searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

そしがやさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
そしがやのリタイア日記
ブログURL
https://sosigayax.hatenablog.com/
ブログ紹介文
リタイアした公務員の日々の生活を書いていきます。学生生活、投資、などなどです。
更新頻度(1年)

181回 / 365日(平均3.5回/週)

ブログ村参加:2015/05/01

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、そしがやさんをフォローしませんか?

ハンドル名
そしがやさん
ブログタイトル
そしがやのリタイア日記
更新頻度
181回 / 365日(平均3.5回/週)
フォロー
そしがやのリタイア日記

そしがやさんの新着記事

1件〜30件

  • 気前の良かった父、没後に借金判明

    そしがや自身は、現在借金はありません。 これまでの唯一の借金は、大学の時の奨学金ですが、卒業後、10年で返し終わりました。 両親も亡くなったときには、二人とも借金がなく、相続も無事に済みました。 ですが、親が亡くなったときに思わぬ借金が明らかになることもあるようです。 こんな記事を読みました。 www.msn.com 亡くなってから借金の存在が判明し、残された家族が右往左往するケースは多い。都内在住の60代男性は、父親の死後1年以上経ってから、叔父からの電話で借金の存在を知らされたという。 「父は私のマイホーム資金のために、ポンと1000万円出してくれたのですが、実はそれは叔父から借りたものだ…

  • 朝日新聞は、オリンピックが始まったら、その報道をするのか

    東京オリンピック・パラリンピック(以下オリパラ)までの日々が、残り少なくなってきました。 メディアによると世論調査では、開催に反対の意見が多いとの報道もありました。 にもかかわらず政府は、開催という方向で現在は、進んでいるようです。先月、朝日新聞がオリンピックの開催の中止を求めるとの社説を載せました。 www.asahi.com 新型コロナウイルスの感染拡大は止まらず、東京都などに出されている緊急事態宣言の再延長は避けられない情勢だ。 この夏にその東京で五輪・パラリンピックを開くことが理にかなうとはとても思えない。人々の当然の疑問や懸念に向き合おうとせず、突き進む政府、都、五輪関係者らに対する…

  • 親しい友人「いない」3割超 60歳以上、コロナで外出減

    時々近くの図書館へ出かけます。 午後のルーティンになっている散歩の途中に寄ることが多いです。 だいたいが予約してあった本が届いたという連絡があって、受け取りのためです。 行くといるのは、平日だとほとんどが高齢者です。 子供を連れた主婦も見かけますが、圧倒的に男性の高齢者の姿が多いです。 たぶん、図書館は、高齢者にとっては、無料で滞在できる数少ない場所なので、当然多くなるのでしょう。 余計な会話をしなくてもいいし、本を受け取ったあとに新聞や雑誌を読んだりできるので、そしがやにとっても貴重な場所になっています。 そんな高齢者ですが、親しい友人がいない割合が3割を超えているという記事を読みました。 …

  • ブロガーは、ブログにどれだけ時間を掛けているのだろう

    2日に1度ブログを更新していますが、おおむね1時間ほどの時間を掛けています。 ただこれは、実際に書く時間で、その前には、アイデアを求めて、いろいろとネット上の記事を読んだりしているので、それを含めると1時間以上になるかもしれません。 しばらく前から記事に写真を入れるようにしました。 やはり写真があるとインパクトがあると思い、フリー素材から記事に合った写真を載せるようにしました。 そのためか写真を選んだりするので、また少し時間が掛かるようになっています。 とはいってもプラス10分くらいでしょうか。 他の人のブログを読んでいると写真だけでなく、しゃれた見出しを付けたり、分かりやすいグラフや表を付け…

