searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

てんさんのプロフィール

住所
中京区
出身
中京区

自由文未設定

ブログタイトル
漫画があればいいのだ!
ブログURL
http://mangayomihukeru.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
漫画が大好きな“てん”が読んだ漫画の感想など書いたブログです。漫画探しのお役にたてれば幸いです。
更新頻度(1年)

680回 / 365日(平均13.0回/週)

ブログ村参加:2015/07/31

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、てんさんをフォローしませんか?

ハンドル名
てんさん
ブログタイトル
漫画があればいいのだ!
更新頻度
680回 / 365日(平均13.0回/週)
フォロー
漫画があればいいのだ!

てんさんの新着記事

1件〜30件

  • アリスさんちの囲炉裏端 【著者:キナミブンタ】

    キナミブンタさんの作品『アリスさんちの囲炉裏端』(集英社)最寄りの駅は無人でバスも無ければもちろんコンビニもない・・・そんな山間にある小さな沢に沿った集落に祖母がなくなり空き家になった家を引き継ぐために東京から戻ってきた永瀬アリス。都会で暮らしていた人間には暮らしづらい環境なんだけれども、この家には囲炉裏があり、都会では味わえない暮らしがここに・・・子供の頃はここで暮らしていたため囲炉裏の使い方な...

  • 紙一重りんちゃん 【著者:長崎ライチ】

    長崎ライチさんの作品『紙一重りんちゃん』(エンターブレイン)「自分」って何? 細胞が入れ替わっても「自分」だよね。ママの作ってくれるケーキは最高!でも、これが数時間後にう〇こに・・・頭脳は全国もし第一位の天才児なんだけれども、ちょっと厄介な考え方をし、人に質問などをするりんちゃん。ママは「また厄介な考え方をして・・・」と思いつつもりんちゃんの考え方を理解しつつ答えをだしてくれ、パパはツッコミを入れ...

  • ピーチクアワビ 【著者:岩田ユキ】

    岩田ユキさんの作品『ピーチクアワビ』(双葉社)大学の時に映画祭の新人賞を獲った望月キナコ。しかし、その後の監督をするものの全く評価してもらえず、映画製作を挫折してしまい、暴行事件を起こしてしまうんです。身元引受人としてマコーレ安倍川というキナコのファンと名乗る人物により釈放され、お礼を言いに株式会社ピーチクアワビという場所へ行くのですが、ここはAV撮影を主にする制作会社だったのです。自分には無理だ...

  • 藤子不二雄A ビッグ作家究極の短篇集 【著者:藤子不二雄A】

    藤子不二雄Aさんの作品『藤子不二雄A ビッグ作家究極の短篇集』(小学館)藤子不二雄さんの作品・・・といえば子供たちが読むようなファンタジーやSFなどのイメージが強いと思います。でも、それは藤子・F・不二雄さん(藤本さん)の作風が強い作品であり、『怪物くん』や『忍者ハットリくん』のような人間味あふれる・・・ちょっと影のある人物が登場する作品などは藤子不二雄Aさん(安孫子さん)の作品・・・と、少しずつ...

  • 朝起きたら女の子になっていた男子高校生たちの話 【著者:つむらちた】

    つむらちたさんの作品『朝起きたら女の子になっていた男子高校生たちの話』(角川書店)朝、起きると女の子になっていた男子高校生の佐藤。同じように女の子になっていた高橋と鈴木から連絡があり、学校に行く前に家でどうするか相談することにしました。友達が来るんだから着替えを・・・と妹の服を拝借して着替えた佐藤・・・これでは女の子になったのが嬉しいのでは?なんて思われるのが嫌だからジャージで会うことに。しかし、...

  • 蒼の不倫 【著者:佐野タカシ】

    佐野タカシさんの作品『蒼の不倫』(日本文芸社)中堅食品メーカーの営業として働いている天城越佑馬は結婚して3年目だけれども妻とラブラブな日常を送っており、社宅に引っ越してきました。そんな天城越を厳しい目で見る上司の矢切穂乃花がいるのですが、どうもあまり好きになれない性格でちょっと敬遠してました。ある日残業で会社で残っている時に会議が長引いた穂乃花と偶然であい、ちょっと可愛い一面が見えてしまい、妻には...

