searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

763さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
四十を過ぎても惑いっぱなし
ブログURL
http://amatsu763.hatenablog.com/
ブログ紹介文
40を過ぎても惑いっぱなしのおっさんが、手持ちの文具を紹介してます。
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2015/04/22

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、763さんの読者になりませんか?

ハンドル名
763さん
ブログタイトル
四十を過ぎても惑いっぱなし
更新頻度
集計中
読者になる
四十を過ぎても惑いっぱなし

763さんの新着記事

1件〜30件

  • ノートと手帳と紙と。(趣味の文具箱49)

    趣味文49を受け取ってきました。 いつものAmazonでの予約ですが、今回は発売日2日前発送、発売日前日の本日到着でした。Amazonで発売日前に到着なんて初めてですね…。 今回の特集は、『ノートと手帳の楽しみ』です。 個人的には、紙モノは単価が安いからとあれもこれも買い出すと確実にしまいこんで使わなくなるのが目に見えてるので、必要以上には手を出してない領域ですね。 …インクがすでにそうなりかけてるのに、紙までやらかしたらどうなるかと考えると…まあ、参考にはしつつ、必要な分だけ厳選して購入するという形にしておいた方がいいですかねw 気になる新製品ですが、ラミーのアイオンは限定品でも価格は通常品…

  • 期せずして漆繋がりに。(PILOT・デラックス漆)

    昨日に引き続き、日曜に博多で買ってきたブツの紹介です。 パイロットのデラックス漆になります。 74透明軸と91の旧タイプとキャップレスデシモとこれと、どれにするか散々迷った末にこれにしました…選択肢の中にセーラーもプラチナもなかったので、どうやら自分はパイロッ党のようですw 名前の通り、軸とキャップは漆塗りで仕上げられてます。 パイロットには、845や蒔絵等の漆仕上げの軸が色々ありますが、その中で一番安いモデルですね。 首軸(左側)は樹脂なので、こうすると漆の色合いがわかるかと…。 アオラーなので青にしたわけですが、これが黒だと画像ではわかりにくいでしょうね。 ニブとペン芯はこんな感じ。 どう…

  • 前の日に買ってれば…。(岡田や漆器・蒔絵ボールペン 富士に桜)

    昨日は軸を漁りに博多に行ってたのですが、博多阪急で『息づく伝統と新たな息吹。金沢・加賀・能登展』(2/26まで)というのがやってまして…。 あれこれ眺めてたら一本買ってました。 『岡田や漆器』さんが販売してた蒔絵ボールペンです。 ボールペンの素体は、よくあるパーカータイプのツイストタイプですが…。 手に取ってこの蒔絵を見てたらつい買ってしまいました。 ちなみに、購入日の前日(2/23)は『富士山の日』だったそうで…知ってて買ったわけではないですが、その日に買ってればネタになったのにw

  • 今年は何が流行るのか。(Bun2 2019年2月号)

    偶数月の頭なので受け取ってきました。 今回の特集は『2019年の文具トレンドを探る』です。何が流行るか…というか、何を流行らせたいかという事ですかね。 ただ、この界隈はなにかの拍子に妙な物が一気に流行ったりするので供給側の思惑が裏切られたりするのですがw 以前ここでも紹介した、ブレないボールペンのブレンが出てますね。 このシステムは他のにも移植してもらいたいところですが。 三菱の高級ボールペンも紹介されてます。 ボールペン単品での高級モデルってのはほとんどないですよね。たいていは万年筆とセットですし。これの前に伯爵のパクリが出てましたが 万年筆の方もちょこっと紹介されてます。 カスタムNSは鉄…

  • 穴が気になる。(ZEBRA・スラリ300)

    えー、前回、「初売りの購入品からの紹介も最後になります」と言ってましたが…一本紹介するのを忘れてたというか、過去に紹介してたと思いこんでましたorz というわけで、紹介するのを忘れてたゼブラのスラリ300になります。 色は限定色のコバルトブルーです。 ノーマルのスラリは過去に紹介してますね…300も持ってたから紹介してたものと勘違いをw お手軽な価格に使いやすいノック式、プラ軸だと手元が安っぽく見えるのを金属軸でそれなりに見せるという使い勝手のいいブツなんですが…クリップの真下に大きなロゴというのはどうにかならなかったのかと…。 グリップがラバーじゃなくて樹脂というのは埃を呼ばないのでありがた…

  • リニューアルというよりリモデル。(PILOT・スーパーグリップG キャップ式)

