chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
そしがや
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2015/05/01

1件〜100件

  • 定年後再雇用のリアル 「給料泥棒扱いされても辞めるわけにいかない」60代男性の葛藤

    60歳でリタイアするときには、再雇用で仕事を続けるという選択肢もありましたが、もう仕事をしたくないという気持ちが強く、退職することにしました。 仕事をしても他の若い職員に迷惑をかけるのではないかという思いもありました。 それは、先輩の再雇用者を見てきて、そのように感じてきたので、そしがやもそのようになるのではないかと懸念があったからです。 そんな中、それでも仕事を続けている男性の記事を読みました。 www.msn.com 都内在住のフミオさん(仮名、62歳)は、定年後再雇用制度を利用して働いている。「収入はあるけれど、会社に居づらい」と、現在の悩みを打ち明けてくれた。 「正直、私は“邪魔者”な…

  • 放っておくと貧乏になる2つの習慣って!?

    リタイアして7年目を迎えますが、経済的にも困ることなく、大学院にも通える毎日を送っています。 ネット上の記事を読むと同じような年齢でもいまだに働き続けている人もいます。 仕事が好きだからという人もいますが、経済的な理由で仕事を続けざるを得ない人もいます。 そんな貧乏なままになってしまう生活習慣についての記事を読みました。 www.msn.com 「よい生活習慣が、豊かな生活につながる」というのは、誰だって分かっているし、当たり前のことです。 しかし、それでもその当たり前を実践できている方は、あまりいません。 この記事では、「よい生活習慣が、豊かな生活につながる」と強調しています。 これって誰し…

  • 宝塚トップ娘役・美園さくらさん慶大大学院へ

    現在通っている大学院は、昼夜開講制ということや比較的都心にキャンパスが位置していることもあり、仕事を持った学生やリタイア後の学生が多いです。 意外と学部からストレートの大学院に来た学生は、意外と少ないです。 感覚的には、それぞれ3分の1くらいづつといったところでしょうか。 そんなわけでいろいろな人生経験を持った学友たちと学生生活を送っています。 そんな中、宝塚のスターが慶大大学院に入学したという記事を読みました。 news.yahoo.co.jp 東京都江戸川区出身で、宝塚歌劇団の月組トップ娘役として活躍した美園さくらさんが今春、慶応大の大学院に進学した。トップ経験者が学問の世界に身を投じるの…

  • 年収600万円の大手社員を辞め、あえてフリーターになった40代

    40歳代になるといろいろと悩みが増えてきます。 給与はそれほど上がらないのに、責任は、増えてきて、精神的に辛くなってくるといったようなことです。 そしがやも今思い出すと大変だったことがありますが、まだ40歳代だと退職ということは考えもしませんでした。 今回、読んだ記事は、思い切って大手企業を辞める選択した男性のものです。 nikkan-spa.jp 40代ともなれば、上司と部下の板挟みや、仕事の重圧などで心身が荒んでいく人は多い。そんな“中年の危機”を脱し、人生を謳歌しているのが、小澤拓也さん(仮名・45歳)。以前は愛知県にある大手メーカーの正社員として16年間勤務していた。 「40歳すぎから…

  • 松本明子が明かす“実家じまい”の大失敗 25年間で1800万円超かかった理由

    田舎に相続した土地があり、毎年草刈り代として数万円程度払っています。 どうにかしようと思っていますが、人口の減っている田舎ということもあって、その土地を買う人がいるはずもなく、今後もずっと毎年草刈り代がかかると想定されます。 ただ更地なので、他の費用が掛からないだけまだマシかもしれません。 そんな中、タレントの松本明子が実家じまいに苦労したという記事を読みました。 www.msn.com 「実家じまい」に25年もかかっちゃいました。その間、積もり積もった費用は、なんと1800万円超! なかなか踏ん切りがつかずに先延ばしにしていたのが大失敗でした。家財や遺品の整理も含めて、まさか実家の始末がこん…

  • なぜ歩く人は健康なのか? ウォーキングの9つの効果

    ほぼ毎日散歩をしています。 ルートは、できるだけ変えるようにしていますが、近くの川の遊歩道が一番多いです。 リタイア後の健康維持のために始めたものですが、何時でもできるし、タダでできるという手軽さがその魅力だと思っています。 そんな散歩についての記事を読みました。 news.yahoo.co.jp いま、歩く人が増えている。コロナ禍でその傾向にさらに拍車がかかった。歩くことは即できて手軽。コストもほぼゼロ。それでいて御利益満載の万能トレーニングである。今回、温故知新なウォーキングの魅力を大解剖する。 この記事では、ウォーキングという言葉を使っていますが、厳密に言うと違うのかもしれませんが、ほぼ…

  • コロナ渦で一番変わったこと

    コロナ渦も大分落ち着いてきて、街ではマスクをする人は相変わらず多いものの、以前の活気を取り戻してきたようです。 大学も一部オンライン授業もありますが、ほぼ対面授業になってきたし、キャンパスにも学生が戻ってきました。 2年ほど前のコロナウイルスの影響が一番ひどかったころは、授業は、すべてオンラインでしたし、キャンパスに入るのも体温チェックがあり、図書館を利用するにも体温等の健康状態を用紙に記入しなければなりませんでした。 構内は、閑散としていました。 今は、キャンパスに入るのも図書館を利用するのもノーチェックになりました。 感覚的には、コロナ渦以前の状態に戻ったように感じます。 ですが、そしがや…

  • ハーバード大卒・パックンが明かす「謙虚な投資術」3つのポイント

    芸能人がどのように資産形成をしているかについては、興味がありますが、日本人の芸能人の資産形成についてのニュースは、まず見かけません。 むしろ外国人芸能人の方が積極的に発信しているように感じます。 以前、お笑いタレントの厚切りジェイソンの著書について触れた記事を書きましたが、今回は、もう一人のお笑いタレントのパックンの記事を読みました。 news.1242.com (1)「1セントの節約は1セントの収入」 (2)「頭の中に『老後計算機』を持つ」 (3)「個別株を選ぶ傲慢さを捨てる」 パックンは、若い頃から続けてきた「謙虚な投資術」3つのポイントについて明らかにしています。3つとも共感できる内容で…

  • リタイアと図書館

    リタイア後によく行くことが多くなった場所に、図書館があります。 地元の自治体で言えば、最寄りの駅の近くに一番利用する図書館があります。 小説などを予約するのは、ここでしています。 閲覧席は、ないので、ほぼ予約専用です。 自治体には、ほかにもいくつか図書館がありますが、それらは、日課の散歩で寄ったりする程度です。 これらの自治体の図書館は、仕事をしているころから土日を中心に週1回程度利用していました。 多分、多くの人も地元の自治体の図書館は、何気に利用していると思います。 そしがやがリタイア後に利用するようになったのが、大学の図書館です。 40年以上前の学部生のころには、無論、行った記憶はありま…

  • アフィリエイトは、どのくらい稼げる?

    現在クリック型の広告としてGoogle AdSenseとアフィリエイトとしてアマゾンをこのブログで広告を貼っています。 AdSenseは、月に数千円の収入ですが、アマゾンの方は、ほとんどゼロに近い数字です。 月数十円といったところでしょうか。 それでも500円になるとアマゾンのギフト券がもらえるので、ブログをやっている楽しみではあります。 そんなすっかり忘れていたアマゾンが最近、1年ぶりぐらいで500円に達して、ようやくギフト券がもらえそうです。 アマゾンに関しては、積極的なアフィリエイト活動はもうしていなくて、読書に関する記事を書いたときにその本の広告を張り付けるくらいです。 もっと積極的に…

  • 眠れない夜に決意したことは

    普段は、午後11時半ころにはベッドに入るようにしています。 比較的寝つきのいい方で10分から15分で眠りについています。 それに夜中にトイレで目が覚めるということもまずありませんでした。 朝の6時くらいまでは熟睡するのが常です。 ですが、昨夜は、1時間ほど寝付けませんでした。 こんなことは最近はなかったので、どこか体に支障があるのかな、と不安になってしまいました。 朝まで眠れないのではないかとか悪いことばかり考えてしまいます。 そんな訳で、ベッドの中で入眠できない理由に思いを巡らしました。 昨日は、大学に行ったので、通学でかなり歩いています。 万歩計で見ると6000歩ほどです。 毎日の散歩に比…

  • 「1億総株主」って何?

