chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
漫画があればいいのだ! http://mangayomihukeru.blog.fc2.com/

漫画が大好きな“てん”が読んだ漫画の感想など書いたブログです。漫画探しのお役にたてれば幸いです。

てん
フォロー
住所
中京区
出身
中京区
ブログ村参加

2015/07/31

1件〜100件

  • 猫には猫の猫ごはん。 【著者:御木ミギリ】

    御木ミギリさんの作品『猫には猫の猫ごはん。』(集英社)ある雪の日に道で動かない子猫を見かけた野間太陽は子猫を抱きかかえ急いで動物病院へ行きました。なんとか一命をとりとめたのですが、まったく後のことを考えておらず助けたのですが、動物(猫を含め)飼ったことがなかったのですけど、「ユキ」と名付けて飼うことにしたのです。しかしユキは市販されているキャットフードに毒を盛られていたのを食べて動けなくなったよう...

  • 恥じらう君が見たいんだ 【著者:甜米らくれ】

    甜米らくれさんの作品『恥じらう君が見たいんだ』(講談社)亡くなった父親が映画監督・・・ということで文化祭で映画を撮ることになった高校生の白沢明人。しかし、映画の内容がつまらなく、ただ、カメラを回しているだけでした。そんな時に校内で教師2人の不倫現場を目撃し、その映像を隠し撮りしたんです。文化祭では自分が撮った映像を流さずに教師の不倫映像を流したことにより、教師2人は退職・・・明人は2週間の停学をく...

  • 小学生はできるのに! 大人は解けないクイズ 【編集:知的生活追跡班】

    知的生活追跡班の編集『小学生はできるのに! 大人は解けないクイズ』(青春出版社)学校で勉強、塾で勉強・・・などを頑張ってすれば成績は良くなるでしょう。(ならない人もたまにいますが・・・^^;)でも、それは一般の学力だけで、ただ、記憶したり、公式を当てはめて解いたり・・・と、知識だけしかついていないように思います。最近のクイズ番組でも、こういった学力の問題も多く、記憶力の良い人なら答えられる問題です...

  • 食戟のサンジ 【原作:尾田栄一郎 ストーリー:附田祐斗 作画:佐伯俊 協力:森崎友紀】

    原作:尾田栄一郎さん ストーリー:附田祐斗さん 作画:佐伯俊さん 協力:森崎友紀さんの作品『食戟のサンジ』(集英社)この作品なのですが、『食戟のソーマ』の附田祐斗さん 作画:佐伯俊さんが『ONE PIECE』に登場するサンジを描いたスピンオフ作品になっています。『ONE PIECE』の世界観を損なうことなく、随所随所に『食戟のソーマ』の演出を加えて両作品のファンも楽しめる作品になっています。『食戟のソー...

  • 十字架のろくにん 【著者:中武士竜】

    中武士竜さんの作品『十字架のろくにん』(講談社)小学6年生の漆間俊は「実験体A」と名付けられ同級生の5人からいじめを受ける毎日・・・地獄のような日々が続いているのですが、兄想いの弟と子供を守る両親が救いとなりなんとか生きていけると思っていました。この日もいじめが続き、両親と弟の乗った車が走っているところに俊を崖から突き落とし轢かそう・・・とするのですが、母親がとっさにハンドルを切り、俊は助かったも...

  • 万能会社員 菅田くん 【著者:山田しいた】

    山田しいたさんの作品『万能会社員 菅田くん』(集英社)情報システム会社に勤める宍戸礼美は次々に同僚が辞めていき、寝る時間も削り、どんな時でもスマホ片手に1人で3人分以上の仕事をこなしています。(かなりのブラック企業なんです^^;)そんな時にトラブルに巻き込まれそうになるのですが、それを助けてくれたのが1度仕事で顔を合わせたことのある菅田だったのです。その時に優しい言葉をかけられたことで、今の会社を...

  • 後藤さんは振り向かせたい! 【著者:みきぽん】

    みきぽんさんの作品『後藤さんは振り向かせたい!』(KADOKAWA)自分に自信がなく、ちょっとオタクでボッチ気味な高校1年生の前田ゆうきはちょっと悩みがあるんです。それは・・・後ろの席にいる学校イチの美少女の後藤アリスがいつもちょっかいを出してくるんです。しかし自分に自信がなく、コミュ障気味なところもあったりする前田は後藤さんが何のためにちょっかいだしてくるのか全くわからずに悩んでいたんです。実は後藤さん...

  • えちえちすぎる転生偉人美少女の性欲が強すぎてつらい 【著者:ありしゃん】

    ありしゃんさんの作品『えちえちすぎる転生偉人美少女の性欲が強すぎてつらい』(講談社)20年ほど前から歴史上の偉人たちが当時の記憶もそのままで転生し生まれてくるようになった世界・・・住み込みで女子寮の管理&家庭教師のバイトを見つけた赤坂固太郎は日給4万円・・・と怪しさもあるものの全ての寮生が転生者というのにも興味がありこのバイトをすることを決めたのです。寮の玄関をくぐると寮長を名乗るクレオパトラでい...

  • 気がつけば地獄 【原作:岡部えつ 作画:ゆむい】

    原作:岡部えつさん 作画:ゆむいさんの作品『気がつけば地獄』(KADOKAWA)マーケティング会社に勤務する祐一と結婚し、都内近郊に暮らすパート勤めの37歳の主婦の中屋紗衣。夫には内緒で美顔器を購入するも別の住所宛ての荷物と間違われてはいそうされ、ちょっとトラブルになってしまうんです。でも・・・これは夫と不倫している夏希(配達員をしているんです)の仕業で誤配達の荷物の件を投稿していたSNSを見て紗衣に身元...

  • 辛辣なるグルメ 【原作:香川まさひと 作画:若狭星】

    原作:香川まさひとさん 作画:若狭星さんの作品『辛辣なるグルメ』(小学館)グルメ評論サイトでひどい評価の書き込みなどのせいで自分の店を閉店に追い込まれてしまった半田彦助。自分の舌には絶対の自信がある半田は「グールマン」という名でネット中心に辛辣な言葉でグルメ評論を行うようになるんです。料理は正しく公平に評価されなければならない・・・と自分の舌で料理店を食べ歩きながら闘う男を描いたグルメ漫画になって...

  • 抱かれたい女 ~JDだけどアラサー女子に買われています~ 【著者:桃枝司】

    桃枝司さんの作品『抱かれたい女 ~JDだけどアラサー女子に買われています~』(小学館)女子大生のかりんは社会人で年上の彼氏とラブラブ・・・なんだけれども誕生日のプレゼントを買おうと思ったんだけど、社会人だし時計がいいかなぁ~とネットで見ていると、バイト代だけではとても買うことができなく、友達に相談してみたところ「パパ活」なんてどう・・・?と言われるんです。彼氏がいるのにパパ活なんて・・・と思いつつ...

  • ミスミさんは見透かせない 【原作:サイトウケンジ 作画:波多ヒロ】

    原作:サイトウケンジさん 作画:波多ヒロさんの作品『ミスミさんは見透かせない』(秋田書店)男子高校生の由利継人はいわゆる超能力者で「透視能力」を使えるんです。でも・・・実際にはほとんど役に立たず・・・というか全く使いこなせていなく、何が原因で透視能力が発動するのかわかっていないんです。この日は席替えがあり、ずっと気になっていた女子生徒 三ツ橋ミスミの隣の席になったんです。本当に透視能力があるのであれ...