  • ある北朝鮮テロリストの生と死

    1983年のラングーン事件といっても覚えている人は、少ないかもしれません。 北朝鮮が、ミャンマー訪問中の全斗煥韓国大統領の暗殺をもくろみ、合計21名の死者を出した事件です。 この本は、その実行犯の一人である北朝鮮テロリスト、カン・ミンチョル(以下ミンチョル)の証言を記録し、周辺資料を集めたものです。 そしがやは、ラングーン事件について、この本によっていくつかの事実を知りました。 まずは、このラングーン事件と韓国の光州で起きた光州民主化事件とが密接に関連していたということです。 光州事件というのは、1980年の5月に韓国南部の光州市で学生と軍隊との間で武力衝突が起き、多くの人が亡くなったというも…

  • 息子の新居に、老後資金800万円を使ったのちに「ATM扱い」をされた夫婦の悲劇

    そしがやには、子どもはいませんが、子どもや孫に結構お金を使っている友人がいます。 友人自身は、普段節約していて、そんなに使わないのに、子どもや孫の費用に関しては、財布の紐が緩くなるようです。 最初は、そういう風に子どもや孫にお金を使うのがうれしかったのに、それが次第に負担になってきたという夫婦の記事を読みました。 news.yahoo.co.jp 牧さんが69歳のとき、30代の一人息子が珍しく電話をかけてきた。 「娘が3歳になるので、そろそろ家を買いたい。ついてはいくらか援助してもらえないか、という相談でした」 息子一家は勤め先に近い名古屋市内に住んでいたが、「将来を考えて、新居は実家の近所に…

  • 「銀行VIPルーム」という密室恐怖

    リタイアした時の退職金は、各銀行の退職者向けの定期預金で運用しました。 退職者限定の比較的高金利のものです。 3か月程度の期間限定のものが多かったので、3か月ごとに銀行を変えていました。 ただこの退職者向けの定期預金も退職後2年程度で終わり、その後は、個人向け国債で運用しています。 その時いくつかの銀行を回っているときに定期預金と投資信託を組み合わせた、利回りの高い資産運用セットを案内されましたが、手数料が高いのがわかっていたので、利用しませんでした。 手数料負けしてしまい、銀行のカモになるのが明白だったからです。 そんな資産運用セットを利用して、後悔している男性の記事を読みました。 www.…

  • 57歳貯金900万円。賃貸住宅のまま老後を迎えるのが不安

    現在は、分譲住宅に居住していますが、以前は、公団住宅に住んでいました。 その時の家賃は、4万円くらいだったように記憶しています。 公団住宅は、ずっと住むことができるので、そのままでもいいと考えていたのですが、妻が分譲にしたいうことで現在の分譲住宅に移ってきました。 多分、一人だったら、そのまま公団住宅に住み続けたのではないかと思います。 ですが、妻と同じように賃貸住宅だと老後が不安と考える人も多いようです。 高齢者になると賃貸住宅を追い出されるのではないかという懸念を持っているのでしょう。 そんな不安を持っている人の相談の記事を読みました。 finance.yahoo.co.jp ▼相談内容 …

  • 「2代目古畑任三郎」が到底実現しない根本的理由

    先日、田村正和さんが亡くなられました。 昨日は、古畑任三郎の旧作を再放送でやっていたので、見ていました。 犯人役は鹿賀丈史でした。 古畑シリーズが放映されていたころずっと視聴するのを楽しみにしていたことを思い出しました。 再放送は、しばらく続くので、これから見たいと考えています。 この田村さんの代表作にもなった古畑シリーズですが、倒叙形式という最初に犯人がわかっていて、刑事がその過程を明らかにしていくというもので、それまでの刑事ドラマにはない形式で、見ていた当時、面白く見たものです。 刑事ドラマに特有のアクションシーンもないし、舞台劇のように刑事と犯人との二人芝居という形式が新鮮でした。 その…