    6月になってからは毎日のように株主総会の通知とともに配当金のお知らせが届きます。 日本の株式会社は、3月決算が多いので、この時期に会社からの連絡が集中しているわけです。 配当を楽しみにしている株主としては、1年でも一番うれしい時期でもあります。 年金が主な収入になっているとはいえ、配当は、我が家の家計にそれなりに寄与しています。 株式投資家でよかったとしみじみと感じています。 そんな中、自民党の経済成長戦略本部が「1億総株主」を政府に提言したというニュースを読みました。 news.yahoo.co.jp ■「1億総株主」1000兆円の預貯金を叩き起こして市場を活性化5月31日、「新しい資本主義…

  • リタイアしたら暇で飽きるか

    60歳で再雇用をせずに仕事を辞めるという選択をしたときには、「リタイアしたら、暇で飽きるでしょう」と何人かの同僚から言われたものです。 やはり多くの人は、仕事をしていないと暇で時間をどう過ごしていいのか、分からないと思っているようです。 ですが、それから7年経ちますが、大学に通っていることもあってか、暇を持て余すこともなく、毎日を送っています。 最近は、もうそういったことを言われることはなくなりましたが、ネット上の記事を読んでいるとアーリーリタイアしたら、2週間で飽きてしまった男性のものがありました。 この手の記事は、ほかでもいくつか読んだことがあります。 やはり仕事は続けたいという人が多いの…

  • 鎌倉殿の13人

    今まで大河ドラマというと戦国時代か幕末のイメージがあったので、今回の「鎌倉殿の13人」は、いかにヒットメーカーの三谷幸喜脚本とはいえ、あまり知られていない鎌倉時代が舞台なので、ずっと見続けられるか心配でした。 途中で脱落する予感がしていました。 ですが、今のところ、毎回面白く見ています。 三谷幸喜に、はずれはないということでしょうか。 過去の「新選組」も「真田丸」も完走できました。 当初は、三谷幸喜らしく、コメディーぽいテイストでしたが、源頼朝が鎌倉に居を定め、政権を握ってからは、毎回誰かが殺されるというかなりダークな展開になっています。 主人公は、北条義時ですが、今は、頼朝中心にドラマは動い…

  • 億り人になれなかった公務員が考える億り人になる方法

    公務員として勤めていた20歳代後半から株式投資を始めました。 資産を増やしたいというのが当初の理由で目標金額は、1億円でした。 40年ほど前ですからそのころは、1億円というのは、かなりの大きな数字でした。 結局、結果的には、億り人になることはできませんでした。 その理由を今考えると投資が中途半端だったことがあります。 40年間持続して、資産運用に努めればよかったのですが、途中でバブル崩壊等の株価が下がった時期が何度かあり、ほとんど投資をしないで、塩漬けにしていた時期があったのです。 今から考えるとその時期も我慢して投資を続けていれば、億り人になれた可能性があったかもしれません。 またそしがやの…

  • 池袋や大塚で“大量供給”されたワンルーム投資の残酷な“末路”

    暑くなってきたので、午後の散歩がちょっと辛くなっていますが、これまでの習慣なので、続けています。 もう少ししたら、夜になってから散歩しようと思っています。 そんな散歩ですが、数日前にいつもの川の遊歩道からちょっと横道に入ってみたら、比較的低層の5階建てのマンションが目に入りました。 多分、建てられてから30年ほど経ったようですが、1階の自転車置き場には、数台の自転車の姿が見えました。 エントランスを覗くと管理人はいないマンションのようであまり管理がいいようには見えません。 大量のチラシが入ったままの郵便受けも見受けられました。 単身者向けのワンルームマンションのようです。 中に入ってみていない…

  • 株主優待、廃止相次ぐ 

    数日前にJTの株主優待でもらったカップ麺の最後のものを食べ終わりました。 その時に同時に受け取ったごはん3食入りパックの方は、まだかなり残っています。 200株所有しているので、4月の中旬に4500円相当のものが送られてきました。 宅急便でこの大きな段ボールを受け取ったときは、うれしかったのですが、正直言うとこれだけのものを発送するのなら、配当金で還元してほしいというのが率直な感想でした。 株主優待については、いろいろなブログを見ていると楽しみにしていて、優待目当てで投資をしている人も多いようです。 ただそしがやは、モノではなく、何にでも使える配当の方でもらいたいです。 そんなJTも株主優待の…

  • 夫の退職金含めた8000万円が一瞬で…

    ネット上の記事を読んでいると退職後に投資を始めて、失敗してしまったという内容のものがあります。 退職金が一時的に入って、気が大きくなり、勧められるままに投資をして、大金を失ってしまうというものです。 そしがやは、20歳代から投資をしていて、何度か痛い目に遭ったという経験をしているので、投資のリスクについては、分かっているつもりです。 そういったリスクを承知した上で投資をしています。 ですから、退職した友人から投資を始めたいという相談を受けても、推奨していません。 まだ仕事をしている現役の頃なら、働くことでことでそういったリスクを取り戻すことができますが、リタイアしてしまったら、それが難しいから…

  • 戦国武将、虚像と実像

    呉座勇一の著作は何作か読んでいますが、この本は、戦国武将のイメージの変遷について書かれたものです。 結論を言えば、「武将のイメージは、その時代の支配的な価値観によって作られ、変わってきた」というものです。 今回の著作では、戦国時代の有名な7人の武将について触れられています。 明智光秀、斎藤道三、織田信長、豊臣秀吉、石田三成、真田信繁、徳川家康です。 例えば、戦国時代の三英傑の一人であり、幕末の坂本龍馬と並んで人気がある織田信長ですが、徳川時代は、必ずしもそうではなかったといいます。 庶民から成り上がった豊臣秀吉の人気の方が勝っていました。 あくまでも秀吉の主人としての位置づけだったようです。 …

  • ポイ活をしない理由

    最近ポイ活という言葉をよく聞きます。 ポイント活用のことです。 ポイントを貯めて、それによってモノやサービスを得るというものです。 有名なところでは、楽天経済圏があります。 テレビでもポイ活をしている主婦が紹介されていたり、ネット上でもポイ活の記事をよく目にします。 ですが、そしがやは、ポイ活が本当に得なんだろうかと疑問に感じています。そういう風に考えるのは、そしがや自体がコンビニのポイントカードを利用してきたことからの反省もあります。 以前は、100円に付き1ポイント貯まるので、コンビニは、その店だけを利用して、ポイントを貯めていました。 そのコンビニの商品も好きなので、結構満足していました…

  • ローンのない家を友人価格で売ってと言われた

    「発言小町」は、時々読んでいますが、今回友人関係の難しさを端的に表す記事を読みました。 komachi.yomiuri.co.jp トピ主は、1年前に夫と当時2歳の息子を事故で亡くした31歳の女性会社員です。 現在は1人で4LDKのマンション(事故に遭う8ヶ月ほど前に購入しました)に住んでいます。高校時代からの友人のAとBが、主人と息子に線香をあげに来た時に、ローンもなくなったので、広すぎるそのマンションを売却するつもりだと話してしまいました。 すると後日Aから連絡がありタイトルの通り「友人価格で家を売ってほしい」と連絡がきました。Aは賃貸アパートに住んでいて、現在2人目を妊娠中です。Aからの…

  • 48歳独身男性、貯蓄1億円。いますぐ仕事を辞めてアーリーリタイアしたい…!

    現在は、FIREがブームなっているので、アーリーリタイアしたがっている人が増えてきたとネット上の記事を読んでいると感じます。 今回読んだのは、貯金1億円の48歳独身男性のものです。 www.msn.com 相談内容 48歳独身アパート暮らし。借金なし。すぐにでもアーリーリタイアしたい。いますぐ可能か、注意点や問題点を確認したい。貯蓄はあるが資産運用していないので将来的なことも考え、資産運用をどの程度するべきか?も知りたい。 貯蓄が普通預金で1億円とちょっとある。その他に資産はなし。車1台(普通車1000cc)、車以外の保険は未加入。大きな病歴なし。25歳から福利厚生がきちんとした1000人規模…

  • 厚切りジェイソン、ツイート全消し 米国株下落で非難殺到か?

    タレントの厚切りジェイソンさんが批判を受けているようです。 www.itmedia.co.jp タレントの厚切りジェイソンさんが、運営するツイッターの投稿をすべて消したことが話題になっている。22万人あまりのフォロワーを持つ人気アカウントであり、影響力は大きかった。削除の理由は明かされていないが、同氏が推奨してきた米国株投資に逆風が吹いているためではないかと見られる。 推奨していた米国株投資に逆風が吹いてきたので、批判を受けて、ツイッターをすべて削除したというものです。2021年末発売の書籍『ジェイソン流お金の増やし方』では、米国ETF VTIを推奨していましたが、米中央銀行に当たるFRBの利…

  • ドーナツ 3度目のブームが来た?

    大学へ行かない日の午後は、余程の雨でもない限りは散歩に出ることにしています。 いくつかの定番の散歩ルートがありますが、その中でも川に沿った遊歩道は、よく行くところです。 そんな散歩の道でも季節の移り変わり以外にもいろいろな変化を感じることができます。 散歩の前後に駅前を通ることがあります。 その時に駅前にいつも長い行列ができている店があるのが気になっていました。 以前は、スターバックスだった場所です。 今までは、人気のある店だな、と通り過ぎていたのですが、先日、店を覗いてみるとドーナッツの店でした。 店の周りを10メートルほどの人の列が続いています。 ドーナッツというとコンビニでたまに買うくら…

  • 老後資金2000万円問題はどうなった?