  • あかね噺 【原作:末永裕樹 作画:馬上鷹将】

    原作:末永裕樹さん 作画:馬上鷹将さんの作品『あかね噺』(集英社)幼い頃から父親である落語家の阿良川志ん太の何人も演じている魔法のような落語に魅了され自らも父親の落語を真似るようになった桜咲朱音。しかし師匠である阿良川志ぐまの同門である阿良川一生に真打の昇進試験の場で志ん太は破門を言い渡されてしまうんです。そんな姿を見てしまった朱音だったのですが、父親の落語を受け継ぎ、小学生の頃に志ぐまに弟子入り...

  • クローゼット ~知らないあなたとしたい~ 【著者:あいそえる】

    あいそえるさんの作品『クローゼット ~知らないあなたとしたい~』(集英社)見知らぬ男女が逢瀬を愉しむ秘密のバー「クローゼット」。本当の自分を抑え込んで生きているのがほとんどでもし、自分をさらけ出すことが出来れば・・・それだけ開放されることでしょう。ここでは人が持っている悩みや性癖などをさらけ出すことにより、自分を求めてくれる人との新たな出会いがあったり、変わった性癖を受け入れてくれる人がいたり・・...

  • バースディ 【著者:るぅ1mm】

    るぅ1mmさんの作品『バースディ』(エンターブレイン)この作品なのですが、アンドロイド(人造人間)、おばけ、天使・・・など、ファンタジーやSFな題材をメインに(普通の人間のストーリーも何話かありますが)ほっこりするんだけれども心が温まる・・・そんな作品が収録された短編集です。タイトルにもある『バースディ』なのですが、自分が犠牲になり体を壊してしまう人造人間が、何度も、何度も、博士により復活するんで...

  • あしあと ちばてつや追想短編集 【著者:ちばてつや】

    ちばてつやさんの作品『あしあと ちばてつや追想短編集』(小学館)この作品なのですが、タイトルにあるようにちばてつやさんが満州から引き揚げてこられたあと、漫画家として活躍されている中、自らの漫画家人生を振り返られたことを自伝的な感じで描かれている短編集になっています。満州から引き揚げてこられた話などは『ひねもすのたり日記』という作品に詳しく描かれているのですけど、それを短くまとめた感じの「家路1945-20...

  • 憑きそい 【著者:山森めぐみ】

    山森めぐみさんの作品『憑きそい』(扶桑社)この作品なのですが、作者である山森めぐみさんの実体験を漫画にしたトラウマ系のホラー作品です。本当にこんな体験されているの・・・なんて思ってしまう話もあるのですが、霊感がそこそこある人にはよく似たようなことがあるなぁ~なんて感じられる話もあったりし、(僕も多少霊感があったりします)読んだ後にはモヤモヤっとした何かが残りました^^;絵もちょっと荒々しかったりし...

  • 青春サイケと怠惰な王子 【著者:佐々野人憂】

    佐々野人憂さんの作品『青春サイケと怠惰な王子』(講談社)2年もぐーたらな教師生活を送っていた北王子凛は1ヵ月前に教頭先生に呼ばれ、首・・・を言い渡されるのですが、それを回避したければ、特殊な生徒が集まるクラスの担任となり、全員を卒業させるように言われるんです。この作品の世界では超能力に目覚めた人物が1万人に1人いると言われており、そういった超能力を持つ者だけを集められたクラスの担任になることになっ...

  • くまのむちゃうま日記 【著者:ナガノ】

    ナガノさんの作品『くまのむちゃうま日記』(講談社)この作品なのですが、『ちいかわ』の作者ナガノさんが描く食べ物をテーマにしたコミックエッセイです。食べるのが大好きなくまは日々「おいしい」と幸せを求めています。美味しそう・・・と思ったものは手あたり次第に食べるんです。また、自分でも料理をしたくなったりし、頑張って作るんですが、そんな時に「買った方が早インパラ」が買った方が楽で早いよ~って登場したり・...

  • 私は健康になりたい アラサー漫画アシスタントの35キロダイエット奮闘記 【著者:大崎スパナ】

    大崎スパナさんの作品『私は健康になりたい アラサー漫画アシスタントの35キロダイエット奮闘記』(メディアソフト)実家で漫画家のアシスタントの在宅をする作者の大崎スパナさんは体調がすぐれなく病院に行くのですが、医師から「まずは70キロに痩せなさい」と言われるんです。それもそのはず、仕事はパソコンに向かったままほぼ動かず、運動も全くしない、完全なインドア派で年々、体重が増え続けていたんです。今までダイ...

  • 幽霊になったからパンツ見せてもバレないよね!? 【著者:ゆとりーぬ】

    ゆとりーぬさんの作品『幽霊になったからパンツ見せてもバレないよね!?』(角川書店)幼馴染の魂野こわたが事故で死んでしまったことを親から聞かされた小野田健太。小さい頃は一緒によく遊んでいたけれども年をかさねるごとに男女が遊ぶのを冷やかされたりし、高校生になるころには全く遊ばなくなっていました。でも、魂野はそれでも声をかけてきていたりし、もっと遊んでいれば・・・と後悔しだすんです。そして翌日、学校の教...

  • 見るからに怪しい二人 【著者:鬼澤馬勇】

    鬼澤馬勇さんの作品『見るからに怪しい二人』(メディアファクトリー)いつも公園に現れる謎の長髪の男と短髪の男。どこから見ても怪しさMAXな2人組は刑事にも目を付けられるほどで、誰も近づくことなんてできません・・・しかし、容姿からは考えられないポイ捨てのゴミを拾い集めたり、迷い猫の捜索をしたり、倒れかけた人を助けたり・・・と実はいい人たちなんです。怖い人、悪い人・・・に間違えられるも、2人の普段の行動...

  • お姉ちゃんに好かれすぎて死ぬ!? 【著者:あぬ】

    あぬさんの作品『お姉ちゃんに好かれすぎて死ぬ!?』(コアミックス)小学3年生の音戸ふうはある日、アイスコーナーの高い場所にあるアイスを取ろうとしているとその店にいるお姉さんたちからモテモテになるんです。怖くなり近所に住む家庭教師をしてもらっている大学生の姉山えりに相談することに・・・すると、ごく稀に男の子の汗に弟香(ショタこう)が含まれ女性を虜にするフェロモンを漂わせることを知るんです。そうしない...

  • 誰もが見て見ぬふりをする禁忌への潜入で見た誰かにとっての不都合な現実 【著者:村田らむ】

    村田らむさんの作品『誰もが見て見ぬふりをする禁忌への潜入で見た誰かにとっての不都合な現実』(竹書房)この作品なのですが、作者の村田らむさんが作品のために世の中の危険な場所や施設などに潜入し、そこで起こっていることを描いたエッセイです。今、新興宗教が話題になっていますが、そこではないのですけど、洗脳系の宗教団体に潜入したり、河川敷のホームレスに直接会いに行ったり、病気と偽り精神系の閉鎖病棟に潜入した...

  • 五輪の女神さま ~なでしこ寮のメダルごはん~ 【著者:木南ユカ】

    木南ユカさんの作品『五輪の女神さま ~なでしこ寮のメダルごはん~』(講談社)料理だけが得意の小湊料は父親の計らいで家の経済状態からでは絶対に通えない私立の名門 頂学園に入学することに・・・ただし、条件があり、この学園はスポーツの実績が目覚ましくプロ選手や五輪選手を輩出しており、その多くの選手が寮で生活をしており、そこの炊事を担当することで、この学園に通えることになっていたのです。しかし、小湊が思って...