  • 直売所、行ってきます 【著者:松本英子】

    松本英子さんの作品『直売所、行ってきます』(朝日新聞出版)この作品なのですが、都会(東京の中心部)からそれほど離れていないところにある直売所を作者の松本英子さんが巡って楽しんでいるコミックエッセイになっています。街中に住んでいると近場にスーパーが何軒もあり、別に暮らすのには不自由はないのですが、野菜などを見ても、めちゃめちゃ新鮮・・・ということはなく、ただ、商品が並んでいるだけなんですよね。でも、...

  • 廃バスに住む 【著者:イチヒ】

    イチヒさんの作品『廃バスに住む』(メディアファクトリー)学校では生徒たちからも同じ教師からも人気の美人教師の雨森先生なのですが、とある事情で引っ越しを余儀なくされたなぜか空き地に捨てられた廃バスに住むことに・・・食事はキャンプみたいな感じでバスの外で作ったり、お風呂は銭湯に通っていたり、何不自由なく廃バスでの暮らしを堪能しています。ここは子供たちの秘密基地だったらしく、おもちゃなども置いてあり、ち...

  • 異世界大奥でJKは恋をする 【著者:大井昌和】

    大井昌和さんの作品『異世界大奥でJKは恋をする』(日本文芸社)恋愛どころか人を好きになったことの無い女子高生の姫乃シオンは友達が告白し成功するのを見て自分も恋をしてみたい・・・と思うようになったのですが、その直後、トラックにはねられ死んでしまうんです。そして異世界に転生してしまうのですが、いきなりこの世界の大きな生き物に襲われそうになり、腰を抜かしてしまったところを勇者に助けられお姫様抱っこをされ...

  • 怖面先生のおしながき 【著者:アキサワリョウタ】

    アキサワリョウタさんの作品『妹の友達が何考えてるのかわからない』(小学館)高校1年生の藤野りんごは部活見学のため、校舎内を歩いていると、あま~い香りに誘われ料理実習室の前に・・・別にこの部活に入るつもりはなかったのですが、香りに釣られて扉を開けたのです。するとそこにはどこぞの組の者と思える怖面の男が包丁を持って立っていたのです。怖くて逃げだそう・・・とした時、1人の女子生徒 筧ひなたが「先生、こん...

  • ぼくたちの離婚 【原作:稲田豊史 作画:雨群】

    原作:稲田豊史さん 作画:雨群さんの作品『ぼくたちの離婚』(集英社)この作品なのですが、稲田豊史さん原作の新書『ぼくたちの離婚』を漫画にした作品になっています。日本人は3組に1組は離婚するといわれるほど離婚の確率が多く、実際に離婚した人に、その経緯や顛末を直接に聞いて書籍にしたものが漫画になっており、かなりリアルに描かれていました。結婚するまでは気づかなかったことが一緒に暮らし始めて相手の意外な行...

  • クラスにいじめはありません 【著者:永瀬ようすけ】

    永瀬ようすけさんの作品『クラスにいじめはありません』(新潮社)中学教師の西島匠が担任するクラスの生徒太田真里奈がイジメにより自殺することに・・・教師になったものの安月給で休みもなく、生徒たちにからかわれている西島にとって生徒が自殺したことは「面倒くさい」ことでしかなかったのです。自殺した生徒の親から・・・学校の校長などから・・・教育委員会から・・・警察から・・・事情などを聞かれるのですが、「いじめ...

  • VRおじさんの初恋 【著者:暴力とも子】

    暴力とも子さんの作品『VRおじさんの初恋』(一迅社)あと半年でサービスが終了するVRの世界で制服を着て大人しそうなアバターのNAOTOに対し、露出度の高い服を着ている美少女のHonami・・・と対照的な2人の少女が出合います。でもNAOKIは現実では40歳を超えた冴えないおじさんで、人見知りもあり仕事も上手くいかず、現実逃避・・・みたいな感じで終わり行くこのVRの世界の風景を楽しんでいたのですが、あまり操作がわか...

  • 黄泉比良坂レジデンス 【著者:川西ノブヒロ】

    川西ノブヒロさんの作品『黄泉比良坂レジデンス』(集英社)就職活動をしている町田ちまきはすでに100社も落ちており、気分転換に・・・と進学が決まっている黄瀬理智と野宮エリコと一緒に遊園地に気分転換にやってきたのです。そこで不思議な門を見つけ、新しいアトラクションかも・・・とこの門に入ってみると、目の前に高い塔があるのですが、後ろを見ると入ってきた門がなくなっていたのです。そして、この黄泉比良坂レジデ...