    2019年に老後資金2000万円が足らないという問題が世間を騒がせました。 普通の高齢世帯では老後に約2000万円が足らなくなるというものです。 メディアでも大きく取り上げれました。 ですが、最近は、まったく聞かなくなりました。 どうなったのか不思議に思っていたら、こんな記事を読みました。 president.jp これは総務省の「家計調査報告」を2017年の分から最近まで調べたものです。「2000万円問題」が話題になったのは2019年の6月3日に金融庁の金融審議会 市場ワーキンググループの報告書が出た時のことです。その報告書が出た時点では2017年のデータしかありませんでしたので、上記の表の…

  • 地方から東京へ老後移住の選択 70代女性「年を取ったら都会の方が住みやすい」

    ネット上には、リタイアした都会人が田舎で暮らすメリットを取り上げた記事が結構あります。 反面、そんな記事とは異なり、田舎暮らしのデメリットについて強調した記事もあります。 ですが、逆に田舎出身者の東京でのリタイア生活について触れたものは、少ないように感じます。 今回地方から東京への移住を選択した70歳代女性の記事を読みました。 www.msn.com 13年前までは、群馬県で夫と2人、飲食店を経営していたという山口芳江さん(仮名、無職・73才)。店も繁盛しており、死ぬまで働けばやっていけると、息子2人を私立大学に入れるなど、教育費に3000万円以上かけた。ところが、息子たちが手を離れた頃、夫が…

  • ほったらかし投資術

    インデックス投資は、ここ数年ですっかり定着してきましたが、そのインフルエンサーとも言うべき山崎元と水瀬ケンイチの書いた本を読みました。 今回は、第2版以来の7年ぶりの改訂で全面改訂第3版になります。 第2版と大きく異なるのは、まえがきでも触れているように二人の著者の考え方を一本化したことです。 第2版を読んだときには、基本的な考え方は同じものの、細かい部分については、二人の著者のそれぞれの異なった意見が紹介されていて、統一性に欠けるきらいがありました。 ですが、今回の版では、それらについては、すり合わせが行われ、二人の著書ではありますが、同一人が書いたかのようにすっきりとしたものになりました。…

  • 俳優渡辺裕之さん死去

    5月3日に66歳で俳優の渡辺裕之さんが亡くなりました。 渡辺裕之さんが今月3日、神奈川県内の自宅で亡くなっていたことが5日、分かった。66歳だった。関係者によると、自宅の地下にあるトレーニングルームで倒れていたという。 最初、トレーニングルームで亡くなったということなので、何かの事故かなと思いましたが、その後の記事をよく読むと予想外のものでした。 「弊社所属俳優、渡辺裕之(享年66歳)が自宅で縊死致しました。5月3日(火)昼頃に、ご家族により発見されました。あまりに突然の出来事に、ご家族もスタッフも驚きと悲しみに呆然としております」 所属事務所の発表ですが、「縊死」という言葉が渡辺さんのイメー…

  • 親が高齢で家計は火の車なのに医学部受験を15年続ける36歳息子の「言い分」

    50年近く前の大学生のころ、高校の1年後輩の男性が何度も医学部を受験して、失敗しているという噂を耳にしたことがあります。 そしがやが大学4年になるころまで挑戦し続けているという話をきいていたのですが、就職したころには、すっかり聞かなくなりました。 その男性は、同じ中学出身で顔は知っていたのですが、いつまでも受験を続けることもできず、諦めたのでしょう。 その後は、東京で公務員生活をするようになったので、その後輩のことはすっかり忘れていましたが、今はどうしているでしょうか。そんな後輩を思わせる男性の記事を読みました。 www.msn.com 年金暮らしの60代夫婦は36歳の次男と同居している。次男…

  • 一度消えたブログが復活していた

    毎日、1時間程度他の人のブログを読んでいます。 よく覗くのは、ブログ村の興味のあるいくつかのジャンルのものです。 そこからは、いろいろと教えてもらいました。 ブログの始め方、テーマの選び方、アドセンスへの申請の仕方など諸々です。 大分参考にさせてもらってきました。 ブログを続けてきて、分からないことは、そういった先輩方のブログにほとんど載っていました。 さて、そういったブログを読んでいくといつの間にか、消えていくブログがあります。 更新間隔が長くなり、そして更新されなくなってしまうというものです。 ブログの中には、ブログを止めると宣言した上で消えていくものもありますが、多くは、そういったメッセ…

  • ゴールデンウィーク中の散歩で気づいたこと

    ゴールデンウィークになりました。 といってもリタイアした身ですから、普段と変わらない毎日を過ごしています。 午前中は、ブログを書いたり、大学院の授業の予習をしたりしています。 昼食のあとは、いつものように散歩に出るといった具合です。 ただ、散歩をすると平日と休祝日とでは、かなり様子が違っています。 一番よく行く散歩ルートは、川に沿った遊歩道を歩き、最寄りの駅まで行き、帰りは、大通りを戻ってくるものですが、普段は、遊歩道は、人が少なく、閑散としています。 帰りの駅からの道は、人通りも多くなり、スーツ姿のサラリーマンやOLに遭遇します。 他方、休祝日になると逆で、遊歩道には、散策を楽しむ家族連れな…

  • 株式投資を長年続けてきて、わかった3つのメリット

    株式投資は、20歳代後半から現在に至るまで続けています。 その目的は、当初は投資によって資産を増やしたいということでしたが、今になって思うとそれだけでなく、ほかにもいくつかのメリットがあったと感じています。 3つにまとめてみました。 1つ目のメリットは、当たり前ですが、資産を増やすことができたということです。 これが目的で株式投資を始めたのですから、当然と言えば当然でしょう。 無論、バブルやその崩壊やリーマンショックなどの山あり谷ありで失敗もいくつかありましたが、最終的には、それなりの資産を築くことができました。 それは、配当重視の長期投資に徹したからということが大きいです。 短期的な利益を狙…

  • リタイアしてからの大学生活の楽しみ方

    リタイアしてから7年経ちますが、毎日の生活を楽しんでいます。 リタイア前は、暇を持て余すことを一番心配していましたが、そういったこともなく、日々過ごしています。 そういうことがない理由としては、いまだに学生生活を送っていることが寄与していると思います。 昨年の3月に修士課程を修了しましたが、現在も科目履修生として同じ大学院へ通っています。 1科目ですが、費用は、1年間の登録料1万円、半期の授業料3万円です。 週1回の対面授業なので、昨年度までのオンラインとは違って、また元の学生生活に戻ったとホッとしています。 授業への出席のほかでは、図書館の利用できることも大きいです。 平日は、9時から22時…

  • 4日で会社を辞めました

    先日、お昼ごろ、最寄り駅まで買い物のため出かけたら、新入社員と思われるまだ仕事には、馴染んでいない様子の男女が数人、オフィスがあるビルから昼食のために出てくるのに遭遇しました。 そんな風景を見て、その初々しい姿に春が来たんだな、と思い当たりました。 それまでは、いつも午後には、散歩に出ますが、定番ルートは、川に沿った遊歩道なので、オフィスもなく、新入社員らしき人たちには、会わなかったのです。 街にこのような新入社員が目立つ季節になった一方で会社をすぐに辞めてしまう人も多いようです。 こんな記事を読みました。 www.msn.com 「当初、入社直後にもうけられた地方での工場研修は1か月だと聞い…

  • コロナ給付金4630万円を誤送金 回収は困難か

    公務員だったので、公務員がらみの記事はよく読むようにしています。 最近、一番、関心を持ったのがこの記事です。 news.nifty.com 山口県阿武町で、新型コロナの生活支援として給付される1世帯10万円の臨時特別給付金が誤って1世帯に4630万円振り込まれた問題。花田憲彦町長は22日会見を開き、誤って振り込まれた人が「返還できない」と話していることを明らかにしました。 本来なら1世帯10万円の臨時特別給付金が誤って、ある1世帯に4630万円振り込まれたというものです。 なぜこういうミスが起きたのか、不思議です。 そしがやが公務員として勤めているころは、お金に関する事務を進める時には、担当者…

  • YouTuberは、儲かるか

    現在ブログを書いているので、ほかのブロガーのブログをよく読むようにしていますが、一方でそれ以上に時間を割いているのが、YouTubeの視聴です。 何人かの定期的にチェックするYouTuberがいて、ほぼ毎日目を通しています。 それらのYouTuberは、チャンネル登録者数も再生回数も多い人がほとんどです。 内容が充実しているので、それだけ再生されているわけですが、気になるのは、その収入です。 ブログは、オワコンと言われて久しいですが、YouTubeは、実際のところどうなのか、知りたいところです。 こんな記事を読みました。 otona-life.com 「YouTubeパートナープログラム」とは…

  • 3年ぶりに対面授業に出席した

    先日、大学院の春学期の授業の2回目がありました。 1回目は、ガイダンスということでオンライン授業だったので、2回目から対面型の授業になったわけです。 3年前にコロナ渦になってからは、大学院の授業はずっとオンラインだったので、久しぶりの対面型の授業です。 大学へ行ってみると今まで見たことのないくらいの学生がキャンパス内を歩いていました。 ここ2年間ほどは、構内を歩いていても学生を見かけることは稀だったので、やっと本来の大学に戻ったかのようです。 受講した授業は、学部と共有の授業で、60人ほどの学生がいましたが、ほとんど学部の学生でしょう。 教室では学生は、隣の席を空けて座ることになっているので、…

  • 株主優待を使うためにマクドナルドに入ってみると

    3月末にマクドナルドの株主優待券が届いたので、散歩の時や大学への通学の時にマクドナルドに入って使うようにしています。 マクドナルドは、この優待券を利用する時だけ入っているわけです。 100株のみの株主なので、年間2回それぞれ1冊の優待券が送られてきて、1冊に6枚の優待券が綴られているので、年間では、12回マクドナルドで食事をしていることになります。 つまりそんなにヘビーユーザーではないので、時々マクドナルドに入るといろいろと気が付くことがあります。 先日、散歩の途中に最寄りの駅のマクドナルドに入りました。 注文して、待っているとウーバーイーツのデリバリーの配達員が多いのに気が付きました。 半年…

  • 深酒する人ほど貧乏に!? お金持ちが飲み過ぎない理由

    リタイアしてからは、お酒を飲むことは少なくなりました。 勤めているころは、よく職場の飲み会があり、なかなか断れ切れず、参加していました。 もともと酒の飲める体質ではなかったのですが、飲み会もそれなりに楽しいので、つい飲み過ぎてしまい、飲んだあとは、胃腸が弱いせいか、いつも下痢をしていました。 自己嫌悪に陥っていました。 そんなわけでリタイアして、酒席が減ったのは、うれしいことでした。 それでも大学の飲み会はありましたが、仕事がらみの酒宴とは異なって、そんなに酒を強制されないので、会話を楽しむことができました。 コロナ渦以降は、そんな飲み会もまったくなくなり、ここ3年ほどは、アルコールを口にして…

  • 最新版!大学生の仕送りの平均額はいくら?