    初売りの購入品からの紹介も最後になります。 パイロットのスーパーグリップGのキャップ式です。 旧モデルはこちらで紹介してます。 完全に見た目が別物で、リニューアルというよりはリモデルと言った方が正しいですかね。 旧モデルでは三角タイプのラバーグリップでしたが、こちらは全周に溝が切られたタイプになってます。三角タイプよりはこちらの方が個々人の握り方に対応できるんでしょうね。 旧モデルだと口金が金属だったのですが、こちらはリフィルの先端を除いて金属パーツは一切使われていないので、持った時に明らかに軽く感じますね。 重さで書き味も変わってきますし、旧モデルから持ち替えた時に若干慣れが必要ですかね。 …

  • 色の確認は忘れずに。(セーラー万年筆・四季織マーカー)

    また初売りの購入品からの紹介です。 今回紹介するのは、セーラーの四季織マーカーです。 セーラーには四季織というインクがあるのですが、それと同じ色のマーカーです。色が同じなだけで、インクをそのまんま使ってるわけではないですが。 両頭タイプのマーカーで、筆ペンと細字となっています。 アオラーのサガで青系のを買ったわけですが、色の識別は貼ってあるシールだけが頼りです。似た系統の色があるので、キャップの頭の色だと区別がつかなくなりますのでシールは貼ったままにしておきましょう。 ボールペンやペンシルのシールはすぐに剥がしますが、これはさすがに剥がせませんねw 今回買った二色。 万年筆のインクだと濃淡が出…

  • このシステムを他のにも。(ZEBRA・ブレン)

    初売りで買ってきたブツの続きです。 今回は、ブレないことで昨年末から話題になってるゼブラのブレンです。 コンセプトやギミックの方はメーカーの方で熱く語られてるので割愛しますがw ノックノブと一体化したクリップというのは珍しいですね。 押さえの突起がクリップではなく本体の側にあるというのも珍しいですが、これはノックすることで突起部が動くのを嫌ったからでしょうか。 グリップ部は、ほぼお約束のラバーグリップですが、グレーだと一番埃が目立たないかなと思いまして…黒だとあからさまに埃が目立ちますしねw この内側にブレンのギミックが色々と仕込まれてるわけですが、リフィルをブレないようにホールドするシステム…

  • 超コンパクト、紛失注意。(OHTO・ミニモ)

    前回、初売りで色々買ってきたわけですが…。 その中から、OHTOのボールペン、ミニモの紹介です。 ご覧の通りの短さで、手の中に握り込める長さです。 リフィルは4Cタイプで、本体の細さもほぼ4Cという、4Cリフィルを使うボールペンでは限界のサイズでしょうね。 ノックの解除はリリースボタンを使いますが、このボタンもワイヤーを曲げて作った細かい物です。 口金も見ての通りの小ささですが、前に持ってたのはこの口金が緩んでどこかに落としてしまい、使えなくなってしまいまして…。 どこにでも携帯できる分、紛失には気をつけた方がいいですね。 一部モデルにはホルダーとセットになった物があるので、それを使うと二つ折…

  • 新年筆はこうなった。

    行きつけの文具店が今日から初売りなので行ってきました。 で、これだけ買ってきたわけですが…中央付近にプレピーが写ってますね? そんなわけで、今年の新年筆はプレピーとなりました。 昨年の忘年筆のプレジール、あれを細字から中字に変えようと手持ちのプレピー(首軸から先は共用部品)を漁ったら0.3と0.2しかないという…。 なので、今回0.5を購入したわけですw 他のブツは後々紹介するつもりです。

  • あけましておめでとうございます。

    あけましておめでとうございます。 今年もどうにかこうにかやっていきますので、よろしくお願いします。 新年筆はねぇ…昨年の年末の急な出費で忘年筆がショボくなった影響が残ってるので、もしかすると買うのは来月になるかもw

  • 忘年筆変更。

    ついこないだ、こんな事を言ってましたが…。 うっかりAmazonでポチリました。登録してたAmazonギフト券の残高があったんでつい…。 で、パイロットのカクノに、プラチナのプレジールが今度こそ今年の忘年筆になります。 なお、プレジールの方は他の色の軸と組み合わせてこうしましたw

  • 記念、周年、目白押し。(趣味の文具箱48)