  • 「年間370万円稼ぐ人は世界の上位1%に入る」先進国の恵まれた現実

    年収370万円というと日本では、低所得者の分類に入るかもしれません。 そしがやの場合は、現在は、年金収入だけなので、年収は、370万円以下です。 ただ、自分のマンションに住んでいて、家賃を払う必要もないし、子供もいなくて、夫婦だけなので、十分にやっていけます。 だから、自分が低所得者という考えたことはありません。 ですが、まだ働いていて、子どもが二人くらいいたら、この370万円というこの収入で日本で暮らすのは、大変でしょう。 しかし世界的に見たら、この370万円は、かなり上位の収入になるという記事を読みました。 news.livedoor.com 国税庁が実施した(PDFファイル)民間給与実態…

  • オリンピックのボランティアを辞退した

    リタイアしてからずっと東京都の観光ボランティアをしてきました。 都庁の展望台で外国から来た観光客へ案内をするというものです。 展望台から見える景色の説明だけでなく、都内の観光案内もしていました。 そんな中、2020年の東京オリンピックのボランティアの募集がありました。 観光ボランティアをしている人は、優先的に都市キャストに採用されるということで、ずっと東京オリンピックのボランティアをしたいと思っていたこともあり、応募して、採用されました。 何度か研修も受けましたが、2020年のオリンピックは、コロナ渦で延期なりました。 いざ2021年になってみるとやはりコロナは収まらない状況です。 都市キャス…

  • 他人の悪口を言える先輩がうらやましかった

    仕事をし始めたころに、人の悪口をよく言う先輩がいました。 10歳ほど年長のAさんです。 その場にいない別の同僚や上司の悪口を言いまくるのです。 そしがやがまだ20歳代のころでした。 そのAさんの会話の中身といったら、7割方が他人の悪口で、残りが仕事を含めたそのほかの話題といったところでしょうか。 そしがやは、Aさんといっしょになると黙って、「うん、うん」と聞き流していました。 人の悪口をしゃべるのは、悪いことだと教えられてきたからです。 ですが、自分がいないときには、ほかの同僚にそしがやの悪口を言っていることは、予想できました。 そんなAさん対しては、ほかの同僚もそしがやと同じように感じていた…

  • 32億円貯めて節税のためにシンガポールに移住してみたら

    シンガポールには、何度か行ったことがあります。 街もきれいだし、インフラも整っていて、住んでみたいと思ったものです。 ですが、55歳ころに海外でリタイア生活をしたいと考え、シンガポールも候補の一つとして、検討したことがありますが、ただ物価が高いので、普通の年金しか収入のない人間には、無理だという結論に至りました。 そんなシンガポールですが、現実には、日本からは、それなりに移住者がいるようです。 以前からユーチューブをずっと見ていた中田敦彦が今年になってからシンガポールに移住しました。 これは、いろいろと記事になっているので、ご存じの人も多いでしょう。 彼の移住の理由としては、コロナ渦で仕事がリ…

  • リタイア後の日課である散歩で気づいたこと

    リタイアして6年経ちますが、毎日していることに散歩があります。 天気が悪い日以外は、毎日しています。 今は、大学院もズームになっていて、ほぼ通学していないので、この散歩が唯一の貴重な運動になっています。 ルートは、毎日変えていますが、一番多いのは、近くの川に沿ってある遊歩道を歩くことです。 3月末には、桜がきれいでした。 今は、新緑が見事です。 サギやカモの親子もよく訪れます。 そんな自然の変化を感じるのも散歩の魅力です。 いつも歩く時間帯は、午後の2時過ぎから1時間ほどです。 以前は、そんな自然に目がいっていたのですが、最近は、同じように散歩する人に関心を持つようになりました。 これって、曜…

  • 100万円で親子の縁切る「代行サービス」が人気の背景

    そしがやの場合は、両親はもうすでに二人とも亡くなっていますが、生前は、そんなに仲は悪くなかったと思います。 普通に年数回は、帰省していましたし、一緒に旅行に行ったこともあります。 ただ、世の中には、そうでもないケースもあります。 大学時代の友人ですが、母親との折り合いが悪く、父親が存命中は、実家にも帰っていたそうですが、父親が亡くなってからは、すっかり関係が切れてしまっという人がいました。 個人的には、母親しかいないのだから、もっと仲良くしたらと感じていましたが、本人に言わせれると一種の毒親で、いろいろな辛い仕打ちを受けてきたので、許せない思いが強いとのことでした。 そんな親子の縁ですが、いま…

