chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
旅好きおやじ
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2014/11/25

1件〜100件

  • よさこい祭り

    高知よさこい祭り高知の夏はよさこいだ!!規模を縮小した“よさこい特別演舞2022”高知の夏の風物詩、よさこい祭りの代替イベントとなる「2022よさこい鳴子踊り特別演舞」が10日高知市で開幕されました。新型コロナウイルス禍の影響を考慮し、前夜祭と後夜祭は実施せず例年4日間の日程を二日間に短縮し三年ぶりに鳴子の音が街に帰って来てNHKも五年ぶりの中継でした。コロナ禍の今年は県内外から約100チーム、約6,000人が参加し30度を超える暑い中、赤や緑などの華やかな衣装を身にまとった踊り子が木製の打楽器「鳴子」を両手に生き生きとした笑顔いっぱいの表情で軽快な踊りを披露していました。昭和29年、当時の不景気風を吹き飛ばし、市民に元気づけようと行われたのが始まり。今や日本のみならず、世界にも広がりつつある「よさこい」...よさこい祭り

  • 東北二大祭り

    青森ねぶた祭夏夜彩る武者灯籠青森ねぶた祭3年ぶり開幕!「ラッセラー、ラッセラー」・・・威勢の良い掛け声と共に「ハネト」と呼ばれる踊り子が跳ね、色鮮やかな巨大武者灯籠が夏夜を彩る「青森ねぶた祭」が2日から7日まで青森市で三年ぶりに開幕しました。豪華なねぶたと並びこの祭の名物でもあるがハネト。浴衣の裾を膝までたくしあげ花笠にたすき掛けといった衣装で威勢よく踊って祭りを盛り上げます。ハネトの衣装を着ていれば当日飛び込みで参加もOKとか・・・例年は。今年はコロナの関係で届出制にしているようです。コロナ禍で[びいなす」も三年ぶりの秋田、青森に寄港です。8月1日敦賀港を出港し輪島経由で秋田・青森へ。迫力のある東北二大祭りを堪能し6日敦賀港に帰って来ました。今回もパソコンの倉庫に閉まっている古い画像を引っ張りだし楽しん...東北二大祭り

  • 夏祭り

    京の夏祇園祭例年に無い早い梅雨明けと共に各地で猛暑が続いています。コロナ禍で自粛が続いていた各地のイベントは今年は解禁されています。京の夏はやはり祇園祭です。コロナ禍で二年連続中止されていましたが三年ぶりに開催された山鉾巡行前夜の「宵山」、河原町界隈の歩行者天国には浴衣姿の見物客で賑わった様で報道で見る限りマスクはしていますが大変な人出、駒形提灯の明かりに包まれ豪華な装飾品で飾られた山鉾が立ち並ぶ四条通りに繰り出した見物客は約30万人の人波だったそうです。このご時世京都大好きの私も見物に行くことは憚れます。36年前の写真が見つかり懐かしく見ています。巡行前日の宵山は鉾にも乗せてくれ煌びやかな装飾品を身近に見ることが出来ます。混雑の歩行者天国を楽しみ歩き疲れくたくたになりホテルへ、翌日「動く美術館」とも呼ば...夏祭り

  • ひまわり

    緑肥用ひまわり緑肥用に植えられたひまわり土に栄養を与え、美味しい野菜を作るために植えられた「ひまわり」との事。花の種が落ちる前に刈り取り、粉砕して土の中にすき込む様です。そしてジャガイモを植え付けます。ひまわり世界は危険な方向に転がり始めているのでは・・・連日ロシアによるウクライナへの軍事侵攻で無差別の殺りくが行われている戦闘の様子と悲惨な民間人の被害状況が生々しくメディア通じて見ていると沈痛な気持ちと怒りと恐怖が募るばかりです。ロシアのウクライナへの軍事侵攻はその大義とは裏腹に単なる侵略、領土獲得、人殺し戦にしか見えません。プーチンの極悪非道な行動により平穏で幸せな日々の暮らしが一瞬にして破壊されました。大国が一方的に他国に戦争を仕掛けて侵略することは現在ではありえないと思っていましたが・・・侵攻後4ケ...ひまわり

  • あじさいロード

    梅雨に鮮やか梅雨に鮮やか・・紫陽花と案山子の”あじさいロード“高松地方気象台は13日、四国地方が梅雨入りしたとみられると発表しました。平年より8日遅く、過去最速だった昨年と比べると32日遅いそうです。梅雨入り後雨の少ない日が続いていましたが今日からは西日本が本格的な雨が・・・住民らが丹精込め手入れした約一キロ続く「あじさいロード」。6,000株の紫やピンク、水色など色とりどりのアジサイが雨に濡れて見ごろを迎えていますマスクを付けた案山子と「コロナにまけるな」の横断幕が目を引きます。アニメのキャラクターや「やればできる」お笑いコンビが人気とか・・・介護施設の車も多く行き交い楽しまれていました。あじさいロード

  • 水防訓練

    水防訓練水害に気をつけましょう!!「新居浜市水防訓練」が6月6日18:30~19:30国領川河川敷でありました。水止め工法を消防団が実施しました。短時間で見事な仕上げに驚きました。工法:せき板工、杭打ち積土のう、表むしろ張り、水流し積土のう等々手際よい日頃の訓練を披露しまし。二年に一回このような訓練をしているようです。丁度ウオーキング中に見ることが出来ました。立派なトイレに驚きました。西日本豪雨災害に見舞われた経験もあり日頃の備えが大切で、地域の消防団が市民を守るため水害に備え訓練されているのが良くわかりました。水害に気を付けなければ・・・と改めて自覚が必要と感じました。水防訓練

  • 別子銅山記念館

    サツキ一万本は見頃別子銅山記念館開館は1975年。元禄以降、約65万トンもの銅を産出した別子銅山が、280余年の歴史を閉じてから二年後です。日本経済の近代化に大きく貢献した別子銅山・・・日本の産業、そして化学や金融、商社などの企業を有する住友グループの礎になった銅山の歴史を後世に伝える為にグループ20社が銅山の守り神がまつられている大山積神社の境内に設立しました。半地下式の記念館半地下式の館内は坑道をイメージしたそうです。幕府が開坑を許可したのは1691年5月。「坑口は最初、標高1,200mの所に開かれましたが、鉱脈を追って掘り進めた結果、最後は海面下約1,000mにまで至ったといいます。」斜面をいかした屋根の全面には、別子銅山が開坑された5月にちなみ、サツキが1万本植えられ、敷地内の斜面には2,000本が並び...別子銅山記念館

  • 水墨画

    水墨白樺会展墨の濃淡・・・表現緻密友人が主謀する墨絵の愛好家たちの展示会が久しぶりに開催されました。会員30人の力作の展示会は36回目を迎えました。本来は2020年の予定でしたがコロナの関係で延び延びに・・・緻密な描写と墨の陰影が見事な作品の数々・・・見ごたえがありました。白川会長の「追憶その1」と「追憶その2」ミュージアム二階からの外の風景がアートですね。今月から「楠崎の太鼓台」展示されていました。水墨画

  • 芍薬まつり!

    マイントピア別子三連休を避けて芍薬の様子を見に行ってきました。連休中は県外ナンバーも多く大変な混雑だったようです。早朝の為まばらな人影と花も一部しか咲いていませんでした。「しゃく薬まつり」の来週あたりが見ごろの様です。泉寿亭のお茶席は5月7&8日に開催されるようです。コロナの関係で各日100名限定との事!料金は例年通り300円。渓谷をながめながらのお茶は風流ですね。芍薬まつり!

