迫力パワースポットしても人気の神社です。龍王神社熊本県八代市清水町

  • 今山大師寺

    宮崎県延岡市山下にある今山大師寺は、1839年(天保10年)延岡の地で疫病が猛威を振るった際延岡城下の大師信徒たちが高野山金剛峰寺へ赴き、弘法大師座像を勧請して「家内安全」「思災延命」「五穀豊穣」「商工発展」の祈願ため大師庵を経てたことが縁起となっています参道の

  • やつしろのお雛祭り

    熊本県八代市では現在「やつしろのお雛祭り」が行われています。会場のひとつでもある「城下町やつしろのお雛祭り」に行ってみました。最初は本町2丁目商店街会場の春日神社です。本堂内にいろいろなひな人形が飾られています。ここは創作人形が主でユニークに表情のひな人形

  • 出逢いの地「愛宕山」

    愛宕山は宮崎県延岡市の市街地にある標高251mの山です。展望所へやってきました。早咲きの桜がきれいです。古来より笠沙山と呼ばれていた愛宕山は出逢いの聖地とも言われニニギノ命とコノハナサヤク姫が出逢い、結婚したという伝説があります。展望所の前にはハート型の鍵か

  • 延岡花物語2020

    宮崎県延岡市では現在市内数か所に於いて「延岡花物語2020」が行われています。メイン会場でもある五ヶ瀬川堤防へ行ってみました。左側は北方延岡道路へ通じる県道241号線です。コノハナロードと名付けられたこの堤防沿いには300本の天下一ひむか桜(河津桜)と100万本の菜の花

  • くまもと春の植木市

    今年も熊本の春の訪れを告げる「くまもと春の植木市」がJR熊本駅東側の白川河川敷に於いて行われています。四百数十年の歴史ある花と緑の大祭で会場では庭園樹や草花盆栽などが多数販売されています。この時期はやはり梅がきれいでした。植木市を見学した後は会場のすぐ近く

  • 植木町でくつろぐ

    1月下旬の休日、熊本市北区の植木町でくつろいできました。まずは植木町有泉にある「天然温泉星の湯」今回は「椛」という名の貸切風呂を利用してみました。畳張りの脱衣所の先には内風呂と石造りの露天風呂があります。ぽかぽかと温まりました。「星の湯」から南に少し行った

  • 髙橋公園と熊本城稲荷神社

    熊本市役所からもほど近い髙橋公園へ行ってみました。熊本市中央区千葉城町にある高橋公園は市電の開通や水道の敷設など熊本市の発展の基礎を作った熊本市第七代市長髙橋守雄(1893-1957)の功績を記念して造られた公園です。公園には旧熊本市役所の玄関プロムナード部分が保存

ブログリーダー」を活用して、nakashimaさんをフォローしませんか?

ハンドル名
nakashimaさん
ブログタイトル
中島の九州ブログ
フォロー
中島の九州ブログ
カテゴリー一覧
商用