    趣味文48を受け取ってきました。 いつものAmazonでの予約で、今回も発売日2日前発送、本日到着でした。 今回の特集は、『アンダー(本体)3万円の上質文具』です。 国内3社は本体価格ぴったり3万円という万年筆がけっこうあるようで…海外メーカーでも、万年筆はお高くても同じモデルのボールペンやペンシルだとそれくらいの価格というのがありますね。 他に目立ってたのは、各社の記念や周年のモデルですかね。 こちらは丸善の150周年モデルになります。檸檬に至っては130、140に続いて150周年モデルで3代目ですかね。 パイロットの100周年、万年筆は到底買える値段じゃないのでスルーですが、インクの方は何…

  • 本命不在の大賞の結果は…。(Bun2 2018年12月号)

    いつものごとく、偶数月頭なので入手してきました。 今回の特集は、本命がどれかわからなかったBun2大賞の結果発表です。 マステ使わない自分にはこれが頭な予想など全くしてませんでした。 馬券や車券的な意味だと頭にした予想がないので全部ハズレですねw カクノも着外だし、インク工房なんか掲示板外ですよ…こんなgdgdな結果をどう予想しろと…。 アクロ1000は着内に入ると思ってたんですが、これも掲示板外とは…本命不在だからってここまで荒れるとは思いませんでしたよ。 ちなみに、満を持して登場したパーカータイプリフィルのジェットストリームは最下位に終わりました。 ある意味一番予想外だったのはこれですかね…

  • 今年の忘年筆。(セーラー万年筆・プロフィットジュニアS)

    いよいよ師走となりましたが、皆さん今年の忘年筆はお決まりでしょうか? 自分は諸事情につき、セーラーのプロフィットジュニアSが忘年筆となりました…本当は年末に1カスタムくらい出して一本買う予定だったんですけどね。不意打ちで急な出費を強いられたもので…新年筆の予定にも影響しそうです。 ぶっちゃけると、これのカラーバージョンなわけですが、顔料インクストーリアに対応した色軸なのでSを付けてるようです…だったらインクの名前に合わせて軸の色名を付ければいいのですが、セーラー公式オンラインショップを見るに、なぜかインクの名前にはしてないんですよね。 まあ、普通に使うというのも芸がないですので…。 組み合わせ…

  • どう見ても大人の事情。(PILOT・ペン習字ペン 新タイプ)

    昨日のペンクリからの帰りに一本買いました。 それは過去に紹介してるだろと言われそうですが、これって一応は新製品なんですよね…。 以前紹介したのがこっちで…。 今回紹介するのはこっちです。 ちなみに、本体価格は旧タイプは500円、今回の新タイプは600円となっており、100円の値上げです。 並べるとこうなります。 新タイプには限定色でブルーがあったので、アオラーの自分は真っ先に食いつきましたw …どこか構造上の変更点があるのかと探しては見ましたが、軸を見る限りはそんなのはありません。 で、ニブを調べたのですが、形が変わったりはしてませんが…。 旧タイプはプレス刻印で…。 新タイプのは食刻でした。…

  • 今月もうひとつのペンクリ。(ペンクリニック in クエスト黒崎井筒屋店)

    先週は小倉でペンクリがありましたが、今度は黒崎で土日にペンクリです。 場所は黒崎井筒屋の7Fにあるブックセンタークエストです。 前回行ったのは2015年になります。 あの時も店頭告知のみだったので偶然知ったわけですが、今回も店頭告知というかBun2貰いに行かなかったら気づいてませんでした。 HPで告知はなかったんですが、人が集中してパンクしないようにあえて告知してないんですかね…。 今回もペンドクターは宍倉潔子さんでした。前回見た名刺だとIrサンライズだったんですが、今調べたらIrサンライズは閉店してるんですね…。 出したのはラミー・アルスターとサライの北斎ブルー万年筆でした。 アルスターは自…

  • なぜか日曜はガラガラで。(ペンクリニック in Sappli)

    ★★6周年祭★★ / Sappli. 昨日と今日、北九州市小倉南区にある、サンリブもりつね店内の『Sappli』でペンクリがありました。 自分はDMで事前に知ってたので、今日行ってきたわけですが…。 到着が11時前だったので、これはかなり詰まってるだろうなと覚悟してたら、前に一人調整してもらってるだけという…。 当然、すぐに自分の番になり、一人2本までなので2本調整してもらってる間に後ろに一人来ただけという…。 3年前のペンクリはもっと人が多かったんですが…。 まあ、控えの通し番号を見るに、土曜に人が集中してたみたいですがw 今回調整してもらったのは、サライの付録万年筆にダイソーの500円万年…

  • 手帳と本命不在の大賞と。(Bun2 2018年10月号)