    先週から大学の新学期が始まり、大学のキャンパスは、新入生であふれています。 一昨年のコロナ渦の時には、大学の授業がほぼオンラインになり、大学が新学期になっても学生の姿を見ることが少なく、閑散としていたのが嘘のようです。 最寄り駅からキャンパスへ続く桜並木の桜は、もう散ってしまったのですが、新入生が入学して、大学は華やいでいます。 やっと本来の大学の姿に戻ったかのようです。 そんな新入生の姿を見るとそしがやが入学したころを思い出します。 50年近く前のことです。 田舎から東京に出てきて、生まれて初めての一人暮らしで期待と不安がありましたが、親から離れて、暮らす開放感の方が強かったです。 都内の親…

  • 天皇家の恋愛

    この本のタイトルの「天皇家の恋愛」というと最近では、真子内親王の小室圭との結婚をイメージする人が多いでしょう。 メディアでもいろいろと報道されてきたので、多くの人にとってはそしがやと同じように関心を持っていると思います。 ですが、この本を読むと明治天皇以降、天皇家では、当時の国民の恋愛観、結婚観に沿ったそれぞれの恋愛があったことが分かります。 著者は、長らく皇室担当の新聞記者だった人で、明治天皇、大正天皇、昭和天皇とそれぞれの婚姻の事情について一次資料を駆使して、説明しています。 勿論、それぞれが興味深いのですが、この本の一番のトピックは、現上皇が明仁皇太子時代の正田美智子との結婚をめぐるエピ…

  • 投稿数が1500を超えていた

    今まで気が付かなかったのですが、いつの間にか投稿が1500を超えていました。 今回の投稿で1504になります。 ほぼ7年ブログを続けてきた結果です。 最初の1年ほどは、毎日更新していましたが、現在は、2日に1度の頻度になっています。 このペースがそしがやに合っているようなので、ずっと書き続けることができたのでしょう。 最初は、ブログから収入を得たいという目的がありました。 アドセンスの広告を貼って、リタイア後の収入の足しにしたと思っていました。 今になってみるとかなり甘い考えでしたね。 途中月額2万円近くまで行きましたが、2年ほど前からアドセンスのアルゴリズムが変わったせいか、急に収入が減り、…

  • 倒産続きの彼女

    前作の「元彼の遺言状」が面白かったので、同じ作者の続編を読みました。 今回は、前回の主人公の剣持麗子も登場しますが、主人公は、同じ弁護士事務所に勤める美馬玉子になります。 麗子は、あくまでも脇役です。 今回も前作と同様に最初の掴みが見事です。 「会社を倒産に導く女」と内部通報されたゴーラム商会経理部社員の近藤まりあの身辺調査を依頼され、玉子は、苦手意識を持っている麗子と二人で行うことになります。 この設定が読者の興味を引きますね。そんな中、ゴーラム商会のリストラ勧告で使われてきた「首切り部屋」で、玉子は、本当に死体を発見することになって、予想外の事件に巻き込まれていくというものです。 この作品…

  • 黒沢年雄が年金のありがたさを痛感

    現在ほぼ生活費は、年金で賄っています。 本当に年金の保険料を支払い続けてきてよかったと思っています。 現役中は、共済組合で給与からの天引きだったので、それほど負担感は、感じませんでした。 もしそしがや自身が自営業とかで国民年金加入者で自分で支払う立場だったら、40年間支払い続けるのには、かなり困難を伴ったように思います。 そういう意味では、天引きというのは、負担感を感じさせない魔法の仕組みともいえるかもしれませんね。 一方、芸能人というと芸能事務所に所属していますが、雇用契約ではないので、自営業という扱いで国民年金に加入しているイメージがあります。 人気が持続して、ずっと仕事ができる間はいいの…

  • 散歩していて気が付いたこと

    今は、桜の季節でいつのも川沿いの散歩コースは、花見の人であふれているので、違ったルートを歩くようにしています。 先日、普段は行かない街をブラついていたら、アクセアという印刷を扱っている店舗にコーワーキングスペースとして2階にカフェができていました。 以前、久しぶりに訪れた書店の2階がシェアラウンジになっていたので、こういう仕事もできるスペースを作るのが、今のトレンドなのかなと思い、店の前の看板に書かれた値段表を見ました。 15分ごとに200円(税込み220円)でした。 アプリを使うとかなり安くなって、120円(税込み132円)。 3時間パック1200円(税込み1320円)、5時間パック1800…

  • 放送大学の意外な利用の仕方

    60歳でリタイアして、ある大学のシニア向けのクラスに入ったのですが、その時には、放送大学も選択肢の一つにありました。 実際に放送大学への入学者向けの説明会にも行きました。 結局、大学のシニア向けのクラスに入学したのは、やはり対面授業でないと長続きしないと考えたからです。 放送大学には、対面授業もありますが、メインは、テレビやラジオを利用した授業になるので、それだけだと続かないと感じたのです。 先日、雑誌のプレジデントを読んでいたら、放送大学についての記事が載っていました。 学割を受けながら好きな科目の勉強ができるからお得に学べるという内容です。 放送大学の全科履修生になると学生証が発行されます…

  • 元彼の遺言状

    最近、久しぶりに推理小説を読みました。 新川帆立の「元彼の遺言状」です。 多分、推理物を読んだのは、4、5年前に東野圭吾の小説を読んで以来です。 最近は、マネー本や投資本をばかりだったので、新鮮に読めました。 この小説を読む直接のきっかけは、4月から綾瀬はるか主演でドラマが始まるからということが大きいです。 実にミーハーですが、こういう人って多いでしょう。 最寄りの駅の大型書店に行ったら、綾瀬はるかの写真の載った帯のこの本が大量に平積みになっていました。 もう一つの理由は、作者が7年前までそしがやが所属していた小説教室の出身だということです。 作者の新川帆立は、そしがやが退会してから入会したの…

  • リタイア者でも春になると眠い

    暖かくなったせいか、朝もなかなか目が覚めないことが多くなりました。 春眠暁を覚えず、とはこのことでしょう。 目覚まし時計は、7時半にセットしてあるので、その時刻に起きることにしているのですが、目覚まし時計の音に気が付かないことがあります。 先日は、9時まで寝ていました。 夜は11時半にベッドに入りますが、ずっと眠ったままということではなく、一端5時くらいには目を覚まします。 今の季節は、外がほんのりと明るくなってきたことは、カーテン越しにわかるせいでしょう。 ですが、まだまだ暗いので、起きる時間ではないと二度寝をしてしまいます。 そうすると7時半の目覚ましの音が聞こえないほど熟睡しているという…

  • 10~20代の約半分「ほぼテレビ見ない」

    60歳でリタイアする時には、テレビを見る時間が増えるだろうと考えていました。 ですが、意外とテレビの視聴時間は、増えていません。 見たいものを録画して見ることが多いのですが、それでも1日当たりにすると1時間くらいでしょうか。 録画しているのは、見るときにCMを飛ばせるからです。 本当にリアルタイムでは見なくなりました。 反面、インターネットに時間を費やすことが多くなりました。 夜は、自分の自由な時間になっていますが、部屋では、ほぼYouTubeが流れていることが多いです。 いくつか毎日楽しみにしているYouTuberのものがあり、それらを見ることが日課になっています。 そしがやもテレビを見なく…

  • 株主優待「廃止」しやすい企業の特徴 

    2022年2月14日に日本たばこ産業(以下、JT)(2914)が株主優待の廃止を発表しました。 そしがやは、JTは、配当利回りが6%超という高利回りということもあって、投資しています。 株主優待に関しては、それを主要な目的に投資をしているわけではありませんが、もらえればうれしいというスタンスです。 ですから今回の優待廃止や最近のウクライナ情勢で株価を下げているのは残念ですが、これからもJTへの投資は続けていきます。 そんな株主優待ですが、廃止しやすい企業には特徴があるという記事を読みました。 www.msn.com 株主優待投資家にとって最も怖いもの、それは株主優待の廃止ではないでしょうか。 …