  • コロナワクチン予約始末記

    初めに 10日ほど前に地元の自治体からコロナワクチン接種券が郵送されてきました。 65歳から74歳までが対象です。 昨日が予約開始日でした。 午前8時30分からで、電話かLINEでの申し込みになります。 そしがやの場合は、電話での申し込みにしました。 ただ、ほかので自治体での様子を見ると電話での申し込みは、大変そうで、回線がパンクしたというニュースも流れていました。 スマホは、持っていないので、唯一所有しているアマゾンのFIRE8にLINEをインストー ルして置きました。 (なおAMAZONのFIRE8へのLINEのインストールは、以下のYouTubeの動画を参照しました。アマゾン側は、推奨し…

  • 孤独死は本当に不幸か?

    ネットや新聞に孤独死の記事が載っていることがあります。 その際の多くの記事のニュアンスは、孤独死は、不幸なことだというものです。 こんな孤独死は、以前はなかったし、現代社会に特有の問題という取り上げ方が多いような気がします。 ただ、冷静になって考えてみれば、人は亡くなる時は、ほとんどの場合、ひとりだし、テレビドラマで見るような子供や孫たちに囲まれて、病院のベッドで亡くなるというのは、例外的なものでしょう。 こんな記事を読みました。 www.msn.com 年齢を重ねたら子供に面倒を見てもらえるだろう、定年退職しても自宅では妻と一緒だから安心だろう、町内会や通院先で新たな友人ができたから寂しくな…

  • 日本特有の「株主優待」見直す動き

    12銘柄ほどの株式を所有していますが、その半数近くの会社が株主優待をしています。 来月になると株式配当の通知の来るはずですが、最近は、カタログで選ぶ会社が増えているのもうれしいです。 ただ、配当を目的に株式投資をしていることもあって、株主優待は、ちょっと株式投資の本筋とは、違うな、と感じている自分がいるのも確かです。そんな株主優待ですが、こんな記事を読みました。 news.yahoo.co.jp 株主優待は、一定の株を持つ株主に年1、2回、自社製品やサービス、金券を贈る日本特有の制度だ。個人投資家を安定的な株主としてつなぎとめる狙いがある。野村インベスター・リレーションズ(IR)によると、3月…

  • 「お墓はいらない」という選択が増える背景

    今は、コロナ渦で実家への墓参りは、1年以上行けていませんが、以前は、年に3回ほど行っていました。 そんな時に頭によぎったことは、自分の場合は、どうなるんだろうということでした。 そしがやには、子どもがいません。 仮に墓を作っても妻が亡くなった後は、誰も管理する人がいなくなります。 いつも墓参りに行く菩提寺には、誰も世話をできなくなった、荒れるにまかせた墓がいくつもありました。 そんなわけで時々、墓のことを考えることがあります。 いまだにどうするか、結論は出ていませんが、墓に関する記事には、関心を持っています。 こんな記事を読みました。 www.msn.com 「20代で家族と絶縁していることも…

  • 「東京に住むのはしんどい」か

    東京に住んでから50年近く経ちます。 何か所か引っ越しをして、現在の場所に来て、10年ほどになります。 たぶん、このままずっと東京でこれからの人生を送ることになると思います。 時々、「東京に住むのはしんどい」という声を聞きます。 リタイアしたら、田舎に住みたいという人もいます。 どこに住むかは、人それぞれ自由ですが、そしがやは、東京がそんなにしんどくありません。 そんな東京についての記事を読みました。 article.yahoo.co.jp 東京暮らし経験を持つキャリコネニュース読者からは「家賃が高い」「人が多い」など、さまざまな不満が寄せられているが、都内在住の60代男性(サービス系/年収4…