  • せとうちガーデン

    せとうちガーデン大型連休に入りました・・・コロナ禍三回目ですが今年は全く規制はなし。多くの方が動いている様で羽田空港、高速道路、鉄道も混雑しているようです。今年も全く予定はありません。所用で出かけたリーガロイヤルホテル周辺、ツツジが今年も咲き誇っていました。「せとうちガーデン」とネーミングされていました。初めて知りました。せとうちガーデン

  • 牡丹咲く五智院

    傘の花咲く牡丹のお寺今年はラインで五智院の綺麗な牡丹の花を沢山送っていただきました。全く知りませんでした。初めて行きましたが遅かったです。全盛期には300種500株の牡丹が咲き誇り美を競うそうですがもう終わった花を摘んだ後でした。見ごろは四月中旬頃だそうです。来年出直しです。残りの牡丹と傘の花を撮って来ました。牡丹咲く五智院

  • シバザクラ

    癒やしの芝桜地域住民の丹精込め手入れが行き届いたシバザクラが今年も美しく咲き見ごろを迎えました。新型コロナウイルスの影響で手入れも大変とか・・・鮮やかな芝桜は甘い香りがするそうですが今年は立ち入りを禁止、遠くから眺めて写真に収める様に・・・。新聞、テレビで報道される前でしたが結構楽しんでいる方で賑わっていました。シバザクラ

  • 桜紀行 6

    広瀬公園桜がまだまだ続きます。広瀬公園では結婚式を控えたカップルが撮影に来ました。お二人の許可を得て少し撮らせていただきました。広瀬邸二階からの眺望は圧巻ですね。広瀬公園は県指定の名勝です。亀池周辺の散歩道は夜間ライトアップをしていましたがコロナの影響で・・・桜紀行6

  • 桜紀行 5

    黒島海浜公園と鯉のぼりコロナの関係で花見客は数人・・・いつもの賑わいは今年もありませんでした。記念植樹のコーナーの桜は今年はまだ十分残りソメイヨシノと同時に楽しめました。結婚記念日・古希や孫誕生の記念など・・美しく咲き誇り祝っていました。今年も潮風浴びて悠然と泳いでいます。医療従事者への感謝の気持ちを込めて・・・!2021年に続いてのイベントです。全国の有志から寄贈された鯉のぼり530匹の中から92匹泳いでいるそうです。コロナ禍の中出口の見えないトンネルの中、感染者が増えるのみで収束の見通しが全くありません。まだまだ油断出来ません・・・対策を充分して成り行きまかせです。油断大敵ですね!!!。桜紀行5

  • 桜紀行 4

    土居上野変電所周辺3月17日に福岡からスタートした桜前線はいま東北地方へ・・・今日は山形が満開に・・・当地も葉桜が目立つ様になり藤やボタンの花だよりが聞こえるようになりました。しかし、もう少し桜を・・・!土居変電所のソメイヨシノは初めてです。国道から変電所までの山並みに500本の桜が・・・植樹して30年になるそうです。立派な木に成長しています。駐車場が無いので花見はできません。桜紀行4

  • 桜紀行 3

    吉田桜櫻²の帰り道「吉田桜」と「ひょうたん池」に寄ってみました。吉田桜は見ごろでしたがひょうたん池には水が無く風情が全く違っていました。吉田桜の駐車場前民家で美味しい「おでん屋」さんが今年も店開きしていました。これが美味しいんです。今年も頂きました。桜紀行3

  • 櫻紀行 2

    櫻²櫻前線は初夏の陽気に誘われ早くも東北地方に・・・今年も桜見物は「櫻²」からスタートしました。パソコンの都合で遅くなりました。さくもはなこも元気に育っています。生まれた時に当地を訪れ出産に遭遇したのは何時の事でしたか・・・時は流れました・・・何時ものカレーですがユニークな器に笑みを浮かべながら食前酒から頂きのみ難いコーヒーカップで美味しいコーヒーを頂きます。櫻紀行2

  • 櫻紀行 1

    煙突と櫻一気に満開になった櫻ですが・・・結構楽しませてくれました。毎日の散歩コースのさくらです。まだまだ楽しめますが昨日の強風で花びらが舞っています。煙突とマッチしたさくらです。コンデジ&スマホで撮影しながら歩いています。桜の撮りだめを少しUPします。櫻紀行1

  • 満開まじかの日曜日

    桜・さくら・27日日曜日:前日の雨が嘘の様な快晴・・・子供たちの歓声が響く河川敷。午前中の散歩でしたが結構な人出・・河川敷の桜は上流から咲き始めます。陸上競技場の方から・・・体育館あたりへ・・・そして河口へと・・・OOPARTS.SHOP(オーバーツ・ショップ)外遊びの達人の情報発信基地、遊びの場としてオープンした注目のガレージブランド「オーバーツ」のリアル店舗が1月にOPEN!外遊び用品個性派充実機能的なアウトドアオリジナルキャンプ用品・オーダーメイド品販売店内には、たき火セットやローテーブル、折りたたみ椅子や「丈夫でかっこいい」と定評のあるミリタリーグッズなど個性的な品が揃っているようです。帽子やベストなどアパレル関連も揃っていました。満開まじかの日曜日

  • 渡海船

    向かいは大島歴史が色濃く残る「大島」新居浜の沖会いに浮かぶ大島は周囲9.8㎞の小さな離島です。古くから海上交通の要衞で伊予水軍の初代頭領「村上義弘」生誕の地とも伝えられ島内には村上家ゆかりの旧庄屋邸や本丸・二の丸跡船かくし跡など伊予水軍にまつわる遺構も残っているようです。大島には平安時代から受け継がれている「とうどおくり」の行事が毎年1月15日頃行われます。ふれあいの海辺荷内から大島⇔黒島間の市営フェリー新居浜市営渡海船;おおしま7大島~黒島間約2.5km(所要時間15分)を結ぶ全国でも数少ない市営フェリーです。大島住人にとっては欠かすことが出来ない生活道路となっています。大島始発午前6時20分、黒島からは午前6時45分、一日15便運航です。渡海船

  • 明正寺桜

    新四国曼荼羅霊場第29番札所龍宝山明正寺涅槃桜学名を「ミョウショウジザクラ」白い淡いピンクの花を付け、釈迦の命日(旧暦2月15日)前後に咲くことから「涅槃桜」とも呼ばれます。この桜は樹勢も盛んで気根を出し、株や根の途中から芽を沢山出すので苗木を取り市内外の神社、寺院に寄付して種を保っているようです。市内の早咲きの桜はここからお嫁に行ったようです。1977年に市天然記念物に指定されています。磯の香や山門すでに花吹雪桜の発見者八木氏の句碑明正寺桜

  • 国際女性デー

    可愛い黄色のミモザ3月8日国際女性デーここ数日の春の陽気に誘われて黄色いミモザの花が開花しました。ミモザは国連が定める「国際女性デー」のシンボルの花。いち早くサロンにもお目見えし黄色い小さな花を楽しませてくれます。イタリアなど欧州では今日は「ミモザの日」とも呼ばれ日頃の感謝を込めて女性に贈る習慣がありフランスではミモザ祭りで賑わう様です。花言葉は「優雅・友情」、黄色のミモザは「秘密の恋」イタリアでは自分にとって大切な女性にミモザを贈る習慣がある様です。(数年前NHKで放映されていました。)わが国ではまだまだ馴染みが薄い「国際女性デー」ですがミモザは春を告げる花、世界の紛争地区に平和を運んで来てほしいです。国際女性デー

  • 花の便り・・・!

    青空に映える河津桜三月に入り春めいて来ました。一足早い花の便りを・・・六分咲の河津桜気温の低い日が続いていたため例年より遅くゆっくり咲いた様です。色の濃い桜が青ぞれに映えていました。お弁当を広げて花見を楽しんでいる方がいるのには驚きです。花の便り・・・!

  • 春はそこまで・・・

    黄色い花春近し寒気が去った昨日今日は10度に戻り穏やかな一日となりました。所用で西条へ・・・ひうちの今治造船の菜の花が例年の通り満開です。春近しを思わせます。先日の波高し!・・・の状況から一転穏やかな表情を・・・春はそこまで・・・

  • 貨物船船接岸!