  • 東京で桜の開花が発表

    昨日、いつものように午後の散歩をしました。 ルートはいうと近くの川に沿う定番の遊歩道です。 晴れていたのですが、風が冷たいにも関わらず、普段より歩いている人が多いと感じましたが、その訳は、家に帰ってから分かりました。 前日に東京の桜の開花宣言がされたのです。 それで桜の木の多い遊歩道にも、人が桜が咲いているかどうかを見るために出てきたということのようです。 ですが、残念ながら、桜の木は、昨日の段階では、まだほとんどがつぼみのままでした。 歩いた限りでは、桜の花の咲いたものは見つけられませんでした。 東京の桜の開花日とは、千代田区にある靖国神社の標本木で5~6輪以上の花が咲いた状態となった最初の…

  • オンライン授業のメリット、デメリット

    今は、春休みなので、大学院の授業はありませんが、ある授業を受講していた一部の有志の院生とオンラインで週1で勉強会を続けています。 1月で終わったその授業の教材の残りを院生だけで読んで、ディスカッションをしあうというものです。 昨夜の勉強会で、4月からの新学期から新しい教授になるので、その教授の授業形態についてしばらくほかの院生と雑談になりました。 前の教授が定年で退官になり、新しい教授のシラバスがつい最近発表になったので、4月以降の授業についての話題になったのです。 前の教授のやり方は、教室での対面授業をZOOMで生配信するというハイフレックス方式でした。 教室で授業を受けてもいいし、自宅でオ…

  • 年金生活者に5千円給付案は、選挙目当てか

    そしがやは、年金生活者で現在は、収入のほとんどが年金からのものです。 毎月、ほぼその年金内で生活はまかなっていますが、月によっては、大型家電を購入したりとか、部屋の修理が必要になって、お金が足りなくなることがあります。 その時には、貯金を取り崩して、やりくりをしています。 そんな年金生活者に5千円を配るという計画が検討されているようです。 news.yahoo.co.jp 政府・与党がコロナ禍の高齢者向け支援策として検討する「年金生活者臨時特別給付金」が波紋を呼んでいる。複数の与党幹部によると、約2600万人に一律約5千円を配る案も浮上。現役世代とのバランスを欠くため、若者や専門家からは批判が…

  • かつては銀行員、今は日当1万円の試験監督で糊口をしのぐ中高年男性のリアル

    60歳でリタイアしてからバイトを経験したのは、大学の学部の試験監督だけです。 大学院の同級生がそのバイトをしていて、仕事の内容もラクだし、日当がいいということで勧められたからです。 バイトの内容はというと、教室に集まった学部生に対して、試験の問題用紙や解答用紙を配り、開始前に注意事項を読みあげ、試験時間中は、教室内を歩いて、不正行為がないように見回ります。 最後は、解答用紙を回収するだけですから、難しいことはありません。 1日8時間やると8000円くらいになったので、いい仕事だと思ったものです。 ですが、途中でコロナ渦になったので、そのバイトも今はしていません。 そんな試験監督ですが、中高年男…

  • ウクライナ侵攻と資産運用:個人投資家はどう向き合うべき?

    ロシアによるウクライナ侵攻が起きてから20日ほど経ちました。 当初は、短期間で終了するとロシア側は、見ていたようですが、ウクライナ側の激しい反撃に事態は、泥沼化しそうな様相です。 株価の方は、日経平均もニューヨークダウも下げています。 今後の投資については、どう考えるかいろいろな記事に目を通していますが、いつも参考にしている山崎元の記事を読みました。 media.rakuten-sec.net この記事では、戦争が起きるとそのマイナス面ばかり強調されますが、利益を得ることができる人や集団がいるという世界経済の一面を指摘しています。 攻撃を受けるウクライナの人のニュース映像を見るとこれで儲けてい…

  • 散歩の途中で藤田嗣治に遭遇する

    治める 午後には、だいたい散歩に出かけます。 毎日、ルートは、変えるようにしていますが、よく寄る場所として図書館があります。 徒歩30分圏内に図書館が4館あるので、途中でそこへ入って、少し休んで、新聞や雑誌を読んだりしています。 一番よく行くのは、最寄り駅のそばの図書館ですが、ほかには、定番散歩ルートである川沿いの遊歩道の途中にある図書館にも立ち寄ることも多いです。 ここ数日、暖かくて気持ちの良い日が続いているので、冬の間は、行かなかった隣の区の図書館へ思い立って、行ってみることにしました。 1時間近く掛かるので、体調が良くて、気合を入れないと行く気にならない場所です。 公園の中にあって、環境…

  • 金融資産2億円の会社員が居酒屋で元上司にお金の話をしたらとんでもないことに

    勤めているころから投資の話を同僚や上司に話したことはありませんでした。 それは、そういう話をすると仕事もちゃんとしないで、投資にうつつを抜かしていると思われそうな気がしたからです。 あるいは、お金がそんなにあるのなら、個人的に貸してくれとか頼まれそうな心配もあったからです。 飲み会の席などでは、気が緩み、話したい誘惑にかられたこともありましたが、どうにか抑えることができました。 そういうわけで元いた職場の人間は、そしがやが投資をしていたことは知らないと思います。 ですが、気を許してしまい、お金のことを話してしまった会社員の記事を読みました。 www.msn.com 株式投資で資産を築いてからの…

  • 格差社会に負けないためには、リスクを取るしかない

    かつては、日本は総中流社会と言われていました。 明日は、今日よりも給与が増えると皆が考え、国民のほとんどが未来は、明るいと思っていたものです。 ですが、バブル崩壊後は、給与は上がらず、デフレが長く続き、物価は、安いものの格差は広がり、日本の経済的な地位は、世界的には、落ちているのが現状です。個人でも同様です。 ネット上のブログの記事を読んでも給与は安いままの人が多いようです。 多分、今後の日本では、過去のように給与が画期的に上がることは、もう見込めないでしょう。 これは、政府が悪いとかではなく、高齢化していく社会の中で国全体としての経済的な活力が失われていくので、当然かもしれません。 そんな中…

  • 年金受給者もふるさと納税ができる

    2週間ほど前に確定申告をしました。 その事前準備として源泉徴収票や社会保険料の書類をもとにいろいろと計算をしていて、所得税額を出しました。 源泉徴収される所得税と比較すると令和2年分までは、計算上の所得税は、0になり、源泉徴収された所得税は、全額還付されました。 ですが、令和3年は、65歳を過ぎて基礎年金分が支給されることになったので、計算してみると源泉徴収された所得税額は、一部しか還付されないことが分かりました。 実際に税務署で申告をしたときも同じでした。 基礎年金が共済組合分といっしょに支給されるようになったことは、うれしいのですが、所得税が全額還付されないことは、ちょっと残念でした。 そ…

  • 散歩の途中、シェアラウンジを見つけた

    毎日午後に散歩していますが、できるだけルートを変えて、何か新しいものを見つけようと思っています。 ここ最近、暖かくなったこともあってか、数日前にしばらく行っていなかった書店まで行きました。 長い距離を歩くので、冬の間は寒くて、そこまで行く気にならなかった場所です。 久しぶりに行ってみたらその書店の一部がシェアラウンジになっていました。 シェアラウンジというのは、有料制でそこで仕事をしたり、カフェとして利用する場所です。 日曜の午後だったせいもあってか、席はほぼ埋まっていました。 料金はというと60分でソフトドリンクプランで税込み1650円、アルコールプランで2200円でした。 延長は30分ごと…

  • 54歳無職、公務員を早期リタイアし後悔

    FIREということで早期リタイアがブームですが、いろいろなブログ等の記事を読んでいると早期リタイアして良かったという人と逆に後悔しているという人とがいるようです。 後悔している人の記事を読むと、いざ退職してみても収入がないことで資産が減っていくという経済的な不安が一番多いような気がします。 そんな人がフィナンシャルプランナー(以下FP)に相談した記事を読みました。 www.msn.com 相談内容 職場での処遇、人間関係及びメンタルで公務員を30年勤めて早期退職しました。ここ数年は、早期退職をする人がいましたので、自分も何とかなるという軽い気持ちでしてしまいました。ところが、正規では仕事に就け…

  • 米国人の7割は「収支ギリギリ」の生活

    アメリカというと世界で一番豊かで、新しい新興企業も続々と誕生し、革新的なイノベーションが生まれてくる国ですが、一方では、競争が激しく、貧富の差も激しい国です。 日本はというとかつては、1億総中流と言われたときもありますが、現在では、格差が広がっています。 そんなアメリカの現状についての記事を読みました。 news.yahoo.co.jp ワンポールの最新調査により、米国人にとって資産形成がますます難しくなっていることが明らかになった。10人中7人が、現在ギリギリの収支で生活しており、毎月請求書の支払いを終えると何も残らない状態だと答えたのだ。 この記事によると米国人の10人中7人が、現在ギリギ…

  • ロシアのウクライナ侵攻で投資環境はどうなる?