    偶数月の頭なので入手してきました。 今回の特集は手帳です。 自分は来年の手帳はもう決めてるので眺めてるだけですが、まだ決まってない人はこういうのを見て色々と迷うんでしょうね…。 5月に完成したしたショウワノートの新工場では、ジャポニカ学習帳の製造工程が見学できるそうです。 金と暇があるなら行きたいですね…金と暇があるんならw ナカバヤシのブランドとなったタッチアの新しいインクが紹介されてます。40mlで1000円(税抜)は昨今のインクと比べると安いですね。 製造は島根で行ってるので、海外メーカーのインクと比べると欠品にはなりにくそうですね。 Bun2大賞の投票受付が始まってますが、今回の大賞っ…

  • 黒かと思ったら青かった。(宝島社・『MonoMaster』2018年11月号付録 アクアスキュータム高級万年筆&本格ノート)

    創刊されたばかりの新雑誌を購入です。 こういう付録があるので買ったわけですが。 ブツはこんな感じになります。 発売前に出回ってた画像では黒く見えてたので、まあ創刊号なら冒険せずに仏壇だろうなと思ってたら実際青かったのでアオラーの自分としては嬉しい誤算でしたがw まあ、軸にプリントが入ってるのはいいんですが…。 …さすがにこの某メーカーっぽいクリップはあかんでしょう。 よりにもよってデュオフィールドのクリップに似せてるし。 ニブとペン芯はいつものですね。 今回の付録、万年筆の他にノートもあります。 中の紙の下のとこにロゴがあるのは別にいいんですが…。 この光沢のある表紙で一気に安っぽくなるのはど…

  • 来年は変えずに継続。(MIDORI・トラベラーズノート レギュラーサイズ&PLUS・カ.クリエ A4×1/3サイズ)

    来年の手帳が出る季節となりました。 今年はトラベラーズノートの月間レギュラーとカ.クリエの組み合わせでしたが…。 来年もこの組み合わせでいこうかと思います。 …カ.クリエは去年買ったのが2冊組だったので来年分まで使わないともったいないというのもありますがw トラベラーズノートリフィル 2019 月間 レギュラーサイズ 14394006価格:864円(税込、送料別) (2018/9/24時点) 【メール便なら送料120円】プラス(PLUS)ノート カ.クリエ A4X1/3 方眼 5mm罫 コイアオ NO-604GC 77-946価格:240円(税込、送料別) (2018/9/24時点)

  • 赤の太軸。(小学館・『サライ』2018年10月号付録 若冲レッドの太軸万年筆)

    普段買わない雑誌を買いました。 まあ、そういうことです。 ブツはこんな感じになります。 以前紹介したこれの色違いですね。 北斎ブルーの万年筆とは違い、軸は柄なしですがキャップに南天の実があしらわれてます。 キャップリングにサライのロゴのラクダが刻印されてるのも北斎ブルーと同じですね。 なお、北斎ブルーではシルバートリムだったのが若冲レッドではゴールドトリムで、鏡面ではなく艶消しに仕上げてるのが赤を引き立たせる工夫でしょうか。 ニブはいつものステンレスニブですが、ゴールドトリムに合わせてメッキされてます。 軸のバランスがいいのは北斎ブルーの時に確認済みなので、ニブとペン芯がきちんと仕事をしてくれ…

  • インクで荒ぶる。(趣味の文具箱47)

    趣味文47を受け取ってきました。 いつものAmazonでの予約ですが、今回は発売日2日前発送、本日到着でした。 今回はインク回なので、巻頭にインクカタログがあるわけですが…前よりも確実に長くなってます…ほぼセーラー100色インクのせいですがw 巻中のインクの色分布ですが、今回とうとう両面表記に…。 ショップオリジナルインクの紹介もページ数が増えておりますが、これ次回のインク回だとどこまで増えてるんですかね…。 プラチナ・プロシオンのペン芯の解剖記事があってホッとしました。 …だって、これなかったら新製品紹介以外ほぼインクですしw

  • また74が増える。(PILOT・カスタム74 万年筆 2018限定ダークブルー)

    昨日に引き続き、日曜に博多で買ってきたブツの紹介です。次は博多丸善で購入したブツになります。 パイロットのカスタム74、2018限定のダークブルーです。通常のダークブルーと違うのは天冠と尻の部分は黒になってます。 2018限定は他に赤と白があって、インパクトがあるのはそちらの方なのですが、アオラーの自分としてはこれ一択ですねw 字幅はFオンリーなのですが、せっかくの限定軸にそれはつまらないので…。 以前買ったミュージックニブの74と首軸ごと交換します。 これで、限定軸でミュージックニブとなりました。 【カスタム会限定!2018年春限定モデル】万年筆 カスタム74(CUSTOM 74) [ペン先…