  • 俺のレベルアップがおかしい! ~デキる男の異世界転生~ 【原作:柴又 作画:みつあし】

    原作:柴又さん 作画:みつあしさんの作品『俺のレベルアップがおかしい! ~デキる男の異世界転生~』(フロンティアワークス)通り魔に襲われそうな人を助け、33歳の若さで死んでしまった男は記憶を持ったまま異世界へ転生したのですが、ここは暴力と欲望が支配する世界で冒険者として地道に生きていくことになるんです。しかし、普通の人なら1年でレベル3ぐらい・・・3年もすれば2桁のレベルになるのですが、この男(ザル...

  • 死亡フラグに気をつけろ! 【著者:茶んた】

    茶んたさんの作品『死亡フラグに気をつけろ!』(秋田書店)学生時代の青春を映画に捧げた「しの」は古今東西の映画のモブキャラなどの死ぬシーン(死亡フラグ)を熟知しており、その行動をとらないよう親友の「よーこ」との2人で体を張り実践するハイテンション映画ギャグ漫画になっています。ホラー映画などを見ていると、この人、このあと襲われて死ぬなぁ~なんてわかることってありますよね^^;そういった状況を回避するた...

  • 住みにごり 【著者:たかたけし】

    たかたけしさんの作品『住みにごり』(小学館)会社から長めの休みをもらった西田末吉は久しぶりに実家へ帰省してきました。実家には父親、母親、姉(別に住んでいてたまに実家にくる)、そして35歳で無職で引きこもりの兄がいて、一緒に暮らすことになるんです。母親は脳出血で倒れて寝たきりで、父親は短気で家でも暴れたりし、(昔に比べるとましになったようですが)かなり歪な家族関係なんです。末吉は兄が無職で引きこもり...

  • バツハレ 【著者:稲葉みのり】

    稲葉みのりさんの作品『バツハレ』(集英社)結婚して2度目の記念日にプレゼントを抱えて早く帰ってきた和光市路だったのですが、部屋には見知らぬ男と繋がりながら喜ぶ妻の姿があり、これがきっかけで離婚することになるんです。しかし、これには理由があり、結婚して初めてのセックスの時にショックなことがあり、それ以来、勃たなくなってしまい夫婦の営みがまったくなかったのです。でも、良い夫として妻に尽くしていたのです...

  • 父娘ぐらし 55歳独身マンガ家が8歳の娘の父親になる話 【著者:渡辺電機(株)】

    渡辺電機(株)さんの作品『父娘ぐらし 55歳独身マンガ家が8歳の娘の父親になる話』(KADOKAWA)死ぬまで結婚をせずにひとりで生きていく・・・なんて思っていた作者の渡辺電機(株)さんなのですが、大阪に住む年下で2人の娘を抱えるシングルマザーと結婚することになるんです。2人とも大阪、東京で仕事をしており、すぐに一緒に暮らすこともできない状態だったので、8歳の上の娘さん(アユちゃん)だけを新学期前の時期に渡辺...

  • 5080 【著者:川井十三】

    川井十三さんの作品『5080』(小学館)「8050問題」とは長年引きこもる子供が50代になり、それを支える親が80代に・・・親は収入が無く年金や貯蓄を切り崩しながらも働かず引きこもっている子供を支えるだけでなく、親も80代になると介護の世話になることもあったりし、相談が増えてきている問題です。この作品もそういった問題を抱える親子を描いているのですが、普通の「8050問題」の子供といえば仕事もせず、...

  • 見知らぬ女子高生に監禁された漫画家の話 【著者:きただりょうま】

    きただりょうまさんの作品『見知らぬ女子高生に監禁された漫画家の話』(角川書店)気が付くと見知らぬ部屋で首輪をつけられ鎖につながれた状態・・・窓には鍵、雨戸も開かない・・・そこに現れたのは包丁を持った見知らぬ女子高生で、「アナタには、これから毎日ここで絵を描いて貰うから」と告げられるんです。そして始まった監禁生活・・・食事などはキッチリと出され、監視付きながらも風呂にも入れる状態・・・しかし、監禁さ...

  • 祖母と猫 【著者:ジビ】

    ジビさんの作品『祖母と猫』(メディアファクトリー)88歳のおばあちゃん。家族が猫を飼い始めたのですが、最初は嫌い・・・だと言っていたのに、猫に会うたびに少しずつ猫に対する気持ちが変わっていくんです。おばあちゃんは80歳になった頃に心の病気になってしまったのですが、猫との触れ合いにより、表情まで変わっていき、いつの間にか猫と話をするようになるんです。・・・といった感じの見ていてほっこりする・・・そん...

  • 保護者怪人ジェノサイバー 【著者:シミズヒロノリ】

    シミズヒロノリさんの作品『保護者怪人ジェノサイバー』(新潮社)「“普通”に生きること」これを目標にしている高校1年生の和泉シオカ。“普通”に友達とおしゃべりし、“普通”に学校に通い勉強し、“普通”に恋をし・・・なんか誰にでもできそうなことなんですが、シオカには“普通”に出来ない原因があるんです。それは・・・怪人に育てられているからなんです。シオカの母親は悪の科学者で怪人の開発をしていたのです。シオカが生まれ...

  • 4000倍の男 【著者:雁木万里】

    雁木万里さんの作品『4000倍の男』(白泉社)性欲皆無の男子高校生 長谷川誠悟は幼馴染の八神杏が脚立から落ちそうになったのを助けたことにより頭を打ってしまうんです。このことが原因で、今まで性欲が全くなかったのですけど、性欲を分泌するホルモンが過剰に供給されるようになり、自分の思いに反して性欲が現れてしまうんです。まぁ、男子高校生が性欲があるのはあたり前のことなんですけど、今まで全く無かったので、男...

  • 羽衣先生は今日もカンヅメ 【著者:華鳥ジロー】

    華鳥ジローさんの作品『羽衣先生は今日もカンヅメ』(講談社)漫画家を目指す大学生の稲葉ニチロ―は人気グルメ漫画家羽衣青葉のアシスタントとして働くことになりました。同じグルメ作家を目指すニチロ―には刺激あるアシスタント生活になる・・・と気合を入れ羽衣先生のマンションにやってきたのです。緊張するも現れた羽衣先生はかなりラフな格好をしているだけでなく、部屋は散らかり放題になっていたんです。どうやら羽衣先生は...

  • 恋人以上友人未満 【著者:yatoyato】

    yatoyatoさんの作品『恋人以上友人未満』(集英社)東京から地元に帰ってきた木村宮子はダラダラとした生活を送っていました。それを見ていた母親がいい相手を見つけてきた・・・とお見合いをすることになるんです。その相手・・・とは花丸正樹という男性だったのですが、顔を見て初めて気づくんですが、昔の仕事相手だったのです。実は宮子は吉良木ららという名でAV女優(元AV女優)をしていた過去をもち、花丸はカン...