    強風の中接岸山越えをしていると新居浜港が綺麗に見え、鉱石貨物船が接岸に向け移動していました。磯浦岸壁での接岸風景です。波しぶきが舞う中の作業でした。今治造船のクレーンの風景が見事でした。休日でしたがこの寒空さすが釣り人はいませんでしたね。貨物船船接岸!

  • 冬の風物詩

    瑞応寺寒行托鉢無病息災を祈願20日の大寒の前日19日から曹洞宗瑞応寺で冬の風物詩の寒行托鉢が始まりました。午前八時半ころ網代がさに法衣、素足にわらじを履いた修行僧が般若心経を唱えた後山門をくぐり参道を下りていきました。鈴や錫杖(しゃくじょう)を鳴らしながら独特の声で「ホー、ホー」の声を響かせ民家の門前で家内安全と無病息災を祈願します。新型コロナウイルスの影響で午前中のみ読経しながら市内を周ります。今年は修行僧は二人だそうで年々僧が減少しお寺の行事にも支障をきたす様です。今年も30日まで続きます。寒行托鉢は釈迦が托鉢した伝承に習った修行で戦後間もなくから続いているようです。冬の風物詩

  • 冬の芸術

    冬の芸術ロウバイマイントピア別子でロウバイの見ごろを迎えています。黄色の小さい花が半透明で蝋細工の様です。観光列車の線路わきに美しく咲いています。二月上旬ころまで楽しめるとの事です。朝早く訪れましたがスタッフの方が案内して下さり冬の柔らかい日差しを浴びて心地良かったです。ロウバイの種類もソシンロウバイ・マンゲツロウバイ・トウロウバイ等々ある様ですが花全体が黄色いのでソシンロウバイ(素心蝋梅)の様です。昨年の紅葉の頃の冬桜がまだ健気に咲いていました。全く目立ちません・・・。今回の画像はすべてスマホで撮ったものです。冬の芸術

  • 新聞の切り抜き

    「新居浜LNG」基地で火事…液化天然ガス(LNG)基地で火災があった事を13日愛媛新聞で小さく掲載されていました。気が付いた人は少ない様に思います。火災そのものを知らない人が多くいます。当日はLNGタンカーが初入港し荷役中・・・一歩間違えば大惨事です。事なきを得て幸いでした。ガスの揚げ荷作業は13日に終了し出航したようです。15日はタンカーの姿は見えませんでした。新聞の切り抜き

  • 新聞の切り抜き

    LNG船初入港LNGタンカー新居浜に初入港住友共同電力など五社の共同出資会社「新居浜LNG」が建設した液化天然ガス(LNG)基地に6日LNGタンカーが初入港した。LNGは今夏運転を始める住友共電の新居浜北火力発電所の燃料として使用され、発電した電気は住友化学など住友グループの工場に供給されるようです。船名‟ENERGYPROGRESS“「エネルギープログレス」昼過ぎに姿を見せた初めての球体の船、ゆっくりと検疫投錨に入港、そのままダイレクトで基地桟橋に到着です。エネルギー輸送(LNG)天然ガスを液化したLNG(液化天然ガス)を運ぶタンカー船がLNG船です。超低温輸送の為の特殊な材質のタンク、荷役における事故を防ぐ緊急遮断装置、気化したガスを燃料として使用するタービンエンジンなど、LNG船には多様な技術が酷使されて...新聞の切り抜き

  • 初詣

    一宮神社参拝明けましておめでとうございます。穏やかな年明けを迎えました。コロナ禍、三年目を迎えました。平穏な暮らしを願い初詣に行って来ました。昨年の自粛要請時の参拝と違い最近二ケ月感染者「ゼロ」の気の緩みなのか多くの参拝者で賑わっていました。テレビで映し出される初詣の映像は何処も人出が多いですね。宗像神社へも行って来ました。入口で手を消毒し静かに参拝し土鈴を買ってきました。愛媛県も新居浜も「ゼロ」行進が続いています。継続してくれるといいのですが・・・!次の変異株が不気味です。油断は禁物・手洗いマスクはしっかりと・・・!初詣

  • 謹賀新年

    謹賀新年あけましておめでとうございますコロナ禍の新年を迎えました。二年続けて旅にも行けず寂しい日々ですが今年こそいい事がありますように・・・!そう願いたいです。謹賀新年

  • 冬の夜を彩る

    寒空に光の装飾市内各所で色とりどりのイルミネーションが彩を添え市民を楽しませています。クリスマスの夜三か所廻ってみました。寒い夜ですがほっこりするイルミネーションに癒されます。冬の夜を彩る

  • 新居浜の紅葉 4

    マイントピア別子マイントピア別子の端出場ゾーンの鉱山鉄道の遺産を中心に編集しました。二人で楽しんでいる風情・・・自然に包まれた壮大な産業遺産と歴史にふれる空間です。新居浜の紅葉4

  • 新居浜の紅葉 3

    瑞応寺の落葉師走に入り寒さが増してきました。南の山に雪が残るように・・・・鮮やかな紅葉を見せていた瑞応寺のもみじも落葉し踏みしめる様になりました。句会の人たちが手帳片手に銀杏を踏みしめ大木を見上げ詠んでいる姿が目に留まりました。冬が駆け足でやって来そうです。新居浜の紅葉3

  • 新居浜の紅葉 2

    慈眼寺紅葉まつりコロナ禍の中、昨年に引き続き拝観を無料にし一般公開・・・紅葉まつりを楽しみました。24日はNHKがライトアップした「幽玄な風情」を中継しました。職人たちが丹精込めて育てた庭が真っ赤に色づき美しい季節です。琴や篠笛の演奏を聴きながらの抹茶やぜんざいの美味しさは格別です。27日と28日は最後のライトアップの予定です。新居浜の紅葉2

  • 新居浜の紅葉 1

    瑞応寺の紅葉赤や黄色で彩られる本格的な紅葉の季節になり各地から紅葉狩りの便りが聞こえる様になり穏やかな陽光を浴びて木の葉が輝く美しい愛媛の紅葉処が新聞にも掲載されるようになりました。コロナ禍の為昨年に引き続き京都にも行けず近場を散策してきました。新居浜の紅葉1

  • 活気取り戻す

    桜三里鞍瀬峠これからの季節二十四節気の立冬を過ぎると日脚はますます短くなりました。美しく色づく葉っぱを見たくて空を見上げたり足元に目を落とし落葉を見ているとイブモンタンの「枯葉」の世界に・・・。フランクシナトラの曲も良かった、マイルス・デイヴィスのジャズ風も見逃せない。今年の紅葉も美しく人の目を楽しませてくれます。そして冬の足音も近づいてきました。甦る国道11号線桜三里「鞍瀬の峠」‟桜三里ハイウェイパーク“高速道路の開通とともに次第に寂れ、廃墟となりごみ集積場の様に荒れ果てていたかってのドライブインが整地され新しい店がオープンしかっての賑わいを取り戻しつつあります。一杯ずつの「ハンドドリップ」が売りのコーヒー!!コーヒースタンド「コーヒーカブ」「ロバのパン」だった物件を改装しコーヒーやジュースを提供しているバイ...活気取り戻す

  • コスモス園

    心和む風景コスモス園

  • 向日葵とコスモスの競演

    向日葵昨年見た大生院に咲く向日葵・・・今年も場所を変えて迎えてくれました。遊休農地に咲く向日葵・・・まだまだ楽しめる状況でした。正法寺のコスモス正式名称は石鉄山(いしづちざん)往生院(おうじょういん)正法寺(しょうぼうじ)真言宗御室派の寺院静かな境内の鐘撞には萩の花も咲き美しい光景を見せてくれます。寺院前の駐車場から広がる頭を垂れた黄金色とコスモス、そして四国の山並みは目を癒してくれる風景です。実りの秋を迎え黄金色に輝いている稲穂に案山子が良く似合っています。向日葵とコスモスの競演