  • この色この幅、滑り込みセーフ。(プラチナ万年筆・プロシオン)

    昨日万年筆を購入するのに博多に行ってきたのですが、まずハンズで一本。 プラチナの新製品のプロシオンです。軸色はディープシー、字幅はFと決めてたのですが、ディープシーのFは最後の一本でした…滑り込みセーフですかね。 前評判高かったですし、ちょうどハンズメッセだったので売れてたんですかね…そのハンズメッセで10%引き、誕生日クーポンで5%引きだったので安く手に入りましたがw しかし、よくよく考えてみるとプラチナが鉄ペンで5000円というのはかなり強気の価格設定ですよね。 何せ、同じ価格で14Kスタンダードがあり、同じ鉄ペンでも3776があるのでそれらに匹敵する何かを出さないといけないですし。 アル…

  • あれやこれやと工場と。(ゼブラ完全ガイドブック)

    巷で噂になってたゼブラ完全ガイドブックを買ってきますた。 いやー、Twitter見てなかったら存在そのものに気づかなかったんで慌てて買いましたがw 内容はゼブラの歴史から歴代モデルと色々ありますが、見ててテンションが上がるのが工場ですね。 見学ツアーあるんなら行ってみたいですが…なお、休みと交通費は(ry 付録に特別モデルのサラサクリップがついてますが、使わずにしまい込みそうですねw

  • 夏休みの宿題と左利きと。(Bun2 2018年8月号)

    偶数月の頭なのでいつものアレです。 今日いつものとこに行って貰ってきました。 今回の特集は『楽しい文房具で夏休みを満喫!』です。宿題のあれこれを書くにも自由研究にも文具は必須ですしね。 しかし、今ではスマホに装着する顕微鏡なんてものがあって便利になりましたね…自由研究の幅も広がるでしょう。 左利き用の文具も特集されてました。 左利き用のハサミは以前からありましたが、サラサドライ(染料なので自分は使ってませんが)もある意味では左利き向きの筆記具ですね。

  • 昨年と比較してはいけない。(机の上のイノベーション~たのしい文房具の世界展)

    7月14日から9月30日まで、北九州イノベーションギャラリーでは『机の上のイノベーション~たのしい文房具の世界展』が開催されてます。 机の上のイノベーション~たのしい文房具の世界展|イベント 今から行ってきます pic.twitter.com/TFq4LLlvAL— 763 (@amatsu763) 2018年7月22日 というわけで行ってきますた。 中は撮影禁止だけど、座れるネオクリッツだけは撮影可能。本来は自撮り用だけどw pic.twitter.com/Tw67qneuqO— 763 (@amatsu763) 2018年7月22日 中は撮影禁止で、ここだけが撮影可能でした。 今回のは、ぶ…

  • 暑気払いのターコイズ。(LAMY・ターコイズ)

    7月に入る前からやたらと暑かったんですが、今度は台風が来てさらに季節の先取りとなっております…こんな季節の先取りは勘弁して貰いたいんですがw そんなこんなで、せめて目に涼しい物をとインクを引っ張り出しました。 ラミーのターコイズです。 軸の色も涼しげな物をと、同じラミーで限定色のアルスターを出してきました。 こういう色だと書いてても涼しく感じますね。 …このエントリを書いてる今は台風で家が揺れてて違う意味で涼しく感じてますがw

  • プロの道具と台湾文具。(趣味の文具箱46)

    趣味文46を受け取ってきました。 いつものAmazonでの予約で、今回も発売日前日発送、本日到着でした。Amazon発送で3号連続で発売日前日出荷の発売日到着が続いてますね。 今回の特集は『万年筆使いの流儀』ですが、筆圧とか吸入とか洗浄とかはともかく、素人が絶対に手を出してはいけない領域の道具まで紹介されてるんですが…。 インクのコーナーでは、セーラーの100色インクの分類が。 セーラーの色見本よりもこっちの方が色を選びやすいですね。 巻末の方では台湾の文具の紹介が。 ツイスビーなんかはかなり名前が浸透してきましたしね。 コーナー違いですが、こちらも台湾のガラスペンが。 コンバーターが使えると…

カテゴリー一覧
商用
読者になる
clear この画面を閉じる

読者登録してブログ村リーダーで
このブログをチェック!

四十を過ぎても惑いっぱなし

40を過ぎても惑いっぱなしのおっさんが、手持ちの文具を紹介してます。

読者になる