  • 健全美少女はシゴきたい!! 【著者:黒飛ただし】

    黒飛ただしさんの作品『健全美少女はシゴきたい!!』(竹書房)陰キャな細井芯一は中学時代にモテたいために運動部に入ったものの散々なめにあったので、高校では文学系女子と仲良くなりたい・・・そういう決意で高校に入学しました。文系の部活に・・・と思っていたのですが、何故か勧誘にやってくるのは美人の先輩ばかりでついて?いくと、そこは筋トレ部だったのです。しかもここには女子部員だけしかいなく、スキンシップ以上...

  • 小倉あんのおいしい生活。 【著者:渡邉ポポ】

    渡邉ポポさんの作品『小倉あんのおいしい生活。』(リイド社)大学の受験に失敗し、現在浪人中の小倉アンは来年の大学受験の合格を目指し、埼玉県の秩父市にある家で勉強の日々を送っています。毎日の勉強に疲れると気分転換を始めるんですが、昼間は家にひとりしかいないため、自由に好きなことを始めるんです。例えば七輪を見つけると、それでハムを炙って食べたり、コンビニに行ってロックの氷を買ってきてそれにサイダーを注い...

  • さよなら絵梨 【著者:藤本タツキ】

    藤本タツキさんの作品『さよなら絵梨』(集英社)「私が死ぬまでを撮ってほしい」・・・病の母親の願いでスマホで動画を撮り始めた優太。それを編集し、学園祭で上映し、教師やクラスのみんなから批判をされ飛び降り自殺をしようとした優太だったのですが、そこで謎の美少女(絵梨)と出会うんです。絵梨は優太の撮った映画を批判はするも、尖った作品で面白かったともいうんです。今まで映画を観てこなかった優太にたいし、映画に...

  • はじめて尽くしのえまぐらし 【著者:なぎはしここ】

    なぎはしここさんの作品『はじめて尽くしのえまぐらし』(少年画報社)フランス生まれでハーフの御辻えまは超がつくほどのお嬢様育ちなのですが、庶民の日本人男性と結婚し、日本で暮らすことになるんです。お嬢様育ちでフランスから出たこともなかったから日本で目にするものは初めてなものばかり・・・新婚ホヤホヤで料理などもつくるのですが、スーパーでの買い物も初めてで、戸惑いながらも旦那様のために番場るえまさんを描い...

  • ジャンゴ 麻雀をする者 【著者:モンキー・チョップ】

    モンキー・チョップさんの作品『ジャンゴ 麻雀をする者』(竹書房)自称400戦無敗の天才雀士 月岡雀悟が最強の頂を目指す栄光の軌跡を描いた物語です。普通の麻雀ではなく、負けるとピラニアが泳ぐプールに落とされたり、土佐犬に噛まれたり、宇宙に連れていかれたり・・・とんでもない勝負に挑むだけでなく、何処かの漫画やアニメに登場した人物などと対戦をすることになったり・・・かなりギリギリな麻雀作品になっています。...

  • 今日もなんとか生きてます。 アダムとイブの格言集 【著者:北沢バンビ】

    北沢バンビさんの作品『今日もなんとか生きてます。 アダムとイブの格言集』(小学館)この作品なのですが、世界の偉人の名言などを食品会社で働く社員やその周りの人たちがその名言をわかりやすく解釈して4コマ漫画として描いた作品です。名言だと重い言葉に感じてしまうんですが、4コマ漫画になっていると、こんな感じで解釈していいんだ・・・と笑いながら知識として覚えられます。ちょっと皮肉った感じにとらえられている名...

  • 奇習愛 【著者:久嘉めいら】

    久嘉めいらさんの作品『奇習愛』(集英社)この作品なのですが、歴史上にある因習(奇習)についての取材に基づき、脚色して描かれるフィクション作品・・・というのだけ先に書いておきます。各地にはひっそりと伝えられている奇妙な習俗(奇習)があるというのはいろいろな書籍などで知っています。そんな奇習が生まれる背景には人の営みの本質があり、男と女の生々しさが見え隠れしています。かなり歪んだ人間の「愛」の形が久嘉...

  • たびみまん 【著者:赤樫】

    赤樫さんの作品『たびみまん』(メディアワークス)滋賀県で一緒の家に住んでいるOLの春川さんと小説家の秋山さん。春川さんはお出かけが大好きなアウトドア派、秋山さんは家でダラダラするのが好きなインドア派、真逆の性格の2人。そんな2人が旅行・・・まではいかなく、お散歩よりもちょっと足をのばして、滋賀県内をブラブラと楽しむ地方(滋賀県)漫画になっています。京都に住んでいるので、滋賀県にはたまに行ったりもす...

  • いてもたってもいられないの 【著者:ばったん】

    ばったんさんの作品『いてもたってもいられないの』(祥伝社)この作品なのですが、「女性の性欲」をテーマにした5作品を収録したオムニバス短編集になっています。腐女子仲間の友達に恋人ができたのをきっかけに男性経験もないのに勇気を持ってワンナイトラブをしてみようと思った女性を描いた「終電なくなっちゃった」や、40代の女流小説家がときめきを求め今までの自分を変えようとし、出会った男性と恋が出来るのか・・・と...

  • 惨家 【著者:井上三太】

    井上三太さんの作品『惨家』(秋田書店)電車の中でひとりで大声をあげたえい騒ぐ男がいて、まわりの乗客は怖がって別の車両に行ったり関わらないように避けていました。そんな中、1人の男(加藤潔)が注意したのです。その後、騒いでいた男は黙って隣の車両へ行くのですが、加藤が電車を降りたのを見て後をつけ始めたのです。そして家族団欒で食事をとったあとに事件が起こるんです・・・電車で騒いていた男が家の呼び鈴を鳴らし...

  • 強ガール 【著者:朝比奈ショウ】

    朝比奈ショウさんの作品『強ガール』(マイクロマガジン社)黒髪のストレートヘアに金髪メッシュ、耳には大ぶりのピアス、唇には濃い赤のリップ・・・強気なファッションに身を固める大学1年生の神崎雪。強い系の女を求め大学生活が1週間が経つのですが・・・未だに友達が出来ません・・・大学デビューで目立てば友達が出来る・・・なんて思っていたのですが、美人過ぎて、強いイメージで、近寄りがたい存在になっていたのです。...

  • クジマ歌えば家ほろろ 【著者:紺野アキラ】

    紺野アキラさんの作品『クジマ歌えば家ほろろ』(小学館)中学1年生の鴻田新は学校からの帰り道で自動販売機の下に頭を突っ込みお金を拾っている鳥っぽい姿の謎の生物 クジマと出会います。クジマはお腹をすかしており、両親の帰りが遅い・・・ってことで、家に連れて帰り何か食べさそう・・・としたのですが、新は料理が出来ず・・・冷蔵庫にある卵を見たクジマは玉子焼きを食べたい・・・と言い出し、仕方なく作るんですがうま...

  • 寂しすぎる女社長がレズ風俗嬢に秒で落ちる話 【原作:六番目の課長 作画:みさき天夢】

    原作:六番目の課長さん 作画:みさき天夢さんの作品『寂しすぎる女社長がレズ風俗嬢に秒で落ちる話』(エンターブレイン)仕事での役職は社長・・・タワマンの最上階に住み・・・金も、物も、人も・・・全て手に入れ、完全に勝組のはずなのに何か物足りない・・・綺麗なお姉さんに「よしよし・・・」としてもらいたい・・・そんな心と体を満たしてくれるかもしれない・・・と、目に入ったスマホの広告になった“レズ風俗”をクリッ...