  • 失敗の本質

    小学生のころは、ずっと軍事オタクで第二次世界大戦の戦記物をよく読んでいました。 その時に考えていたのは、なぜ日本軍は、第二次世界大戦で負けたのか、ということでした。 例えば、ミッドウェイ海戦で連合艦隊がこうしたら勝てたのではないか、といろいろと検討するのが好きでした。 その後、個々の戦いを扱った戦記物だけでなく、第二次世界大戦の全体像を扱った書籍を読むようになり、近代戦は、総力戦になるので、国力において、アメリカに劣る日本が最後には、勝てないというのがわかりました。 またそれだけでなく、当時のエリート人材を集めたはずの日本軍の組織にも根本的な欠点があったのではないかとも思えるようになりました。…

  • ノートPC『Inspiron 15 3583』にメモリとSSDを増設する

    1『Inspiron 15 3583』を購入するきっかけ それまで使ってきたパソコンですが、中古で購入した富士通のLIFEBOOK S936/Mというもので、価格は、約3万円でした。 まだ購入して1年しかたっていないというのに音量が上がらなくなり、Iのキーが時々反応しなくなり、二度三度打たなくてはなりました。 音量の方はまだ我慢できるにしても、Iの入力がスムーズにいかないのは、ストレスがかかるので、新しいパソコンの購入を検討し始めました。 いろいろ調べて、今回は、コスパのいいDELLの新品のパソコンにしようとDELLの直販サイトを覗いていたのですが、昨今の半導体不足の影響か、納期が1か月後以上…

  • アメリカ人芸人はなぜインデックス投資をするのか

    芸能人で投資をしているというと何人か思い浮かびますが、個別株や不動産で投資している印象があります。 インデックス投資ではありません。 芸能人だと忙しいと思われているので、企業分析をしたり、普段から値段をチェックしていないといけない個別株や手のかかりそうに見える不動産投資をするというのは、大変そうです。 一方、最近読んだニュースでは、外国人の芸人がいずれもインデックス投資をしているという記事がありました。 二人ともアメリカ人の芸人ですが、日本人の芸能人とは、ちょっと異なった投資哲学を持っているように感じました。 money-bu-jpx.com パックン:僕の投資スタイルを一言で表すなら、めっち…

  • すごく儲かっているときに考えること

    毎月、月末に資産額を計算しています。 先月も資産額は増えていました。 理由は、支出面では、コロナ渦でほとんど巣ごもり状態なので、旅行とかの大きな出費がなかったということがあります。 収入面では、株価が好調だったことがかなり寄与しています。 60歳の定年でリタイアしてからずっと資産額は、減ってきたのですが、ここ数か月は、資産額は、むしろ増えています。 上記の2つの理由が大きいです。 そしがやの場合は、株式の資産に占める割合は、1割以下ですが、それ以上の人は、かなり儲かっているでしょう。 そんな好調な株価ですが、コロナ渦で経済は、かならずしもよくないのに、株価が高いのは、いろいろな説明がされていま…

  • 年を取るってどういうこと

    今は、世間では、ゴールデンウイークですが、リタイアした身としては、普段と変わりません。 いくつかのズームでのサークルや勉強会に参加するほかは、午後、近くの川に沿った遊歩道を散歩するだけです。 いつもと同じです。 勤めているころは、ゴールデンウイークのような比較的長い休みがうれしかったものですが、現在は、こういった生活が日常になったので、特にゴールデンウイークだからと言って、特別な感慨はありません。 ただ、仕事をしているころに比べて、明らかに変わったのは、常に体のどこかに不具合が出てくることです。 数日前、寝ているときに腰が痛くなりました。 それ以降、毎朝、腰痛予防の体操をしっかりとしています。…