    2月24日、ロシア軍がウクライナへ侵攻しました。 予想されていたこととはいえ、ショックな出来事です。 21世紀になってもこのように軍事力によって問題を解決しようという国がまだあるということは、驚きです。 そんな国と日本も国境を接しているという現実を深く受け止めなければいけませんね。 あと感じたのは、今回の国際社会のロシアへの対応次第では、日本の近隣でも同じことが起きないとも限らないということです。 具体的には、台湾です。 国際社会が今回のロシアの侵略行為に対して誤ったメッセージを出してしまうと中国の台湾侵攻ということもあり得そうな気がします。 北京冬季オリンピックは、問題を残したまま終了しまし…

  • 確定申告を終えた

    一昨日、確定申告に行ってきました。 e-taxに挑戦してみてもよかったのですが、税務署が歩ける範囲にあるし、疑問点があれば、すぐに聞けるということもあり、今年も例年通り会場に行って申告してきました。 確定申告は、在職中のころからしてきました。 ふるさと納税をしていたので、そのためです。 その後、リタイアしてからもずっとしていますが、令和3年分の還付額が一番少なかったですね。 それまでの共済組合年金に加え、65歳からの基礎年金分が増えたので、収入が増えたということが大きいです。 とはいえ、この確定申告が住民税額にも影響するので、これはしなくてはいけないですね。 今回税務署に行って、感じたのは、昨…

  • 「1億2000万の相続金を5年で使い果たした」生涯無職・長男57歳を"放置"した82歳老母の悔恨

    1億円というとほとんど人にとっては、資産形成の一つの目標だと思います。 そしがやも目標にしてきましたが、結局成し遂げることはできませんでした。 ですが、相続で1億円以上の金額が手元に入ったのに、5年で使い果たしてしまったという記事を読みました。 president.jp 年金暮らしの82歳の女性は57歳の長男と同居している。長男は統合失調症などを患い、これまで一度も働いたことがなく、障害年金を受給している。女性が50年以上前に離婚した男性が5年前に他界したことで、長男には1億2000万円もの遺産相続金が転がり込んだ。ところが、長男はたった数年でそれを使い果たしてしまう。 この記事を読むと、いか…

  • リタイア生活をするために大事な5つの条件

    1月で大学院の授業が終わり、今は、春休みです。 院生の有志との週1の勉強会は続けていますが、授業がないので、のんびりと日々を送っています。 リタイア生活も7年目になり、4月で8年目に突入します。 リタイア生活も全体としては、穏やかに過ごせたと思っています。 ほぼリタイア前の予想通りの生活です。 このようにつつがなく、リタイア生活を送れた5つの条件を考えてみました。 1番目は、お金です。 これが一番です。 経済的な余裕がないとリタイアは、できません。 そしがやの場合は、65歳からは、年金を満額受給していますので、これが現在の生活の一番の経済的な基盤になっています。 38年間勤めて、年金を払い続け…

  • 「ネット無料」物件の当たり外れ 入居者たちを悩ます「回線速度の遅さ」

    現在のマンションには、12年ほど前に引っ越してきました。 その時には、ネットが無料で使えるというので、うれしかったものです。 その後、パソコンでインターネットを使うのにも特にストレスを感じることなく、過ごしてきました。 メール等の使用がメインだったこともあります。 ですが、2年ほど前からコロナ渦で大学院の授業がオンラインになり、ズームを使用するようになると無料のネットの回線速度の遅さが気になりだしました。 相手の声はまだしも、こちらの声が相手に伝わるのが、かなり遅いのです。 自分がしゃべって、相手の反応が返ってくるのが、数秒遅れるので、ストレスを感じるようになりました。 まるで月からの中継のよ…

  • 携帯電話にかかってきた謎の電話

    携帯電話を持っていますが、発信者が分からない電話番号だと出ないようにしています。 もう仕事をしていないので、電話をしてくるのは、番号を登録した、数少ない友人、知人に限られているからです。 それ以外だと何かの勧誘だと思い、電話には出ません。 特にこれで困ったこともありません。 数日前からある特定の電話番号からの電話が携帯電話に何度か掛かってきました。 一度くらい掛かってきても出ないとその後は、電話をしてこない場合がほとんどだったのですが、今回は、続けて3回ほど掛かってきます。 その電話番号には、心当たりはありません。 ネットでその電話番号で検索してみました。 ある法律事務所の電話番号でした。 そ…

  • 将棋・藤井聡太四冠が王将奪取 最年少19歳で五冠に

    そしがやは、将棋が好きでほぼ毎日タブレットで将棋のゲームソフトで遊んでいます。 今は、ぴよ将棋というソフトが気に入っています。 このソフトでは、レベルを選べるのですが、現在は、「ピヨ斗」という初段レベルです。 数日前までは、10回に1回程度しか勝てずに、悔しい思いをしていたのですが、昨日あたりから5割から6割程度は、勝てるようになりました。 ソフトの動きのクセが分かってきたせいでしょう。 もうちょっとで上のレベルに行けそうです。 またテレビでもEテレのNHK杯テレビ将棋トーナメントは、毎週欠かさず見ています。 最近では、羽生善治九段が準々決勝で出口若武五段に勝った試合が印象に残っています。 羽…

  • あおぞら銀行bank支店に口座を作る

    1月で大学院の授業が終わって、2月3月は、春休みです。 院生の友人たちと続けているズームによる週一の勉強会と2週間に一度のタイムを読む会という英語の勉強会のほかは、まったくフリーの状態です。 それ以外は、来年度のほかの専攻への入学試験に備えて、50枚の論文を書くための資料の読み込みをしています。 このような毎日ですが、日々の生活は、それまでとほとんど変わっていません。 コロナ渦ということもあって、ほぼ毎日自室で過ごしています。 外出するのは、午後の買い物を兼ねた散歩くらいです。 そんな中、先日、あおぞら銀行bank支店に口座を作りました。 その理由は、金利が高いことです。 普通預金で0.2%(…

  • ジェイソン流お金の増やし方

    よく見ている両学長や中田敦彦のユーチューブで紹介されていたので、読んだ本です。 一言で言えば、インデックスファンドの勧めですが、この通りやれば、誰でも資産運用に成功できる可能性が高いと感じました。 今回この本について、要領よくまとめた記事を読みましたので、取り上げてみます。 www.j-cast.com ジェイソンさんは、1986年アメリカ・ミシガン州生まれ。17歳の時、飛び級でミシガン州立大学へ入学。イリノイ大学エンジニアリング学部コンピュータサイエンス学科修士課程修了。最初はGE(ゼネラル・エレクトリック)に就職。その後来日して、現在はIT企業の役員をしながら日本での芸能活動を続けている。…

  • 2030年札幌五輪を阻止するために今やるべきこと

    現在、北京で冬季オリンピックが開かれています。 開催前は、人権問題等で開催にかなり懐疑的な声が強かったのですが、いざ開かれてしまうとテレビは、オリンピック関連のニュース一色になっています。 これって、昨年の東京オリンピックの時と同じですね。 東京オリンピックの時も開催前は、「コロナ渦なのに、なぜオリンピックをやるのだ」という反対の声が多かったです。 そんなオリンピックですが、2030年の冬季オリンピックを札幌に招致しようという動きがあります。 ですが、東京オリンピックのことを思い出してみると招致には、個人的には、反対すべきではないかと考えています。 そんな札幌オリンピック招致についての記事を読…

  • マンガでわかる バフェットの投資術

    ウォーレン・バフェットというと世界でも最も有名な投資家の一人でしょう。 そしがやも彼の名前は勿論聞いてはいたのですが、どういう人生を歩んできて、現在のような投資家になったのかは、知りませんでした。 一度彼についての本を読もうと思って、『スノーボール』という彼の伝記を読み始めたのですが、最初の十数ページで脱落してしまいました。ちょっと難しすぎたようです。 それで今度は、マンガで書かれている本を見つけ、読んでみました。 この本は、バフェットのこれまでの人生を投資を中心として述べているものです。 びっくりするのは、バフェットが幼い時からビジネスをしていることです。 チューインガムやコカコーラの訪問販…

  • フェイスブックの苦い思い出

    メタというと旧フェイスブックですが、今期の決算が悪く20%株価が下落したというニュースを読みました。 www.cnn.co.jp ニューヨーク(CNN Business) 交流サイト大手の米メタ(旧フェイスブック)が2日発表した2021年10~12月期決算は純利益が前年同期比8%減の約103億ドル(約1兆1800億円)だった。 決算発表を受けてメタの株価は時間外取引で一時23%下落した。 アメリカ株には、投資していないので、メタの下落によって直接の影響を受けることはないのですが、フェイスブックについては、苦い思い出があるので、気になるニュースでした。 一昨年のことですが、大学院の授業で教員との…

  • 「寝たきりの親にパラサイト」か、訪問診療医射殺事件

    亡くなった高齢の母親の主治医を息子が猟銃で撃ち殺したという事件が最近、ありました。 かなりショッキングな事件でしたが、その内幕に触れた記事を読みました。 news.yahoo.co.jp 1月27日、渡辺宏容疑者(66歳)は埼玉県ふじみ野市の自宅で、前日に死亡した母親(92歳)の担当医だった鈴木純一さん(44歳)を人質に立てこもり、散弾銃で撃って殺害した疑いで逮捕された。医師の筒井冨美さんは「自らは働かず、寝たきりの親の年金収入を生活の糧とする家族の中には親に対して際限なく延命治療をリクエストするケースが少なくない。それは、愛する親を死なせたくないという気持ちゆえの“懇願”であることもあるが、…