  • ふたりでおかしな休日を 【著者:伊藤正臣】

    伊藤正臣さんの作品『ふたりでおかしな休日を』(小学館)不動産屋を営む山村俊光と介護士の椿坂権太は一緒に暮らすカップル。お菓子作りが趣味の俊光と甘い物が大好きな権太の楽しみは週に1度、ふたりで過ごすおうちカフェなんです。俊光が営む不動産屋にはLGBTに興味を持つ女子社員はLGBTのお客様にも利用してもらえるよう考えたりもしていました。でも、俊光は権太と男2人で暮らしていることは内緒で知られたらゲイカ...

  • 吉河美希短編集 SHOW TIME!! Rightside 【著者:吉河美希】

    吉河美希さんの作品『吉河美希短編集 SHOW TIME!! Rightside』(講談社)週刊少年マガジンなどで連載されている大人気漫画家、吉河美希さんのデビュー19年記念短編集です。同時に『吉河美希短編集 SHOW TIME!! Leftside』も発売されたのですが、こちらではデビューから2017年までの作品を中心にした短編集だったのですけど、こちらの『吉河美希短編集 SHOW TIME!! Rightside』では現在連載さ...

  • だぶるぷれい 【著者:ムラタコウジ】

    ムラタコウジさんの作品『だぶるぷれい』(日本文芸社)高校2年生の広井玉緒はある夏の暑い日に家に帰ると誰もいない自分の部屋のベッドの上で学年イチの美少女 穂村蘭がオナニーをしていたんです。家には入らず、自分の部屋のカーテンの隙間から蘭の乱れる姿を見ながら自分もオナニーを始めたんです。そしてイッてしまうんですけど、それに気づいた蘭が玉緒の写真を撮りその後、脅されることに・・・実は両親の再婚により、2人...

  • 恋愛経験値ゼロの乙女さん 【著者:ゆうじこうじ】

    ゆうじこうじさんの作品『恋愛経験値ゼロの乙女さん』(メディアファクトリー)恋人いない歴=年齢の高校教師 浦原乙女は年下で弟のような存在の幼馴染で乙女が通う高校の生徒(教え子)のヒロの言葉に異性として意識し始め、ヒロの顔すら見れなくなってしまうんです。その事を学生時代からの知り合いで同じ教師の白百合ユリに相談したことで今まで以上に意識しはじめるんです。教師と教え子・・・超えてはいけない一線だけれど、...

  • 吉河美希短編集 SHOW TIME!! Leftside 【著者:吉河美希】

    吉河美希さんの作品『吉河美希短編集 SHOW TIME!! Leftside』(講談社)週刊少年マガジンなどで連載されている大人気漫画家、吉河美希さんのデビュー19年記念短編集です。(あと1年待って20周年の方が切りがいいと思うのは僕だけでしょうか?^^;)『ヤンキー君とメガネちゃん』『山田くんと7人の魔女』というビッグタイトルは知っている人も多いでしょうが、(僕も人気作品しか読んでいないです^^;)この作...

  • 四季崎姉妹はあばかれたい 【著者:朝倉亮介】

    朝倉亮介さんの作品『四季崎姉妹はあばかれたい』(集英社)探偵の山田太郎は、ある日、バナナの皮に足を滑らせ死んでしまいます。同じ日の同じ時刻に階段を踏み外し転落してしまった男の子 四季崎つくしに転生するんです。つくしにはゆり、もみじ、ひなぎく・・・と美人の3姉妹がいるのですが、病院で気が付いたつくしにベッタリの3人。そう、この3姉妹は超がつくほどブラコンで、つくしのことを可愛がっているんです。ただ・...

  • 漫画家の自画像 【著者:南信長】

    南信長さんの著書『漫画家の自画像』(左右社)漫画家さんの自画像・・・といえばまず、誰を思い出しますか?昔から漫画を読んでいる人ならベレー帽に団子っ鼻に眼鏡をかけている手塚治虫さんを思い浮かべる人が多いかと・・・あとは自分自身を題材にした漫画を描かれている漫画家さん、例えば『失踪日記』を描かれていた吾妻ひでおさんや『まんが道』では少年時代の藤子不二雄さんなど、様々な漫画家さんの自画像が描かれています...

  • 女装をやめられなくなる男の子の話 【著者:コバシコ】

    コバシコさんの作品『女装をやめられなくなる男の子の話』(メディアファクトリー)誰にもバレないよう、こっそりと女装を楽しんでいたカズ。少しずつ女の子のような仕草やメイクなどを憶え、鏡の中にいる自分が本当の女の子にみえるようになり、誰かに「かわいい」と言ってもらいたくなっていました。そんな時、隣の家に住む幼馴染の優(男の子)が窓から入ってきたのです。女装をしげいるカズを見て、女の子になってしまったと勘...

  • 死ぬほど君の処女が欲しい 【著者:てぃーろんたろん】

    てぃーろんたろんさんの作品『死ぬほど君の処女が欲しい』(講談社)学生の頃から1度もモテたことの無いブ男の西森とおるは31歳の時に同じ会社で男性社員の人気NO.1のミカと結婚することになるんです。これはこれで良かったのですが、ミカは美人で様々な経験をしているようで、夫婦の営みの時にもリードしてくれるんです。圧倒的に経験値の違いからなんか不公平に感じるように・・・そんなある日、とおるは事故にみまわれ気...

  • 美少女になってちやほやされて人生イージーモードで生きたい! 【原作:紅葉煉瓦 作画:大生月】

    原作:紅葉煉瓦さん 作画:大生月さんの作品『美少女になってちやほやされて人生イージーモードで生きたい!』(秋田書店)平凡、地味、味気ない・・・そんな男がクリスマスの夜に「美少女に生まれ変わりたい」という願いが叶い、2度目の人生として過去に戻され、可愛い女の子に生まれ変わるんです。それも生まれ変わる前の記憶がそのまま可愛い女の子(黒音今宵)に生まれ変わったのでこの人生は簡単にいける・・・と思っていま...

  • 【朗報】俺の許嫁になった地味子、家では可愛いしかない。 【原作:氷高悠 キャラクター原案:たん旦 作画:椀田くろ】

    原作:氷高悠さん キャラクター原案:たん旦さん 作画:椀田くろさんの作品『【朗報】俺の許嫁になった地味子、家では可愛いしかない。』(メディアファクトリー)離婚して父親がボロボロになりそんな姿を見て結婚に夢を持てなくなっただけか、一応、中学までは陽キャだったのですが、気になったクラスメイトに告白しフラれ、そのことが翌日にクラスに広まったことにより3次元の女の子よりも2次元の女の子にしか興味がなくなって...

  • スマイリー 【著者:服部未定】

    服部未定さんの作品『スマイリー』(日本文芸社)フリーライターの鴨目友司は2年前に愛娘を不慮の事故で無くし、絶望していた彼の元から妻も去ってしまい、完全に抜け殻な日々を送っていました。ジャーナリストの仕事をしてはいるもののなかなか大きなネタを拾うことができず、次に良い記事が書けなければ契約を打ち切りと編集長に言われていました。そんなある日、アパートに笑うことで全てが救われる・・・と謳う「心笑会」とい...

  • 47都道府県とんでもランキング! 【著者:もぐら】

    もぐらさんの作品『47都道府県とんでもランキング!』(竹書房)この作品なのですが、読者によるアンケートにより様々なことの都道府県ランキングしたエッセイ4コマ漫画になっています。どういったランキングがあるか・・・というと、激暑い県、辛い物が好きな県、まじめな県・・・といったわかりやすいランキングだけでなく、自虐ランキング、オシャレ県・・・など、ちょっと変わったランキングなどもあったりし、興味深く読む...