  • うそつきキツネの恋噺 【著者:めぷちん☆】

    めぷちん☆さんの作品『うそつきキツネの恋噺』(秋田書店)車にはねられてしまったキツネを人間の少年の信太郎に助けられ、「もみじ」と名前を付けられ怪我が治るまで一緒にくらしていました。しかし、野生動物なので、森へ還されてしまったもみじ・・・信太郎のことが忘れられず、古来より頭に髑髏を乗せて落とさずに北斗七星を拝めば人間に化けると言われていることを信じ、10年後、その願いを叶え人間の姿に化けることができ...

  • あなたに捧げる私のごはん 【著者:松田洋子】

    松田洋子さんの作品『あなたに捧げる私のごはん』(幻冬舎)保育園で出会った菜恵と翔。幼馴染の2人は念願かなって結婚したのですが、新婚旅行の帰りの飛行機で翔が心不全で突然に他界してしまうんです。これから新婚生活が始まるとばかり思っていたのですが、まさか1週間で未亡人になってしまうとは・・・悲しみのどん底の菜恵は新婚旅行の時に帰ったら何を食べたい・・・と聞いた最初で最後の料理を作ることに・・・(白御飯に...

  • 人類を滅亡させてはいけません 【原作:高畑弓 作画:蒲夕二】

    原作:高畑弓さん 作画:蒲夕二さんの作品『人類を滅亡させてはいけません』(白泉社)侵略の偵察のために地球にやってきたラビー星人。その宇宙船に内緒で乗り込んでいたラビー星の王女 リリンは宇宙船を降りるとどこかへ行ってしまいました。そんなリリンを見つけたのが子供が嫌いな独身男性の川北理。リリンが感情によりまわりを破壊してしまう能力を知り、本当に地球を侵略するのでは・・・なんて思ったのですけど、付き人?鳥...

  • 身も凍る!!-最恐-ホラーゲーム 【編集:柾木正】

    柾木正さん編集の書籍『身も凍る!!-最恐-ホラーゲーム』(マイウェイ出版)この書籍なのですが、タイトルの通り、ホラーゲームの歴史、パソコンゲームの時代からPS2ぐらいまでを紹介した作品になっています。ホラーゲームといえば『弟切草』かな?一番最初にプレイしたのは・・・サウンドノベルで読んでいるだけなのですが、音がはいるだけで、これほど怖くなるものかと・・・ヘッドフォンをしながらやっていたのを思い出し...

  • 百合ドリル 沼編 【アンソロジー】

    アンソロジー作品『百合ドリル 沼編』(メディアファクトリー)タイトルからわかるようにとあるテーマをたくさんの漫画家さんが1ページで描くアンソロジー作品になっています。この『百合ドリル』シリーズも今回で5作目になっており、最初の頃に比べると内容が過激?になってきた感がありますが百合系の作品が好きな人にとっては楽しんで読めるアンソロジーになっています。個人的には「おっぱい百合」がかなり気に入っており、...

  • それでもしますか、お葬式? 【原作:三奈仁胡 作画:岡井ハルコ】

    原作:三奈仁胡さん 作画:岡井ハルコさんの作品『それでもしますか、お葬式?』(集英社)田舎で働き口がなく、葬儀会社に仕方なく入った向井朝子。入社して3ヶ月でサクラをつかって会員数を増やそうとしたり、ここで務める先輩たちの腹黒さなどを見たり、葬儀会社の裏側を見てきました。そんな時に孤独死したキャバ嬢の葬儀が舞い込んできたんです。キャバ嬢の妹が葬儀をあげるお金がないといいだし、最低でも火葬だけはしてお...

  • 朝まで恋愛Chu! ~幼なじみはトキめかない?~ 【原作:むにゅう 作画:太田顕喜】

    原作:むにゅうさん 作画:太田顕喜さんの作品『朝まで恋愛Chu! ~幼なじみはトキめかない?~』(メディアファクトリー)子供の頃から近所に住んでいて、幼稚園、小学校、中学校、高校・・・と一緒の幼馴染。この作品なのですが、幼馴染の男女のカップルをオムニバス形式で描いたラブコメ作品になっています。子供の頃から一緒・・・ということで、一緒なのが当たり前。なので、周りからはあの2人、付き合っているの・・・な...