  • タワマンに住んでよかった…タワマン否定派に反論

    近所にタワマンがあります。 10年ほど前に建設されたころは、一度は、住んでみたいと考えたこともありましたが、最近は、否定的な意見が増えてきたせいもあって、そんなに良いとも思えなくなっています。 ネット上の記事を見てもタワマンについては、肯定的なものは少ないように感じます。 そんな中、肯定派の意見を読みました。 news.yahoo.co.jp 筆者は、山手線沿線のタワマンの高層階に16年間住んでいるという不動産鑑定士ですが、メリット、デメリットを以下のようにまとめています。 ■一般論のメリット ・眺望がよい ・共用施設や周辺施設が充実している ・セキュリティが高い(防犯・防災) ・耐震に強い …

  • ノーマネーデイ

    毎日家計簿をつけています。 だいたい何らかしらでお金を使っています。 一番多いのが、昼食代です。 朝食は、そしがや自身が準備して、夕食は、妻が作ってくれるのですが、昼食は、各自で摂ることにしていることもあって、外で食べることが多いです。 コロナ渦前の大学へ通っていたころは、学食を利用していました。 500円程度の定食でした。 オンライン授業になってしまってからは、ほぼ自宅にいるので、平日は、近くの自治体の庁舎内の食堂で食べています。 定食が600円前後と安いので、重宝しています。 ただ土日は、やっていないので、コンビニで弁当を買っています。 500円程度のものです。 それに午後の散歩のときに途…

  • 節約好きが「やめてよかった」と思う節約術3つ

    節約の大切さは、知っていたつもりですが、古典的な名著「となりの億万長者」を読んでから、お金を貯めるためには、収入を増やすより、支出を抑えることがより大事だと悟り、日々節約に努めてきました。 いろいろと節約術に試してきましたが、かえってムダだったというものもありました。 そんな「やめてよかった」と思う節約術についての記事を読みました。 www.msn.com 少しでも節約するためにいろいろなワザを実践しようとすると、逆に手が回らなくなってしまい効果がなかった…という経験はありませんか? 家計改善コンサルタント・アドバイザーの高木瞳さんも昔に似たような経験をしたそうです。しかし、難しい節約ワザをや…

  • お気楽なリタイアができた4つの理由

    現在、リタイア生活を送っていますが、ほぼリタイア前に予想していた日々です。 ここ2年間ほどは、コロナ渦によって、いろいろと活動は制限されるのは、さすがに予想できませんでしたが、こればかりは、ほかの人も同様でしょう。 そんなわけで楽しく暮らしています。 仕事もしていないので、同じ年齢で働いている人から見れば、お気楽な毎日に見えそうです。 そんなお気楽なリタイアができた理由を考えてみました。 1 借金をしなかった 現在、経済的に余裕があるのは、住宅ローン等の借金をしなかったことが大きいです。 人生でした唯一の借金は、大学の時の奨学金ですが、卒業後10年で返し終わってからは、借金を一切していません。…

  • リタイアする時に捨ててよかったこと4つ

    60歳でリタイアした時には、いろいろと捨ててよかったものがあります。 仕事をしていると捨てようにも捨てられないものが種々あるものです。 その後リタイア生活は、7年目を迎えていますが、リタイアの時に捨ててよかったものを4つ挙げてみました。 1 仕事がらみの無意味な人間関係 仕事をしているときに一番煩わしく感じたのが、仕事がらみの人間関係です。 まず、各種の飲み会がありました。 上司から「ちょっと一杯、行こう」と誘われることもありました。 勤めをしている以上は、それらは、断ると仕事に影響が出ると思い、断れませんでした。 飲み会以外でもランチに誘われたりとかありました。 リタイアした時には、一切そう…

  • ごく普通のサラリーマンが「投資信託メイン」で資産4億円を達成するまでに犯した"恥ずかしい失敗"

    「となりの億り人」については、すでに記事にしていますが、その中に登場するこん吉さんのことを取り上げた記事を読みました。 www.msn.com 「こん吉」さんは60代、中国地方に住む個人投資家で、私は彼と知り合ってからもう10年ほどになります。こん吉さんも多くの億り人と同様、親からの遺産を相続したわけではなく、個人で事業をやって儲けたわけでもありません。元々はサラリーマンとしてコツコツと投資を始め、今では4億円を超える金融資産を保有する、大成功した投資家です。 こん吉さんは、60歳代ということですから、そしがやと年齢が近いです。 現在の資産が4億円というと見事なものですが、ここまで来るには、数…

  • 米女性が宝くじで830億円 単独では北米史上最高当選額

    宝くじは、「愚者の税金」という言葉もある通り、ほとんど税金のようなものだと考えているので、買ったことはありません。 リタイアした今でさえ税金を払っているのに、それ以上払う気にならないからです。 ですが、宝くじ売り場に並ぶ人を否定する気にはなりません。 そしがやの代わりに喜んで税金を払ってくれているからです。 宝くじの購入金額の50%近くは、地方自治体で高齢化少子化対策、防災対策、公園整備、教育及び社会福祉施設の建設改修などとして使われています。 そんなわけで、より多くの人が宝くじをもっと購入してほしいくらいです。 このような宝くじですが、こんな記事を読みました。 www.bbc.com 単独と…

  • 年金開始、75歳にすると…受給額8割増が生涯続く

    現在年金を受給していますが、収入の面では、ほとんどが年金が中心になっています。 支出が今は、多いので、毎月赤字になっていますが、それは貯金を取り崩して、生活しています。 65歳で年金を受給するときには、繰り下げ受給も検討しました。 ですが、それまでの貯金の減り具合がかなりだったということもあり、65歳からの受給にしました。 年金受給の結果、毎月の資産額の減額の割合は、一挙に減り、たまたま昨年は、株高に恵まれたこともあり、資産額が増えるという想定外の結果になりました。 そんな年金の繰り下げ受給ですが、今年の4月から今までの70歳から75歳へ開始年齢が上がります。 www.nikkei.com 「…

  • リタイア生活で予想外だったこと

    公務員生活をしてきて、60歳でのリタイアをずっと楽しみにしてきました。 ストレスフルな生活をしてきたのですから、当然でしょう。 リタイアした時には、やっと自由になれるとうれしく思ったものです。 ですが、正直言って一抹の不安がないわけでもなかったのも事実です。 例えば、リタイア生活の途中でお金が無くなったらどうしよう、することがなくなったらどうしよう、大病したらどうしようとかです。 ですが、そんな心配は、杞憂に終わっています。 お金についていえば、2021年は、かえって資産は増えました。 株高に助けられたこともあり、年金を受給してみると意外とお金は、残るものです。 することがない問題ですが、これ…

  • となりの億り人

    以前、「となりの億万長者」という本を読んだことがあります。 アメリカの億万長者について調査した本で、億万長者は、世間で言われている金持ちのイメージとは違って派手な生活ではなく、地味な生活を送っていて、地道に資産形成をしてきたというものでした。 今回、その日本版ともいえる本を読みました。 この本によると「億り人」と言われる純金融資産1億円以上を保有する層はわずかしかいないように思えますが、2020年の日本の5572万世帯のうちの2.4%が該当するといいます。 つまり世帯主100人の内2〜3人の割合で存在するということです。 多分、多くの人は、意外と多いなという印象を持つのではないでしょうか。 著…

  • リタイアして健康のためにしている4つのこと

    リタイアして7年経ちますが、最も大事だと考えていることが健康です。 リタイア前から風邪を引きやすい方で、そんなに頑強というような体質ではなかったので、健康には気を付けています。 とりあえず7年の間には、そんなに大きな病気もせずに過ごせたのは、健康に留意してきたことがあると思います。 そんなわけで4つの健康のためにしていることを取り上げてみます。 1 散歩 雨とかで天気が悪い日のほかは、午後に散歩をしています。 11月くらいまでは、陽気が良かったので、主に近くの川の遊歩道を歩いていたのですが、今は寒いこともあって、最寄りの駅まで歩き、駅ビルの中をブラブラすることが増えました。 暖かい日は、遊歩道…

  • お金は使い切って死ぬべきか

    60歳でリタイアするときには、その後の資産の変化のシュミレーションをしました。 90歳まで生きるという想定です。 その90歳の時点では、資産は、葬式代程度の金額を残して、ほぼなくなると結果でした。 両親共80歳代で亡くなっているので、まず90歳までは生きることはないだろうと考えていました。 実際にリタイア生活を送ってみると年金が満額出るようになった65歳までは、想定通りでした。 ですが、一昨年、昨年は、シュミレーションより資産額は、2年連続で増えるという予想外の結果になりました。 昨年は、株高で収入が増えたということが大きかったです。 一昨年はコロナ渦で旅行等ができなくなり、思っていたより支出…

  • 年金だけでは足らないので、どうするか

    三が日も過ぎ、世間はすっかりいつものように活動していますが、そしがやは、いまだに大学院の授業が始まっていないということもあり、まだお休みモードのままです。 明日は院生による勉強会があるので、これでやっと普段の日常が戻ってきそうです。 ただこういう風にのんびりできるのもリタイア生活をしているからこその利点でしょう。 正月の間は、今後の資産のことについて考えていました。 年末に作った2021年の損益計算書を材料に今後の資金運用のことに思いを巡らせていたのです。 損益計算書によると収入としては、年金が9割を占め、残りは配当やこのブログ収入などなので、圧倒的に年金の割合が多いです。 これは年金を受給し…

  • 60代は投資をする意味がある?