  • 死んだ親友に告白された話 【著者:かもがわ圭】

    かもがわ圭さんの作品『死んだ親友に告白された話』(フロンティアワークス)この作品なのですが、死んだ親友に告白される「桃瀬と栗原」という話と幽霊と女子大生が同居?する「竹村と松田」という話が収録された短編集になっています。両話に共通するのはどちらかが幽霊・・・ということなのですが、ホラー作品というのではなく、ヒューマンストーリーとして2作品とも良いストーリーでした。「桃瀬と栗原」では11年間、親友と...

  • ギルティサークル 【原作:門馬司 作画:山本やみー】

    原作:門馬司さん 作画:山本やみーさんの作品『ギルティサークル』(講談社)高校までは1時間・・・一番近いコンビニまでは自転車で30分・・・そんな田舎でそだった沢屋童二は憧れの東京の大学へ入学しました。大学に入れば・・・サークルに入れば・・・彼女が出来る!と信じていた童二はサークルの勧誘で星見楓という美少女と出会うんです。そして一緒にちょっと派手目なサークルに入り、新入生歓迎コンパへ参加することにな...

  • 急に姉ができまして! 【著者:緑青黒羽】

    緑青黒羽さんの作品『急に姉ができまして!』(富士見書房)アラサーの最上涼介の兄が結婚することになったのですが、相手方は姉妹で一緒の部屋で暮らしていたのですけど、(兄は相手方の妹と結婚するようです)その部屋で新婚生活を送ることになり、姉妹の姉である豊川亜沙美と一緒に暮らすことになったのです。アラサーの亮介に対し、亜沙美は大学1年生の19歳・・・一応、関係上では亜沙美の方が義姉になるのですけど、年齢は...

  • 根津さんの恩返し 【著者:ハマサキ】

    ハマサキさんの作品『根津さんの恩返し』(キルタイムコミュニケーション)コミュ障のOL 小宮祥子は駅の改札付近でつまづいた拍子にお菓子をぶちまけてしまうんです。そこに現れたのはお腹を空かしたハツカネズミの根津で、人間の言葉を話し始めたのです。美味しいお菓子をいただいたお礼に何か願い事を叶えてあげましょう・・・という言葉に会社での人間関係が上手くいってないのが思い浮かびとっさに「コミュ障を治したいです...

  • 去る者は日々に疎し 【著者:葉月京 協力:折笠りょこ】

    著者:葉月京さん 協力:折笠りょこさんの作品『去る者は日々に疎し』(秋田書店)仏壇屋に勤務する弓削命は人の死の匂いを感じ取る・・・特殊な能力を持っていました。若かりし日、付き合っていた彼女から甘ったるい匂いがしているのに気づいていて、数日後、彼女が死んでしまったのです。その後も親戚のおばさんに同じような匂いがしていて、不思議におもっていると数日後に死んでしまい・・・あの匂いが死ぬ前に放つものだと知...

  • 先輩、美味しいですか? 【著者:みかん氏】

    みかん氏さんの作品『先輩、美味しいですか?』(角川書店)子供のころから食べるのが好きでたくさん食べるのが当たり前だと思っていたけど、高校時代に友達とファミレスに行った時に、自分がたくさん食べすぎで女の子らしくない食べ方をしていることに気づいた現在 女子大生の宮田美穂。実は美穂は男性にはあまり興味が無く、友達に合コンに誘われるのが嫌で弟に彼氏役をしてもらおう・・・と思っていたのですが、その弟が当日に...

  • ジョジョの奇妙な冒険 クレイジー・Dの悪霊的失恋 【原案:荒木飛呂彦 原作:上遠野浩平 作画:カラスマタスク】

    原案:荒木飛呂彦さん 原作:上遠野浩平さん 作画:カラスマタスクさんの作品『ジョジョの奇妙な冒険 クレイジー・Dの悪霊的失恋』(集英社)この作品なのですが、『ジョジョの奇妙な冒険』の第4部のスピンオフ作品で、第3部に登場したDIO側のホル・ホースがとある老婆にお願いされ鸚鵡を探すことになるんです。鸚鵡を探すため、協力?を求めたのが近い未来を漫画で予言する能力をもつトト神のボインゴでその予言に従ってや...

  • 人形 ~ヒトガタ~ 【著者:白崎メオ】

    白崎メオさんの作品『人形 ~ヒトガタ~』(講談社)ある日、守宮千代が忽然と姿を消しました。親友の白崎メオは千代が最後に残した言葉、「人形村」に何かある・・・と思い、1人でその村を訪れることに・・・この村に足を踏み入れると、そこには人形が溢れており、この村の人々は他の地域の人間を全く受け入れることをしなかったのです。千代のことを聞いても答えてくれる村人はいなく・・・この村のおまわりさんに事情を聞くこ...

  • ふっとりさん 痩せたいけど食べたーい!【著者:成瀬瞳】

    成瀬瞳さんの作品『ふっとりさん 痩せたいけど食べたーい!』(オーバーラップ)イラストレーター兼漫画家の成瀬瞳さん、学生の頃からぽっちゃり体系だったけれども、年齢を重ねるごとに体重は右肩上がり・・・それもそのはず、在宅で仕事をしていて、外には子供を迎えに行く程度で、運動をほとんどしていなく、食べるものも味の濃いものや揚げ物が大好き・・・そんなんじゃ体重が増えていくのは当たり前ですよね^^;普通ならこ...

  • 別世界のキラキラ同期がエッチなイラストを描いている 【著者:saku】

    sakuさんの作品『別世界のキラキラ同期がエッチなイラストを描いている』(集英社)文系でも大丈夫・・・という人権派遣会社のエンジニアに採用が決まったものの、仕事が出来ず、半年で営業部へ移動となった影石くん。しかし、人見知りな性格もあり、営業は自分に向いていないこともわかっていたものの、仕方なく仕事を続けていました。そんな営業部には誰にでも声をかけられ営業成績もいい同期入社の日陽さんがいたんです。仕...

  • じょふう 【著者:甘詰留太】

    甘詰留太さんの作品『じょふう』(白泉社)この作品なのですが、最近、店舗数の増加で盛り上がりを見せている女性向け風俗を描いたちょっとエッチなんですけど、女性の心を・・・体を癒してくれる作品になっています。男性が風俗を利用するのは性的欲求を満足させるためがほとんどなのですけど、女性の場合は心の悩みを抱えていたり、身体に悩みを持っていたりする人が利用するようで、ちょっと違った感じで楽しめる作品でした。女...

  • 金曜日のバカ飯先輩 【原作:赤堀君 作画:よしづきくみち】

    原作:赤堀君さん 作画:よしづきくみちさんの作品『金曜日のバカ飯先輩』(講談社)食品会社で働く新入社員の辛坊剛は仕事は完璧で部署ではエース級の働きをする皇あおいが教育を担当しており、いつも厳しく怒られてばかり・・・この日はリモート会議が行われており、その場でも怒られてしまい、公開処刑のような感じになってしまうんです。いつか弱味を握って仕返ししてやる・・・なんて思っていた剛なのですが、リモート会議が...