  • 銅(あかがね)のまち

    山田社宅跡地からコスモス別子鉱山歴史の中、星越エリアは新居浜選鉱場を中心に開発されました。別子鉱山鉄道の星越駅舎があり大変栄えたようです。駅前には平均100坪を超える一戸建ての広さの幹部職員の住宅群が連なっていて最盛期には1000人が住んでいた高級住宅街でした。住友専属のゴルフ場があり桜の季節は見事な風景でした。現在駅舎は残っていますが社宅は取り壊され跡地に春には菜の花がこの時期はコスモスが咲いています。旧新居浜選鉱場大正14年に建設された機械選鉱場、現在は建屋を撤去し跡地には樹木等が植栽され自然に戻ろうとしています。外国人技術者の為昭和初期に建設された西洋住宅は今も保全されています。日暮別邸記念館四阪島にあった幻の洋館「日暮別邸」移築して「日暮別邸記念館」として2018年11月に開館しました。来場者が結構多い...銅(あかがね)のまち

  • 運動公園から・・・

    散歩コース河川敷運動公園から・・・

  • 十月桜と彼岸花

    十月桜彼岸明けの26日J&Mが教えてくだった桜を見に行って来ました。狂い咲きかと思いましたが調べてみると10月桜がありました。開花時期が9月下旬から4月上旬頃・花色は白いものが多いものの淡いピンク色や濃いピンクも・・・花には八重咲きと半八重咲きがある様です。十月桜と彼岸花

  • 彼岸花

    彼岸入り彼岸花

  • 台風一過

    台風一過の青空停滞していた台風14号は17日夜半石鎚山の高知側を通過し紀伊半島を抜けて東海へ・・・当地は雨風は大丈夫でした。18日の投錨地の風景です。穏やかでした。先日と同じ画像ですが船の型が違うので・・・興味をもって海をながめています。台風一過

  • 賑わいの河口

    くつろぐサギの群れ・・・河川敷を散歩中見かけた水辺の風景です。国領川河口の水辺で多くのサギが餌を探していました。野鳥のきれいな写真を撮っているJ&Mさん(https://blog.goo.ne.jp/mkawata_1949)のアドバイスです白い鳥はダイサギ・コサギ灰色はアオサギ黒はカワウの様です。あまり見る機会が無かったのですが久しぶりに群れを見ました。河口には大きな魚が群れを成して跳ねていました。賑わいの河口

  • 燧灘

    今日から9月今日から9月夏の暑さにも負けず、コロナにも負けず8月が終わり爽やかな秋空に・・・と云いたいのですが気候変動が激しく世界的に水害・火災と激震が走っています。お盆前後の長雨で日本列島も甚大な被害を被りました。反対多数を無視してオリンピックは開催、パラリンピックも開催、新型コロナの感染拡大は止まらず自宅療養で亡くなる方が多数・・・出はじめました。総理は先日の記者会見で「明るさははっきりと見え始めています」と明言・・・何処から見るとどの角度から見るとトンネルの先に明るさが見えたのか…不思議です。今はコロナ対応より身の保全にはしり醜い権力闘争が垣間見えます。穏やかな燧灘を見ながら釣り糸を垂れていますここならコロナも大丈夫と思います。土手から後ろを振り向くと鳥が羽を休めています。穏やか風景です。8月28日に撮影...燧灘

  • スーパークローン文化財

    東京藝術大学スーパークローン文化財展作品スーパークローン文化財

  • 暑中お見舞い申し上げます

    暑中お見舞い申し上げます梅雨明けと共に連日の猛暑・・・今日も日差しが強く暑いです。テレビで愛媛県に警戒アラートが発令され注意を呼びかけるテロップが流れています。オリンピックの熱戦が連日放映されていますがコロナとの闘いも続いています。新型コロナウイルスとの闘いは収束の目途が全く見えずまだまだ長期化の様相・・・!この夏も蜜を避け暑さにもコロナにも負けずに乗り切りましょう。「ステイホーム五輪」で応援しましょう。私も、オリンピックが終わるまで夏休みに入りたいと思います。美しい風景が・・・すきとおる砂浜「イダの浜」「奄美・沖縄」世界遺産に登録決まる!国連教育・科学・文化機関の世界遺産委員会は26日の会議で「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」(鹿児島、沖縄県)を世界自然遺産に登録することを決めました。国内の自然遺産へ...暑中お見舞い申し上げます

  • 向日葵

    太陽に向かって向日葵

  • 新聞の切り抜きから 14

    白寿を迎えた瀬戸内寂聴白寿を迎えた寂聴さんコロナ禍で説法ままならず・・・奥嵯峨は静かですそこで一句「奥嵯峨や庵主白寿の白牡丹」作家の瀬戸内寂聴さんが99歳の誕生日を迎えたと新聞報道で知りました。「笑うこと」が大切であるということを説き!「生きることは愛すること」を座右の銘に!自身も行った不倫については肯定的!年表を少し34才の頃瀬戸内晴美のペンネーム(実家が瀬戸内商店という仏壇店)で文芸雑誌に小説を数多く発表していました。その頃発表された「花芯」は有名で、40歳ごろ発表の「夏の終り」は自身の三角関係などの恋愛体験を赤裸々に表現して話題を提供「美は乱調にあり」等々で子宮作家のレッテルを貼られた事がある人気作家でした。51歳で出家し今東光の元中尊寺にて天台宗で得度し寂聴と名乗り翌年比叡山で60日間の行を経て、京都嵯...新聞の切り抜きから14

  • 新聞の切り抜きから 13

    雨に濡れて新聞の切り抜きから13

  • アジサイの道

    梅雨空に鮮やかに梅雨空に鮮やか・・・アジサイ5,000株が見ごろ今年は例年より早い梅雨の季節を迎えています。コロナに関係なく季節が巡って来ると美しく花は咲きます。「山田の案山子」のお出迎えで約1キロにわたって続く紫陽花ロード。約5000株のアジサイが見頃を迎え道行く人の目を楽しませてくれます。地元の方が丹精込めて手入れし毎年株を増やし5,000株以上になったそうです。今年は例年より10日ほど早い5月末から咲き始め鑑賞に訪れる人が多くなったと地元の方の話。新型コロナウイルスの影響で昨年に続き「あじさい祭り」は中止ですが今年も15日午前中いって来ました。幼稚園児の賑やかな明るい声が聞響いている所にはアニメのキャラクターが・・・施設の車の車列も・・・紫・白・青など色とりどりの美しい紫陽花を楽しんでいました。「コロナに...アジサイの道

  • ワクチン接種完了

    ワクチン接種始まるワクチン接種終了全国で一番遅れていた愛媛県のワクチン接種が新居浜市でも開始されました。待ちに待った予約開始日は4月26日から・・・予約を取るのにひと苦労・・・受付日1日目は10分間で回線がパンクし繋がりません。そんな状態が昼過ぎまで。二日目夕方教えもらったつながるテクニックを講じてやっと繋がり予約を取る事が出来ました。5月10日(月)第一回目接種二日程度倦怠感あり5月31日(月)第二回目接種心配していた副反応は一回目は二人とも倦怠感程度でしたが二回目は私は接種当日夜半から頭痛があり翌日昼過ぎに治まりました。家人は二日間37.8度くらいの熱があり。もらっていた解熱剤を二回飲みました。三日目からはスッキリとした体調に戻りひと安心。31日ワクチン接種後家人が海を見たいと云うので久しぶりに垣生海岸へ、...ワクチン接種完了