  • しあわせは食べて寝て待て 【著者:水凪トリ】

    水凪トリさんの作品『しあわせは食べて寝て待て』(秋田書店)以前は普通に仕事をしていたのですが、身体の不調で、週4回のパート暮らしをすることになった麦巻さとこ。パートになり今までよりも安い賃貸に引っ越すことを決め、不動産屋と部屋探しをしている時に小さな団地の大家さんが持ってきてくれた大根により体調不良だった身体が少し楽になるんです。これがきっかけでこの団地に引っ越すことを決めるんです。そして大家さん...

  • 主婦の給料、5億円ほしーー!!! 【著者:鳥谷丁子】

    鳥谷丁子さんの作品『主婦の給料、5億円ほしーー!!!』(KADOKAWA)よく、ワイドショーやネットなどで話題になる「主婦の給料」はいったいどれぐらい支払われるのが理想なのか・・・少し前までは男性が働いて女性が家に・・・なんてこともありましたが、今は夫婦共働きというのも普通です。しかし、家事をしないどころか育児もまかせっきり・・・なんて夫の多いこと多いこと・・・(すべての夫がそうというわけではありません)...

  • 脱サラ41歳のマンガ家再挑戦 王様ランキングがバズるまで 【著者:十日草輔】

    十日草輔さんの作品『脱サラ41歳のマンガ家再挑戦 王様ランキングがバズるまで』(イースト・プレス)この作品なのですが『王様ランキング』の作者 十日草輔さんの漫画家としての挫折から再挑戦までを描いた自伝的エッセイになっています。デザインの専門学校を出た十日草輔さんは仕事をしながら漫画家としてのデビューを目指していたのですが、仕事をしながらでは漫画が描けない・・・と一度、仕事を辞めることに・・・漫画家に...

  • 賢者が仲間になった! 【著者:アズ】

    アズさんの作品『賢者が仲間になった!』(集英社)ちょっと引きこもり気味の高校生 天寺スオウは部屋にこもってネットやゲームの毎日を送っていました。人間関係なんて不要・・・ネットと電気さえあれば生きていける・・・とまで豪語しているスオウの部屋に誰かわからない女の子がジュースを持って入ってきたのです。すごく馴れ馴れしく話してくる女の子・・・一緒にゲームなどをすることになるのですが、人と接するのが苦手なス...

  • 清く正しくふしだらに 【著者:三雲ジョージ】

    三雲ジョージさんの作品『清く正しくふしだらに』(スクエニ)国家公務員試験の日に風邪をこじらせ入院してしまい就職浪人になってしまった大学院生の樫月は下宿の家賃の支払いにも困っていました。そんな時に大学の教授の知り合いで衆議院議員の九条宗一の娘である芽衣花の家庭教師をすることになったのです。芽衣花は教えたことをすべて吸収するほど優秀な女子高生で家庭教師としても楽な仕事だ・・・と思っていたのですがl食虫...

  • 星のさいごメシ 【著者:おおひなたごう】

    おおひなたごうさんの作品『星のさいごメシ』(エンターブレイン)雑誌の編集部に契約社員として働く星乃は婚約者の一平と幸せな日々を暮らしていたのですが、一平が浮気しており、浮気相手の妊娠が発覚したことにより婚約破棄を言い出されたのです。結婚して編集者を辞めるつもりだった星乃なのですが、このまま働かなくちゃならない理由が出来たのですけど、結果を出さないと契約更新できない・・・と編集長に言われ、翌日までに...

  • かんどちゃんには触っちゃダメ! 【著者:稲葉白】

    稲葉白さんの作品『かんどちゃんには触っちゃダメ!』(富士見書房)殺し屋の環土好子は幼い頃からの実践経験により感度が研ぎ澄まされ肌で敵の気配を敏感に察知できるようになり、触れられることなく相手を殺すという超五感の持ち主なんです。そんな好子なのですが、「殺してもいいけど青春も」という亡き母親の遺言で高校に通うことになるんです。入学初日にとある男(白井霧男)に背後を取られ触れられてしまうんです・・・今ま...

  • リターン 漆黒のゴーストリカ 【原作:五十嵐貴久 作画:玄田げんた】

    原作:五十嵐貴久さん 作画:玄田げんたさんの作品『リターン 漆黒のゴーストリカ』(幻冬舎)東京郊外の山中で手足と顔のない死体が見つかりました。(頭部はあるのですが顔のパーツが切り取られている)この死体は10年前に狂気のストーカー「梨花」に拉致された男性だということがわかりました。当時、追っていた刑事も「リカ」により娘を誘拐されたことによりこの件にかんして身を引くことに・・・今回の死体が見つかったこと...

カテゴリー一覧
商用