    現在そしがやは、60歳代ですが、日本株の個別株式投資をしています。 資産の10%以内という条件です。 ここ数年は、ほぼNISAの範囲内で取引をしています。 これは資産を増やすというよりも年齢的に資産を失うと回復できないので、負けない投資に徹しているということです。 それに投資するのは、銘柄を選んだりするのが楽しいということもあります。 先日、久しぶりに前の大学のシニアクラスの友人たちに会いました。 コロナでずっと取りやめになっていた飲み会です。 オミクロン株が心配だったのですが、幹事の判断で行われました。 いろいろと話が出ましたが、そんな中、一人の友人から「これから株をしたいんだけど」という相…

  • 子なしリタイア者にはライフイベントはない

    今日で正月も3日目になりました。 寒いですが、穏やかな日々が続いています。 子供のころの正月というと親戚に家に行って、御馳走を食べ、お年玉をもらうなどのイベントがありました。 ですが、現在は、子どもがいないこともあって、正月も含めそういったイベントは、まずありません。 子どもがいれば、学校への入学、卒業、就職、結婚、孫の誕生などのライフイベントがあります。 大変なこともありますが、多くの親たちにとっては、子どもの成長は、楽しいものです。 正月だと、子どもが孫を連れてくるのもうれしいでしょう。 そしがやは、夫婦二人暮らしなので、そういったものはありません。 正月でいえば、年賀状が来るぐらいで、親…

  • 2022年新年のあいさつ

    明けましておめでとうございます。2022年になりました。今年もよろしくお願いします。 昨日は、2021年の損益計算書を作成していました。損益計算書というのは、1年間の収入と支出をまとめたものです。リタイア前から毎年作っています。2020年は、リタイア後、初めて黒字になったのですが、2021年はまた赤字に戻ってしまいました。 預貯金を取り崩して、補填することになりました。 赤字になった理由としては、収入面で見ると、コロナで大学の試験監督のアルバイトをしなくなったことや10万円の定額支出金がなかったことが理由としてあります。 支出面でいうと、洗濯機やパソコンといった大型の家電を購入したことが大きか…

  • 天才たちの日課 クリエイティブな人々の必ずしもクリエイティブでない日々

    リタイアしてからは、ほぼ毎日同じような日課で過ごしています。 毎朝7時半に起き、ストレッチをして、朝食を取り、ブログを書き、大学院の授業の予習をして、昼食を取ります。 午後は、散歩をして、戻ってきてからは、読書をしたり、ユーチューブを見たりします。 無論、週に何日かは、オンラインの授業があるので、その時は、ズームで授業に参加します。 夕食後は、テレビを見たり、読書をして、11時半に寝るといった日々です。 なぜこのように毎日同じルーティンを送っているかと言えば、仕事をしていないので、ルーティンを決めて律していかないと生活が乱れて、体調を崩しそうに思えたからです。 そんな日々のせいか、健康に過ごし…

  • 個人金融資産2000兆円時代

    日本経済は、失われた30年と言われていますが、個人資産は、過去最高額を更新したというニュースを読みました。 www.nikkei.com 日銀が20日発表した9月末の個人の金融資産残高は1999兆8000億円と、過去最高を更新した。増加は6四半期連続で、この間に183兆円増えた。10月以降も米国株高や円安が続き、投信の価格は値上がりが目立っている。12月にはボーナス支給もあり、金融資産は2021年中に2000兆円の大台を突破する公算が大きい。 これって、びっくりする数字ですね。 2021年末には、個人資産は、2000兆円の大台を突破する公算が大きい、というものです。 現預金は1072兆円と資産…

  • リタイア後の投資

    現在、67歳ですが、投資は、全資産の10%ほどにしています。 日本個別株がほとんどで配当重視の投資です。 人によっては、もっと資産に占める投資割合を増やしてもいいのでは、思う人もいるかもしれませんが、今は、働いておらず、収入は、年金がメインの中では、これ以上割合を増やす投資は、リスクが大きすぎます。 株価が下落したら、目も当てられません。 仕事をしているころなら、給与収入があるので、株価が値を戻すのを辛抱強く待つこともできますが、年金収入だけの現状からするとそういうリスクを負うことはできません。 いろいろなブログを読むとリタイア後やあるいは、まだそこまでも行かなくても50歳代になって、初めて老…

  • リタイアするためにやめてよかった5つのこと

    現在リタイア生活を送っていますが、特に経済的には困らず生活できているのは、過去にやめたことが役立っている面があります。 やめたころには、そのことが将来のリタイア生活にプラスになるとは、思ってもいなかったものもありますが、結局は、今のリタイア生活にかなり寄与しています。 そんな5つのことを取り上げてみます。 1 クルマ 18歳で大学に入るために東京に来てからずっとこの都会で暮らすことに決めていました。 22歳で地方公務員になったので、転勤もなく、現在に至るまで東京に住み続けています。 東京は、公共交通手段が発達しているので、クルマの必要性を感じませんでした。 それに趣味としてクルマに乗ることもな…

  • 「助けてください」フィリピン移住男性・31歳下妻との“お金がなくとも幸せな生活”が急転

    55歳ころからリタイアを考え始めましたが、外国で過ごすことを夢見ていた時がありました。 気候がよくて物価の安い東南アジアの国で暮らしたいと思っていたのです。 結局、仕事のことや家族のことを考えて、それは実現しませんでした。 もし独身だったら、海外に飛び出していたかもしれません。 そんな夢にも似た思いを実現した男性の記事を読みました。 news.yahoo.co.jp フィリピンのスラムで、31歳下のフィリピン人女性と暮らす日本人男性・吉岡学(仮名)さん。日本から東南アジアへやってくる中高年は、言葉の壁で社会に馴染めないことも多いが、彼はタガログ語をしっかりと学び、現地社会にどっぷり浸かっている…

  • 10年待てないなら株を買ってはいけない

    株式投資を始めて40年ほどになります。 その間、いろいろな経験を積みましたが、結果としては、株は、持ち続けた方が失敗が少なかったです。 一時的な株価の値上がりで売却したら、その後も値上がり続けたという例が何度かありました。 下がるのが怖くて、売ったら、その直後に値を戻したということもありました。 ここ10年ほどは、配当重視の株式投資なので、そんなに短期間の売買をすることが少なくなりましたが、それでも目先の利益に捕らわれてしまうことが何度もありました。 そんな株の売買について有名な投資家のバフェットの主張にふれた記事を読みました。 www.msn.com 多くの株式投資家は「安いときに買い、高い…

  • 「老後破産」しないための5つのルール

    60歳でリタイアするときには、その後の生活のことを予想して、いわゆる「老後破産」しないように注意してきました。 現在、リタイア後7年ほど経ちましたが、予定通りの支出で済んでいます。 65歳からは、年金が満額出るようになったことや投資が順調なこともあり、貯金は減っていません。 65歳までは、貯金が毎年かなり減っていったのですが、予想していた額だったので、不安は、ありませんでした。 これから大きな経済的な問題が起きない限りは、このまま順調に推移していくと考えています。 とはいえ常に慢心することなく、自戒は必要です。 そんな「老後破産」についての記事を読みました。 finance.yahoo.co.…

  • 49歳独身「住んでいる築19年のマンションが高値で取引、売って利益を投資に回す?住み続ける?」

    現在住んでいるマンションは、築20年ほどの物件です。 引っ越してきて、12年ほど経ちますが、終の棲家のつもりです。 周りの環境もいいし、間取りも夫婦二人暮らしには、ちょうどいいと感じていて、不満はありません。 ですが、時々マンションを売却するためと思われる改装工事が行われています。 居住者の中には、高値になるのなら、売却を検討している人もいるということでしょう。 マンションが高値で取引されていると知って、売るかどうか迷っている人の記事を読みました。 www.msn.com はじめまして。独身49歳女性ですが、築19年のマンションを売却するかしないかについて悩んでいます。 というのも、売却するつ…

  • インデックス投資で億りました

    インデックス投資というとリスクは少ない投資ですが、反面、億り人にはなりにくいようなイメージがあります。 億り人になった人というと個別株式等でなった人が多く、インデックス投資でなった人は、まず見かけません。 そんなインデックス投資ですが、そしがやもずっと愛読している、インデックス投資業界では著名なブロガーの梅屋敷商店街のランダム・ウォーカーさんが億り人になったという記事を読みました。 randomwalker.blog19.fc2.com 新刊に書いたのでいずれ明らかになるため自分で言います。億りました。 資産1億円を達成したということです。当ブログの読者さまならご存知のとおり、ほぼインデックス…

ブログリーダー」を活用して、そしがやさんをフォローしませんか?

ハンドル名
そしがやさん
ブログタイトル
そしがやのリタイア日記
フォロー
そしがやのリタイア日記

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用

フォローできる上限に達しました。

新規登録/ログインすることで
フォロー上限を増やすことができます。

フォローしました

リーダーで読む

フォロー