  • 大河ドラマの黄金時代

    大河ドラマは、ここ数年は、最初の数回を見て、面白かったら、ずっと見続けるという形です。 今年は、渋沢栄一が主人公の『青天を衝け』ですが、最近は、ちょっと飽きてきているので、このままだと年末まで完走するのは、ちょっと難しそうです。 これまでの見続けてきた作品を思い出すと戦国物が多いようです。 前作の『麒麟が来る』はずっと見ていました。 あと思い出すと『真田丸』が面白かったですね。今回そんな大河ドラマをテーマにした本を読みました。 この本では、1963年の『花の生涯』から91年の『太平記』までが取り上げられています。 無論、見てない作品も多いのですが、主にNHK職員に取材したものです。 内容はと言…

  • 「自然との共生」夢見て山林に移住した漫画家が直面した過酷な現実

    「ポツンと一軒家」という番組をよく見ています。 山の中の一軒家をテレビ局のスタッフが訪ねて行って、その家に住む住民のことを紹介する番組です。 それぞれの家には、家族の歴史があり、いつも面白く視聴しています。 多くは、先祖からその地に暮らしていた人が多いのですが、中には、地縁がないのにそんな山林にあこがれて暮らしている都会育ちの人のケースもあります。 いずれも山の中での暮らしを楽しんでいるように思えます。 そんな山林に入植した漫画家の記事を読みました。 www.msn.com 机にしがみつく暮らしが30年近く続き、ネタ切れ・蓄積疲労・倦怠。さぁ、どこに逃げるか、ということで出合ったのが、福島の山…

  • 無職の男性39歳、スマホ7台を駆使しお金を使わない生活

    使っているのは、ガラケーなので、なぜスマホを持たないのと聞かれることがあります。 その理由はと言えば、スマホの方がいろいろと利便性があることはわかっているつもりですが、本体価格が高いし、月々の維持費もかなり掛かるということです。 大学院では、教授と学生との連絡をスマホのLINEでするクラスがあったのですが、一人だけ持っていなかったので、わざわざそのためにパソコンで利用できるメイリングリストを作ってもらって、恐縮したことがあります。 そんなスマホですが、こんな風に利用しまくっているという記事を読みました。 news.yahoo.co.jp 無職のどぴゅさん(39歳)は、自前のスマホ7台を駆使し、…

  • 15年出勤せずに総額7000万円の給与をもらい続けていた公務員

    40年ほど前、公務員として勤め始めたころ、こんな話を聞いたことがあります。 隣の自治体の職員が、朝、出勤してきて、出勤簿にハンコを押したら、すぐに姿を消し、また退庁時間にだけ姿を現すというものでした。 その間、何をしているかというとほかの会社の仕事をしているということでした。 公務員の身分で職場には、内緒にしたまま他の会社で働いているというケースです。 給与の二重取りですね。 これって、信じられないような話ですが、話してくれた先輩は、「本当だよ」という顔をしていました。 その時は、一種の都市伝説だろうと話半分に聞いていましたが、これ以上にびっくりするイタリアのニュースを読みました。 news.…

  • 「アジア人は禿げない」神話に異変 東アジアで薄毛化加速

    そしがやの場合は、40歳代から髪の毛が薄くなったことを自覚してきました。 現在は、60歳代ですが、年齢相当に薄毛になっています。 そんなせいか、街を歩くと男性の髪の毛が気になりますが、同世代とも思われる男性が自分より毛髪が豊かだとちょっとうらやましくなります。 一方で、欧米系の男性には、まだ20歳代か30歳代にしか見えないのに、かなり髪の毛が薄い人をよく見かけます。 人種的なものだと思っていましたが、最近は、アジア系の人にも薄毛が広がっているという記事を読みました。 news.yahoo.co.jp アジア人は若く見られるとよく言われるが、薄毛の割合が少ないことも大きな要因となっているのかもし…

カテゴリー一覧
商用

フォローできる上限に達しました。

新規登録/ログインすることで
フォロー上限を増やすことができます。

フォローしました

リーダーで読む

フォロー