  • アムロと僕 【ストーリー:若井おさむ 作画:竹宮さとし 原案;矢立肇・富野由悠季】

    ストーリー:若井おさむさん 作画:竹宮さとしさん 原案:矢立肇さん・富野由悠季さんの作品『アムロと僕』(角川書店)1981年・・・ガンダムの人気が出始めたころ、(ガンダムって再放送で人気が爆発したんですよね)小学2年生だった若井おさむさんが兄が作ったガンダムのプラモデルで遊んでいると、おさむ少年に声をかけてきたのはアムロ・レイでした。ひとりで遊んでいるおさむ少年に語り掛けてくるアムロ・・・大したこと...

  • 刑事、純愛を希望 【著者:墨リンダ】

    墨リンダさんの作品『刑事、純愛を希望』(ブライト出版)ある日、恋愛ドラマを見ながら朝の支度をしていた久野奈保だったのですが、「ピンポーン」と誰かが来たみたいで出てみると、連続窃盗事件の犯人の目撃情報を探す警察官(夏亡翼)だったのです。それと関係しているのかどうかわからず、奈保の下着が数回盗まれていることを伝えると、事件との関係はないけど、警察に巡回を強化するように伝えておく・・・ということで話がつ...

  • 残念妖精ドルマさん 【著者:おーしおゆたか】

    おーしおゆたかさんの作品『残念妖精ドルマさん』(角川書店)魔法の国から人間界にやってきて1週間・・・妖精のドルマはパートナーである魔法少女を探していました。でも、魔法少女の適正がある女の子以外にはドルマの姿は見えず、踏まれたり・・・蹴られたり・・・の日々を送っていました。やっと自分のことが見える小学5年生の女の子 みちると出会うのですが、ちょっと癖があるのですけど、この子を逃したらパートナーが現れ...

  • くらいあの子としたいこと 【著者:碇マナツ】

    碇マナツさんの作品『くらいあの子としたいこと』(富士見書房)高校入学から友達ができないまま2年に進級した田畑蓮は今年こそはぼっちな学園生活から脱却するんだ・・・と意気込んで学級委員に立候補することに・・・男女1人ずつ・・・ということだったのですが、隣の席のちょっと暗い女の子 佐々木透子も立候補し、一緒に学級委員をすることになったんです。蓮は人の目を見て話すことができず・・・透子はちょっと暗い感じで...

  • はかりしれない計子さん 【著者:大沢ういち】

    大沢ういちさんの作品『はかりしれない計子さん』(少年画報社)就職活動中の情川保は埼玉県の会社まで面接に来たのですが、不採用になってしまったんです。このまま帰ろうとしたのですが、あまりの暑さに喫茶店にはいったのです。出てきた胸の大きな店員さんに見とれてしまうのですが、入れてくれたコーヒーを飲んだところ、とんでもなくまずいコーヒーだったのです。その事で店員の依田計子と常連のお客さんが口論となり、(この...

  • あたしゃ川尻こだまだよ 【著者:川尻こだま】

    川尻こだまさんの作品『あたしゃ川尻こだまだよ』(KADOKAWA)この作品なのですが、自分でもダメ人間だと自負する川尻こだまさんの日常のダメっぷりをそのまま描いたコミックエッセイになっています。何気に手に取ったのですが、人間の弱い部分・・・がそのまま描かれており、共感する部分などもあったりし、笑えるんだけれども何とかしなきゃ・・・と思うところも・・・^^;でも、こういう生き方もアリだと思うんです。流石に毎...

  • 野湯ガール 【原作:麻生羽呂 作画:吉田史朗】

    原作:麻生羽呂さん 作画:吉田史朗さんの作品『野湯ガール』(小学館)「野湯」とは大自然の中に人知れず湧きだしている天然温泉のことで、そんな「野湯」を愛してやまない大鷹ヒバリは高い山であろうと、川の上流であろうと、孤島の岩場であろうと、危険を冒しながらも「野湯」を求めてその湯に入りに行くんです。大自然に囲まれたその「野湯」は手つかずで、誰も入りに来ないので、完全に貸し切り状態の中、ひとりで楽しむ・・...

  • いましかあえない きみとのおはなし まる、今日は何してた? 【著者:ひなたにはな】

    ひなたにはなさんの作品『いましかあえない きみとのおはなし まる、今日は何してた?』(ブティック社)息子(まる)が出来た作者のひなたにはなさんは写真や動画でまるのかわいい姿を残すのもいいけど、一瞬しかしない表情などもあったりし、写真や動画よりも絵日記ならその時のことを上手く表現できるかも・・・と、絵日記を描くことに・・・赤ちゃんの頃から言葉が話せるように・・・そして面白い行動などをするように・・・ま...

  • 千秋と睦月 【著者:綾野おと】

    綾野おとさんの作品『千秋と睦月』(講談社)いつも一緒にいた親友の優子が失踪してしまい1ヵ月・・・優子が好きだったおかずを入れたお弁当をメッセージアプリで優子に送りながらひとり屋上でお弁当を食べていた千秋。そんな千秋の前でお腹をすかせて倒れ込んだ同じクラスの睦月にお弁当を分けてあげることに・・・はじめて睦月と話したのですが、ちょっと世話の焼ける感じが優子に似ており、さらに優子のことが気になり始めるん...

  • 拾われた男 【原作:松尾論 作画:勝田文】

    原作:松尾論さん 作画:勝田文さんの作品『拾われた男』(文芸春秋)この作品なのですが、個性派俳優 松尾論さんが自らの波乱万丈の俳優道を描いたエッセイ『拾われた男』のコミック版になっています。原作があることやドラマ化された・・・なんてことを知らずに、ちょっと変わったタイトルの漫画だし・・・と手に取って読み始めました。高校の時に学校からの演劇鑑賞でみた演劇に魅了され舞台俳優を目指すことになった松戸論。し...

  • 純猥談 一度寝ただけの女になりたくなかった 【原作:純猥談編集部 作画:田川とまた】

    原作:純猥談編集部 作画:田川とまたさんの作品『純猥談 一度寝ただけの女になりたくなかった』(講談社)この作品なのですが、投稿数が1万件超の大人気企画を書籍化した『純猥談』のコミック版で、その中からさらに選りすぐられた話を漫画化したものになっています。結婚すると思っていた相手と別れて恋愛という思いが変わったり、好きでもない相手に抱かれてそれが愛情にかわっていったり、何が本当の恋であり、何が偽物の恋愛...

  • 日本懐かしおまけ大全 【編集:廣瀬祐志】

    廣瀬祐志さんの編集『日本懐かしおまけ大全』(辰巳出版)ガムが1個、ラムネが1個など、ほとんどおまけメインの「食玩」というのがありますが、昭和の時代にもおまけ付のお菓子というのがありました。今の食玩・・・とはくらべものにならないほどお菓子メインでちょこっとしたおまけが入っているのがほとんどだったのですが、ビックワンガムのようにプラモデルがメインになったお菓子が出てきたころからおまけ重視のお菓子も出て...

  • つれない彼女のひとりじめ 【著者:甘里シュガー】

    甘里シュガーさんの作品『つれない彼女のひとりじめ』(小学館)ノリが良く、誰とでも話し、高校生活を楽しんでいる篠原成智。だけど、いつも教室で読書している滝沢優凛とは話したこともなく、目も合わせたことがなかったのです。(誰ともつるまず1匹狼的な女子生徒なんです)ある日、優凛が落とした本を拾ったことにより、はじめて声をかけたのですが、ここから2人の関係が交わっていくんです。優凛が読んでいた本のタイトルを...