  • 新聞の切り抜きから 12

    イルカの群れがやって来たイルカの群れが瀬戸内海に・・・5月14日愛媛新聞掲載のイルカ伊方町の三机(みつくえ)港沖に現れた約50頭のイルカ愛媛に住みながら初めて聞いた場所、地図を見ると佐田岬半島のほぼ中央付近で北を伊予灘に南を宇和海に面した小さな農魚村です。松山海上保安部の巡視艇「おきなみ」と並走したイルカは約50頭、「背びれの形や海面を飛び跳ねる様子からマルイカ」との事、瀬戸内海にまで餌を追って迷い込んだようです。にっぽん丸で礼文島に向け航海中三陸海岸沖を並走したイルカの大群です。昼食後のひと時操舵室から「本船の左舷側をイルカが並走しています。」の案内でボートデッキに出てみるとイルカの大群に出会いました。伴ったカモメの群れもすごかったです。「にっぽん丸」チャータークルーズin天草2018年3月30日「イルカウォ...新聞の切り抜きから12

  • 新聞の切り抜きから 11

    スペインバルセロナその2愛媛新聞「四季録」にこんな寄稿がありました。新型コロナウイルスの感染拡大が止まらず緊急事態宣言が各地で出され飲食業界のみならず旅行業界も厳しい対応を迫られている。自粛の為海外旅行もままならない昨今昔訪れた場所の記憶がよみがえる。そしてスペインのバルセロナにある「サグラダファミリア」の思い出を綴っていました。建築中であるのにもう完成している様にも見え、建物の中は森の中に入った様な感覚に襲われる・・・聖堂の中は森林浴を楽しんでいる様な錯覚に・・・等々!全くその通りの事を思い浮かべ旅行に行けなくなり今迄の様な密の状態での観光はもう不可能では・・・と思う様になりました。2014年5月、スペイン~イタリアを9日かけて周遊した思い出の写真を・・・大聖堂サグラダファミリアはアントニ・ガウディが設計しい...新聞の切り抜きから11

  • 新聞の切り抜きから 10

    サグラダファミリアイタリア観光客激減建設費賄えず完成予定2026年が・・・新型コロナウイルスの感染拡大は今だ収まる兆しが見られません。世界ではイギリス型インド型など変異株がまん延し収束は程遠く閉塞感が漂っています。世界の観光地のここにも大きな影響が・・・バルセロナの世界遺産“サグラダファミリア(聖家族教会)”の建設責任者が新型コロナウイルスの流行による観光客の減少でこれまで予定されていた2026年の完成がほぼ不可能となったとの見方を示しました。建築家アントニ・ガウディのあまりにも有名な作品である同教会は1882年に建設を開始し130年経過後も建設が続く未完の教会です。ガウディ没後100年に当たる2026年の完成を目指していました。教会の建設費は入場料や寄付で賄われているようです。一昨年7月は一日平均の入場者が約...新聞の切り抜きから10

  • 新聞の切り抜きから 9

    ムンクの「叫び」落書きは本人叫び(エドヴァルド・ムンク)「ノルウェー語:Skrik英語:TheScream」ノルウェーの画家のエドヴァルド・ムンクが1893年に制作したムンクの代名詞とも言える油彩絵画作品。幼少期に母親を亡くし、思春期に姉の死に直面したムンクが1890年代に「愛」と「死」をテーマに「生命のフリーズ」と称した作品群(22点)の一つで全5点の「叫び」が存在するようです。(新聞は4点となっています)世界的に著名なのは最初に描かれた油彩の「叫び」でオスロ国立美術館が所蔵している1893年の作品です。この作品の上部に鉛筆書きで「狂った人間にしか描けなかった」という意味の落書きがありこれが本人のものかどうか長年論争になっていたようです。この度美術館が赤外線を酷使しムンクの書簡の文字と筆跡を比べるなどした結果...新聞の切り抜きから9

  • コロナ禍と花

    まん延防止等重点措置が適用新型コロナウイルスの感染拡大が止まりません。一年以上続く目に見えぬウイルスとの闘いですが・・・政府は25日から4都府県に三度目の緊急事態宣言を発出しました。この一ケ月、県内の感染者は千人に上り24日も新たに32人が新型コロナウイルスに感染したことがわかりました。連日二桁の数値が並び累計で「2,164」人に達し25日から愛媛県も「まん延防止等重点措置」が適用されます。発表する知事の悲痛な叫び声が胸を打ちます。期間は4月25日から5月11日迄で。対象地区は松山市ですが当地新居浜市も4月に入り感染者が続出、二桁の日も多く4月だけで131人、累計「138」人と多くの感染者が出ました。医療機関をはじめ高齢者施設、幼稚園、学校、会社にとクラシターが次々と発生何処に感染者がいてもおかしくない危険な状...コロナ禍と花

  • 新聞の切り抜き 8

    黄砂と🌸さくら今年初めて黄砂が飛来しました。全国各地で被害を被ったようです。当地も29日・30日と視界が悪くなりました。小松石鎚山ハイウェイオアシス館からの昨年と今年の桜の状況です。すっきりとした瀬戸内の眺望が望めませんでした。昨年の澄み切った瀬戸内の眺めです。昨年もこの時期コロナの関係で花見の人出は少なかったですが今年も自粛の傾向でしたね。新聞の切り抜き8

  • 新聞の切り抜きから 6

    マリンパーク風に吹かれて大空を泳ぐ鯉のぼり医療従事者に感謝を込めて・・・!昨年に続き新型コロナウイルスに対応する医療従事者への感謝を込めて鯉のぼりが大空に舞いました。昨年は1張りに青色の鯉のぼり20匹でしたが今年は色とりどりの100匹近い鯉のぼりが泳いでいます。新型コロナウイルスの感染拡大が止まらず終息の目途が一向に見えずワクチン接種もまだまだ・・・。愛媛県も各地でクラスターが発生、知事も各市長も対応に追われています。当地も今月に入り毎日の様に感染者が出て昨日の時点で累計49名にもなりました。各自治会の広報塔で市長が自粛を呼び掛けていますが・・・。我々は三蜜を避けてマスク・手洗い、会食の自粛しかありません。まだまだ我慢です。新聞の切り抜きから6

  • 芝桜

    禎瑞芝桜今年も美しく咲き人々を楽しませてくれます。コロナ禍の関係で人出は少ないですが・・・地元の方の話では手入れの時期に雨に会い草取りが充分出来なかったとの事です。手入れの大切さを話されていましたが丹精込めた芝桜は今年も中山川土手に咲きました。中山川の土手に駐車しますが川を見ると鳥たちが遊んでいました。魚を捕っているんでしょうか・・・。芝桜

  • さくら紀行 5

    国領川緑地の桜並木城下橋から新高橋までの桜並木は圧巻です。右岸、左岸共に花街道が続き市民の絶好の花見どころです。コロナの関係で大人数でのお花見宴会は出来ませんが散歩しながら花を楽しんでいます。運動公園の河川敷では若者たちの躍動が垣間見えます。陸上競技・サッカー・テニス・野球にソフトボール等々昨年はすべての使用が禁止でしたが今年はこの時点ではまだOKでした。・・・が情勢が一変しました。」今月に入り愛媛県も感染者の増加が続きとどまる気配がありません。新居浜市も連日感染の発表で危機を感じます。気を引き締めての我慢の対応が必要です。4月10日から公共施設の使用が制限されました。早くワクチンを・・・いつの事でしょう!。さくら紀行5

  • さくら紀行 4

    母校新居浜東高の桜🌸昨年創立80周年を迎えた母校の桜です。産声を上げたのが1940年(昭和15年)でした。コロナ禍でも自慢の桜は美しく咲いています。例年より随分早く満開を迎え今年の新入生は桜は見えませんでした。国領会も随分ご無沙汰しています。歳と共に遠くなってきます。昨年愛媛新聞に掲載されたコピーです。コロナの感染が止まりません。愛媛県も警戒レベルを「感染対策期」に引き上げ警戒を呼びかけています。西条・新居浜もクラスターが発生、毎日感染者が出ています。油断できません。さくら紀行4

  • さくら紀行 3

    黒島海浜公園日曜日の冷たい雨に打たれて今日は葉桜が目だつ様になりました。待ちに待った桜・取りだめをUPしたいと思います。私の好きな桜処・・・海も一望できる美しい処です。陽光・ソメイヨシノが多くあり遊具も多彩でスケボー、野球場などでも賑わいます。さくら紀行3

