プロフィールPROFILE

神経内科専門医志望さんのプロフィール

住所
北海道
出身
北海道

地域医療を支える総合内科専門医。なんでも内科を自称するも神経内科に興味があり、専門医を目指して勉強しています。普段は脳卒中を診察することが多いですが、神経変性疾患や神経病理に興味あり。

ブログタイトル
総合内科専門医&神経内科専門医 試験対策日記
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/wedi-neuro/
ブログ紹介文
内科専門医・神経内科専門医を目指し勉強日記を開始。試験対策や過去問情報を共有しましょう。
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2015/09/21

神経内科専門医志望さんのプロフィール
読者になる

神経内科専門医志望さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 11/06 全参加数
総合ランキング(IN) 55,069位 56,187位 56,350位 圏外 圏外 圏外 圏外 977,606サイト
INポイント 0 0 2 0 0 0 0 2/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
資格ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 8,553サイト
医療・福祉系資格 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 458サイト
病気ブログ 1,654位 1,701位 1,717位 圏外 圏外 圏外 圏外 21,628サイト
医者・医師 45位 48位 50位 圏外 圏外 圏外 圏外 516サイト
今日 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 11/06 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,606サイト
INポイント 0 0 2 0 0 0 0 2/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
資格ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 8,553サイト
医療・福祉系資格 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 458サイト
病気ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 21,628サイト
医者・医師 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 516サイト
今日 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 11/06 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,606サイト
INポイント 0 0 2 0 0 0 0 2/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
資格ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 8,553サイト
医療・福祉系資格 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 458サイト
病気ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 21,628サイト
医者・医師 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 516サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、神経内科専門医志望さんの読者になりませんか?

ハンドル名
神経内科専門医志望さん
ブログタイトル
総合内科専門医&神経内科専門医 試験対策日記
更新頻度
集計中
読者になる
総合内科専門医&神経内科専門医 試験対策日記

神経内科専門医志望さんの新着記事

1件〜30件

  • 多系統萎縮症に対する根本的治療の臨床試験まとめ

    多系統萎縮症に対する根本的治療(疾患修飾療法)は未だ確立されていない。過去10年間に10以上の臨床試験が行われてきたものの、大半は有意な治療効果を認めない結果に終わっている。近年のレビューによくまとまっているが、それぞれの臨床試験についてごくごく簡単に振り返る

  • 神経内科・神経病理 論文誌のインパクトファクター

    普段よく読んでいるものを中心に、神経内科学・神経病理学関連の論文誌のインパクトファクターをまとめてみます。インパクトファクターとは、平たく言えばその論文誌に掲載された論文が過去2年間でどれだけ引用されたかという指標になる数値です。インパクトファクターが高

  • 神経内科専門医試験対策 2017年版

    前回久しぶりにこのブログを更新し、認定内科医試験対策の2017年版をアップしました。神経内科専門医試験対策も2014年にまとめて以降ほとんど更新していなかったので、こちらも最新情報を含めて紹介したいと思います。★参考2014年の記事:神経内科専門医試験の勉強方法

  • 認定内科医試験対策 2017年版

    この半年間、ブログから完全に遠ざかっていました。このブログを始めたきっかけは、総合内科専門医と神経内科専門医の取得に向けての勉強記録だったので、目標が達成された今となってはブログを更新するモチベーションが維持できないのも無理はありません。でも、せっかく

  • 認定内科医試験の準備を始める季節となりました

    久しぶりの更新になります。そろそろ一年の終わりも近づいてきました。今年一年を振り返ってみると、私自身が受ける専門医試験がなかったため、張り合いにかけてしまう感はあったと思います。ただの受験勉強好きというわけではないのですが、具体的な短期目標は常に設定して

  • 待望の新版!神経内科ハンドブック 第5版が発売されました!

    例年あまり忙しくないはずの夏ですが、今年は何故か急患が集中。久しぶりの記事更新になりました。まだかまだかと待ち構えていた神経内科ハンドブックの新版が、いつの間にか発売されていました!Amazonの商品ページを見ると9月9日発売だったのですね。1月近く遅れて気付

  • 神経病理8 Cerebral Age-Related TDP-43 with Sclerosis (CARTS)

    TDP-43プロテイノパチーと言えばALSやFTLDを思い浮かべますが、アルツハイマー病やレヴィ小体型認知症の患者でも半数くらいはTDP-43病理を有する報告されており、疾患特異性に乏しく様々な疾患で認められる病理所見です。2015年に本邦から報告された研究によれば、ADやDLB患

  • 神経内科医向け神経病理学の教科書レビュー

    認定内科医試験を受験された先生方、お疲れさまでした。神経内科専門医試験を受験されている先生方、いよいよラストスパートですね。専門医試験を終えて以降、このブログの興味は徐々に神経病理学へシフトしてきました。神経内科専門医受験後にも何冊か教科書を買って勉強

  • 総合内科専門医試験対策もクエスチョンバンクの時代に!?

    いやはや。総合内科専門医試験の移行措置にともない受験者数が急増している昨今、試験対策の教科書がものすごい勢いで出版されていますね。このブログでも逐一紹介していますが、今回はかなり注目度の高い一冊となりそうです。クエスチョン・バンク総合内科専門医試験 予

  • 神経病理7: FTLD-FUSの分類

    前頭側頭型認知症(FTD)や前頭側頭葉変性症(FTLD)は、臨床診断名と病理診断名が混同しやすくて非常にややこしい疾患概念です。とりあえず、FTDは臨床診断名、FTLDは病理診断名と割り切ることにして後者を少し整理してみたいと思います。FTDをきたす疾患を病理学的に分類

カテゴリー一覧
商用