  • 痴女勇者 【著者:蛇光院三郎】

    蛇光院三郎さんの作品『痴女勇者』(少年画報社)かつて魔王討伐した伝説の女勇者 アカネも気が付けば35歳・・・という年齢に・・・そんなアカネの元に僧侶として厳しい修行に耐えた若い僧侶のマオが弟子入りにやってきたのです。町では伝説の勇者としての顔をもつアカネなのですが、家の中ではダラダラとしており、マオに修業をつけるわけでもなく、ただ、家政夫あつかいにしていたのです。そんな時、王様が魔王が復活する予言...

  • ひょうひょう 【著者:ネルノダイスキ】

    ネルノダイスキさんの作品『ひょうひょう』(アタシ社)この作品なのですが、猫のような二足歩行の生き物が不思議な世界で生きていく・・・ちょっと変わった物語になっています。多分、この作品に関しては好んで読む人は少ないと思うのですけど、読んで面白い・・・と思う人はゼロではなく、100人いれば1人ぐらいはいるのでは・・・?なんて思えるようなマニアックな作品です。どんなストーリーなの?と表現したいのですが、フ...

  • ゆーりちゃんはナマイキざかり!! 【著者:高橋ぽてと】

    高橋ぽてとさんの作品『ゆーりちゃんはナマイキざかり!!』(小学館)ゲームが大好きな大学生の望月勝の住むアパートの隣に引っ越してきた不動親子 母親は美人で小学生のゆーりちゃんは可愛く礼儀正しく、これから楽しい生活が始まる・・・と思っていました。不動親子が挨拶に来た時にゆーりが「おにいちゃんが欲しかったの、また遊びにきていい?」なんてことを言っていたのですが、まさか、その日の夜に遊びにくるとは・・・ゲ...

  • ラストアンコール 亡者は死神に夢を見る 【著者:志宇】

    志宇さんの作品『ラストアンコール 亡者は死神に夢を見る』(コアミックス)「岩国探偵事務所にいる死神に依頼すると自分を殺した人間を殺してくれる」幽霊たちの間でそんな噂話が・・・恋人に浮気されて殺されてしまった三谷智子は幽霊になっても恋人だった男に怨みを持っており、探偵事務所を訪ねました。そこにはちょっと不機嫌な探偵の岩国大牙と優しそうな雰囲気の死神 海がいたんです。三谷の話を聞き、一度は断るも本当のこ...

  • 新人漫画家、風俗嬢になる 【著者:エバラユカ+ふてね】

    エバラユカさん+ふてねさんの作品『新人漫画家、風俗嬢になる』(白泉社)“自己肯定感”が低く、自分のことが大嫌いだったエバラユカさん。子供のころから漫画家に憧れており、アシスタントなどを経験し、30歳にしてやっと自分の漫画の連載が決まりました。でも、担当になった編集者のセクハラ&パワハラにより、漫画を描く自信がなくなってしまい、連載を自分から辞め、漫画家の道を閉ざしました。もともと自己肯定感が低く、コ...

  • えるのわ! ~恋愛弱者とペケ天使~ 【著者:スズモトコウ】

    スズモトコウさんの作品『えるのわ! ~恋愛弱者とペケ天使~』(講談社)馬鹿正直で素直すぎ、その素直さが裏目にでてしまい彼女ができない高校生の虎賀良喜。そんな良喜の前に恋のキューピッド カルタ・エル・クピドー(エル)が現れ、恋の手助けをする・・・と言い出すんですが、良喜はエルに一目惚れしてしまうんです。エルはキューピッドとしては落ちこぼれでなんとか良喜の恋の手助けをする・・・という使命のため、付き合え...

  • 結目ねむりはシテくれなくもない 【著者:したらなな】

    したらななさんの作品『結目ねむりはシテくれなくもない』(メディアワークス)高校生の穂時勘太は、最近、クラスメイトの結目ねむりの夢ばかり見ているんです。普通に一緒にいるだけの夢ならそこまで気にしたりしないですむのですけど、裸エプロンをしてくれていたり、水着姿だったり、ラブホテルに行ったり・・・必ずエッチな夢を見てしまうんです。ただ、それだけならいいのですが、何故か、見た夢と同じ夢をねむりも見ていて、...

  • アウトロー日本昔話 【著者:島崎康行】

    島崎康行さんの作品『アウトロー日本昔話』(日本文芸社)桃太郎、金太郎、猿蟹合戦にかぐや姫・・・多分、誰もが子供のころに読んだことや読み聞かされたことのある日本昔話。そんな日本昔話をモチーフにヤクザや殺し屋、裏社会の住人・・・などといったアウトローな人間たちが演じ、不思議な物語として描かれています。ストーリーは日本昔話なので、ある程度の展開は予想できるのですけど、まさか、こんな不幸なことになるとは・...

  • ショーハショーテン! 【原作:浅倉秋成 作画:小畑健】

    原作:浅倉秋成さん 作画:小畑健さんの作品『ショーハショーテン!』(集英社)中学生の時、塾で知り合った女の子が両親の離婚により、引っ越ししてしまうんです。その時に「最後に面白い話でもしてよ」と言われるんですが、人前では緊張してしまう内気な少年だった四十万畦道は何も言えず別れてしまうんです。その後、笑いのセンスを磨くために「エブリデイしじみ」というペンネームでテレビやラジオなどに投稿し、何度も採用さ...

  • 彼女の友達 【著者:じゅら】

    じゅらさんの作品『彼女の友達』(講談社)高校生になり人生初めての彼女ができた日高タケル。彼女(古河カオリ)とはデートをするのですけど、何故か彼女の友達の吉岡さんがついてきたりするんです。そこで彼女が見てない(いない時など)に妖艶なカラダでタケルを誘惑してくるんです。ただ、誘惑するだけでなく、友達の彼氏だから浮気したい・・・と・・・その場の雰囲気に流されてしまうタケル・・・彼女のカオリに告白される前...

  • ほろ酔い道草学概論 インドアな私が酒と街歩きにハマるまで 【著者:zinbei】

    zinbeiさんの作品『ほろ酔い道草学概論 インドアな私が酒と街歩きにハマるまで』(ワン・パブリッシング)インドア派の新人OLの秋川千穂は仕事が終わるとそそくさと職場をあとにし、次の朝まで部屋にこもる・・・そんな生活をしていました。ある日、多趣味で快活な先輩の吉宗に仕事終わりに週末に酒蔵に行かないか・・・と誘われるんです。千穂はお酒もあまり飲めず、一度は断るのですが、部屋で寝ているだけなんだから・...

  • ねこ、はじめました ~なんでか今日もねこぐらし~ 【著者:環方このみ】

    環方このみさんの作品『ねこ、はじめました ~なんでか今日もねこぐらし~』(小学館)交通事故にあった男子高校生の和代尚は気が付くと1人暮らししている女子高校生の野山チカの飼っている猫(ニャオ)になっていました。人間の時の記憶はそのままあるのですが、これからは猫として生きていくことになる尚・・・猫になってしまった尚は猫の習性などを勉強?したり、習性に抗いながらも猫としての行動をとってしまったり・・・笑...

ブログリーダー」を活用して、てんさんをフォローしませんか?

ハンドル名
てんさん
ブログタイトル
漫画があればいいのだ!
フォロー
漫画があればいいのだ!

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用