  • さくら紀行 2

    石田ひょうたん池さくら紀行2

  • さくら紀行1

    広瀬公園土曜日の広瀬公園はお弁当を広げて桜を楽しんでいる方で賑わっていました。。待ちに待った開放感からか笑顔・笑顔のオンパレード・・・コロナの心配は感じない様子。300ミリの望遠レンズで野鳥をとらえている若いご夫婦もいましたが鳥の鳴き声はしますが姿を確認することはできませんでした。亀池をくるっと一周・・・汗ばむほどの陽気でした。広瀬歴史記念館からパチリ。「工都新居浜の誕生」の令和3年度特別企画展が開催されていました。広瀬記念邸二階からの眺望です。200本の桜と新居浜の街が一望できます。さくら紀行1

  • 櫻2から

    櫻🌸櫻一年ぶりの櫻2陽光桜は満開です。雪柳が美しく咲いています。この時期一番の賑わいを見せるさくら・さくら庭に咲く花たちも陽気に誘われ賑わっていました。感染対策を万全にしての御もてなしの様です。ランチはカレーのみ。食前酒からコーヒーまでじっくり時間をかけての味わいです。いつもお出迎えのマスコットが微笑ましいです。三年前に生まれた子ヤギも大きく成長しています。コロナの感染拡大止まらず、愛媛県は感染警戒期間に入りました。本日の感染者は過去最高の59人。歓楽街のクラスター93人と大変な数字です。1,193人になりました。松山中心ですが新居浜も一人感染者がでました。聖火リレーがスタートしました。政府は本気でオリンピックをやるつもりでしょうか。冷めた目で見ている人もいるような・・・危険な感じですね。自分たちで守る以外ない...櫻2から

  • 春和む…ころ

    西条河津桜春和む…ころ

  • 憩いの公園

    子供たちの憩いの公園早咲きの桜が中央公園に咲いていました。子供たちの元気な声に鳩も遠慮がちでしたが暖かな水辺は子供たちの結構な遊び場・・・桜が見守っていました。穏やかなお天気に誘われソメイヨシノの開花が早そうです。愛媛では宇和島で開花宣言が出ました。例年よりずいぶん早そうで今月末には満開とか・・・!憩いの公園

  • サロンの花

    鮮やかに春を告げる花明るいイエローが鮮やかに春を告げる、ミモザ。小さなボンボンが集まった様に咲く姿が可愛らしく元気をくれる花です。ミモザの日とは3月8日の国際女性デー(ミモザの日)で女性に贈られるシンボリックな花だそうで鮮やかに春を告げる花としてヨーロッパでは大変人気がある様です。サロンで鮮やかなミモザの花が迎えてくれました。オーナーの大好きな花です。お客様への思いやり、感謝を込めた美味しいコーヒーが頂けます。多彩な集まりで何時も笑いの絶えない寛げる癒しの空間です。花言葉は:国や地域で違いがある様ですがイタリアでは「感謝」広く知られているのは「秘密の恋」「感受性」「思いやり」等々・・・近くの河川敷近くにミモザの花を見つけました。ポンポンの様な小さく丸い花が集まって美しく咲いています。成長が早いそうですが枝全体が...サロンの花

  • さくら咲く 2

    土居町上野からの眺望さくら咲く2

  • さくら咲く 1

    土居町上野河津桜先日初めて土居町上野にある四国電力変電所の途中にある桜を見に行きました。もう葉桜がちらほらと・・・カメラを据えた人、撮影会をしている女性・・・一足早い桜を楽しんでいました。快く撮影OKを頂きました。さくら咲く1

  • 今治・綱敷天満宮

    志島ケ原の梅林春到来もうすぐ・・・コロナ禍であろうと季節は巡ってきます。みんなが春を心待ちしています。伊予路の春を呼ぶと云われている「椿まつり」今年は新型コロナウイルス禍を踏まえ参拝者が蜜になるのを防ぐため期間を28日まで延長、露店も中止と云ういつもの賑わいもない静かな「椿まつり」になった様です。2月は寒暖差激しく急降下の寒い日もありましたがお椿さんも終わり季節外れの陽気にさそわれ梅の開花も進みました。先日陽気に誘われ重い腰を上げ桜井の今治・綱敷天満宮の志島ケ原の梅林へ出かけました。少し遅かったようです。梅の見ごろはとっくに過ぎていたようです・・・が季節の進行を感じさせてくれる梅の花は2月上旬から見ごろだったようで約400本の紅梅・白梅の梅の花はもう終わりの様でした。今年はコロナ禍で「梅花祭」は中止だったようで...今治・綱敷天満宮

  • 今治・綱敷天満宮

    志島ケ原の梅林今治・綱敷天満宮

  • とっておき「新居浜ビュースポット」展

    素敵な町新居浜今日は寒い一日でした。平地でも雪が舞い高速道路は通行止めのところも・・・当地も午前中は吹雪の様な時もあり四国山脈も雪化粧をしました。今日から新型コロナウイルスのワクチンの先行接種が医療関係者から開始されました。医療従事者、高齢者、基礎疾患のある方と続きますが全員に行きわたるのは随分先の様です。愛媛県も5日連続で感染者が「0」、これは昨年11月以来三か月ぶりです。特別警戒期間が続いていますがこの状態が続いてほしいです。とっておき「新居浜ビュースポット」展古い画像を探しました。新居浜には良い処が沢山あります。Photoshopの講座で私たちの町のPR作品を作成しました。身近なところに魅力的な所が沢山あります。多くのカメラマンがとらえた写真展でした。「旅好きおやじ」の作品です。まだまだ充分使い方をマスタ...とっておき「新居浜ビュースポット」展

  • 新聞の切り抜きから・・・6

    寒行托鉢始まる当地の冬の風物詩である瑞応寺の修行僧による寒行托鉢が大寒の前日19日から始まりました。寒空の中素足にわらじを履いて網代(あじろ)がさをかぶっての出発ですが・・・今年は私が行った22日は素足にわらじでなく白い地下足袋でした。(お天気が悪かったせいでしょうか?)8時20分ころ時を告げる雲版の音を合図に法衣をまとった雲水がマスク姿で現れ般若心経を唱えて境内を出山門で身支度を整え一列に並び参道を下りていきました。「法」にちなんだ「ホーホー」と云う言葉を大声で響かせ住宅街の家々をまわります。「無病息災を願いながら・・・」寒行托鉢は釈迦が托鉢した伝承に習った修行で遅くとも戦後から続いているようです。毎年修行僧の姿が減っているのが気になります。今日はお天気が悪くカメラマンは二人でした。悪天候が続いていますが30...新聞の切り抜きから・・・6

  • 太公望

    この寒空で・・・昨年大晦日の風景です。穏やかな年の瀬でしたがのんびり釣りを楽しむ方もいます。沖には新居浜港で年を越す貨物船が待機しています。蜜を避けての太公望たちです。それにしても潮風が冷たい様に思いますが・・・。鳥の大群が密集しています。太公望

  • 新聞の切り抜きから・・・・5

    応援花新型コロナウイルス感染症の急速な広がりに国内外で懸念が高まる年明けとなりました。昨日は日本全国で6,001人と云う最高を記録、今日は今速報で6,383人と云う驚くべく数字です。今テレビで総理が一都三県に対し緊急事態宣言を発令する記者会見が行われています。終息どころか感染拡大が止まりません。今年の私の行動開始は4日定期健診のため労災病院へ。入口に立派な門松とプランタンの花が並んでいるのが目につきます。「頑張ってください」の赤いメッセージと共に!誰かが医療関係者に感謝と応援を込めた「応援花」です。12月2日&3日にわが町の愛媛労災病院で職員一人と患者一人の感染を公表し地元は緊張が走りました。昨年9月医学講座で院長の講演で「当病院はコロナ対策は充分だ」と聞いていたのでショックでした。院長も「感染対策には自負があ...新聞の切り抜きから・・・・5

  • 初詣

    一宮神社参拝新年賑わいが消えた感じの初詣風景です。文化センターの駐車場の開放も中止し人出を抑えた今年の一宮神社参拝風景です。コロナの感染が止まらない年末年始を迎え皆さん例年より参拝を控えた様子。蜜を避けての行列で皆さん気を付けての参拝でした。3日に郵便局へ行ったのでちょっと寄ってみました。初詣

  • 謹賀新年

    あけましておめでとうございますコロナ・コロナの2020年が明け新年度が始まりました。皆様にとって素晴らしい年になりますよう心よりお祈りいたします。コロナは世界で猛威を振るい年末時点で感染者は8,000万人を超え、日本も23万人をこえました。現在「第三波」の最中です。後手、後手にまわる政府の対応も疑問に感じますが我々は三蜜を避け手洗いマスクをして自粛するしか手立てがありません。家族、親族始め人との交流もままならない昨今ですが収束まで我慢の日々が続きそうです。皆様感染には気を付けて・・・ワクチンのニュースも聞こえる様になりました。どうしますか・・・?ブログの資料もとぼしいですが工夫をしながらのんびり更新してゆきたいです。本年もよろしくお願い致します。謹賀新年

  • クリスマス

    金栄小学校のクリスマスMERRYCHRISTMAS&HAPPYNEWYEAR2021コロナに関係なく暦はクリスマスになりました。感染拡大が止まりません・・・各地域で全国で過去最多を更新し続けている現状です。年賀状もやっと終わりひと段落です。皆さんはこれ以上の感染予防は出来ないほど気を付けていらっしゃると思います。政治家以外は。彼らは人種が違いますから大人数での会食も大丈夫の様です。私たちには自粛を呼び掛けていますが・・・。今年も余すところわずかです。気忙しい日が続き家族との再会も我慢ですが良いお年をお迎えください。クリスマス

  • 新聞の切り抜きから・・・4

    渓谷美の別子ライン別子ライン(県指定名勝)国領川上流にかかる朱色鮮やかな生子橋からマイントピア別子、鹿森ダム、遠登志(おとし)渓谷、清滝を経て河又へ至る約10キロの渓谷景勝地。ドイツを流れるライン川の渓谷にあやかって名付けられたそうです。新緑と紅葉の時期が美しい。青龍橋鹿森ダムの脇を通過する狭い道路のバイパス道路として2010年(平成22年)4月28日に開通したループ橋。「しこく絶景たび・・・冬の愛媛」NHK総合テレビ元サッカー日本代表の前園真聖さんが自転車で四国の絶景を旅する番組マイントピア別子から鹿森ダム目指して出発しました。急な坂道が続きますが鍛えた足で制覇することでしょう。放映が楽しみです。冬桜「花言葉:冷静」220本余りあり11月から1月にかけて可憐で清楚な花を咲かせます。満開になるころ「冬のさくらま...新聞の切り抜きから・・・4

  • 紅葉まつり

    新居浜慈眼寺紅葉まつり紅葉まつり

  • 紅葉の季節

    瑞応寺の彩りコロナに関係なく季節は移ろい花を咲かせ散らせていきます。暖かな日が続き冷え込みは厳しくありませんが参道の色づきも変化しています。コロナの感染者は拡大するばかり・・・怖い状況が続いています。愛媛も松山を中心に感染が拡大、昨日は最大の20人の陽性者が確認され合計186人となり西条まで迫り新居浜では学校が休校になりました。しかし「GoToトラベル」「イート」は継続です。自分で管理するしかありませんがどこからスルーと入って来るやら・・・紅葉の季節

  • 向日葵

    まだまだ・・・元気です先日のコスモス畑のお隣り・・・コスモスは終わりましたが向日葵の第二弾が植え付けられていました。太陽の下の向日葵とは勝手が違いますが見事な大きさに驚かされました。散歩中の方とお会いしましたが向日葵・コスモスを毎年楽しみにしておられるようです。来年はコスモス・向日葵のコラボを楽しみにしたいと思います。向日葵

  • 桜三里の紅葉

    秋の深まり暦では冬がやって来ました。北からは積雪の便りが・・・秋も深まり紅葉が進んでいますがどこにも出かけていません。「GoToトラベル」「イート」の推進で感染者が増加しています。気の緩みが出たようです。近場をチョット覗いてみました。日曜日だったので奥までいけませんが落葉がみごとでした。桜三里の紅葉

  • 新聞の切り抜きから・・・3

    にっぽん丸無事帰港新聞の切り抜きから・・・3

  • 待望のクルーズ船入港

    にっぽん丸入港新居浜港から初のクルーズ船が出航・・・新型コロナウイルス感染拡大で自粛していたクルーズ船の運航が再開されました。。GoToトラベル」で旅行が活発になりましたがクルーズは超密が売りの為対策を慎重に行い、各船会社が作成した「新型コロナウイルス感染症に関する対策」にのっとり乗員スタッフはもちろん乗客も事前にPCR検査を実施し陰性が確認され当日37.5以上の発熱のない人が乗船することでクルーズの再開となりました。(基礎疾患のある方は勿論乗船できません)新居浜市は2年間にわたりクルーズ船誘致のセミナーを開き市民とデイスカッションを行いやっと入港実現にこぎつけましたがコロナの真っただ中・・・クルーズ再開は各船会社11月初旬ですがジバングのチャータークルーズが日本船クルーズの先陣を切りました。船会社も定員530...待望のクルーズ船入港

  • 秋風に吹かれて・・・

    秋桜秋空に漂うコスモスの豆知識を・・・メキシコが原産地、スペイン人がメキシコから持ちかえったのが始まりで美しいと云う意味のギリシャ語「Kosmos」が由来。このことから星がきれいに美しくそろう宇宙の事を「cosmos」と呼び、また、花びらが整然と並ぶこの花も「cosmos」と呼ばれるようになった様です。明治12年に日本に渡来した時に「秋に咲く桜の様な花」と云う意味で「アキザクラ(秋桜)」という名前になった様です。ピンク色のコスモスの花言葉「乙女の純潔」コスモスらしいピンクの花びら、美しい清らかさを感じさせます。赤色のコスモスの花言葉「乙女の愛情・調和」力強い赤や紫のコスモスは、愛情を意味します。黄色のコスモスの花言葉は「野生的な美しさ・自然美・幼い恋心」黄色のコスモス(キバナコスモス)は、実は品質改良によって生...秋風に吹かれて・・・

  • 新聞の切り抜きから・・・2

    祭りのない秋太鼓台なく寂しい秋コロナ禍で市内全太鼓台54台の運行が中止になった新居浜太鼓祭り、一部の神社では太鼓台の代表者による神事は行われた様ですが勇壮華麗な太鼓台の姿はありませんでした。久保田太鼓台は高齢住民から「せめて太鼓の音くらいは聞けないか」との要望がありせめて祭り気分を味わってもらおうと毎日午後7時から約2時間太鼓台保管倉庫で太鼓を打ち鳴らしていたようです。川西地区は今年は船御幸の年ですが今年は一宮神社の神輿の運行も取りやめ神職が祭神を抱えて自動車で地区内8ケ所をめぐり途中船に乗って海上安全と大漁を祈願したようです。コロナのおかげで各地の夏祭りも中止となりまたがまた秋も「祭りのない秋」となり今年は予想もしなかった年になりました。昨年の川東河川敷太鼓台です。一昨年の船御幸の様子と昨年のイオンモールの夜...新聞の切り抜きから・・・2

  • 新聞の切り抜きから・・・1

    世界遺産軍艦島最近の新聞記事より(10月5日)世界遺産の「軍艦島」建築物・・・修繕困難に!世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産」を構成する長崎市の端島(通称・軍艦島)で、国内最古の鉄筋コンクリート造りアパート「30号棟」など大正から昭和初期に建てられた建物の崩落が進んでいる。強風や大雨により浸食が拡大しているが市の担当者によると「安全性の問題から立ち入りが厳しく、修繕や保存は困難」とし、市は今後、国や長崎県と対応を協議する考えだ。この様な記事が載っていました。長崎沖にある端島は、長崎港の南西約1.8キロ沖合いに浮かぶ炭鉱の島である。明治時代から開発され東京ドーム1.3倍ほどしかない島に最盛期には5,259人もの居住者が暮らしていた。炭鉱は1974年(昭和49年)に操業を停止し閉山、島は無人島になりました。高層の...新聞の切り抜きから・・・1

  • 曼珠沙華

    秋深し・・・10月1日(旧暦の8月15日)は中秋の名月,満月ではありませんが美しく輝いていました。10月2日が満月でした。あと10月31日も満月だそうです。同じ月に二回の満月、二回目の満月を「ブルームーン」というそうですね。田んぼのあぜには色鮮やかな彼岸花が群生しています。報道によると北海道の大雪山系では早くも紅葉が見ごろだそうで日ごとに秋の深まりを感じるようになりました。稲刈りが近づき彼岸花も刈り取られる様になりました。彼岸花の花言葉を調べてみると赤の彼岸花は「情熱」・白は「また会う日を楽しみに」そして「思うはあなた一人」とか・・・。彼岸花には別名「地獄花(じごくばな)」「幽霊花(ゆうれいばな)」「死人花(しびとばな)」「蛇花(へびのはな)」「剃刀花(かみそりばな)」「狐花(きつねばな)」等々多数の別名がある...曼珠沙華

  • 季節の移ろいを・・・

    向日葵~彼岸花へそしてコスモス大生院の田園風景です。まだコスモスが残っていました。遊休農地対策の「景観形成作物農場」です。彼岸花も寄り添っていて季節の移ろいを感じます。そして、コスモスも出番を待っているようです。美しい田園風景で稲の刈り取り作業も行っていました。新型コロナウイルス感染症拡大で自粛生活が続き長い巣篭もり夏休みでしたが「GoToトラベル」スタートと共に堰を切ったように動きが活発になりました。皆さん待っていましたよね。行きつけの旅行社からパンフレットが届く様になりました。安全対策は充分でしょうか・・・?クルーズの実施要綱を見ると厳しい制約があります。何時から旅行に出かけることが出来ますか・・・!27日現在世界の感染者:3,267万2,623人死者:99万1,394人日本:8万1,055人愛媛県:114...季節の移ろいを・・・

  • 彼岸花

    秋がやってきた・・・暑かった夏も終りいよいよ本格的な秋を迎えます。彼岸を過ぎて彼岸花を探しに・・・以前の様に見つかりませんでした。毎年楽しませてくれるところも全く見当たりません。中萩の旧道を大生院に向かっていると祇園神社の石燈を見つけました。大昔「祇園の御札」のお告げで疫病退治をしたそうで昭和12年に古老が発起人となりこの地の守り神として「祇園神社」と彫りこんだ石燈を建立し崇め奉りました。との事です。由来の立て札がありました。初めてのところで全く知りませんでした。コロナの感染が止まりませんね。政府の方針で人の動きが活発です。25日現在で世界の感染者:3,201万1,097人死亡:97万9,616人日本は:8万41人安心・安全の旅行をしたいです。自粛生活が続くとストレスもたまります。彼岸花

  • 台風一過

    台風10号沢津漁港大きな雨雲の画像と気象庁の早い警戒警報に驚かされた台風10号でした。九州西部をかすめ大きな被害を残しながら朝鮮半島に抜けていきましたが四国は幸い大きな被害も無くて安堵しました。西日本災害を思い出しますから・・・怖いです。地球環境の異常を感じる気象予報が多い様に感じます。朝晩秋の気配を感じるようになりましたが日中は蒸し暑いです。近くの中学校も秋の運動会の練習をしています。色分けはTシャツですね。ハチマキはもう古いのでしょうか。台風前と海の色が違います。今国領川に溜まった大量の土をのけています。上流から何か所も工事中です。なぜ台風シーズンにするのか疑問です・・・が。台風一過

  • 穏やかな海

    台風前・・・・台風前の穏やかな検疫投錨の姿です。雲も夏から秋色に・・・大型で非常に大きな台風がやってきます。今まで経験したことがない規模の記録的な数値の様です。漁港の対策は今からでしょうか。被害の少ない事を願うばかりです。穏やかな海

  • 港の風景

    新居浜東港夏も終わりに近づきましたが酷暑が続いています。コロナの世界的な広がりは終息の目途がたちません9月3日現在世界の感染者:2,583万8,374人死亡者:86万10人日本の感染者:6万9001人暑い日が続いていますが季節は台風シーズンに入りました。超大型の台風が週末にやってきます。厳重な警戒が必要とか・・・命を守ることを優先しなさいと報道が過熱しています。被害の無い事を祈るばかり・・・です。穏やかな港の風景です。大きなプラントを台船に積み込んでいました。小倉に行くとか。何トンあるのか聞きませんでしたが素晴らしい連携プレイで積み込みました。今治から来た船大好きな女性の方が熱心に撮影していました。港の風景

  • 手塚治虫の世界

    鉄腕アトムと火の鳥▲日本マンガ史上の巨人マンガの歴史でもっとも有名な人物はだれか。簡単に答えられる問いではないが架空のキャラクターではなく実在する人物、そして日本の人物に絞ると、その最有力候補は手塚治虫だろう。マンガ研究者:岩下朋世雑文より2020年8月9日愛媛新聞:ブックマイスター掲載清水寺にて家族で京都東山を散策中手塚治虫さんに出会いました。多くのお連れさんを案内している様子で南禅寺、知恩院などで見かけそして清水寺で又一緒になったので思い切ってサインをお願いしたところ優しい笑顔で気さくにサインと写真撮影に応じていただき感激したことを思い出します。子供たちに優しく話しかけながらサインし同伴の皆様も笑顔でサインの様子を見ていました。なんと朱印帳に書いてくださったのはあの人気アニメ「鉄腕アトム」でした。この様な著...手塚治虫の世界

  • 夕焼けと花火

    夕空に花火猛暑が続きます。今日は40度越えの地域も。当地も38度。コロナよりも怖い暑さ・・・。コロナの感染者世界で2,000万人を超え、2,130万2,231人死亡が76万7,622人我が国は5万3,577人愛媛は110人となりました。感染者が止まりません。最近旅行社のパンフレットが送られて来るようになりました。「GoToトラベル」で結構お安くなるようですが安全なのか?どうなのか?思案しますね。夕焼けが終わるころ西の空に花火が上がりました。予告なしに医療従事者に敬意を表しての青い花火5分間の短い花火でしたが河川敷には車の列が出来ました。夏のイベントがすべて無くなりいつもとは全く違う夏になりました。当たり前の生活は何時頃からでしょうか・・・随分先の様に感じますが。夕焼けと花火

  • 残暑お見舞い

    残暑お見舞い申し上げます暦では立秋・・・七草の開花の便りもありますが・・・でも今は夏真っ盛りです。列島の暑さはまだまだ続くでしょう。お盆休みがピークになるとか。いつもとは違う夏をコロナ対策、暑さ対策で乗り切りましょう。8月8日現在で世界の感染者:1,920万6,695人死亡は:71万3,855人日本:4万3,815人愛媛県に昨日一人感染者が合計101人です。報道によると・・・国のリーダーの顔が見えない今の政治の姿に不満の声が多い様ですが・・・。自衛しか自分を守ることが出来ません。「新しい生活様式」を実践し巣篭もりが一番でしょうか・・・?一日も早く普通の当たり前の生活に戻ってほしいです。何時の事でしょう・・・!残暑お見舞い

ブログリーダー」を活用して、旅好きおやじさんをフォローしませんか?

ハンドル名
旅好きおやじさん
ブログタイトル
旅好きおやじ
フォロー
旅好きおやじ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用